[No.12126] 宇宙怪獣の正体に関する星見クエスト 投稿者:海法 紀光@星見司 投稿日:2010-09-16 04:04:23

[質問]

※以下の思いつきは、キャプテン・フューチャーの「暗黒星大接近! 」を読んだことによります。
※2010/09/16 再編集して、幾つか追記しました。

現在、宇宙怪獣について、

・敵は狡猾で、大変に人間的(ポー教授の意見)
http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=12059

・ファンタジー系オーマと思われる(藻女さんの質疑)
http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=11751

・観測できてない本体がいると思われる(時雨さんの質疑)
http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=11780

・空間の歪みなどは検出できず(星見冒険結果)
http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=11708

・宇宙なので餌がないはずだけどなんであんなに大きいんだ?(癖毛爆男さんの閃き)
http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=12093

と言った情報が集まっています

・敵が狡猾で人間的→こちらを騙している可能性がある。
・ファンタジー系オーマである→幻術など、魔法による騙しがあってもおかしくない。
・本体があるのに観測できない→魔法知識なしの、光学、科学探査では、幻術は見抜けない。
・空間の歪みなどはない→歪ませるほどの質量や情報がないのかも。
・餌がないのに生物としては大きすぎる→そもそも宇宙怪獣自体が幻影ではないか?

といったあたりで、「今見えている宇宙怪獣の姿の、一部あるいは全部は幻影である」という仮説を立ててみます。

Q1:上記の仮説ですが、以下のような検証方法を考えました。

・幻術であった場合、科学的な観測で直接幻術と見抜くことは無理だろう。
・ただし、敵がファンタジーであるなら、あまり科学に詳しくないだろう。あるいは科学に多少詳しくても細かいところで考証をミスっている可能性はある。

※過去、ある人の幻術で恐竜時代に飛ばされた時、時代考証のミスから幻術と見抜けたことがあります。

・たとえば、重力レンズ効果や、熱放射のスペクトルなどの、細かい部分で不自然、不一致なところがあれば、幻術の一種と考えられる。

※「暗黒星大接近! 」では、重力レンズ効果が見られず、「暗黒星」の観測質量が0に見えることが伏線となっていました。

・上記を前提に、観測結果を分析しなおす。

一応、魔法知識を使わず、科学のみからのアプローチのつもりですが、こうした分析もTLOに入ったりするなどの問題が起きうるでしょうか?

Q2:Q1でTLOでなく、またその他問題がなさそうであれば、観測結果について、上記の分析を行おうと思います。
必要であればマイルを消費します。
結果を伺わせてください。

04-00080-01:海法 紀光

Q3:Q2でもしも、幻影の可能性があった場合、幻影を使うオーマとして思い浮かぶのは橙です。
この時、橙が襲われた謎が簡単に説明つきます。

・この世界の橙を、封印世界から現れた橙が襲った。
・ネーバルが時間移動して襲ってきた→時間移動したのは、幻影でネーバルの姿を装った敵橙。

というわけです。あるいは橙でなくても良いかもしれませんが、上記の考察は妥当そうでしょうか?

Q4:Q2でもしも幻影の可能性があった場合、敵の目的は圧倒的な軍勢の幻影で、こちらの士気をくじくことと思われます。
この時、私が敵なら、効果を上げるために、NWで、社会不安を煽ります。

※「暗黒星大接近! 」でもそうやってました。

とすれば、ゴロネコやリワマヒを襲った「騎士」が、そうした尖兵である可能性があります。

ゴロネコの魔法使いが襲われ、他の国の魔法使いが襲われていないとすると、ゴロネコ特有の能力が狙われたと考えられます。
妖精に愛されし者の隠蔽看破能力、あるいは白魔法使いの「流れを見る力」などは、上記の陰謀を看破するのに役立ちそうです。

以上より、ゴロネコを襲った敵は、上記の宇宙怪獣と関連があり、幻影と見破る人材を襲っていた、という推測が成立します。

この推測は妥当でしょうか?

Q5:白石さんに仕掛けられた罠も、時間移動の幻影ということで、橙らしさがあります。
また、ファンタジー系オーマだとした場合、低物理域無双の暁はまっさきに潰したい対象と考えられます。

以上より、白石さんに罠を仕掛けたのも、上記宇宙怪獣と関連がある、幻影を使うオーマという推測が成立します。

この推測は妥当でしょうか?



