一括表示

[No.2666] [固定リンク][非] 設問198関連 投稿者:雅戌  投稿日:2017/07/27(Thu) 00:16:46

設問198 共和国は自国の設定国民に着せる職業アイドレス100種類を登録してもよい。100を超える分にはたくさんあってもよい。

に対応するために使うツリーです。


[No.2667] [固定リンク][非] 対応方針と作業の流れについての考え方 投稿者:雅戌  投稿日:2017/07/27(Thu) 00:20:28

共通職業作成についての現状の方針


〇重要事項

・設定国民が各藩国で暮らしていけるための環境を作るのが本設問群の目的であるため、この設問では設定国民が暮らすうえで必要となる職業を作る。
(過去のアイドレスではデータ化されていなかった職業も含め、システム4基準でデータ化し、設定の空白を埋める事で国民の暮らしを安定化させることや爆発を避ける事が目的)

・帝國共和国共同で作る物、それぞれが独自で作る物がある。線引きは独自性が高いかどうか。
・藩国や個人で同名職業を作っている場合、それと被る事もありうる。そちらを否定する意図はなく、あくまで全体で共用するために作っているだけです。
(個人作成版や藩国作成版は、名前にその旨を追記することで対応可能だと思います)
・特別職業や出仕職業については該当組織の方に作って頂くのが筋。

※共通施設アイドレスの作成(199)については現状ノープラン(方針の流用はできるが同時並行作業は不可能)


〇考え方

 職業をいくつかのカテゴリに分けて、それぞれに職業のアイデアを投下していく。独創性の高いものではなく、現実にありそうかつ多く存在しそうなもの。
 最終的に(作業力の都合で)作り切れなくても、今後追加で作ればいいので、候補の数が多い事はプラスになる。
 出てきたアイデアの中から優先度の高いものをピックアップする。上位から作っていく形になる。
 職業によってはランク(習熟度)分けによって2枠分作成する。能力の成長を描写する難易度は高めな上にRDは2倍以上なので作業力を食う事は考慮したい。
 
 職業アイドレスの構造、部品構成はどの職業でもおおよそ共通(概要や求められる能力、知識などを書くという意味で)なので、
テンプレート的にどの部品をどういった内容にすればいいかのガイドラインを用意しておく事で量産性を高める。
 該当職業の情報については(初期段階なので)ネット検索レベルでもOKだが、まるまる流用したりしないこと。

 個人や藩国単位で作成したアイドレスデータを投稿してもらうというより、共通仕様でアイドレスデータを作る作業に参加してもらう、という趣旨。
(先述のとおり、個人・藩国単位で作成されたデータを否定する意図はないです。あくまで作成・流用の利便性の問題)



〇職業カテゴリ分け

生産系:農民、炭鉱夫、猟師など
加工系:建築家、料理人、整備士など
流通・サービス業系:倉庫作業員、ショップ店員、映画監督、医師、保育士など
公共系・出仕系:警官、消防士、政庁職員、吏族、護民官、法の司など
軍事・戦闘系:歩兵、指揮官、参謀、パイロットなど
身分証明系:無職、未就学児、学生など
特別職業系:藩王、摂政、王猫、王犬


〇職業ランク分け
R1:新人レベル(基礎教育を受けて職務に就き始めた程度):評価5(RD8)
R2:一人前レベル(職務経験を積んで、自分の役割をしっかり果たせるようになった程度:評価7(RD18)
-----以下は今回は考えない----
R3S:専門家レベル(一人前になってから更に専門性の高い知識を獲得して活躍できる程度:評価8(RD26)
R3C:管理職レベル(一人前になってから担当部署の人員を指揮・管理できるようになった程度:評価8(RD26)
R4:一流レベル(専門知識を十分に活用でき、かつ部署の運用を企画段階から担当でき、更にもう一歩追加で強みがある程度:評価9(RD39)

例:
R1:整備士
R2:名整備士:評価7程度
R3S:チューニングマスター:評価8程度
R3C:整備班長:評価8程度


[No.2671] [固定リンク][非] 共通職業作成方針について(正式版) 投稿者:雅戌  投稿日:2017/07/27(Thu) 23:08:14

共通職業作成方針について


〇はじめに
 共和国側で共通(設定国民用)職業アイドレス100種以上の作成を担当しているものです。
 今回の設問への対処方針をこちらでご説明させていただきます。

 当設問にあわせて、各藩国が固有職業として作る職業アイドレスとは別枠のものとして100以上の職業を作ります。
 これらはPCではなく、共和国全体の設定国民の皆さんが藩国で暮らすために着用する職業を想定したもので、今回作成するのはデータの強くない職業が殆どです。
(評価値は5〜7、あっても8の想定です。彼らが生きる上で必要な職種をデータとして作成する事で、設定の空白を埋めることを目的としています)
 よって、PCが着用するための職業アイドレスは別途(藩国や個人単位で)作成されるものを想定しています。

 また、帝國側にも同内容の設問が出ているため、共同作業にすることが望ましいのですが、
帝國側とは作業方針が違うというお知らせを頂いたため、別作業となりました。紛らわしくなってすみません。


〇職業を100種類どうやって作るか
 100個の職業アイドレスデータを手作りしていく、というのはあまり現実的ではありません。
 既に個人単位で職業アイドレス作成に挑まれている方も多数おられるかと思いますが、それらを全てかき集めても100には遠いでしょうし、
今回の趣旨が『設定国民用の職業を作る』ですので、PCが着用することを前提に作られたアイドレスデータはあまり適切ではありません。

 そこで、今回の設問への対応の流れは以下のようにしています。

1.今回作りたい職業(設定国民向け)を、職業カテゴリ―別に募集して職業案を集める。
2.集まった職業案を、作成優先度の高い順番に並べる(100を超えてもよい)
3.カテゴリーの近い職業であれば使いまわせそうなアイドレスの大部品を複数作成する。
4.優先度の高い職業から、大部品を流用しつつ概要を記載してデータとして完成させる。
5.内容チェックを行う。
6.100種以上集まったら提出する(作業力の許す範囲で多い方が望ましい)


〇注意事項
 データを使いまわして作成する都合上、個人作成版のアイドレスデータの持ち込みを受け付けたり、藩国版のデータをそのまま使うということはしない想定です。
(それらのデータが使えなくなる、という事ではなく、あくまで設定国民用の共通作成版アイドレスデータは上記のように作る、というお話です)

 また、実際の暮らしの中で必要と思われる職業を想定しているため、独創性が強かったり、性能が極端な職業を作成する予定はありません。
 今回の想定では、設定の空白となっている1〜100のうちの100項目を埋めるのではなく、1〜1000の空白を10刻みで1ずつ100項目埋めるという感覚でいます。

 集まった職業案の中で、今回作り切れなかった職業があった場合、それらは名前を記録しておく想定でいます。
 次回の提出機会がもしあった時、より多く設定の空白を埋めるためです。


〇最後に(ご協力のお願い)
 今回の設問は非情に作業量の多いものであり、少人数での作業では期限までに間に合わせる事ができません。
 各種対応でお疲れのところかと思いますが、皆さんのご協力をどうかよろしくお願いします。

 ご意見やご不明点等ございましたら、以下チャットルームまでご連絡ください。
http://nyanking.pun.jp/yadchat/kenranchat.cgi?room=413


[No.2672] [固定リンク][非] テンプレートによる職業作例 投稿者:マリモ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/27(Thu) 23:20:31

(以下、作成・説明 GENZ@無名騎士藩国、階川雅成@玄霧藩国)

〇テンプレート作例

「大部品を使いまわす」というのがどういうことかをわかりやすくお伝えするための作例です。


<新米作業者>:6
┣【必要教育レベル】
┣【先輩の指導】
┣【作業マニュアルの遵守】
┣【指示の遵守】
┣【基本職業倫理】 
┗【法令の遵守】

【必要教育レベル】
その職業に求められるだけの教育段階を経ている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

【先輩の指導】
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

【作業マニュアルの遵守】
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

【指示の遵守】
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

【基本職業倫理】
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

【法令の遵守】
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。


この大部品は作業者職業全般、例えば食品加工工場の職員でも金属加工工場の職員でも使いまわせます。
(ただし大部品の名前が70%以上の重複を起こさないようにする必要はあります)
概要という部品にその職業固有の説明を記入して、


<食品加工作業者>:7
 ┣【概要】
 ┗【新米作業者】:6
   ┣【必要教育レベル】
   ┣【先輩の指導】
   ┣【作業マニュアルの遵守】
   ┣【指示の遵守】
   ┣【基本職業倫理】 
   ┗【法令の遵守】

 と言う形にすれば、それだけで1つの職業アイドレスが完成する上、類似職業が簡単に作れてしまう、というわけです。


〇テンプレートの派生職業作例

 職業の能力段階に応じて、追加の部品を加える事で上位職業を作ることができます。

<一人前の作業者>:11
┣<新米作業者>:6
┣【一通りの実務経験】
┣【主体的な行動】
┣【作業マニュアルの意味の理解】
┣【周囲への気配り】
┗【作業環境の改善】

<ベテラン作業者>:15
┣<一人前の作業者>:11
┣【魔法のような手際】
┣【部署内での発言力】
┣【生き字引】
┗【仕事への誇り】

 などのように、段階的に職務能力を高めていく大部品を作れば、これも流用によって多数の職業の発展形を作ることができます。


[No.2753] [固定リンク][非] サンプルデータ投稿場所 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/10(Thu) 01:31:19

こちらは、当設問において100以上の職業を作成するためのサンプルとして、
大部品の流用元とすることを目的として作成された職業データを投下していくための枝です。
本件のスタッフが職業データを集めるために使う場であり、広く職業データを公募するための場ではありませんのでご注意ください。

この記事に対する返信として、記事名を作成した職業名、本文にデータを記載する形での投稿をお願いします。

/*/

〇試作対象アイドレス

●生産系
農業従事者
・米作農民
採掘業従事者
・採石工
牧畜業従事者
・酪農家

●加工系
大工
・建築士
整備士
・機械修理工
調理者
・料理人
食品加工業従事者
・チーズ職人

●流通・サービス業系
教育者
・教師
小売り販売員
・八百屋
運送業従事者
・トラック運転手
芸能者
・踊り子

●公共・出仕系
警察官
・巡査
政庁職員
・政務官

●軍事系
理力使い
・魔法使い
パイロット
・戦車兵

●身分証明系
未就学児童
・保育園児
学生
・小中学生
パートタイマー
無職

●その他
首長
管理職
営業職
接客業

/*/

※職業名の変更は必要に応じて任意に行ってしまって結構です。
※評価値については、その職業の設定的能力を鑑みて、4〜7の範囲で作成してください。
※身分証明系職業については評価2までは落として構いません。


[No.2754] [固定リンク][非] 農業従事者 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/10(Thu) 10:11:06

*部品構造

-大部品: 農業従事者 RD:10 評価値:5
--部品: 農業を行う者
--部品: 基本的な農業への従事は無学でも可能
--部品: 作物に対する基礎知識
--部品: 農閑期における作業
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守



*部品定義

**部品: 農業を行う者
ここでいう農業とは、土地を利用して動植物を育成し、継続的に生産することを指す。
山などへ分け入り食べられる木の実を採集したり、獣を狩猟することとは根本的に異なり、(天候などの外的要因にある程度左右されるが)一定期間内における作物の収量が安定する。また、目的とした作物のみを育てることから管理が容易となり、収量自体も増える。
農業従事者とは、育成する作物によらず、これらの農業を行う者を指す。

**部品: 基本的な農業への従事は無学でも可能
農作業自体は肉体労働が多く含まれるため、慣れている者からの指示があり、それに従う意思があれば、読み書きや計算といった学がなくとも従事可能。

**部品: 作物に対する基礎知識
農業に従事する際、自身が育成している作物に対する基本的な知識が必要である。
例えば植物を育てているならば食用であるか否か、作付けや収穫の方法と季節、その作物の育成に適した気候などの知識。例えば家畜を育てているならば食用であるか否か、生態に即した飼育時の注意点(食べさせてはいけない餌や環境の整備など)、繁殖方法や時期などの知識。
これらを知っていることで、作物の有効部位を損なったり、育成上での過失による事故を起こしたりといった可能性を減らすことができる。

**部品: 農閑期における作業
動植物を相手にする仕事であるため、育成する作物によっては農閑期と呼ばれるものが発生する。
例えば、春に作付けを行い秋に収穫するような植物を育成する場合、冬に行う仕事がほとんどない、といった状況が起こり得る。
これへの対応方法はいくつかあるが、大まかに以下のようなものがある。
・複数の作物を育成し、それぞれの作物の農閑期が重ならないようにすることで仕事を途切れさせない
・ハウス栽培などで作物の生育に適した環境を季節に関わらず維持することで常に農業を行う
・副業を持ち(あるいは農業を副業として)農作業を行わなくて良い時期の収入を得る
・農業の規模自体を大きくし、農閑期の労働時間が短くとも十分な収入を得られるようにする

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。



*提出書式

大部品: 農業従事者 RD:10 評価値:5
-部品: 農業を行う者
-部品: 基本的な農業への従事は無学でも可能
-部品: 作物に対する基礎知識
-部品: 農閑期における作業
-大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
--部品: 先輩の指導
--部品: 作業マニュアルの遵守
--部品: 指示の遵守


部品: 農業を行う者
ここでいう農業とは、土地を利用して動植物を育成し、継続的に生産することを指す。
山などへ分け入り食べられる木の実を採集したり、獣を狩猟することとは根本的に異なり、(天候などの外的要因にある程度左右されるが)一定期間内における作物の収量が安定する。また、目的とした作物のみを育てることから管理が容易となり、収量自体も増える。
農業従事者とは、育成する作物によらず、これらの農業を行う者を指す。

部品: 基本的な農業への従事は無学でも可能
農作業自体は肉体労働が多く含まれるため、慣れている者からの指示があり、それに従う意思があれば、読み書きや計算といった学がなくとも従事可能。

部品: 作物に対する基礎知識
農業に従事する際、自身が育成している作物に対する基本的な知識が必要である。
例えば植物を育てているならば食用であるか否か、作付けや収穫の方法と季節、その作物の育成に適した気候などの知識。例えば家畜を育てているならば食用であるか否か、生態に即した飼育時の注意点(食べさせてはいけない餌や環境の整備など)、繁殖方法や時期などの知識。
これらを知っていることで、作物の有効部位を損なったり、育成上での過失による事故を起こしたりといった可能性を減らすことができる。

部品: 農閑期における作業
動植物を相手にする仕事であるため、育成する作物によっては農閑期と呼ばれるものが発生する。
例えば、春に作付けを行い秋に収穫するような植物を育成する場合、冬に行う仕事がほとんどない、といった状況が起こり得る。
これへの対応方法はいくつかあるが、大まかに以下のようなものがある。
・複数の作物を育成し、それぞれの作物の農閑期が重ならないようにすることで仕事を途切れさせない
・ハウス栽培などで作物の生育に適した環境を季節に関わらず維持することで常に農業を行う
・副業を持ち(あるいは農業を副業として)農作業を行わなくて良い時期の収入を得る
・農業の規模自体を大きくし、農閑期の労働時間が短くとも十分な収入を得られるようにする

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "農業従事者",
"children":
[
{ "title": "農業を行う者",
"description": "ここでいう農業とは、土地を利用して動植物を育成し、継続的に生産することを指す。\n山などへ分け入り食べられる木の実を採集したり、獣を狩猟することとは根本的に異なり、(天候などの外的要因にある程度左右されるが)一定期間内における作物の収量が安定する。また、目的とした作物のみを育てることから管理が容易となり、収量自体も増える。\n農業従事者とは、育成する作物によらず、これらの農業を行う者を指す。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本的な農業への従事は無学でも可能",
"description": "農作業自体は肉体労働が多く含まれるため、慣れている者からの指示があり、それに従う意思があれば、読み書きや計算といった学がなくとも従事可能。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作物に対する基礎知識",
"description": "農業に従事する際、自身が育成している作物に対する基本的な知識が必要である。\n例えば植物を育てているならば食用であるか否か、作付けや収穫の方法と季節、その作物の育成に適した気候などの知識。例えば家畜を育てているならば食用であるか否か、生態に即した飼育時の注意点(食べさせてはいけない餌や環境の整備など)、繁殖方法や時期などの知識。\nこれらを知っていることで、作物の有効部位を損なったり、育成上での過失による事故を起こしたりといった可能性を減らすことができる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "農閑期における作業",
"description": "動植物を相手にする仕事であるため、育成する作物によっては農閑期と呼ばれるものが発生する。\n例えば、春に作付けを行い秋に収穫するような植物を育成する場合、冬に行う仕事がほとんどない、といった状況が起こり得る。\nこれへの対応方法はいくつかあるが、大まかに以下のようなものがある。\n・複数の作物を育成し、それぞれの作物の農閑期が重ならないようにすることで仕事を途切れさせない\n・ハウス栽培などで作物の生育に適した環境を季節に関わらず維持することで常に農業を行う\n・副業を持ち(あるいは農業を副業として)農作業を行わなくて良い時期の収入を得る\n・農業の規模自体を大きくし、農閑期の労働時間が短くとも十分な収入を得られるようにする",
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2755] [固定リンク][非] 米作農家 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/10(Thu) 12:15:33

*部品構造

-大部品: 米作農家 RD:17 評価値:6
--部品: 稲を育てる者
--大部品: 米作に関する知識と実践 RD:6 評価値:4
---部品: 稲の田植え
---部品: 水田の管理
---部品: 稲刈り
---部品: 脱穀と乾燥
---部品: 籾摺り
---部品: 害虫・害獣への対処
--大部品: 農業従事者 RD:10 評価値:5
---部品: 農業を行う者
---部品: 基本的な農業への従事は無学でも可能
---部品: 作物に対する基礎知識
---部品: 農閑期における作業
---大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
----大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
-----部品: 求められる教育レベル
-----部品: 基本職業倫理
-----部品: 法令の遵守
----部品: 先輩の指導
----部品: 作業マニュアルの遵守
----部品: 指示の遵守



*部品定義

**部品: 稲を育てる者
米作農家とは米を得るために稲を育てる者である。
稲は大きく分類して水田で育てる水稲と、水を入れずに畑で育てる陸稲とが存在する。NWではなぜか水田で稲を育てる者が多い。

**部品: 稲の田植え
稲の田植えは主に春ごろに行われる。
特に、現在では種まきから発芽、苗の生育までを別に行ってから、田へ植えかえる形で行われることが多い。
苗の状態まで正常に育ったもののみを植えることで、種の状態から直接生育するよりも田の中で生育不良が起きにくい。また、少数でまとめた苗を一定間隔ごとに植えることで成長時に他の苗と土地の栄養を奪い合うことが少なくなり、田の中で稲を潰さず移動することや成長後の稲刈りなどを容易に行うことができる。
高物理域においては機械化されており、苗を一定間隔で植えるための田植え機が用いられることが多い。
低物理域においては苗を入れた籠を背負って手で植えることが多い。一定間隔の目印をつけるために、格子状にした木や金属の網を円筒状にし、これを水田内で転がす方法が用いられることもある。

**部品: 水田の管理
水田は年間を通して管理が必要な土地である。
田植えを行う前に田を耕して冬から春にかけて固くなった土を柔らかくする必要がある。ここへ水を入れて再度耕し、水と土を混ぜてさらに柔らかく細かくする。耕し終わった後は土をならし、水田内の水深が一定となるようにする必要がある。
田植えを行ったあとは水量の調整を行い、苗が水没しないよう、また田が乾かないよう気を遣う必要がある。
肥料をやり、雑草をのぞき、稲がある程度成長したところで水を抜き、稲刈りが終わったあとにも再度田を耕す。
高物理域においては機械化されており、田を耕すための田起こし機などが使われることが多い。
低物理域においては家畜や人力で鍬やみつがを用いて田を耕すことが多い。

**部品: 稲刈り
稲の種類により時期は若干ずれるが晩夏から秋にかけて稲の穂が十分に実ったあとに稲刈りが行われる。
稲の食用部位は基本的に米だけであるが、刈り取りと脱穀を終えたあとの藁についても、家畜の餌としたり畑の畝を覆うことで雑草や保湿への対策としたりと活用法は多い。また、特別な使用をしない場合は、稲刈り後に田を耕す際に米ぬかなどと一緒に田へまかれ、来年の稲作のための肥料となる。
高物理域においては機械化されており、稲刈りと脱穀まで同時に行うコンバインなどが用いられることが多い。
低物理域においては鎌などを用いて手で借り入れを行うことが多い。

**部品: 脱穀と乾燥
刈り取った稲の穂から米(籾)の部分のみを回収することを脱穀と呼ぶ。脱穀の後、籾を乾燥させて水分を飛ばし、適切な温度・湿度の管理を行うことで米の長期保存が可能となる。
このとき、食用にする米と、来年の田植えで使用する種もみとを分け、継続的に稲作を行えるようにしている。
高物理域においては機械化されており、特に脱穀までは稲刈り機(コンバイン)が合わせて行ってくれることも多い。
低物理域においては天日干しによる乾燥を行ってから千歯こきなどで脱穀されることが多い。

**部品: 籾摺り
一般的な米作農家が米作りの最終段階として行うのが、籾摺りと呼ばれる工程である。これは籾から籾殻を取り除き、玄米の状態とすることを指す。
籾摺りが行われるのは当然ながら食用の米だけである。出荷のため袋などに一定の量を詰める作業も合わせて行われることが多い。
高物理域では機械化されているが、低物理域では臼などが用いられることもある。

**部品: 害虫・害獣への対処
田植えの直後の苗や稲が実った後の穂を狙う鳥や獣は多い。これに対抗するために田に光を反射するテープや紐を張ることで鳥が近づかないようにすることもある。
また、農薬をまくことで害虫や病気から守ることも必要である。ただし農薬は適量を超えれば逆に稲の生育や米を食べる者にも悪影響を与えるため、注意が必要である。
主義にもよるが農薬を使用せず、水田へ鴨を離すなどして害虫を食べさせるなどの農法も存在する。

**部品: 農業を行う者
ここでいう農業とは、土地を利用して動植物を育成し、継続的に生産することを指す。
山などへ分け入り食べられる木の実を採集したり、獣を狩猟することとは根本的に異なり、(天候などの外的要因にある程度左右されるが)一定期間内における作物の収量が安定する。また、目的とした作物のみを育てることから管理が容易となり、収量自体も増える。
農業従事者とは、育成する作物によらず、これらの農業を行う者を指す。

**部品: 基本的な農業への従事は無学でも可能
農作業自体は肉体労働が多く含まれるため、慣れている者からの指示があり、それに従う意思があれば、読み書きや計算といった学がなくとも従事可能。

**部品: 作物に対する基礎知識
農業に従事する際、自身が育成している作物に対する基本的な知識が必要である。
例えば植物を育てているならば食用であるか否か、作付けや収穫の方法と季節、その作物の育成に適した気候などの知識。例えば家畜を育てているならば食用であるか否か、生態に即した飼育時の注意点(食べさせてはいけない餌や環境の整備など)、繁殖方法や時期などの知識。
これらを知っていることで、作物の有効部位を損なったり、育成上での過失による事故を起こしたりといった可能性を減らすことができる。

**部品: 農閑期における作業
動植物を相手にする仕事であるため、育成する作物によっては農閑期と呼ばれるものが発生する。
例えば、春に作付けを行い秋に収穫するような植物を育成する場合、冬に行う仕事がほとんどない、といった状況が起こり得る。
これへの対応方法はいくつかあるが、大まかに以下のようなものがある。
・複数の作物を育成し、それぞれの作物の農閑期が重ならないようにすることで仕事を途切れさせない
・ハウス栽培などで作物の生育に適した環境を季節に関わらず維持することで常に農業を行う
・副業を持ち(あるいは農業を副業として)農作業を行わなくて良い時期の収入を得る
・農業の規模自体を大きくし、農閑期の労働時間が短くとも十分な収入を得られるようにする

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。



*提出書式

大部品: 米作農家 RD:17 評価値:6
-部品: 稲を育てる者
-大部品: 米作に関する知識と実践 RD:6 評価値:4
--部品: 稲の田植え
--部品: 水田の管理
--部品: 稲刈り
--部品: 脱穀と乾燥
--部品: 籾摺り
--部品: 害虫・害獣への対処
-大部品: 農業従事者 RD:10 評価値:5
--部品: 農業を行う者
--部品: 基本的な農業への従事は無学でも可能
--部品: 作物に対する基礎知識
--部品: 農閑期における作業
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守


部品: 稲を育てる者
米作農家とは米を得るために稲を育てる者である。
稲は大きく分類して水田で育てる水稲と、水を入れずに畑で育てる陸稲とが存在する。NWではなぜか水田で稲を育てる者が多い。

部品: 稲の田植え
稲の田植えは主に春ごろに行われる。
特に、現在では種まきから発芽、苗の生育までを別に行ってから、田へ植えかえる形で行われることが多い。
苗の状態まで正常に育ったもののみを植えることで、種の状態から直接生育するよりも田の中で生育不良が起きにくい。また、少数でまとめた苗を一定間隔ごとに植えることで成長時に他の苗と土地の栄養を奪い合うことが少なくなり、田の中で稲を潰さず移動することや成長後の稲刈りなどを容易に行うことができる。
高物理域においては機械化されており、苗を一定間隔で植えるための田植え機が用いられることが多い。
低物理域においては苗を入れた籠を背負って手で植えることが多い。一定間隔の目印をつけるために、格子状にした木や金属の網を円筒状にし、これを水田内で転がす方法が用いられることもある。

部品: 水田の管理
水田は年間を通して管理が必要な土地である。
田植えを行う前に田を耕して冬から春にかけて固くなった土を柔らかくする必要がある。ここへ水を入れて再度耕し、水と土を混ぜてさらに柔らかく細かくする。耕し終わった後は土をならし、水田内の水深が一定となるようにする必要がある。
田植えを行ったあとは水量の調整を行い、苗が水没しないよう、また田が乾かないよう気を遣う必要がある。
肥料をやり、雑草をのぞき、稲がある程度成長したところで水を抜き、稲刈りが終わったあとにも再度田を耕す。
高物理域においては機械化されており、田を耕すための田起こし機などが使われることが多い。
低物理域においては家畜や人力で鍬やみつがを用いて田を耕すことが多い。

部品: 稲刈り
稲の種類により時期は若干ずれるが晩夏から秋にかけて稲の穂が十分に実ったあとに稲刈りが行われる。
稲の食用部位は基本的に米だけであるが、刈り取りと脱穀を終えたあとの藁についても、家畜の餌としたり畑の畝を覆うことで雑草や保湿への対策としたりと活用法は多い。また、特別な使用をしない場合は、稲刈り後に田を耕す際に米ぬかなどと一緒に田へまかれ、来年の稲作のための肥料となる。
高物理域においては機械化されており、稲刈りと脱穀まで同時に行うコンバインなどが用いられることが多い。
低物理域においては鎌などを用いて手で借り入れを行うことが多い。

部品: 脱穀と乾燥
刈り取った稲の穂から米(籾)の部分のみを回収することを脱穀と呼ぶ。脱穀の後、籾を乾燥させて水分を飛ばし、適切な温度・湿度の管理を行うことで米の長期保存が可能となる。
このとき、食用にする米と、来年の田植えで使用する種もみとを分け、継続的に稲作を行えるようにしている。
高物理域においては機械化されており、特に脱穀までは稲刈り機(コンバイン)が合わせて行ってくれることも多い。
低物理域においては天日干しによる乾燥を行ってから千歯こきなどで脱穀されることが多い。

部品: 籾摺り
一般的な米作農家が米作りの最終段階として行うのが、籾摺りと呼ばれる工程である。これは籾から籾殻を取り除き、玄米の状態とすることを指す。
籾摺りが行われるのは当然ながら食用の米だけである。出荷のため袋などに一定の量を詰める作業も合わせて行われることが多い。
高物理域では機械化されているが、低物理域では臼などが用いられることもある。

部品: 害虫・害獣への対処
田植えの直後の苗や稲が実った後の穂を狙う鳥や獣は多い。これに対抗するために田に光を反射するテープや紐を張ることで鳥が近づかないようにすることもある。
また、農薬をまくことで害虫や病気から守ることも必要である。ただし農薬は適量を超えれば逆に稲の生育や米を食べる者にも悪影響を与えるため、注意が必要である。
主義にもよるが農薬を使用せず、水田へ鴨を離すなどして害虫を食べさせるなどの農法も存在する。

部品: 農業を行う者
ここでいう農業とは、土地を利用して動植物を育成し、継続的に生産することを指す。
山などへ分け入り食べられる木の実を採集したり、獣を狩猟することとは根本的に異なり、(天候などの外的要因にある程度左右されるが)一定期間内における作物の収量が安定する。また、目的とした作物のみを育てることから管理が容易となり、収量自体も増える。
農業従事者とは、育成する作物によらず、これらの農業を行う者を指す。

部品: 基本的な農業への従事は無学でも可能
農作業自体は肉体労働が多く含まれるため、慣れている者からの指示があり、それに従う意思があれば、読み書きや計算といった学がなくとも従事可能。

部品: 作物に対する基礎知識
農業に従事する際、自身が育成している作物に対する基本的な知識が必要である。
例えば植物を育てているならば食用であるか否か、作付けや収穫の方法と季節、その作物の育成に適した気候などの知識。例えば家畜を育てているならば食用であるか否か、生態に即した飼育時の注意点(食べさせてはいけない餌や環境の整備など)、繁殖方法や時期などの知識。
これらを知っていることで、作物の有効部位を損なったり、育成上での過失による事故を起こしたりといった可能性を減らすことができる。

部品: 農閑期における作業
動植物を相手にする仕事であるため、育成する作物によっては農閑期と呼ばれるものが発生する。
例えば、春に作付けを行い秋に収穫するような植物を育成する場合、冬に行う仕事がほとんどない、といった状況が起こり得る。
これへの対応方法はいくつかあるが、大まかに以下のようなものがある。
・複数の作物を育成し、それぞれの作物の農閑期が重ならないようにすることで仕事を途切れさせない
・ハウス栽培などで作物の生育に適した環境を季節に関わらず維持することで常に農業を行う
・副業を持ち(あるいは農業を副業として)農作業を行わなくて良い時期の収入を得る
・農業の規模自体を大きくし、農閑期の労働時間が短くとも十分な収入を得られるようにする

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "米作農家",
"children":
[
{ "title": "稲を育てる者",
"description": "米作農家とは米を得るために稲を育てる者である。\n稲は大きく分類して水田で育てる水稲と、水を入れずに畑で育てる陸稲とが存在する。NWではなぜか水田で稲を育てる者が多い。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "米作に関する知識と実践",
"children":
[
{ "title": "稲の田植え",
"description": "稲の田植えは主に春ごろに行われる。\n特に、現在では種まきから発芽、苗の生育までを別に行ってから、田へ植えかえる形で行われることが多い。\n苗の状態まで正常に育ったもののみを植えることで、種の状態から直接生育するよりも田の中で生育不良が起きにくい。また、少数でまとめた苗を一定間隔ごとに植えることで成長時に他の苗と土地の栄養を奪い合うことが少なくなり、田の中で稲を潰さず移動することや成長後の稲刈りなどを容易に行うことができる。\n高物理域においては機械化されており、苗を一定間隔で植えるための田植え機が用いられることが多い。\n低物理域においては苗を入れた籠を背負って手で植えることが多い。一定間隔の目印をつけるために、格子状にした木や金属の網を円筒状にし、これを水田内で転がす方法が用いられることもある。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "水田の管理",
"description": "水田は年間を通して管理が必要な土地である。\n田植えを行う前に田を耕して冬から春にかけて固くなった土を柔らかくする必要がある。ここへ水を入れて再度耕し、水と土を混ぜてさらに柔らかく細かくする。耕し終わった後は土をならし、水田内の水深が一定となるようにする必要がある。\n田植えを行ったあとは水量の調整を行い、苗が水没しないよう、また田が乾かないよう気を遣う必要がある。\n肥料をやり、雑草をのぞき、稲がある程度成長したところで水を抜き、稲刈りが終わったあとにも再度田を耕す。\n高物理域においては機械化されており、田を耕すための田起こし機などが使われることが多い。\n低物理域においては家畜や人力で鍬やみつがを用いて田を耕すことが多い。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "稲刈り",
"description": "稲の種類により時期は若干ずれるが晩夏から秋にかけて稲の穂が十分に実ったあとに稲刈りが行われる。\n稲の食用部位は基本的に米だけであるが、刈り取りと脱穀を終えたあとの藁についても、家畜の餌としたり畑の畝を覆うことで雑草や保湿への対策としたりと活用法は多い。また、特別な使用をしない場合は、稲刈り後に田を耕す際に米ぬかなどと一緒に田へまかれ、来年の稲作のための肥料となる。\n高物理域においては機械化されており、稲刈りと脱穀まで同時に行うコンバインなどが用いられることが多い。\n低物理域においては鎌などを用いて手で借り入れを行うことが多い。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "脱穀と乾燥",
"description": "刈り取った稲の穂から米(籾)の部分のみを回収することを脱穀と呼ぶ。脱穀の後、籾を乾燥させて水分を飛ばし、適切な温度・湿度の管理を行うことで米の長期保存が可能となる。\nこのとき、食用にする米と、来年の田植えで使用する種もみとを分け、継続的に稲作を行えるようにしている。\n高物理域においては機械化されており、特に脱穀までは稲刈り機(コンバイン)が合わせて行ってくれることも多い。\n低物理域においては天日干しによる乾燥を行ってから千歯こきなどで脱穀されることが多い。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "籾摺り",
"description": "一般的な米作農家が米作りの最終段階として行うのが、籾摺りと呼ばれる工程である。これは籾から籾殻を取り除き、玄米の状態とすることを指す。\n籾摺りが行われるのは当然ながら食用の米だけである。出荷のため袋などに一定の量を詰める作業も合わせて行われることが多い。\n高物理域では機械化されているが、低物理域では臼などが用いられることもある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "害虫・害獣への対処",
"description": "田植えの直後の苗や稲が実った後の穂を狙う鳥や獣は多い。これに対抗するために田に光を反射するテープや紐を張ることで鳥が近づかないようにすることもある。\nまた、農薬をまくことで害虫や病気から守ることも必要である。ただし農薬は適量を超えれば逆に稲の生育や米を食べる者にも悪影響を与えるため、注意が必要である。\n主義にもよるが農薬を使用せず、水田へ鴨を離すなどして害虫を食べさせるなどの農法も存在する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "農業従事者",
"children":
[
{ "title": "農業を行う者",
"description": "ここでいう農業とは、土地を利用して動植物を育成し、継続的に生産することを指す。\n山などへ分け入り食べられる木の実を採集したり、獣を狩猟することとは根本的に異なり、(天候などの外的要因にある程度左右されるが)一定期間内における作物の収量が安定する。また、目的とした作物のみを育てることから管理が容易となり、収量自体も増える。\n農業従事者とは、育成する作物によらず、これらの農業を行う者を指す。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本的な農業への従事は無学でも可能",
"description": "農作業自体は肉体労働が多く含まれるため、慣れている者からの指示があり、それに従う意思があれば、読み書きや計算といった学がなくとも従事可能。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作物に対する基礎知識",
"description": "農業に従事する際、自身が育成している作物に対する基本的な知識が必要である。\n例えば植物を育てているならば食用であるか否か、作付けや収穫の方法と季節、その作物の育成に適した気候などの知識。例えば家畜を育てているならば食用であるか否か、生態に即した飼育時の注意点(食べさせてはいけない餌や環境の整備など)、繁殖方法や時期などの知識。\nこれらを知っていることで、作物の有効部位を損なったり、育成上での過失による事故を起こしたりといった可能性を減らすことができる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "農閑期における作業",
"description": "動植物を相手にする仕事であるため、育成する作物によっては農閑期と呼ばれるものが発生する。\n例えば、春に作付けを行い秋に収穫するような植物を育成する場合、冬に行う仕事がほとんどない、といった状況が起こり得る。\nこれへの対応方法はいくつかあるが、大まかに以下のようなものがある。\n・複数の作物を育成し、それぞれの作物の農閑期が重ならないようにすることで仕事を途切れさせない\n・ハウス栽培などで作物の生育に適した環境を季節に関わらず維持することで常に農業を行う\n・副業を持ち(あるいは農業を副業として)農作業を行わなくて良い時期の収入を得る\n・農業の規模自体を大きくし、農閑期の労働時間が短くとも十分な収入を得られるようにする",
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2756] [固定リンク][非] 運送業従事者 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/10(Thu) 12:53:30

*部品構造

-大部品: 運送業従事者 RD:13 評価値:6
--部品: 人や物を運ぶ者
--大部品: 運送業に求められる素養・技術 RD:3 評価値:2
---部品: 地理の把握
---部品: 地図の読解
---部品: 運転技術の獲得
--大部品: 一人前になるまで RD:6 評価値:4
---部品: 一通りの実務経験
---部品: 作業に対する疑問の解消
---部品: 作業マニュアルの意味の理解
---部品: 主体的な行動
---部品: 周囲への気配り
---部品: 作業環境の改善
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守



*部品定義

**部品: 人や物を運ぶ者
運送業に従事する者は、大きくわけて人を運ぶ者と物を運ぶ者に分けられる。また、列車や船舶、航空機のように、両方を兼ねる場合もある。
特に物流は経済の動脈でもある。近代化し、分業が進んだ社会においては生産地と消費地を繋ぐ業務は非常に重要である。

**部品: 地理の把握
運送業においてはある場所から別の場所へ人や物を運ぶことになる。このとき、どこからどこへ運べばよいのか、運ぶための移動ルートをどうするのか、そういったことを把握していなければ仕事ができない。

**部品: 地図の読解
運送中、なんらかのトラブルによって進むべき方向を間違い、迷う可能性は常に存在する。
こういったトラブルからの復帰のため、地図を見て自分の大まかな現在位置、目標地点との位置関係、元のルートへ復帰するための目印といったものを把握するため、地図を読める必要がある。

**部品: 運転技術の獲得
運送業においては人や物を運ぶために乗り物を運転する必要がある。
低物理域においては馬車など、高物理域においては自動車、船舶、飛行機などのような乗り物を、その業務に応じて運転できる必要がある。
特に、複雑な操作があるものや大きいものや早いものなど、運転にミスがあった場合に大きな事故に繋がる可能性が高いものには、その運転技術と法に関する知識が十分に備わっていることを示す運転免許が必要となることが多い。

**部品: 一通りの実務経験
作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。

**部品: 作業に対する疑問の解消
作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。
先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。


**部品: 作業マニュアルの意味の理解
自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。
ちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。
半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。

**部品: 主体的な行動
自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。
一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。
もちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。
また、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。


**部品: 周囲への気配り
自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。
一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。
自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。

**部品: 作業環境の改善
自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。
それは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。



*提出書式

大部品: 運送業従事者 RD:13 評価値:6
-部品: 人や物を運ぶ者
-大部品: 運送業に求められる素養・技術 RD:3 評価値:2
--部品: 地理の把握
--部品: 地図の読解
--部品: 運転技術の獲得
-大部品: 一人前になるまで RD:6 評価値:4
--部品: 一通りの実務経験
--部品: 作業に対する疑問の解消
--部品: 作業マニュアルの意味の理解
--部品: 主体的な行動
--部品: 周囲への気配り
--部品: 作業環境の改善
-大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
--部品: 求められる教育レベル
--部品: 基本職業倫理
--部品: 法令の遵守


部品: 人や物を運ぶ者
運送業に従事する者は、大きくわけて人を運ぶ者と物を運ぶ者に分けられる。また、列車や船舶、航空機のように、両方を兼ねる場合もある。
特に物流は経済の動脈でもある。近代化し、分業が進んだ社会においては生産地と消費地を繋ぐ業務は非常に重要である。

部品: 地理の把握
運送業においてはある場所から別の場所へ人や物を運ぶことになる。このとき、どこからどこへ運べばよいのか、運ぶための移動ルートをどうするのか、そういったことを把握していなければ仕事ができない。

部品: 地図の読解
運送中、なんらかのトラブルによって進むべき方向を間違い、迷う可能性は常に存在する。
こういったトラブルからの復帰のため、地図を見て自分の大まかな現在位置、目標地点との位置関係、元のルートへ復帰するための目印といったものを把握するため、地図を読める必要がある。

部品: 運転技術の獲得
運送業においては人や物を運ぶために乗り物を運転する必要がある。
低物理域においては馬車など、高物理域においては自動車、船舶、飛行機などのような乗り物を、その業務に応じて運転できる必要がある。
特に、複雑な操作があるものや大きいものや早いものなど、運転にミスがあった場合に大きな事故に繋がる可能性が高いものには、その運転技術と法に関する知識が十分に備わっていることを示す運転免許が必要となることが多い。

部品: 一通りの実務経験
作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。

部品: 作業に対する疑問の解消
作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。
先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。


部品: 作業マニュアルの意味の理解
自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。
ちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。
半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。

部品: 主体的な行動
自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。
一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。
もちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。
また、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。


部品: 周囲への気配り
自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。
一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。
自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。

部品: 作業環境の改善
自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。
それは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "運送業従事者",
"children":
[
{ "title": "人や物を運ぶ者",
"description": "運送業に従事する者は、大きくわけて人を運ぶ者と物を運ぶ者に分けられる。また、列車や船舶、航空機のように、両方を兼ねる場合もある。\n特に物流は経済の動脈でもある。近代化し、分業が進んだ社会においては生産地と消費地を繋ぐ業務は非常に重要である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "運送業に求められる素養・技術",
"children":
[
{ "title": "地理の把握",
"description": "運送業においてはある場所から別の場所へ人や物を運ぶことになる。このとき、どこからどこへ運べばよいのか、運ぶための移動ルートをどうするのか、そういったことを把握していなければ仕事ができない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "地図の読解",
"description": "運送中、なんらかのトラブルによって進むべき方向を間違い、迷う可能性は常に存在する。\nこういったトラブルからの復帰のため、地図を見て自分の大まかな現在位置、目標地点との位置関係、元のルートへ復帰するための目印といったものを把握するため、地図を読める必要がある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "運転技術の獲得",
"description": "運送業においては人や物を運ぶために乗り物を運転する必要がある。\n低物理域においては馬車など、高物理域においては自動車、船舶、飛行機などのような乗り物を、その業務に応じて運転できる必要がある。\n特に、複雑な操作があるものや大きいものや早いものなど、運転にミスがあった場合に大きな事故に繋がる可能性が高いものには、その運転技術と法に関する知識が十分に備わっていることを示す運転免許が必要となることが多い。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "一人前になるまで",
"children":
[
{ "title": "一通りの実務経験",
"description": "作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業に対する疑問の解消",
"description": "作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。\n先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの意味の理解",
"description": "自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。\nちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。\n半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "主体的な行動",
"description": "自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。\n一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。\nもちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。\nまた、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "周囲への気配り",
"description": "自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。\n一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。\n自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業環境の改善",
"description": "自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。\nそれは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2757] [固定リンク][非] トラック運転手 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/10(Thu) 13:30:43

*部品構造

-大部品: トラック運転手 RD:17 評価値:6
--部品: トラックを運転する者
--大部品: トラック運送に必要な技術とノウハウ RD:3 評価値:2
---部品: 大型の自動車運転免許の所持
---部品: 積荷を保全する技術
---部品: 定期的な休憩と交代要員
--大部品: 運送業従事者 RD:13 評価値:6
---部品: 人や物を運ぶ者
---大部品: 運送業に求められる素養・技術 RD:3 評価値:2
----部品: 地理の把握
----部品: 地図の読解
----部品: 運転技術の獲得
---大部品: 一人前になるまで RD:6 評価値:4
----部品: 一通りの実務経験
----部品: 作業に対する疑問の解消
----部品: 作業マニュアルの意味の理解
----部品: 主体的な行動
----部品: 周囲への気配り
----部品: 作業環境の改善
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守



*部品定義

**部品: トラックを運転する者
トラック運転手とは、運送業に従事する者の中でも、特に大型のトラックに貨物を乗せて運ぶ者を指す。
集荷などのための短距離輸送を行う者も居れば、内陸部や船舶を使うほどではない長距離輸送を行う者も居る。

**部品: 大型の自動車運転免許の所持
自動車を操縦する技術を持ち、それに関連する法に対する十分な知識があることを示すのが自動車運転免許である。
この中でも、大型の自動車を扱う者は、カーブや駐車、貨物の扱いなどについて別途必要な技術と知識が求められるため、通常の自動車免許を取得した上でさらに訓練を行う必要がある。大型の自動車運転免許は、それらの訓練を正常に終えたことを示す資格である。
逆に言えば免許さえ取得できているなら、学歴は問われないことが多い。

**部品: 積荷を保全する技術
輸送中に積荷が崩れないように、荷重が偏らない適切に積載し、ロープなどで固定する知識と技術が必要となる。
積荷の積載方法が正しくとも輸送中の運転が荒ければ積荷にダメージが入る可能性があるため、道の荒い場所やカーブでは特に配慮した運転が必要となる。
また、重量のあるトラックにおいては慣性が大きく、ブレーキ操作についても技術が必要となる。

**部品: 定期的な休憩と交代要員
昼夜に及ぶ拘束時間、過酷な環境などから、その業務内容から想像される以上に体力が問われる面が多い。ただし、業務中に眠気を感じた場合は短くてもよいので必ず仮眠を取るよう指導もされる。
体力だけではどうにもならない部分というものは確かにあるため、トラックの運転が長時間に及ぶ場合は、必ず一定時間ごとに休憩を取ることが義務付けられる。
これは集中力が途切れることや長時間同じ体勢でいることなど、複数の要因が重なっての事故発生を避けるためである。
また、長距離の輸送で一昼夜を超える運転が必要である場合などは、必ず交代要員が用意される。定期的に運転を交代することで睡眠や食事を適切に取ることが推奨される。


**部品: 人や物を運ぶ者
運送業に従事する者は、大きくわけて人を運ぶ者と物を運ぶ者に分けられる。また、列車や船舶、航空機のように、両方を兼ねる場合もある。
特に物流は経済の動脈でもある。近代化し、分業が進んだ社会においては生産地と消費地を繋ぐ業務は非常に重要である。

**部品: 地理の把握
運送業においてはある場所から別の場所へ人や物を運ぶことになる。このとき、どこからどこへ運べばよいのか、運ぶための移動ルートをどうするのか、そういったことを把握していなければ仕事ができない。

**部品: 地図の読解
運送中、なんらかのトラブルによって進むべき方向を間違い、迷う可能性は常に存在する。
こういったトラブルからの復帰のため、地図を見て自分の大まかな現在位置、目標地点との位置関係、元のルートへ復帰するための目印といったものを把握するため、地図を読める必要がある。

**部品: 運転技術の獲得
運送業においては人や物を運ぶために乗り物を運転する必要がある。
低物理域においては馬車など、高物理域においては自動車、船舶、飛行機などのような乗り物を、その業務に応じて運転できる必要がある。
特に、複雑な操作があるものや大きいものや早いものなど、運転にミスがあった場合に大きな事故に繋がる可能性が高いものには、その運転技術と法に関する知識が十分に備わっていることを示す運転免許が必要となることが多い。

**部品: 一通りの実務経験
作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。

**部品: 作業に対する疑問の解消
作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。
先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。


**部品: 作業マニュアルの意味の理解
自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。
ちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。
半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。

**部品: 主体的な行動
自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。
一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。
もちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。
また、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。


**部品: 周囲への気配り
自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。
一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。
自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。

**部品: 作業環境の改善
自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。
それは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。



*提出書式

大部品: トラック運転手 RD:17 評価値:6
-部品: トラックを運転する者
-大部品: トラック運送に必要な技術とノウハウ RD:3 評価値:2
--部品: 大型の自動車運転免許の所持
--部品: 積荷を保全する技術
--部品: 定期的な休憩と交代要員
-大部品: 運送業従事者 RD:13 評価値:6
--部品: 人や物を運ぶ者
--大部品: 運送業に求められる素養・技術 RD:3 評価値:2
---部品: 地理の把握
---部品: 地図の読解
---部品: 運転技術の獲得
--大部品: 一人前になるまで RD:6 評価値:4
---部品: 一通りの実務経験
---部品: 作業に対する疑問の解消
---部品: 作業マニュアルの意味の理解
---部品: 主体的な行動
---部品: 周囲への気配り
---部品: 作業環境の改善
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守


部品: トラックを運転する者
トラック運転手とは、運送業に従事する者の中でも、特に大型のトラックに貨物を乗せて運ぶ者を指す。
集荷などのための短距離輸送を行う者も居れば、内陸部や船舶を使うほどではない長距離輸送を行う者も居る。

部品: 大型の自動車運転免許の所持
自動車を操縦する技術を持ち、それに関連する法に対する十分な知識があることを示すのが自動車運転免許である。
この中でも、大型の自動車を扱う者は、カーブや駐車、貨物の扱いなどについて別途必要な技術と知識が求められるため、通常の自動車免許を取得した上でさらに訓練を行う必要がある。大型の自動車運転免許は、それらの訓練を正常に終えたことを示す資格である。
逆に言えば免許さえ取得できているなら、学歴は問われないことが多い。

部品: 積荷を保全する技術
輸送中に積荷が崩れないように、荷重が偏らない適切に積載し、ロープなどで固定する知識と技術が必要となる。
積荷の積載方法が正しくとも輸送中の運転が荒ければ積荷にダメージが入る可能性があるため、道の荒い場所やカーブでは特に配慮した運転が必要となる。
また、重量のあるトラックにおいては慣性が大きく、ブレーキ操作についても技術が必要となる。

部品: 定期的な休憩と交代要員
昼夜に及ぶ拘束時間、過酷な環境などから、その業務内容から想像される以上に体力が問われる面が多い。ただし、業務中に眠気を感じた場合は短くてもよいので必ず仮眠を取るよう指導もされる。
体力だけではどうにもならない部分というものは確かにあるため、トラックの運転が長時間に及ぶ場合は、必ず一定時間ごとに休憩を取ることが義務付けられる。
これは集中力が途切れることや長時間同じ体勢でいることなど、複数の要因が重なっての事故発生を避けるためである。
また、長距離の輸送で一昼夜を超える運転が必要である場合などは、必ず交代要員が用意される。定期的に運転を交代することで睡眠や食事を適切に取ることが推奨される。


部品: 人や物を運ぶ者
運送業に従事する者は、大きくわけて人を運ぶ者と物を運ぶ者に分けられる。また、列車や船舶、航空機のように、両方を兼ねる場合もある。
特に物流は経済の動脈でもある。近代化し、分業が進んだ社会においては生産地と消費地を繋ぐ業務は非常に重要である。

部品: 地理の把握
運送業においてはある場所から別の場所へ人や物を運ぶことになる。このとき、どこからどこへ運べばよいのか、運ぶための移動ルートをどうするのか、そういったことを把握していなければ仕事ができない。

部品: 地図の読解
運送中、なんらかのトラブルによって進むべき方向を間違い、迷う可能性は常に存在する。
こういったトラブルからの復帰のため、地図を見て自分の大まかな現在位置、目標地点との位置関係、元のルートへ復帰するための目印といったものを把握するため、地図を読める必要がある。

部品: 運転技術の獲得
運送業においては人や物を運ぶために乗り物を運転する必要がある。
低物理域においては馬車など、高物理域においては自動車、船舶、飛行機などのような乗り物を、その業務に応じて運転できる必要がある。
特に、複雑な操作があるものや大きいものや早いものなど、運転にミスがあった場合に大きな事故に繋がる可能性が高いものには、その運転技術と法に関する知識が十分に備わっていることを示す運転免許が必要となることが多い。

部品: 一通りの実務経験
作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。

部品: 作業に対する疑問の解消
作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。
先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。


部品: 作業マニュアルの意味の理解
自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。
ちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。
半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。

部品: 主体的な行動
自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。
一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。
もちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。
また、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。


部品: 周囲への気配り
自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。
一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。
自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。

部品: 作業環境の改善
自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。
それは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "トラック運転手",
"children":
[
{ "title": "トラックを運転する者",
"description": "トラック運転手とは、運送業に従事する者の中でも、特に大型のトラックに貨物を乗せて運ぶ者を指す。\n集荷などのための短距離輸送を行う者も居れば、内陸部や船舶を使うほどではない長距離輸送を行う者も居る。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "トラック運送に必要な技術とノウハウ",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "大型の自動車運転免許の所持",
"description": "自動車を操縦する技術を持ち、それに関連する法に対する十分な知識があることを示すのが自動車運転免許である。\nこの中でも、大型の自動車を扱う者は、カーブや駐車、貨物の扱いなどについて別途必要な技術と知識が求められるため、通常の自動車免許を取得した上でさらに訓練を行う必要がある。大型の自動車運転免許は、それらの訓練を正常に終えたことを示す資格である。\n逆に言えば免許さえ取得できているなら、学歴は問われないことが多い。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "積荷を保全する技術",
"description": "輸送中に積荷が崩れないように、荷重が偏らない適切に積載し、ロープなどで固定する知識と技術が必要となる。\n積荷の積載方法が正しくとも輸送中の運転が荒ければ積荷にダメージが入る可能性があるため、道の荒い場所やカーブでは特に配慮した運転が必要となる。\nまた、重量のあるトラックにおいては慣性が大きく、ブレーキ操作についても技術が必要となる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "定期的な休憩と交代要員",
"description": "昼夜に及ぶ拘束時間、過酷な環境などから、その業務内容から想像される以上に体力が問われる面が多い。ただし、業務中に眠気を感じた場合は短くてもよいので必ず仮眠を取るよう指導もされる。\n体力だけではどうにもならない部分というものは確かにあるため、トラックの運転が長時間に及ぶ場合は、必ず一定時間ごとに休憩を取ることが義務付けられる。\nこれは集中力が途切れることや長時間同じ体勢でいることなど、複数の要因が重なっての事故発生を避けるためである。\nまた、長距離の輸送で一昼夜を超える運転が必要である場合などは、必ず交代要員が用意される。定期的に運転を交代することで睡眠や食事を適切に取ることが推奨される。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "運送業従事者",
"children":
[
{ "title": "人や物を運ぶ者",
"description": "運送業に従事する者は、大きくわけて人を運ぶ者と物を運ぶ者に分けられる。また、列車や船舶、航空機のように、両方を兼ねる場合もある。\n特に物流は経済の動脈でもある。近代化し、分業が進んだ社会においては生産地と消費地を繋ぐ業務は非常に重要である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "運送業に求められる素養・技術",
"children":
[
{ "title": "地理の把握",
"description": "運送業においてはある場所から別の場所へ人や物を運ぶことになる。このとき、どこからどこへ運べばよいのか、運ぶための移動ルートをどうするのか、そういったことを把握していなければ仕事ができない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "地図の読解",
"description": "運送中、なんらかのトラブルによって進むべき方向を間違い、迷う可能性は常に存在する。\nこういったトラブルからの復帰のため、地図を見て自分の大まかな現在位置、目標地点との位置関係、元のルートへ復帰するための目印といったものを把握するため、地図を読める必要がある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "運転技術の獲得",
"description": "運送業においては人や物を運ぶために乗り物を運転する必要がある。\n低物理域においては馬車など、高物理域においては自動車、船舶、飛行機などのような乗り物を、その業務に応じて運転できる必要がある。\n特に、複雑な操作があるものや大きいものや早いものなど、運転にミスがあった場合に大きな事故に繋がる可能性が高いものには、その運転技術と法に関する知識が十分に備わっていることを示す運転免許が必要となることが多い。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "一人前になるまで",
"children":
[
{ "title": "一通りの実務経験",
"description": "作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業に対する疑問の解消",
"description": "作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。\n先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの意味の理解",
"description": "自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。\nちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。\n半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "主体的な行動",
"description": "自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。\n一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。\nもちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。\nまた、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "周囲への気配り",
"description": "自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。\n一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。\n自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業環境の改善",
"description": "自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。\nそれは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2758] [固定リンク][非] 未就学児童 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/10(Thu) 13:42:24

