[No.9201] 治安維持その他について 投稿者:城 華一郎@レンジャー連邦 投稿日:2010-05-05 21:14:18

[質問][評価値・編成]


いつもお世話になっております、
レンジャー連邦より次の質疑をお願いさせていただきます。

#Q1:
#バッジシステムたちが狙われているということですが、
#バッジシステム関連に限って言えば、次のうち、どの範囲まで安全確保に配慮をすればよろしいでしょうか?

#a)レンジャー連邦のみ
#b)レンジャー連邦+鍋の国
#c)レンジャー連邦+鍋の国+両国の周辺国

#Q2:
#Q1で安全確保が必要な国には、どの程度の評価値を持った重編成歩兵部隊が必要でしょうか?
#レンジャー連邦では編成しても20台半ばまでしか出ませんが、
#今ターンはオペレートによる支援、情報戦防御も鑑みて、歩兵重編成で考えております。

Q3:
今ターン、大気圏内の防空について、編成量で悩んでおります。
バッジシステム参加国が保有する機体の自動スクランブルだけでも安全保障の見通しは立つでしょうか?
#レンジャー連邦だけでも、ヴァローナ1、ラスターチカ10、ユーフォー2あります。
#同じく、今ターンのバッジ参加国だけでも、概算で10機以上の航空機があります。

Q4:
こちらは編成に関連しての質疑となります。
電子妖精(レンジャー版)は、次の特殊を持っていると定義されております。

  *電子妖精(レンジャー版)の情報戦防御能力 = ,,<電子妖精(レンジャー版)の情報防壁>を生成し、情報戦闘での防御を行うことができる。

こちらについて、

L:電子妖精(レンジャー版)の情報防壁 = {
 t:名称 = 電子妖精(レンジャー版)の情報防壁(NPC)
 t:評価 = 情報戦防御60
 t:特殊 = {
  *電子妖精(レンジャー版)の情報防壁のNPCカテゴリ = ,,逗留NPC。
 }


このように記述されております。
次のうち、扱いとしてはどちらになるのでしょうか?

a)NPCの能力なので、藩国部隊の評価値とは別に単独で情報戦防御60
b)藩国部隊の評価値に、情報戦防御時のみ+60シフト

#この質疑項目に関しては、当初前者と思い込み、後者の可能性を既に出した関連質疑でお尋ねするのを失念しておりました。
#別内容の質疑が混ざることになってしまい、お手数をおかけいたします。申し訳ありませんでした。

回答者:芝村 2010/05/13 23:10:45

>
>いつもお世話になっております、
>レンジャー連邦より次の質疑をお願いさせていただきます。
>
>#Q1:
>#バッジシステムたちが狙われているということですが、
>#バッジシステム関連に限って言えば、次のうち、どの範囲まで安全確保に配慮をすればよろしいでしょうか?
>
>#a)レンジャー連邦のみ
>#b)レンジャー連邦+鍋の国
>#c)レンジャー連邦+鍋の国+両国の周辺国

a

>#Q2:
>#Q1で安全確保が必要な国には、どの程度の評価値を持った重編成歩兵部隊が必要でしょうか?
>#レンジャー連邦では編成しても20台半ばまでしか出ませんが、
>#今ターンはオペレートによる支援、情報戦防御も鑑みて、歩兵重編成で考えております。

あいてによるねえ。

>Q3:
>今ターン、大気圏内の防空について、編成量で悩んでおります。
>バッジシステム参加国が保有する機体の自動スクランブルだけでも安全保障の見通しは立つでしょうか?
>#レンジャー連邦だけでも、ヴァローナ1、ラスターチカ10、ユーフォー2あります。
>#同じく、今ターンのバッジ参加国だけでも、概算で10機以上の航空機があります。

大丈夫と思う。

>Q4:
>こちらは編成に関連しての質疑となります。
>電子妖精(レンジャー版)は、次の特殊を持っていると定義されております。
>
>  *電子妖精(レンジャー版)の情報戦防御能力 = ,,<電子妖精(レンジャー版)の情報防壁>を生成し、情報戦闘での防御を行うことができる。
>
>こちらについて、
>
>L:電子妖精(レンジャー版)の情報防壁 = {
> t:名称 = 電子妖精(レンジャー版)の情報防壁(NPC)
> t:評価 = 情報戦防御60
> t:特殊 = {
>  *電子妖精(レンジャー版)の情報防壁のNPCカテゴリ = ,,逗留NPC。
> }
>}
>
>このように記述されております。
>次のうち、扱いとしてはどちらになるのでしょうか?
>
>a)NPCの能力なので、藩国部隊の評価値とは別に単独で情報戦防御60
>b)藩国部隊の評価値に、情報戦防御時のみ+60シフト

a

>#この質疑項目に関しては、当初前者と思い込み、後者の可能性を既に出した関連質疑でお尋ねするのを失念しておりました。
>#別内容の質疑が混ざることになってしまい、お手数をおかけいたします。申し訳ありませんでした。