回答者:芝村 2010/09/17 00:51:48

>※以下の思いつきは、キャプテン・フューチャーの「暗黒星大接近! 」を読んだことによります。
>※2010/09/16 再編集して、幾つか追記しました。
>
>現在、宇宙怪獣について、
>
>・敵は狡猾で、大変に人間的(ポー教授の意見)
>http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=12059
>
>・ファンタジー系オーマと思われる(藻女さんの質疑)
>http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=11751
>
>・観測できてない本体がいると思われる(時雨さんの質疑)
>http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=11780
>
>・空間の歪みなどは検出できず(星見冒険結果)
>http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=11708
>
>・宇宙なので餌がないはずだけどなんであんなに大きいんだ?(癖毛爆男さんの閃き)
>http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=12093
>
>と言った情報が集まっています
>
>・敵が狡猾で人間的→こちらを騙している可能性がある。
>・ファンタジー系オーマである→幻術など、魔法による騙しがあってもおかしくない。
>・本体があるのに観測できない→魔法知識なしの、光学、科学探査では、幻術は見抜けない。
>・空間の歪みなどはない→歪ませるほどの質量や情報がないのかも。
>・餌がないのに生物としては大きすぎる→そもそも宇宙怪獣自体が幻影ではないか?
>
>といったあたりで、「今見えている宇宙怪獣の姿の、一部あるいは全部は幻影である」という仮説を立ててみます。
>
>Q1:上記の仮説ですが、以下のような検証方法を考えました。
>
>・幻術であった場合、科学的な観測で直接幻術と見抜くことは無理だろう。
>・ただし、敵がファンタジーであるなら、あまり科学に詳しくないだろう。あるいは科学に多少詳しくても細かいところで考証をミスっている可能性はある。
>
>※過去、ある人の幻術で恐竜時代に飛ばされた時、時代考証のミスから幻術と見抜けたことがあります。
>
>・たとえば、重力レンズ効果や、熱放射のスペクトルなどの、細かい部分で不自然、不一致なところがあれば、幻術の一種と考えられる。
>
>※「暗黒星大接近! 」では、重力レンズ効果が見られず、「暗黒星」の観測質量が0に見えることが伏線となっていました。
>
>・上記を前提に、観測結果を分析しなおす。
>
>一応、魔法知識を使わず、科学のみからのアプローチのつもりですが、こうした分析もTLOに入ったりするなどの問題が起きうるでしょうか?

おきえない。

>Q2:Q1でTLOでなく、またその他問題がなさそうであれば、観測結果について、上記の分析を行おうと思います。

差異はないな。


>Q3:Q2でもしも、幻影の可能性があった場合、幻影を使うオーマとして思い浮かぶのは橙です。
>この時、橙が襲われた謎が簡単に説明つきます。
>
>・この世界の橙を、封印世界から現れた橙が襲った。
>・ネーバルが時間移動して襲ってきた→時間移動したのは、幻影でネーバルの姿を装った敵橙>
>というわけです。あるいは橙でなくても良いかもしれませんが、上記の考察は妥当そうでしょうか?

うん。いいね。ちなみに幻影は赤も使うぜ。両方科学技術もよく使う。


>Q4:Q2でもしも幻影の可能性があった場合、敵の目的は圧倒的な軍勢の幻影で、こちらの士気をくじくことと思われます。
>この時、私が敵なら、効果を上げるために、NWで、社会不安を煽ります。
>
>※「暗黒星大接近! 」でもそうやってました。
>
>とすれば、ゴロネコやリワマヒを襲った「騎士」が、そうした尖兵である可能性があります。
>
>ゴロネコの魔法使いが襲われ、他の国の魔法使いが襲われていないとすると、ゴロネコ特有の能力が狙われたと考えられます。
>妖精に愛されし者の隠蔽看破能力、あるいは白魔法使いの「流れを見る力」などは、上記の陰謀を看破するのに役立ちそうです。
>
>以上より、ゴロネコを襲った敵は、上記の宇宙怪獣と関連があり、幻影と見破る人材を襲っていた、という推測が成立します。
>
>この推測は妥当でしょうか?

なるほど。妥当だと思う。

>Q5:白石さんに仕掛けられた罠も、時間移動の幻影ということで、橙らしさがあります。
>また、ファンタジー系オーマだとした場合、低物理域無双の暁はまっさきに潰したい対象と考えられます。
>
>以上より、白石さんに罠を仕掛けたのも、上記宇宙怪獣と関連がある、幻影を使うオーマという推測が成立します。
>
>この推測は妥当でしょうか?


いいね。さすが海法。