*部品構造

-大部品: 未就学児童 RD:2 評価値:1
--部品: 教育開始前の年齢
--部品: 時間の経過により他の職業となる



*部品定義

**部品: 教育開始前の年齢
一定の年齢に達した国民すべてに教育を受ける義務を課すことを、義務教育と呼び、これは特別な理由がない限りは履行されるものである。
また、藩国によっては義務教育ではなく、教練や修行といった形の教育で子供の成長を促すところもある。
いずれにせよ、誕生から教育に耐えうる年齢に達するまでの期間、子供は義務に縛られることなく生活する。
基本的には個人でできることはごく少なく、収入もないため、保護者からの養育を受けている。(例外的にベビーモデルなど芸能方面では職につく可能性がある)

**部品: 時間の経過により他の職業となる
義務教育を行っている藩国においては、年月が経過して義務教育年齢に達した場合、特別な理由がない限りは自動的に未就学児童から学生系の職業へ変更される。
また、義務教育を行っていない藩国においても、一定の年齢に達した時点で、学生や弟子などの教育を受ける身分を指す職業に就くことが多い。



*提出書式

大部品: 未就学児童 RD:2 評価値:1
-部品: 教育開始前の年齢
-部品: 時間の経過により他の職業となる


部品: 教育開始前の年齢
一定の年齢に達した国民すべてに教育を受ける義務を課すことを、義務教育と呼び、これは特別な理由がない限りは履行されるものである。
また、藩国によっては義務教育ではなく、教練や修行といった形の教育で子供の成長を促すところもある。
いずれにせよ、誕生から教育に耐えうる年齢に達するまでの期間、子供は義務に縛られることなく生活する。
基本的には個人でできることはごく少なく、収入もないため、保護者からの養育を受けている。(例外的にベビーモデルなど芸能方面では職につく可能性がある)

部品: 時間の経過により他の職業となる
義務教育を行っている藩国においては、年月が経過して義務教育年齢に達した場合、特別な理由がない限りは自動的に未就学児童から学生系の職業へ変更される。
また、義務教育を行っていない藩国においても、一定の年齢に達した時点で、学生や弟子などの教育を受ける身分を指す職業に就くことが多い。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "未就学児童",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "教育開始前の年齢",
"description": "一定の年齢に達した国民すべてに教育を受ける義務を課すことを、義務教育と呼び、これは特別な理由がない限りは履行されるものである。\nまた、藩国によっては義務教育ではなく、教練や修行といった形の教育で子供の成長を促すところもある。\nいずれにせよ、誕生から教育に耐えうる年齢に達するまでの期間、子供は義務に縛られることなく生活する。\n基本的には個人でできることはごく少なく、収入もないため、保護者からの養育を受けている。(例外的にベビーモデルなど芸能方面では職につく可能性がある)",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "時間の経過により他の職業となる",
"description": "義務教育を行っている藩国においては、年月が経過して義務教育年齢に達した場合、特別な理由がない限りは自動的に未就学児童から学生系の職業へ変更される。\nまた、義務教育を行っていない藩国においても、一定の年齢に達した時点で、学生や弟子などの教育を受ける身分を指す職業に就くことが多い。",
"type": "parts",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2759] [固定リンク][非] 保育園児 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/10(Thu) 13:49:34

*部品構造

-大部品: 保育園児 RD:3 評価値:2
--部品: 保育園に通う
--大部品: 未就学児童 RD:2 評価値:1
---部品: 教育開始前の年齢
---部品: 時間の経過により他の職業となる



*部品定義

**部品: 保育園に通う
未就学児童の中でも特に保育園に通う者を保育園児と呼ぶ。
保育園は保護者の仕事や生活などの関係で、日中の子供を適切に保護できない場合に保育を代行してもらう施設である。
とはいえ子供自身にとってそれらの背景はそこまで重要ではない。
同年代の子供が集まることによる最初の集団生活経験であり、家族以外の他者との密接な関わりの始まりの場である。
主に友達と遊んだり、みんなで歌ったり踊ったり、お昼寝したりする。

**部品: 教育開始前の年齢
一定の年齢に達した国民すべてに教育を受ける義務を課すことを、義務教育と呼び、これは特別な理由がない限りは履行されるものである。
また、藩国によっては義務教育ではなく、教練や修行といった形の教育で子供の成長を促すところもある。
いずれにせよ、誕生から教育に耐えうる年齢に達するまでの期間、子供は義務に縛られることなく生活する。
基本的には個人でできることはごく少なく、収入もないため、保護者からの養育を受けている。(例外的にベビーモデルなど芸能方面では職につく可能性がある)

**部品: 時間の経過により他の職業となる
義務教育を行っている藩国においては、年月が経過して義務教育年齢に達した場合、特別な理由がない限りは自動的に未就学児童から学生系の職業へ変更される。
また、義務教育を行っていない藩国においても、一定の年齢に達した時点で、学生や弟子などの教育を受ける身分を指す職業に就くことが多い。



*提出書式

大部品: 保育園児 RD:3 評価値:2
-部品: 保育園に通う
-大部品: 未就学児童 RD:2 評価値:1
--部品: 教育開始前の年齢
--部品: 時間の経過により他の職業となる


部品: 保育園に通う
未就学児童の中でも特に保育園に通う者を保育園児と呼ぶ。
保育園は保護者の仕事や生活などの関係で、日中の子供を適切に保護できない場合に保育を代行してもらう施設である。
とはいえ子供自身にとってそれらの背景はそこまで重要ではない。
同年代の子供が集まることによる最初の集団生活経験であり、家族以外の他者との密接な関わりの始まりの場である。
主に友達と遊んだり、みんなで歌ったり踊ったり、お昼寝したりする。

部品: 教育開始前の年齢
一定の年齢に達した国民すべてに教育を受ける義務を課すことを、義務教育と呼び、これは特別な理由がない限りは履行されるものである。
また、藩国によっては義務教育ではなく、教練や修行といった形の教育で子供の成長を促すところもある。
いずれにせよ、誕生から教育に耐えうる年齢に達するまでの期間、子供は義務に縛られることなく生活する。
基本的には個人でできることはごく少なく、収入もないため、保護者からの養育を受けている。(例外的にベビーモデルなど芸能方面では職につく可能性がある)

部品: 時間の経過により他の職業となる
義務教育を行っている藩国においては、年月が経過して義務教育年齢に達した場合、特別な理由がない限りは自動的に未就学児童から学生系の職業へ変更される。
また、義務教育を行っていない藩国においても、一定の年齢に達した時点で、学生や弟子などの教育を受ける身分を指す職業に就くことが多い。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "保育園児",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "保育園に通う",
"description": "未就学児童の中でも特に保育園に通う者を保育園児と呼ぶ。\n保育園は保護者の仕事や生活などの関係で、日中の子供を適切に保護できない場合に保育を代行してもらう施設である。\nとはいえ子供自身にとってそれらの背景はそこまで重要ではない。\n同年代の子供が集まることによる最初の集団生活経験であり、家族以外の他者との密接な関わりの始まりの場である。\n主に友達と遊んだり、みんなで歌ったり踊ったり、お昼寝したりする。",
"type": "parts"
},

{ "title": "未就学児童",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "教育開始前の年齢",
"description": "一定の年齢に達した国民すべてに教育を受ける義務を課すことを、義務教育と呼び、これは特別な理由がない限りは履行されるものである。\nまた、藩国によっては義務教育ではなく、教練や修行といった形の教育で子供の成長を促すところもある。\nいずれにせよ、誕生から教育に耐えうる年齢に達するまでの期間、子供は義務に縛られることなく生活する。\n基本的には個人でできることはごく少なく、収入もないため、保護者からの養育を受けている。(例外的にベビーモデルなど芸能方面では職につく可能性がある)",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "時間の経過により他の職業となる",
"description": "義務教育を行っている藩国においては、年月が経過して義務教育年齢に達した場合、特別な理由がない限りは自動的に未就学児童から学生系の職業へ変更される。\nまた、義務教育を行っていない藩国においても、一定の年齢に達した時点で、学生や弟子などの教育を受ける身分を指す職業に就くことが多い。",
"type": "parts",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2760] [固定リンク][非] 調理者 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/10(Thu) 16:14:41

*部品構造

-大部品: 調理者 RD:11 評価値:5
--部品: 調理し食事を提供する者
--大部品: 調理技術 RD:4 評価値:3
---部品: 包丁を扱う技術
---部品: 基本的な調理技術
---部品: 味を調える技術
---部品: 衛生観念の教育と遵守
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守



*部品定義

**部品: 調理し食事を提供する者
食材を調理し、美味の体験と栄養補給の両方を食事として提供する者のことを調理者という。
料理店などその場で客の口へ入る料理を作る者だけでなく、弁当のように調理と消費にタイムラグがある食事を作る者も含む。

**部品: 包丁を扱う技術
調理の基本として挙げられる技術のひとつに包丁の扱いがある。
野菜であれば食材の皮をむき、肉や魚から骨や鱗を取り除く。味が染み易いように、食べやすいように、見目が良くなるように食材の形を整える。
これらの作業の第一歩となるのが包丁の扱いを知ることである。

**部品: 基本的な調理技術
調理することは食材に火を通すこと、と言い換えてもよいくらいに切り離せない関係にある。
焼く、煮る、揚げる、炒める、蒸すといった技術は、特に頻繁に用いられる調理法であり、これらを体得している必要がある。

**部品: 味を調える技術
甘味、酸味、塩味、苦味、うま味といった五つの味わいが基本となり、これらの組み合わせを考えバランスをとることが、調理をする上で重要な技術のひとつである。また、辛味や渋みなどといった要素もある。
食材本来の味を引き立たせるだけでなく、新しい味わいの提供や、逆に苦手な味を調理で誤魔化すといったことにも技術が求められる。

**部品: 衛生観念の教育と遵守
調理をするということは、それを食べる者がいるということだ。不衛生な状態での調理は健康を害することに繋がる。
どうすれば清潔な状態を保ち、安全な食事を提供できるかについての教育を受け、これを遵守することが求められる。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。



*提出書式

大部品: 調理者 RD:11 評価値:5
-部品: 調理し食事を提供する者
-大部品: 調理技術 RD:4 評価値:3
--部品: 包丁を扱う技術
--部品: 基本的な調理技術
--部品: 味を調える技術
--部品: 衛生観念の教育と遵守
-大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
--部品: 先輩の指導
--部品: 作業マニュアルの遵守
--部品: 指示の遵守


部品: 調理し食事を提供する者
食材を調理し、美味の体験と栄養補給の両方を食事として提供する者のことを調理者という。
料理店などその場で客の口へ入る料理を作る者だけでなく、弁当のように調理と消費にタイムラグがある食事を作る者も含む。

部品: 包丁を扱う技術
調理の基本として挙げられる技術のひとつに包丁の扱いがある。
野菜であれば食材の皮をむき、肉や魚から骨や鱗を取り除く。味が染み易いように、食べやすいように、見目が良くなるように食材の形を整える。
これらの作業の第一歩となるのが包丁の扱いを知ることである。

部品: 基本的な調理技術
調理することは食材に火を通すこと、と言い換えてもよいくらいに切り離せない関係にある。
焼く、煮る、揚げる、炒める、蒸すといった技術は、特に頻繁に用いられる調理法であり、これらを体得している必要がある。

部品: 味を調える技術
甘味、酸味、塩味、苦味、うま味といった五つの味わいが基本となり、これらの組み合わせを考えバランスをとることが、調理をする上で重要な技術のひとつである。また、辛味や渋みなどといった要素もある。
食材本来の味を引き立たせるだけでなく、新しい味わいの提供や、逆に苦手な味を調理で誤魔化すといったことにも技術が求められる。

部品: 衛生観念の教育と遵守
調理をするということは、それを食べる者がいるということだ。不衛生な状態での調理は健康を害することに繋がる。
どうすれば清潔な状態を保ち、安全な食事を提供できるかについての教育を受け、これを遵守することが求められる。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "調理者",
"children":
[
{ "title": "調理し食事を提供する者",
"description": "食材を調理し、美味の体験と栄養補給の両方を食事として提供する者のことを調理者という。\n料理店などその場で客の口へ入る料理を作る者だけでなく、弁当のように調理と消費にタイムラグがある食事を作る者も含む。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "調理技術",
"children":
[
{ "title": "包丁を扱う技術",
"description": "調理の基本として挙げられる技術のひとつに包丁の扱いがある。\n野菜であれば食材の皮をむき、肉や魚から骨や鱗を取り除く。味が染み易いように、食べやすいように、見目が良くなるように食材の形を整える。\nこれらの作業の第一歩となるのが包丁の扱いを知ることである。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本的な調理技術",
"description": "調理することは食材に火を通すこと、と言い換えてもよいくらいに切り離せない関係にある。\n焼く、煮る、揚げる、炒める、蒸すといった技術は、特に頻繁に用いられる調理法であり、これらを体得している必要がある。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "味を調える技術",
"description": "甘味、酸味、塩味、苦味、うま味といった五つの味わいが基本となり、これらの組み合わせを考えバランスをとることが、調理をする上で重要な技術のひとつである。また、辛味や渋みなどといった要素もある。\n食材本来の味を引き立たせるだけでなく、新しい味わいの提供や、逆に苦手な味を調理で誤魔化すといったことにも技術が求められる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "衛生観念の教育と遵守",
"description": "調理をするということは、それを食べる者がいるということだ。不衛生な状態での調理は健康を害することに繋がる。\nどうすれば清潔な状態を保ち、安全な食事を提供できるかについての教育を受け、これを遵守することが求められる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2761] [固定リンク][非] 料理人 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/10(Thu) 16:45:10

*部品構造

-大部品: 料理人 RD:15 評価値:6
--部品: 専門とする料理を持つ者
--大部品: 料理人の心得 RD:3 評価値:2
---部品: 調理技術の研鑽
---部品: 美味の探求
---部品: 栄養バランスを考えた調理
--大部品: 調理者 RD:11 評価値:5
---部品: 調理し食事を提供する者
---大部品: 調理技術 RD:4 評価値:3
----部品: 包丁を扱う技術
----部品: 基本的な調理技術
----部品: 味を調える技術
----部品: 衛生観念の教育と遵守
---大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
----大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
-----部品: 求められる教育レベル
-----部品: 基本職業倫理
-----部品: 法令の遵守
----部品: 先輩の指導
----部品: 作業マニュアルの遵守
----部品: 指示の遵守



*部品定義

**部品: 専門とする料理を持つ者
調理者の中でも、特に少数の種類あるいはジャンルの料理が持つ文化背景や歴史を含めた技術を継承し、学び、作る料理を定めた者のことを料理人と呼ぶ。
コックやシェフなどと呼ばれることもある。

**部品: 調理技術の研鑽
料理人として生きる場合、調理技術のたゆまぬ研鑽が求められる。
専門とする料理によっては特有の技法が存在する場合もあり、それを体得することは必須の条件となる。

**部品: 美味の探求
料理人として生きる者は、自身が作り出す料理をさらに美味しくすることを目指す。美味しい料理は食べた者の心を豊かにし、笑顔を作ると信じているからだ。
もちろん、美味しい料理を作ることができれば、より多くの人へ自身の料理を届ける機会が増えることにもつながる。

**部品: 栄養バランスを考えた調理
料理を食べるという事はただ美味を味わうことだけが目的ではない。食事をすることで生物は栄養を取り込み、今日や明日を生きる活力を得るのだ。
このため、どれだけ美味しい料理が作れても、それを食べた人の健康を損なうようでは料理人として失格である。
栄養のバランスを考え、提供した料理を食べた人が美味しいと感じ、その上でより健康になれるよう配慮が求められる。

**部品: 調理し食事を提供する者
食材を調理し、美味の体験と栄養補給の両方を食事として提供する者のことを調理者という。
料理店などその場で客の口へ入る料理を作る者だけでなく、弁当のように調理と消費にタイムラグがある食事を作る者も含む。

**部品: 包丁を扱う技術
調理の基本として挙げられる技術のひとつに包丁の扱いがある。
野菜であれば食材の皮をむき、肉や魚から骨や鱗を取り除く。味が染み易いように、食べやすいように、見目が良くなるように食材の形を整える。
これらの作業の第一歩となるのが包丁の扱いを知ることである。

**部品: 基本的な調理技術
調理することは食材に火を通すこと、と言い換えてもよいくらいに切り離せない関係にある。
焼く、煮る、揚げる、炒める、蒸すといった技術は、特に頻繁に用いられる調理法であり、これらを体得している必要がある。

**部品: 味を調える技術
甘味、酸味、塩味、苦味、うま味といった五つの味わいが基本となり、これらの組み合わせを考えバランスをとることが、調理をする上で重要な技術のひとつである。また、辛味や渋みなどといった要素もある。
食材本来の味を引き立たせるだけでなく、新しい味わいの提供や、逆に苦手な味を調理で誤魔化すといったことにも技術が求められる。

**部品: 衛生観念の教育と遵守
調理をするということは、それを食べる者がいるということだ。不衛生な状態での調理は健康を害することに繋がる。
どうすれば清潔な状態を保ち、安全な食事を提供できるかについての教育を受け、これを遵守することが求められる。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。



*提出書式

大部品: 料理人 RD:15 評価値:6
-部品: 専門とする料理を持つ者
-大部品: 料理人の心得 RD:3 評価値:2
--部品: 調理技術の研鑽
--部品: 美味の探求
--部品: 栄養バランスを考えた調理
-大部品: 調理者 RD:11 評価値:5
--部品: 調理し食事を提供する者
--大部品: 調理技術 RD:4 評価値:3
---部品: 包丁を扱う技術
---部品: 基本的な調理技術
---部品: 味を調える技術
---部品: 衛生観念の教育と遵守
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守


部品: 専門とする料理を持つ者
調理者の中でも、特に少数の種類あるいはジャンルの料理が持つ文化背景や歴史を含めた技術を継承し、学び、作る料理を定めた者のことを料理人と呼ぶ。
コックやシェフなどと呼ばれることもある。

部品: 調理技術の研鑽
料理人として生きる場合、調理技術のたゆまぬ研鑽が求められる。
専門とする料理によっては特有の技法が存在する場合もあり、それを体得することは必須の条件となる。

部品: 美味の探求
料理人として生きる者は、自身が作り出す料理をさらに美味しくすることを目指す。美味しい料理は食べた者の心を豊かにし、笑顔を作ると信じているからだ。
もちろん、美味しい料理を作ることができれば、より多くの人へ自身の料理を届ける機会が増えることにもつながる。

部品: 栄養バランスを考えた調理
料理を食べるという事はただ美味を味わうことだけが目的ではない。食事をすることで生物は栄養を取り込み、今日や明日を生きる活力を得るのだ。
このため、どれだけ美味しい料理が作れても、それを食べた人の健康を損なうようでは料理人として失格である。
栄養のバランスを考え、提供した料理を食べた人が美味しいと感じ、その上でより健康になれるよう配慮が求められる。

部品: 調理し食事を提供する者
食材を調理し、美味の体験と栄養補給の両方を食事として提供する者のことを調理者という。
料理店などその場で客の口へ入る料理を作る者だけでなく、弁当のように調理と消費にタイムラグがある食事を作る者も含む。

部品: 包丁を扱う技術
調理の基本として挙げられる技術のひとつに包丁の扱いがある。
野菜であれば食材の皮をむき、肉や魚から骨や鱗を取り除く。味が染み易いように、食べやすいように、見目が良くなるように食材の形を整える。
これらの作業の第一歩となるのが包丁の扱いを知ることである。

部品: 基本的な調理技術
調理することは食材に火を通すこと、と言い換えてもよいくらいに切り離せない関係にある。
焼く、煮る、揚げる、炒める、蒸すといった技術は、特に頻繁に用いられる調理法であり、これらを体得している必要がある。

部品: 味を調える技術
甘味、酸味、塩味、苦味、うま味といった五つの味わいが基本となり、これらの組み合わせを考えバランスをとることが、調理をする上で重要な技術のひとつである。また、辛味や渋みなどといった要素もある。
食材本来の味を引き立たせるだけでなく、新しい味わいの提供や、逆に苦手な味を調理で誤魔化すといったことにも技術が求められる。

部品: 衛生観念の教育と遵守
調理をするということは、それを食べる者がいるということだ。不衛生な状態での調理は健康を害することに繋がる。
どうすれば清潔な状態を保ち、安全な食事を提供できるかについての教育を受け、これを遵守することが求められる。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。




*インポート用定義データ


[
{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "調理者の中でも、特に少数の種類あるいはジャンルの料理が持つ文化背景や歴史を含めた技術を継承し、学び、作る料理を定めた者のことを料理人と呼ぶ。\nコックやシェフなどと呼ばれることもある。",
"id": 3477,
"part_type": "part",
"title": "専門とする料理を持つ者"
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "料理人として生きる場合、調理技術のたゆまぬ研鑽が求められる。\n専門とする料理によっては特有の技法が存在する場合もあり、それを体得することは必須の条件となる。",
"id": 3479,
"part_type": "part",
"title": "調理技術の研鑽"
},

{ "children": [],
"description": "料理人として生きる者は、自身が作り出す料理をさらに美味しくすることを目指す。美味しい料理は食べた者の心を豊かにし、笑顔を作ると信じているからだ。\nもちろん、美味しい料理を作ることができれば、より多くの人へ自身の料理を届ける機会が増えることにもつながる。",
"id": 3480,
"part_type": "part",
"title": "美味の探求"
},

{ "children": [],
"description": "料理を食べるという事はただ美味を味わうことだけが目的ではない。食事をすることで生物は栄養を取り込み、今日や明日を生きる活力を得るのだ。\nこのため、どれだけ美味しい料理が作れても、それを食べた人の健康を損なうようでは料理人として失格である。\n栄養のバランスを考え、提供した料理を食べた人が美味しいと感じ、その上でより健康になれるよう配慮が求められる。",
"id": 3481,
"part_type": "part",
"title": "栄養バランスを考えた調理"
}
],
"description": null,
"id": 3478,
"part_type": "group",
"title": "料理人の心得"
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "食材を調理し、美味の体験と栄養補給の両方を食事として提供する者のことを調理者という。\n料理店などその場で客の口へ入る料理を作る者だけでなく、弁当のように調理と消費にタイムラグがある食事を作る者も含む。",
"id": 3483,
"part_type": "part",
"title": "調理し食事を提供する者"
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "調理の基本として挙げられる技術のひとつに包丁の扱いがある。\n野菜であれば食材の皮をむき、肉や魚から骨や鱗を取り除く。味が染み易いように、食べやすいように、見目が良くなるように食材の形を整える。\nこれらの作業の第一歩となるのが包丁の扱いを知ることである。",
"id": 3485,
"part_type": "part",
"title": "包丁を扱う技術"
},

{ "children": [],
"description": "調理することは食材に火を通すこと、と言い換えてもよいくらいに切り離せない関係にある。\n焼く、煮る、揚げる、炒める、蒸すといった技術は、特に頻繁に用いられる調理法であり、これらを体得している必要がある。",
"id": 3486,
"part_type": "part",
"title": "基本的な調理技術"
},

{ "children": [],
"description": "甘味、酸味、塩味、苦味、うま味といった五つの味わいが基本となり、これらの組み合わせを考えバランスをとることが、調理をする上で重要な技術のひとつである。また、辛味や渋みなどといった要素もある。\n食材本来の味を引き立たせるだけでなく、新しい味わいの提供や、逆に苦手な味を調理で誤魔化すといったことにも技術が求められる。",
"id": 3487,
"part_type": "part",
"title": "味を調える技術"
},

{ "children": [],
"description": "調理をするということは、それを食べる者がいるということだ。不衛生な状態での調理は健康を害することに繋がる。\nどうすれば清潔な状態を保ち、安全な食事を提供できるかについての教育を受け、これを遵守することが求められる。",
"id": 3488,
"part_type": "part",
"title": "衛生観念の教育と遵守"
}
],
"description": null,
"id": 3484,
"part_type": "group",
"title": "調理技術"
},

{ "children":
[
{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"id": 3491,
"part_type": "part",
"title": "求められる教育レベル"
},

{ "children": [],
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"id": 3492,
"part_type": "part",
"title": "基本職業倫理"
},

{ "children": [],
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"id": 3493,
"part_type": "part",
"title": "法令の遵守"
}
],
"description": null,
"id": 3490,
"part_type": "group",
"title": "労働者の資質"
},

{ "children": [],
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"id": 3494,
"part_type": "part",
"title": "先輩の指導"
},

{ "children": [],
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"id": 3495,
"part_type": "part",
"title": "作業マニュアルの遵守"
},

{ "children": [],
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"id": 3496,
"part_type": "part",
"title": "指示の遵守"
}
],
"description": null,
"id": 3489,
"part_type": "group",
"title": "新米作業者に求められる能力"
}
],
"description": null,
"id": 3482,
"part_type": "group",
"title": "調理者"
}
],
"created_at": "2017-08-17 14:18:11.713166",
"description": null,
"id": 3476,
"part_type": "group",
"title": "料理人",
"updated_at": "2017-08-17 14:18:11.713166",
"expanded": true
}
]


[No.2762] [固定リンク][非] 無職 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/11(Fri) 01:38:35

*部品構造

-大部品: 無職 RD:3 評価値:2
--部品: 職についていないという状況
--部品: 有り余る時間の使い道
--部品: なぜ無職になり、どうすれば無職でなくなるのか



*部品定義

**部品: 職についていないという状況
 無職とは、法的に成人とみなされる年齢に達しており、職業選択権がある状態において、
何らかの理由で職業につかず就労しない者、かつ学生の身分でないものを指す、職業分類上の区分である。
 あくまで分類上のものであるため、その実態は多岐に渡り、

・就労可能な職業がない、または失業した直後である(失職者)
・就労できる年齢を越えた結果、退職した状態(定年退職者)
・特定の職業に就いているが、所得が非常に少なく、就労していると法的に認められない状態(極低所得者)
・就労可能な環境にあるが、その意欲がない(自発的無職)

などが含まれる。世俗的には失職者を指して使われることが多い。

**部品: 有り余る時間の使い道
 就労していないという事は、就労者が労働に使っている時間をそのまま自由に使えるという事でもある。
 この時間(と労働による心身の疲労を背負わない事)こそが無職者の唯一にして最大の武器と言えるが、
当然ながら無職者個々人の生活実態によって、この時間を自由に使えるのかそうでないのかには差があり、
職がないなりに金策を行わなければならない者は就労者と比較してもより時間的に拘束が厳しくなり、
資産に余裕のある無職者であればその時間を全て趣味に当てる事も不可能ではなくなる。
 失職者の場合、退職から一定期間の間は生活保護として国から手当を受けられる場合も多く、
生活が立ち行く期間のうちに次の仕事を見つける、就職活動や職業訓練のために時間を使われる事が基本となる。
 無職者は職業としての能力を何も行使できないが、何かの職に就くための準備をすることはできるため、幅広い可能性を持つ。

**部品: なぜ無職になり、どうすれば無職でなくなるのか
 定年退職者を除けば、無職者の大部分は失職者となる。
 失職の理由には、病気やケガによる退職や能力不足による解雇、人間関係のトラブルによる退職や会社の倒産や事業の停止などが挙がる事が多く、
多くの退職・失職者を出す職場であればその職場に問題があったり、個人が転職と退職を繰り返す場合は当人が抱えている問題が原因であると考えられる。
 社会保障として失業者に対して手当を支給する制度を取り入れている藩国であれば、これらによって失職する者の生活が行き詰まる事を避けられる事が多いが、
失職が発生する環境への対処が公的に行われることで、そもそもの失職率を減らすことが可能となる。
 国内の労働環境を政府がよく調査・把握し、問題のある企業に対しては指導を行い、失職者個人個人に対しては就労支援として
職業訓練や職業案内、個人的な問題ごとの相談などを請け負う事が行われれば効果は大きい。
 失職者本人に再就職の気持ちがあること、その気持ちを周囲が助けられることについては大前提として必要になる。

 もちろん、自発的無職者などに対してはこれらの理由・対策は当てはまらないため、就労の必要性や労働の価値、楽しさを指し示すなどの別アプローチが求められる。



*提出書式

大部品: 無職 RD:3 評価値:2
-部品: 職についていないという状況
-部品: 有り余る時間の使い道
-部品: なぜ無職になり、どうすれば無職でなくなるのか


部品: 職についていないという状況
 無職とは、法的に成人とみなされる年齢に達しており、職業選択権がある状態において、
何らかの理由で職業につかず就労しない者、かつ学生の身分でないものを指す、職業分類上の区分である。
 あくまで分類上のものであるため、その実態は多岐に渡り、

・就労可能な職業がない、または失業した直後である(失職者)
・就労できる年齢を越えた結果、退職した状態(定年退職者)
・特定の職業に就いているが、所得が非常に少なく、就労していると法的に認められない状態(極低所得者)
・就労可能な環境にあるが、その意欲がない(自発的無職)

などが含まれる。世俗的には失職者を指して使われることが多い。

部品: 有り余る時間の使い道
 就労していないという事は、就労者が労働に使っている時間をそのまま自由に使えるという事でもある。
 この時間(と労働による心身の疲労を背負わない事)こそが無職者の唯一にして最大の武器と言えるが、
当然ながら無職者個々人の生活実態によって、この時間を自由に使えるのかそうでないのかには差があり、
職がないなりに金策を行わなければならない者は就労者と比較してもより時間的に拘束が厳しくなり、
資産に余裕のある無職者であればその時間を全て趣味に当てる事も不可能ではなくなる。
 失職者の場合、退職から一定期間の間は生活保護として国から手当を受けられる場合も多く、
生活が立ち行く期間のうちに次の仕事を見つける、就職活動や職業訓練のために時間を使われる事が基本となる。
 無職者は職業としての能力を何も行使できないが、何かの職に就くための準備をすることはできるため、幅広い可能性を持つ。

部品: なぜ無職になり、どうすれば無職でなくなるのか
 定年退職者を除けば、無職者の大部分は失職者となる。
 失職の理由には、病気やケガによる退職や能力不足による解雇、人間関係のトラブルによる退職や会社の倒産や事業の停止などが挙がる事が多く、
多くの退職・失職者を出す職場であればその職場に問題があったり、個人が転職と退職を繰り返す場合は当人が抱えている問題が原因であると考えられる。
 社会保障として失業者に対して手当を支給する制度を取り入れている藩国であれば、これらによって失職する者の生活が行き詰まる事を避けられる事が多いが、
失職が発生する環境への対処が公的に行われることで、そもそもの失職率を減らすことが可能となる。
 国内の労働環境を政府がよく調査・把握し、問題のある企業に対しては指導を行い、失職者個人個人に対しては就労支援として
職業訓練や職業案内、個人的な問題ごとの相談などを請け負う事が行われれば効果は大きい。
 失職者本人に再就職の気持ちがあること、その気持ちを周囲が助けられることについては大前提として必要になる。

 もちろん、自発的無職者などに対してはこれらの理由・対策は当てはまらないため、就労の必要性や労働の価値、楽しさを指し示すなどの別アプローチが求められる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "無職",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "職についていないという状況",
"description": " 無職とは、法的に成人とみなされる年齢に達しており、職業選択権がある状態において、\n何らかの理由で職業につかず就労しない者、かつ学生の身分でないものを指す、職業分類上の区分である。\n あくまで分類上のものであるため、その実態は多岐に渡り、\n\n・就労可能な職業がない、または失業した直後である(失職者)\n・就労できる年齢を越えた結果、退職した状態(定年退職者)\n・特定の職業に就いているが、所得が非常に少なく、就労していると法的に認められない状態(極低所得者)\n・就労可能な環境にあるが、その意欲がない(自発的無職)\n\nなどが含まれる。世俗的には失職者を指して使われることが多い。",
"type": "parts"
},

{ "title": "有り余る時間の使い道",
"description": " 就労していないという事は、就労者が労働に使っている時間をそのまま自由に使えるという事でもある。\n この時間(と労働による心身の疲労を背負わない事)こそが無職者の唯一にして最大の武器と言えるが、\n当然ながら無職者個々人の生活実態によって、この時間を自由に使えるのかそうでないのかには差があり、\n職がないなりに金策を行わなければならない者は就労者と比較してもより時間的に拘束が厳しくなり、\n資産に余裕のある無職者であればその時間を全て趣味に当てる事も不可能ではなくなる。\n 失職者の場合、退職から一定期間の間は生活保護として国から手当を受けられる場合も多く、\n生活が立ち行く期間のうちに次の仕事を見つける、就職活動や職業訓練のために時間を使われる事が基本となる。\n 無職者は職業としての能力を何も行使できないが、何かの職に就くための準備をすることはできるため、幅広い可能性を持つ。",
"type": "parts"
},

{ "title": "なぜ無職になり、どうすれば無職でなくなるのか",
"description": " 定年退職者を除けば、無職者の大部分は失職者となる。\n 失職の理由には、病気やケガによる退職や能力不足による解雇、人間関係のトラブルによる退職や会社の倒産や事業の停止などが挙がる事が多く、\n多くの退職・失職者を出す職場であればその職場に問題があったり、個人が転職と退職を繰り返す場合は当人が抱えている問題が原因であると考えられる。\n 社会保障として失業者に対して手当を支給する制度を取り入れている藩国であれば、これらによって失職する者の生活が行き詰まる事を避けられる事が多いが、\n失職が発生する環境への対処が公的に行われることで、そもそもの失職率を減らすことが可能となる。\n 国内の労働環境を政府がよく調査・把握し、問題のある企業に対しては指導を行い、失職者個人個人に対しては就労支援として\n職業訓練や職業案内、個人的な問題ごとの相談などを請け負う事が行われれば効果は大きい。\n 失職者本人に再就職の気持ちがあること、その気持ちを周囲が助けられることについては大前提として必要になる。\n\n もちろん、自発的無職者などに対してはこれらの理由・対策は当てはまらないため、就労の必要性や労働の価値、楽しさを指し示すなどの別アプローチが求められる。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2763] [固定リンク][非] 見習い大工 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/11(Fri) 12:23:12

*部品構造

-大部品: 見習い大工 RD:10 評価値:5
--部品: 見習い大工の仕事
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守
--大部品: 安全第一の心得 RD:3 評価値:2
---部品: 器具・装備の点検
---部品: 指差し確認
---部品: 声掛け確認



*部品定義

**部品: 見習い大工の仕事
建材や廃材を運んだり、家の土台を作ったり、レンガで壁を積み上げたり、木を組み合わせて梁をつくったりといった直接的な建築の作業のほか、それに付随して足場を組んだり、もとからある建物を解体したりといった、大工を行う上での一通りの建築作業を担当する。
上長や先輩作業者の指示を理解し、その結果を報告できる程度の教育レベルを基準とする。
指示の理解および報告については、ジェスチャーなど、口頭以外でも可とする。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

**部品: 器具・装備の点検
作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。
命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。

**部品: 指差し確認
点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。
身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。

**部品: 声掛け確認
一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。
声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。



*提出書式

大部品: 見習い大工 RD:10 評価値:5
-部品: 見習い大工の仕事
-大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
--部品: 先輩の指導
--部品: 作業マニュアルの遵守
--部品: 指示の遵守
-大部品: 安全第一の心得 RD:3 評価値:2
--部品: 器具・装備の点検
--部品: 指差し確認
--部品: 声掛け確認


部品: 見習い大工の仕事
建材や廃材を運んだり、家の土台を作ったり、レンガで壁を積み上げたり、木を組み合わせて梁をつくったりといった直接的な建築の作業のほか、それに付随して足場を組んだり、もとからある建物を解体したりといった、大工を行う上での一通りの建築作業を担当する。
上長や先輩作業者の指示を理解し、その結果を報告できる程度の教育レベルを基準とする。
指示の理解および報告については、ジェスチャーなど、口頭以外でも可とする。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

部品: 器具・装備の点検
作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。
命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。

部品: 指差し確認
点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。
身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。

部品: 声掛け確認
一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。
声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "見習い大工",
"children":
[
{ "title": "見習い大工の仕事",
"description": "建材や廃材を運んだり、家の土台を作ったり、レンガで壁を積み上げたり、木を組み合わせて梁をつくったりといった直接的な建築の作業のほか、それに付随して足場を組んだり、もとからある建物を解体したりといった、大工を行う上での一通りの建築作業を担当する。\n上長や先輩作業者の指示を理解し、その結果を報告できる程度の教育レベルを基準とする。\n指示の理解および報告については、ジェスチャーなど、口頭以外でも可とする。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "安全第一の心得",
"children":
[
{ "title": "器具・装備の点検",
"description": "作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。\n命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "指差し確認",
"description": "点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。\n身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "声掛け確認",
"description": "一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。\n声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2764] [固定リンク][非] 大工 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/11(Fri) 12:25:05

*部品構造

-大部品: 大工 RD:24 評価値:7
--部品: 大工としての作業範囲
--部品: 見習い大工の下積6年
--大部品: 見習い大工 RD:10 評価値:5
---部品: 見習い大工の仕事
---大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
----大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
-----部品: 求められる教育レベル
-----部品: 基本職業倫理
-----部品: 法令の遵守
----部品: 先輩の指導
----部品: 作業マニュアルの遵守
----部品: 指示の遵守
---大部品: 安全第一の心得 RD:3 評価値:2
----部品: 器具・装備の点検
----部品: 指差し確認
----部品: 声掛け確認
--大部品: 一人前になるまで RD:6 評価値:4
---部品: 一通りの実務経験
---部品: 作業に対する疑問の解消
---部品: 作業マニュアルの意味の理解
---部品: 主体的な行動
---部品: 周囲への気配り
---部品: 作業環境の改善
--大部品: 専門家になるまで RD:6 評価値:4
---部品: 困難との遭遇
---部品: 技術の練磨
---部品: 深い経験
---部品: 積み重ねてきた知識
---部品: 仕事への誇り
---部品: 地に足の着いた自信



*部品定義

**部品: 大工としての作業範囲
建築物の建設、解体などの実作業を担当する技術者。
作業者の一人として、専門的かつ高度な作業を担当することができる。
また、見習い大工に対する補助的な指示を出すことができる。

**部品: 見習い大工の下積6年
見習い大工から一人前の大工となるまで、おおよそ6年程度の下積期間を必要とする。
これは、単に一人前の社会人としての能力を身に着けた上で、建築の専門家としての技術、経験を身につけ無くてはならないためである。

**部品: 見習い大工の仕事
建材や廃材を運んだり、家の土台を作ったり、レンガで壁を積み上げたり、木を組み合わせて梁をつくったりといった直接的な建築の作業のほか、それに付随して足場を組んだり、もとからある建物を解体したりといった、大工を行う上での一通りの建築作業を担当する。
上長や先輩作業者の指示を理解し、その結果を報告できる程度の教育レベルを基準とする。
指示の理解および報告については、ジェスチャーなど、口頭以外でも可とする。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

**部品: 器具・装備の点検
作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。
命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。

**部品: 指差し確認
点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。
身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。

**部品: 声掛け確認
一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。
声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。

**部品: 一通りの実務経験
作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。

**部品: 作業に対する疑問の解消
作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。
先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。


**部品: 作業マニュアルの意味の理解
自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。
ちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。
半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。

**部品: 主体的な行動
自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。
一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。
もちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。
また、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。


**部品: 周囲への気配り
自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。
一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。
自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。

**部品: 作業環境の改善
自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。
それは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。

**部品: 困難との遭遇
仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。
その困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。

**部品: 技術の練磨
日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。
少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。

**部品: 深い経験
長い時間の俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。
そこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。
また、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。

**部品: 積み重ねてきた知識
積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。
ただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。

**部品: 仕事への誇り
自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。
それは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。

**部品: 地に足の着いた自信
根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。
それが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。



*提出書式

大部品: 大工 RD:24 評価値:7
-部品: 大工としての作業範囲
-部品: 見習い大工の下積6年
-大部品: 見習い大工 RD:10 評価値:5
--部品: 見習い大工の仕事
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守
--大部品: 安全第一の心得 RD:3 評価値:2
---部品: 器具・装備の点検
---部品: 指差し確認
---部品: 声掛け確認
-大部品: 一人前になるまで RD:6 評価値:4
--部品: 一通りの実務経験
--部品: 作業に対する疑問の解消
--部品: 作業マニュアルの意味の理解
--部品: 主体的な行動
--部品: 周囲への気配り
--部品: 作業環境の改善
-大部品: 専門家になるまで RD:6 評価値:4
--部品: 困難との遭遇
--部品: 技術の練磨
--部品: 深い経験
--部品: 積み重ねてきた知識
--部品: 仕事への誇り
--部品: 地に足の着いた自信


部品: 大工としての作業範囲
建築物の建設、解体などの実作業を担当する技術者。
作業者の一人として、専門的かつ高度な作業を担当することができる。
また、見習い大工に対する補助的な指示を出すことができる。

部品: 見習い大工の下積6年
見習い大工から一人前の大工となるまで、おおよそ6年程度の下積期間を必要とする。
これは、単に一人前の社会人としての能力を身に着けた上で、建築の専門家としての技術、経験を身につけ無くてはならないためである。

部品: 見習い大工の仕事
建材や廃材を運んだり、家の土台を作ったり、レンガで壁を積み上げたり、木を組み合わせて梁をつくったりといった直接的な建築の作業のほか、それに付随して足場を組んだり、もとからある建物を解体したりといった、大工を行う上での一通りの建築作業を担当する。
上長や先輩作業者の指示を理解し、その結果を報告できる程度の教育レベルを基準とする。
指示の理解および報告については、ジェスチャーなど、口頭以外でも可とする。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

部品: 器具・装備の点検
作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。
命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。

部品: 指差し確認
点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。
身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。

部品: 声掛け確認
一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。
声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。

部品: 一通りの実務経験
作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。

部品: 作業に対する疑問の解消
作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。
先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。


部品: 作業マニュアルの意味の理解
自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。
ちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。
半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。

部品: 主体的な行動
自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。
一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。
もちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。
また、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。


部品: 周囲への気配り
自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。
一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。
自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。

部品: 作業環境の改善
自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。
それは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。

部品: 困難との遭遇
仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。
その困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。

部品: 技術の練磨
日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。
少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。

部品: 深い経験
長い時間の俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。
そこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。
また、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。

部品: 積み重ねてきた知識
積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。
ただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。

部品: 仕事への誇り
自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。
それは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。

部品: 地に足の着いた自信
根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。
それが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "大工",
"children":
[
{ "title": "大工としての作業範囲",
"description": "建築物の建設、解体などの実作業を担当する技術者。\n作業者の一人として、専門的かつ高度な作業を担当することができる。\nまた、見習い大工に対する補助的な指示を出すことができる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "見習い大工の下積6年",
"description": "見習い大工から一人前の大工となるまで、おおよそ6年程度の下積期間を必要とする。\nこれは、単に一人前の社会人としての能力を身に着けた上で、建築の専門家としての技術、経験を身につけ無くてはならないためである。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "見習い大工",
"children":
[
{ "title": "見習い大工の仕事",
"description": "建材や廃材を運んだり、家の土台を作ったり、レンガで壁を積み上げたり、木を組み合わせて梁をつくったりといった直接的な建築の作業のほか、それに付随して足場を組んだり、もとからある建物を解体したりといった、大工を行う上での一通りの建築作業を担当する。\n上長や先輩作業者の指示を理解し、その結果を報告できる程度の教育レベルを基準とする。\n指示の理解および報告については、ジェスチャーなど、口頭以外でも可とする。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "安全第一の心得",
"children":
[
{ "title": "器具・装備の点検",
"description": "作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。\n命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "指差し確認",
"description": "点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。\n身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "声掛け確認",
"description": "一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。\n声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "一人前になるまで",
"children":
[
{ "title": "一通りの実務経験",
"description": "作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業に対する疑問の解消",
"description": "作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。\n先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの意味の理解",
"description": "自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。\nちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。\n半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "主体的な行動",
"description": "自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。\n一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。\nもちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。\nまた、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "周囲への気配り",
"description": "自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。\n一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。\n自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業環境の改善",
"description": "自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。\nそれは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "専門家になるまで",
"children":
[
{ "title": "困難との遭遇",
"description": "仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。\nその困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "技術の練磨",
"description": "日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。\n少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "深い経験",
"description": "長い時間の俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。\nそこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。\nまた、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "積み重ねてきた知識",
"description": "積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。\nただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "仕事への誇り",
"description": "自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。\nそれは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "地に足の着いた自信",
"description": "根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。\nそれが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2769] [固定リンク][非] 牧畜業従事者 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/11(Fri) 17:46:02

*部品構造

-大部品: 牧畜業従事者 RD:8 評価値:5
--部品: 家畜の世話による生活
--部品: 牧畜業の衛生観念
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守



*部品定義

**部品: 家畜の世話による生活
牛や羊、兎などの家畜の世話を行い、人工的に数を増やし、乳や肉、皮など家畜から取れるものを販売、加工して日々の糧を得ている。
牧草の用意や家畜小屋の清掃、家畜への餌やり、掃除など作業は多岐に渡るが、基礎的な手伝いであれば、必要とする教育レベルは高くない。
口頭での基礎的な指示内容を理解できれば、作業に問題はない。

**部品: 牧畜業の衛生観念
牧畜業は家畜により生計を立てているため、家畜が全滅してしまうような病気は何よりも避けなければいけないものの一つである。
このため、感染病などが発生しないよう、その地域ごとの技術レベルに応じた衛生管理を行っている。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。



*提出書式

大部品: 牧畜業従事者 RD:8 評価値:5
-部品: 家畜の世話による生活
-部品: 牧畜業の衛生観念
-大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
--部品: 先輩の指導
--部品: 作業マニュアルの遵守
--部品: 指示の遵守


部品: 家畜の世話による生活
牛や羊、兎などの家畜の世話を行い、人工的に数を増やし、乳や肉、皮など家畜から取れるものを販売、加工して日々の糧を得ている。
牧草の用意や家畜小屋の清掃、家畜への餌やり、掃除など作業は多岐に渡るが、基礎的な手伝いであれば、必要とする教育レベルは高くない。
口頭での基礎的な指示内容を理解できれば、作業に問題はない。

部品: 牧畜業の衛生観念
牧畜業は家畜により生計を立てているため、家畜が全滅してしまうような病気は何よりも避けなければいけないものの一つである。
このため、感染病などが発生しないよう、その地域ごとの技術レベルに応じた衛生管理を行っている。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "牧畜業従事者",
"children":
[
{ "title": "家畜の世話による生活",
"description": "牛や羊、兎などの家畜の世話を行い、人工的に数を増やし、乳や肉、皮など家畜から取れるものを販売、加工して日々の糧を得ている。\n牧草の用意や家畜小屋の清掃、家畜への餌やり、掃除など作業は多岐に渡るが、基礎的な手伝いであれば、必要とする教育レベルは高くない。\n口頭での基礎的な指示内容を理解できれば、作業に問題はない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "牧畜業の衛生観念",
"description": "牧畜業は家畜により生計を立てているため、家畜が全滅してしまうような病気は何よりも避けなければいけないものの一つである。\nこのため、感染病などが発生しないよう、その地域ごとの技術レベルに応じた衛生管理を行っている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2770] [固定リンク][非] 酪農家 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/11(Fri) 17:53:01

*部品構造

-大部品: 酪農家 RD:15 評価値:6
--部品: 酪農の経験・知識
--大部品: 牧畜業従事者 RD:8 評価値:5
---部品: 家畜の世話による生活
---部品: 牧畜業の衛生観念
---大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
----大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
-----部品: 求められる教育レベル
-----部品: 基本職業倫理
-----部品: 法令の遵守
----部品: 先輩の指導
----部品: 作業マニュアルの遵守
----部品: 指示の遵守
--大部品: 専門家になるまで RD:6 評価値:4
---部品: 困難との遭遇
---部品: 技術の練磨
---部品: 深い経験
---部品: 積み重ねてきた知識
---部品: 仕事への誇り
---部品: 地に足の着いた自信



*部品定義

**部品: 酪農の経験・知識
多岐にわたる牧畜の中でも、特に、牛や山羊などを飼育し、乳や乳製品を生産することに特化した経験及び専門知識。


**部品: 家畜の世話による生活
牛や羊、兎などの家畜の世話を行い、人工的に数を増やし、乳や肉、皮など家畜から取れるものを販売、加工して日々の糧を得ている。
牧草の用意や家畜小屋の清掃、家畜への餌やり、掃除など作業は多岐に渡るが、基礎的な手伝いであれば、必要とする教育レベルは高くない。
口頭での基礎的な指示内容を理解できれば、作業に問題はない。

**部品: 牧畜業の衛生観念
牧畜業は家畜により生計を立てているため、家畜が全滅してしまうような病気は何よりも避けなければいけないものの一つである。
このため、感染病などが発生しないよう、その地域ごとの技術レベルに応じた衛生管理を行っている。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

**部品: 困難との遭遇
仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。
その困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。

**部品: 技術の練磨
日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。
少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。

**部品: 深い経験
長い時間の俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。
そこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。
また、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。

**部品: 積み重ねてきた知識
積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。
ただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。

**部品: 仕事への誇り
自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。
それは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。

**部品: 地に足の着いた自信
根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。
それが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。



*提出書式

大部品: 酪農家 RD:15 評価値:6
-部品: 酪農の経験・知識
-大部品: 牧畜業従事者 RD:8 評価値:5
--部品: 家畜の世話による生活
--部品: 牧畜業の衛生観念
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守
-大部品: 専門家になるまで RD:6 評価値:4
--部品: 困難との遭遇
--部品: 技術の練磨
--部品: 深い経験
--部品: 積み重ねてきた知識
--部品: 仕事への誇り
--部品: 地に足の着いた自信


部品: 酪農の経験・知識
多岐にわたる牧畜の中でも、特に、牛や山羊などを飼育し、乳や乳製品を生産することに特化した経験及び専門知識。


部品: 家畜の世話による生活
牛や羊、兎などの家畜の世話を行い、人工的に数を増やし、乳や肉、皮など家畜から取れるものを販売、加工して日々の糧を得ている。
牧草の用意や家畜小屋の清掃、家畜への餌やり、掃除など作業は多岐に渡るが、基礎的な手伝いであれば、必要とする教育レベルは高くない。
口頭での基礎的な指示内容を理解できれば、作業に問題はない。

部品: 牧畜業の衛生観念
牧畜業は家畜により生計を立てているため、家畜が全滅してしまうような病気は何よりも避けなければいけないものの一つである。
このため、感染病などが発生しないよう、その地域ごとの技術レベルに応じた衛生管理を行っている。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

部品: 困難との遭遇
仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。
その困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。

部品: 技術の練磨
日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。
少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。

部品: 深い経験
長い時間の俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。
そこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。
また、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。

部品: 積み重ねてきた知識
積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。
ただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。

部品: 仕事への誇り
自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。
それは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。

部品: 地に足の着いた自信
根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。
それが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "酪農家",
"children":
[
{ "title": "酪農の経験・知識",
"description": "多岐にわたる牧畜の中でも、特に、牛や山羊などを飼育し、乳や乳製品を生産することに特化した経験及び専門知識。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "牧畜業従事者",
"children":
[
{ "title": "家畜の世話による生活",
"description": "牛や羊、兎などの家畜の世話を行い、人工的に数を増やし、乳や肉、皮など家畜から取れるものを販売、加工して日々の糧を得ている。\n牧草の用意や家畜小屋の清掃、家畜への餌やり、掃除など作業は多岐に渡るが、基礎的な手伝いであれば、必要とする教育レベルは高くない。\n口頭での基礎的な指示内容を理解できれば、作業に問題はない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "牧畜業の衛生観念",
"description": "牧畜業は家畜により生計を立てているため、家畜が全滅してしまうような病気は何よりも避けなければいけないものの一つである。\nこのため、感染病などが発生しないよう、その地域ごとの技術レベルに応じた衛生管理を行っている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "専門家になるまで",
"children":
[
{ "title": "困難との遭遇",
"description": "仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。\nその困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "技術の練磨",
"description": "日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。\n少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "深い経験",
"description": "長い時間の俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。\nそこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。\nまた、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "積み重ねてきた知識",
"description": "積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。\nただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "仕事への誇り",
"description": "自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。\nそれは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "地に足の着いた自信",
"description": "根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。\nそれが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2772] [固定リンク][非] 芸能者 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/11(Fri) 21:05:07

*部品構造

-大部品: 芸能者 RD:10 評価値:5
--部品: 芸によって表現する者
--大部品: 芸能者に求められる素養 RD:6 評価値:4
---部品: 思い通りに体を動かす素養
---部品: 秀でた肉体的特徴
---部品: 芸をその身に修める
---大部品: 芸術的感性 RD:3 評価値:2
----部品: 美しいものに対する敏感さ
----部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
----部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守



*部品定義

**部品: 芸によって表現する者
身につけた技術によって表現を行う者のうち、主に己の身体を用いる者を芸能者と呼ぶ。
その表現を通して、他者へ感動を届けることが目標となる。ある時は喜びに満ちた笑顔を、またある時は切なさに打ち震える涙を。それは芸によって形作られた虚構であるが、観覧者の心に芽生えた感動の体験は、きっと本物である。

**部品: 思い通りに体を動かす素養
自分の思った通りに体を動かすことは、普通に考えれば誰でもそれなりにできることである。
しかし、ここでいう素養とは、思い通りに動かす精度が異なる。
例えば「目を閉じた状態で片手を地面から斜め60度の角度まで上げる」ことや、「ぴったりと十秒の間、声を出し続ける」ことを、正確に実行できる者はどれくらいいるだろうか。これらは極端な例だが、常人が思う以上の精度で体を動かすことができる才能、あるいは努力によって修めた技術を、彼らは備えている。

**部品: 秀でた肉体的特徴
秀でたと聞いて、真っ先に浮かぶのは顔や体格の美醜であるかもしれない。もちろんそれも一つである。
しかし、芸能の世界において何をもって「秀でた」とするかはその者が行く道次第で大きく変わる。
声が美しいこと、あるいはしわがれていること。髪が美しいこと、あるいは笑いを誘うほどの癖毛であること。年齢に比して明らかに背が低いこと、あるいはものすごく太っていること。そして全く秀でた特徴を持っていないこと。これらのどれもが、その道で求められる肉体的特徴となりうる。
重要なのは、それが秀でた特徴であり自身の強みなのだと認識し、芸の道へ活かしていくことだ。

**部品: 芸をその身に修める
芸能者はその歩む道によって、必要とされる芸を修める必要がある。
例えばそれは踊りであったり、台詞であったり、歌であったりする。また、独特の動きの型や、その芸の歴史を学ぶ必要があるケースもある。

**部品: 美しいものに対する敏感さ
日々生きる世界は美しいものに満ち溢れている。
それは星々の煌く空や、露の落ちた道端の草花の瑞々しさといった風景だったり、子供をあやす親の笑顔や、戦士の鍛えられた肉体から飛び散った汗といった情景だったりする。そういった美しさを視界に入れながら、それが美しいものだと気づかず見過ごしてしまう人も多い。
普通の人が見過ごしてしまいがちな美しさに見つけられること、それは逆に言えば普通の人が気づかずにいられる醜いものにも気づいてしまうということでもある。
しかし、世界を観察し、あるいは直感的に、美しいものや醜いものを感じ取り、己の中に蓄えていくこと。それこそが豊かな表現を行う上で求められる資質である。


