FrontPage  Index  Search  Changes  Login

アーカウ要塞

アーカウ要塞 (あーかうようさい)

悲しみの聖戦で、正義最後の砦と呼ばれていた移動要塞。 ここでシオネ・アラダ光の軍勢を率いた。 サンカウ要塞とは同種。 彼のものと戦うための武具「地の国の宝剣」が収められている。

役目を終え、世界のはざまを漂っている所をねじれた城事件において、玖珂晋太郎により式神世界に召喚された。サンカウ要塞は離れ過ぎていた為、存在出来なかった。

玖珂晋太郎は、アラダ達やアーカウ要塞には異物なのだが、その強過ぎる力故に排除出来なかった。

奉られている宝剣を入手するためにセプテントリオンRS(ロイ・バウマン)を、 アルファ・システムニーギ・ゴージャスブルーを派遣。 争奪戦を行うが、結局宝剣は誰の手に入ることもなく消え去った。

ねじれた城事件後は、再び空間の狭間(ヴォイド)を漂っている。


Q&A

  • (式神の城 七夜月幻想曲 どかんQ&A 273)
    Q:「式神の城2」の「ねじれた城」って、エンディングの後どこへ行ったんですか?
    A:また、世界のはざまを漂っています。

参考資料

  • (式神の城 七夜月幻想曲 用語集)
    ねじれた城の本当の名前をアーカウ要塞といいかつて「悲しみの聖戦」では、正義最後の砦と呼ばれた。そこには、彼の者と戦うための武具「地の国の宝剣」が収められており、セプテントリオンからはRSを、アルファからはニーギ・ゴージャスブルーが争奪戦に参加するが、結局、宝剣は誰の手に入ることもなく消え去る。このことが、来るべき戦いに、何を及ぼすかは、いまだ、わかっていない。

戻る→用語集 用語集/あ行 用語集/あ行/あ