[No.16170] FEGにおける汚染種族対策について その5 投稿者:ジャイ@FEG 投稿日:2011-11-27 22:57:04

[質問][相談][内政]

重汚染種族アイドレスに関して、早急に対応すべき状況であると回答いただいたため、重汚染種族の爆発対策の一環の質疑として緊急タグを使用させていただいています。
なお、私は星見司5級、星見司2アイドレスを所有していますので、危険な感じがする場合などは、質疑の保留もしくは撤回をお願いします。

Q1:
前回の質疑(http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=16118)で起こった、全国民に対して思考インストールを行った件に対する確認となります。
道徳教育の強化を行うに当たり、設定国民の吏族、法の司、護民官、星見司および、蜘蛛型舞踏体の代表者によって構成される会議(以下、道徳教育策定会議とします)で道徳教育の強化方法を策定し、思考インストールという方法を策定しました。
しかし、FEGでは、かつておこった舞踏体の大量停止事件の反省や、人の形質問題への対応から、「自由に人の感情・記憶を編集する」ことを、かなり以前より政策において禁止しています。

 ○関連政策
  舞踏体停止問題の対策:http://www29.atwiki.jp/feg2/pages/430.html
  人の形質問題への対策:http://www29.atwiki.jp/feg2/pages/431.html
  メタルボディの義体としての使用禁止:http://www29.atwiki.jp/feg2/pages/482.html

今回、道徳教育の強化方法として策定された思考インストールは、上記の関連政策で禁止しているとして触れられている「自由に人の感情・記憶を編集する」ことに該当し、国民の自由意思を強制する手法であり法に触れていると言わざる得ません。
新しく政策(法律)を作成する場合や、質疑、r:を実行する際は、過去に提出した政策(法律)、r:等が現在でも有効に施行されている前提で行っているのですが、国内の法律を執行する立場である法の司や、民衆の権利を守る立場である護民官が道徳教育策定会議の構成メンバーに入っており、さらに人の形質問題にも影響があるため懸念を表明すべき星見司も会議の構成メンバーであるにもかかわらず、道徳教育策定会議が思考インストールという手法をとった経緯はどのようなものだったのでしょうか?

Q2:
今回の思考インストールですが、手法そのものが間違っていると判断されるため、思考インストールの撤回、もしくは、アンインストールを検討したいと思います。
国民の事を考え、安全に思考インストールの撤回、もしくは、アンインストールを行いたいのですが、国内のACE、PLACEを含め相談をするとしたらどなたがよろしいかお教えください。

回答者:芝村 2011/12/01 19:53:01

>重汚染種族アイドレスに関して、早急に対応すべき状況であると回答いただいたため、重汚染種族の爆発対策の一環の質疑として緊急タグを使用させていただいています。
>なお、私は星見司5級、星見司2アイドレスを所有していますので、危険な感じがする場合などは、質疑の保留もしくは撤回をお願いします。
>
>Q1:
>前回の質疑(http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=16118)で起こった、全国民に対して思考インストールを行った件に対する確認となります。
>道徳教育の強化を行うに当たり、設定国民の吏族、法の司、護民官、星見司および、蜘蛛型舞踏体の代表者によって構成される会議(以下、道徳教育策定会議とします)で道徳教育の強化方法を策定し、思考インストールという方法を策定しました。
>しかし、FEGでは、かつておこった舞踏体の大量停止事件の反省や、人の形質問題への対応から、「自由に人の感情・記憶を編集する」ことを、かなり以前より政策において禁止しています。
>
> ○関連政策
>  舞踏体停止問題の対策:http://www29.atwiki.jp/feg2/pages/430.html
>  人の形質問題への対策:http://www29.atwiki.jp/feg2/pages/431.html
>  メタルボディの義体としての使用禁止:http://www29.atwiki.jp/feg2/pages/482.html
>
>今回、道徳教育の強化方法として策定された思考インストールは、上記の関連政策で禁止しているとして触れられている「自由に人の感情・記憶を編集する」ことに該当し、国民の自由意思を強制する手法であり法に触れていると言わざる得ません。
>新しく政策(法律)を作成する場合や、質疑、r:を実行する際は、過去に提出した政策(法律)、r:等が現在でも有効に施行されている前提で行っているのですが、国内の法律を執行する立場である法の司や、民衆の権利を守る立場である護民官が道徳教育策定会議の構成メンバーに入っており、さらに人の形質問題にも影響があるため懸念を表明すべき星見司も会議の構成メンバーであるにもかかわらず、道徳教育策定会議が思考インストールという手法をとった経緯はどのようなものだったのでしょうか?

そういう政策は存在していないね。

>Q2:
>今回の思考インストールですが、手法そのものが間違っていると判断されるため、思考インストールの撤回、もしくは、アンインストールを検討したいと思います。
>国民の事を考え、安全に思考インストールの撤回、もしくは、アンインストールを行いたいのですが、国内のACE、PLACEを含め相談をするとしたらどなたがよろしいかお教えください。

思考力を持った部下はいないようだ。
窓から外を見れば完璧な街並みが広がっている。私語一つない完璧な国だ。