**部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
他者の感情へ訴えかける技術を得るには、感情そのものに対する理解が必要である。
感情の基本的な動きを、喜怒哀楽といった言葉で表現されることがある。
自分が、そして自分以外の他者が、なにに喜び、怒り、悲しみ、楽しむのか。これを学び続けることこそが、他者の感情を動かすことへ繋がる道となる。


**部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚
感情、つまりは心の動きだが、これは肉体と決して無関係ではない。
例えば「悲しそうな声を出してください」と言われたとき、多くの人は眉間にしわを寄せたり、目を細めたりといった、悲しい声とは全く関係のない動作を己の表情にさせているはずだ。次に、わざと笑顔を作りながら悲しい声を出してみれば、自分でもわかるくらいに悲しそうではない声になったことに気づくだろう。
感情は肉体に、肉体は感情に引かれることの自覚があれば、表情一つ、手や指の動き一つから、感情を表現する道が見えてくる。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。



*提出書式

大部品: 芸能者 RD:10 評価値:5
-部品: 芸によって表現する者
-大部品: 芸能者に求められる素養 RD:6 評価値:4
--部品: 思い通りに体を動かす素養
--部品: 秀でた肉体的特徴
--部品: 芸をその身に修める
--大部品: 芸術的感性 RD:3 評価値:2
---部品: 美しいものに対する敏感さ
---部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
---部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚
-大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
--部品: 求められる教育レベル
--部品: 基本職業倫理
--部品: 法令の遵守


部品: 芸によって表現する者
身につけた技術によって表現を行う者のうち、主に己の身体を用いる者を芸能者と呼ぶ。
その表現を通して、他者へ感動を届けることが目標となる。ある時は喜びに満ちた笑顔を、またある時は切なさに打ち震える涙を。それは芸によって形作られた虚構であるが、観覧者の心に芽生えた感動の体験は、きっと本物である。

部品: 思い通りに体を動かす素養
自分の思った通りに体を動かすことは、普通に考えれば誰でもそれなりにできることである。
しかし、ここでいう素養とは、思い通りに動かす精度が異なる。
例えば「目を閉じた状態で片手を地面から斜め60度の角度まで上げる」ことや、「ぴったりと十秒の間、声を出し続ける」ことを、正確に実行できる者はどれくらいいるだろうか。これらは極端な例だが、常人が思う以上の精度で体を動かすことができる才能、あるいは努力によって修めた技術を、彼らは備えている。

部品: 秀でた肉体的特徴
秀でたと聞いて、真っ先に浮かぶのは顔や体格の美醜であるかもしれない。もちろんそれも一つである。
しかし、芸能の世界において何をもって「秀でた」とするかはその者が行く道次第で大きく変わる。
声が美しいこと、あるいはしわがれていること。髪が美しいこと、あるいは笑いを誘うほどの癖毛であること。年齢に比して明らかに背が低いこと、あるいはものすごく太っていること。そして全く秀でた特徴を持っていないこと。これらのどれもが、その道で求められる肉体的特徴となりうる。
重要なのは、それが秀でた特徴であり自身の強みなのだと認識し、芸の道へ活かしていくことだ。

部品: 芸をその身に修める
芸能者はその歩む道によって、必要とされる芸を修める必要がある。
例えばそれは踊りであったり、台詞であったり、歌であったりする。また、独特の動きの型や、その芸の歴史を学ぶ必要があるケースもある。

部品: 美しいものに対する敏感さ
日々生きる世界は美しいものに満ち溢れている。
それは星々の煌く空や、露の落ちた道端の草花の瑞々しさといった風景だったり、子供をあやす親の笑顔や、戦士の鍛えられた肉体から飛び散った汗といった情景だったりする。そういった美しさを視界に入れながら、それが美しいものだと気づかず見過ごしてしまう人も多い。
普通の人が見過ごしてしまいがちな美しさに見つけられること、それは逆に言えば普通の人が気づかずにいられる醜いものにも気づいてしまうということでもある。
しかし、世界を観察し、あるいは直感的に、美しいものや醜いものを感じ取り、己の中に蓄えていくこと。それこそが豊かな表現を行う上で求められる資質である。


部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
他者の感情へ訴えかける技術を得るには、感情そのものに対する理解が必要である。
感情の基本的な動きを、喜怒哀楽といった言葉で表現されることがある。
自分が、そして自分以外の他者が、なにに喜び、怒り、悲しみ、楽しむのか。これを学び続けることこそが、他者の感情を動かすことへ繋がる道となる。


部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚
感情、つまりは心の動きだが、これは肉体と決して無関係ではない。
例えば「悲しそうな声を出してください」と言われたとき、多くの人は眉間にしわを寄せたり、目を細めたりといった、悲しい声とは全く関係のない動作を己の表情にさせているはずだ。次に、わざと笑顔を作りながら悲しい声を出してみれば、自分でもわかるくらいに悲しそうではない声になったことに気づくだろう。
感情は肉体に、肉体は感情に引かれることの自覚があれば、表情一つ、手や指の動き一つから、感情を表現する道が見えてくる。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "芸能者",
"children":
[
{ "title": "芸によって表現する者",
"description": "身につけた技術によって表現を行う者のうち、主に己の身体を用いる者を芸能者と呼ぶ。\nその表現を通して、他者へ感動を届けることが目標となる。ある時は喜びに満ちた笑顔を、またある時は切なさに打ち震える涙を。それは芸によって形作られた虚構であるが、観覧者の心に芽生えた感動の体験は、きっと本物である。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "芸能者に求められる素養",
"children":
[
{ "title": "思い通りに体を動かす素養",
"description": "自分の思った通りに体を動かすことは、普通に考えれば誰でもそれなりにできることである。\nしかし、ここでいう素養とは、思い通りに動かす精度が異なる。\n例えば「目を閉じた状態で片手を地面から斜め60度の角度まで上げる」ことや、「ぴったりと十秒の間、声を出し続ける」ことを、正確に実行できる者はどれくらいいるだろうか。これらは極端な例だが、常人が思う以上の精度で体を動かすことができる才能、あるいは努力によって修めた技術を、彼らは備えている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "秀でた肉体的特徴",
"description": "秀でたと聞いて、真っ先に浮かぶのは顔や体格の美醜であるかもしれない。もちろんそれも一つである。\nしかし、芸能の世界において何をもって「秀でた」とするかはその者が行く道次第で大きく変わる。\n声が美しいこと、あるいはしわがれていること。髪が美しいこと、あるいは笑いを誘うほどの癖毛であること。年齢に比して明らかに背が低いこと、あるいはものすごく太っていること。そして全く秀でた特徴を持っていないこと。これらのどれもが、その道で求められる肉体的特徴となりうる。\n重要なのは、それが秀でた特徴であり自身の強みなのだと認識し、芸の道へ活かしていくことだ。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "芸をその身に修める",
"description": "芸能者はその歩む道によって、必要とされる芸を修める必要がある。\n例えばそれは踊りであったり、台詞であったり、歌であったりする。また、独特の動きの型や、その芸の歴史を学ぶ必要があるケースもある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "芸術的感性",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "美しいものに対する敏感さ",
"description": "日々生きる世界は美しいものに満ち溢れている。\nそれは星々の煌く空や、露の落ちた道端の草花の瑞々しさといった風景だったり、子供をあやす親の笑顔や、戦士の鍛えられた肉体から飛び散った汗といった情景だったりする。そういった美しさを視界に入れながら、それが美しいものだと気づかず見過ごしてしまう人も多い。\n普通の人が見過ごしてしまいがちな美しさに見つけられること、それは逆に言えば普通の人が気づかずにいられる醜いものにも気づいてしまうということでもある。\nしかし、世界を観察し、あるいは直感的に、美しいものや醜いものを感じ取り、己の中に蓄えていくこと。それこそが豊かな表現を行う上で求められる資質である。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "細やかな感情の動きを学ぶ",
"description": "他者の感情へ訴えかける技術を得るには、感情そのものに対する理解が必要である。\n感情の基本的な動きを、喜怒哀楽といった言葉で表現されることがある。\n自分が、そして自分以外の他者が、なにに喜び、怒り、悲しみ、楽しむのか。これを学び続けることこそが、他者の感情を動かすことへ繋がる道となる。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "肉体と感情が不可分であることの自覚",
"description": "感情、つまりは心の動きだが、これは肉体と決して無関係ではない。\n例えば「悲しそうな声を出してください」と言われたとき、多くの人は眉間にしわを寄せたり、目を細めたりといった、悲しい声とは全く関係のない動作を己の表情にさせているはずだ。次に、わざと笑顔を作りながら悲しい声を出してみれば、自分でもわかるくらいに悲しそうではない声になったことに気づくだろう。\n感情は肉体に、肉体は感情に引かれることの自覚があれば、表情一つ、手や指の動き一つから、感情を表現する道が見えてくる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2786] [固定リンク][非] 踊り子 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/14(Mon) 19:02:44

*部品構造

-大部品: 踊り子 RD:14 評価値:6
--部品: 舞い踊る者
--大部品: 音楽に対する造詣 RD:3 評価値:2
---部品: 旋律と和音への理解
---部品: リズムを意識する
---部品: 抑揚の効果を知る
--大部品: 芸能者 RD:10 評価値:5
---部品: 芸によって表現する者
---大部品: 芸能者に求められる素養 RD:6 評価値:4
----部品: 思い通りに体を動かす素養
----部品: 秀でた肉体的特徴
----部品: 芸をその身に修める
----大部品: 芸術的感性 RD:3 評価値:2
-----部品: 美しいものに対する敏感さ
-----部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
-----部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守



*部品定義

**部品: 舞い踊る者
芸能者の中でも特に体の動きを主として表現を行う者を踊り子と呼ぶ。文化によって呼び方はダンサーや舞踊家、舞い手などと様々だが、その意味するところは同じである。
現代では無音での踊りはあまり行われず、音楽などに合わせて披露されることが多い。

**部品: 旋律と和音への理解
音階とは音の高さを一定基準で区切ったもの。音程とは音同士の音階の差を指す。そして旋律は連続する音程の連なり。和音とは同時に発される音程の連なり。そして旋律と和音の集合が楽曲となる。
旋律と和音から楽曲への理解を深めることが、その曲で表現したいものへの理解にも繋がる。



**部品: リズムを意識する
生物には本能的に備わっているリズムがある。歩調をランダムに変化させながら歩く人は普通、いない。一定の間隔で訪れるタイミング、これをリズムと呼ぶ。
楽曲におけるリズムも同じである。曲を構成する音の一定のタイミングの繰り返し。逆に言えば、音楽に触れた者は曲のリズムの影響を身体に受けるということでもある。
音楽に携わる者は、より主体的に曲のリズムに合わせること、再現すること、あるいは変化させることが求められる。

**部品: 抑揚の効果を知る
常に一本調子の曲というものは少ない。ある部分は弱く、別のある部分は強くすることで、抑揚をつける。
抑揚が僅かに変わるだけで、同じ曲、同じ演奏、同じ動きであってもそれに触れる者が受ける印象は驚くほどに変わるものである。

**部品: 芸によって表現する者
身につけた技術によって表現を行う者のうち、主に己の身体を用いる者を芸能者と呼ぶ。
その表現を通して、他者へ感動を届けることが目標となる。ある時は喜びに満ちた笑顔を、またある時は切なさに打ち震える涙を。それは芸によって形作られた虚構であるが、観覧者の心に芽生えた感動の体験は、きっと本物である。

**部品: 思い通りに体を動かす素養
自分の思った通りに体を動かすことは、普通に考えれば誰でもそれなりにできることである。
しかし、ここでいう素養とは、思い通りに動かす精度が異なる。
例えば「目を閉じた状態で片手を地面から斜め60度の角度まで上げる」ことや、「ぴったりと十秒の間、声を出し続ける」ことを、正確に実行できる者はどれくらいいるだろうか。これらは極端な例だが、常人が思う以上の精度で体を動かすことができる才能、あるいは努力によって修めた技術を、彼らは備えている。

**部品: 秀でた肉体的特徴
秀でたと聞いて、真っ先に浮かぶのは顔や体格の美醜であるかもしれない。もちろんそれも一つである。
しかし、芸能の世界において何をもって「秀でた」とするかはその者が行く道次第で大きく変わる。
声が美しいこと、あるいはしわがれていること。髪が美しいこと、あるいは笑いを誘うほどの癖毛であること。年齢に比して明らかに背が低いこと、あるいはものすごく太っていること。そして全く秀でた特徴を持っていないこと。これらのどれもが、その道で求められる肉体的特徴となりうる。
重要なのは、それが秀でた特徴であり自身の強みなのだと認識し、芸の道へ活かしていくことだ。

**部品: 芸をその身に修める
芸能者はその歩む道によって、必要とされる芸を修める必要がある。
例えばそれは踊りであったり、台詞であったり、歌であったりする。また、独特の動きの型や、その芸の歴史を学ぶ必要があるケースもある。

**部品: 美しいものに対する敏感さ
日々生きる世界は美しいものに満ち溢れている。
それは星々の煌く空や、露の落ちた道端の草花の瑞々しさといった風景だったり、子供をあやす親の笑顔や、戦士の鍛えられた肉体から飛び散った汗といった情景だったりする。そういった美しさを視界に入れながら、それが美しいものだと気づかず見過ごしてしまう人も多い。
普通の人が見過ごしてしまいがちな美しさに見つけられること、それは逆に言えば普通の人が気づかずにいられる醜いものにも気づいてしまうということでもある。
しかし、世界を観察し、あるいは直感的に、美しいものや醜いものを感じ取り、己の中に蓄えていくこと。それこそが豊かな表現を行う上で求められる資質である。


**部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
他者の感情へ訴えかける技術を得るには、感情そのものに対する理解が必要である。
感情の基本的な動きを、喜怒哀楽といった言葉で表現されることがある。
自分が、そして自分以外の他者が、なにに喜び、怒り、悲しみ、楽しむのか。これを学び続けることこそが、他者の感情を動かすことへ繋がる道となる。


**部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚
感情、つまりは心の動きだが、これは肉体と決して無関係ではない。
例えば「悲しそうな声を出してください」と言われたとき、多くの人は眉間にしわを寄せたり、目を細めたりといった、悲しい声とは全く関係のない動作を己の表情にさせているはずだ。次に、わざと笑顔を作りながら悲しい声を出してみれば、自分でもわかるくらいに悲しそうではない声になったことに気づくだろう。
感情は肉体に、肉体は感情に引かれることの自覚があれば、表情一つ、手や指の動き一つから、感情を表現する道が見えてくる。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。



*提出書式

大部品: 踊り子 RD:14 評価値:6
-部品: 舞い踊る者
-大部品: 音楽に対する造詣 RD:3 評価値:2
--部品: 旋律と和音への理解
--部品: リズムを意識する
--部品: 抑揚の効果を知る
-大部品: 芸能者 RD:10 評価値:5
--部品: 芸によって表現する者
--大部品: 芸能者に求められる素養 RD:6 評価値:4
---部品: 思い通りに体を動かす素養
---部品: 秀でた肉体的特徴
---部品: 芸をその身に修める
---大部品: 芸術的感性 RD:3 評価値:2
----部品: 美しいものに対する敏感さ
----部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
----部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守


部品: 舞い踊る者
芸能者の中でも特に体の動きを主として表現を行う者を踊り子と呼ぶ。文化によって呼び方はダンサーや舞踊家、舞い手などと様々だが、その意味するところは同じである。
現代では無音での踊りはあまり行われず、音楽などに合わせて披露されることが多い。

部品: 旋律と和音への理解
音階とは音の高さを一定基準で区切ったもの。音程とは音同士の音階の差を指す。そして旋律は連続する音程の連なり。和音とは同時に発される音程の連なり。そして旋律と和音の集合が楽曲となる。
旋律と和音から楽曲への理解を深めることが、その曲で表現したいものへの理解にも繋がる。



部品: リズムを意識する
生物には本能的に備わっているリズムがある。歩調をランダムに変化させながら歩く人は普通、いない。一定の間隔で訪れるタイミング、これをリズムと呼ぶ。
楽曲におけるリズムも同じである。曲を構成する音の一定のタイミングの繰り返し。逆に言えば、音楽に触れた者は曲のリズムの影響を身体に受けるということでもある。
音楽に携わる者は、より主体的に曲のリズムに合わせること、再現すること、あるいは変化させることが求められる。

部品: 抑揚の効果を知る
常に一本調子の曲というものは少ない。ある部分は弱く、別のある部分は強くすることで、抑揚をつける。
抑揚が僅かに変わるだけで、同じ曲、同じ演奏、同じ動きであってもそれに触れる者が受ける印象は驚くほどに変わるものである。

部品: 芸によって表現する者
身につけた技術によって表現を行う者のうち、主に己の身体を用いる者を芸能者と呼ぶ。
その表現を通して、他者へ感動を届けることが目標となる。ある時は喜びに満ちた笑顔を、またある時は切なさに打ち震える涙を。それは芸によって形作られた虚構であるが、観覧者の心に芽生えた感動の体験は、きっと本物である。

部品: 思い通りに体を動かす素養
自分の思った通りに体を動かすことは、普通に考えれば誰でもそれなりにできることである。
しかし、ここでいう素養とは、思い通りに動かす精度が異なる。
例えば「目を閉じた状態で片手を地面から斜め60度の角度まで上げる」ことや、「ぴったりと十秒の間、声を出し続ける」ことを、正確に実行できる者はどれくらいいるだろうか。これらは極端な例だが、常人が思う以上の精度で体を動かすことができる才能、あるいは努力によって修めた技術を、彼らは備えている。

部品: 秀でた肉体的特徴
秀でたと聞いて、真っ先に浮かぶのは顔や体格の美醜であるかもしれない。もちろんそれも一つである。
しかし、芸能の世界において何をもって「秀でた」とするかはその者が行く道次第で大きく変わる。
声が美しいこと、あるいはしわがれていること。髪が美しいこと、あるいは笑いを誘うほどの癖毛であること。年齢に比して明らかに背が低いこと、あるいはものすごく太っていること。そして全く秀でた特徴を持っていないこと。これらのどれもが、その道で求められる肉体的特徴となりうる。
重要なのは、それが秀でた特徴であり自身の強みなのだと認識し、芸の道へ活かしていくことだ。

部品: 芸をその身に修める
芸能者はその歩む道によって、必要とされる芸を修める必要がある。
例えばそれは踊りであったり、台詞であったり、歌であったりする。また、独特の動きの型や、その芸の歴史を学ぶ必要があるケースもある。

部品: 美しいものに対する敏感さ
日々生きる世界は美しいものに満ち溢れている。
それは星々の煌く空や、露の落ちた道端の草花の瑞々しさといった風景だったり、子供をあやす親の笑顔や、戦士の鍛えられた肉体から飛び散った汗といった情景だったりする。そういった美しさを視界に入れながら、それが美しいものだと気づかず見過ごしてしまう人も多い。
普通の人が見過ごしてしまいがちな美しさに見つけられること、それは逆に言えば普通の人が気づかずにいられる醜いものにも気づいてしまうということでもある。
しかし、世界を観察し、あるいは直感的に、美しいものや醜いものを感じ取り、己の中に蓄えていくこと。それこそが豊かな表現を行う上で求められる資質である。


部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
他者の感情へ訴えかける技術を得るには、感情そのものに対する理解が必要である。
感情の基本的な動きを、喜怒哀楽といった言葉で表現されることがある。
自分が、そして自分以外の他者が、なにに喜び、怒り、悲しみ、楽しむのか。これを学び続けることこそが、他者の感情を動かすことへ繋がる道となる。


部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚
感情、つまりは心の動きだが、これは肉体と決して無関係ではない。
例えば「悲しそうな声を出してください」と言われたとき、多くの人は眉間にしわを寄せたり、目を細めたりといった、悲しい声とは全く関係のない動作を己の表情にさせているはずだ。次に、わざと笑顔を作りながら悲しい声を出してみれば、自分でもわかるくらいに悲しそうではない声になったことに気づくだろう。
感情は肉体に、肉体は感情に引かれることの自覚があれば、表情一つ、手や指の動き一つから、感情を表現する道が見えてくる。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。




*インポート用定義データ


[
{ "children":
[
{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.648508",
"description": "芸能者の中でも特に体の動きを主として表現を行う者を踊り子と呼ぶ。文化によって呼び方はダンサーや舞踊家、舞い手などと様々だが、その意味するところは同じである。\n現代では無音での踊りはあまり行われず、音楽などに合わせて披露されることが多い。",
"id": 1779,
"part_type": "part",
"title": "舞い踊る者",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.648508"
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.661667",
"description": "音階とは音の高さを一定基準で区切ったもの。音程とは音同士の音階の差を指す。そして旋律は連続する音程の連なり。和音とは同時に発される音程の連なり。そして旋律と和音の集合が楽曲となる。\n旋律と和音から楽曲への理解を深めることが、その曲で表現したいものへの理解にも繋がる。\n\n",
"id": 1781,
"part_type": "part",
"title": "旋律と和音への理解",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.661667"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.671062",
"description": "生物には本能的に備わっているリズムがある。歩調をランダムに変化させながら歩く人は普通、いない。一定の間隔で訪れるタイミング、これをリズムと呼ぶ。\n楽曲におけるリズムも同じである。曲を構成する音の一定のタイミングの繰り返し。逆に言えば、音楽に触れた者は曲のリズムの影響を身体に受けるということでもある。\n音楽に携わる者は、より主体的に曲のリズムに合わせること、再現すること、あるいは変化させることが求められる。",
"id": 1782,
"part_type": "part",
"title": "リズムを意識する",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.671062"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.679362",
"description": "常に一本調子の曲というものは少ない。ある部分は弱く、別のある部分は強くすることで、抑揚をつける。\n抑揚が僅かに変わるだけで、同じ曲、同じ演奏、同じ動きであってもそれに触れる者が受ける印象は驚くほどに変わるものである。",
"id": 1783,
"part_type": "part",
"title": "抑揚の効果を知る",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.679362"
}
],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.660557",
"description": null,
"id": 1780,
"part_type": "group",
"title": "音楽に対する造詣",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.660557",
"expanded": true
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.698868",
"description": "身につけた技術によって表現を行う者のうち、主に己の身体を用いる者を芸能者と呼ぶ。\nその表現を通して、他者へ感動を届けることが目標となる。ある時は喜びに満ちた笑顔を、またある時は切なさに打ち震える涙を。それは芸によって形作られた虚構であるが、観覧者の心に芽生えた感動の体験は、きっと本物である。",
"id": 1785,
"part_type": "part",
"title": "芸によって表現する者",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.698868"
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.709345",
"description": "自分の思った通りに体を動かすことは、普通に考えれば誰でもそれなりにできることである。\nしかし、ここでいう素養とは、思い通りに動かす精度が異なる。\n例えば「目を閉じた状態で片手を地面から斜め60度の角度まで上げる」ことや、「ぴったりと十秒の間、声を出し続ける」ことを、正確に実行できる者はどれくらいいるだろうか。これらは極端な例だが、常人が思う以上の精度で体を動かすことができる才能、あるいは努力によって修めた技術を、彼らは備えている。",
"id": 1787,
"part_type": "part",
"title": "思い通りに体を動かす素養",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.709345"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.717103",
"description": "秀でたと聞いて、真っ先に浮かぶのは顔や体格の美醜であるかもしれない。もちろんそれも一つである。\nしかし、芸能の世界において何をもって「秀でた」とするかはその者が行く道次第で大きく変わる。\n声が美しいこと、あるいはしわがれていること。髪が美しいこと、あるいは笑いを誘うほどの癖毛であること。年齢に比して明らかに背が低いこと、あるいはものすごく太っていること。そして全く秀でた特徴を持っていないこと。これらのどれもが、その道で求められる肉体的特徴となりうる。\n重要なのは、それが秀でた特徴であり自身の強みなのだと認識し、芸の道へ活かしていくことだ。",
"id": 1788,
"part_type": "part",
"title": "秀でた肉体的特徴",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.717103"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.727738",
"description": "芸能者はその歩む道によって、必要とされる芸を修める必要がある。\n例えばそれは踊りであったり、台詞であったり、歌であったりする。また、独特の動きの型や、その芸の歴史を学ぶ必要があるケースもある。",
"id": 1789,
"part_type": "part",
"title": "芸をその身に修める",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.727738"
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.738164",
"description": "日々生きる世界は美しいものに満ち溢れている。\nそれは星々の煌く空や、露の落ちた道端の草花の瑞々しさといった風景だったり、子供をあやす親の笑顔や、戦士の鍛えられた肉体から飛び散った汗といった情景だったりする。そういった美しさを視界に入れながら、それが美しいものだと気づかず見過ごしてしまう人も多い。\n普通の人が見過ごしてしまいがちな美しさに見つけられること、それは逆に言えば普通の人が気づかずにいられる醜いものにも気づいてしまうということでもある。\nしかし、世界を観察し、あるいは直感的に、美しいものや醜いものを感じ取り、己の中に蓄えていくこと。それこそが豊かな表現を行う上で求められる資質である。\n",
"id": 1791,
"part_type": "part",
"title": "美しいものに対する敏感さ",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.738164"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.747961",
"description": "他者の感情へ訴えかける技術を得るには、感情そのものに対する理解が必要である。\n感情の基本的な動きを、喜怒哀楽といった言葉で表現されることがある。\n自分が、そして自分以外の他者が、なにに喜び、怒り、悲しみ、楽しむのか。これを学び続けることこそが、他者の感情を動かすことへ繋がる道となる。\n",
"id": 1792,
"part_type": "part",
"title": "細やかな感情の動きを学ぶ",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.747961"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.756033",
"description": "感情、つまりは心の動きだが、これは肉体と決して無関係ではない。\n例えば「悲しそうな声を出してください」と言われたとき、多くの人は眉間にしわを寄せたり、目を細めたりといった、悲しい声とは全く関係のない動作を己の表情にさせているはずだ。次に、わざと笑顔を作りながら悲しい声を出してみれば、自分でもわかるくらいに悲しそうではない声になったことに気づくだろう。\n感情は肉体に、肉体は感情に引かれることの自覚があれば、表情一つ、手や指の動き一つから、感情を表現する道が見えてくる。",
"id": 1793,
"part_type": "part",
"title": "肉体と感情が不可分であることの自覚",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.756033"
}
],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.736998",
"description": null,
"id": 1790,
"part_type": "group",
"title": "芸術的感性",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.736998",
"expanded": true
}
],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.708361",
"description": null,
"id": 1786,
"part_type": "group",
"title": "芸能者に求められる素養",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.708361",
"expanded": true
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.783373",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"id": 1795,
"part_type": "part",
"title": "求められる教育レベル",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.783373"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.791923",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"id": 1796,
"part_type": "part",
"title": "基本職業倫理",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.791923"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.799447",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"id": 1797,
"part_type": "part",
"title": "法令の遵守",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.799447"
}
],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.782378",
"description": null,
"id": 1794,
"part_type": "group",
"title": "労働者の資質",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.782378",
"expanded": true
}
],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.697751",
"description": null,
"id": 1784,
"part_type": "group",
"title": "芸能者",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.697751",
"expanded": true
}
],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.644475",
"description": null,
"id": 1778,
"part_type": "group",
"title": "踊り子",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.644475",
"expanded": true
}
]


[No.2773] [固定リンク][非] 採掘業従事者 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/11(Fri) 21:10:29

*部品構造

-大部品: 採掘業従事者 RD:10 評価値:5
--部品: 採掘作業の概要
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守
--大部品: 安全第一の心得 RD:3 評価値:2
---部品: 器具・装備の点検
---部品: 指差し確認
---部品: 声掛け確認



*部品定義

**部品: 採掘作業の概要
鉱山などから鉱石などの地下資源を採掘する仕事を担当する。
採掘の方法については、現場の技術レベルによりそれぞれ異なり、ツルハシなどを利用した手作業で採掘する事もあれば、機械を利用して採掘することもある。
ただし、採掘業従事者では、機械の操縦などの専門的な技能が不要な範囲の作業を担当する。
このため、必要な教育レベルは、先輩や上長の指示を理解し、意思疎通が図れる程度で良い。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

**部品: 器具・装備の点検
作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。
命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。

**部品: 指差し確認
点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。
身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。

**部品: 声掛け確認
一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。
声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。



*提出書式

大部品: 採掘業従事者 RD:10 評価値:5
-部品: 採掘作業の概要
-大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
--部品: 先輩の指導
--部品: 作業マニュアルの遵守
--部品: 指示の遵守
-大部品: 安全第一の心得 RD:3 評価値:2
--部品: 器具・装備の点検
--部品: 指差し確認
--部品: 声掛け確認


部品: 採掘作業の概要
鉱山などから鉱石などの地下資源を採掘する仕事を担当する。
採掘の方法については、現場の技術レベルによりそれぞれ異なり、ツルハシなどを利用した手作業で採掘する事もあれば、機械を利用して採掘することもある。
ただし、採掘業従事者では、機械の操縦などの専門的な技能が不要な範囲の作業を担当する。
このため、必要な教育レベルは、先輩や上長の指示を理解し、意思疎通が図れる程度で良い。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

部品: 器具・装備の点検
作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。
命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。

部品: 指差し確認
点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。
身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。

部品: 声掛け確認
一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。
声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "採掘業従事者",
"children":
[
{ "title": "採掘作業の概要",
"description": "鉱山などから鉱石などの地下資源を採掘する仕事を担当する。\n採掘の方法については、現場の技術レベルによりそれぞれ異なり、ツルハシなどを利用した手作業で採掘する事もあれば、機械を利用して採掘することもある。\nただし、採掘業従事者では、機械の操縦などの専門的な技能が不要な範囲の作業を担当する。\nこのため、必要な教育レベルは、先輩や上長の指示を理解し、意思疎通が図れる程度で良い。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "安全第一の心得",
"children":
[
{ "title": "器具・装備の点検",
"description": "作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。\n命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "指差し確認",
"description": "点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。\n身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "声掛け確認",
"description": "一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。\n声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2780] [固定リンク][非] 採石工 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/13(Sun) 21:36:11

*部品構造

-大部品: 採石工 RD:18 評価値:7
--部品: 石材の採掘
--部品: 石材についての知識
--大部品: 採掘業従事者 RD:10 評価値:5
---部品: 採掘作業の概要
---大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
----大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
-----部品: 求められる教育レベル
-----部品: 基本職業倫理
-----部品: 法令の遵守
----部品: 先輩の指導
----部品: 作業マニュアルの遵守
----部品: 指示の遵守
---大部品: 安全第一の心得 RD:3 評価値:2
----部品: 器具・装備の点検
----部品: 指差し確認
----部品: 声掛け確認
--大部品: 専門家になるまで RD:6 評価値:4
---部品: 困難との遭遇
---部品: 技術の練磨
---部品: 深い経験
---部品: 積み重ねてきた知識
---部品: 仕事への誇り
---部品: 地に足の着いた自信



*部品定義

**部品: 石材の採掘
採石工の主たる仕事。目的に応じた石の採石場から切り出す。
一般に採掘と呼ばれる仕事の中でも石に特化した仕事であり、石に関する知識と採掘、加工に関する経験が必要となる。

**部品: 石材についての知識
花崗岩、玄武岩、石灰岩など、一言に石と言っても様々な種類の石があり、それぞれに特性は異なる。
そうした石材についての知識を持っていれば、採掘、加工など石を利用した作業において、適切な行動を取ることができる。

**部品: 採掘作業の概要
鉱山などから鉱石などの地下資源を採掘する仕事を担当する。
採掘の方法については、現場の技術レベルによりそれぞれ異なり、ツルハシなどを利用した手作業で採掘する事もあれば、機械を利用して採掘することもある。
ただし、採掘業従事者では、機械の操縦などの専門的な技能が不要な範囲の作業を担当する。
このため、必要な教育レベルは、先輩や上長の指示を理解し、意思疎通が図れる程度で良い。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

**部品: 器具・装備の点検
作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。
命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。

**部品: 指差し確認
点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。
身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。

**部品: 声掛け確認
一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。
声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。

**部品: 困難との遭遇
仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。
その困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。

**部品: 技術の練磨
日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。
少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。

**部品: 深い経験
長い時間を俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。
そこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。
また、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。

**部品: 積み重ねてきた知識
積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。
ただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。

**部品: 仕事への誇り
自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。
それは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。

**部品: 地に足の着いた自信
根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。
それが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。



*提出書式

大部品: 採石工 RD:18 評価値:7
-部品: 石材の採掘
-部品: 石材についての知識
-大部品: 採掘業従事者 RD:10 評価値:5
--部品: 採掘作業の概要
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守
--大部品: 安全第一の心得 RD:3 評価値:2
---部品: 器具・装備の点検
---部品: 指差し確認
---部品: 声掛け確認
-大部品: 専門家になるまで RD:6 評価値:4
--部品: 困難との遭遇
--部品: 技術の練磨
--部品: 深い経験
--部品: 積み重ねてきた知識
--部品: 仕事への誇り
--部品: 地に足の着いた自信


部品: 石材の採掘
採石工の主たる仕事。目的に応じた石の採石場から切り出す。
一般に採掘と呼ばれる仕事の中でも石に特化した仕事であり、石に関する知識と採掘、加工に関する経験が必要となる。

部品: 石材についての知識
花崗岩、玄武岩、石灰岩など、一言に石と言っても様々な種類の石があり、それぞれに特性は異なる。
そうした石材についての知識を持っていれば、採掘、加工など石を利用した作業において、適切な行動を取ることができる。

部品: 採掘作業の概要
鉱山などから鉱石などの地下資源を採掘する仕事を担当する。
採掘の方法については、現場の技術レベルによりそれぞれ異なり、ツルハシなどを利用した手作業で採掘する事もあれば、機械を利用して採掘することもある。
ただし、採掘業従事者では、機械の操縦などの専門的な技能が不要な範囲の作業を担当する。
このため、必要な教育レベルは、先輩や上長の指示を理解し、意思疎通が図れる程度で良い。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

部品: 器具・装備の点検
作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。
命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。

部品: 指差し確認
点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。
身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。

部品: 声掛け確認
一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。
声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。

部品: 困難との遭遇
仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。
その困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。

部品: 技術の練磨
日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。
少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。

部品: 深い経験
長い時間を俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。
そこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。
また、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。

部品: 積み重ねてきた知識
積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。
ただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。

部品: 仕事への誇り
自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。
それは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。

部品: 地に足の着いた自信
根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。
それが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "採石工",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "石材の採掘",
"description": "採石工の主たる仕事。目的に応じた石の採石場から切り出す。\n一般に採掘と呼ばれる仕事の中でも石に特化した仕事であり、石に関する知識と採掘、加工に関する経験が必要となる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "石材についての知識",
"description": "花崗岩、玄武岩、石灰岩など、一言に石と言っても様々な種類の石があり、それぞれに特性は異なる。\nそうした石材についての知識を持っていれば、採掘、加工など石を利用した作業において、適切な行動を取ることができる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "採掘業従事者",
"children":
[
{ "title": "採掘作業の概要",
"description": "鉱山などから鉱石などの地下資源を採掘する仕事を担当する。\n採掘の方法については、現場の技術レベルによりそれぞれ異なり、ツルハシなどを利用した手作業で採掘する事もあれば、機械を利用して採掘することもある。\nただし、採掘業従事者では、機械の操縦などの専門的な技能が不要な範囲の作業を担当する。\nこのため、必要な教育レベルは、先輩や上長の指示を理解し、意思疎通が図れる程度で良い。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "安全第一の心得",
"children":
[
{ "title": "器具・装備の点検",
"description": "作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。\n命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "指差し確認",
"description": "点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。\n身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "声掛け確認",
"description": "一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。\n声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "専門家になるまで",
"children":
[
{ "title": "困難との遭遇",
"description": "仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。\nその困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "技術の練磨",
"description": "日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。\n少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "深い経験",
"description": "長い時間を俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。\nそこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。\nまた、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "積み重ねてきた知識",
"description": "積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。\nただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "仕事への誇り",
"description": "自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。\nそれは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "地に足の着いた自信",
"description": "根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。\nそれが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2781] [固定リンク][非] 小売販売員 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/13(Sun) 22:10:43

*部品構造

-大部品: 小売販売員 RD:11 評価値:5
--部品: 小売販売員とは
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守
--大部品: 接客の心得 RD:4 評価値:3
---部品: 相手を不快にさせない表情
---部品: はっきりとした発音
---部品: 礼儀正しい態度
---部品: 商品・サービスに関する基礎知識



*部品定義

**部品: 小売販売員とは
商品を一般消費者に向けて販売する職業を指す。卸業と異なり、一般に顧客とはBtoC(Business to Customer)の関係にある。
販売員には、お客との簡単な意思疎通を図ることができるほか、商品の概要を理解できるだけの教育が必要となる。
それに加え、会計に携わる場合は請求金額やお釣りの計算、支払いなどができるだけの計算能力または計算機の操作能力が必要となる。


**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

**部品: 相手を不快にさせない表情
買い物にやってきたお客様に対し、不快な思いをさせないよう、表情に気をつけることが重要となる。
基本は笑顔であることだが、例えば墓石の販売などでは、笑顔での接客は逆に相手の神経を逆撫でてしまうこともあるため、時と場合に合わせた表情での接客を心がけること。

**部品: はっきりとした発音
商品の販売手続きを行うにせよ、販売促進のため商品の売り込みを行うにせよ、お客様にその内容がはっきり伝わるよう心がけることが重要。
声量については職種や売り場の状況によって異なるが、相手に聞き取りやすいよう、はっきりとした発音を心がけることが重要。

**部品: 礼儀正しい態度
お客様に対しては、売り手と客との一線を守り、礼儀正しく対応すること。
ただし、その程度については職種、売り場によって異なる。ある程度の馴れ馴れしさによる親密さが必要な場合もあれば、一部の乱れも許されない礼儀作法が要求される場合もある。
また、売り手は客に経緯を払うべきではあるが、本質的に立場としては対等である。
客の明らかに一方的な要求に対してまで、礼儀正しさを守る必要はない。ただしもちろん、法律を守る必要はある。

**部品: 商品・サービスに関する基礎知識
自分が販売している商品について、基礎的な知識を有していること。
販売員すべてが自身が担当する商品すべてについて深い知識を持つことは難しいが、少なくとも、商品の概要や売り場などの基礎的な情報については把握している必要がある。



*提出書式

大部品: 小売販売員 RD:11 評価値:5
-部品: 小売販売員とは
-大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
--部品: 先輩の指導
--部品: 作業マニュアルの遵守
--部品: 指示の遵守
-大部品: 接客の心得 RD:4 評価値:3
--部品: 相手を不快にさせない表情
--部品: はっきりとした発音
--部品: 礼儀正しい態度
--部品: 商品・サービスに関する基礎知識


部品: 小売販売員とは
商品を一般消費者に向けて販売する職業を指す。卸業と異なり、一般に顧客とはBtoC(Business to Customer)の関係にある。
販売員には、お客との簡単な意思疎通を図ることができるほか、商品の概要を理解できるだけの教育が必要となる。
それに加え、会計に携わる場合は請求金額やお釣りの計算、支払いなどができるだけの計算能力または計算機の操作能力が必要となる。


部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

部品: 相手を不快にさせない表情
買い物にやってきたお客様に対し、不快な思いをさせないよう、表情に気をつけることが重要となる。
基本は笑顔であることだが、例えば墓石の販売などでは、笑顔での接客は逆に相手の神経を逆撫でてしまうこともあるため、時と場合に合わせた表情での接客を心がけること。

部品: はっきりとした発音
商品の販売手続きを行うにせよ、販売促進のため商品の売り込みを行うにせよ、お客様にその内容がはっきり伝わるよう心がけることが重要。
声量については職種や売り場の状況によって異なるが、相手に聞き取りやすいよう、はっきりとした発音を心がけることが重要。

部品: 礼儀正しい態度
お客様に対しては、売り手と客との一線を守り、礼儀正しく対応すること。
ただし、その程度については職種、売り場によって異なる。ある程度の馴れ馴れしさによる親密さが必要な場合もあれば、一部の乱れも許されない礼儀作法が要求される場合もある。
また、売り手は客に経緯を払うべきではあるが、本質的に立場としては対等である。
客の明らかに一方的な要求に対してまで、礼儀正しさを守る必要はない。ただしもちろん、法律を守る必要はある。

部品: 商品・サービスに関する基礎知識
自分が販売している商品について、基礎的な知識を有していること。
販売員すべてが自身が担当する商品すべてについて深い知識を持つことは難しいが、少なくとも、商品の概要や売り場などの基礎的な情報については把握している必要がある。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "小売販売員",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "小売販売員とは",
"description": "商品を一般消費者に向けて販売する職業を指す。卸業と異なり、一般に顧客とはBtoC(Business to Customer)の関係にある。\n販売員には、お客との簡単な意思疎通を図ることができるほか、商品の概要を理解できるだけの教育が必要となる。\nそれに加え、会計に携わる場合は請求金額やお釣りの計算、支払いなどができるだけの計算能力または計算機の操作能力が必要となる。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "接客の心得",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "相手を不快にさせない表情",
"description": "買い物にやってきたお客様に対し、不快な思いをさせないよう、表情に気をつけることが重要となる。\n基本は笑顔であることだが、例えば墓石の販売などでは、笑顔での接客は逆に相手の神経を逆撫でてしまうこともあるため、時と場合に合わせた表情での接客を心がけること。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "はっきりとした発音",
"description": "商品の販売手続きを行うにせよ、販売促進のため商品の売り込みを行うにせよ、お客様にその内容がはっきり伝わるよう心がけることが重要。\n声量については職種や売り場の状況によって異なるが、相手に聞き取りやすいよう、はっきりとした発音を心がけることが重要。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "礼儀正しい態度",
"description": "お客様に対しては、売り手と客との一線を守り、礼儀正しく対応すること。\nただし、その程度については職種、売り場によって異なる。ある程度の馴れ馴れしさによる親密さが必要な場合もあれば、一部の乱れも許されない礼儀作法が要求される場合もある。\nまた、売り手は客に経緯を払うべきではあるが、本質的に立場としては対等である。\n客の明らかに一方的な要求に対してまで、礼儀正しさを守る必要はない。ただしもちろん、法律を守る必要はある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "商品・サービスに関する基礎知識",
"description": "自分が販売している商品について、基礎的な知識を有していること。\n販売員すべてが自身が担当する商品すべてについて深い知識を持つことは難しいが、少なくとも、商品の概要や売り場などの基礎的な情報については把握している必要がある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2783] [固定リンク][非] 八百屋 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/13(Sun) 22:31:09

*部品構造

-大部品: 八百屋 RD:12 評価値:6
--部品: 八百屋とは
--大部品: 小売販売員 RD:11 評価値:5
---部品: 小売販売員とは
---大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
----大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
-----部品: 求められる教育レベル
-----部品: 基本職業倫理
-----部品: 法令の遵守
----部品: 先輩の指導
----部品: 作業マニュアルの遵守
----部品: 指示の遵守
---大部品: 接客の心得 RD:4 評価値:3
----部品: 相手を不快にさせない表情
----部品: はっきりとした発音
----部品: 礼儀正しい態度
----部品: 商品・サービスに関する基礎知識



*部品定義

**部品: 八百屋とは
野菜を販売する店舗であり、ここではその職業を指す。
野菜の種類や鮮度、相場に対する知識を持ち、お客様に説明できる能力が必要。

**部品: 小売販売員とは
商品を一般消費者に向けて販売する職業を指す。卸業と異なり、一般に顧客とはBtoC(Business to Customer)の関係にある。
販売員には、お客との簡単な意思疎通を図ることができるほか、商品の概要を理解できるだけの教育が必要となる。
それに加え、会計に携わる場合は請求金額やお釣りの計算、支払いなどができるだけの計算能力または計算機の操作能力が必要となる。


**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

**部品: 相手を不快にさせない表情
買い物にやってきたお客様に対し、不快な思いをさせないよう、表情に気をつけることが重要となる。
基本は笑顔であることだが、例えば墓石の販売などでは、笑顔での接客は逆に相手の神経を逆撫でてしまうこともあるため、時と場合に合わせた表情での接客を心がけること。

**部品: はっきりとした発音
商品の販売手続きを行うにせよ、販売促進のため商品の売り込みを行うにせよ、お客様にその内容がはっきり伝わるよう心がけることが重要。
声量については職種や売り場の状況によって異なるが、相手に聞き取りやすいよう、はっきりとした発音を心がけることが重要。

**部品: 礼儀正しい態度
お客様に対しては、売り手と客との一線を守り、礼儀正しく対応すること。
ただし、その程度については職種、売り場によって異なる。ある程度の馴れ馴れしさによる親密さが必要な場合もあれば、一部の乱れも許されない礼儀作法が要求される場合もある。
また、売り手は客に経緯を払うべきではあるが、本質的に立場としては対等である。
客の明らかに一方的な要求に対してまで、礼儀正しさを守る必要はない。ただしもちろん、法律を守る必要はある。

**部品: 商品・サービスに関する基礎知識
自分が販売している商品について、基礎的な知識を有していること。
販売員すべてが自身が担当する商品すべてについて深い知識を持つことは難しいが、少なくとも、商品の概要や売り場などの基礎的な情報については把握している必要がある。



*提出書式

大部品: 八百屋 RD:12 評価値:6
-部品: 八百屋とは
-大部品: 小売販売員 RD:11 評価値:5
--部品: 小売販売員とは
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守
--大部品: 接客の心得 RD:4 評価値:3
---部品: 相手を不快にさせない表情
---部品: はっきりとした発音
---部品: 礼儀正しい態度
---部品: 商品・サービスに関する基礎知識


部品: 八百屋とは
野菜を販売する店舗であり、ここではその職業を指す。
野菜の種類や鮮度、相場に対する知識を持ち、お客様に説明できる能力が必要。

部品: 小売販売員とは
商品を一般消費者に向けて販売する職業を指す。卸業と異なり、一般に顧客とはBtoC(Business to Customer)の関係にある。
販売員には、お客との簡単な意思疎通を図ることができるほか、商品の概要を理解できるだけの教育が必要となる。
それに加え、会計に携わる場合は請求金額やお釣りの計算、支払いなどができるだけの計算能力または計算機の操作能力が必要となる。


部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

部品: 相手を不快にさせない表情
買い物にやってきたお客様に対し、不快な思いをさせないよう、表情に気をつけることが重要となる。
基本は笑顔であることだが、例えば墓石の販売などでは、笑顔での接客は逆に相手の神経を逆撫でてしまうこともあるため、時と場合に合わせた表情での接客を心がけること。

部品: はっきりとした発音
商品の販売手続きを行うにせよ、販売促進のため商品の売り込みを行うにせよ、お客様にその内容がはっきり伝わるよう心がけることが重要。
声量については職種や売り場の状況によって異なるが、相手に聞き取りやすいよう、はっきりとした発音を心がけることが重要。

部品: 礼儀正しい態度
お客様に対しては、売り手と客との一線を守り、礼儀正しく対応すること。
ただし、その程度については職種、売り場によって異なる。ある程度の馴れ馴れしさによる親密さが必要な場合もあれば、一部の乱れも許されない礼儀作法が要求される場合もある。
また、売り手は客に経緯を払うべきではあるが、本質的に立場としては対等である。
客の明らかに一方的な要求に対してまで、礼儀正しさを守る必要はない。ただしもちろん、法律を守る必要はある。

部品: 商品・サービスに関する基礎知識
自分が販売している商品について、基礎的な知識を有していること。
販売員すべてが自身が担当する商品すべてについて深い知識を持つことは難しいが、少なくとも、商品の概要や売り場などの基礎的な情報については把握している必要がある。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "八百屋",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "八百屋とは",
"description": "野菜を販売する店舗であり、ここではその職業を指す。\n野菜の種類や鮮度、相場に対する知識を持ち、お客様に説明できる能力が必要。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "小売販売員",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "小売販売員とは",
"description": "商品を一般消費者に向けて販売する職業を指す。卸業と異なり、一般に顧客とはBtoC(Business to Customer)の関係にある。\n販売員には、お客との簡単な意思疎通を図ることができるほか、商品の概要を理解できるだけの教育が必要となる。\nそれに加え、会計に携わる場合は請求金額やお釣りの計算、支払いなどができるだけの計算能力または計算機の操作能力が必要となる。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "接客の心得",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "相手を不快にさせない表情",
"description": "買い物にやってきたお客様に対し、不快な思いをさせないよう、表情に気をつけることが重要となる。\n基本は笑顔であることだが、例えば墓石の販売などでは、笑顔での接客は逆に相手の神経を逆撫でてしまうこともあるため、時と場合に合わせた表情での接客を心がけること。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "はっきりとした発音",
"description": "商品の販売手続きを行うにせよ、販売促進のため商品の売り込みを行うにせよ、お客様にその内容がはっきり伝わるよう心がけることが重要。\n声量については職種や売り場の状況によって異なるが、相手に聞き取りやすいよう、はっきりとした発音を心がけることが重要。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "礼儀正しい態度",
"description": "お客様に対しては、売り手と客との一線を守り、礼儀正しく対応すること。\nただし、その程度については職種、売り場によって異なる。ある程度の馴れ馴れしさによる親密さが必要な場合もあれば、一部の乱れも許されない礼儀作法が要求される場合もある。\nまた、売り手は客に経緯を払うべきではあるが、本質的に立場としては対等である。\n客の明らかに一方的な要求に対してまで、礼儀正しさを守る必要はない。ただしもちろん、法律を守る必要はある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "商品・サービスに関する基礎知識",
"description": "自分が販売している商品について、基礎的な知識を有していること。\n販売員すべてが自身が担当する商品すべてについて深い知識を持つことは難しいが、少なくとも、商品の概要や売り場などの基礎的な情報については把握している必要がある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": false
}
],
"expanded": false
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2784] [固定リンク][非] 食品加工業従事者 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/13(Sun) 23:08:21

*部品構造

-大部品: 食品加工業従事者 RD:8 評価値:5
--部品: 食品加工業従事者とは
--部品: 食品加工業従事者の衛生観念
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守



*部品定義

**部品: 食品加工業従事者とは
精肉からベーコンやハムを作ったり、卵を燻製したりといった、食品の加工に従事する職業のことを指す。
作業者には、先輩や上長の指示の内容を理解し意思疎通した上で、支持された作業内容が理解及び実施できる程度の教育レベルが必要がである。

**部品: 食品加工業従事者の衛生観念
食品加工には、長期保存を行うための加工が多く含まれる。
この際、加工元となる食品や、加工に使用する食材に雑菌がついていると、その加工食品が腐りやすくなり、加工に失敗したり保管可能期間が短くなったりする。
このため、職場の技術レベルに応じた消毒や殺菌などの衛生作業を必ず実施する必要がある。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。



*提出書式

大部品: 食品加工業従事者 RD:8 評価値:5
-部品: 食品加工業従事者とは
-部品: 食品加工業従事者の衛生観念
-大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
--部品: 先輩の指導
--部品: 作業マニュアルの遵守
--部品: 指示の遵守


部品: 食品加工業従事者とは
精肉からベーコンやハムを作ったり、卵を燻製したりといった、食品の加工に従事する職業のことを指す。
作業者には、先輩や上長の指示の内容を理解し意思疎通した上で、支持された作業内容が理解及び実施できる程度の教育レベルが必要がである。

部品: 食品加工業従事者の衛生観念
食品加工には、長期保存を行うための加工が多く含まれる。
この際、加工元となる食品や、加工に使用する食材に雑菌がついていると、その加工食品が腐りやすくなり、加工に失敗したり保管可能期間が短くなったりする。
このため、職場の技術レベルに応じた消毒や殺菌などの衛生作業を必ず実施する必要がある。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "食品加工業従事者",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "食品加工業従事者とは",
"description": "精肉からベーコンやハムを作ったり、卵を燻製したりといった、食品の加工に従事する職業のことを指す。\n作業者には、先輩や上長の指示の内容を理解し意思疎通した上で、支持された作業内容が理解及び実施できる程度の教育レベルが必要がである。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "食品加工業従事者の衛生観念",
"description": "食品加工には、長期保存を行うための加工が多く含まれる。\nこの際、加工元となる食品や、加工に使用する食材に雑菌がついていると、その加工食品が腐りやすくなり、加工に失敗したり保管可能期間が短くなったりする。\nこのため、職場の技術レベルに応じた消毒や殺菌などの衛生作業を必ず実施する必要がある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2785] [固定リンク][非] チーズ加工業者 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/13(Sun) 23:14:59

#当初予定は「チーズ職人」でしたが、「○○職人」はレベル3に該当するような職業と認識したため、名称を「チーズ加工業者」といたしました。

*部品構造

-大部品: チーズ加工業者 RD:15 評価値:6
--部品: チーズ加工業者とは
--大部品: 食品加工業従事者 RD:8 評価値:5
---部品: 食品加工業従事者とは
---部品: 食品加工業従事者の衛生観念
---大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
----大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
-----部品: 求められる教育レベル
-----部品: 基本職業倫理
-----部品: 法令の遵守
----部品: 先輩の指導
----部品: 作業マニュアルの遵守
----部品: 指示の遵守
--大部品: 一人前になるまで RD:6 評価値:4
---部品: 一通りの実務経験
---部品: 作業に対する疑問の解消
---部品: 作業マニュアルの意味の理解
---部品: 主体的な行動
---部品: 周囲への気配り
---部品: 作業環境の改善



*部品定義

**部品: チーズ加工業者とは
食品加工業従事者の中でもチーズの作成、加工を専門に行う職業。
チーズの作成、加工、保存等の取扱についての知識、技術を有し、一人前の職員として自律的に行動できる職員を指す。
作業についての知識を有し、かつ、その作業を十全に行うだけの技術を有していることが前提となる。

**部品: 食品加工業従事者とは
精肉からベーコンやハムを作ったり、卵を燻製したりといった、食品の加工に従事する職業のことを指す。
作業者には、先輩や上長の指示の内容を理解し意思疎通した上で、支持された作業内容が理解及び実施できる程度の教育レベルが必要がである。

**部品: 食品加工業従事者の衛生観念
食品加工には、長期保存を行うための加工が多く含まれる。
この際、加工元となる食品や、加工に使用する食材に雑菌がついていると、その加工食品が腐りやすくなり、加工に失敗したり保管可能期間が短くなったりする。
このため、職場の技術レベルに応じた消毒や殺菌などの衛生作業を必ず実施する必要がある。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

**部品: 一通りの実務経験
作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。

**部品: 作業に対する疑問の解消
作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。
先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。


**部品: 作業マニュアルの意味の理解
自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。
ちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。
半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。

**部品: 主体的な行動
自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。
一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。
もちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。
また、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。


**部品: 周囲への気配り
自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。
一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。
自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。

**部品: 作業環境の改善
自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。
それは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。



*提出書式

大部品: チーズ加工業者 RD:15 評価値:6
-部品: チーズ加工業者とは
-大部品: 食品加工業従事者 RD:8 評価値:5
--部品: 食品加工業従事者とは
--部品: 食品加工業従事者の衛生観念
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守
-大部品: 一人前になるまで RD:6 評価値:4
--部品: 一通りの実務経験
--部品: 作業に対する疑問の解消
--部品: 作業マニュアルの意味の理解
--部品: 主体的な行動
--部品: 周囲への気配り
--部品: 作業環境の改善


部品: チーズ加工業者とは
食品加工業従事者の中でもチーズの作成、加工を専門に行う職業。
チーズの作成、加工、保存等の取扱についての知識、技術を有し、一人前の職員として自律的に行動できる職員を指す。
作業についての知識を有し、かつ、その作業を十全に行うだけの技術を有していることが前提となる。

部品: 食品加工業従事者とは
精肉からベーコンやハムを作ったり、卵を燻製したりといった、食品の加工に従事する職業のことを指す。
作業者には、先輩や上長の指示の内容を理解し意思疎通した上で、支持された作業内容が理解及び実施できる程度の教育レベルが必要がである。

部品: 食品加工業従事者の衛生観念
食品加工には、長期保存を行うための加工が多く含まれる。
この際、加工元となる食品や、加工に使用する食材に雑菌がついていると、その加工食品が腐りやすくなり、加工に失敗したり保管可能期間が短くなったりする。
このため、職場の技術レベルに応じた消毒や殺菌などの衛生作業を必ず実施する必要がある。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

部品: 一通りの実務経験
作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。

部品: 作業に対する疑問の解消
作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。
先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。


部品: 作業マニュアルの意味の理解
自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。
ちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。
半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。

部品: 主体的な行動
自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。
一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。
もちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。
また、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。


部品: 周囲への気配り
自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。
一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。
自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。

部品: 作業環境の改善
自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。
それは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "チーズ加工業者",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "チーズ加工業者とは",
"description": "食品加工業従事者の中でもチーズの作成、加工を専門に行う職業。\nチーズの作成、加工、保存等の取扱についての知識、技術を有し、一人前の職員として自律的に行動できる職員を指す。\n作業についての知識を有し、かつ、その作業を十全に行うだけの技術を有していることが前提となる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "食品加工業従事者",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "食品加工業従事者とは",
"description": "精肉からベーコンやハムを作ったり、卵を燻製したりといった、食品の加工に従事する職業のことを指す。\n作業者には、先輩や上長の指示の内容を理解し意思疎通した上で、支持された作業内容が理解及び実施できる程度の教育レベルが必要がである。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "食品加工業従事者の衛生観念",
"description": "食品加工には、長期保存を行うための加工が多く含まれる。\nこの際、加工元となる食品や、加工に使用する食材に雑菌がついていると、その加工食品が腐りやすくなり、加工に失敗したり保管可能期間が短くなったりする。\nこのため、職場の技術レベルに応じた消毒や殺菌などの衛生作業を必ず実施する必要がある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": false
},

{ "title": "一人前になるまで",
"children":
[
{ "title": "一通りの実務経験",
"description": "作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業に対する疑問の解消",
"description": "作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。\n先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの意味の理解",
"description": "自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。\nちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。\n半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "主体的な行動",
"description": "自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。\n一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。\nもちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。\nまた、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "周囲への気配り",
"description": "自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。\n一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。\n自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業環境の改善",
"description": "自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。\nそれは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2789] [固定リンク][非] 学生 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/14(Mon) 20:50:29

*部品構造

-大部品: 学生 RD:3 評価値:2
--部品: 学問をする者
--部品: 学ぶ動機を持つ
--部品: 学習による能力向上



*部品定義

**部品: 学問をする者
小学校教育を受ける者を児童、中学校教育、高校教育を受ける者を生徒、大学生や専門学校生を学生、と細かく区分することもあるが、学びを得るために教育を受ける者、および自ら研究を行う者も含めてすべて学生と呼ぶこともある。

**部品: 学ぶ動機を持つ
学生の種類や個人の性質によって動機はさまざまである。
自らの知識欲、保護者からの指示、将来への展望のため、あるいは藩国の法律によるということもあるだろう。
いずれにせよ、動機が後押しすることで、学習の効率が上がる。

**部品: 学習による能力向上
学ぶということは新しい知識や考え方を知るということである。
単純に知識や考え方の総量が増えることも能力の向上に繋がるが、学習が進むに連れて飛躍的に増えていく知識同士、考え方同士の関連性の発見で、より高い能力向上が見込まれる。



*提出書式

大部品: 学生 RD:3 評価値:2
-部品: 学問をする者
-部品: 学ぶ動機を持つ
-部品: 学習による能力向上


部品: 学問をする者
小学校教育を受ける者を児童、中学校教育、高校教育を受ける者を生徒、大学生や専門学校生を学生、と細かく区分することもあるが、学びを得るために教育を受ける者、および自ら研究を行う者も含めてすべて学生と呼ぶこともある。

部品: 学ぶ動機を持つ
学生の種類や個人の性質によって動機はさまざまである。
自らの知識欲、保護者からの指示、将来への展望のため、あるいは藩国の法律によるということもあるだろう。
いずれにせよ、動機が後押しすることで、学習の効率が上がる。

部品: 学習による能力向上
学ぶということは新しい知識や考え方を知るということである。
単純に知識や考え方の総量が増えることも能力の向上に繋がるが、学習が進むに連れて飛躍的に増えていく知識同士、考え方同士の関連性の発見で、より高い能力向上が見込まれる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "学生",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "学問をする者",
"description": "小学校教育を受ける者を児童、中学校教育、高校教育を受ける者を生徒、大学生や専門学校生を学生、と細かく区分することもあるが、学びを得るために教育を受ける者、および自ら研究を行う者も含めてすべて学生と呼ぶこともある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "学ぶ動機を持つ",
"description": "学生の種類や個人の性質によって動機はさまざまである。\n自らの知識欲、保護者からの指示、将来への展望のため、あるいは藩国の法律によるということもあるだろう。\nいずれにせよ、動機が後押しすることで、学習の効率が上がる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "学習による能力向上",
"description": "学ぶということは新しい知識や考え方を知るということである。\n単純に知識や考え方の総量が増えることも能力の向上に繋がるが、学習が進むに連れて飛躍的に増えていく知識同士、考え方同士の関連性の発見で、より高い能力向上が見込まれる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2790] [固定リンク][非] 小学生 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/14(Mon) 20:56:49

*部品構造

-大部品: 小学生 RD:4 評価値:3
--部品: 初等教育を受ける者
--大部品: 学生 RD:3 評価値:2
---部品: 学問をする者
---部品: 学ぶ動機を持つ
---部品: 学習による能力向上



*部品定義

**部品: 初等教育を受ける者
小学生は学生の中でも特に児童と区分されることがある。また、藩国によっては義務教育として全ての藩国民が初等教育を受けることを法で定められている場合もある。
初等教育の内容は国によって異なる部分もあるが、読み書きや四則演算、藩国の地理や歴史などが盛り込まれている例が多い。

**部品: 学問をする者
小学校教育を受ける者を児童、中学校教育、高校教育を受ける者を生徒、大学生や専門学校生を学生、と細かく区分することもあるが、学びを得るために教育を受ける者、および自ら研究を行う者も含めてすべて学生と呼ぶこともある。

**部品: 学ぶ動機を持つ
学生の種類や個人の性質によって動機はさまざまである。
自らの知識欲、保護者からの指示、将来への展望のため、あるいは藩国の法律によるということもあるだろう。
いずれにせよ、動機が後押しすることで、学習の効率が上がる。

**部品: 学習による能力向上
学ぶということは新しい知識や考え方を知るということである。
単純に知識や考え方の総量が増えることも能力の向上に繋がるが、学習が進むに連れて飛躍的に増えていく知識同士、考え方同士の関連性の発見で、より高い能力向上が見込まれる。



*提出書式

大部品: 小学生 RD:4 評価値:3
-部品: 初等教育を受ける者
-大部品: 学生 RD:3 評価値:2
--部品: 学問をする者
--部品: 学ぶ動機を持つ
--部品: 学習による能力向上


部品: 初等教育を受ける者
小学生は学生の中でも特に児童と区分されることがある。また、藩国によっては義務教育として全ての藩国民が初等教育を受けることを法で定められている場合もある。
初等教育の内容は国によって異なる部分もあるが、読み書きや四則演算、藩国の地理や歴史などが盛り込まれている例が多い。

部品: 学問をする者
小学校教育を受ける者を児童、中学校教育、高校教育を受ける者を生徒、大学生や専門学校生を学生、と細かく区分することもあるが、学びを得るために教育を受ける者、および自ら研究を行う者も含めてすべて学生と呼ぶこともある。

部品: 学ぶ動機を持つ
学生の種類や個人の性質によって動機はさまざまである。
自らの知識欲、保護者からの指示、将来への展望のため、あるいは藩国の法律によるということもあるだろう。
いずれにせよ、動機が後押しすることで、学習の効率が上がる。

部品: 学習による能力向上
学ぶということは新しい知識や考え方を知るということである。
単純に知識や考え方の総量が増えることも能力の向上に繋がるが、学習が進むに連れて飛躍的に増えていく知識同士、考え方同士の関連性の発見で、より高い能力向上が見込まれる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "小学生",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "初等教育を受ける者",
"description": "小学生は学生の中でも特に児童と区分されることがある。また、藩国によっては義務教育として全ての藩国民が初等教育を受けることを法で定められている場合もある。\n初等教育の内容は国によって異なる部分もあるが、読み書きや四則演算、藩国の地理や歴史などが盛り込まれている例が多い。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "学生",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "学問をする者",
"description": "小学校教育を受ける者を児童、中学校教育、高校教育を受ける者を生徒、大学生や専門学校生を学生、と細かく区分することもあるが、学びを得るために教育を受ける者、および自ら研究を行う者も含めてすべて学生と呼ぶこともある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "学ぶ動機を持つ",
"description": "学生の種類や個人の性質によって動機はさまざまである。\n自らの知識欲、保護者からの指示、将来への展望のため、あるいは藩国の法律によるということもあるだろう。\nいずれにせよ、動機が後押しすることで、学習の効率が上がる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "学習による能力向上",
"description": "学ぶということは新しい知識や考え方を知るということである。\n単純に知識や考え方の総量が増えることも能力の向上に繋がるが、学習が進むに連れて飛躍的に増えていく知識同士、考え方同士の関連性の発見で、より高い能力向上が見込まれる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2791] [固定リンク][非] 中学生 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/14(Mon) 21:14:07

*部品構造

-大部品: 中学生 RD:5 評価値:3
--部品: 中学校へ通う者
--部品: 初等教育修了程度の学力
--大部品: 学生 RD:3 評価値:2
---部品: 学問をする者
---部品: 学ぶ動機を持つ
---部品: 学習による能力向上



*部品定義

**部品: 中学校へ通う者
学生の中でも特に中学校へ通い、中等教育を受ける者を生徒と区分することがある。
また、藩国によっては中等教育までは義務教育として法で定められている場合もある。
中等教育として求められる課程は藩国によって異なるが、初等教育の修了を前提としてより高度な教育が行われる。例としては文学や数学、また他国を含めた地理や歴史などが上げられる。

**部品: 初等教育修了程度の学力
中等教育を受ける場合、その前提として初等教育を修了している程度の学力が求められる。
小学校卒業の資格とされない理由は、藩国によっては小学校教育が義務化されていない場合もあることや、義務教育がある場合でも何らかの事情により小学校へ通っていない可能性があるため。こういった場合は、相当の学力があればよいとされる。

**部品: 学問をする者
小学校教育を受ける者を児童、中学校教育、高校教育を受ける者を生徒、大学生や専門学校生を学生、と細かく区分することもあるが、学びを得るために教育を受ける者、および自ら研究を行う者も含めてすべて学生と呼ぶこともある。

**部品: 学ぶ動機を持つ
学生の種類や個人の性質によって動機はさまざまである。
自らの知識欲、保護者からの指示、将来への展望のため、あるいは藩国の法律によるということもあるだろう。
いずれにせよ、動機が後押しすることで、学習の効率が上がる。

**部品: 学習による能力向上
学ぶということは新しい知識や考え方を知るということである。
単純に知識や考え方の総量が増えることも能力の向上に繋がるが、学習が進むに連れて飛躍的に増えていく知識同士、考え方同士の関連性の発見で、より高い能力向上が見込まれる。



*提出書式

大部品: 中学生 RD:5 評価値:3
-部品: 中学校へ通う者
-部品: 初等教育修了程度の学力
-大部品: 学生 RD:3 評価値:2
--部品: 学問をする者
--部品: 学ぶ動機を持つ
--部品: 学習による能力向上


部品: 中学校へ通う者
学生の中でも特に中学校へ通い、中等教育を受ける者を生徒と区分することがある。
また、藩国によっては中等教育までは義務教育として法で定められている場合もある。
中等教育として求められる課程は藩国によって異なるが、初等教育の修了を前提としてより高度な教育が行われる。例としては文学や数学、また他国を含めた地理や歴史などが上げられる。

部品: 初等教育修了程度の学力
中等教育を受ける場合、その前提として初等教育を修了している程度の学力が求められる。
小学校卒業の資格とされない理由は、藩国によっては小学校教育が義務化されていない場合もあることや、義務教育がある場合でも何らかの事情により小学校へ通っていない可能性があるため。こういった場合は、相当の学力があればよいとされる。

部品: 学問をする者
小学校教育を受ける者を児童、中学校教育、高校教育を受ける者を生徒、大学生や専門学校生を学生、と細かく区分することもあるが、学びを得るために教育を受ける者、および自ら研究を行う者も含めてすべて学生と呼ぶこともある。

部品: 学ぶ動機を持つ
学生の種類や個人の性質によって動機はさまざまである。
自らの知識欲、保護者からの指示、将来への展望のため、あるいは藩国の法律によるということもあるだろう。
いずれにせよ、動機が後押しすることで、学習の効率が上がる。

部品: 学習による能力向上
学ぶということは新しい知識や考え方を知るということである。
単純に知識や考え方の総量が増えることも能力の向上に繋がるが、学習が進むに連れて飛躍的に増えていく知識同士、考え方同士の関連性の発見で、より高い能力向上が見込まれる。




*インポート用定義データ


[
{ "children":
[
{ "title": "中学校へ通う者",
"description": "学生の中でも特に中学校へ通い、中等教育を受ける者を生徒と区分することがある。\nまた、藩国によっては中等教育までは義務教育として法で定められている場合もある。\n中等教育として求められる課程は藩国によって異なるが、初等教育の修了を前提としてより高度な教育が行われる。例としては文学や数学、また他国を含めた地理や歴史などが上げられる。",
"part_type": "part"
},

{ "children": [],
"description": "中等教育を受ける場合、その前提として初等教育を修了している程度の学力が求められる。\n小学校卒業の資格とされない理由は、藩国によっては小学校教育が義務化されていない場合もあることや、義務教育がある場合でも何らかの事情により小学校へ通っていない可能性があるため。こういった場合は、相当の学力があればよいとされる。",
"id": 1805,
"part_type": "part",
"title": "初等教育修了程度の学力",
"expanded": true
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "小学校教育を受ける者を児童、中学校教育、高校教育を受ける者を生徒、大学生や専門学校生を学生、と細かく区分することもあるが、学びを得るために教育を受ける者、および自ら研究を行う者も含めてすべて学生と呼ぶこともある。",
"id": 1807,
"part_type": "part",
"title": "学問をする者"
},

{ "children": [],
"description": "学生の種類や個人の性質によって動機はさまざまである。\n自らの知識欲、保護者からの指示、将来への展望のため、あるいは藩国の法律によるということもあるだろう。\nいずれにせよ、動機が後押しすることで、学習の効率が上がる。",
"id": 1808,
"part_type": "part",
"title": "学ぶ動機を持つ"
},

{ "children": [],
"description": "学ぶということは新しい知識や考え方を知るということである。\n単純に知識や考え方の総量が増えることも能力の向上に繋がるが、学習が進むに連れて飛躍的に増えていく知識同士、考え方同士の関連性の発見で、より高い能力向上が見込まれる。",
"id": 1809,
"part_type": "part",
"title": "学習による能力向上"
}
],
"description": null,
"id": 1806,
"part_type": "group",
"title": "学生"
}
],
"created_at": "2017-08-14 11:56:45.017155",
"description": null,
"id": 1804,
"part_type": "group",
"title": "中学生",
"updated_at": "2017-08-14 11:56:45.017155",
"expanded": true
}
]


[No.2803] [固定リンク][非] 政庁職員 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/14(Mon) 22:47:24

*部品構造

-大部品: 政庁職員 RD:19 評価値:7
--部品: 政庁職員とは
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守
--大部品: 公務員の義務 RD:7 評価値:4
---部品: 全体の奉仕者
---部品: 法令及び上司の命令に従う義務
---部品: 争議行為等の禁止
---部品: 守秘義務
---部品: 企業からの隔離
---部品: 信用失墜行為の禁止
---部品: 政治的行為の制限
--大部品: 職業の公的資格の取得 RD:5 評価値:3
---部品: 受験資格の取得
---部品: 一般教養試験
---部品: 専門試験
---部品: 面接試験
---部品: 実地研修



*部品定義

**部品: 政庁職員とは
藩国または大統領府の政務を行う職業の人々。政庁職員と名がついているが、政務を担当する職業を指すため、必ずしも政庁でいるわけではない。
国の運営を行う手足であり、その職務には高い事務能力が要求されるため、最低でも中等教育レベルの教育が必要。
大学卒業レベル以上の教育レベルが望ましい。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

**部品: 全体の奉仕者
公務員は帝國または共和国、もしくはそれらに所属する藩国全体の奉仕者であり、一部の奉仕者ではない。
このため、公務員は国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、かつ、職務の遂行にあたっては、全力を上げてこれを遂行しなければならない。

**部品: 法令及び上司の命令に従う義務
職員は、その職務を遂行するについて、法令に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

**部品: 争議行為等の禁止
職員は、政府が代表する使用者としての公衆に対して同盟罷業、怠業その他の争議行為をなし、又は政府の活動能率を低下させる怠業的行為をしてはならない。

**部品: 守秘義務
行政は国民に対して公開で行われることが原則であるが、軍事情報等、国民全体の利益のために秘密にしなければならない情報も存在する。
このため職員は、そうした職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。これは、その職を退いた後といえども同様とする。


**部品: 企業からの隔離
職員は、国民全体に奉仕しなければならず、一部に奉仕することがあってはならない。
このため、営利企業やその他の団体の役員等の職を兼業したり、または自ら営利企業を営んではならない。

**部品: 信用失墜行為の禁止
職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。
これは、公務中だけでなく、公私両面において禁止される。

**部品: 政治的行為の制限
公務員は、全体の奉仕者として国民全体に対して奉仕しなければならない。
このため公務員は、帝國または共和国、もしくは藩国で許可したもの以外の政治的行為をしてはならない。


**部品: 受験資格の取得
公的資格試験を受けるためには、高校や大学の卒業といった、前提となる条件を満たしていなければならない。
教育の修了の他にも、満年齢や前提となる別の資格を取得しなければならない場合、犯罪歴がないことなど、その条件は資格ごとに異なる。

**部品: 一般教養試験
その職業に就くに値すると認められる水準の一般教養を身に着けているか、筆記試験にて判定を行う。
職種により、試験の要求水準は異なるが、筆記試験の合格が公的資格取得の条件のひとつになる。

**部品: 専門試験
その職業に必要な知識または技能あるいは体力を有しているかを判定する試験であり、その合格が資格取得の条件の一つとなる。
筆記試験の場合もあれば、実技試験である場合もある。またその職種によっては実施しないこともある。

**部品: 面接試験
その職業を就くに相応しい人柄であるか、また、対人能力に問題がないか等の、人格面の試験。
これに合格することが、資格取得の条件の一つとなる。ただし、職種によっては面接を行わない場合もある。

**部品: 実地研修
その資格を必要とする職業について、実際の業務を体験し学習する研修期間。
資格取得の条件の一つとなる場合がある。
資格取得時点では研修を行わない場合もあるが、その場合は資格取得後、実際にその職業に就いた際に研修を行うことになる。



*提出書式

大部品: 政庁職員 RD:19 評価値:7
-部品: 政庁職員とは
-大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
--部品: 先輩の指導
--部品: 作業マニュアルの遵守
--部品: 指示の遵守
-大部品: 公務員の義務 RD:7 評価値:4
--部品: 全体の奉仕者
--部品: 法令及び上司の命令に従う義務
--部品: 争議行為等の禁止
--部品: 守秘義務
--部品: 企業からの隔離
--部品: 信用失墜行為の禁止
--部品: 政治的行為の制限
-大部品: 職業の公的資格の取得 RD:5 評価値:3
--部品: 受験資格の取得
--部品: 一般教養試験
--部品: 専門試験
--部品: 面接試験
--部品: 実地研修


部品: 政庁職員とは
藩国または大統領府の政務を行う職業の人々。政庁職員と名がついているが、政務を担当する職業を指すため、必ずしも政庁でいるわけではない。
国の運営を行う手足であり、その職務には高い事務能力が要求されるため、最低でも中等教育レベルの教育が必要。
大学卒業レベル以上の教育レベルが望ましい。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

部品: 全体の奉仕者
公務員は帝國または共和国、もしくはそれらに所属する藩国全体の奉仕者であり、一部の奉仕者ではない。
このため、公務員は国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、かつ、職務の遂行にあたっては、全力を上げてこれを遂行しなければならない。

部品: 法令及び上司の命令に従う義務
職員は、その職務を遂行するについて、法令に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

部品: 争議行為等の禁止
職員は、政府が代表する使用者としての公衆に対して同盟罷業、怠業その他の争議行為をなし、又は政府の活動能率を低下させる怠業的行為をしてはならない。

部品: 守秘義務
行政は国民に対して公開で行われることが原則であるが、軍事情報等、国民全体の利益のために秘密にしなければならない情報も存在する。
このため職員は、そうした職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。これは、その職を退いた後といえども同様とする。


部品: 企業からの隔離
職員は、国民全体に奉仕しなければならず、一部に奉仕することがあってはならない。
このため、営利企業やその他の団体の役員等の職を兼業したり、または自ら営利企業を営んではならない。

部品: 信用失墜行為の禁止
職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。
これは、公務中だけでなく、公私両面において禁止される。

部品: 政治的行為の制限
公務員は、全体の奉仕者として国民全体に対して奉仕しなければならない。
このため公務員は、帝國または共和国、もしくは藩国で許可したもの以外の政治的行為をしてはならない。


部品: 受験資格の取得
公的資格試験を受けるためには、高校や大学の卒業といった、前提となる条件を満たしていなければならない。
教育の修了の他にも、満年齢や前提となる別の資格を取得しなければならない場合、犯罪歴がないことなど、その条件は資格ごとに異なる。

部品: 一般教養試験
その職業に就くに値すると認められる水準の一般教養を身に着けているか、筆記試験にて判定を行う。
職種により、試験の要求水準は異なるが、筆記試験の合格が公的資格取得の条件のひとつになる。

部品: 専門試験
その職業に必要な知識または技能あるいは体力を有しているかを判定する試験であり、その合格が資格取得の条件の一つとなる。
筆記試験の場合もあれば、実技試験である場合もある。またその職種によっては実施しないこともある。

部品: 面接試験
その職業を就くに相応しい人柄であるか、また、対人能力に問題がないか等の、人格面の試験。
これに合格することが、資格取得の条件の一つとなる。ただし、職種によっては面接を行わない場合もある。

部品: 実地研修
その資格を必要とする職業について、実際の業務を体験し学習する研修期間。
資格取得の条件の一つとなる場合がある。
資格取得時点では研修を行わない場合もあるが、その場合は資格取得後、実際にその職業に就いた際に研修を行うことになる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "政庁職員",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "政庁職員とは",
"description": "藩国または大統領府の政務を行う職業の人々。政庁職員と名がついているが、政務を担当する職業を指すため、必ずしも政庁でいるわけではない。\n国の運営を行う手足であり、その職務には高い事務能力が要求されるため、最低でも中等教育レベルの教育が必要。\n大学卒業レベル以上の教育レベルが望ましい。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "公務員の義務",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "全体の奉仕者",
"description": "公務員は帝國または共和国、もしくはそれらに所属する藩国全体の奉仕者であり、一部の奉仕者ではない。\nこのため、公務員は国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、かつ、職務の遂行にあたっては、全力を上げてこれを遂行しなければならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令及び上司の命令に従う義務",
"description": "職員は、その職務を遂行するについて、法令に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "争議行為等の禁止",
"description": "職員は、政府が代表する使用者としての公衆に対して同盟罷業、怠業その他の争議行為をなし、又は政府の活動能率を低下させる怠業的行為をしてはならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "守秘義務",
"description": "行政は国民に対して公開で行われることが原則であるが、軍事情報等、国民全体の利益のために秘密にしなければならない情報も存在する。\nこのため職員は、そうした職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。これは、その職を退いた後といえども同様とする。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "企業からの隔離",
"description": "職員は、国民全体に奉仕しなければならず、一部に奉仕することがあってはならない。\nこのため、営利企業やその他の団体の役員等の職を兼業したり、または自ら営利企業を営んではならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "信用失墜行為の禁止",
"description": "職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。\nこれは、公務中だけでなく、公私両面において禁止される。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "政治的行為の制限",
"description": "公務員は、全体の奉仕者として国民全体に対して奉仕しなければならない。\nこのため公務員は、帝國または共和国、もしくは藩国で許可したもの以外の政治的行為をしてはならない。\n",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "職業の公的資格の取得",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "受験資格の取得",
"description": "公的資格試験を受けるためには、高校や大学の卒業といった、前提となる条件を満たしていなければならない。\n教育の修了の他にも、満年齢や前提となる別の資格を取得しなければならない場合、犯罪歴がないことなど、その条件は資格ごとに異なる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "一般教養試験",
"description": "その職業に就くに値すると認められる水準の一般教養を身に着けているか、筆記試験にて判定を行う。\n職種により、試験の要求水準は異なるが、筆記試験の合格が公的資格取得の条件のひとつになる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "専門試験",
"description": "その職業に必要な知識または技能あるいは体力を有しているかを判定する試験であり、その合格が資格取得の条件の一つとなる。\n筆記試験の場合もあれば、実技試験である場合もある。またその職種によっては実施しないこともある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "面接試験",
"description": "その職業を就くに相応しい人柄であるか、また、対人能力に問題がないか等の、人格面の試験。\nこれに合格することが、資格取得の条件の一つとなる。ただし、職種によっては面接を行わない場合もある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "実地研修",
"description": "その資格を必要とする職業について、実際の業務を体験し学習する研修期間。\n資格取得の条件の一つとなる場合がある。\n資格取得時点では研修を行わない場合もあるが、その場合は資格取得後、実際にその職業に就いた際に研修を行うことになる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2808] [固定リンク][非] 教育者 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/14(Mon) 23:59:38

*部品構造

-大部品: 教育者 RD:8 評価値:5
--部品: 教え導く者
--部品: 一定水準以上の知識量と技術の熟練
--部品: 教育能力
--部品: 教育者の育成
--部品: 教え子との信頼関係の構築
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守



*部品定義

**部品: 教え導く者
教育者とひとくちに言ってもその内容は多岐にわたる。分かりやすいところでは学校の教師があたるが、広義で言えば武術などの師範や、職業における指導者なども含まれる。
共通するのは、その道に関する知識や技術について一定以上の熟練を持つ者が、その水準にない者へ知識や技術を教え導くという点である。

**部品: 一定水準以上の知識量と技術の熟練
教育を行うには教育対象そのものに対する知識や技術に一定以上の熟練でもって精通していることが求められる。
自らが知らない知識や技術を教えることはできないのである。


**部品: 教育能力
教育者にはその教育対象に対する一定水準の熟練が求められるが、スポーツ選手とトレーナーの関係を思い浮かべて貰えば分かるように、必ずしも教育者がその教え子よりも技術的に勝っているとは限らない。
これは教育者に求められる資質として、実際の能力とは別に、それを教え伝える能力や知識が必要となるためである。
優れた教育者は、理論と実践のバランスにおいて、ある程度の実践能力と、それを超える多大な理論によって、自らの技術以上の教え子を育てあげることがある。

**部品: 教育者の育成
教育者に求められるものは実践者とはまた異なる能力であるため、その教育能力を教育するといった手順が取られる。
これは既に教育者として活動するものからのノウハウの伝授として行われることもあれば、職種によっては教育能力の教育に関するノウハウの蓄積からカリキュラム化されていることもある。

**部品: 教え子との信頼関係の構築
教育者に求められるのは教育能力だけではない。広義には教育能力のひとつと数えられる場合もあるが、教え子との信頼関係の構築がそのひとつである。
教育の授受関係が一対一であるか一対多であるかは教育対象の種類によるが、いずれの場合であっても、教え子が教育者の教えを真摯に受け止める下地を作れているかどうかで、教育の効率は大きく上下する。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。



*提出書式

大部品: 教育者 RD:8 評価値:5
-部品: 教え導く者
-部品: 一定水準以上の知識量と技術の熟練
-部品: 教育能力
-部品: 教育者の育成
-部品: 教え子との信頼関係の構築
-大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
--部品: 求められる教育レベル
--部品: 基本職業倫理
--部品: 法令の遵守


部品: 教え導く者
教育者とひとくちに言ってもその内容は多岐にわたる。分かりやすいところでは学校の教師があたるが、広義で言えば武術などの師範や、職業における指導者なども含まれる。
共通するのは、その道に関する知識や技術について一定以上の熟練を持つ者が、その水準にない者へ知識や技術を教え導くという点である。

部品: 一定水準以上の知識量と技術の熟練
教育を行うには教育対象そのものに対する知識や技術に一定以上の熟練でもって精通していることが求められる。
自らが知らない知識や技術を教えることはできないのである。


部品: 教育能力
教育者にはその教育対象に対する一定水準の熟練が求められるが、スポーツ選手とトレーナーの関係を思い浮かべて貰えば分かるように、必ずしも教育者がその教え子よりも技術的に勝っているとは限らない。
これは教育者に求められる資質として、実際の能力とは別に、それを教え伝える能力や知識が必要となるためである。
優れた教育者は、理論と実践のバランスにおいて、ある程度の実践能力と、それを超える多大な理論によって、自らの技術以上の教え子を育てあげることがある。

部品: 教育者の育成
教育者に求められるものは実践者とはまた異なる能力であるため、その教育能力を教育するといった手順が取られる。
これは既に教育者として活動するものからのノウハウの伝授として行われることもあれば、職種によっては教育能力の教育に関するノウハウの蓄積からカリキュラム化されていることもある。

部品: 教え子との信頼関係の構築
教育者に求められるのは教育能力だけではない。広義には教育能力のひとつと数えられる場合もあるが、教え子との信頼関係の構築がそのひとつである。
教育の授受関係が一対一であるか一対多であるかは教育対象の種類によるが、いずれの場合であっても、教え子が教育者の教えを真摯に受け止める下地を作れているかどうかで、教育の効率は大きく上下する。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "教育者",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "教え導く者",
"description": "教育者とひとくちに言ってもその内容は多岐にわたる。分かりやすいところでは学校の教師があたるが、広義で言えば武術などの師範や、職業における指導者なども含まれる。\n共通するのは、その道に関する知識や技術について一定以上の熟練を持つ者が、その水準にない者へ知識や技術を教え導くという点である。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "一定水準以上の知識量と技術の熟練",
"description": "教育を行うには教育対象そのものに対する知識や技術に一定以上の熟練でもって精通していることが求められる。\n自らが知らない知識や技術を教えることはできないのである。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "教育能力",
"description": "教育者にはその教育対象に対する一定水準の熟練が求められるが、スポーツ選手とトレーナーの関係を思い浮かべて貰えば分かるように、必ずしも教育者がその教え子よりも技術的に勝っているとは限らない。\nこれは教育者に求められる資質として、実際の能力とは別に、それを教え伝える能力や知識が必要となるためである。\n優れた教育者は、理論と実践のバランスにおいて、ある程度の実践能力と、それを超える多大な理論によって、自らの技術以上の教え子を育てあげることがある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "教育者の育成",
"description": "教育者に求められるものは実践者とはまた異なる能力であるため、その教育能力を教育するといった手順が取られる。\nこれは既に教育者として活動するものからのノウハウの伝授として行われることもあれば、職種によっては教育能力の教育に関するノウハウの蓄積からカリキュラム化されていることもある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "教え子との信頼関係の構築",
"description": "教育者に求められるのは教育能力だけではない。広義には教育能力のひとつと数えられる場合もあるが、教え子との信頼関係の構築がそのひとつである。\n教育の授受関係が一対一であるか一対多であるかは教育対象の種類によるが、いずれの場合であっても、教え子が教育者の教えを真摯に受け止める下地を作れているかどうかで、教育の効率は大きく上下する。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2830] [固定リンク][非] 教師 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/16(Wed) 22:11:15

大部品: 教師 RD:14 評価値:6
-部品: 学校で教鞭をとる者
-大部品: 教育者 RD:8 評価値:5
--部品: 教え導く者
--部品: 一定水準以上の知識量と技術の熟練
--部品: 教育能力
--部品: 教育者の育成
--部品: 教え子との信頼関係の構築
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
-大部品: 職業の公的資格の取得 RD:5 評価値:3
--部品: 受験資格の取得
--部品: 一般教養試験
--部品: 専門試験
--部品: 面接試験
--部品: 実地研修


部品: 学校で教鞭をとる者
教育者の中でも特に、小学校、中学校、高校などの施設で教育を行う者を教師と呼ぶ。
現在では教鞭を実際にふるう教師はほぼ見られなくなったが、慣用句として教職に就くことを「教鞭をとる」と表現することがある。
中学校以上の教育においては専門の科目のみを教える体制となることが多いが、小学校の教師は科目全般を一人の教師が教えることも多い。

部品: 教え導く者
教育者とひとくちに言ってもその内容は多岐にわたる。分かりやすいところでは学校の教師があたるが、広義で言えば武術などの師範や、職業における指導者なども含まれる。
共通するのは、その道に関する知識や技術について一定以上の熟練を持つ者が、その水準にない者へ知識や技術を教え導くという点である。

部品: 一定水準以上の知識量と技術の熟練
教育を行うには教育対象そのものに対する知識や技術に一定以上の熟練でもって精通していることが求められる。
自らが知らない知識や技術を教えることはできないのである。


部品: 教育能力
教育者にはその教育対象に対する一定水準の熟練が求められるが、スポーツ選手とトレーナーの関係を思い浮かべて貰えば分かるように、必ずしも教育者がその教え子よりも技術的に勝っているとは限らない。
これは教育者に求められる資質として、実際の能力とは別に、それを教え伝える能力や知識が必要となるためである。
優れた教育者は、理論と実践のバランスにおいて、ある程度の実践能力と、それを超える多大な理論によって、自らの技術以上の教え子を育てあげることがある。

部品: 教育者の育成
教育者に求められるものは実践者とはまた異なる能力であるため、その教育能力を教育するといった手順が取られる。
これは既に教育者として活動するものからのノウハウの伝授として行われることもあれば、職種によっては教育能力の教育に関するノウハウの蓄積からカリキュラム化されていることもある。

部品: 教え子との信頼関係の構築
教育者に求められるのは教育能力だけではない。広義には教育能力のひとつと数えられる場合もあるが、教え子との信頼関係の構築がそのひとつである。
教育の授受関係が一対一であるか一対多であるかは教育対象の種類によるが、いずれの場合であっても、教え子が教育者の教えを真摯に受け止める下地を作れているかどうかで、教育の効率は大きく上下する。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 受験資格の取得
公的資格試験を受けるためには、高校や大学の卒業といった、前提となる条件を満たしていなければならない。
教育の修了の他にも、満年齢や前提となる別の資格を取得しなければならない場合、犯罪歴がないことなど、その条件は資格ごとに異なる。

部品: 一般教養試験
その職業に就くに値すると認められる水準の一般教養を身に着けているか、筆記試験にて判定を行う。
職種により、試験の要求水準は異なるが、筆記試験の合格が公的資格取得の条件のひとつになる。

部品: 専門試験
その職業に必要な知識または技能あるいは体力を有しているかを判定する試験であり、その合格が資格取得の条件の一つとなる。
筆記試験の場合もあれば、実技試験である場合もある。またその職種によっては実施しないこともある。

部品: 面接試験
その職業を就くに相応しい人柄であるか、また、対人能力に問題がないか等の、人格面の試験。
これに合格することが、資格取得の条件の一つとなる。ただし、職種によっては面接を行わない場合もある。

部品: 実地研修
その資格を必要とする職業について、実際の業務を体験し学習する研修期間。
資格取得の条件の一つとなる場合がある。
資格取得時点では研修を行わない場合もあるが、その場合は資格取得後、実際にその職業に就いた際に研修を行うことになる。


[No.2831] [固定リンク][非] パイロット 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 00:09:09

*部品構造

-大部品: パイロット RD:21 評価値:7
--大部品: 4年間の士官教育 RD:12 評価値:6
---部品: 入隊選考
---大部品: 新兵訓練 RD:8 評価値:5
----部品: 基本教練
----部品: 各個戦闘訓練
----部品: 小銃の取り扱い訓練
----部品: 野外訓練
----部品: 衛生訓練
----部品: 地形訓練
----部品: 体力訓練
----部品: 愛国教育
---部品: 訓練生活
---部品: 訓練教官
---部品: 教育課程
--部品: 座学
--部品: シミュレーター訓練
--部品: 基礎操縦訓練
--部品: 指揮幕僚活動
--部品: 基地警備
--部品: 整備訓練
--部品: 通信電子訓練
--部品: 保命訓練
--部品: 部隊実習



*部品定義

**部品: 入隊選考
士官は、いずれ多くの部下を持ち、部隊を指揮しなければならない。
そのための教養があるか、また、持病や障害がないか、十分な体力があるかなどの選考が行われる。


**部品: 基本教練
敬礼や行進、整列といった軍隊としての基本的な動作を、号令に応じて迅速に、かつ一糸乱れぬ形で行えるように訓練する。
この訓練は、4年間の訓練期間が終わった後でも継続的に訓練を行う、基本中の基本となる訓練である。

**部品: 各個戦闘訓練
徒手格闘および、小銃を用いた戦闘訓練を実施して、戦闘の基礎を学ぶ。
この訓練では、新兵同士の訓練もしばしば行う。

**部品: 小銃の取り扱い訓練
小銃の仕組みについて学び、分解、整備、管理方法等、小銃を装備するための訓練を行う。
また、当然ながら射撃の訓練も実施する。

**部品: 野外訓練
野外において、地図の読み方、コンパスの利用方法などの実地訓練を行い、ランドナビゲーションの能力を身につける。
また、飯盒炊爨やキャンプの設営などの野外生活の訓練及び、サバイバル訓練を行う。

**部品: 衛生訓練
この訓練では、応急処置や溺者救護等の救急法、患者の搬送要領を学ぶ。
負傷の内容を理解し、傷の手当てや止血帯の使用、脱水症状への対処など、適切な処置を判断、実施できるように訓練する。

**部品: 地形訓練
遠泳訓練やスキー訓練、砂漠におけるサバイバル訓練等、その地域ごとの特殊な地形に適応するための訓練を行う。
この訓練は基本的に部隊単位で実施し、協調性を身に付けるための訓練でもある。

**部品: 体力訓練
当然のことながら、軍人には高い身体能力が要求される。
このため、訓練中は日夜厳しいトレーニングが課されるほか、日々の食事についても、栄養管理が徹底される。

**部品: 愛国教育
軍人は命を懸けて戦わなければならない。
その時がやってきた時に、何のために戦うのか、その拠り所がなければ、兵は命を懸けられない。
自分の周囲の人を愛し、その日々の基盤となる国を愛し、それを守る意味を見つける。
そうした愛国教育は兵にとって戦う拠り所となるとともに、その力を身勝手な理由で振るうのを止める抑止力ともなる。

**部品: 訓練生活
訓練中は休暇を除き、基地の中で生活する。
この生活も訓練の一環であり、軍において自分のことは全て自分でできるよう、掃除洗濯といった日常のことも自分で行えるよう訓練を行う。
また、訓練教官は命令には絶対服従という軍隊の大前提を身に付けさせるため、時には理不尽にも思える命令を行うこともある。
加えて、誰か一人のミスが部隊全員の生命に関わるため、連帯責任を取らせるといったことも訓練の一環である。

**部品: 訓練教官
訓練における教官は、教育隊といった専門の軍人の他、訓練生活などでは先輩訓練生が後輩の教官となる。
これは、一兵士としての訓練だけでなく、その上官として部下を監督、指揮し、自律的に行動できるようにするための訓練の一環である。

**部品: 教育課程
軍事訓練はもちろんのことながら、士官として必要な知識の教育も行われる。
これは、「軍事学基礎」「国防論」「軍事史序論」「戦略」「作戦」「軍事と科学技術」「統率」及び「国際情勢と安全保障」といった軍事学はもちろん、外国語や体育学のほか、人文科学、社会学、理工学などといた教養についても、大学レベルの教育を行う。

**部品: 座学
自信が操縦する機体の概要、特徴、基礎的な仕組み、操縦方法、また、機体を利用した戦略、戦術、といった作戦についての知識を学ぶ。
基本的には講義による座学だが、サイボーグや多目的結晶など、知識をインストールできる身体である場合には、直接知識をインストールすることもある。

**部品: シミュレーター訓練
いきなり実際の機体を利用して訓練するのは、操縦ミスなどによる機体の損傷など大きな問題がある。
このため、基礎的な操縦方法が身につくまで、初めはシミュレーターによる訓練を実施する。

**部品: 基礎操縦訓練
航空機ならばグライダー、戦車ならば車両といった、その機体の前身または基礎となった機体の操縦訓練を行う。

**部品: 指揮幕僚活動
指揮官とそれを補佐する幕僚の役割について学びます。また、基礎操縦訓練、基地警備訓練において実際に指揮官や幕僚としての勤務を経験する。

**部品: 基地警備
操縦する機体の基地警備の概要について学ぶとともに、実際の警備の要領について訓練を行う。
この際には、実際に指揮官や幕僚などを置き、部隊としての訓練を実施する。

**部品: 整備訓練
操縦する機体の整備を行う部隊について学ぶとともに、実際の整備部隊を研修する。
また、簡単な整備についてはパイロットでも実施できるよう、実際の整備についても訓練を行う。

**部品: 通信電子訓練
操縦する機体の通信機器や情報システムについて学び、実際の通信や報告、ジャミング等による通信妨害が発生した場合の対応などを訓練する。

**部品: 保命訓練
パラシュートや射出装置などの脱出に関する装備、機能や、サバイバルキットなどの救命装備品など、操縦する機体の救命装備品について、使用法を学び、訓練を行う。

**部品: 部隊実習
パイロットに限らず、指揮官や整備士、管制官など、実際にその機体の運用を行う部隊単位で、機体の運用、作戦実施などの訓練を行う。



*提出書式

大部品: パイロット RD:21 評価値:7
-大部品: 4年間の士官教育 RD:12 評価値:6
--部品: 入隊選考
--大部品: 新兵訓練 RD:8 評価値:5
---部品: 基本教練
---部品: 各個戦闘訓練
---部品: 小銃の取り扱い訓練
---部品: 野外訓練
---部品: 衛生訓練
---部品: 地形訓練
---部品: 体力訓練
---部品: 愛国教育
--部品: 訓練生活
--部品: 訓練教官
--部品: 教育課程
-部品: 座学
-部品: シミュレーター訓練
-部品: 基礎操縦訓練
-部品: 指揮幕僚活動
-部品: 基地警備
-部品: 整備訓練
-部品: 通信電子訓練
-部品: 保命訓練
-部品: 部隊実習


部品: 入隊選考
士官は、いずれ多くの部下を持ち、部隊を指揮しなければならない。
そのための教養があるか、また、持病や障害がないか、十分な体力があるかなどの選考が行われる。


部品: 基本教練
敬礼や行進、整列といった軍隊としての基本的な動作を、号令に応じて迅速に、かつ一糸乱れぬ形で行えるように訓練する。
この訓練は、4年間の訓練期間が終わった後でも継続的に訓練を行う、基本中の基本となる訓練である。

部品: 各個戦闘訓練
徒手格闘および、小銃を用いた戦闘訓練を実施して、戦闘の基礎を学ぶ。
この訓練では、新兵同士の訓練もしばしば行う。

部品: 小銃の取り扱い訓練
小銃の仕組みについて学び、分解、整備、管理方法等、小銃を装備するための訓練を行う。
また、当然ながら射撃の訓練も実施する。

部品: 野外訓練
野外において、地図の読み方、コンパスの利用方法などの実地訓練を行い、ランドナビゲーションの能力を身につける。
また、飯盒炊爨やキャンプの設営などの野外生活の訓練及び、サバイバル訓練を行う。

部品: 衛生訓練
この訓練では、応急処置や溺者救護等の救急法、患者の搬送要領を学ぶ。
負傷の内容を理解し、傷の手当てや止血帯の使用、脱水症状への対処など、適切な処置を判断、実施できるように訓練する。

部品: 地形訓練
遠泳訓練やスキー訓練、砂漠におけるサバイバル訓練等、その地域ごとの特殊な地形に適応するための訓練を行う。
この訓練は基本的に部隊単位で実施し、協調性を身に付けるための訓練でもある。

部品: 体力訓練
当然のことながら、軍人には高い身体能力が要求される。
このため、訓練中は日夜厳しいトレーニングが課されるほか、日々の食事についても、栄養管理が徹底される。

部品: 愛国教育
軍人は命を懸けて戦わなければならない。
その時がやってきた時に、何のために戦うのか、その拠り所がなければ、兵は命を懸けられない。
自分の周囲の人を愛し、その日々の基盤となる国を愛し、それを守る意味を見つける。
そうした愛国教育は兵にとって戦う拠り所となるとともに、その力を身勝手な理由で振るうのを止める抑止力ともなる。

部品: 訓練生活
訓練中は休暇を除き、基地の中で生活する。
この生活も訓練の一環であり、軍において自分のことは全て自分でできるよう、掃除洗濯といった日常のことも自分で行えるよう訓練を行う。
また、訓練教官は命令には絶対服従という軍隊の大前提を身に付けさせるため、時には理不尽にも思える命令を行うこともある。
加えて、誰か一人のミスが部隊全員の生命に関わるため、連帯責任を取らせるといったことも訓練の一環である。

部品: 訓練教官
訓練における教官は、教育隊といった専門の軍人の他、訓練生活などでは先輩訓練生が後輩の教官となる。
これは、一兵士としての訓練だけでなく、その上官として部下を監督、指揮し、自律的に行動できるようにするための訓練の一環である。

部品: 教育課程
軍事訓練はもちろんのことながら、士官として必要な知識の教育も行われる。
これは、「軍事学基礎」「国防論」「軍事史序論」「戦略」「作戦」「軍事と科学技術」「統率」及び「国際情勢と安全保障」といった軍事学はもちろん、外国語や体育学のほか、人文科学、社会学、理工学などといた教養についても、大学レベルの教育を行う。

部品: 座学
自信が操縦する機体の概要、特徴、基礎的な仕組み、操縦方法、また、機体を利用した戦略、戦術、といった作戦についての知識を学ぶ。
基本的には講義による座学だが、サイボーグや多目的結晶など、知識をインストールできる身体である場合には、直接知識をインストールすることもある。

部品: シミュレーター訓練
いきなり実際の機体を利用して訓練するのは、操縦ミスなどによる機体の損傷など大きな問題がある。
このため、基礎的な操縦方法が身につくまで、初めはシミュレーターによる訓練を実施する。

部品: 基礎操縦訓練
航空機ならばグライダー、戦車ならば車両といった、その機体の前身または基礎となった機体の操縦訓練を行う。

部品: 指揮幕僚活動
指揮官とそれを補佐する幕僚の役割について学びます。また、基礎操縦訓練、基地警備訓練において実際に指揮官や幕僚としての勤務を経験する。

部品: 基地警備
操縦する機体の基地警備の概要について学ぶとともに、実際の警備の要領について訓練を行う。
この際には、実際に指揮官や幕僚などを置き、部隊としての訓練を実施する。

部品: 整備訓練
操縦する機体の整備を行う部隊について学ぶとともに、実際の整備部隊を研修する。
また、簡単な整備についてはパイロットでも実施できるよう、実際の整備についても訓練を行う。

部品: 通信電子訓練
操縦する機体の通信機器や情報システムについて学び、実際の通信や報告、ジャミング等による通信妨害が発生した場合の対応などを訓練する。

部品: 保命訓練
パラシュートや射出装置などの脱出に関する装備、機能や、サバイバルキットなどの救命装備品など、操縦する機体の救命装備品について、使用法を学び、訓練を行う。

部品: 部隊実習
パイロットに限らず、指揮官や整備士、管制官など、実際にその機体の運用を行う部隊単位で、機体の運用、作戦実施などの訓練を行う。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "パイロット",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "4年間の士官教育",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "入隊選考",
"description": "士官は、いずれ多くの部下を持ち、部隊を指揮しなければならない。\nそのための教養があるか、また、持病や障害がないか、十分な体力があるかなどの選考が行われる。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "新兵訓練",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "基本教練",
"description": "敬礼や行進、整列といった軍隊としての基本的な動作を、号令に応じて迅速に、かつ一糸乱れぬ形で行えるように訓練する。\nこの訓練は、4年間の訓練期間が終わった後でも継続的に訓練を行う、基本中の基本となる訓練である。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "各個戦闘訓練",
"description": "徒手格闘および、小銃を用いた戦闘訓練を実施して、戦闘の基礎を学ぶ。\nこの訓練では、新兵同士の訓練もしばしば行う。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "小銃の取り扱い訓練",
"description": "小銃の仕組みについて学び、分解、整備、管理方法等、小銃を装備するための訓練を行う。\nまた、当然ながら射撃の訓練も実施する。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "野外訓練",
"description": "野外において、地図の読み方、コンパスの利用方法などの実地訓練を行い、ランドナビゲーションの能力を身につける。\nまた、飯盒炊爨やキャンプの設営などの野外生活の訓練及び、サバイバル訓練を行う。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "衛生訓練",
"description": "この訓練では、応急処置や溺者救護等の救急法、患者の搬送要領を学ぶ。\n負傷の内容を理解し、傷の手当てや止血帯の使用、脱水症状への対処など、適切な処置を判断、実施できるように訓練する。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "地形訓練",
"description": "遠泳訓練やスキー訓練、砂漠におけるサバイバル訓練等、その地域ごとの特殊な地形に適応するための訓練を行う。\nこの訓練は基本的に部隊単位で実施し、協調性を身に付けるための訓練でもある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "体力訓練",
"description": "当然のことながら、軍人には高い身体能力が要求される。\nこのため、訓練中は日夜厳しいトレーニングが課されるほか、日々の食事についても、栄養管理が徹底される。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "愛国教育",
"description": "軍人は命を懸けて戦わなければならない。\nその時がやってきた時に、何のために戦うのか、その拠り所がなければ、兵は命を懸けられない。\n自分の周囲の人を愛し、その日々の基盤となる国を愛し、それを守る意味を見つける。\nそうした愛国教育は兵にとって戦う拠り所となるとともに、その力を身勝手な理由で振るうのを止める抑止力ともなる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "訓練生活",
"description": "訓練中は休暇を除き、基地の中で生活する。\nこの生活も訓練の一環であり、軍において自分のことは全て自分でできるよう、掃除洗濯といった日常のことも自分で行えるよう訓練を行う。\nまた、訓練教官は命令には絶対服従という軍隊の大前提を身に付けさせるため、時には理不尽にも思える命令を行うこともある。\n加えて、誰か一人のミスが部隊全員の生命に関わるため、連帯責任を取らせるといったことも訓練の一環である。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "訓練教官",
"description": "訓練における教官は、教育隊といった専門の軍人の他、訓練生活などでは先輩訓練生が後輩の教官となる。\nこれは、一兵士としての訓練だけでなく、その上官として部下を監督、指揮し、自律的に行動できるようにするための訓練の一環である。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "教育課程",
"description": "軍事訓練はもちろんのことながら、士官として必要な知識の教育も行われる。\nこれは、「軍事学基礎」「国防論」「軍事史序論」「戦略」「作戦」「軍事と科学技術」「統率」及び「国際情勢と安全保障」といった軍事学はもちろん、外国語や体育学のほか、人文科学、社会学、理工学などといた教養についても、大学レベルの教育を行う。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "座学",
"description": "自信が操縦する機体の概要、特徴、基礎的な仕組み、操縦方法、また、機体を利用した戦略、戦術、といった作戦についての知識を学ぶ。\n基本的には講義による座学だが、サイボーグや多目的結晶など、知識をインストールできる身体である場合には、直接知識をインストールすることもある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "シミュレーター訓練",
"description": "いきなり実際の機体を利用して訓練するのは、操縦ミスなどによる機体の損傷など大きな問題がある。\nこのため、基礎的な操縦方法が身につくまで、初めはシミュレーターによる訓練を実施する。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "基礎操縦訓練",
"description": "航空機ならばグライダー、戦車ならば車両といった、その機体の前身または基礎となった機体の操縦訓練を行う。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "指揮幕僚活動",
"description": "指揮官とそれを補佐する幕僚の役割について学びます。また、基礎操縦訓練、基地警備訓練において実際に指揮官や幕僚としての勤務を経験する。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "基地警備",
"description": "操縦する機体の基地警備の概要について学ぶとともに、実際の警備の要領について訓練を行う。\nこの際には、実際に指揮官や幕僚などを置き、部隊としての訓練を実施する。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "整備訓練",
"description": "操縦する機体の整備を行う部隊について学ぶとともに、実際の整備部隊を研修する。\nまた、簡単な整備についてはパイロットでも実施できるよう、実際の整備についても訓練を行う。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "通信電子訓練",
"description": "操縦する機体の通信機器や情報システムについて学び、実際の通信や報告、ジャミング等による通信妨害が発生した場合の対応などを訓練する。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "保命訓練",
"description": "パラシュートや射出装置などの脱出に関する装備、機能や、サバイバルキットなどの救命装備品など、操縦する機体の救命装備品について、使用法を学び、訓練を行う。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "部隊実習",
"description": "パイロットに限らず、指揮官や整備士、管制官など、実際にその機体の運用を行う部隊単位で、機体の運用、作戦実施などの訓練を行う。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2774] [固定リンク][非] 流用元大部品置き場 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/11(Fri) 21:22:32

実作業のために新規作成・改良した大部品を投下していくための枝です。
基本的に、ほとんどの職業はここに投下される大部品を流用して部品にすることで、作成の労力を大幅に減らせるという想定です。


[No.2775] [固定リンク][非] 大部品:労働者の資質 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/11(Fri) 21:24:22

この大部品は、あらゆる職業に必ず組み込む事を想定して作成されています。
継承によって複数の職業を部品として持つ場合、一番下層に位置する職業に付加しておく形になると思います。

*部品構造

-大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
--部品: 求められる教育レベル
--部品: 基本職業倫理
--部品: 法令の遵守



*部品定義

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。



*提出書式

大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
-部品: 求められる教育レベル
-部品: 基本職業倫理
-部品: 法令の遵守


部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "労働者の資質",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"type": "parts"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"type": "parts"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2776] [固定リンク][非] 大部品:新米作業者に求められる能力 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/11(Fri) 21:28:04

上長の指示に従って作業を行う職業全般に使いまわせる大部品です。
大部品『労働者の資質』を使用しています。

*部品構造

-大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
--部品: 先輩の指導
--部品: 作業マニュアルの遵守
--部品: 指示の遵守



*部品定義

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。



*提出書式

大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
-大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
--部品: 求められる教育レベル
--部品: 基本職業倫理
--部品: 法令の遵守
-部品: 先輩の指導
-部品: 作業マニュアルの遵守
-部品: 指示の遵守


