天領連絡掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.3176] [固定リンク][非] 回答: 太元の編成費用計算機能の仕様について 投稿者:緋璃・ロッシ@秘書官  投稿日:2010/12/19(Sun) 19:17:19
[関連記事

>  越前藩国の黒埼です。お世話になっております。
>  太元の仕様と編成費用計算ルールのすり合わせについて、相談に参りました。
>
>  現在の太元では、部隊のリソース消費についても自動で計算できるようになっています。
>  ただし、この仕様は従来の編成ルールにおける計算順番とは微妙に違ってしまっています。これは、ある一つの特殊消費について、部隊で利用できる消費削減・増加特殊を全て適用できるとは限らず、これを一般的に扱うためには従来の計算手順では複雑すぎたためです。
>
>  以下、この詳細についての説明についてと、太元の仕様をルール上合法と認めて頂けないかという相談になります。
>  よろしくお願いします。
>
> /*/
>
>
>  部隊の編成費用は、原則として以下のようになっています。
>
> ■1.編成費用計算手順(通常)
>
> 1)A=部隊に編成されたユニットが消費する費用の総和を求める。
> 2)B=部隊に適用される消費削減倍率の総乗を求める。(最小で0.15)
> 3)C=A*B=部隊の編成費用 (出撃費用でない特殊費用で重編成ならば、更に3倍)
>
>
> ■2.編成費用計算手順(特殊によって削減率が変動)
>  但し、軌道降下兵の筋力・耐久力補正費用半減、蟲使いの食料消費2倍など、ある個人が持つ特定の特殊費用を増減する特殊がある場合、計算手順が複雑になります。(例として軌道降下兵の場合を挙げます)
>
> 1)A1=編成内の軌道降下兵が持つ筋力・耐久力補正の合計
> 2)B1=部隊に適用される燃料消費削減倍率の総乗*0.5 (小数点以下2桁切り捨て、最小で0.15)
> 3)C1=A1*B1=筋力・耐久力補正の費用
>
> 4)A2=A1以外の補正特殊の費用合計
> 5)B2=部隊に適用される燃料消費削減倍率の総乗  (小数点以下2桁切り捨て、最小で0.15)
> 6)C2=A2*B2=A2の削減後の費用
>
> 7)C=部隊の編成費用=C1+C2
>
>
> ■3.編成費用計算手順(太元の仕様)
>
>  太元では上記1.と2.の両者に対応するため、部隊での消費合計を求める以前に、個々の特殊のコストごとに、その特殊に適用できる消費削減倍率を求めて乗算し、その後で費用の総和を求めています。
>
> 1)Ai=ある一ユニットが持つ、特殊一つの費用
> 2)Bi=Aiに適用できる消費削減倍率の総乗 (最小で0.15)
> 3)Ci=Ai*Bi
> 4)C=ΣCi (i:1...n)#nは編成内に含まれる特殊の総数
>
>  この時、計算誤差を局限するため、Biの倍率は小数点以下2桁での切り捨てを行いません。
>
>  このような仕様にすることで、複雑になるケースにも対応できるよう、計算手順を一般化しています。
>  一方、人間の手で検算しようとする場合には面倒な仕様とも言えます。また、厳密にはルールに沿ったやり方とは言えません。
>
>
> ■3’.食料消費における太元仕様の特例
>
>  但し、3.のやり方では、「猫・犬士の食料消費半減&合計時の端数切り上げ」には対応できません。このため、食料消費に限って以下の手順に従います。
>
> Aj=ある一名の人アイドレスのイベント時食料消費
> Bj=Ajに適用できる消費増加倍率の総乗。 このとき、倍率は整数(2倍・3倍・・・n倍)のみを認める。
>
> 猫・犬士の場合:Bj2=Bj*0.5 #半減
> PCの場合:Bj2=Bj*1
>
> Cj=Aj*Bj2
> C=ΣCj (j:1..n) 端数切り上げ
> D=C * 部隊全体に適用できる食料消費削減倍率の総乗 = 部隊の最終食料消費
>
>
>  以上、太元の仕様は本来の計算ルールとの間で齟齬が発生する余地はありますが、実用上問題の無いレベルであろうと考えています。
> #T14編成に基づいたテストでは、編成表記載の費用合計と太元の出力に差異はありませんでした。
>
>
> ■まとめ
>
>  長くなりましたが、改めて大雑把に説明しますと、
>
> 1)部隊での消費合計*削減率
>
> ないし
>
> 2)(削減率1に該当する消費の)部隊での消費合計*削減率1 + (削減率2に該当する消費の(部隊での消費合計*削減率2
>
> などと計算していたものを、
>
> 3)ユニットAの消費1*適用可能な削減率 + ユニットAの消費2*適用可能な削減率 + ... +ユニットNの消費n*適用可能な削減率
>
>  というように、「一つ一つの特殊による消費毎に適用できるリソース消費の削減を抽出し、その削減率を掛けてから合計を求める」と、太元の仕様を定めています。
>
> Q1:太元の現仕様である3.及び3’の計算手順について、編成ルール上合法と認めていただけないでしょうか?
>
> /*/
>
>  大変煩雑な質疑でお手数をおかけしてしまい、申し訳ありません。
>  ご回答の程、よろしくお願い致します。

こちらですが、
 ・現状とおおむね計算数値が変わらないこと
 ・プログラム作成上、必要な変更点であると理解できること
から芝村さんからOKを頂きました。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー