FrontPage  Index  Search  Changes  Login

精霊機導弾

精霊機導弾 (せいれいきどうだん)

1.正式名称「幻世虚構 精霊機導弾」。アルファ・システムが開発したゲーム。 第4世界精霊機導弾事件が題材となっている。最終面がリフトラシールとの決戦だが、その舞台は第6世界群式神世界黒い月の上。(式神の城 七夜月幻想曲)

幻世虚構精霊機導弾 登場人物

精霊機導弾 (せいれいきどうだん)

2.リンオーマ)の最強の絶技の一つ。三つの独立した絶技を発動させると同時に、それらの絶技すら大きな絶技の一環となっている最速の技。 円風で攻撃を、円盾で防御をした後、円翔で自身を安全圏内へと移動させ、レーザー水晶から放たれる光線で対象をことごとく消滅させる。 白の白などの超高等地位のオーマだけが使用できる。

絶技詠唱の口上

天は愛す その心
白にして乙女の我は 精霊に命ず
完成せよ 円風
天は惜しむ その勇気
白にして乙女の我は 精霊に命ず
完成せよ 円盾
天は戦う その夢を守り
白にして乙女の我は 精霊に命ず
完成せよ 円翔
我が名は日和子 純白の乙女
白にして乙女の我 精霊に命じる 我が拳は逆転の一撃
完成せよ 精霊機導弾


戻る→用語集 用語集/さ行 用語集/さ行/せ