部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"type": "parts"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"type": "parts"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"type": "parts"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"type": "parts"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2777] [固定リンク][非] 大部品:一人前になるまで 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/11(Fri) 22:19:38

*部品構造

-大部品: 一人前になるまで RD:6 評価値:4
--部品: 一通りの実務経験
--部品: 作業に対する疑問の解消
--部品: 作業マニュアルの意味の理解
--部品: 主体的な行動
--部品: 周囲への気配り
--部品: 作業環境の改善



*部品定義

**部品: 一通りの実務経験
作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。

**部品: 作業に対する疑問の解消
作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。
先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。


**部品: 作業マニュアルの意味の理解
自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。
ちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。
半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。

**部品: 主体的な行動
自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。
一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。
もちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。
また、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。


**部品: 周囲への気配り
自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。
一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。
自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。

**部品: 作業環境の改善
自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。
それは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。



*提出書式

大部品: 一人前になるまで RD:6 評価値:4
-部品: 一通りの実務経験
-部品: 作業に対する疑問の解消
-部品: 作業マニュアルの意味の理解
-部品: 主体的な行動
-部品: 周囲への気配り
-部品: 作業環境の改善


部品: 一通りの実務経験
作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。

部品: 作業に対する疑問の解消
作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。
先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。


部品: 作業マニュアルの意味の理解
自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。
ちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。
半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。

部品: 主体的な行動
自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。
一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。
もちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。
また、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。


部品: 周囲への気配り
自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。
一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。
自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。

部品: 作業環境の改善
自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。
それは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。




*インポート用定義データ



[{ "title": "一人前になるまで",
"type": "group",
"children":

[{ "title": "一通りの実務経験",
"description": "作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。",
"type": "parts",
"expanded": true},


{ "title": "作業に対する疑問の解消",
"description": "作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。\n先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。\n",
"type": "parts"},


{ "title": "作業マニュアルの意味の理解",
"description": "自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。\nちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。\n半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。",
"type": "parts"},


{ "title": "主体的な行動",
"description": "自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。\n一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。\nもちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。\nまた、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。\n",
"type": "parts"},


{ "title": "周囲への気配り",
"description": "自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。\n一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。\n自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。",
"type": "parts",
"expanded": true},


{ "title": "作業環境の改善",
"description": "自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。\nそれは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。",
"type": "parts"}],


"expanded": false}]


[No.2778] [固定リンク][非] 大部品:専門家になるまで 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/11(Fri) 22:20:31

*部品構造

-大部品: 専門家になるまで RD:6 評価値:4
--部品: 困難との遭遇
--部品: 技術の練磨
--部品: 深い経験
--部品: 積み重ねてきた知識
--部品: 仕事への誇り
--部品: 地に足の着いた自信



*部品定義

**部品: 困難との遭遇
仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。
その困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。

**部品: 技術の練磨
日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。
少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。

**部品: 深い経験
長い時間を俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。
そこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。
また、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。

**部品: 積み重ねてきた知識
積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。
ただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。

**部品: 仕事への誇り
自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。
それは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。

**部品: 地に足の着いた自信
根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。
それが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。



*提出書式

大部品: 専門家になるまで RD:6 評価値:4
-部品: 困難との遭遇
-部品: 技術の練磨
-部品: 深い経験
-部品: 積み重ねてきた知識
-部品: 仕事への誇り
-部品: 地に足の着いた自信


部品: 困難との遭遇
仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。
その困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。

部品: 技術の練磨
日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。
少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。

部品: 深い経験
長い時間を俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。
そこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。
また、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。

部品: 積み重ねてきた知識
積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。
ただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。

部品: 仕事への誇り
自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。
それは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。

部品: 地に足の着いた自信
根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。
それが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。




*インポート用定義データ



[{ "title": "専門家になるまで",
"type": "group",
"children":

[{ "title": "困難との遭遇",
"description": "仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。\nその困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。",
"type": "parts"},


{ "title": "技術の練磨",
"description": "日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。\n少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。",
"type": "parts"},


{ "title": "深い経験",
"description": "長い時間を俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。\nそこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。\nまた、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。",
"type": "parts",
"expanded": true},


{ "title": "積み重ねてきた知識",
"description": "積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。\nただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。",
"type": "parts",
"expanded": true},


{ "title": "仕事への誇り",
"description": "自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。\nそれは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。",
"type": "parts",
"expanded": true},


{ "title": "地に足の着いた自信",
"description": "根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。\nそれが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。",
"type": "parts",
"expanded": true}],


"expanded": true}]


[No.2779] [固定リンク][非] 大部品:安全第一の心得 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/11(Fri) 22:21:13

*部品構造

-大部品: 安全第一の心得 RD:3 評価値:2
--部品: 器具・装備の点検
--部品: 指差し確認
--部品: 声掛け確認



*部品定義

**部品: 器具・装備の点検
作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。
命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。

**部品: 指差し確認
点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。
身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。

**部品: 声掛け確認
一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。
声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。



*提出書式

大部品: 安全第一の心得 RD:3 評価値:2
-部品: 器具・装備の点検
-部品: 指差し確認
-部品: 声掛け確認


部品: 器具・装備の点検
作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。
命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。

部品: 指差し確認
点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。
身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。

部品: 声掛け確認
一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。
声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。




*インポート用定義データ



[{ "title": "安全第一の心得",
"type": "group",
"children":

[{ "title": "器具・装備の点検",
"description": "作業を行う前に、必ず使用する器具に問題がないか点検を行い、装備に漏れやミスがないかを確認する習慣。\n命に関わる作業に従事する人間にとって、その生命を預ける道具に問題がないか確認するのは当然の義務である。",
"type": "parts",
"expanded": true},


{ "title": "指差し確認",
"description": "点検または確認の漏れが発生して危険な事故が発生しないよう、点検または確認時には指を指して確認する習慣。\n身体の動作と連動させることにより、ケアレスミスを防止することを目的とする。",
"type": "parts"},


{ "title": "声掛け確認",
"description": "一つ一つの作業が無事に完了したかどうかなど、作業の進捗を他の作業者と共有するために声を上げて確認する習慣。\n声が聞こえない場合はその作業に問題がないか確認したり、作業順序に誤りがないかを指示者が確認することができる。",
"type": "parts"}],


"expanded": true}]


[No.2782] [固定リンク][非] 大部品:接客の心得 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/13(Sun) 22:11:35

*部品構造

-大部品: 接客の心得 RD:4 評価値:3
--部品: 相手を不快にさせない表情
--部品: はっきりとした発音
--部品: 礼儀正しい態度
--部品: 商品・サービスに関する基礎知識



*部品定義

**部品: 相手を不快にさせない表情
買い物にやってきたお客様に対し、不快な思いをさせないよう、表情に気をつけることが重要となる。
基本は笑顔であることだが、例えば墓石の販売などでは、笑顔での接客は逆に相手の神経を逆撫でてしまうこともあるため、時と場合に合わせた表情での接客を心がけること。

**部品: はっきりとした発音
商品の販売手続きを行うにせよ、販売促進のため商品の売り込みを行うにせよ、お客様にその内容がはっきり伝わるよう心がけることが重要。
声量については職種や売り場の状況によって異なるが、相手に聞き取りやすいよう、はっきりとした発音を心がけることが重要。

**部品: 礼儀正しい態度
お客様に対しては、売り手と客との一線を守り、礼儀正しく対応すること。
ただし、その程度については職種、売り場によって異なる。ある程度の馴れ馴れしさによる親密さが必要な場合もあれば、一部の乱れも許されない礼儀作法が要求される場合もある。
また、売り手は客に経緯を払うべきではあるが、本質的に立場としては対等である。
客の明らかに一方的な要求に対してまで、礼儀正しさを守る必要はない。ただしもちろん、法律を守る必要はある。

**部品: 商品・サービスに関する基礎知識
自分が販売している商品について、基礎的な知識を有していること。
販売員すべてが自身が担当する商品すべてについて深い知識を持つことは難しいが、少なくとも、商品の概要や売り場などの基礎的な情報については把握している必要がある。



*提出書式

大部品: 接客の心得 RD:4 評価値:3
-部品: 相手を不快にさせない表情
-部品: はっきりとした発音
-部品: 礼儀正しい態度
-部品: 商品・サービスに関する基礎知識


部品: 相手を不快にさせない表情
買い物にやってきたお客様に対し、不快な思いをさせないよう、表情に気をつけることが重要となる。
基本は笑顔であることだが、例えば墓石の販売などでは、笑顔での接客は逆に相手の神経を逆撫でてしまうこともあるため、時と場合に合わせた表情での接客を心がけること。

部品: はっきりとした発音
商品の販売手続きを行うにせよ、販売促進のため商品の売り込みを行うにせよ、お客様にその内容がはっきり伝わるよう心がけることが重要。
声量については職種や売り場の状況によって異なるが、相手に聞き取りやすいよう、はっきりとした発音を心がけることが重要。

部品: 礼儀正しい態度
お客様に対しては、売り手と客との一線を守り、礼儀正しく対応すること。
ただし、その程度については職種、売り場によって異なる。ある程度の馴れ馴れしさによる親密さが必要な場合もあれば、一部の乱れも許されない礼儀作法が要求される場合もある。
また、売り手は客に経緯を払うべきではあるが、本質的に立場としては対等である。
客の明らかに一方的な要求に対してまで、礼儀正しさを守る必要はない。ただしもちろん、法律を守る必要はある。

部品: 商品・サービスに関する基礎知識
自分が販売している商品について、基礎的な知識を有していること。
販売員すべてが自身が担当する商品すべてについて深い知識を持つことは難しいが、少なくとも、商品の概要や売り場などの基礎的な情報については把握している必要がある。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "接客の心得",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "相手を不快にさせない表情",
"description": "買い物にやってきたお客様に対し、不快な思いをさせないよう、表情に気をつけることが重要となる。\n基本は笑顔であることだが、例えば墓石の販売などでは、笑顔での接客は逆に相手の神経を逆撫でてしまうこともあるため、時と場合に合わせた表情での接客を心がけること。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "はっきりとした発音",
"description": "商品の販売手続きを行うにせよ、販売促進のため商品の売り込みを行うにせよ、お客様にその内容がはっきり伝わるよう心がけることが重要。\n声量については職種や売り場の状況によって異なるが、相手に聞き取りやすいよう、はっきりとした発音を心がけることが重要。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "礼儀正しい態度",
"description": "お客様に対しては、売り手と客との一線を守り、礼儀正しく対応すること。\nただし、その程度については職種、売り場によって異なる。ある程度の馴れ馴れしさによる親密さが必要な場合もあれば、一部の乱れも許されない礼儀作法が要求される場合もある。\nまた、売り手は客に経緯を払うべきではあるが、本質的に立場としては対等である。\n客の明らかに一方的な要求に対してまで、礼儀正しさを守る必要はない。ただしもちろん、法律を守る必要はある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "商品・サービスに関する基礎知識",
"description": "自分が販売している商品について、基礎的な知識を有していること。\n販売員すべてが自身が担当する商品すべてについて深い知識を持つことは難しいが、少なくとも、商品の概要や売り場などの基礎的な情報については把握している必要がある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2787] [固定リンク][非] 大部品:音楽に対する造詣 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/14(Mon) 20:11:59

*部品構造

-大部品: 音楽に対する造詣 RD:3 評価値:2
--部品: 旋律と和音への理解
--部品: リズムを意識する
--部品: 抑揚の効果を知る



*部品定義

**部品: 旋律と和音への理解
音階とは音の高さを一定基準で区切ったもの。音程とは音同士の音階の差を指す。そして旋律は連続する音程の連なり。和音とは同時に発される音程の連なり。そして旋律と和音の集合が楽曲となる。
旋律と和音から楽曲への理解を深めることが、その曲で表現したいものへの理解にも繋がる。



**部品: リズムを意識する
生物には本能的に備わっているリズムがある。歩調をランダムに変化させながら歩く人は普通、いない。一定の間隔で訪れるタイミング、これをリズムと呼ぶ。
楽曲におけるリズムも同じである。曲を構成する音の一定のタイミングの繰り返し。逆に言えば、音楽に触れた者は曲のリズムの影響を身体に受けるということでもある。
音楽に携わる者は、より主体的に曲のリズムに合わせること、再現すること、あるいは変化させることが求められる。

**部品: 抑揚の効果を知る
常に一本調子の曲というものは少ない。ある部分は弱く、別のある部分は強くすることで、抑揚をつける。
抑揚が僅かに変わるだけで、同じ曲、同じ演奏、同じ動きであってもそれに触れる者が受ける印象は驚くほどに変わるものである。



*提出書式

大部品: 音楽に対する造詣 RD:3 評価値:2
-部品: 旋律と和音への理解
-部品: リズムを意識する
-部品: 抑揚の効果を知る


部品: 旋律と和音への理解
音階とは音の高さを一定基準で区切ったもの。音程とは音同士の音階の差を指す。そして旋律は連続する音程の連なり。和音とは同時に発される音程の連なり。そして旋律と和音の集合が楽曲となる。
旋律と和音から楽曲への理解を深めることが、その曲で表現したいものへの理解にも繋がる。



部品: リズムを意識する
生物には本能的に備わっているリズムがある。歩調をランダムに変化させながら歩く人は普通、いない。一定の間隔で訪れるタイミング、これをリズムと呼ぶ。
楽曲におけるリズムも同じである。曲を構成する音の一定のタイミングの繰り返し。逆に言えば、音楽に触れた者は曲のリズムの影響を身体に受けるということでもある。
音楽に携わる者は、より主体的に曲のリズムに合わせること、再現すること、あるいは変化させることが求められる。

部品: 抑揚の効果を知る
常に一本調子の曲というものは少ない。ある部分は弱く、別のある部分は強くすることで、抑揚をつける。
抑揚が僅かに変わるだけで、同じ曲、同じ演奏、同じ動きであってもそれに触れる者が受ける印象は驚くほどに変わるものである。




*インポート用定義データ


[
{ "children":
[
{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.661667",
"description": "音階とは音の高さを一定基準で区切ったもの。音程とは音同士の音階の差を指す。そして旋律は連続する音程の連なり。和音とは同時に発される音程の連なり。そして旋律と和音の集合が楽曲となる。\n旋律と和音から楽曲への理解を深めることが、その曲で表現したいものへの理解にも繋がる。\n\n",
"id": 1781,
"part_type": "part",
"title": "旋律と和音への理解",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.661667"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.671062",
"description": "生物には本能的に備わっているリズムがある。歩調をランダムに変化させながら歩く人は普通、いない。一定の間隔で訪れるタイミング、これをリズムと呼ぶ。\n楽曲におけるリズムも同じである。曲を構成する音の一定のタイミングの繰り返し。逆に言えば、音楽に触れた者は曲のリズムの影響を身体に受けるということでもある。\n音楽に携わる者は、より主体的に曲のリズムに合わせること、再現すること、あるいは変化させることが求められる。",
"id": 1782,
"part_type": "part",
"title": "リズムを意識する",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.671062"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.679362",
"description": "常に一本調子の曲というものは少ない。ある部分は弱く、別のある部分は強くすることで、抑揚をつける。\n抑揚が僅かに変わるだけで、同じ曲、同じ演奏、同じ動きであってもそれに触れる者が受ける印象は驚くほどに変わるものである。",
"id": 1783,
"part_type": "part",
"title": "抑揚の効果を知る",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.679362"
}
],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.660557",
"description": null,
"id": 1780,
"part_type": "group",
"title": "音楽に対する造詣",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.660557",
"expanded": true
}
]


[No.2788] [固定リンク][非] 大部品:芸術的感性 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/14(Mon) 20:12:48

*部品構造

-大部品: 芸術的感性 RD:3 評価値:2
--部品: 美しいものに対する敏感さ
--部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
--部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚



*部品定義

**部品: 美しいものに対する敏感さ
日々生きる世界は美しいものに満ち溢れている。
それは星々の煌く空や、露の落ちた道端の草花の瑞々しさといった風景だったり、子供をあやす親の笑顔や、戦士の鍛えられた肉体から飛び散った汗といった情景だったりする。そういった美しさを視界に入れながら、それが美しいものだと気づかず見過ごしてしまう人も多い。
普通の人が見過ごしてしまいがちな美しさに見つけられること、それは逆に言えば普通の人が気づかずにいられる醜いものにも気づいてしまうということでもある。
しかし、世界を観察し、あるいは直感的に、美しいものや醜いものを感じ取り、己の中に蓄えていくこと。それこそが豊かな表現を行う上で求められる資質である。


**部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
他者の感情へ訴えかける技術を得るには、感情そのものに対する理解が必要である。
感情の基本的な動きを、喜怒哀楽といった言葉で表現されることがある。
自分が、そして自分以外の他者が、なにに喜び、怒り、悲しみ、楽しむのか。これを学び続けることこそが、他者の感情を動かすことへ繋がる道となる。


**部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚
感情、つまりは心の動きだが、これは肉体と決して無関係ではない。
例えば「悲しそうな声を出してください」と言われたとき、多くの人は眉間にしわを寄せたり、目を細めたりといった、悲しい声とは全く関係のない動作を己の表情にさせているはずだ。次に、わざと笑顔を作りながら悲しい声を出してみれば、自分でもわかるくらいに悲しそうではない声になったことに気づくだろう。
感情は肉体に、肉体は感情に引かれることの自覚があれば、表情一つ、手や指の動き一つから、感情を表現する道が見えてくる。



*提出書式

大部品: 芸術的感性 RD:3 評価値:2
-部品: 美しいものに対する敏感さ
-部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
-部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚


部品: 美しいものに対する敏感さ
日々生きる世界は美しいものに満ち溢れている。
それは星々の煌く空や、露の落ちた道端の草花の瑞々しさといった風景だったり、子供をあやす親の笑顔や、戦士の鍛えられた肉体から飛び散った汗といった情景だったりする。そういった美しさを視界に入れながら、それが美しいものだと気づかず見過ごしてしまう人も多い。
普通の人が見過ごしてしまいがちな美しさに見つけられること、それは逆に言えば普通の人が気づかずにいられる醜いものにも気づいてしまうということでもある。
しかし、世界を観察し、あるいは直感的に、美しいものや醜いものを感じ取り、己の中に蓄えていくこと。それこそが豊かな表現を行う上で求められる資質である。


部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
他者の感情へ訴えかける技術を得るには、感情そのものに対する理解が必要である。
感情の基本的な動きを、喜怒哀楽といった言葉で表現されることがある。
自分が、そして自分以外の他者が、なにに喜び、怒り、悲しみ、楽しむのか。これを学び続けることこそが、他者の感情を動かすことへ繋がる道となる。


部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚
感情、つまりは心の動きだが、これは肉体と決して無関係ではない。
例えば「悲しそうな声を出してください」と言われたとき、多くの人は眉間にしわを寄せたり、目を細めたりといった、悲しい声とは全く関係のない動作を己の表情にさせているはずだ。次に、わざと笑顔を作りながら悲しい声を出してみれば、自分でもわかるくらいに悲しそうではない声になったことに気づくだろう。
感情は肉体に、肉体は感情に引かれることの自覚があれば、表情一つ、手や指の動き一つから、感情を表現する道が見えてくる。




*インポート用定義データ


[
{ "children":
[
{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.738164",
"description": "日々生きる世界は美しいものに満ち溢れている。\nそれは星々の煌く空や、露の落ちた道端の草花の瑞々しさといった風景だったり、子供をあやす親の笑顔や、戦士の鍛えられた肉体から飛び散った汗といった情景だったりする。そういった美しさを視界に入れながら、それが美しいものだと気づかず見過ごしてしまう人も多い。\n普通の人が見過ごしてしまいがちな美しさに見つけられること、それは逆に言えば普通の人が気づかずにいられる醜いものにも気づいてしまうということでもある。\nしかし、世界を観察し、あるいは直感的に、美しいものや醜いものを感じ取り、己の中に蓄えていくこと。それこそが豊かな表現を行う上で求められる資質である。\n",
"id": 1791,
"part_type": "part",
"title": "美しいものに対する敏感さ",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.738164"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.747961",
"description": "他者の感情へ訴えかける技術を得るには、感情そのものに対する理解が必要である。\n感情の基本的な動きを、喜怒哀楽といった言葉で表現されることがある。\n自分が、そして自分以外の他者が、なにに喜び、怒り、悲しみ、楽しむのか。これを学び続けることこそが、他者の感情を動かすことへ繋がる道となる。\n",
"id": 1792,
"part_type": "part",
"title": "細やかな感情の動きを学ぶ",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.747961"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.756033",
"description": "感情、つまりは心の動きだが、これは肉体と決して無関係ではない。\n例えば「悲しそうな声を出してください」と言われたとき、多くの人は眉間にしわを寄せたり、目を細めたりといった、悲しい声とは全く関係のない動作を己の表情にさせているはずだ。次に、わざと笑顔を作りながら悲しい声を出してみれば、自分でもわかるくらいに悲しそうではない声になったことに気づくだろう。\n感情は肉体に、肉体は感情に引かれることの自覚があれば、表情一つ、手や指の動き一つから、感情を表現する道が見えてくる。",
"id": 1793,
"part_type": "part",
"title": "肉体と感情が不可分であることの自覚",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.756033"
}
],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.736998",
"description": null,
"id": 1790,
"part_type": "group",
"title": "芸術的感性",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.736998",
"expanded": true
}
]


[No.2806] [固定リンク][非] 大部品:公務員の義務 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/14(Mon) 23:37:14

*部品構造

-大部品: 公務員の義務 RD:7 評価値:4
--部品: 全体の奉仕者
--部品: 法令及び上司の命令に従う義務
--部品: 争議行為等の禁止
--部品: 守秘義務
--部品: 企業からの隔離
--部品: 信用失墜行為の禁止
--部品: 政治的行為の制限



*部品定義

**部品: 全体の奉仕者
公務員は帝國または共和国、もしくはそれらに所属する藩国全体の奉仕者であり、一部の奉仕者ではない。
このため、公務員は国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、かつ、職務の遂行にあたっては、全力を上げてこれを遂行しなければならない。

**部品: 法令及び上司の命令に従う義務
職員は、その職務を遂行するについて、法令に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

**部品: 争議行為等の禁止
職員は、政府が代表する使用者としての公衆に対して同盟罷業、怠業その他の争議行為をなし、又は政府の活動能率を低下させる怠業的行為をしてはならない。

**部品: 守秘義務
行政は国民に対して公開で行われることが原則であるが、軍事情報等、国民全体の利益のために秘密にしなければならない情報も存在する。
このため職員は、そうした職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。これは、その職を退いた後といえども同様とする。


**部品: 企業からの隔離
職員は、国民全体に奉仕しなければならず、一部に奉仕することがあってはならない。
このため、営利企業やその他の団体の役員等の職を兼業したり、または自ら営利企業を営んではならない。

**部品: 信用失墜行為の禁止
職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。
これは、公務中だけでなく、公私両面において禁止される。

**部品: 政治的行為の制限
公務員は、全体の奉仕者として国民全体に対して奉仕しなければならない。
このため公務員は、帝國または共和国、もしくは藩国で許可したもの以外の政治的行為をしてはならない。




*提出書式

大部品: 公務員の義務 RD:7 評価値:4
-部品: 全体の奉仕者
-部品: 法令及び上司の命令に従う義務
-部品: 争議行為等の禁止
-部品: 守秘義務
-部品: 企業からの隔離
-部品: 信用失墜行為の禁止
-部品: 政治的行為の制限


部品: 全体の奉仕者
公務員は帝國または共和国、もしくはそれらに所属する藩国全体の奉仕者であり、一部の奉仕者ではない。
このため、公務員は国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、かつ、職務の遂行にあたっては、全力を上げてこれを遂行しなければならない。

部品: 法令及び上司の命令に従う義務
職員は、その職務を遂行するについて、法令に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

部品: 争議行為等の禁止
職員は、政府が代表する使用者としての公衆に対して同盟罷業、怠業その他の争議行為をなし、又は政府の活動能率を低下させる怠業的行為をしてはならない。

部品: 守秘義務
行政は国民に対して公開で行われることが原則であるが、軍事情報等、国民全体の利益のために秘密にしなければならない情報も存在する。
このため職員は、そうした職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。これは、その職を退いた後といえども同様とする。


部品: 企業からの隔離
職員は、国民全体に奉仕しなければならず、一部に奉仕することがあってはならない。
このため、営利企業やその他の団体の役員等の職を兼業したり、または自ら営利企業を営んではならない。

部品: 信用失墜行為の禁止
職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。
これは、公務中だけでなく、公私両面において禁止される。

部品: 政治的行為の制限
公務員は、全体の奉仕者として国民全体に対して奉仕しなければならない。
このため公務員は、帝國または共和国、もしくは藩国で許可したもの以外の政治的行為をしてはならない。





*インポート用定義データ


[
{ "title": "公務員の義務",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "全体の奉仕者",
"description": "公務員は帝國または共和国、もしくはそれらに所属する藩国全体の奉仕者であり、一部の奉仕者ではない。\nこのため、公務員は国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、かつ、職務の遂行にあたっては、全力を上げてこれを遂行しなければならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令及び上司の命令に従う義務",
"description": "職員は、その職務を遂行するについて、法令に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "争議行為等の禁止",
"description": "職員は、政府が代表する使用者としての公衆に対して同盟罷業、怠業その他の争議行為をなし、又は政府の活動能率を低下させる怠業的行為をしてはならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "守秘義務",
"description": "行政は国民に対して公開で行われることが原則であるが、軍事情報等、国民全体の利益のために秘密にしなければならない情報も存在する。\nこのため職員は、そうした職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。これは、その職を退いた後といえども同様とする。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "企業からの隔離",
"description": "職員は、国民全体に奉仕しなければならず、一部に奉仕することがあってはならない。\nこのため、営利企業やその他の団体の役員等の職を兼業したり、または自ら営利企業を営んではならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "信用失墜行為の禁止",
"description": "職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。\nこれは、公務中だけでなく、公私両面において禁止される。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "政治的行為の制限",
"description": "公務員は、全体の奉仕者として国民全体に対して奉仕しなければならない。\nこのため公務員は、帝國または共和国、もしくは藩国で許可したもの以外の政治的行為をしてはならない。\n",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
}
]


[No.2807] [固定リンク][非] 大部品:職業の公的資格の取得 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/14(Mon) 23:37:47

*部品構造

-大部品: 職業の公的資格の取得 RD:5 評価値:3
--部品: 受験資格の取得
--部品: 一般教養試験
--部品: 専門試験
--部品: 面接試験
--部品: 実地研修



*部品定義

**部品: 受験資格の取得
公的資格試験を受けるためには、高校や大学の卒業といった、前提となる条件を満たしていなければならない。
教育の修了の他にも、満年齢や前提となる別の資格を取得しなければならない場合、犯罪歴がないことなど、その条件は資格ごとに異なる。

**部品: 一般教養試験
その職業に就くに値すると認められる水準の一般教養を身に着けているか、筆記試験にて判定を行う。
職種により、試験の要求水準は異なるが、筆記試験の合格が公的資格取得の条件のひとつになる。

**部品: 専門試験
その職業に必要な知識または技能あるいは体力を有しているかを判定する試験であり、その合格が資格取得の条件の一つとなる。
筆記試験の場合もあれば、実技試験である場合もある。またその職種によっては実施しないこともある。

**部品: 面接試験
その職業を就くに相応しい人柄であるか、また、対人能力に問題がないか等の、人格面の試験。
これに合格することが、資格取得の条件の一つとなる。ただし、職種によっては面接を行わない場合もある。

**部品: 実地研修
その資格を必要とする職業について、実際の業務を体験し学習する研修期間。
資格取得の条件の一つとなる場合がある。
資格取得時点では研修を行わない場合もあるが、その場合は資格取得後、実際にその職業に就いた際に研修を行うことになる。



*提出書式

大部品: 職業の公的資格の取得 RD:5 評価値:3
-部品: 受験資格の取得
-部品: 一般教養試験
-部品: 専門試験
-部品: 面接試験
-部品: 実地研修


部品: 受験資格の取得
公的資格試験を受けるためには、高校や大学の卒業といった、前提となる条件を満たしていなければならない。
教育の修了の他にも、満年齢や前提となる別の資格を取得しなければならない場合、犯罪歴がないことなど、その条件は資格ごとに異なる。

部品: 一般教養試験
その職業に就くに値すると認められる水準の一般教養を身に着けているか、筆記試験にて判定を行う。
職種により、試験の要求水準は異なるが、筆記試験の合格が公的資格取得の条件のひとつになる。

部品: 専門試験
その職業に必要な知識または技能あるいは体力を有しているかを判定する試験であり、その合格が資格取得の条件の一つとなる。
筆記試験の場合もあれば、実技試験である場合もある。またその職種によっては実施しないこともある。

部品: 面接試験
その職業を就くに相応しい人柄であるか、また、対人能力に問題がないか等の、人格面の試験。
これに合格することが、資格取得の条件の一つとなる。ただし、職種によっては面接を行わない場合もある。

部品: 実地研修
その資格を必要とする職業について、実際の業務を体験し学習する研修期間。
資格取得の条件の一つとなる場合がある。
資格取得時点では研修を行わない場合もあるが、その場合は資格取得後、実際にその職業に就いた際に研修を行うことになる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "職業の公的資格の取得",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "受験資格の取得",
"description": "公的資格試験を受けるためには、高校や大学の卒業といった、前提となる条件を満たしていなければならない。\n教育の修了の他にも、満年齢や前提となる別の資格を取得しなければならない場合、犯罪歴がないことなど、その条件は資格ごとに異なる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "一般教養試験",
"description": "その職業に就くに値すると認められる水準の一般教養を身に着けているか、筆記試験にて判定を行う。\n職種により、試験の要求水準は異なるが、筆記試験の合格が公的資格取得の条件のひとつになる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "専門試験",
"description": "その職業に必要な知識または技能あるいは体力を有しているかを判定する試験であり、その合格が資格取得の条件の一つとなる。\n筆記試験の場合もあれば、実技試験である場合もある。またその職種によっては実施しないこともある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "面接試験",
"description": "その職業を就くに相応しい人柄であるか、また、対人能力に問題がないか等の、人格面の試験。\nこれに合格することが、資格取得の条件の一つとなる。ただし、職種によっては面接を行わない場合もある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "実地研修",
"description": "その資格を必要とする職業について、実際の業務を体験し学習する研修期間。\n資格取得の条件の一つとなる場合がある。\n資格取得時点では研修を行わない場合もあるが、その場合は資格取得後、実際にその職業に就いた際に研修を行うことになる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2822] [固定リンク][非] 大部品:組織方針の決定権限 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/15(Tue) 21:09:13

マネジメント能力のうち、方針決定を切り出した大部品となります。
主に管理職・指揮官の部品として使うものです。


*部品構造

-大部品: 組織方針の決定権限 RD:6 評価値:4
--部品: 業務目標の設定
--部品: 組織能力の把握と理解
--部品: 情勢把握と分析
--部品: 目標達成に向けた計画作成
--部品: 上長との意思疎通・認識共有
--部品: 方針決定とその共有



*部品定義

**部品: 業務目標の設定
担当する部署の設立目的に合わせ、業務の目標を設定するのが指揮者・管理者の主要な業務の一つである。
『どこにたどり着くのか』を決める事が出来るのは責任ある立場の人間だけであり、同時に大事な責務と言えるだろう。

**部品: 組織能力の把握と理解
担当する組織に何ができて何ができないのか、どう発展させていくべきかという観点も含めて理解しておくこと、
『今どこにいるのか』をしっかりと知ることが、指揮命令者が一番にすべきこととされる。
ゴール地点がわからなければ進めないのと同じように、スタート地点がわからなければ最初の一歩が踏み出せない。

**部品: 情勢把握と分析
自組織の把握と共に、組織外の現状も可能な限り知っておくことが重要になる。
目標に続く複数の道のうち、どの道をどう選ぶのが最善であるかを判断するには情報が欠かせない。

**部品: 目標達成に向けた計画作成
手に入った情報の範囲で、目標の達成手段を検討し、そこにたどり着くための業務計画を作成する事になる。
現状を鑑みて目標達成が難しいと判断される場合、より未来の状況も考えた上で目標を再設定する事もありうる。
計画は到達地点から逆算して中間目標を幾つか設定し、更にその中間目標を達成するためのやり方を逆算して肉付けしていく形が効果的とされる。
途中でトラブルが発生するケースなども予め想定しておくことで、計画の頓挫を防ぎ、目標達成の確率を高める事に繋がる。

**部品: 上長との意思疎通・認識共有
担当組織の外、特に部署の上位組織との間で、設定する目標やそこに到達するための計画についての認識共有を行っておくことは必要不可欠になる。
自身に部署の決裁権があるとしても、自身の任命権及び任命責任は上位組織の管理職、上長にあるので、
自身が担当組織の情報を求めるのと同じように、上長に適切に情報を提供し、担当組織の活動を認め、必要に応じてサポートを受けられる体制を作っておかなければならない。
(なお、指揮権を行使できる範囲の提携先を含めた下部組織は、自身の指揮担当範囲として考える)

**部品: 方針決定とその共有
組織の運用計画が完成したところで、最終的にその計画に決裁を下し、実施するかどうか選ばなければならない。
計画の作成、特に具体化の項目については、指揮命令者がこれを直接担当する必要はあまりないが、
作成された計画の是非を判断することは指揮命令者の絶対の役割である。
極論を言えば指揮命令者は決断を下すことのみが仕事であり、その他の職務はその決断をよりスムーズかつ適切に行うためのものであると言える。



*提出書式

大部品: 組織方針の決定権限 RD:6 評価値:4
-部品: 業務目標の設定
-部品: 組織能力の把握と理解
-部品: 情勢把握と分析
-部品: 目標達成に向けた計画作成
-部品: 上長との意思疎通・認識共有
-部品: 方針決定とその共有


部品: 業務目標の設定
担当する部署の設立目的に合わせ、業務の目標を設定するのが指揮者・管理者の主要な業務の一つである。
『どこにたどり着くのか』を決める事が出来るのは責任ある立場の人間だけであり、同時に大事な責務と言えるだろう。

部品: 組織能力の把握と理解
担当する組織に何ができて何ができないのか、どう発展させていくべきかという観点も含めて理解しておくこと、
『今どこにいるのか』をしっかりと知ることが、指揮命令者が一番にすべきこととされる。
ゴール地点がわからなければ進めないのと同じように、スタート地点がわからなければ最初の一歩が踏み出せない。

部品: 情勢把握と分析
自組織の把握と共に、組織外の現状も可能な限り知っておくことが重要になる。
目標に続く複数の道のうち、どの道をどう選ぶのが最善であるかを判断するには情報が欠かせない。

部品: 目標達成に向けた計画作成
手に入った情報の範囲で、目標の達成手段を検討し、そこにたどり着くための業務計画を作成する事になる。
現状を鑑みて目標達成が難しいと判断される場合、より未来の状況も考えた上で目標を再設定する事もありうる。
計画は到達地点から逆算して中間目標を幾つか設定し、更にその中間目標を達成するためのやり方を逆算して肉付けしていく形が効果的とされる。
途中でトラブルが発生するケースなども予め想定しておくことで、計画の頓挫を防ぎ、目標達成の確率を高める事に繋がる。

部品: 上長との意思疎通・認識共有
担当組織の外、特に部署の上位組織との間で、設定する目標やそこに到達するための計画についての認識共有を行っておくことは必要不可欠になる。
自身に部署の決裁権があるとしても、自身の任命権及び任命責任は上位組織の管理職、上長にあるので、
自身が担当組織の情報を求めるのと同じように、上長に適切に情報を提供し、担当組織の活動を認め、必要に応じてサポートを受けられる体制を作っておかなければならない。
(なお、指揮権を行使できる範囲の提携先を含めた下部組織は、自身の指揮担当範囲として考える)

部品: 方針決定とその共有
組織の運用計画が完成したところで、最終的にその計画に決裁を下し、実施するかどうか選ばなければならない。
計画の作成、特に具体化の項目については、指揮命令者がこれを直接担当する必要はあまりないが、
作成された計画の是非を判断することは指揮命令者の絶対の役割である。
極論を言えば指揮命令者は決断を下すことのみが仕事であり、その他の職務はその決断をよりスムーズかつ適切に行うためのものであると言える。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "組織方針の決定権限",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "業務目標の設定",
"description": "担当する部署の設立目的に合わせ、業務の目標を設定するのが指揮者・管理者の主要な業務の一つである。\n『どこにたどり着くのか』を決める事が出来るのは責任ある立場の人間だけであり、同時に大事な責務と言えるだろう。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "組織能力の把握と理解",
"description": "担当する組織に何ができて何ができないのか、どう発展させていくべきかという観点も含めて理解しておくこと、\n『今どこにいるのか』をしっかりと知ることが、指揮命令者が一番にすべきこととされる。\nゴール地点がわからなければ進めないのと同じように、スタート地点がわからなければ最初の一歩が踏み出せない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "情勢把握と分析",
"description": "自組織の把握と共に、組織外の現状も可能な限り知っておくことが重要になる。\n目標に続く複数の道のうち、どの道をどう選ぶのが最善であるかを判断するには情報が欠かせない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "目標達成に向けた計画作成",
"description": "手に入った情報の範囲で、目標の達成手段を検討し、そこにたどり着くための業務計画を作成する事になる。\n現状を鑑みて目標達成が難しいと判断される場合、より未来の状況も考えた上で目標を再設定する事もありうる。\n計画は到達地点から逆算して中間目標を幾つか設定し、更にその中間目標を達成するためのやり方を逆算して肉付けしていく形が効果的とされる。\n途中でトラブルが発生するケースなども予め想定しておくことで、計画の頓挫を防ぎ、目標達成の確率を高める事に繋がる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "上長との意思疎通・認識共有",
"description": "担当組織の外、特に部署の上位組織との間で、設定する目標やそこに到達するための計画についての認識共有を行っておくことは必要不可欠になる。\n自身に部署の決裁権があるとしても、自身の任命権及び任命責任は上位組織の管理職、上長にあるので、\n自身が担当組織の情報を求めるのと同じように、上長に適切に情報を提供し、担当組織の活動を認め、必要に応じてサポートを受けられる体制を作っておかなければならない。\n(なお、指揮権を行使できる範囲の提携先を含めた下部組織は、自身の指揮担当範囲として考える)",
"part_type": "part"
},

{ "title": "方針決定とその共有",
"description": "組織の運用計画が完成したところで、最終的にその計画に決裁を下し、実施するかどうか選ばなければならない。\n計画の作成、特に具体化の項目については、指揮命令者がこれを直接担当する必要はあまりないが、\n作成された計画の是非を判断することは指揮命令者の絶対の役割である。\n極論を言えば指揮命令者は決断を下すことのみが仕事であり、その他の職務はその決断をよりスムーズかつ適切に行うためのものであると言える。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2832] [固定リンク][非] 大部品:4年間の士官教育 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 00:13:28

*部品構造

-大部品: 4年間の士官教育 RD:12 評価値:6
--部品: 入隊選考
--大部品: 新兵訓練 RD:8 評価値:5
---部品: 基本教練
---部品: 各個戦闘訓練
---部品: 小銃の取り扱い訓練
---部品: 野外訓練
---部品: 衛生訓練
---部品: 地形訓練
---部品: 体力訓練
---部品: 愛国教育
--部品: 訓練生活
--部品: 訓練教官
--部品: 教育課程



*部品定義

**部品: 入隊選考
士官は、いずれ多くの部下を持ち、部隊を指揮しなければならない。
そのための教養があるか、また、持病や障害がないか、十分な体力があるかなどの選考が行われる。


**部品: 基本教練
敬礼や行進、整列といった軍隊としての基本的な動作を、号令に応じて迅速に、かつ一糸乱れぬ形で行えるように訓練する。
この訓練は、4年間の訓練期間が終わった後でも継続的に訓練を行う、基本中の基本となる訓練である。

**部品: 各個戦闘訓練
徒手格闘および、小銃を用いた戦闘訓練を実施して、戦闘の基礎を学ぶ。
この訓練では、新兵同士の訓練もしばしば行う。

**部品: 小銃の取り扱い訓練
小銃の仕組みについて学び、分解、整備、管理方法等、小銃を装備するための訓練を行う。
また、当然ながら射撃の訓練も実施する。

**部品: 野外訓練
野外において、地図の読み方、コンパスの利用方法などの実地訓練を行い、ランドナビゲーションの能力を身につける。
また、飯盒炊爨やキャンプの設営などの野外生活の訓練及び、サバイバル訓練を行う。

**部品: 衛生訓練
この訓練では、応急処置や溺者救護等の救急法、患者の搬送要領を学ぶ。
負傷の内容を理解し、傷の手当てや止血帯の使用、脱水症状への対処など、適切な処置を判断、実施できるように訓練する。

**部品: 地形訓練
遠泳訓練やスキー訓練、砂漠におけるサバイバル訓練等、その地域ごとの特殊な地形に適応するための訓練を行う。
この訓練は基本的に部隊単位で実施し、協調性を身に付けるための訓練でもある。

**部品: 体力訓練
当然のことながら、軍人には高い身体能力が要求される。
このため、訓練中は日夜厳しいトレーニングが課されるほか、日々の食事についても、栄養管理が徹底される。

**部品: 愛国教育
軍人は命を懸けて戦わなければならない。
その時がやってきた時に、何のために戦うのか、その拠り所がなければ、兵は命を懸けられない。
自分の周囲の人を愛し、その日々の基盤となる国を愛し、それを守る意味を見つける。
そうした愛国教育は兵にとって戦う拠り所となるとともに、その力を身勝手な理由で振るうのを止める抑止力ともなる。

**部品: 訓練生活
訓練中は休暇を除き、基地の中で生活する。
この生活も訓練の一環であり、軍において自分のことは全て自分でできるよう、掃除洗濯といった日常のことも自分で行えるよう訓練を行う。
また、訓練教官は命令には絶対服従という軍隊の大前提を身に付けさせるため、時には理不尽にも思える命令を行うこともある。
加えて、誰か一人のミスが部隊全員の生命に関わるため、連帯責任を取らせるといったことも訓練の一環である。

**部品: 訓練教官
訓練における教官は、教育隊といった専門の軍人の他、訓練生活などでは先輩訓練生が後輩の教官となる。
これは、一兵士としての訓練だけでなく、その上官として部下を監督、指揮し、自律的に行動できるようにするための訓練の一環である。

**部品: 教育課程
軍事訓練はもちろんのことながら、士官として必要な知識の教育も行われる。
これは、「軍事学基礎」「国防論」「軍事史序論」「戦略」「作戦」「軍事と科学技術」「統率」及び「国際情勢と安全保障」といった軍事学はもちろん、外国語や体育学のほか、人文科学、社会学、理工学などといた教養についても、大学レベルの教育を行う。



*提出書式

大部品: 4年間の士官教育 RD:12 評価値:6
-部品: 入隊選考
-大部品: 新兵訓練 RD:8 評価値:5
--部品: 基本教練
--部品: 各個戦闘訓練
--部品: 小銃の取り扱い訓練
--部品: 野外訓練
--部品: 衛生訓練
--部品: 地形訓練
--部品: 体力訓練
--部品: 愛国教育
-部品: 訓練生活
-部品: 訓練教官
-部品: 教育課程


部品: 入隊選考
士官は、いずれ多くの部下を持ち、部隊を指揮しなければならない。
そのための教養があるか、また、持病や障害がないか、十分な体力があるかなどの選考が行われる。


部品: 基本教練
敬礼や行進、整列といった軍隊としての基本的な動作を、号令に応じて迅速に、かつ一糸乱れぬ形で行えるように訓練する。
この訓練は、4年間の訓練期間が終わった後でも継続的に訓練を行う、基本中の基本となる訓練である。

部品: 各個戦闘訓練
徒手格闘および、小銃を用いた戦闘訓練を実施して、戦闘の基礎を学ぶ。
この訓練では、新兵同士の訓練もしばしば行う。

部品: 小銃の取り扱い訓練
小銃の仕組みについて学び、分解、整備、管理方法等、小銃を装備するための訓練を行う。
また、当然ながら射撃の訓練も実施する。

部品: 野外訓練
野外において、地図の読み方、コンパスの利用方法などの実地訓練を行い、ランドナビゲーションの能力を身につける。
また、飯盒炊爨やキャンプの設営などの野外生活の訓練及び、サバイバル訓練を行う。

部品: 衛生訓練
この訓練では、応急処置や溺者救護等の救急法、患者の搬送要領を学ぶ。
負傷の内容を理解し、傷の手当てや止血帯の使用、脱水症状への対処など、適切な処置を判断、実施できるように訓練する。

部品: 地形訓練
遠泳訓練やスキー訓練、砂漠におけるサバイバル訓練等、その地域ごとの特殊な地形に適応するための訓練を行う。
この訓練は基本的に部隊単位で実施し、協調性を身に付けるための訓練でもある。

部品: 体力訓練
当然のことながら、軍人には高い身体能力が要求される。
このため、訓練中は日夜厳しいトレーニングが課されるほか、日々の食事についても、栄養管理が徹底される。

部品: 愛国教育
軍人は命を懸けて戦わなければならない。
その時がやってきた時に、何のために戦うのか、その拠り所がなければ、兵は命を懸けられない。
自分の周囲の人を愛し、その日々の基盤となる国を愛し、それを守る意味を見つける。
そうした愛国教育は兵にとって戦う拠り所となるとともに、その力を身勝手な理由で振るうのを止める抑止力ともなる。

部品: 訓練生活
訓練中は休暇を除き、基地の中で生活する。
この生活も訓練の一環であり、軍において自分のことは全て自分でできるよう、掃除洗濯といった日常のことも自分で行えるよう訓練を行う。
また、訓練教官は命令には絶対服従という軍隊の大前提を身に付けさせるため、時には理不尽にも思える命令を行うこともある。
加えて、誰か一人のミスが部隊全員の生命に関わるため、連帯責任を取らせるといったことも訓練の一環である。

部品: 訓練教官
訓練における教官は、教育隊といった専門の軍人の他、訓練生活などでは先輩訓練生が後輩の教官となる。
これは、一兵士としての訓練だけでなく、その上官として部下を監督、指揮し、自律的に行動できるようにするための訓練の一環である。

部品: 教育課程
軍事訓練はもちろんのことながら、士官として必要な知識の教育も行われる。
これは、「軍事学基礎」「国防論」「軍事史序論」「戦略」「作戦」「軍事と科学技術」「統率」及び「国際情勢と安全保障」といった軍事学はもちろん、外国語や体育学のほか、人文科学、社会学、理工学などといた教養についても、大学レベルの教育を行う。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "4年間の士官教育",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "入隊選考",
"description": "士官は、いずれ多くの部下を持ち、部隊を指揮しなければならない。\nそのための教養があるか、また、持病や障害がないか、十分な体力があるかなどの選考が行われる。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "新兵訓練",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "基本教練",
"description": "敬礼や行進、整列といった軍隊としての基本的な動作を、号令に応じて迅速に、かつ一糸乱れぬ形で行えるように訓練する。\nこの訓練は、4年間の訓練期間が終わった後でも継続的に訓練を行う、基本中の基本となる訓練である。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "各個戦闘訓練",
"description": "徒手格闘および、小銃を用いた戦闘訓練を実施して、戦闘の基礎を学ぶ。\nこの訓練では、新兵同士の訓練もしばしば行う。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "小銃の取り扱い訓練",
"description": "小銃の仕組みについて学び、分解、整備、管理方法等、小銃を装備するための訓練を行う。\nまた、当然ながら射撃の訓練も実施する。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "野外訓練",
"description": "野外において、地図の読み方、コンパスの利用方法などの実地訓練を行い、ランドナビゲーションの能力を身につける。\nまた、飯盒炊爨やキャンプの設営などの野外生活の訓練及び、サバイバル訓練を行う。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "衛生訓練",
"description": "この訓練では、応急処置や溺者救護等の救急法、患者の搬送要領を学ぶ。\n負傷の内容を理解し、傷の手当てや止血帯の使用、脱水症状への対処など、適切な処置を判断、実施できるように訓練する。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "地形訓練",
"description": "遠泳訓練やスキー訓練、砂漠におけるサバイバル訓練等、その地域ごとの特殊な地形に適応するための訓練を行う。\nこの訓練は基本的に部隊単位で実施し、協調性を身に付けるための訓練でもある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "体力訓練",
"description": "当然のことながら、軍人には高い身体能力が要求される。\nこのため、訓練中は日夜厳しいトレーニングが課されるほか、日々の食事についても、栄養管理が徹底される。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "愛国教育",
"description": "軍人は命を懸けて戦わなければならない。\nその時がやってきた時に、何のために戦うのか、その拠り所がなければ、兵は命を懸けられない。\n自分の周囲の人を愛し、その日々の基盤となる国を愛し、それを守る意味を見つける。\nそうした愛国教育は兵にとって戦う拠り所となるとともに、その力を身勝手な理由で振るうのを止める抑止力ともなる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "訓練生活",
"description": "訓練中は休暇を除き、基地の中で生活する。\nこの生活も訓練の一環であり、軍において自分のことは全て自分でできるよう、掃除洗濯といった日常のことも自分で行えるよう訓練を行う。\nまた、訓練教官は命令には絶対服従という軍隊の大前提を身に付けさせるため、時には理不尽にも思える命令を行うこともある。\n加えて、誰か一人のミスが部隊全員の生命に関わるため、連帯責任を取らせるといったことも訓練の一環である。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "訓練教官",
"description": "訓練における教官は、教育隊といった専門の軍人の他、訓練生活などでは先輩訓練生が後輩の教官となる。\nこれは、一兵士としての訓練だけでなく、その上官として部下を監督、指揮し、自律的に行動できるようにするための訓練の一環である。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "教育課程",
"description": "軍事訓練はもちろんのことながら、士官として必要な知識の教育も行われる。\nこれは、「軍事学基礎」「国防論」「軍事史序論」「戦略」「作戦」「軍事と科学技術」「統率」及び「国際情勢と安全保障」といった軍事学はもちろん、外国語や体育学のほか、人文科学、社会学、理工学などといた教養についても、大学レベルの教育を行う。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2833] [固定リンク][非] 大部品:個人事業主 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/17(Thu) 00:46:24

独立採算で労働する自営業の人を表現するための大部品です。
組織に所属しない、という側面を強調する場合に使ってください。

*部品構造

-大部品: 個人事業主 RD:4 評価値:3
--部品: 会社組織を持たない職業
--部品: 独立した経営
--部品: 裁量の広さ
--部品: 人脈という資産の重さ



*部品定義

**部品: 会社組織を持たない職業
法的に会社組織へ所属せずに収入を得る職業の場合、それは個人事業主・自営業者などと呼ばれる。
会社組織との仕事で報酬を受け取っている場合でも、その組織に所属していると扱われない場合は個人事業主となる。

**部品: 独立した経営
会社組織の場合は組織そのものが財産を保有するが、個人事業主は個人として保有する財産をそのまま自らの職務の財源として扱う事になる。
同じように、獲得した報酬は全て個人の財産として扱われるが、所得額に応じて国家から税がかかる事は会社組織に所属する労働者と変わらない。
会社組織に対する税的優遇がある藩国の場合、個人事業主は優遇対象とならないために不利とされる。
ただし、経営が組織の思惑によって左右される事なく、個人の意思と決断によって動かせる事が利点となる場合もある。


**部品: 裁量の広さ
組織とは多数の人間が効率よく働くために作られるものであるため、個人を含めた少人数での活動に向かない場合が多々ある。
個人事業主としての労働者が成立するのは、少人数でなければできない仕事、少人数である方がうまくいく仕事が存在するためで、
個人の判断でより効果的と考える就労環境を自分で作ることができるのが、個人事業主の利点の大きな一つと言える。
もちろん、裁量の広さは責任の範囲の広さでもあるため、失敗した場合の負担を大きく背負う事になる。

**部品: 人脈という資産の重さ
個人事業主として活動する場合、収入を得るためには労働や成果物を誰かに買い取ってもらわなければならず、
買い手との信頼関係がなければ成り立たない。
この信頼関係を築けている相手との人脈は何物にも代えがたく、人脈の広さは個人事業主にとっての生命線と言える。



*提出書式

大部品: 個人事業主 RD:4 評価値:3
-部品: 会社組織を持たない職業
-部品: 独立した経営
-部品: 裁量の広さ
-部品: 人脈という資産の重さ


部品: 会社組織を持たない職業
法的に会社組織へ所属せずに収入を得る職業の場合、それは個人事業主・自営業者などと呼ばれる。
会社組織との仕事で報酬を受け取っている場合でも、その組織に所属していると扱われない場合は個人事業主となる。

部品: 独立した経営
会社組織の場合は組織そのものが財産を保有するが、個人事業主は個人として保有する財産をそのまま自らの職務の財源として扱う事になる。
同じように、獲得した報酬は全て個人の財産として扱われるが、所得額に応じて国家から税がかかる事は会社組織に所属する労働者と変わらない。
会社組織に対する税的優遇がある藩国の場合、個人事業主は優遇対象とならないために不利とされる。
ただし、経営が組織の思惑によって左右される事なく、個人の意思と決断によって動かせる事が利点となる場合もある。


部品: 裁量の広さ
組織とは多数の人間が効率よく働くために作られるものであるため、個人を含めた少人数での活動に向かない場合が多々ある。
個人事業主としての労働者が成立するのは、少人数でなければできない仕事、少人数である方がうまくいく仕事が存在するためで、
個人の判断でより効果的と考える就労環境を自分で作ることができるのが、個人事業主の利点の大きな一つと言える。
もちろん、裁量の広さは責任の範囲の広さでもあるため、失敗した場合の負担を大きく背負う事になる。

部品: 人脈という資産の重さ
個人事業主として活動する場合、収入を得るためには労働や成果物を誰かに買い取ってもらわなければならず、
買い手との信頼関係がなければ成り立たない。
この信頼関係を築けている相手との人脈は何物にも代えがたく、人脈の広さは個人事業主にとっての生命線と言える。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "個人事業主",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "会社組織を持たない職業",
"description": "法的に会社組織へ所属せずに収入を得る職業の場合、それは個人事業主・自営業者などと呼ばれる。\n会社組織との仕事で報酬を受け取っている場合でも、その組織に所属していると扱われない場合は個人事業主となる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "独立した経営",
"description": "会社組織の場合は組織そのものが財産を保有するが、個人事業主は個人として保有する財産をそのまま自らの職務の財源として扱う事になる。\n同じように、獲得した報酬は全て個人の財産として扱われるが、所得額に応じて国家から税がかかる事は会社組織に所属する労働者と変わらない。\n会社組織に対する税的優遇がある藩国の場合、個人事業主は優遇対象とならないために不利とされる。\nただし、経営が組織の思惑によって左右される事なく、個人の意思と決断によって動かせる事が利点となる場合もある。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": " 裁量の広さ",
"description": "組織とは多数の人間が効率よく働くために作られるものであるため、個人を含めた少人数での活動に向かない場合が多々ある。\n個人事業主としての労働者が成立するのは、少人数でなければできない仕事、少人数である方がうまくいく仕事が存在するためで、\n個人の判断でより効果的と考える就労環境を自分で作ることができるのが、個人事業主の利点の大きな一つと言える。\nもちろん、裁量の広さは責任の範囲の広さでもあるため、失敗した場合の負担を大きく背負う事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "人脈という資産の重さ",
"description": "個人事業主として活動する場合、収入を得るためには労働や成果物を誰かに買い取ってもらわなければならず、\n買い手との信頼関係がなければ成り立たない。\nこの信頼関係を築けている相手との人脈は何物にも代えがたく、人脈の広さは個人事業主にとっての生命線と言える。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2836] [固定リンク][非] 大部品:徒弟制度 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 18:51:55

*部品構造

-大部品: 徒弟制度 RD:4 評価値:3
--部品: 数年にわたる弟子としての下積み
--部品: 豊富な実務経験を得る
--部品: 師匠から独り立ちを認められる
--部品: 弟子を育ててこそ一人前と見られる



*部品定義

**部品: 数年にわたる弟子としての下積み
ある職種においては、その業務を遂行する技術やノウハウを習得するために見習いや弟子として、指導者の元で修行をする必要がある。これは職種にもよるが、一般に3年から6年程度に渡る。
職能教育のひとつであるが、学校における画一されたカリキュラムとは異なり、師匠から直接の指導を受ける形となるため、より実践的な内容となることが多い。
また、逆に言えば師匠から技術を伝える価値があると認められる必要がある。
歴史を遡れば師匠の家に住み込み衣食住の保証以外はほぼ無給というケースも多かったが、現在では徒弟としての下積み期間中も労働に対する適正な対価が与えられる。

**部品: 豊富な実務経験を得る
徒弟制度においては、指導者の指示のもと、本人の現在の技術で遂行可能であると認められる業務を任せられることも多い。
弟子になりたてた段階では、それこそ職場の掃除などから始まることが多いが、指導が進むにつれて任せられる仕事の範囲は増えていく。
技術に見合った実務としてこなせる仕事が着実に増えていくため、弟子としての修行が終わるころには一通りの業務を遂行可能となる。

**部品: 師匠から独り立ちを認められる
師匠から十分な実力がついたと認められたものだけが、見習いを卒業し、独り立ちのできる職人として扱われる。
このため、徒弟制度のある職種において、職人と呼ばれる者は必ず一定以上の実力を持つことになる。
職人となってすぐに自身の店舗や工房を持つ者もいれば、そのまま師匠の元で仕事を続ける者もいる。

**部品: 弟子を育ててこそ一人前と見られる
徒弟制度においては、職人と認められたあとも、本当の意味での一人前とは見られない。
自身の腕を磨き、その技術を後進に伝える。つまりは弟子を育てて、初めて一人前となるのである。
もちろん、職人になったばかりですぐに弟子を育てられるわけはない。まずは人へ教えられるほどに自身の腕を高め、弟子を育てる余裕が持てるだけの仕事を請けられるようになる必要がある。多くの職人は、まずはそれを目標に仕事をすることになる。



*提出書式

大部品: 徒弟制度 RD:4 評価値:3
-部品: 数年にわたる弟子としての下積み
-部品: 豊富な実務経験を得る
-部品: 師匠から独り立ちを認められる
-部品: 弟子を育ててこそ一人前と見られる


部品: 数年にわたる弟子としての下積み
ある職種においては、その業務を遂行する技術やノウハウを習得するために見習いや弟子として、指導者の元で修行をする必要がある。これは職種にもよるが、一般に3年から6年程度に渡る。
職能教育のひとつであるが、学校における画一されたカリキュラムとは異なり、師匠から直接の指導を受ける形となるため、より実践的な内容となることが多い。
また、逆に言えば師匠から技術を伝える価値があると認められる必要がある。
歴史を遡れば師匠の家に住み込み衣食住の保証以外はほぼ無給というケースも多かったが、現在では徒弟としての下積み期間中も労働に対する適正な対価が与えられる。

部品: 豊富な実務経験を得る
徒弟制度においては、指導者の指示のもと、本人の現在の技術で遂行可能であると認められる業務を任せられることも多い。
弟子になりたてた段階では、それこそ職場の掃除などから始まることが多いが、指導が進むにつれて任せられる仕事の範囲は増えていく。
技術に見合った実務としてこなせる仕事が着実に増えていくため、弟子としての修行が終わるころには一通りの業務を遂行可能となる。

部品: 師匠から独り立ちを認められる
師匠から十分な実力がついたと認められたものだけが、見習いを卒業し、独り立ちのできる職人として扱われる。
このため、徒弟制度のある職種において、職人と呼ばれる者は必ず一定以上の実力を持つことになる。
職人となってすぐに自身の店舗や工房を持つ者もいれば、そのまま師匠の元で仕事を続ける者もいる。

部品: 弟子を育ててこそ一人前と見られる
徒弟制度においては、職人と認められたあとも、本当の意味での一人前とは見られない。
自身の腕を磨き、その技術を後進に伝える。つまりは弟子を育てて、初めて一人前となるのである。
もちろん、職人になったばかりですぐに弟子を育てられるわけはない。まずは人へ教えられるほどに自身の腕を高め、弟子を育てる余裕が持てるだけの仕事を請けられるようになる必要がある。多くの職人は、まずはそれを目標に仕事をすることになる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "徒弟制度",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "数年にわたる弟子としての下積み",
"description": "ある職種においては、その業務を遂行する技術やノウハウを習得するために見習いや弟子として、指導者の元で修行をする必要がある。これは職種にもよるが、一般に3年から6年程度に渡る。\n職能教育のひとつであるが、学校における画一されたカリキュラムとは異なり、師匠から直接の指導を受ける形となるため、より実践的な内容となることが多い。\nまた、逆に言えば師匠から技術を伝える価値があると認められる必要がある。\n歴史を遡れば師匠の家に住み込み衣食住の保証以外はほぼ無給というケースも多かったが、現在では徒弟としての下積み期間中も労働に対する適正な対価が与えられる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "豊富な実務経験を得る",
"description": "徒弟制度においては、指導者の指示のもと、本人の現在の技術で遂行可能であると認められる業務を任せられることも多い。\n弟子になりたてた段階では、それこそ職場の掃除などから始まることが多いが、指導が進むにつれて任せられる仕事の範囲は増えていく。\n技術に見合った実務としてこなせる仕事が着実に増えていくため、弟子としての修行が終わるころには一通りの業務を遂行可能となる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "師匠から独り立ちを認められる",
"description": "師匠から十分な実力がついたと認められたものだけが、見習いを卒業し、独り立ちのできる職人として扱われる。\nこのため、徒弟制度のある職種において、職人と呼ばれる者は必ず一定以上の実力を持つことになる。\n職人となってすぐに自身の店舗や工房を持つ者もいれば、そのまま師匠の元で仕事を続ける者もいる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "弟子を育ててこそ一人前と見られる",
"description": "徒弟制度においては、職人と認められたあとも、本当の意味での一人前とは見られない。\n自身の腕を磨き、その技術を後進に伝える。つまりは弟子を育てて、初めて一人前となるのである。\nもちろん、職人になったばかりですぐに弟子を育てられるわけはない。まずは人へ教えられるほどに自身の腕を高め、弟子を育てる余裕が持てるだけの仕事を請けられるようになる必要がある。多くの職人は、まずはそれを目標に仕事をすることになる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2842] [固定リンク][非] 大部品:調理技術 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 23:13:23

*部品構造

-大部品: 調理技術 RD:4 評価値:3
--部品: 包丁を扱う技術
--部品: 基本的な調理技術
--部品: 味を調える技術
--部品: 衛生観念の教育と遵守



*部品定義

**部品: 包丁を扱う技術
調理の基本として挙げられる技術のひとつに包丁の扱いがある。
野菜であれば食材の皮をむき、肉や魚から骨や鱗を取り除く。味が染み易いように、食べやすいように、見目が良くなるように食材の形を整える。
これらの作業の第一歩となるのが包丁の扱いを知ることである。

**部品: 基本的な調理技術
調理することは食材に火を通すこと、と言い換えてもよいくらいに切り離せない関係にある。
焼く、煮る、揚げる、炒める、蒸すといった技術は、特に頻繁に用いられる調理法であり、これらを体得している必要がある。

**部品: 味を調える技術
甘味、酸味、塩味、苦味、うま味といった五つの味わいが基本となり、これらの組み合わせを考えバランスをとることが、調理をする上で重要な技術のひとつである。また、辛味や渋みなどといった要素もある。
食材本来の味を引き立たせるだけでなく、新しい味わいの提供や、逆に苦手な味を調理で誤魔化すといったことにも技術が求められる。

**部品: 衛生観念の教育と遵守
調理をするということは、それを食べる者がいるということだ。不衛生な状態での調理は健康を害することに繋がる。
どうすれば清潔な状態を保ち、安全な食事を提供できるかについての教育を受け、これを遵守することが求められる。



*提出書式

大部品: 調理技術 RD:4 評価値:3
-部品: 包丁を扱う技術
-部品: 基本的な調理技術
-部品: 味を調える技術
-部品: 衛生観念の教育と遵守


部品: 包丁を扱う技術
調理の基本として挙げられる技術のひとつに包丁の扱いがある。
野菜であれば食材の皮をむき、肉や魚から骨や鱗を取り除く。味が染み易いように、食べやすいように、見目が良くなるように食材の形を整える。
これらの作業の第一歩となるのが包丁の扱いを知ることである。

部品: 基本的な調理技術
調理することは食材に火を通すこと、と言い換えてもよいくらいに切り離せない関係にある。
焼く、煮る、揚げる、炒める、蒸すといった技術は、特に頻繁に用いられる調理法であり、これらを体得している必要がある。

部品: 味を調える技術
甘味、酸味、塩味、苦味、うま味といった五つの味わいが基本となり、これらの組み合わせを考えバランスをとることが、調理をする上で重要な技術のひとつである。また、辛味や渋みなどといった要素もある。
食材本来の味を引き立たせるだけでなく、新しい味わいの提供や、逆に苦手な味を調理で誤魔化すといったことにも技術が求められる。

部品: 衛生観念の教育と遵守
調理をするということは、それを食べる者がいるということだ。不衛生な状態での調理は健康を害することに繋がる。
どうすれば清潔な状態を保ち、安全な食事を提供できるかについての教育を受け、これを遵守することが求められる。




*インポート用定義データ


[
{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "調理の基本として挙げられる技術のひとつに包丁の扱いがある。\n野菜であれば食材の皮をむき、肉や魚から骨や鱗を取り除く。味が染み易いように、食べやすいように、見目が良くなるように食材の形を整える。\nこれらの作業の第一歩となるのが包丁の扱いを知ることである。",
"id": 3485,
"part_type": "part",
"title": "包丁を扱う技術"
},

{ "children": [],
"description": "調理することは食材に火を通すこと、と言い換えてもよいくらいに切り離せない関係にある。\n焼く、煮る、揚げる、炒める、蒸すといった技術は、特に頻繁に用いられる調理法であり、これらを体得している必要がある。",
"id": 3486,
"part_type": "part",
"title": "基本的な調理技術"
},

{ "children": [],
"description": "甘味、酸味、塩味、苦味、うま味といった五つの味わいが基本となり、これらの組み合わせを考えバランスをとることが、調理をする上で重要な技術のひとつである。また、辛味や渋みなどといった要素もある。\n食材本来の味を引き立たせるだけでなく、新しい味わいの提供や、逆に苦手な味を調理で誤魔化すといったことにも技術が求められる。",
"id": 3487,
"part_type": "part",
"title": "味を調える技術"
},

{ "children": [],
"description": "調理をするということは、それを食べる者がいるということだ。不衛生な状態での調理は健康を害することに繋がる。\nどうすれば清潔な状態を保ち、安全な食事を提供できるかについての教育を受け、これを遵守することが求められる。",
"id": 3488,
"part_type": "part",
"title": "衛生観念の教育と遵守"
}
],
"description": null,
"id": 3484,
"part_type": "group",
"title": "調理技術"
}
]


[No.2843] [固定リンク][非] 大部品:新兵訓練 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 23:20:22

*部品構造

-大部品: 新兵訓練 RD:8 評価値:5
--部品: 基本教練
--部品: 各個戦闘訓練
--部品: 小銃の取り扱い訓練
--部品: 野外訓練
--部品: 衛生訓練
--部品: 地形訓練
--部品: 体力訓練
--部品: 愛国教育



*部品定義

**部品: 基本教練
敬礼や行進、整列といった軍隊としての基本的な動作を、号令に応じて迅速に、かつ一糸乱れぬ形で行えるように訓練する。
この訓練は、4年間の訓練期間が終わった後でも継続的に訓練を行う、基本中の基本となる訓練である。

**部品: 各個戦闘訓練
徒手格闘および、小銃を用いた戦闘訓練を実施して、戦闘の基礎を学ぶ。
この訓練では、新兵同士の訓練もしばしば行う。

**部品: 小銃の取り扱い訓練
小銃の仕組みについて学び、分解、整備、管理方法等、小銃を装備するための訓練を行う。
また、当然ながら射撃の訓練も実施する。

**部品: 野外訓練
野外において、地図の読み方、コンパスの利用方法などの実地訓練を行い、ランドナビゲーションの能力を身につける。
また、飯盒炊爨やキャンプの設営などの野外生活の訓練及び、サバイバル訓練を行う。

**部品: 衛生訓練
この訓練では、応急処置や溺者救護等の救急法、患者の搬送要領を学ぶ。
負傷の内容を理解し、傷の手当てや止血帯の使用、脱水症状への対処など、適切な処置を判断、実施できるように訓練する。

**部品: 地形訓練
遠泳訓練やスキー訓練、砂漠におけるサバイバル訓練等、その地域ごとの特殊な地形に適応するための訓練を行う。
この訓練は基本的に部隊単位で実施し、協調性を身に付けるための訓練でもある。

**部品: 体力訓練
当然のことながら、軍人には高い身体能力が要求される。
このため、訓練中は日夜厳しいトレーニングが課されるほか、日々の食事についても、栄養管理が徹底される。

**部品: 愛国教育
軍人は命を懸けて戦わなければならない。
その時がやってきた時に、何のために戦うのか、その拠り所がなければ、兵は命を懸けられない。
自分の周囲の人を愛し、その日々の基盤となる国を愛し、それを守る意味を見つける。
そうした愛国教育は兵にとって戦う拠り所となるとともに、その力を身勝手な理由で振るうのを止める抑止力ともなる。



*提出書式

大部品: 新兵訓練 RD:8 評価値:5
-部品: 基本教練
-部品: 各個戦闘訓練
-部品: 小銃の取り扱い訓練
-部品: 野外訓練
-部品: 衛生訓練
-部品: 地形訓練
-部品: 体力訓練
-部品: 愛国教育


部品: 基本教練
敬礼や行進、整列といった軍隊としての基本的な動作を、号令に応じて迅速に、かつ一糸乱れぬ形で行えるように訓練する。
この訓練は、4年間の訓練期間が終わった後でも継続的に訓練を行う、基本中の基本となる訓練である。

部品: 各個戦闘訓練
徒手格闘および、小銃を用いた戦闘訓練を実施して、戦闘の基礎を学ぶ。
この訓練では、新兵同士の訓練もしばしば行う。

部品: 小銃の取り扱い訓練
小銃の仕組みについて学び、分解、整備、管理方法等、小銃を装備するための訓練を行う。
また、当然ながら射撃の訓練も実施する。

部品: 野外訓練
野外において、地図の読み方、コンパスの利用方法などの実地訓練を行い、ランドナビゲーションの能力を身につける。
また、飯盒炊爨やキャンプの設営などの野外生活の訓練及び、サバイバル訓練を行う。

部品: 衛生訓練
この訓練では、応急処置や溺者救護等の救急法、患者の搬送要領を学ぶ。
負傷の内容を理解し、傷の手当てや止血帯の使用、脱水症状への対処など、適切な処置を判断、実施できるように訓練する。

部品: 地形訓練
遠泳訓練やスキー訓練、砂漠におけるサバイバル訓練等、その地域ごとの特殊な地形に適応するための訓練を行う。
この訓練は基本的に部隊単位で実施し、協調性を身に付けるための訓練でもある。

部品: 体力訓練
当然のことながら、軍人には高い身体能力が要求される。
このため、訓練中は日夜厳しいトレーニングが課されるほか、日々の食事についても、栄養管理が徹底される。

部品: 愛国教育
軍人は命を懸けて戦わなければならない。
その時がやってきた時に、何のために戦うのか、その拠り所がなければ、兵は命を懸けられない。
自分の周囲の人を愛し、その日々の基盤となる国を愛し、それを守る意味を見つける。
そうした愛国教育は兵にとって戦う拠り所となるとともに、その力を身勝手な理由で振るうのを止める抑止力ともなる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "新兵訓練",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "基本教練",
"description": "敬礼や行進、整列といった軍隊としての基本的な動作を、号令に応じて迅速に、かつ一糸乱れぬ形で行えるように訓練する。\nこの訓練は、4年間の訓練期間が終わった後でも継続的に訓練を行う、基本中の基本となる訓練である。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "各個戦闘訓練",
"description": "徒手格闘および、小銃を用いた戦闘訓練を実施して、戦闘の基礎を学ぶ。\nこの訓練では、新兵同士の訓練もしばしば行う。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "小銃の取り扱い訓練",
"description": "小銃の仕組みについて学び、分解、整備、管理方法等、小銃を装備するための訓練を行う。\nまた、当然ながら射撃の訓練も実施する。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "野外訓練",
"description": "野外において、地図の読み方、コンパスの利用方法などの実地訓練を行い、ランドナビゲーションの能力を身につける。\nまた、飯盒炊爨やキャンプの設営などの野外生活の訓練及び、サバイバル訓練を行う。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "衛生訓練",
"description": "この訓練では、応急処置や溺者救護等の救急法、患者の搬送要領を学ぶ。\n負傷の内容を理解し、傷の手当てや止血帯の使用、脱水症状への対処など、適切な処置を判断、実施できるように訓練する。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "地形訓練",
"description": "遠泳訓練やスキー訓練、砂漠におけるサバイバル訓練等、その地域ごとの特殊な地形に適応するための訓練を行う。\nこの訓練は基本的に部隊単位で実施し、協調性を身に付けるための訓練でもある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "体力訓練",
"description": "当然のことながら、軍人には高い身体能力が要求される。\nこのため、訓練中は日夜厳しいトレーニングが課されるほか、日々の食事についても、栄養管理が徹底される。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "愛国教育",
"description": "軍人は命を懸けて戦わなければならない。\nその時がやってきた時に、何のために戦うのか、その拠り所がなければ、兵は命を懸けられない。\n自分の周囲の人を愛し、その日々の基盤となる国を愛し、それを守る意味を見つける。\nそうした愛国教育は兵にとって戦う拠り所となるとともに、その力を身勝手な理由で振るうのを止める抑止力ともなる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2845] [固定リンク][非] 大部品:米作に関する知識と実践 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 23:49:44

*部品構造

-大部品: 米作に関する知識と実践 RD:6 評価値:4
--部品: 稲の田植え
--部品: 水田の管理
--部品: 稲刈り
--部品: 脱穀と乾燥
--部品: 籾摺り
--部品: 害虫・害獣への対処



*部品定義

**部品: 稲の田植え
稲の田植えは主に春ごろに行われる。
特に、現在では種まきから発芽、苗の生育までを別に行ってから、田へ植えかえる形で行われることが多い。
苗の状態まで正常に育ったもののみを植えることで、種の状態から直接生育するよりも田の中で生育不良が起きにくい。また、少数でまとめた苗を一定間隔ごとに植えることで成長時に他の苗と土地の栄養を奪い合うことが少なくなり、田の中で稲を潰さず移動することや成長後の稲刈りなどを容易に行うことができる。
高物理域においては機械化されており、苗を一定間隔で植えるための田植え機が用いられることが多い。
低物理域においては苗を入れた籠を背負って手で植えることが多い。一定間隔の目印をつけるために、格子状にした木や金属の網を円筒状にし、これを水田内で転がす方法が用いられることもある。

**部品: 水田の管理
水田は年間を通して管理が必要な土地である。
田植えを行う前に田を耕して冬から春にかけて固くなった土を柔らかくする必要がある。ここへ水を入れて再度耕し、水と土を混ぜてさらに柔らかく細かくする。耕し終わった後は土をならし、水田内の水深が一定となるようにする必要がある。
田植えを行ったあとは水量の調整を行い、苗が水没しないよう、また田が乾かないよう気を遣う必要がある。
肥料をやり、雑草をのぞき、稲がある程度成長したところで水を抜き、稲刈りが終わったあとにも再度田を耕す。
高物理域においては機械化されており、田を耕すための田起こし機などが使われることが多い。
低物理域においては家畜や人力で鍬やみつがを用いて田を耕すことが多い。

**部品: 稲刈り
稲の種類により時期は若干ずれるが晩夏から秋にかけて稲の穂が十分に実ったあとに稲刈りが行われる。
稲の食用部位は基本的に米だけであるが、刈り取りと脱穀を終えたあとの藁についても、家畜の餌としたり畑の畝を覆うことで雑草や保湿への対策としたりと活用法は多い。また、特別な使用をしない場合は、稲刈り後に田を耕す際に米ぬかなどと一緒に田へまかれ、来年の稲作のための肥料となる。
高物理域においては機械化されており、稲刈りと脱穀まで同時に行うコンバインなどが用いられることが多い。
低物理域においては鎌などを用いて手で借り入れを行うことが多い。

**部品: 脱穀と乾燥
刈り取った稲の穂から米(籾)の部分のみを回収することを脱穀と呼ぶ。脱穀の後、籾を乾燥させて水分を飛ばし、適切な温度・湿度の管理を行うことで米の長期保存が可能となる。
このとき、食用にする米と、来年の田植えで使用する種もみとを分け、継続的に稲作を行えるようにしている。
高物理域においては機械化されており、特に脱穀までは稲刈り機(コンバイン)が合わせて行ってくれることも多い。
低物理域においては天日干しによる乾燥を行ってから千歯こきなどで脱穀されることが多い。

**部品: 籾摺り
一般的な米作農家が米作りの最終段階として行うのが、籾摺りと呼ばれる工程である。これは籾から籾殻を取り除き、玄米の状態とすることを指す。
籾摺りが行われるのは当然ながら食用の米だけである。出荷のため袋などに一定の量を詰める作業も合わせて行われることが多い。
高物理域では機械化されているが、低物理域では臼などが用いられることもある。

**部品: 害虫・害獣への対処
田植えの直後の苗や稲が実った後の穂を狙う鳥や獣は多い。これに対抗するために田に光を反射するテープや紐を張ることで鳥が近づかないようにすることもある。
また、農薬をまくことで害虫や病気から守ることも必要である。ただし農薬は適量を超えれば逆に稲の生育や米を食べる者にも悪影響を与えるため、注意が必要である。
主義にもよるが農薬を使用せず、水田へ鴨を離すなどして害虫を食べさせるなどの農法も存在する。



*提出書式

大部品: 米作に関する知識と実践 RD:6 評価値:4
-部品: 稲の田植え
-部品: 水田の管理
-部品: 稲刈り
-部品: 脱穀と乾燥
-部品: 籾摺り
-部品: 害虫・害獣への対処


部品: 稲の田植え
稲の田植えは主に春ごろに行われる。
特に、現在では種まきから発芽、苗の生育までを別に行ってから、田へ植えかえる形で行われることが多い。
苗の状態まで正常に育ったもののみを植えることで、種の状態から直接生育するよりも田の中で生育不良が起きにくい。また、少数でまとめた苗を一定間隔ごとに植えることで成長時に他の苗と土地の栄養を奪い合うことが少なくなり、田の中で稲を潰さず移動することや成長後の稲刈りなどを容易に行うことができる。
高物理域においては機械化されており、苗を一定間隔で植えるための田植え機が用いられることが多い。
低物理域においては苗を入れた籠を背負って手で植えることが多い。一定間隔の目印をつけるために、格子状にした木や金属の網を円筒状にし、これを水田内で転がす方法が用いられることもある。

部品: 水田の管理
水田は年間を通して管理が必要な土地である。
田植えを行う前に田を耕して冬から春にかけて固くなった土を柔らかくする必要がある。ここへ水を入れて再度耕し、水と土を混ぜてさらに柔らかく細かくする。耕し終わった後は土をならし、水田内の水深が一定となるようにする必要がある。
田植えを行ったあとは水量の調整を行い、苗が水没しないよう、また田が乾かないよう気を遣う必要がある。
肥料をやり、雑草をのぞき、稲がある程度成長したところで水を抜き、稲刈りが終わったあとにも再度田を耕す。
高物理域においては機械化されており、田を耕すための田起こし機などが使われることが多い。
低物理域においては家畜や人力で鍬やみつがを用いて田を耕すことが多い。

部品: 稲刈り
稲の種類により時期は若干ずれるが晩夏から秋にかけて稲の穂が十分に実ったあとに稲刈りが行われる。
稲の食用部位は基本的に米だけであるが、刈り取りと脱穀を終えたあとの藁についても、家畜の餌としたり畑の畝を覆うことで雑草や保湿への対策としたりと活用法は多い。また、特別な使用をしない場合は、稲刈り後に田を耕す際に米ぬかなどと一緒に田へまかれ、来年の稲作のための肥料となる。
高物理域においては機械化されており、稲刈りと脱穀まで同時に行うコンバインなどが用いられることが多い。
低物理域においては鎌などを用いて手で借り入れを行うことが多い。

部品: 脱穀と乾燥
刈り取った稲の穂から米(籾)の部分のみを回収することを脱穀と呼ぶ。脱穀の後、籾を乾燥させて水分を飛ばし、適切な温度・湿度の管理を行うことで米の長期保存が可能となる。
このとき、食用にする米と、来年の田植えで使用する種もみとを分け、継続的に稲作を行えるようにしている。
高物理域においては機械化されており、特に脱穀までは稲刈り機(コンバイン)が合わせて行ってくれることも多い。
低物理域においては天日干しによる乾燥を行ってから千歯こきなどで脱穀されることが多い。

部品: 籾摺り
一般的な米作農家が米作りの最終段階として行うのが、籾摺りと呼ばれる工程である。これは籾から籾殻を取り除き、玄米の状態とすることを指す。
籾摺りが行われるのは当然ながら食用の米だけである。出荷のため袋などに一定の量を詰める作業も合わせて行われることが多い。
高物理域では機械化されているが、低物理域では臼などが用いられることもある。

部品: 害虫・害獣への対処
田植えの直後の苗や稲が実った後の穂を狙う鳥や獣は多い。これに対抗するために田に光を反射するテープや紐を張ることで鳥が近づかないようにすることもある。
また、農薬をまくことで害虫や病気から守ることも必要である。ただし農薬は適量を超えれば逆に稲の生育や米を食べる者にも悪影響を与えるため、注意が必要である。
主義にもよるが農薬を使用せず、水田へ鴨を離すなどして害虫を食べさせるなどの農法も存在する。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "米作に関する知識と実践",
"children":
[
{ "title": "稲の田植え",
"description": "稲の田植えは主に春ごろに行われる。\n特に、現在では種まきから発芽、苗の生育までを別に行ってから、田へ植えかえる形で行われることが多い。\n苗の状態まで正常に育ったもののみを植えることで、種の状態から直接生育するよりも田の中で生育不良が起きにくい。また、少数でまとめた苗を一定間隔ごとに植えることで成長時に他の苗と土地の栄養を奪い合うことが少なくなり、田の中で稲を潰さず移動することや成長後の稲刈りなどを容易に行うことができる。\n高物理域においては機械化されており、苗を一定間隔で植えるための田植え機が用いられることが多い。\n低物理域においては苗を入れた籠を背負って手で植えることが多い。一定間隔の目印をつけるために、格子状にした木や金属の網を円筒状にし、これを水田内で転がす方法が用いられることもある。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "水田の管理",
"description": "水田は年間を通して管理が必要な土地である。\n田植えを行う前に田を耕して冬から春にかけて固くなった土を柔らかくする必要がある。ここへ水を入れて再度耕し、水と土を混ぜてさらに柔らかく細かくする。耕し終わった後は土をならし、水田内の水深が一定となるようにする必要がある。\n田植えを行ったあとは水量の調整を行い、苗が水没しないよう、また田が乾かないよう気を遣う必要がある。\n肥料をやり、雑草をのぞき、稲がある程度成長したところで水を抜き、稲刈りが終わったあとにも再度田を耕す。\n高物理域においては機械化されており、田を耕すための田起こし機などが使われることが多い。\n低物理域においては家畜や人力で鍬やみつがを用いて田を耕すことが多い。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "稲刈り",
"description": "稲の種類により時期は若干ずれるが晩夏から秋にかけて稲の穂が十分に実ったあとに稲刈りが行われる。\n稲の食用部位は基本的に米だけであるが、刈り取りと脱穀を終えたあとの藁についても、家畜の餌としたり畑の畝を覆うことで雑草や保湿への対策としたりと活用法は多い。また、特別な使用をしない場合は、稲刈り後に田を耕す際に米ぬかなどと一緒に田へまかれ、来年の稲作のための肥料となる。\n高物理域においては機械化されており、稲刈りと脱穀まで同時に行うコンバインなどが用いられることが多い。\n低物理域においては鎌などを用いて手で借り入れを行うことが多い。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "脱穀と乾燥",
"description": "刈り取った稲の穂から米(籾)の部分のみを回収することを脱穀と呼ぶ。脱穀の後、籾を乾燥させて水分を飛ばし、適切な温度・湿度の管理を行うことで米の長期保存が可能となる。\nこのとき、食用にする米と、来年の田植えで使用する種もみとを分け、継続的に稲作を行えるようにしている。\n高物理域においては機械化されており、特に脱穀までは稲刈り機(コンバイン)が合わせて行ってくれることも多い。\n低物理域においては天日干しによる乾燥を行ってから千歯こきなどで脱穀されることが多い。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "籾摺り",
"description": "一般的な米作農家が米作りの最終段階として行うのが、籾摺りと呼ばれる工程である。これは籾から籾殻を取り除き、玄米の状態とすることを指す。\n籾摺りが行われるのは当然ながら食用の米だけである。出荷のため袋などに一定の量を詰める作業も合わせて行われることが多い。\n高物理域では機械化されているが、低物理域では臼などが用いられることもある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "害虫・害獣への対処",
"description": "田植えの直後の苗や稲が実った後の穂を狙う鳥や獣は多い。これに対抗するために田に光を反射するテープや紐を張ることで鳥が近づかないようにすることもある。\nまた、農薬をまくことで害虫や病気から守ることも必要である。ただし農薬は適量を超えれば逆に稲の生育や米を食べる者にも悪影響を与えるため、注意が必要である。\n主義にもよるが農薬を使用せず、水田へ鴨を離すなどして害虫を食べさせるなどの農法も存在する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
]


[No.2846] [固定リンク][非] 大部品:運送業に求められる素養・技術 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 23:54:38

*部品構造

-大部品: 運送業に求められる素養・技術 RD:3 評価値:2
--部品: 地理の把握
--部品: 地図の読解
--部品: 運転技術の獲得



*部品定義

**部品: 地理の把握
運送業においてはある場所から別の場所へ人や物を運ぶことになる。このとき、どこからどこへ運べばよいのか、運ぶための移動ルートをどうするのか、そういったことを把握していなければ仕事ができない。

**部品: 地図の読解
運送中、なんらかのトラブルによって進むべき方向を間違い、迷う可能性は常に存在する。
こういったトラブルからの復帰のため、地図を見て自分の大まかな現在位置、目標地点との位置関係、元のルートへ復帰するための目印といったものを把握するため、地図を読める必要がある。

**部品: 運転技術の獲得
運送業においては人や物を運ぶために乗り物を運転する必要がある。
低物理域においては馬車など、高物理域においては自動車、船舶、飛行機などのような乗り物を、その業務に応じて運転できる必要がある。
特に、複雑な操作があるものや大きいものや早いものなど、運転にミスがあった場合に大きな事故に繋がる可能性が高いものには、その運転技術と法に関する知識が十分に備わっていることを示す運転免許が必要となることが多い。



*提出書式

大部品: 運送業に求められる素養・技術 RD:3 評価値:2
-部品: 地理の把握
-部品: 地図の読解
-部品: 運転技術の獲得


部品: 地理の把握
運送業においてはある場所から別の場所へ人や物を運ぶことになる。このとき、どこからどこへ運べばよいのか、運ぶための移動ルートをどうするのか、そういったことを把握していなければ仕事ができない。

部品: 地図の読解
運送中、なんらかのトラブルによって進むべき方向を間違い、迷う可能性は常に存在する。
こういったトラブルからの復帰のため、地図を見て自分の大まかな現在位置、目標地点との位置関係、元のルートへ復帰するための目印といったものを把握するため、地図を読める必要がある。

部品: 運転技術の獲得
運送業においては人や物を運ぶために乗り物を運転する必要がある。
低物理域においては馬車など、高物理域においては自動車、船舶、飛行機などのような乗り物を、その業務に応じて運転できる必要がある。
特に、複雑な操作があるものや大きいものや早いものなど、運転にミスがあった場合に大きな事故に繋がる可能性が高いものには、その運転技術と法に関する知識が十分に備わっていることを示す運転免許が必要となることが多い。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "運送業に求められる素養・技術",
"children":
[
{ "title": "地理の把握",
"description": "運送業においてはある場所から別の場所へ人や物を運ぶことになる。このとき、どこからどこへ運べばよいのか、運ぶための移動ルートをどうするのか、そういったことを把握していなければ仕事ができない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "地図の読解",
"description": "運送中、なんらかのトラブルによって進むべき方向を間違い、迷う可能性は常に存在する。\nこういったトラブルからの復帰のため、地図を見て自分の大まかな現在位置、目標地点との位置関係、元のルートへ復帰するための目印といったものを把握するため、地図を読める必要がある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "運転技術の獲得",
"description": "運送業においては人や物を運ぶために乗り物を運転する必要がある。\n低物理域においては馬車など、高物理域においては自動車、船舶、飛行機などのような乗り物を、その業務に応じて運転できる必要がある。\n特に、複雑な操作があるものや大きいものや早いものなど、運転にミスがあった場合に大きな事故に繋がる可能性が高いものには、その運転技術と法に関する知識が十分に備わっていることを示す運転免許が必要となることが多い。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2847] [固定リンク][非] 大部品:トラック運送に必要な技術とノウハウ 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 23:55:21

*部品構造

-大部品: トラック運送に必要な技術とノウハウ RD:3 評価値:2
--部品: 大型の自動車運転免許の所持
--部品: 積荷を保全する技術
--部品: 定期的な休憩と交代要員



*部品定義

**部品: 大型の自動車運転免許の所持
自動車を操縦する技術を持ち、それに関連する法に対する十分な知識があることを示すのが自動車運転免許である。
この中でも、大型の自動車を扱う者は、カーブや駐車、貨物の扱いなどについて別途必要な技術と知識が求められるため、通常の自動車免許を取得した上でさらに訓練を行う必要がある。大型の自動車運転免許は、それらの訓練を正常に終えたことを示す資格である。
逆に言えば免許さえ取得できているなら、学歴は問われないことが多い。

**部品: 積荷を保全する技術
輸送中に積荷が崩れないように、荷重が偏らない適切に積載し、ロープなどで固定する知識と技術が必要となる。
積荷の積載方法が正しくとも輸送中の運転が荒ければ積荷にダメージが入る可能性があるため、道の荒い場所やカーブでは特に配慮した運転が必要となる。
また、重量のあるトラックにおいては慣性が大きく、ブレーキ操作についても技術が必要となる。

**部品: 定期的な休憩と交代要員
昼夜に及ぶ拘束時間、過酷な環境などから、その業務内容から想像される以上に体力が問われる面が多い。ただし、業務中に眠気を感じた場合は短くてもよいので必ず仮眠を取るよう指導もされる。
体力だけではどうにもならない部分というものは確かにあるため、トラックの運転が長時間に及ぶ場合は、必ず一定時間ごとに休憩を取ることが義務付けられる。
これは集中力が途切れることや長時間同じ体勢でいることなど、複数の要因が重なっての事故発生を避けるためである。
また、長距離の輸送で一昼夜を超える運転が必要である場合などは、必ず交代要員が用意される。定期的に運転を交代することで睡眠や食事を適切に取ることが推奨される。




*提出書式

大部品: トラック運送に必要な技術とノウハウ RD:3 評価値:2
-部品: 大型の自動車運転免許の所持
-部品: 積荷を保全する技術
-部品: 定期的な休憩と交代要員


部品: 大型の自動車運転免許の所持
自動車を操縦する技術を持ち、それに関連する法に対する十分な知識があることを示すのが自動車運転免許である。
この中でも、大型の自動車を扱う者は、カーブや駐車、貨物の扱いなどについて別途必要な技術と知識が求められるため、通常の自動車免許を取得した上でさらに訓練を行う必要がある。大型の自動車運転免許は、それらの訓練を正常に終えたことを示す資格である。
逆に言えば免許さえ取得できているなら、学歴は問われないことが多い。

部品: 積荷を保全する技術
輸送中に積荷が崩れないように、荷重が偏らない適切に積載し、ロープなどで固定する知識と技術が必要となる。
積荷の積載方法が正しくとも輸送中の運転が荒ければ積荷にダメージが入る可能性があるため、道の荒い場所やカーブでは特に配慮した運転が必要となる。
また、重量のあるトラックにおいては慣性が大きく、ブレーキ操作についても技術が必要となる。

部品: 定期的な休憩と交代要員
昼夜に及ぶ拘束時間、過酷な環境などから、その業務内容から想像される以上に体力が問われる面が多い。ただし、業務中に眠気を感じた場合は短くてもよいので必ず仮眠を取るよう指導もされる。
体力だけではどうにもならない部分というものは確かにあるため、トラックの運転が長時間に及ぶ場合は、必ず一定時間ごとに休憩を取ることが義務付けられる。
これは集中力が途切れることや長時間同じ体勢でいることなど、複数の要因が重なっての事故発生を避けるためである。
また、長距離の輸送で一昼夜を超える運転が必要である場合などは、必ず交代要員が用意される。定期的に運転を交代することで睡眠や食事を適切に取ることが推奨される。





*インポート用定義データ


[
{ "title": "トラック運送に必要な技術とノウハウ",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "大型の自動車運転免許の所持",
"description": "自動車を操縦する技術を持ち、それに関連する法に対する十分な知識があることを示すのが自動車運転免許である。\nこの中でも、大型の自動車を扱う者は、カーブや駐車、貨物の扱いなどについて別途必要な技術と知識が求められるため、通常の自動車免許を取得した上でさらに訓練を行う必要がある。大型の自動車運転免許は、それらの訓練を正常に終えたことを示す資格である。\n逆に言えば免許さえ取得できているなら、学歴は問われないことが多い。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "積荷を保全する技術",
"description": "輸送中に積荷が崩れないように、荷重が偏らない適切に積載し、ロープなどで固定する知識と技術が必要となる。\n積荷の積載方法が正しくとも輸送中の運転が荒ければ積荷にダメージが入る可能性があるため、道の荒い場所やカーブでは特に配慮した運転が必要となる。\nまた、重量のあるトラックにおいては慣性が大きく、ブレーキ操作についても技術が必要となる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "定期的な休憩と交代要員",
"description": "昼夜に及ぶ拘束時間、過酷な環境などから、その業務内容から想像される以上に体力が問われる面が多い。ただし、業務中に眠気を感じた場合は短くてもよいので必ず仮眠を取るよう指導もされる。\n体力だけではどうにもならない部分というものは確かにあるため、トラックの運転が長時間に及ぶ場合は、必ず一定時間ごとに休憩を取ることが義務付けられる。\nこれは集中力が途切れることや長時間同じ体勢でいることなど、複数の要因が重なっての事故発生を避けるためである。\nまた、長距離の輸送で一昼夜を超える運転が必要である場合などは、必ず交代要員が用意される。定期的に運転を交代することで睡眠や食事を適切に取ることが推奨される。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2848] [固定リンク][非] 大部品:芸能者に求められる素養 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 23:58:42

*部品構造

-大部品: 芸能者に求められる素養 RD:6 評価値:4
--部品: 思い通りに体を動かす素養
--部品: 秀でた肉体的特徴
--部品: 芸をその身に修める
--大部品: 芸術的感性 RD:3 評価値:2
---部品: 美しいものに対する敏感さ
---部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
---部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚



*部品定義

**部品: 思い通りに体を動かす素養
自分の思った通りに体を動かすことは、普通に考えれば誰でもそれなりにできることである。
しかし、ここでいう素養とは、思い通りに動かす精度が異なる。
例えば「目を閉じた状態で片手を地面から斜め60度の角度まで上げる」ことや、「ぴったりと十秒の間、声を出し続ける」ことを、正確に実行できる者はどれくらいいるだろうか。これらは極端な例だが、常人が思う以上の精度で体を動かすことができる才能、あるいは努力によって修めた技術を、彼らは備えている。

**部品: 秀でた肉体的特徴
秀でたと聞いて、真っ先に浮かぶのは顔や体格の美醜であるかもしれない。もちろんそれも一つである。
しかし、芸能の世界において何をもって「秀でた」とするかはその者が行く道次第で大きく変わる。
声が美しいこと、あるいはしわがれていること。髪が美しいこと、あるいは笑いを誘うほどの癖毛であること。年齢に比して明らかに背が低いこと、あるいはものすごく太っていること。そして全く秀でた特徴を持っていないこと。これらのどれもが、その道で求められる肉体的特徴となりうる。
重要なのは、それが秀でた特徴であり自身の強みなのだと認識し、芸の道へ活かしていくことだ。

**部品: 芸をその身に修める
芸能者はその歩む道によって、必要とされる芸を修める必要がある。
例えばそれは踊りであったり、台詞であったり、歌であったりする。また、独特の動きの型や、その芸の歴史を学ぶ必要があるケースもある。

**部品: 美しいものに対する敏感さ
日々生きる世界は美しいものに満ち溢れている。
それは星々の煌く空や、露の落ちた道端の草花の瑞々しさといった風景だったり、子供をあやす親の笑顔や、戦士の鍛えられた肉体から飛び散った汗といった情景だったりする。そういった美しさを視界に入れながら、それが美しいものだと気づかず見過ごしてしまう人も多い。
普通の人が見過ごしてしまいがちな美しさに見つけられること、それは逆に言えば普通の人が気づかずにいられる醜いものにも気づいてしまうということでもある。
しかし、世界を観察し、あるいは直感的に、美しいものや醜いものを感じ取り、己の中に蓄えていくこと。それこそが豊かな表現を行う上で求められる資質である。


**部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
他者の感情へ訴えかける技術を得るには、感情そのものに対する理解が必要である。
感情の基本的な動きを、喜怒哀楽といった言葉で表現されることがある。
自分が、そして自分以外の他者が、なにに喜び、怒り、悲しみ、楽しむのか。これを学び続けることこそが、他者の感情を動かすことへ繋がる道となる。


**部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚
感情、つまりは心の動きだが、これは肉体と決して無関係ではない。
例えば「悲しそうな声を出してください」と言われたとき、多くの人は眉間にしわを寄せたり、目を細めたりといった、悲しい声とは全く関係のない動作を己の表情にさせているはずだ。次に、わざと笑顔を作りながら悲しい声を出してみれば、自分でもわかるくらいに悲しそうではない声になったことに気づくだろう。
感情は肉体に、肉体は感情に引かれることの自覚があれば、表情一つ、手や指の動き一つから、感情を表現する道が見えてくる。



*提出書式

大部品: 芸能者に求められる素養 RD:6 評価値:4
-部品: 思い通りに体を動かす素養
-部品: 秀でた肉体的特徴
-部品: 芸をその身に修める
-大部品: 芸術的感性 RD:3 評価値:2
--部品: 美しいものに対する敏感さ
--部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
--部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚


部品: 思い通りに体を動かす素養
自分の思った通りに体を動かすことは、普通に考えれば誰でもそれなりにできることである。
しかし、ここでいう素養とは、思い通りに動かす精度が異なる。
例えば「目を閉じた状態で片手を地面から斜め60度の角度まで上げる」ことや、「ぴったりと十秒の間、声を出し続ける」ことを、正確に実行できる者はどれくらいいるだろうか。これらは極端な例だが、常人が思う以上の精度で体を動かすことができる才能、あるいは努力によって修めた技術を、彼らは備えている。

部品: 秀でた肉体的特徴
秀でたと聞いて、真っ先に浮かぶのは顔や体格の美醜であるかもしれない。もちろんそれも一つである。
しかし、芸能の世界において何をもって「秀でた」とするかはその者が行く道次第で大きく変わる。
声が美しいこと、あるいはしわがれていること。髪が美しいこと、あるいは笑いを誘うほどの癖毛であること。年齢に比して明らかに背が低いこと、あるいはものすごく太っていること。そして全く秀でた特徴を持っていないこと。これらのどれもが、その道で求められる肉体的特徴となりうる。
重要なのは、それが秀でた特徴であり自身の強みなのだと認識し、芸の道へ活かしていくことだ。

部品: 芸をその身に修める
芸能者はその歩む道によって、必要とされる芸を修める必要がある。
例えばそれは踊りであったり、台詞であったり、歌であったりする。また、独特の動きの型や、その芸の歴史を学ぶ必要があるケースもある。

部品: 美しいものに対する敏感さ
日々生きる世界は美しいものに満ち溢れている。
それは星々の煌く空や、露の落ちた道端の草花の瑞々しさといった風景だったり、子供をあやす親の笑顔や、戦士の鍛えられた肉体から飛び散った汗といった情景だったりする。そういった美しさを視界に入れながら、それが美しいものだと気づかず見過ごしてしまう人も多い。
普通の人が見過ごしてしまいがちな美しさに見つけられること、それは逆に言えば普通の人が気づかずにいられる醜いものにも気づいてしまうということでもある。
しかし、世界を観察し、あるいは直感的に、美しいものや醜いものを感じ取り、己の中に蓄えていくこと。それこそが豊かな表現を行う上で求められる資質である。


部品: 細やかな感情の動きを学ぶ
他者の感情へ訴えかける技術を得るには、感情そのものに対する理解が必要である。
感情の基本的な動きを、喜怒哀楽といった言葉で表現されることがある。
自分が、そして自分以外の他者が、なにに喜び、怒り、悲しみ、楽しむのか。これを学び続けることこそが、他者の感情を動かすことへ繋がる道となる。


部品: 肉体と感情が不可分であることの自覚
感情、つまりは心の動きだが、これは肉体と決して無関係ではない。
例えば「悲しそうな声を出してください」と言われたとき、多くの人は眉間にしわを寄せたり、目を細めたりといった、悲しい声とは全く関係のない動作を己の表情にさせているはずだ。次に、わざと笑顔を作りながら悲しい声を出してみれば、自分でもわかるくらいに悲しそうではない声になったことに気づくだろう。
感情は肉体に、肉体は感情に引かれることの自覚があれば、表情一つ、手や指の動き一つから、感情を表現する道が見えてくる。




*インポート用定義データ


[
{ "children":
[
{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.709345",
"description": "自分の思った通りに体を動かすことは、普通に考えれば誰でもそれなりにできることである。\nしかし、ここでいう素養とは、思い通りに動かす精度が異なる。\n例えば「目を閉じた状態で片手を地面から斜め60度の角度まで上げる」ことや、「ぴったりと十秒の間、声を出し続ける」ことを、正確に実行できる者はどれくらいいるだろうか。これらは極端な例だが、常人が思う以上の精度で体を動かすことができる才能、あるいは努力によって修めた技術を、彼らは備えている。",
"id": 1787,
"part_type": "part",
"title": "思い通りに体を動かす素養",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.709345"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.717103",
"description": "秀でたと聞いて、真っ先に浮かぶのは顔や体格の美醜であるかもしれない。もちろんそれも一つである。\nしかし、芸能の世界において何をもって「秀でた」とするかはその者が行く道次第で大きく変わる。\n声が美しいこと、あるいはしわがれていること。髪が美しいこと、あるいは笑いを誘うほどの癖毛であること。年齢に比して明らかに背が低いこと、あるいはものすごく太っていること。そして全く秀でた特徴を持っていないこと。これらのどれもが、その道で求められる肉体的特徴となりうる。\n重要なのは、それが秀でた特徴であり自身の強みなのだと認識し、芸の道へ活かしていくことだ。",
"id": 1788,
"part_type": "part",
"title": "秀でた肉体的特徴",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.717103"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.727738",
"description": "芸能者はその歩む道によって、必要とされる芸を修める必要がある。\n例えばそれは踊りであったり、台詞であったり、歌であったりする。また、独特の動きの型や、その芸の歴史を学ぶ必要があるケースもある。",
"id": 1789,
"part_type": "part",
"title": "芸をその身に修める",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.727738"
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.738164",
"description": "日々生きる世界は美しいものに満ち溢れている。\nそれは星々の煌く空や、露の落ちた道端の草花の瑞々しさといった風景だったり、子供をあやす親の笑顔や、戦士の鍛えられた肉体から飛び散った汗といった情景だったりする。そういった美しさを視界に入れながら、それが美しいものだと気づかず見過ごしてしまう人も多い。\n普通の人が見過ごしてしまいがちな美しさに見つけられること、それは逆に言えば普通の人が気づかずにいられる醜いものにも気づいてしまうということでもある。\nしかし、世界を観察し、あるいは直感的に、美しいものや醜いものを感じ取り、己の中に蓄えていくこと。それこそが豊かな表現を行う上で求められる資質である。\n",
"id": 1791,
"part_type": "part",
"title": "美しいものに対する敏感さ",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.738164"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.747961",
"description": "他者の感情へ訴えかける技術を得るには、感情そのものに対する理解が必要である。\n感情の基本的な動きを、喜怒哀楽といった言葉で表現されることがある。\n自分が、そして自分以外の他者が、なにに喜び、怒り、悲しみ、楽しむのか。これを学び続けることこそが、他者の感情を動かすことへ繋がる道となる。\n",
"id": 1792,
"part_type": "part",
"title": "細やかな感情の動きを学ぶ",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.747961"
},

{ "children": [],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.756033",
"description": "感情、つまりは心の動きだが、これは肉体と決して無関係ではない。\n例えば「悲しそうな声を出してください」と言われたとき、多くの人は眉間にしわを寄せたり、目を細めたりといった、悲しい声とは全く関係のない動作を己の表情にさせているはずだ。次に、わざと笑顔を作りながら悲しい声を出してみれば、自分でもわかるくらいに悲しそうではない声になったことに気づくだろう。\n感情は肉体に、肉体は感情に引かれることの自覚があれば、表情一つ、手や指の動き一つから、感情を表現する道が見えてくる。",
"id": 1793,
"part_type": "part",
"title": "肉体と感情が不可分であることの自覚",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.756033"
}
],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.736998",
"description": null,
"id": 1790,
"part_type": "group",
"title": "芸術的感性",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.736998",
"expanded": true
}
],
"created_at": "2017-08-14 11:08:47.708361",
"description": null,
"id": 1786,
"part_type": "group",
"title": "芸能者に求められる素養",
"updated_at": "2017-08-14 11:08:47.708361",
"expanded": true
}
]


[No.2868] [固定リンク][非] 大部品:法律知識 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 15:03:41

*部品構造

-大部品: 法律知識 RD:3 評価値:2
--部品: 法に対する理解
--部品: 法の運用や判例への知識と解釈
--部品: 法知識や判例知識の更新



*部品定義

**部品: 法に対する理解
藩国にもよるが、法は大別して六法とされることが多い。
憲法、民放、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法の六つである。ここに行政法を含めて七法とすることもある。
法令に関する記述については厳密なルールや背景があり、これらに対する知識を持つこと。主要な法令についての知識と、それを調べる方法を持つこと。必要に応じて複数の法を組み合わせて解釈することなどが求められる。

**部品: 法の運用や判例への知識と解釈
法律については条文だけでなく、その法がこれまでどのように運用されてきたか、関連する裁判においてどのように解釈された判例があるかが非常に重要となる。
法があったとしても、運用する者によってその法の解釈が異なっていては法治は成らない。このため、裁判においてある法の解釈がなされ、その運用方法の先例となった判例の知識を持つこと、またそれらの判例を調べ、解釈する能力が求められる。

**部品: 法知識や判例知識の更新
法律とは常に変わらぬものではなく、新たに立法されたり改変されたりすることがある。
また、裁判において新たな判例が出ることもある。
こういった動きを注意深く追っていかなければ、古い知識のままで法を運用し、むしろ法に反してしまう危険がある。
このため、法知識や判例知識は常に更新し続けられるものである。



*提出書式

大部品: 法律知識 RD:3 評価値:2
-部品: 法に対する理解
-部品: 法の運用や判例への知識と解釈
-部品: 法知識や判例知識の更新


部品: 法に対する理解
藩国にもよるが、法は大別して六法とされることが多い。
憲法、民放、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法の六つである。ここに行政法を含めて七法とすることもある。
法令に関する記述については厳密なルールや背景があり、これらに対する知識を持つこと。主要な法令についての知識と、それを調べる方法を持つこと。必要に応じて複数の法を組み合わせて解釈することなどが求められる。

部品: 法の運用や判例への知識と解釈
法律については条文だけでなく、その法がこれまでどのように運用されてきたか、関連する裁判においてどのように解釈された判例があるかが非常に重要となる。
法があったとしても、運用する者によってその法の解釈が異なっていては法治は成らない。このため、裁判においてある法の解釈がなされ、その運用方法の先例となった判例の知識を持つこと、またそれらの判例を調べ、解釈する能力が求められる。

部品: 法知識や判例知識の更新
法律とは常に変わらぬものではなく、新たに立法されたり改変されたりすることがある。
また、裁判において新たな判例が出ることもある。
こういった動きを注意深く追っていかなければ、古い知識のままで法を運用し、むしろ法に反してしまう危険がある。
このため、法知識や判例知識は常に更新し続けられるものである。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "法律知識",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "法に対する理解",
"description": "藩国にもよるが、法は大別して六法とされることが多い。\n憲法、民放、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法の六つである。ここに行政法を含めて七法とすることもある。\n法令に関する記述については厳密なルールや背景があり、これらに対する知識を持つこと。主要な法令についての知識と、それを調べる方法を持つこと。必要に応じて複数の法を組み合わせて解釈することなどが求められる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法の運用や判例への知識と解釈",
"description": "法律については条文だけでなく、その法がこれまでどのように運用されてきたか、関連する裁判においてどのように解釈された判例があるかが非常に重要となる。\n法があったとしても、運用する者によってその法の解釈が異なっていては法治は成らない。このため、裁判においてある法の解釈がなされ、その運用方法の先例となった判例の知識を持つこと、またそれらの判例を調べ、解釈する能力が求められる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法知識や判例知識の更新",
"description": "法律とは常に変わらぬものではなく、新たに立法されたり改変されたりすることがある。\nまた、裁判において新たな判例が出ることもある。\nこういった動きを注意深く追っていかなければ、古い知識のままで法を運用し、むしろ法に反してしまう危険がある。\nこのため、法知識や判例知識は常に更新し続けられるものである。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2869] [固定リンク][非] 大部品:事務能力 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 15:52:11

*部品構造

-大部品: 事務能力 RD:3 評価値:2
--部品: 書類仕事を行う
--部品: 業務上のミスへの対策
--部品: タスク管理能力



*部品定義

**部品: 書類仕事を行う
事務と単に言った場合その作業内容は多岐に渡るが、ほぼ確実に発生するのが書類仕事である。
低物理域においては木簡や紙、高物理域であれば紙以外にもパソコンなどを用いて処理されることもある。
書類を残すことで、ある作業の内容をその場に本人がいなくとも伝え、引き継ぐことができ、また作業の進捗状況や責任の所在を可視化することができる。
書類仕事においてはその所属組織によって各種のフォーマットがあることも多い。
当然、文字の読み書きや一定以上の計算能力などが求められる。

**部品: 業務上のミスへの対策
人間である以上どうしてもミスは発生する。ミスが発生した際にどう対応するか、またミスがそもそも発生しないようにするにはどうすればよいかというノウハウ。組織によっては手順としてマニュアル化されている場合もある。
例えば、ミスが発生した書類の修正手順や修正報告の周知方法であるとか、作業を行った者以外が作業内容のチェックを行うダブルチェックであるとか、仕事に必要な物品や仕事場の整理整頓であるとかいったものがある。

**部品: タスク管理能力
複数の作業が並行して存在しており、そのどれから手を付けるか、優先して終わらせるかというタスクの管理能力が求められる。
たとえば納期が近いもの、納期は遠いが短い作業時間で終わるもの、他の者の作業を止めているものなど、納期や重要度などによって優先順位は変わる。
組織によっては上長から指示されることもあるが、自身の作業を把握していることは重要である。その指示が適切であるかどうかを判断し、より優先度が高いと思われる作業についての報告や相談を行う必要があるかもしれない。



*提出書式

大部品: 事務能力 RD:3 評価値:2
-部品: 書類仕事を行う
-部品: 業務上のミスへの対策
-部品: タスク管理能力


部品: 書類仕事を行う
事務と単に言った場合その作業内容は多岐に渡るが、ほぼ確実に発生するのが書類仕事である。
低物理域においては木簡や紙、高物理域であれば紙以外にもパソコンなどを用いて処理されることもある。
書類を残すことで、ある作業の内容をその場に本人がいなくとも伝え、引き継ぐことができ、また作業の進捗状況や責任の所在を可視化することができる。
書類仕事においてはその所属組織によって各種のフォーマットがあることも多い。
当然、文字の読み書きや一定以上の計算能力などが求められる。

部品: 業務上のミスへの対策
人間である以上どうしてもミスは発生する。ミスが発生した際にどう対応するか、またミスがそもそも発生しないようにするにはどうすればよいかというノウハウ。組織によっては手順としてマニュアル化されている場合もある。
例えば、ミスが発生した書類の修正手順や修正報告の周知方法であるとか、作業を行った者以外が作業内容のチェックを行うダブルチェックであるとか、仕事に必要な物品や仕事場の整理整頓であるとかいったものがある。

部品: タスク管理能力
複数の作業が並行して存在しており、そのどれから手を付けるか、優先して終わらせるかというタスクの管理能力が求められる。
たとえば納期が近いもの、納期は遠いが短い作業時間で終わるもの、他の者の作業を止めているものなど、納期や重要度などによって優先順位は変わる。
組織によっては上長から指示されることもあるが、自身の作業を把握していることは重要である。その指示が適切であるかどうかを判断し、より優先度が高いと思われる作業についての報告や相談を行う必要があるかもしれない。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "事務能力",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "書類仕事を行う",
"description": "事務と単に言った場合その作業内容は多岐に渡るが、ほぼ確実に発生するのが書類仕事である。\n低物理域においては木簡や紙、高物理域であれば紙以外にもパソコンなどを用いて処理されることもある。\n書類を残すことで、ある作業の内容をその場に本人がいなくとも伝え、引き継ぐことができ、また作業の進捗状況や責任の所在を可視化することができる。\n書類仕事においてはその所属組織によって各種のフォーマットがあることも多い。\n当然、文字の読み書きや一定以上の計算能力などが求められる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "業務上のミスへの対策",
"description": "人間である以上どうしてもミスは発生する。ミスが発生した際にどう対応するか、またミスがそもそも発生しないようにするにはどうすればよいかというノウハウ。組織によっては手順としてマニュアル化されている場合もある。\n例えば、ミスが発生した書類の修正手順や修正報告の周知方法であるとか、作業を行った者以外が作業内容のチェックを行うダブルチェックであるとか、仕事に必要な物品や仕事場の整理整頓であるとかいったものがある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "タスク管理能力",
"description": "複数の作業が並行して存在しており、そのどれから手を付けるか、優先して終わらせるかというタスクの管理能力が求められる。\nたとえば納期が近いもの、納期は遠いが短い作業時間で終わるもの、他の者の作業を止めているものなど、納期や重要度などによって優先順位は変わる。\n組織によっては上長から指示されることもあるが、自身の作業を把握していることは重要である。その指示が適切であるかどうかを判断し、より優先度が高いと思われる作業についての報告や相談を行う必要があるかもしれない。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2870] [固定リンク][非] 大部品:山林知識 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 16:16:21

*部品構造

-大部品: 山林知識 RD:3 評価値:2
--部品: 山林での活動知識と経験
--部品: 山林の植生について
--部品: 棲息している動物の知識



*部品定義

**部品: 山林での活動知識と経験
山林とは主に山岳とそれに付随する森林のことを指す。山林地帯での活動においては、事前の地図確認や地形把握、自身の体力や装備、天候や動植物の知識などといった複数の要素が絡んだ事前準備と実際の行動が必要となる。
安全に行動し、目的を果たして戻ってくるためには、相応の知識と経験が求められる。

**部品: 山林の植生について
藩国や地方、あるいは標高によって植生が異なる。
また、ひとつの山林として見ても、例えばキノコや山菜が多く取れる場所、針葉樹の中でも特定の樹種が多い場所、といったようにその植生分布は一様ではない。
自身が関わる山林の植生を知ることで、植物そのものが目的である場合、あるいは植物に関わる動物や自然現象が目的である場合など、様々な状況に対応できる。

**部品: 棲息している動物の知識
山林によって植生が異なるが、これは自然環境の違いとなり、そこに棲息している動物の違いとなる。
危険な動物、有益な動物、いずれも存在するため、これらの動物の外見や特徴、行動様式について知ることで、山林での活動を安全に、的確に行えるようになる。



*提出書式

大部品: 山林知識 RD:3 評価値:2
-部品: 山林での活動知識と経験
-部品: 山林の植生について
-部品: 棲息している動物の知識


部品: 山林での活動知識と経験
山林とは主に山岳とそれに付随する森林のことを指す。山林地帯での活動においては、事前の地図確認や地形把握、自身の体力や装備、天候や動植物の知識などといった複数の要素が絡んだ事前準備と実際の行動が必要となる。
安全に行動し、目的を果たして戻ってくるためには、相応の知識と経験が求められる。

部品: 山林の植生について
藩国や地方、あるいは標高によって植生が異なる。
また、ひとつの山林として見ても、例えばキノコや山菜が多く取れる場所、針葉樹の中でも特定の樹種が多い場所、といったようにその植生分布は一様ではない。
自身が関わる山林の植生を知ることで、植物そのものが目的である場合、あるいは植物に関わる動物や自然現象が目的である場合など、様々な状況に対応できる。

部品: 棲息している動物の知識
山林によって植生が異なるが、これは自然環境の違いとなり、そこに棲息している動物の違いとなる。
危険な動物、有益な動物、いずれも存在するため、これらの動物の外見や特徴、行動様式について知ることで、山林での活動を安全に、的確に行えるようになる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "山林知識",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "山林での活動知識と経験",
"description": "山林とは主に山岳とそれに付随する森林のことを指す。山林地帯での活動においては、事前の地図確認や地形把握、自身の体力や装備、天候や動植物の知識などといった複数の要素が絡んだ事前準備と実際の行動が必要となる。\n安全に行動し、目的を果たして戻ってくるためには、相応の知識と経験が求められる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "山林の植生について",
"description": "藩国や地方、あるいは標高によって植生が異なる。\nまた、ひとつの山林として見ても、例えばキノコや山菜が多く取れる場所、針葉樹の中でも特定の樹種が多い場所、といったようにその植生分布は一様ではない。\n自身が関わる山林の植生を知ることで、植物そのものが目的である場合、あるいは植物に関わる動物や自然現象が目的である場合など、様々な状況に対応できる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "棲息している動物の知識",
"description": "山林によって植生が異なるが、これは自然環境の違いとなり、そこに棲息している動物の違いとなる。\n危険な動物、有益な動物、いずれも存在するため、これらの動物の外見や特徴、行動様式について知ることで、山林での活動を安全に、的確に行えるようになる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2871] [固定リンク][非] 大部品:家事技術 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 16:32:20

*部品構造

-大部品: 家事技術 RD:3 評価値:2
--部品: 家計を考えた炊事能力
--部品: 家庭の掃除能力
--部品: 日常で使用する衣服の洗濯能力



*部品定義

**部品: 家計を考えた炊事能力
日々の食事を用意し、その後片付けをする能力。
単に調理技術だけでなく、予算に合わせた材料の調達や、体調を考えた栄養バランス、ある程度幅のあるレパートリーによる味の変化など、幾つかの要素が含まれる。


**部品: 家庭の掃除能力
生活をする上でどうしても汚れは溜まるため、これらを掃除する能力が求められる。
掃除器具については物理域にもよるが、箒や雑巾、掃除機といった基本的なものから特定の掃除活動に特化した独特なものまでいろいろ存在する。
毎日住宅の隅々まで掃除する必要は必ずしもなく、使用頻度の高い場所や汚れの目立つ場所を重点的に掃除する者や、ある程度のルールに従って(1日ごとに掃除する部屋を変えるなど)掃除を行う者も多い。
いずれにしても、住環境を清潔に保つことは、体と心の健康に重要である。

**部品: 日常で使用する衣服の洗濯能力
人が生きるために必要なものと言えば衣食住が挙げられることが多い。洗濯はその中の衣服を清潔に保ち、継続して使用するために必要である。
衣服の種類によっては水温や洗剤、干し方にもある程度の指定があることも多くこれらを適切に使い分けることも能力のうちとなる。
ただし、家庭で洗濯できる範囲には限りがあり、専門的な技術や設備が必要な衣服(例えば夜会服やドレスを家で洗濯する者はいないだろう)を家庭内で無理に洗濯することはしない。



*提出書式

大部品: 家事技術 RD:3 評価値:2
-部品: 家計を考えた炊事能力
-部品: 家庭の掃除能力
-部品: 日常で使用する衣服の洗濯能力


部品: 家計を考えた炊事能力
日々の食事を用意し、その後片付けをする能力。
単に調理技術だけでなく、予算に合わせた材料の調達や、体調を考えた栄養バランス、ある程度幅のあるレパートリーによる味の変化など、幾つかの要素が含まれる。


部品: 家庭の掃除能力
生活をする上でどうしても汚れは溜まるため、これらを掃除する能力が求められる。
掃除器具については物理域にもよるが、箒や雑巾、掃除機といった基本的なものから特定の掃除活動に特化した独特なものまでいろいろ存在する。
毎日住宅の隅々まで掃除する必要は必ずしもなく、使用頻度の高い場所や汚れの目立つ場所を重点的に掃除する者や、ある程度のルールに従って(1日ごとに掃除する部屋を変えるなど)掃除を行う者も多い。
いずれにしても、住環境を清潔に保つことは、体と心の健康に重要である。

部品: 日常で使用する衣服の洗濯能力
人が生きるために必要なものと言えば衣食住が挙げられることが多い。洗濯はその中の衣服を清潔に保ち、継続して使用するために必要である。
衣服の種類によっては水温や洗剤、干し方にもある程度の指定があることも多くこれらを適切に使い分けることも能力のうちとなる。
ただし、家庭で洗濯できる範囲には限りがあり、専門的な技術や設備が必要な衣服(例えば夜会服やドレスを家で洗濯する者はいないだろう)を家庭内で無理に洗濯することはしない。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "家事技術",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "家計を考えた炊事能力",
"description": "日々の食事を用意し、その後片付けをする能力。\n単に調理技術だけでなく、予算に合わせた材料の調達や、体調を考えた栄養バランス、ある程度幅のあるレパートリーによる味の変化など、幾つかの要素が含まれる。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "家庭の掃除能力",
"description": "生活をする上でどうしても汚れは溜まるため、これらを掃除する能力が求められる。\n掃除器具については物理域にもよるが、箒や雑巾、掃除機といった基本的なものから特定の掃除活動に特化した独特なものまでいろいろ存在する。\n毎日住宅の隅々まで掃除する必要は必ずしもなく、使用頻度の高い場所や汚れの目立つ場所を重点的に掃除する者や、ある程度のルールに従って(1日ごとに掃除する部屋を変えるなど)掃除を行う者も多い。\nいずれにしても、住環境を清潔に保つことは、体と心の健康に重要である。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "日常で使用する衣服の洗濯能力",
"description": "人が生きるために必要なものと言えば衣食住が挙げられることが多い。洗濯はその中の衣服を清潔に保ち、継続して使用するために必要である。\n衣服の種類によっては水温や洗剤、干し方にもある程度の指定があることも多くこれらを適切に使い分けることも能力のうちとなる。\nただし、家庭で洗濯できる範囲には限りがあり、専門的な技術や設備が必要な衣服(例えば夜会服やドレスを家で洗濯する者はいないだろう)を家庭内で無理に洗濯することはしない。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2873] [固定リンク][非] 大部品:金属知識 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 17:03:04

*部品構造

-大部品: 金属知識 RD:3 評価値:2
--部品: 延性と展性を知る
--部品: 金属の温度による特性
--部品: 導体としての特性



*部品定義

**部品: 延性と展性を知る
金属と呼ばれる物質はその種類によって程度に差はあるが、延性と展性を持っているとされる。
延性とは物質を引っ張った時に延びる特性を指す、展性とは物質に圧力を加えた時に変形する特性を指す。
大雑把に言えば、陶器は落とせば割れるが、金属器は落としても凹むだけで割れない、ということである。
この特性があることで金属は圧延や鍛造といった加工法を取ることができる。
科学的な理論を深くまで理解する必要はないが、金属を扱う者は概ねこういった特性を知っていることが求められる。

**部品: 金属の温度による特性
物理的に言えばほとんどすべての物質が個体、液体、気体の状態を取るが、地上の常温環境において金属の多くは、個体の状態となっている。
金属を扱う上では、熱を加えて溶かし、液体の状態とすることで加工を容易とすることも多い。代表的な加工法としては鋳造が知られる。
また、金属の多くはその温度によって特性が変化することでも知られており、一度高温状態にして急冷して硬度と脆性を上げる焼き入れや、一定の高音状態を長く保つことで脆性を下げ延性や展性を上げる焼きなましといった手法などがある。

**部品: 導体としての特性
金属の多くは効率のよい導体としての特性を持つ。基本的には熱伝導率、電気伝導率の共に良好であることが知られている。
このことから調理器具など熱を伝えることを目的とした道具や、電線といった電気を通すことを目的とした道具など、多様な用途がある。



*提出書式

大部品: 金属知識 RD:3 評価値:2
-部品: 延性と展性を知る
-部品: 金属の温度による特性
-部品: 導体としての特性


部品: 延性と展性を知る
金属と呼ばれる物質はその種類によって程度に差はあるが、延性と展性を持っているとされる。
延性とは物質を引っ張った時に延びる特性を指す、展性とは物質に圧力を加えた時に変形する特性を指す。
大雑把に言えば、陶器は落とせば割れるが、金属器は落としても凹むだけで割れない、ということである。
この特性があることで金属は圧延や鍛造といった加工法を取ることができる。
科学的な理論を深くまで理解する必要はないが、金属を扱う者は概ねこういった特性を知っていることが求められる。

部品: 金属の温度による特性
物理的に言えばほとんどすべての物質が個体、液体、気体の状態を取るが、地上の常温環境において金属の多くは、個体の状態となっている。
金属を扱う上では、熱を加えて溶かし、液体の状態とすることで加工を容易とすることも多い。代表的な加工法としては鋳造が知られる。
また、金属の多くはその温度によって特性が変化することでも知られており、一度高温状態にして急冷して硬度と脆性を上げる焼き入れや、一定の高音状態を長く保つことで脆性を下げ延性や展性を上げる焼きなましといった手法などがある。

部品: 導体としての特性
金属の多くは効率のよい導体としての特性を持つ。基本的には熱伝導率、電気伝導率の共に良好であることが知られている。
このことから調理器具など熱を伝えることを目的とした道具や、電線といった電気を通すことを目的とした道具など、多様な用途がある。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "金属知識",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "延性と展性を知る",
"description": "金属と呼ばれる物質はその種類によって程度に差はあるが、延性と展性を持っているとされる。\n延性とは物質を引っ張った時に延びる特性を指す、展性とは物質に圧力を加えた時に変形する特性を指す。\n大雑把に言えば、陶器は落とせば割れるが、金属器は落としても凹むだけで割れない、ということである。\nこの特性があることで金属は圧延や鍛造といった加工法を取ることができる。\n科学的な理論を深くまで理解する必要はないが、金属を扱う者は概ねこういった特性を知っていることが求められる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "金属の温度による特性",
"description": "物理的に言えばほとんどすべての物質が個体、液体、気体の状態を取るが、地上の常温環境において金属の多くは、個体の状態となっている。\n金属を扱う上では、熱を加えて溶かし、液体の状態とすることで加工を容易とすることも多い。代表的な加工法としては鋳造が知られる。\nまた、金属の多くはその温度によって特性が変化することでも知られており、一度高温状態にして急冷して硬度と脆性を上げる焼き入れや、一定の高音状態を長く保つことで脆性を下げ延性や展性を上げる焼きなましといった手法などがある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "導体としての特性",
"description": "金属の多くは効率のよい導体としての特性を持つ。基本的には熱伝導率、電気伝導率の共に良好であることが知られている。\nこのことから調理器具など熱を伝えることを目的とした道具や、電線といった電気を通すことを目的とした道具など、多様な用途がある。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2874] [固定リンク][非] 大部品:植物知識 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 17:44:40

*部品構造

-大部品: 植物知識 RD:3 評価値:2
--部品: 植物の生育に適した環境
--部品: 植物の生態
--部品: 繁殖と栽培方法



*部品定義

**部品: 植物の生育に適した環境
個々の植物によって差異はあるが、多くの植物においては土、水、光が必要とされる。
生育に豊富な水が必要なものもあれば、逆に水が多すぎれば根腐れするものもある。土や光についても同様で、植物ごとに適したものがある。
また、気温も重要な要素であり、発芽や開花には気温が密接に関わっていることも多い。
植物全般を網羅する必要はないが、自身が関わる植物については生育に適した環境について知識が求められる。

**部品: 植物の生態
植物には多彩な種類があり、その生態も様々である。
夜にしか咲かない花、薬になる葉、食用にできる果実など。植物全般を網羅して知識を持つ必要はないが、自身が関わる植物についてはどういった生態を持っているかを知る必要がある。
また、藩国によっては、薬や毒として使用できる、あるいは常習性の高い特性を持つ果実や花といった生態の植物は栽培や採取において法律などで制限されていることがある。

**部品: 繁殖と栽培方法
植物全般について知る必要はないが、少なくとも自身の関わる植物については、その繁殖や栽培の方法について一定の知識を持つ必要がある。
例えば、種まきや苗植え、挿し木、あるいは受粉を行うに適した季節であるとか、花や果実、種ができる季節であるとかの知識が求められる。



*提出書式

大部品: 植物知識 RD:3 評価値:2
-部品: 植物の生育に適した環境
-部品: 植物の生態
-部品: 繁殖と栽培方法


部品: 植物の生育に適した環境
個々の植物によって差異はあるが、多くの植物においては土、水、光が必要とされる。
生育に豊富な水が必要なものもあれば、逆に水が多すぎれば根腐れするものもある。土や光についても同様で、植物ごとに適したものがある。
また、気温も重要な要素であり、発芽や開花には気温が密接に関わっていることも多い。
植物全般を網羅する必要はないが、自身が関わる植物については生育に適した環境について知識が求められる。

部品: 植物の生態
植物には多彩な種類があり、その生態も様々である。
夜にしか咲かない花、薬になる葉、食用にできる果実など。植物全般を網羅して知識を持つ必要はないが、自身が関わる植物についてはどういった生態を持っているかを知る必要がある。
また、藩国によっては、薬や毒として使用できる、あるいは常習性の高い特性を持つ果実や花といった生態の植物は栽培や採取において法律などで制限されていることがある。

部品: 繁殖と栽培方法
植物全般について知る必要はないが、少なくとも自身の関わる植物については、その繁殖や栽培の方法について一定の知識を持つ必要がある。
例えば、種まきや苗植え、挿し木、あるいは受粉を行うに適した季節であるとか、花や果実、種ができる季節であるとかの知識が求められる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "植物知識",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "植物の生育に適した環境",
"description": "個々の植物によって差異はあるが、多くの植物においては土、水、光が必要とされる。\n生育に豊富な水が必要なものもあれば、逆に水が多すぎれば根腐れするものもある。土や光についても同様で、植物ごとに適したものがある。\nまた、気温も重要な要素であり、発芽や開花には気温が密接に関わっていることも多い。\n植物全般を網羅する必要はないが、自身が関わる植物については生育に適した環境について知識が求められる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "植物の生態",
"description": "植物には多彩な種類があり、その生態も様々である。\n夜にしか咲かない花、薬になる葉、食用にできる果実など。植物全般を網羅して知識を持つ必要はないが、自身が関わる植物についてはどういった生態を持っているかを知る必要がある。\nまた、藩国によっては、薬や毒として使用できる、あるいは常習性の高い特性を持つ果実や花といった生態の植物は栽培や採取において法律などで制限されていることがある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "繁殖と栽培方法",
"description": "植物全般について知る必要はないが、少なくとも自身の関わる植物については、その繁殖や栽培の方法について一定の知識を持つ必要がある。\n例えば、種まきや苗植え、挿し木、あるいは受粉を行うに適した季節であるとか、花や果実、種ができる季節であるとかの知識が求められる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2875] [固定リンク][非] 大部品:会計能力 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 18:59:58

*部品構造

-大部品: 会計能力 RD:3 評価値:2
--部品: 簿記技能
--部品: 出納管理
--部品: 会計報告



*部品定義

**部品: 簿記技能
一般的に用いられるのは複式簿記と呼ばれるもので、取引によって発生する原因と結果を共に記入していく方式がある。
物品を購入するという取引によって、値段分の価値のある物品が資産として増えるという点と、資金が物品の値段だけ減少するという点の両方を記入し、常に等価の取引が行われているとする考え方が基本となる。
簿記には目的に応じて商業簿記や工業簿記などいくつか種類がある。現在の会計作業においてはその職にあわせた簿記を理解し、作成する技能が求められる。

**部品: 出納管理
会計の基本となるのは資金と物の管理である。
資金の収入と支出、また物品の出入り。近代においては無形の情報などにも価値が発生することも多い。
会計に関わるものはこれらを正確に把握、記録し、不審な点があれば報告することも求められる。

**部品: 会計報告
会計は記録を取り管理するだけでなく、一定の期間ごとに決算を行ったり、あるいは照会の依頼があった際に提出できるようにする必要がある。
これらの会計報告を行うことで、不正や不審な資金や物の流れがないことを確認することはもちろん、損益の状態を確認して今後の組織の方針決定にも役立てることができる。



*提出書式

大部品: 会計能力 RD:3 評価値:2
-部品: 簿記技能
-部品: 出納管理
-部品: 会計報告


部品: 簿記技能
一般的に用いられるのは複式簿記と呼ばれるもので、取引によって発生する原因と結果を共に記入していく方式がある。
物品を購入するという取引によって、値段分の価値のある物品が資産として増えるという点と、資金が物品の値段だけ減少するという点の両方を記入し、常に等価の取引が行われているとする考え方が基本となる。
簿記には目的に応じて商業簿記や工業簿記などいくつか種類がある。現在の会計作業においてはその職にあわせた簿記を理解し、作成する技能が求められる。

部品: 出納管理
会計の基本となるのは資金と物の管理である。
資金の収入と支出、また物品の出入り。近代においては無形の情報などにも価値が発生することも多い。
会計に関わるものはこれらを正確に把握、記録し、不審な点があれば報告することも求められる。

部品: 会計報告
会計は記録を取り管理するだけでなく、一定の期間ごとに決算を行ったり、あるいは照会の依頼があった際に提出できるようにする必要がある。
これらの会計報告を行うことで、不正や不審な資金や物の流れがないことを確認することはもちろん、損益の状態を確認して今後の組織の方針決定にも役立てることができる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "会計能力",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "簿記技能",
"description": "一般的に用いられるのは複式簿記と呼ばれるもので、取引によって発生する原因と結果を共に記入していく方式がある。\n物品を購入するという取引によって、値段分の価値のある物品が資産として増えるという点と、資金が物品の値段だけ減少するという点の両方を記入し、常に等価の取引が行われているとする考え方が基本となる。\n簿記には目的に応じて商業簿記や工業簿記などいくつか種類がある。現在の会計作業においてはその職にあわせた簿記を理解し、作成する技能が求められる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "出納管理",
"description": "会計の基本となるのは資金と物の管理である。\n資金の収入と支出、また物品の出入り。近代においては無形の情報などにも価値が発生することも多い。\n会計に関わるものはこれらを正確に把握、記録し、不審な点があれば報告することも求められる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "会計報告",
"description": "会計は記録を取り管理するだけでなく、一定の期間ごとに決算を行ったり、あるいは照会の依頼があった際に提出できるようにする必要がある。\nこれらの会計報告を行うことで、不正や不審な資金や物の流れがないことを確認することはもちろん、損益の状態を確認して今後の組織の方針決定にも役立てることができる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2876] [固定リンク][非] 大部品:宗教活動を行う 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 19:51:09

*部品構造

-大部品: 宗教活動を行う RD:3 評価値:2
--部品: 教義の理解と実践
--部品: 祭祀・儀式の執行
--部品: 社会規範との折り合い



*部品定義

**部品: 教義の理解と実践
宗教とは何かを定義することは非常に難しいが、どのような宗教であっても教義は持つ。
自身の属する宗教の教義を知り、実践することが求められる。
教義の内容は宗教によって異なるが、例えば嘘をついてはいけないであるとか、同じ宗教に属する者との互助であるとか、礼拝についての作法であるとかが例として挙げられる。
また、神や精霊といった存在と接する際の礼儀や態度について述べられている場合も多い。

**部品: 祭祀・儀式の執行
宗教活動として祭祀または祭礼や儀式を執り行うことが求められる。
属する宗教によって祭の種類や数は異なるが、よく見られるものとしては収穫祭などがある。
また儀式については成人や婚礼、葬儀といった内容が含まれることもあり、宗教によってはこれらの儀式そのものが祭となっていることもある。
教義にもよるが、その宗教の奉る存在への感謝や祈りを示す行為としても行われる。

**部品: 社会規範との折り合い
宗教によっては長い歴史を持つものもあり、それが成立した時点での教義が現在の社会規範から見ると倫理的に問題がある場合や、法律的に犯罪となる場合がある。
こういった状態においては、その教義にある程度の解釈を行い、社会規範との折り合いをつけることが求められる場合がある。




*提出書式

大部品: 宗教活動を行う RD:3 評価値:2
-部品: 教義の理解と実践
-部品: 祭祀・儀式の執行
-部品: 社会規範との折り合い


部品: 教義の理解と実践
宗教とは何かを定義することは非常に難しいが、どのような宗教であっても教義は持つ。
自身の属する宗教の教義を知り、実践することが求められる。
教義の内容は宗教によって異なるが、例えば嘘をついてはいけないであるとか、同じ宗教に属する者との互助であるとか、礼拝についての作法であるとかが例として挙げられる。
また、神や精霊といった存在と接する際の礼儀や態度について述べられている場合も多い。

部品: 祭祀・儀式の執行
宗教活動として祭祀または祭礼や儀式を執り行うことが求められる。
属する宗教によって祭の種類や数は異なるが、よく見られるものとしては収穫祭などがある。
また儀式については成人や婚礼、葬儀といった内容が含まれることもあり、宗教によってはこれらの儀式そのものが祭となっていることもある。
教義にもよるが、その宗教の奉る存在への感謝や祈りを示す行為としても行われる。

部品: 社会規範との折り合い
宗教によっては長い歴史を持つものもあり、それが成立した時点での教義が現在の社会規範から見ると倫理的に問題がある場合や、法律的に犯罪となる場合がある。
こういった状態においては、その教義にある程度の解釈を行い、社会規範との折り合いをつけることが求められる場合がある。





*インポート用定義データ


[
{ "title": "宗教活動を行う",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "教義の理解と実践",
"description": "宗教とは何かを定義することは非常に難しいが、どのような宗教であっても教義は持つ。\n自身の属する宗教の教義を知り、実践することが求められる。\n教義の内容は宗教によって異なるが、例えば嘘をついてはいけないであるとか、同じ宗教に属する者との互助であるとか、礼拝についての作法であるとかが例として挙げられる。\nまた、神や精霊といった存在と接する際の礼儀や態度について述べられている場合も多い。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "祭祀・儀式の執行",
"description": "宗教活動として祭祀または祭礼や儀式を執り行うことが求められる。\n属する宗教によって祭の種類や数は異なるが、よく見られるものとしては収穫祭などがある。\nまた儀式については成人や婚礼、葬儀といった内容が含まれることもあり、宗教によってはこれらの儀式そのものが祭となっていることもある。\n教義にもよるが、その宗教の奉る存在への感謝や祈りを示す行為としても行われる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "社会規範との折り合い",
"description": "宗教によっては長い歴史を持つものもあり、それが成立した時点での教義が現在の社会規範から見ると倫理的に問題がある場合や、法律的に犯罪となる場合がある。\nこういった状態においては、その教義にある程度の解釈を行い、社会規範との折り合いをつけることが求められる場合がある。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2931] [固定リンク][非] 大部品:機械知識 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 22:27:35

*部品構造

-大部品: 機械知識 RD:4 評価値:3
--部品: 材料知識
--部品: 加工技術
--部品: 機関・機構に関する知識
--部品: 情報系知識



*部品定義

**部品: 材料知識
機械に使われる金属に力や熱が加わった際の変形や破壊などの原理を理解し、機械の用途、目的に応じて、どの材料が適切なのかを判断できるか、といった、機械に使われる材料に関する知識。

**部品: 加工技術
金属や機械の切削や研削、研磨といった加工に対する知識及び技術。
旋盤・フライス盤・ボール盤といった工作機械の取り扱いを可能とする。

**部品: 機関・機構に関する知識
エンジンや蒸気など、動力を生み出す機関や、歯車やチェーンなどを使用し生み出した動力を伝達する事に関する知識。

**部品: 情報系知識
機械に組み込まれている制御系のソフトウェアや、そのソフトウェアが使用するハードウェアに関する知識。
技術レベルにもよるが、ソフトウェアにて制御している機械は多く、機械知識の一環として必要となる。



*提出書式

大部品: 機械知識 RD:4 評価値:3
-部品: 材料知識
-部品: 加工技術
-部品: 機関・機構に関する知識
-部品: 情報系知識


部品: 材料知識
機械に使われる金属に力や熱が加わった際の変形や破壊などの原理を理解し、機械の用途、目的に応じて、どの材料が適切なのかを判断できるか、といった、機械に使われる材料に関する知識。

部品: 加工技術
金属や機械の切削や研削、研磨といった加工に対する知識及び技術。
旋盤・フライス盤・ボール盤といった工作機械の取り扱いを可能とする。

部品: 機関・機構に関する知識
エンジンや蒸気など、動力を生み出す機関や、歯車やチェーンなどを使用し生み出した動力を伝達する事に関する知識。

部品: 情報系知識
機械に組み込まれている制御系のソフトウェアや、そのソフトウェアが使用するハードウェアに関する知識。
技術レベルにもよるが、ソフトウェアにて制御している機械は多く、機械知識の一環として必要となる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "機械知識",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "材料知識",
"description": "機械に使われる金属に力や熱が加わった際の変形や破壊などの原理を理解し、機械の用途、目的に応じて、どの材料が適切なのかを判断できるか、といった、機械に使われる材料に関する知識。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "加工技術",
"description": "金属や機械の切削や研削、研磨といった加工に対する知識及び技術。\n旋盤・フライス盤・ボール盤といった工作機械の取り扱いを可能とする。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "機関・機構に関する知識",
"description": "エンジンや蒸気など、動力を生み出す機関や、歯車やチェーンなどを使用し生み出した動力を伝達する事に関する知識。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "情報系知識",
"description": "機械に組み込まれている制御系のソフトウェアや、そのソフトウェアが使用するハードウェアに関する知識。\n技術レベルにもよるが、ソフトウェアにて制御している機械は多く、機械知識の一環として必要となる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2935] [固定リンク][非] 大部品:基礎医学 投稿者:冴月@無名騎士藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 22:30:31

*部品構造

-大部品: 基礎医学 RD:5 評価値:3
--部品: 人体への理解
--部品: 細分化された科目
--部品: 様々な見学実習
--部品: 厳しい試験
--部品: 医の倫理理解



*部品定義

**部品: 人体への理解
医療に携わる人間としてまず知るべきなのは、「からだの正常な状態」である。性格な人体の組織と生理への理解があってこそ、疾患による異常を見抜けるのだから。


**部品: 細分化された科目
ひとくくりに基礎医学といってもその科目は細分化されている。
具体的には人の立体的構造を知る解剖学、化学的な機能を知る生理学と生化学、そして人体にかかる薬品の基本的原理を知る薬理学と、疾患のメカニズムを知る病理学、病原微生物の成り立ちを知る微生物学、
そして統計を取り様々な疾患の地域性や特徴を洗い出すためには公衆衛生学は欠かせない。

**部品: 様々な見学実習
医療に携わる人間であればいずれの分野でも、知識だけでなく、将来の職場となる病院や薬局での体験実習や、医薬品製造施設の見学などが欠かせない。
どの分野であっても、最終的に職務として触れるのは生身の人間であり、生きた知識と経験がなければ務まらない。


**部品: 厳しい試験
医療系の学校は、通常全ての科目が「必修」である。通常の大学と違い、「落としいていい単位」は存在しない。
これは、医療関係者として知らなくていい業務上の知識や、それにより発生して良いミスは存在しないからであり、当然である。
学費も一般的に安いとはいえず、医学生達は留年を回避するために必死に勉強するのである。

**部品: 医の倫理理解
人の病と戦う職につくものであれば、これらの職の倫理を理解していなければならない。
具体的には、人命を最大限尊重し、人道にのっとって医療を実践し続けることの他、患者に対して差別偏見を持たず、診療上知り得た秘密を遵守することなどである。



*提出書式

大部品: 基礎医学 RD:5 評価値:3
-部品: 人体への理解
-部品: 細分化された科目
-部品: 様々な見学実習
-部品: 厳しい試験
-部品: 医の倫理理解


部品: 人体への理解
医療に携わる人間としてまず知るべきなのは、「からだの正常な状態」である。性格な人体の組織と生理への理解があってこそ、疾患による異常を見抜けるのだから。


部品: 細分化された科目
ひとくくりに基礎医学といってもその科目は細分化されている。
具体的には人の立体的構造を知る解剖学、化学的な機能を知る生理学と生化学、そして人体にかかる薬品の基本的原理を知る薬理学と、疾患のメカニズムを知る病理学、病原微生物の成り立ちを知る微生物学、
そして統計を取り様々な疾患の地域性や特徴を洗い出すためには公衆衛生学は欠かせない。

部品: 様々な見学実習
医療に携わる人間であればいずれの分野でも、知識だけでなく、将来の職場となる病院や薬局での体験実習や、医薬品製造施設の見学などが欠かせない。
どの分野であっても、最終的に職務として触れるのは生身の人間であり、生きた知識と経験がなければ務まらない。


部品: 厳しい試験
医療系の学校は、通常全ての科目が「必修」である。通常の大学と違い、「落としいていい単位」は存在しない。
これは、医療関係者として知らなくていい業務上の知識や、それにより発生して良いミスは存在しないからであり、当然である。
学費も一般的に安いとはいえず、医学生達は留年を回避するために必死に勉強するのである。

部品: 医の倫理理解
人の病と戦う職につくものであれば、これらの職の倫理を理解していなければならない。
具体的には、人命を最大限尊重し、人道にのっとって医療を実践し続けることの他、患者に対して差別偏見を持たず、診療上知り得た秘密を遵守することなどである。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "基礎医学",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "人体への理解",
"description": "医療に携わる人間としてまず知るべきなのは、「からだの正常な状態」である。性格な人体の組織と生理への理解があってこそ、疾患による異常を見抜けるのだから。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "細分化された科目",
"description": "ひとくくりに基礎医学といってもその科目は細分化されている。\n具体的には人の立体的構造を知る解剖学、化学的な機能を知る生理学と生化学、そして人体にかかる薬品の基本的原理を知る薬理学と、疾患のメカニズムを知る病理学、病原微生物の成り立ちを知る微生物学、\nそして統計を取り様々な疾患の地域性や特徴を洗い出すためには公衆衛生学は欠かせない。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "様々な見学実習",
"description": "医療に携わる人間であればいずれの分野でも、知識だけでなく、将来の職場となる病院や薬局での体験実習や、医薬品製造施設の見学などが欠かせない。\nどの分野であっても、最終的に職務として触れるのは生身の人間であり、生きた知識と経験がなければ務まらない。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "厳しい試験",
"description": "医療系の学校は、通常全ての科目が「必修」である。通常の大学と違い、「落としいていい単位」は存在しない。\nこれは、医療関係者として知らなくていい業務上の知識や、それにより発生して良いミスは存在しないからであり、当然である。\n学費も一般的に安いとはいえず、医学生達は留年を回避するために必死に勉強するのである。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "医の倫理理解",
"description": "人の病と戦う職につくものであれば、これらの職の倫理を理解していなければならない。\n具体的には、人命を最大限尊重し、人道にのっとって医療を実践し続けることの他、患者に対して差別偏見を持たず、診療上知り得た秘密を遵守することなどである。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2951] [固定リンク][非] 誤字修正:基礎医学 投稿者:冴月@無名騎士藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 23:02:24

*部品構造

-大部品: 基礎医学 RD:5 評価値:3
--部品: 人体への理解
--部品: 細分化された科目
--部品: 様々な見学実習
--部品: 厳しい試験
--部品: 医の倫理理解



*部品定義

**部品: 人体への理解
医療に携わる人間としてまず知るべきなのは、「からだの正常な状態」である。正確な人体の組織と生理への理解があってこそ、疾患による異常を見抜けるのだから。


**部品: 細分化された科目
ひとくくりに基礎医学といってもその科目は細分化されている。
具体的には人の立体的構造を知る解剖学、化学的な機能を知る生理学と生化学、そして人体にかかる薬品の基本的原理を知る薬理学と、疾患のメカニズムを知る病理学、病原微生物の成り立ちを知る微生物学、
そして統計を取り様々な疾患の地域性や特徴を洗い出すためには公衆衛生学は欠かせない。

**部品: 様々な見学実習
医療に携わる人間であればいずれの分野でも、知識だけでなく、将来の職場となる病院や薬局での体験実習や、医薬品製造施設の見学などが欠かせない。
どの分野であっても、最終的に職務として触れるのは生身の人間であり、生きた知識と経験がなければ務まらない。


**部品: 厳しい試験
医療系の学校は、通常全ての科目が「必修」である。通常の大学と違い、「落としいていい単位」は存在しない。
これは、医療関係者として知らなくていい業務上の知識や、それにより発生して良いミスは存在しないからであり、当然である。
学費も一般的に安いとはいえず、医学生達は留年を回避するために必死に勉強するのである。

**部品: 医の倫理理解
人の病と戦う職につくものであれば、これらの職の倫理を理解していなければならない。
具体的には、人命を最大限尊重し、人道にのっとって医療を実践し続けることの他、患者に対して差別偏見を持たず、診療上知り得た秘密を遵守することなどである。



*提出書式

大部品: 基礎医学 RD:5 評価値:3
-部品: 人体への理解
-部品: 細分化された科目
-部品: 様々な見学実習
-部品: 厳しい試験
-部品: 医の倫理理解


部品: 人体への理解
医療に携わる人間としてまず知るべきなのは、「からだの正常な状態」である。正確な人体の組織と生理への理解があってこそ、疾患による異常を見抜けるのだから。


部品: 細分化された科目
ひとくくりに基礎医学といってもその科目は細分化されている。
具体的には人の立体的構造を知る解剖学、化学的な機能を知る生理学と生化学、そして人体にかかる薬品の基本的原理を知る薬理学と、疾患のメカニズムを知る病理学、病原微生物の成り立ちを知る微生物学、
そして統計を取り様々な疾患の地域性や特徴を洗い出すためには公衆衛生学は欠かせない。

部品: 様々な見学実習
医療に携わる人間であればいずれの分野でも、知識だけでなく、将来の職場となる病院や薬局での体験実習や、医薬品製造施設の見学などが欠かせない。
どの分野であっても、最終的に職務として触れるのは生身の人間であり、生きた知識と経験がなければ務まらない。


部品: 厳しい試験
医療系の学校は、通常全ての科目が「必修」である。通常の大学と違い、「落としいていい単位」は存在しない。
これは、医療関係者として知らなくていい業務上の知識や、それにより発生して良いミスは存在しないからであり、当然である。
学費も一般的に安いとはいえず、医学生達は留年を回避するために必死に勉強するのである。

部品: 医の倫理理解
人の病と戦う職につくものであれば、これらの職の倫理を理解していなければならない。
具体的には、人命を最大限尊重し、人道にのっとって医療を実践し続けることの他、患者に対して差別偏見を持たず、診療上知り得た秘密を遵守することなどである。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "基礎医学",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "人体への理解",
"description": "医療に携わる人間としてまず知るべきなのは、「からだの正常な状態」である。正確な人体の組織と生理への理解があってこそ、疾患による異常を見抜けるのだから。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "細分化された科目",
"description": "ひとくくりに基礎医学といってもその科目は細分化されている。\n具体的には人の立体的構造を知る解剖学、化学的な機能を知る生理学と生化学、そして人体にかかる薬品の基本的原理を知る薬理学と、疾患のメカニズムを知る病理学、病原微生物の成り立ちを知る微生物学、\nそして統計を取り様々な疾患の地域性や特徴を洗い出すためには公衆衛生学は欠かせない。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "様々な見学実習",
"description": "医療に携わる人間であればいずれの分野でも、知識だけでなく、将来の職場となる病院や薬局での体験実習や、医薬品製造施設の見学などが欠かせない。\nどの分野であっても、最終的に職務として触れるのは生身の人間であり、生きた知識と経験がなければ務まらない。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "厳しい試験",
"description": "医療系の学校は、通常全ての科目が「必修」である。通常の大学と違い、「落としいていい単位」は存在しない。\nこれは、医療関係者として知らなくていい業務上の知識や、それにより発生して良いミスは存在しないからであり、当然である。\n学費も一般的に安いとはいえず、医学生達は留年を回避するために必死に勉強するのである。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "医の倫理理解",
"description": "人の病と戦う職につくものであれば、これらの職の倫理を理解していなければならない。\n具体的には、人命を最大限尊重し、人道にのっとって医療を実践し続けることの他、患者に対して差別偏見を持たず、診療上知り得た秘密を遵守することなどである。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2942] [固定リンク][非] 大部品:美的センス 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 22:45:32

*部品構造

-大部品: 美的センス RD:3 評価値:2
--部品: 配色の知識
--部品: 日頃からの観察
--部品: デザインの知識・感性



*部品定義

**部品: 配色の知識
青は人に涼しさや冷たさと言った印象を与え、赤は逆に温かみを印象づけるなどといった、色が人に与える印象と、色の組み合わせによる影響を熟知し、用途や目的に応じて適切な配色を行う知識。

**部品: 日頃からの観察
美術館巡りをして芸術に親しんだり、おしゃれな服装や部屋などを意識して眺めてみたり、またそれに関する雑誌といった資料を購読したりといった、日頃から興味を持って美を観察することで、少しずつセンスは磨かれていく。

**部品: デザインの知識・感性
例えば、服装において肩幅や袖の長さ、幅などは1センチ、あるいはそれ未満の差であっても印象が変わることがある。
そうした、形状が人に与える印象を理解し、その組み合わせによって美しいと思える形状を導くための知識及び感性。



*提出書式

大部品: 美的センス RD:3 評価値:2
-部品: 配色の知識
-部品: 日頃からの観察
-部品: デザインの知識・感性


部品: 配色の知識
青は人に涼しさや冷たさと言った印象を与え、赤は逆に温かみを印象づけるなどといった、色が人に与える印象と、色の組み合わせによる影響を熟知し、用途や目的に応じて適切な配色を行う知識。

部品: 日頃からの観察
美術館巡りをして芸術に親しんだり、おしゃれな服装や部屋などを意識して眺めてみたり、またそれに関する雑誌といった資料を購読したりといった、日頃から興味を持って美を観察することで、少しずつセンスは磨かれていく。

部品: デザインの知識・感性
例えば、服装において肩幅や袖の長さ、幅などは1センチ、あるいはそれ未満の差であっても印象が変わることがある。
そうした、形状が人に与える印象を理解し、その組み合わせによって美しいと思える形状を導くための知識及び感性。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "美的センス",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "配色の知識",
"description": "青は人に涼しさや冷たさと言った印象を与え、赤は逆に温かみを印象づけるなどといった、色が人に与える印象と、色の組み合わせによる影響を熟知し、用途や目的に応じて適切な配色を行う知識。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "日頃からの観察",
"description": "美術館巡りをして芸術に親しんだり、おしゃれな服装や部屋などを意識して眺めてみたり、またそれに関する雑誌といった資料を購読したりといった、日頃から興味を持って美を観察することで、少しずつセンスは磨かれていく。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "デザインの知識・感性",
"description": "例えば、服装において肩幅や袖の長さ、幅などは1センチ、あるいはそれ未満の差であっても印象が変わることがある。\nそうした、形状が人に与える印象を理解し、その組み合わせによって美しいと思える形状を導くための知識及び感性。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2950] [固定リンク][非] 大部品:広報知識 投稿者:ダムレイ@リワマヒ国  投稿日:2017/08/19(Sat) 23:00:22

*部品構造

-大部品: 広報知識 RD:4 評価値:3
--部品: 広報チャネルに関する知識
--部品: 顧客心理に関する知識
--部品: 媒体校正に関する知識
--部品: 発信者としてのメディアリテラシー



*部品定義

**部品: 広報チャネルに関する知識
広報を行うにあたっては、どのようなチャネルを使うか、それらをどう組み合わせるかを検討・判断するための知識。チラシを配るのか、看板を立てるのか、有名人にお願いしておすすめしてもらうのかなど広報のやり方は様々。予算やアプローチしたい顧客層という前提条件がある中で、その国の物理域や文化に合わせて、最適なチャネルを選択することが重要である。

**部品: 顧客心理に関する知識
アプローチしたい顧客に関する知識全般のこと。顧客の普段の購買行動や、趣味嗜好、好印象を持ちやすい要素、目にしやすい広告媒体など、相手を知ることで有効な広報を行うことができる。

**部品: 媒体校正に関する知識
広報を行う場合には一般的に訴求したいメッセージがある。各種広告媒体において、それらのメッセージが正しく伝わるかをチェックし校正するための知識。

**部品: 発信者としてのメディアリテラシー
広報やメディアにかかわる者は、多くの人にメッセージを伝える仕事をしているため、影響力が強い。そのため、誤った情報や偏った情報を伝えてしまうことは社会に大きな悪影響を与えてしまう。広報やメディアに関わる者は、そういった側面を十分に理解し、様々な立場や視点を考慮してできる限り中立で公正な立場で情報発信をすることを心がける。



*提出書式

大部品: 広報知識 RD:4 評価値:3
-部品: 広報チャネルに関する知識
-部品: 顧客心理に関する知識
-部品: 媒体校正に関する知識
-部品: 発信者としてのメディアリテラシー


部品: 広報チャネルに関する知識
広報を行うにあたっては、どのようなチャネルを使うか、それらをどう組み合わせるかを検討・判断するための知識。チラシを配るのか、看板を立てるのか、有名人にお願いしておすすめしてもらうのかなど広報のやり方は様々。予算やアプローチしたい顧客層という前提条件がある中で、その国の物理域や文化に合わせて、最適なチャネルを選択することが重要である。

部品: 顧客心理に関する知識
アプローチしたい顧客に関する知識全般のこと。顧客の普段の購買行動や、趣味嗜好、好印象を持ちやすい要素、目にしやすい広告媒体など、相手を知ることで有効な広報を行うことができる。

部品: 媒体校正に関する知識
広報を行う場合には一般的に訴求したいメッセージがある。各種広告媒体において、それらのメッセージが正しく伝わるかをチェックし校正するための知識。

部品: 発信者としてのメディアリテラシー
広報やメディアにかかわる者は、多くの人にメッセージを伝える仕事をしているため、影響力が強い。そのため、誤った情報や偏った情報を伝えてしまうことは社会に大きな悪影響を与えてしまう。広報やメディアに関わる者は、そういった側面を十分に理解し、様々な立場や視点を考慮してできる限り中立で公正な立場で情報発信をすることを心がける。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "広報知識",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "広報チャネルに関する知識",
"description": "広報を行うにあたっては、どのようなチャネルを使うか、それらをどう組み合わせるかを検討・判断するための知識。チラシを配るのか、看板を立てるのか、有名人にお願いしておすすめしてもらうのかなど広報のやり方は様々。予算やアプローチしたい顧客層という前提条件がある中で、その国の物理域や文化に合わせて、最適なチャネルを選択することが重要である。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "顧客心理に関する知識",
"description": "アプローチしたい顧客に関する知識全般のこと。顧客の普段の購買行動や、趣味嗜好、好印象を持ちやすい要素、目にしやすい広告媒体など、相手を知ることで有効な広報を行うことができる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "媒体校正に関する知識",
"description": "広報を行う場合には一般的に訴求したいメッセージがある。各種広告媒体において、それらのメッセージが正しく伝わるかをチェックし校正するための知識。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "発信者としてのメディアリテラシー",
"description": "広報やメディアにかかわる者は、多くの人にメッセージを伝える仕事をしているため、影響力が強い。そのため、誤った情報や偏った情報を伝えてしまうことは社会に大きな悪影響を与えてしまう。広報やメディアに関わる者は、そういった側面を十分に理解し、様々な立場や視点を考慮してできる限り中立で公正な立場で情報発信をすることを心がける。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2953] [固定リンク][非] 大部品:演技力 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 23:06:17

*部品構造

-大部品: 演技力 RD:3 評価値:2
--部品: 想像力
--部品: 表現力
--部品: 自己暗示



*部品定義

**部品: 想像力
自分が演技しようとしている人物がどのような感情を持っているのかを想像する力。
その理解が深ければ深いほど、演技によって相手に与える印象が真に迫っていく。
また、広範な知識を持つことが想像の土台となり、助けとなる。

**部品: 表現力
声の高さや速度、視線の向き、口角の位置、背筋の伸び方、はては呼吸のリズムなど、全身すみずみまでを利用して、相手に望みの印象を抱かせる力。

**部品: 自己暗示
本当の嘘つきは、自分が嘘をついていることすら気づいてないと言われることがある。
演技においても、演じる役柄に没入し、本当に自分がその役柄なのだと信じ込むことが、より真に迫った演技を行うことにつながる。
その反面、演じている自分をを冷静に観察する批評家としての観点も併存させ、コントロールを失うことがないようにしなければならない。



*提出書式

大部品: 演技力 RD:3 評価値:2
-部品: 想像力
-部品: 表現力
-部品: 自己暗示


部品: 想像力
自分が演技しようとしている人物がどのような感情を持っているのかを想像する力。
その理解が深ければ深いほど、演技によって相手に与える印象が真に迫っていく。
また、広範な知識を持つことが想像の土台となり、助けとなる。

部品: 表現力
声の高さや速度、視線の向き、口角の位置、背筋の伸び方、はては呼吸のリズムなど、全身すみずみまでを利用して、相手に望みの印象を抱かせる力。

部品: 自己暗示
本当の嘘つきは、自分が嘘をついていることすら気づいてないと言われることがある。
演技においても、演じる役柄に没入し、本当に自分がその役柄なのだと信じ込むことが、より真に迫った演技を行うことにつながる。
その反面、演じている自分をを冷静に観察する批評家としての観点も併存させ、コントロールを失うことがないようにしなければならない。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "演技力",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "想像力",
"description": "自分が演技しようとしている人物がどのような感情を持っているのかを想像する力。\nその理解が深ければ深いほど、演技によって相手に与える印象が真に迫っていく。\nまた、広範な知識を持つことが想像の土台となり、助けとなる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "表現力",
"description": "声の高さや速度、視線の向き、口角の位置、背筋の伸び方、はては呼吸のリズムなど、全身すみずみまでを利用して、相手に望みの印象を抱かせる力。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "自己暗示",
"description": "本当の嘘つきは、自分が嘘をついていることすら気づいてないと言われることがある。\n演技においても、演じる役柄に没入し、本当に自分がその役柄なのだと信じ込むことが、より真に迫った演技を行うことにつながる。\nその反面、演じている自分をを冷静に観察する批評家としての観点も併存させ、コントロールを失うことがないようにしなければならない。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2973] [固定リンク][非] 大部品:4年間の武術の訓練 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 23:59:51

*部品構造

-大部品: 4年間の武術の訓練 RD:6 評価値:4
--部品: 1〜4年目:基礎体力訓練
--部品: 1〜4年目:精神鍛錬
--部品: 2年目:基本の型の訓練
--部品: 3年目:型の発展・応用
--部品: 4年目:対人訓練
--部品: 修了試験



*部品定義

**部品: 1〜4年目:基礎体力訓練
いかなる武術であろうとも、身体を動かすための体力は欠かすことの出来ない要素である。
一年目は武術に適した身体づくりを徹底する。走り込みで体力をつけるほか、柔軟を欠かさずしなやかな体を作り、また、その武術に必要な筋力を重点的に鍛錬し、筋肉をつける。
これらの訓練は4年間を通じて実施され、訓練が全て修了した後も継続して続けていかなければならない。

**部品: 1〜4年目:精神鍛錬
いかなる武術であろうとも、武とは心が弱ければ簡単に暴力に落ちてしまう。
このため、武術においては必ず精神鍛錬を行い、誤った目的に武を使ってはならないと自己を律する精神を身に付けなければならない。
この訓練は4年間を通じて実施され、また訓練が全て修了した後も継続して続けていかなければならない。

**部品: 2年目:基本の型の訓練
2年目から武器を持っての鍛錬が許可され始める。
その武器を利用した基本の型を身体が完全に覚えるまで、何度も何度も繰り返す。


**部品: 3年目:型の発展・応用
基本の型が完全に身についたと認められたら、基本の型を元に、状況に応じた型に発展、応用させる訓練を開始する。
この時、基本の型の理を実感として知り、身についていなければ、応用は簡単に型を崩し、無駄な力ばかりが入った動きに堕してしまう。

**部品: 4年目:対人訓練
基礎と応用の型が身についたと判定されて初めて、対人、あるいは弓などであれば獣などの生物を相手にした訓練が許されるようになる。
実際に意思を持つ相手に対し、状況に応じてどの型を使い攻め、あるいは守るのか、そういった総合的な判断と戦闘の組み立てを学んでいく。
ここでは対人であれば重傷や死人が出ないよう、注意しなければならない。
また、獣相手の狩りなどの訓練であれば、自分の生命が失われないよう細心の注意を払うと同時に、奪った生命を可能な限り食したり加工したりするなどして、狩った獣や自然に対し感謝と畏敬の念を忘れないようにしなければならない。

**部品: 修了試験
一人前として必要な心技体全てが揃っているか、師による試験を受ける。
この試験に合格できれば、免許皆伝とはいかないまでも、一人前の武術家として認められるようになる。



*提出書式

大部品: 4年間の武術の訓練 RD:6 評価値:4
-部品: 1〜4年目:基礎体力訓練
-部品: 1〜4年目:精神鍛錬
-部品: 2年目:基本の型の訓練
-部品: 3年目:型の発展・応用
-部品: 4年目:対人訓練
-部品: 修了試験


部品: 1〜4年目:基礎体力訓練
いかなる武術であろうとも、身体を動かすための体力は欠かすことの出来ない要素である。
一年目は武術に適した身体づくりを徹底する。走り込みで体力をつけるほか、柔軟を欠かさずしなやかな体を作り、また、その武術に必要な筋力を重点的に鍛錬し、筋肉をつける。
これらの訓練は4年間を通じて実施され、訓練が全て修了した後も継続して続けていかなければならない。

部品: 1〜4年目:精神鍛錬
いかなる武術であろうとも、武とは心が弱ければ簡単に暴力に落ちてしまう。
このため、武術においては必ず精神鍛錬を行い、誤った目的に武を使ってはならないと自己を律する精神を身に付けなければならない。
この訓練は4年間を通じて実施され、また訓練が全て修了した後も継続して続けていかなければならない。

部品: 2年目:基本の型の訓練
2年目から武器を持っての鍛錬が許可され始める。
その武器を利用した基本の型を身体が完全に覚えるまで、何度も何度も繰り返す。


部品: 3年目:型の発展・応用
基本の型が完全に身についたと認められたら、基本の型を元に、状況に応じた型に発展、応用させる訓練を開始する。
この時、基本の型の理を実感として知り、身についていなければ、応用は簡単に型を崩し、無駄な力ばかりが入った動きに堕してしまう。

部品: 4年目:対人訓練
基礎と応用の型が身についたと判定されて初めて、対人、あるいは弓などであれば獣などの生物を相手にした訓練が許されるようになる。
実際に意思を持つ相手に対し、状況に応じてどの型を使い攻め、あるいは守るのか、そういった総合的な判断と戦闘の組み立てを学んでいく。
ここでは対人であれば重傷や死人が出ないよう、注意しなければならない。
また、獣相手の狩りなどの訓練であれば、自分の生命が失われないよう細心の注意を払うと同時に、奪った生命を可能な限り食したり加工したりするなどして、狩った獣や自然に対し感謝と畏敬の念を忘れないようにしなければならない。

部品: 修了試験
一人前として必要な心技体全てが揃っているか、師による試験を受ける。
この試験に合格できれば、免許皆伝とはいかないまでも、一人前の武術家として認められるようになる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "4年間の武術の訓練",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "1〜4年目:基礎体力訓練",
"description": "いかなる武術であろうとも、身体を動かすための体力は欠かすことの出来ない要素である。\n一年目は武術に適した身体づくりを徹底する。走り込みで体力をつけるほか、柔軟を欠かさずしなやかな体を作り、また、その武術に必要な筋力を重点的に鍛錬し、筋肉をつける。\nこれらの訓練は4年間を通じて実施され、訓練が全て修了した後も継続して続けていかなければならない。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "1〜4年目:精神鍛錬",
"description": "いかなる武術であろうとも、武とは心が弱ければ簡単に暴力に落ちてしまう。\nこのため、武術においては必ず精神鍛錬を行い、誤った目的に武を使ってはならないと自己を律する精神を身に付けなければならない。\nこの訓練は4年間を通じて実施され、また訓練が全て修了した後も継続して続けていかなければならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "2年目:基本の型の訓練",
"description": "2年目から武器を持っての鍛錬が許可され始める。\nその武器を利用した基本の型を身体が完全に覚えるまで、何度も何度も繰り返す。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "3年目:型の発展・応用",
"description": "基本の型が完全に身についたと認められたら、基本の型を元に、状況に応じた型に発展、応用させる訓練を開始する。\nこの時、基本の型の理を実感として知り、身についていなければ、応用は簡単に型を崩し、無駄な力ばかりが入った動きに堕してしまう。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "4年目:対人訓練",
"description": "基礎と応用の型が身についたと判定されて初めて、対人、あるいは弓などであれば獣などの生物を相手にした訓練が許されるようになる。\n実際に意思を持つ相手に対し、状況に応じてどの型を使い攻め、あるいは守るのか、そういった総合的な判断と戦闘の組み立てを学んでいく。\nここでは対人であれば重傷や死人が出ないよう、注意しなければならない。\nまた、獣相手の狩りなどの訓練であれば、自分の生命が失われないよう細心の注意を払うと同時に、奪った生命を可能な限り食したり加工したりするなどして、狩った獣や自然に対し感謝と畏敬の念を忘れないようにしなければならない。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "修了試験",
"description": "一人前として必要な心技体全てが揃っているか、師による試験を受ける。\nこの試験に合格できれば、免許皆伝とはいかないまでも、一人前の武術家として認められるようになる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2975] [固定リンク][非] 大部品:文学的素養 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/20(Sun) 08:02:01

*部品構造

-大部品: 文学的素養 RD:3 評価値:2
--部品: 言葉と親しむ
--部品: 豊富な語彙と選択
--部品: 文法を学ぶ



*部品定義

**部品: 言葉と親しむ
文学と言っても、その第一歩となるのは言葉と親しむこと、そのものだ。身の回りにあるものごとを、頭の中でも手元にある紙にでも、言語化してみること、そしてその行為の習慣づけである。
例えば夕焼けを見てその情景に心動かされたなら、それを「綺麗だな」とか「前にも似た夕日をみたな、懐かしいな」とか「夕日に照らされた町はまるで知らないものみたいに見えた」とか、言葉にしてみる。
また、逆に言葉や文章から、それが示すものが何であるかを考えてみることも同じくらい重要になる。「綺麗な夕焼け」とだけ読んで頭に浮かぶ情景は、読んだ者の数だけあると言っていい。
最初から自然にできる者もいれば、日々の積み重ねでできるようになる者もいる。そこに優劣はない。大事なのは、世界を言葉で再認識することである。

**部品: 豊富な語彙と選択
素直な気持ちや見たままのものごとを言葉にすることは重要である。しかし、それだけでは足りなくなってくる。
言葉にすることで、他者へと気持ちやものごとを伝えたいと思ったならばなおさらである。
「綺麗な夕焼け」という言葉から想像する情景はそれぞれ違うだろう。しかし「夕日に照らされて橙に染まった雲が綺麗だった」という言葉であれば、少なくとも「夕日」と「橙に染まった雲」までは必ず想像する情景に入っているはずだ。
言葉で表現を行うのであれば、多くの語彙を持つ必要がある。そして自身の表現したいものに合わせてそれを選択する能力も求められる。
「うろこ雲」と「積乱雲」では雲の形がまったく異なるし、「橙色」と「オレンジ色」では受ける印象も異なる。その選択の積み重ねが、言葉によって表現される世界を豊かにする。

**部品: 文法を学ぶ
言葉は自分と他者を繋ぐツールであるが、それ故にその言語が持つルール、文法に従わなければ正しく意味や意図を伝えることはできない。
名詞、動詞、形容詞、副詞、助詞といった品詞や、その組み合わせを正しく使うことがその第一歩である。
文章を書く上でよく発生するミスとして、意図しない重言(顔を真っ赤に赤面させ、のように同じ意味合いを重ねてしまう)や、文章のねじれ(主語と述語の繋がりが明確でなくなる)などが挙げられる。
また、文章を書きなれた者は効果を狙って意図的に文法を崩すこともある。



*提出書式

大部品: 文学的素養 RD:3 評価値:2
-部品: 言葉と親しむ
-部品: 豊富な語彙と選択
-部品: 文法を学ぶ


部品: 言葉と親しむ
文学と言っても、その第一歩となるのは言葉と親しむこと、そのものだ。身の回りにあるものごとを、頭の中でも手元にある紙にでも、言語化してみること、そしてその行為の習慣づけである。
例えば夕焼けを見てその情景に心動かされたなら、それを「綺麗だな」とか「前にも似た夕日をみたな、懐かしいな」とか「夕日に照らされた町はまるで知らないものみたいに見えた」とか、言葉にしてみる。
また、逆に言葉や文章から、それが示すものが何であるかを考えてみることも同じくらい重要になる。「綺麗な夕焼け」とだけ読んで頭に浮かぶ情景は、読んだ者の数だけあると言っていい。
最初から自然にできる者もいれば、日々の積み重ねでできるようになる者もいる。そこに優劣はない。大事なのは、世界を言葉で再認識することである。

部品: 豊富な語彙と選択
素直な気持ちや見たままのものごとを言葉にすることは重要である。しかし、それだけでは足りなくなってくる。
言葉にすることで、他者へと気持ちやものごとを伝えたいと思ったならばなおさらである。
「綺麗な夕焼け」という言葉から想像する情景はそれぞれ違うだろう。しかし「夕日に照らされて橙に染まった雲が綺麗だった」という言葉であれば、少なくとも「夕日」と「橙に染まった雲」までは必ず想像する情景に入っているはずだ。
言葉で表現を行うのであれば、多くの語彙を持つ必要がある。そして自身の表現したいものに合わせてそれを選択する能力も求められる。
「うろこ雲」と「積乱雲」では雲の形がまったく異なるし、「橙色」と「オレンジ色」では受ける印象も異なる。その選択の積み重ねが、言葉によって表現される世界を豊かにする。

部品: 文法を学ぶ
言葉は自分と他者を繋ぐツールであるが、それ故にその言語が持つルール、文法に従わなければ正しく意味や意図を伝えることはできない。
名詞、動詞、形容詞、副詞、助詞といった品詞や、その組み合わせを正しく使うことがその第一歩である。
文章を書く上でよく発生するミスとして、意図しない重言(顔を真っ赤に赤面させ、のように同じ意味合いを重ねてしまう)や、文章のねじれ(主語と述語の繋がりが明確でなくなる)などが挙げられる。
また、文章を書きなれた者は効果を狙って意図的に文法を崩すこともある。




*インポート用定義データ


[
{ "id": 290,
"title": "文学的素養",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-19 23:01:14.185658",
"updated_at": "2017-08-19 23:01:14.185658",
"character_id": "1938",
"children":
[
{ "id": 291,
"title": "言葉と親しむ",
"description": "文学と言っても、その第一歩となるのは言葉と親しむこと、そのものだ。身の回りにあるものごとを、頭の中でも手元にある紙にでも、言語化してみること、そしてその行為の習慣づけである。\n例えば夕焼けを見てその情景に心動かされたなら、それを「綺麗だな」とか「前にも似た夕日をみたな、懐かしいな」とか「夕日に照らされた町はまるで知らないものみたいに見えた」とか、言葉にしてみる。\nまた、逆に言葉や文章から、それが示すものが何であるかを考えてみることも同じくらい重要になる。「綺麗な夕焼け」とだけ読んで頭に浮かぶ情景は、読んだ者の数だけあると言っていい。\n最初から自然にできる者もいれば、日々の積み重ねでできるようになる者もいる。そこに優劣はない。大事なのは、世界を言葉で再認識することである。",
"part_type": "part",
"character_id": "1938",
"children": []
},

{ "id": 292,
"title": "豊富な語彙と選択",
"description": "素直な気持ちや見たままのものごとを言葉にすることは重要である。しかし、それだけでは足りなくなってくる。\n言葉にすることで、他者へと気持ちやものごとを伝えたいと思ったならばなおさらである。\n「綺麗な夕焼け」という言葉から想像する情景はそれぞれ違うだろう。しかし「夕日に照らされて橙に染まった雲が綺麗だった」という言葉であれば、少なくとも「夕日」と「橙に染まった雲」までは必ず想像する情景に入っているはずだ。\n言葉で表現を行うのであれば、多くの語彙を持つ必要がある。そして自身の表現したいものに合わせてそれを選択する能力も求められる。\n「うろこ雲」と「積乱雲」では雲の形がまったく異なるし、「橙色」と「オレンジ色」では受ける印象も異なる。その選択の積み重ねが、言葉によって表現される世界を豊かにする。",
"part_type": "part",
"character_id": "1938",
"children": []
},

{ "id": 293,
"title": "文法を学ぶ",
"description": "言葉は自分と他者を繋ぐツールであるが、それ故にその言語が持つルール、文法に従わなければ正しく意味や意図を伝えることはできない。\n名詞、動詞、形容詞、副詞、助詞といった品詞や、その組み合わせを正しく使うことがその第一歩である。\n文章を書く上でよく発生するミスとして、意図しない重言(顔を真っ赤に赤面させ、のように同じ意味合いを重ねてしまう)や、文章のねじれ(主語と述語の繋がりが明確でなくなる)などが挙げられる。\nまた、文章を書きなれた者は効果を狙って意図的に文法を崩すこともある。",
"part_type": "part",
"character_id": "1938",
"children": []
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2976] [固定リンク][非] 大部品:虫・昆虫知識 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/20(Sun) 08:45:15

*部品構造

-大部品: 虫・昆虫知識 RD:3 評価値:2
--部品: 虫の生息環境
--部品: 虫・昆虫の生態
--部品: 虫の繁殖と飼育



*部品定義

**部品: 虫の生息環境
ひとくちに虫、昆虫といっても膨大な種類があり、また新種もまだまだ発見される生物分野であるため、その生息環境や分布もさまざまである。
その全てを知識として持つことは専門の学者であっても難しい。
職業人しては、最低限自身の関わる虫がどういった環境に住むのか、何を餌とするのか、天敵となる動物や虫は何か、などの知識が求められる。

**部品: 虫・昆虫の生態
虫・昆虫にはさまざまな種類がある。毒を持つもの、蜜を集めるもの、病気を媒介するもの、人が規定するところの害虫を食べるものなど、人の視点から見るだけでも害や益がさまざまに存在する。
虫の生態を知り、その害や益、あるいはそのどちらもないこと、単に見た目の美しさといったものとの付き合い方が重要となる。
もちろん、全ての虫や昆虫の生態を知ることはできないが、最低限自身の関わる虫・昆虫についての知識が求められる。

**部品: 虫の繁殖と飼育
虫の中でも特に有効な性質を持つものは、繁殖と飼育を行って数を増やし、積極的に利益を享受することがある。良く知られるところとして、養蜂や養蚕がある。
虫の性質を利用する関係上、その性質が最大限発揮されるよう繁殖や飼育方法にも様々な工夫やノウハウが存在する。
もちろん飼育する虫の種類によってがらりとノウハウが変わるため、最低限求められるのは自身の関わる虫や昆虫についての繁殖と飼育の知識となる。



*提出書式

大部品: 虫・昆虫知識 RD:3 評価値:2
-部品: 虫の生息環境
-部品: 虫・昆虫の生態
-部品: 虫の繁殖と飼育


部品: 虫の生息環境
ひとくちに虫、昆虫といっても膨大な種類があり、また新種もまだまだ発見される生物分野であるため、その生息環境や分布もさまざまである。
その全てを知識として持つことは専門の学者であっても難しい。
職業人しては、最低限自身の関わる虫がどういった環境に住むのか、何を餌とするのか、天敵となる動物や虫は何か、などの知識が求められる。

部品: 虫・昆虫の生態
虫・昆虫にはさまざまな種類がある。毒を持つもの、蜜を集めるもの、病気を媒介するもの、人が規定するところの害虫を食べるものなど、人の視点から見るだけでも害や益がさまざまに存在する。
虫の生態を知り、その害や益、あるいはそのどちらもないこと、単に見た目の美しさといったものとの付き合い方が重要となる。
もちろん、全ての虫や昆虫の生態を知ることはできないが、最低限自身の関わる虫・昆虫についての知識が求められる。

部品: 虫の繁殖と飼育
虫の中でも特に有効な性質を持つものは、繁殖と飼育を行って数を増やし、積極的に利益を享受することがある。良く知られるところとして、養蜂や養蚕がある。
虫の性質を利用する関係上、その性質が最大限発揮されるよう繁殖や飼育方法にも様々な工夫やノウハウが存在する。
もちろん飼育する虫の種類によってがらりとノウハウが変わるため、最低限求められるのは自身の関わる虫や昆虫についての繁殖と飼育の知識となる。




*インポート用定義データ


[
{ "id": 290,
"title": "虫・昆虫知識",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-19 23:01:14.185658",
"updated_at": "2017-08-19 23:43:52.838576",
"character_id": "1938",
"children":
[
{ "id": 539,
"title": "虫の生息環境",
"description": "ひとくちに虫、昆虫といっても膨大な種類があり、また新種もまだまだ発見される生物分野であるため、その生息環境や分布もさまざまである。\nその全てを知識として持つことは専門の学者であっても難しい。\n職業人しては、最低限自身の関わる虫がどういった環境に住むのか、何を餌とするのか、天敵となる動物や虫は何か、などの知識が求められる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-19 23:43:52.867948",
"updated_at": "2017-08-19 23:43:52.867948",
"character_id": null,
"children": []
},

{ "id": 540,
"title": "虫・昆虫の生態",
"description": "虫・昆虫にはさまざまな種類がある。毒を持つもの、蜜を集めるもの、病気を媒介するもの、人が規定するところの害虫を食べるものなど、人の視点から見るだけでも害や益がさまざまに存在する。\n虫の生態を知り、その害や益、あるいはそのどちらもないこと、単に見た目の美しさといったものとの付き合い方が重要となる。\nもちろん、全ての虫や昆虫の生態を知ることはできないが、最低限自身の関わる虫・昆虫についての知識が求められる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-19 23:43:52.879372",
"updated_at": "2017-08-19 23:43:52.879372",
"character_id": null,
"children": []
},

{ "id": 541,
"title": "虫の繁殖と飼育",
"description": "虫の中でも特に有効な性質を持つものは、繁殖と飼育を行って数を増やし、積極的に利益を享受することがある。良く知られるところとして、養蜂や養蚕がある。\n虫の性質を利用する関係上、その性質が最大限発揮されるよう繁殖や飼育方法にも様々な工夫やノウハウが存在する。\nもちろん飼育する虫の種類によってがらりとノウハウが変わるため、最低限求められるのは自身の関わる虫や昆虫についての繁殖と飼育の知識となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-19 23:43:52.887344",
"updated_at": "2017-08-19 23:43:52.887344",
"character_id": null,
"children": []
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2987] [固定リンク][非] 大部品:治安維持のための権限と義務 投稿者:田中申@akiharu国  投稿日:2017/08/20(Sun) 12:28:27

*部品構造

-大部品: 治安維持のための権限と義務 RD:4 評価値:3
--部品: 警察保護
--部品: 避難などの措置
--部品: 犯罪の予防・制止
--部品: 捜査



*部品定義

**部品: 警察保護
警察官は、「精神錯乱や泥酔によって、自身や他者に危害を及ぼすおそれがある者」、および「保護者が同伴しておらず、本人が保護を拒否していない、迷子・病人・負傷者など」を、警察署・交番・病院など、適切な場所で保護しなければならない。
保護した場合、なるべく早く、保護された者の家族や知り合い・関係者に連絡し、必要な手配をしなければならない。

**部品: 避難などの措置
天災や事故などで、個人の命や身体・財産が害を被るおそれがある場合、警察官は、被害を未然に防ぐため、関係者を警告することができる。
また、急を要する場合、救急救命の手配や交通誘導・避難誘導など、被害を防ぐために必要な措置を関係者に命じることができる。
必要な措置を警察官自らが行ってもよい。

**部品: 犯罪の予防・制止
犯罪が行われようとしていることに気づいた場合、警察官は、犯罪を前もって防ぐため、関係者を警告することができる。
また、その犯罪行為によって、個人の命や身体・財産に被害をおよぼす懸念があり、即座に対応する必要がある場合、警察官は、その犯罪行為を制止することができる。
犯罪行為の制止に必要な場合、警棒や警杖などの武器を使用してもよい。
ただし、武器の使用は、その事態を解決するために必要な限度に限られる。
正当防衛・緊急避難・他に方法がない場合を除いて、武器の使用で個人に危害を与えてはならない。

**部品: 捜査
警察官が犯罪を捜査する場合、真相を明らかにして事件を解決することを目的とし、迅速かつ適確に行わなければならない。
また、捜査の権限を行使する場合、個人の知類権を重んじなければならない。
ここで、知類権とは知類らしく生活するための権利であり、人知類以外の知類も知類権が保障される。
犯罪を立証するため、事件関係者が述べた内容を過信せず、物的証拠を中心とした様々な証拠を見つけ集めるよう努めなければならない。
被疑者の逃亡や証拠隠滅を防ぐため、捜査資料や捜査に関する情報は適切に管理しなければならない。
なお、被疑者とは、犯罪の嫌疑を受けて捜査の対象となっている者のことである。
集めた証拠で犯罪を証明でき、かつ被疑者の逮捕が必要な場合、被疑者を逮捕することができる。
ただし、現行犯以外を逮捕する場合、不適切な逮捕で被疑者の知類権が侵害されないよう、逮捕を許可する令状が必要となる。



*提出書式

大部品: 治安維持のための権限と義務 RD:4 評価値:3
-部品: 警察保護
-部品: 避難などの措置
-部品: 犯罪の予防・制止
-部品: 捜査


部品: 警察保護
警察官は、「精神錯乱や泥酔によって、自身や他者に危害を及ぼすおそれがある者」、および「保護者が同伴しておらず、本人が保護を拒否していない、迷子・病人・負傷者など」を、警察署・交番・病院など、適切な場所で保護しなければならない。
保護した場合、なるべく早く、保護された者の家族や知り合い・関係者に連絡し、必要な手配をしなければならない。

部品: 避難などの措置
天災や事故などで、個人の命や身体・財産が害を被るおそれがある場合、警察官は、被害を未然に防ぐため、関係者を警告することができる。
また、急を要する場合、救急救命の手配や交通誘導・避難誘導など、被害を防ぐために必要な措置を関係者に命じることができる。
必要な措置を警察官自らが行ってもよい。

部品: 犯罪の予防・制止
犯罪が行われようとしていることに気づいた場合、警察官は、犯罪を前もって防ぐため、関係者を警告することができる。
また、その犯罪行為によって、個人の命や身体・財産に被害をおよぼす懸念があり、即座に対応する必要がある場合、警察官は、その犯罪行為を制止することができる。
犯罪行為の制止に必要な場合、警棒や警杖などの武器を使用してもよい。
ただし、武器の使用は、その事態を解決するために必要な限度に限られる。
正当防衛・緊急避難・他に方法がない場合を除いて、武器の使用で個人に危害を与えてはならない。

部品: 捜査
警察官が犯罪を捜査する場合、真相を明らかにして事件を解決することを目的とし、迅速かつ適確に行わなければならない。
また、捜査の権限を行使する場合、個人の知類権を重んじなければならない。
ここで、知類権とは知類らしく生活するための権利であり、人知類以外の知類も知類権が保障される。
犯罪を立証するため、事件関係者が述べた内容を過信せず、物的証拠を中心とした様々な証拠を見つけ集めるよう努めなければならない。
被疑者の逃亡や証拠隠滅を防ぐため、捜査資料や捜査に関する情報は適切に管理しなければならない。
なお、被疑者とは、犯罪の嫌疑を受けて捜査の対象となっている者のことである。
集めた証拠で犯罪を証明でき、かつ被疑者の逮捕が必要な場合、被疑者を逮捕することができる。
ただし、現行犯以外を逮捕する場合、不適切な逮捕で被疑者の知類権が侵害されないよう、逮捕を許可する令状が必要となる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "治安維持のための権限と義務",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "警察保護",
"description": "警察官は、「精神錯乱や泥酔によって、自身や他者に危害を及ぼすおそれがある者」、および「保護者が同伴しておらず、本人が保護を拒否していない、迷子・病人・負傷者など」を、警察署・交番・病院など、適切な場所で保護しなければならない。\n保護した場合、なるべく早く、保護された者の家族や知り合い・関係者に連絡し、必要な手配をしなければならない。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "避難などの措置",
"description": "天災や事故などで、個人の命や身体・財産が害を被るおそれがある場合、警察官は、被害を未然に防ぐため、関係者を警告することができる。\nまた、急を要する場合、救急救命の手配や交通誘導・避難誘導など、被害を防ぐために必要な措置を関係者に命じることができる。\n必要な措置を警察官自らが行ってもよい。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "犯罪の予防・制止",
"description": "犯罪が行われようとしていることに気づいた場合、警察官は、犯罪を前もって防ぐため、関係者を警告することができる。\nまた、その犯罪行為によって、個人の命や身体・財産に被害をおよぼす懸念があり、即座に対応する必要がある場合、警察官は、その犯罪行為を制止することができる。\n犯罪行為の制止に必要な場合、警棒や警杖などの武器を使用してもよい。\nただし、武器の使用は、その事態を解決するために必要な限度に限られる。\n正当防衛・緊急避難・他に方法がない場合を除いて、武器の使用で個人に危害を与えてはならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "捜査",
"description": "警察官が犯罪を捜査する場合、真相を明らかにして事件を解決することを目的とし、迅速かつ適確に行わなければならない。\nまた、捜査の権限を行使する場合、個人の知類権を重んじなければならない。\nここで、知類権とは知類らしく生活するための権利であり、人知類以外の知類も知類権が保障される。\n犯罪を立証するため、事件関係者が述べた内容を過信せず、物的証拠を中心とした様々な証拠を見つけ集めるよう努めなければならない。\n被疑者の逃亡や証拠隠滅を防ぐため、捜査資料や捜査に関する情報は適切に管理しなければならない。\nなお、被疑者とは、犯罪の嫌疑を受けて捜査の対象となっている者のことである。\n集めた証拠で犯罪を証明でき、かつ被疑者の逮捕が必要な場合、被疑者を逮捕することができる。\nただし、現行犯以外を逮捕する場合、不適切な逮捕で被疑者の知類権が侵害されないよう、逮捕を許可する令状が必要となる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2991] [固定リンク][非] 大部品:学術的知識 投稿者:田中申@akiharu国  投稿日:2017/08/20(Sun) 14:00:15

*部品構造

-大部品: 学術的知識 RD:4 評価値:3
--部品: 学術的知識とは
--部品: 研究
--部品: 考察
--部品: 研究成果の発表



*部品定義

**部品: 学術的知識とは
学術的知識とは、一定の理論に基づいて体系化された知識や教養のこと。
学術的知識は、実験・観察・調査などによって調べられ、得られる。

**部品: 研究
学術的知識を得るための研究で重要なことは、新しい事実や解釈を見つけることである。
研究を始める際は「何をどうやって調べるのか」「調べようとする課題に対し、参考となるような、自分の研究よりも先んじて発表された研究はないか」などを調査する必要がある。
また、必要なデータを集められるよう、研究目的を設定し、どのような結論になりそうかという見通しを立てる必要がある。
ただし、研究や事前調査を行う際、知類として守るべき倫理や知類としての尊厳に配慮しなければならない。

**部品: 考察
実験・観察・調査など、研究で得られたデータからどのような結論を導き出せそうかを考える。
また、必要に応じて研究計画を変更する。

**部品: 研究成果の発表
研究で分かったことを学会や研究会で発表する。
または、専門誌への論文投稿する。
その目的は研究に対して意見をもらい、必要に応じてその意見を研究に反映するためである。
また、優れた内容の場合、研究費を得ることにつながる。



*提出書式

大部品: 学術的知識 RD:4 評価値:3
-部品: 学術的知識とは
-部品: 研究
-部品: 考察
-部品: 研究成果の発表


部品: 学術的知識とは
学術的知識とは、一定の理論に基づいて体系化された知識や教養のこと。
学術的知識は、実験・観察・調査などによって調べられ、得られる。

部品: 研究
学術的知識を得るための研究で重要なことは、新しい事実や解釈を見つけることである。
研究を始める際は「何をどうやって調べるのか」「調べようとする課題に対し、参考となるような、自分の研究よりも先んじて発表された研究はないか」などを調査する必要がある。
また、必要なデータを集められるよう、研究目的を設定し、どのような結論になりそうかという見通しを立てる必要がある。
ただし、研究や事前調査を行う際、知類として守るべき倫理や知類としての尊厳に配慮しなければならない。

部品: 考察
実験・観察・調査など、研究で得られたデータからどのような結論を導き出せそうかを考える。
また、必要に応じて研究計画を変更する。

部品: 研究成果の発表
研究で分かったことを学会や研究会で発表する。
または、専門誌への論文投稿する。
その目的は研究に対して意見をもらい、必要に応じてその意見を研究に反映するためである。
また、優れた内容の場合、研究費を得ることにつながる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "学術的知識",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "学術的知識とは",
"description": "学術的知識とは、一定の理論に基づいて体系化された知識や教養のこと。\n学術的知識は、実験・観察・調査などによって調べられ、得られる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "研究",
"description": "学術的知識を得るための研究で重要なことは、新しい事実や解釈を見つけることである。\n研究を始める際は「何をどうやって調べるのか」「調べようとする課題に対し、参考となるような、自分の研究よりも先んじて発表された研究はないか」などを調査する必要がある。\nまた、必要なデータを集められるよう、研究目的を設定し、どのような結論になりそうかという見通しを立てる必要がある。\nただし、研究や事前調査を行う際、知類として守るべき倫理や知類としての尊厳に配慮しなければならない。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "考察",
"description": "実験・観察・調査など、研究で得られたデータからどのような結論を導き出せそうかを考える。\nまた、必要に応じて研究計画を変更する。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "研究成果の発表",
"description": "研究で分かったことを学会や研究会で発表する。\nまたは、専門誌への論文投稿する。\nその目的は研究に対して意見をもらい、必要に応じてその意見を研究に反映するためである。\nまた、優れた内容の場合、研究費を得ることにつながる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.3001] [固定リンク][非] 大部品:酒類知識 投稿者:よっきー@海法よけ藩国  投稿日:2017/08/20(Sun) 15:51:30

*部品構造

-大部品: 酒類知識 RD:3 評価値:2
--部品: 醸造方法や産地の知識
--部品: 酒に関する法律等の知識
--部品: 他の食材との組み合わせの知識



*部品定義

**部品: 醸造方法や産地の知識
一口に酒と言っても色々と種類があるが、それぞれの酒がどこでどのように何を原料にして作られているかによって、その味や適した呑み方は全く異なる。その違いを知ることが最初の第一歩であり、可能であれば自らの舌でその違いを確かめておくことが推奨される。

**部品: 酒に関する法律等の知識
酒には若年層の心身に悪影響を及ぼさないよう各国ごとに提供可能な年齢が定められていたり、あるいは交通事故等防止のために運転手には提供が禁じられたりするなど、様々な法律や条例などが絡んでくる。自国のものはもちろん、可能であれば他国のものについても法的知識はしっかりと身につけておく必要がある。

**部品: 他の食材との組み合わせの知識
酒はそれ単体で楽しんでも勿論美味であるが、他の材料と混ぜてカクテルにしたり、料理とともに味わったりすることでその楽しみは無限に広がる。まずは定番の組み合わせを知っておくことで、新たな地平を切り開く基礎とすることもできる。



*提出書式

大部品: 酒類知識 RD:3 評価値:2
-部品: 醸造方法や産地の知識
-部品: 酒に関する法律等の知識
-部品: 他の食材との組み合わせの知識


部品: 醸造方法や産地の知識
一口に酒と言っても色々と種類があるが、それぞれの酒がどこでどのように何を原料にして作られているかによって、その味や適した呑み方は全く異なる。その違いを知ることが最初の第一歩であり、可能であれば自らの舌でその違いを確かめておくことが推奨される。

部品: 酒に関する法律等の知識
酒には若年層の心身に悪影響を及ぼさないよう各国ごとに提供可能な年齢が定められていたり、あるいは交通事故等防止のために運転手には提供が禁じられたりするなど、様々な法律や条例などが絡んでくる。自国のものはもちろん、可能であれば他国のものについても法的知識はしっかりと身につけておく必要がある。

部品: 他の食材との組み合わせの知識
酒はそれ単体で楽しんでも勿論美味であるが、他の材料と混ぜてカクテルにしたり、料理とともに味わったりすることでその楽しみは無限に広がる。まずは定番の組み合わせを知っておくことで、新たな地平を切り開く基礎とすることもできる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "酒類知識",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "醸造方法や産地の知識",
"description": "一口に酒と言っても色々と種類があるが、それぞれの酒がどこでどのように何を原料にして作られているかによって、その味や適した呑み方は全く異なる。その違いを知ることが最初の第一歩であり、可能であれば自らの舌でその違いを確かめておくことが推奨される。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "酒に関する法律等の知識",
"description": "酒には若年層の心身に悪影響を及ぼさないよう各国ごとに提供可能な年齢が定められていたり、あるいは交通事故等防止のために運転手には提供が禁じられたりするなど、様々な法律や条例などが絡んでくる。自国のものはもちろん、可能であれば他国のものについても法的知識はしっかりと身につけておく必要がある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "他の食材との組み合わせの知識",
"description": "酒はそれ単体で楽しんでも勿論美味であるが、他の材料と混ぜてカクテルにしたり、料理とともに味わったりすることでその楽しみは無限に広がる。まずは定番の組み合わせを知っておくことで、新たな地平を切り開く基礎とすることもできる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.3013] [固定リンク][非] 大部品:操船技術 投稿者:よっきー@海法よけ藩国  投稿日:2017/08/20(Sun) 16:41:33

*部品構造

-大部品: 操船技術 RD:3 評価値:2
--部品: 水や風の流れを読んだ操船
--部品: 水上交通のルール
--部品: ロープワーク



*部品定義

**部品: 水や風の流れを読んだ操船
船を動かすにあたって、水や風の流れによる影響は無視できないものが有る。これは動力の有る船でも同様で、流れの影響を考えて舵や帆などを操作することで効率的に目的の方向へと船を進める事ができるようになる。

**部品: 水上交通のルール
道路の交通にルールが定められているのと同じように、水の上でも衝突予防やスムーズな交通などのためにルールが定められている。船を動かす上で必須の知識である。

**部品: ロープワーク
船を繋留したり、帆を張ったり、命綱を繋いだりと船上では色々な作業にロープを多用する。用途ごとに適したロープの結び方があるため、日頃から反復練習を行って迅速かつ的確にロープを操れるよう訓練している。



*提出書式

大部品: 操船技術 RD:3 評価値:2
-部品: 水や風の流れを読んだ操船
-部品: 水上交通のルール
-部品: ロープワーク


部品: 水や風の流れを読んだ操船
船を動かすにあたって、水や風の流れによる影響は無視できないものが有る。これは動力の有る船でも同様で、流れの影響を考えて舵や帆などを操作することで効率的に目的の方向へと船を進める事ができるようになる。

部品: 水上交通のルール
道路の交通にルールが定められているのと同じように、水の上でも衝突予防やスムーズな交通などのためにルールが定められている。船を動かす上で必須の知識である。

部品: ロープワーク
船を繋留したり、帆を張ったり、命綱を繋いだりと船上では色々な作業にロープを多用する。用途ごとに適したロープの結び方があるため、日頃から反復練習を行って迅速かつ的確にロープを操れるよう訓練している。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "操船技術",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "水や風の流れを読んだ操船",
"description": "船を動かすにあたって、水や風の流れによる影響は無視できないものが有る。これは動力の有る船でも同様で、流れの影響を考えて舵や帆などを操作することで効率的に目的の方向へと船を進める事ができるようになる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "水上交通のルール",
"description": "道路の交通にルールが定められているのと同じように、水の上でも衝突予防やスムーズな交通などのためにルールが定められている。船を動かす上で必須の知識である。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "ロープワーク",
"description": "船を繋留したり、帆を張ったり、命綱を繋いだりと船上では色々な作業にロープを多用する。用途ごとに適したロープの結び方があるため、日頃から反復練習を行って迅速かつ的確にロープを操れるよう訓練している。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.3014] [固定リンク][非] 大部品:料理人の心得 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/20(Sun) 16:55:40

*部品構造

-大部品: 料理人の心得 RD:3 評価値:2
--部品: 調理技術の研鑽
--部品: 美味の探求
--部品: 栄養バランスを考えた調理



*部品定義

**部品: 調理技術の研鑽
料理人として生きる場合、調理技術のたゆまぬ研鑽が求められる。
専門とする料理によっては特有の技法が存在する場合もあり、それを体得することは必須の条件となる。

**部品: 美味の探求
料理人として生きる者は、自身が作り出す料理をさらに美味しくすることを目指す。美味しい料理は食べた者の心を豊かにし、笑顔を作ると信じているからだ。
もちろん、美味しい料理を作ることができれば、より多くの人へ自身の料理を届ける機会が増えることにもつながる。

**部品: 栄養バランスを考えた調理
料理を食べるという事はただ美味を味わうことだけが目的ではない。食事をすることで生物は栄養を取り込み、今日や明日を生きる活力を得るのだ。
このため、どれだけ美味しい料理が作れても、それを食べた人の健康を損なうようでは料理人として失格である。
栄養のバランスを考え、提供した料理を食べた人が美味しいと感じ、その上でより健康になれるよう配慮が求められる。



*提出書式

大部品: 料理人の心得 RD:3 評価値:2
-部品: 調理技術の研鑽
-部品: 美味の探求
-部品: 栄養バランスを考えた調理


部品: 調理技術の研鑽
料理人として生きる場合、調理技術のたゆまぬ研鑽が求められる。
専門とする料理によっては特有の技法が存在する場合もあり、それを体得することは必須の条件となる。

部品: 美味の探求
料理人として生きる者は、自身が作り出す料理をさらに美味しくすることを目指す。美味しい料理は食べた者の心を豊かにし、笑顔を作ると信じているからだ。
もちろん、美味しい料理を作ることができれば、より多くの人へ自身の料理を届ける機会が増えることにもつながる。

部品: 栄養バランスを考えた調理
料理を食べるという事はただ美味を味わうことだけが目的ではない。食事をすることで生物は栄養を取り込み、今日や明日を生きる活力を得るのだ。
このため、どれだけ美味しい料理が作れても、それを食べた人の健康を損なうようでは料理人として失格である。
栄養のバランスを考え、提供した料理を食べた人が美味しいと感じ、その上でより健康になれるよう配慮が求められる。




*インポート用定義データ


[
{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "料理人として生きる場合、調理技術のたゆまぬ研鑽が求められる。\n専門とする料理によっては特有の技法が存在する場合もあり、それを体得することは必須の条件となる。",
"id": 3479,
"part_type": "part",
"title": "調理技術の研鑽"
},

{ "children": [],
"description": "料理人として生きる者は、自身が作り出す料理をさらに美味しくすることを目指す。美味しい料理は食べた者の心を豊かにし、笑顔を作ると信じているからだ。\nもちろん、美味しい料理を作ることができれば、より多くの人へ自身の料理を届ける機会が増えることにもつながる。",
"id": 3480,
"part_type": "part",
"title": "美味の探求"
},

{ "children": [],
"description": "料理を食べるという事はただ美味を味わうことだけが目的ではない。食事をすることで生物は栄養を取り込み、今日や明日を生きる活力を得るのだ。\nこのため、どれだけ美味しい料理が作れても、それを食べた人の健康を損なうようでは料理人として失格である。\n栄養のバランスを考え、提供した料理を食べた人が美味しいと感じ、その上でより健康になれるよう配慮が求められる。",
"id": 3481,
"part_type": "part",
"title": "栄養バランスを考えた調理"
}
],
"description": null,
"id": 3478,
"part_type": "group",
"title": "料理人の心得",
"expanded": true
}
]


[No.3028] [固定リンク][非] 大部品:4年間の理力訓練 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/20(Sun) 18:43:57

*部品構造

-大部品: 4年間の理力訓練 RD:5 評価値:3
--部品: ことわりを見つめ直す
--部品: 理力を扱う精度を上げる
--部品: 理力で防御する
--部品: 理力の応用を知る
--部品: 理力で攻撃を行う



*部品定義

**部品: ことわりを見つめ直す
理力を扱える者にとって、理力は常にあるものと言える。だからこそ、それを戦闘に用いることとなる理力使いは、あらためてことわりを学ぶ必要がある。
理力を用いれば、戦いの場において手を触れずとも物を動かし、あるいは切り裂くこともできるだろう。
しかし、それを実際に行う前に、ことわりとして正しいかを今一度、見つめ直すことが重要となる。できることは、してもよいこととは決して等価とはならないのである。

**部品: 理力を扱う精度を上げる
理力使いとして一人前になるためには、日常で使う理力とは比較にならない精度が必要となる。
部屋を照らす燭台のゆらめく火も、城壁を焼き尽くすような燃え盛る炎も、どちらも火であることに変わりはないが、それがもたらすものは大きく異なる。
理療を扱う精度の向上は、理力使いの訓練の基本である。

**部品: 理力で防御する
理力使いとしての実践訓練の中で、第一に優先されることが理力での防御である。一般的には理力シールドなどが知られている。
まず己の身を、そして隣の者や、遠く離れた者、己が守りたいと思うものを守るということわりは、多くのものにとって受け入れやすいものであるし、訓練にも身が入る。
また、理力を攻撃に用いる訓練よりは失敗した時の被害が少ない、という意味合いもある。

**部品: 理力の応用を知る
理力での防御が様になってきたら、続いて行う訓練が理力の応用である。日常ではまず行わないような理力の使い方の修練をする。
例えばとても重たいものを持ち上げるとか、足元に展開した理力シールド動かして移動するとか、遠く離れた場所にあるものを理力で動かすとか、そういった訓練である。

**部品: 理力で攻撃を行う
ひとくちに攻撃と言っても、理力で実行可能な攻撃は多岐にわたる。
重いものを持ち上げて、相手の上に落としたらどうなるか。相手の右手と左手を全然別の方向へ同時に勢いよく動かしたらどうなるか。相手が足を踏み出そうとした瞬間にその地面が凹んだら、あるいは逆に盛り上がったらどうなるか。
これらの理力の扱いは、その他の訓練を無事に行ったものであっても、上手く行かないことがある。なぜなら、どれも人を傷つけるためにことわりを用いるからだ。むしろ、忌避感がある方こそ正常と言えなくもない。
しかし、理力使いはその忌避感を持ったまま、それを制御する術を同時に持たねばならない。何かを守りたいのなら、守りたいものに害なすものを取り除く力もまた必要である。



*提出書式

大部品: 4年間の理力訓練 RD:5 評価値:3
-部品: ことわりを見つめ直す
-部品: 理力を扱う精度を上げる
-部品: 理力で防御する
-部品: 理力の応用を知る
-部品: 理力で攻撃を行う


部品: ことわりを見つめ直す
理力を扱える者にとって、理力は常にあるものと言える。だからこそ、それを戦闘に用いることとなる理力使いは、あらためてことわりを学ぶ必要がある。
理力を用いれば、戦いの場において手を触れずとも物を動かし、あるいは切り裂くこともできるだろう。
しかし、それを実際に行う前に、ことわりとして正しいかを今一度、見つめ直すことが重要となる。できることは、してもよいこととは決して等価とはならないのである。

部品: 理力を扱う精度を上げる
理力使いとして一人前になるためには、日常で使う理力とは比較にならない精度が必要となる。
部屋を照らす燭台のゆらめく火も、城壁を焼き尽くすような燃え盛る炎も、どちらも火であることに変わりはないが、それがもたらすものは大きく異なる。
理療を扱う精度の向上は、理力使いの訓練の基本である。

部品: 理力で防御する
理力使いとしての実践訓練の中で、第一に優先されることが理力での防御である。一般的には理力シールドなどが知られている。
まず己の身を、そして隣の者や、遠く離れた者、己が守りたいと思うものを守るということわりは、多くのものにとって受け入れやすいものであるし、訓練にも身が入る。
また、理力を攻撃に用いる訓練よりは失敗した時の被害が少ない、という意味合いもある。

部品: 理力の応用を知る
理力での防御が様になってきたら、続いて行う訓練が理力の応用である。日常ではまず行わないような理力の使い方の修練をする。
例えばとても重たいものを持ち上げるとか、足元に展開した理力シールド動かして移動するとか、遠く離れた場所にあるものを理力で動かすとか、そういった訓練である。

部品: 理力で攻撃を行う
ひとくちに攻撃と言っても、理力で実行可能な攻撃は多岐にわたる。
重いものを持ち上げて、相手の上に落としたらどうなるか。相手の右手と左手を全然別の方向へ同時に勢いよく動かしたらどうなるか。相手が足を踏み出そうとした瞬間にその地面が凹んだら、あるいは逆に盛り上がったらどうなるか。
これらの理力の扱いは、その他の訓練を無事に行ったものであっても、上手く行かないことがある。なぜなら、どれも人を傷つけるためにことわりを用いるからだ。むしろ、忌避感がある方こそ正常と言えなくもない。
しかし、理力使いはその忌避感を持ったまま、それを制御する術を同時に持たねばならない。何かを守りたいのなら、守りたいものに害なすものを取り除く力もまた必要である。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "4年間の理力訓練",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "ことわりを見つめ直す",
"description": "理力を扱える者にとって、理力は常にあるものと言える。だからこそ、それを戦闘に用いることとなる理力使いは、あらためてことわりを学ぶ必要がある。\n理力を用いれば、戦いの場において手を触れずとも物を動かし、あるいは切り裂くこともできるだろう。\nしかし、それを実際に行う前に、ことわりとして正しいかを今一度、見つめ直すことが重要となる。できることは、してもよいこととは決して等価とはならないのである。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "理力を扱う精度を上げる",
"description": "理力使いとして一人前になるためには、日常で使う理力とは比較にならない精度が必要となる。\n部屋を照らす燭台のゆらめく火も、城壁を焼き尽くすような燃え盛る炎も、どちらも火であることに変わりはないが、それがもたらすものは大きく異なる。\n理療を扱う精度の向上は、理力使いの訓練の基本である。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "理力で防御する",
"description": "理力使いとしての実践訓練の中で、第一に優先されることが理力での防御である。一般的には理力シールドなどが知られている。\nまず己の身を、そして隣の者や、遠く離れた者、己が守りたいと思うものを守るということわりは、多くのものにとって受け入れやすいものであるし、訓練にも身が入る。\nまた、理力を攻撃に用いる訓練よりは失敗した時の被害が少ない、という意味合いもある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "理力の応用を知る",
"description": "理力での防御が様になってきたら、続いて行う訓練が理力の応用である。日常ではまず行わないような理力の使い方の修練をする。\n例えばとても重たいものを持ち上げるとか、足元に展開した理力シールド動かして移動するとか、遠く離れた場所にあるものを理力で動かすとか、そういった訓練である。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "理力で攻撃を行う",
"description": "ひとくちに攻撃と言っても、理力で実行可能な攻撃は多岐にわたる。\n重いものを持ち上げて、相手の上に落としたらどうなるか。相手の右手と左手を全然別の方向へ同時に勢いよく動かしたらどうなるか。相手が足を踏み出そうとした瞬間にその地面が凹んだら、あるいは逆に盛り上がったらどうなるか。\nこれらの理力の扱いは、その他の訓練を無事に行ったものであっても、上手く行かないことがある。なぜなら、どれも人を傷つけるためにことわりを用いるからだ。むしろ、忌避感がある方こそ正常と言えなくもない。\nしかし、理力使いはその忌避感を持ったまま、それを制御する術を同時に持たねばならない。何かを守りたいのなら、守りたいものに害なすものを取り除く力もまた必要である。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.3035] [固定リンク][非] 大部品:理力・魔力の扱い 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/20(Sun) 19:33:22

*部品構造

-大部品: 理力・魔力の扱い RD:3 評価値:2
--部品: 魔法のある生活
--部品: 魔法の危険に向き合う
--部品: 科学技術と距離を置く



*部品定義

**部品: 魔法のある生活
高物理域に住む者には想像しにくいかもしれないが、当たり前に魔法のある世界において、それは日常のひとつである。
足が速い人と遅い人がいるように、理力や魔力の扱いが上手い人と下手な人がいる。
マッチがあればマッチで火をつけるし、マッチがなければそれを取りに行くか、魔法で火をつけるかは人によるだろう。マッチがあっても魔法で火をつける人もいるかもしれない。
包丁が切れなくなったら研ぎに出すひともいれば、魔法をかけて使い続ける人も居るだろう。単に包丁を買い替える人もいるかもしれない。
日々の生活の選択肢に自然と魔法がある、それが低物理域の生活である。

**部品: 魔法の危険に向き合う
理力や魔力が当たり前にあると言っても、それは誰もが簡単に詠唱戦を行える、という意味ではもちろんない。
誰だってパンチはできるが、軍人や格闘家のような的確なパンチが打てるわけではない。
包丁があれば誰でも人を傷つけられるが、普通の人は包丁を振りかざして他者を切りつけたりはしない。
理力も魔力も同じことである。当たり前に使えるものだからこそ、その扱いが危険にならないよう気をつけねばならないし、本当に効果的に危険な扱いをしようと思えば相応の訓練が必要である。

**部品: 科学技術と距離を置く
魔法を扱う素養を持つ者は、みな科学技術とは距離を置くようにして生活している傾向が強い。これは歴史的にみて魔法と科学を一緒に使うとろくなことにならない、と広く知られていることがひとつの理由である。
それはそれとして、ボタンを押すだけで火が出るとか、鉄の塊が空を飛ぶとかなんとなう胡散臭いと思っている者もそこそこにいるようだ。



*提出書式

大部品: 理力・魔力の扱い RD:3 評価値:2
-部品: 魔法のある生活
-部品: 魔法の危険に向き合う
-部品: 科学技術と距離を置く


部品: 魔法のある生活
高物理域に住む者には想像しにくいかもしれないが、当たり前に魔法のある世界において、それは日常のひとつである。
足が速い人と遅い人がいるように、理力や魔力の扱いが上手い人と下手な人がいる。
マッチがあればマッチで火をつけるし、マッチがなければそれを取りに行くか、魔法で火をつけるかは人によるだろう。マッチがあっても魔法で火をつける人もいるかもしれない。
包丁が切れなくなったら研ぎに出すひともいれば、魔法をかけて使い続ける人も居るだろう。単に包丁を買い替える人もいるかもしれない。
日々の生活の選択肢に自然と魔法がある、それが低物理域の生活である。

部品: 魔法の危険に向き合う
理力や魔力が当たり前にあると言っても、それは誰もが簡単に詠唱戦を行える、という意味ではもちろんない。
誰だってパンチはできるが、軍人や格闘家のような的確なパンチが打てるわけではない。
包丁があれば誰でも人を傷つけられるが、普通の人は包丁を振りかざして他者を切りつけたりはしない。
理力も魔力も同じことである。当たり前に使えるものだからこそ、その扱いが危険にならないよう気をつけねばならないし、本当に効果的に危険な扱いをしようと思えば相応の訓練が必要である。

部品: 科学技術と距離を置く
魔法を扱う素養を持つ者は、みな科学技術とは距離を置くようにして生活している傾向が強い。これは歴史的にみて魔法と科学を一緒に使うとろくなことにならない、と広く知られていることがひとつの理由である。
それはそれとして、ボタンを押すだけで火が出るとか、鉄の塊が空を飛ぶとかなんとなう胡散臭いと思っている者もそこそこにいるようだ。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "理力・魔力の扱い",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "魔法のある生活",
"description": "高物理域に住む者には想像しにくいかもしれないが、当たり前に魔法のある世界において、それは日常のひとつである。\n足が速い人と遅い人がいるように、理力や魔力の扱いが上手い人と下手な人がいる。\nマッチがあればマッチで火をつけるし、マッチがなければそれを取りに行くか、魔法で火をつけるかは人によるだろう。マッチがあっても魔法で火をつける人もいるかもしれない。\n包丁が切れなくなったら研ぎに出すひともいれば、魔法をかけて使い続ける人も居るだろう。単に包丁を買い替える人もいるかもしれない。\n日々の生活の選択肢に自然と魔法がある、それが低物理域の生活である。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "魔法の危険に向き合う",
"description": "理力や魔力が当たり前にあると言っても、それは誰もが簡単に詠唱戦を行える、という意味ではもちろんない。\n誰だってパンチはできるが、軍人や格闘家のような的確なパンチが打てるわけではない。\n包丁があれば誰でも人を傷つけられるが、普通の人は包丁を振りかざして他者を切りつけたりはしない。\n理力も魔力も同じことである。当たり前に使えるものだからこそ、その扱いが危険にならないよう気をつけねばならないし、本当に効果的に危険な扱いをしようと思えば相応の訓練が必要である。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "科学技術と距離を置く",
"description": "魔法を扱う素養を持つ者は、みな科学技術とは距離を置くようにして生活している傾向が強い。これは歴史的にみて魔法と科学を一緒に使うとろくなことにならない、と広く知られていることがひとつの理由である。\nそれはそれとして、ボタンを押すだけで火が出るとか、鉄の塊が空を飛ぶとかなんとなう胡散臭いと思っている者もそこそこにいるようだ。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2834] [固定リンク][非] 提出準備用の投稿場所(仮) 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/17(Thu) 01:08:23

帝國との共同作業上、共和国が担当する職業を集めておく場所です。
対象は商人、ガラス職人、革細工職人、消防士、投資家、弁護士、パイロット、食肉加工者の8つ。


[No.2835] [固定リンク][非] 商人 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/17(Thu) 01:09:40

*部品構造

-大部品: 商人 RD:13 評価値:6
--部品: 商業という生業
--部品: 需要と供給という情報
--大部品: 接客の心得 RD:4 評価値:3
---部品: 相手を不快にさせない表情
---部品: はっきりとした発音
---部品: 礼儀正しい態度
---部品: 商品・サービスに関する基礎知識
--大部品: 個人事業主 RD:4 評価値:3
---部品: 会社組織を持たない職業
---部品: 独立した経営
---部品: 裁量の広さ
---部品: 人脈という資産の重さ
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守



*部品定義

**部品: 商業という生業
物の売買、安く買った品物を高く売り、その差額を利益として獲得し、利益を使って更なる売買を行うことで生計を立てる職業。
大組織によって運営される業務である事も多いが、個人事業として商いを行う事も可能であり、
商人とだけ記す場合、これは個人事業としてのものを指すことが多い。
組織を率いる場合は大商人や豪商などと呼ぶが、本人が裁量権を持たずに売買を行う場合は商人と呼ばない事が多い。
職種としては物流を担うものとして扱われる。地域や季節といった、品物の価値が変動する要素を先読み・把握したものが基本的には有利であり、
物の価値の変動を読み違えれば損失を出すという意味においてリスクの高い業種と言える。


**部品: 需要と供給という情報
基本的に、物の価値は『需要が大きく供給が少ない』と上がり、『需要が少なく供給が大きい』と下がる。
この需要と供給のバランスを、近未来のものまでより正しく計算・予測して把握しておかなければ、物の売り買いで儲けを出すことは難しい。
また、扱う商品がどういったものであるか、誰にとってどう価値のあるものであるのかを理解していなければ、その需要を読むことができない。
これらを判断するためには情報が不可欠であり、優れた商人ほど情報収集能力にも優れる。

**部品: 相手を不快にさせない表情
買い物にやってきたお客様に対し、不快な思いをさせないよう、表情に気をつけることが重要となる。
基本は笑顔であることだが、例えば墓石の販売などでは、笑顔での接客は逆に相手の神経を逆撫でてしまうこともあるため、時と場合に合わせた表情での接客を心がけること。

**部品: はっきりとした発音
商品の販売手続きを行うにせよ、販売促進のため商品の売り込みを行うにせよ、お客様にその内容がはっきり伝わるよう心がけることが重要。
声量については職種や売り場の状況によって異なるが、相手に聞き取りやすいよう、はっきりとした発音を心がけることが重要。

**部品: 礼儀正しい態度
お客様に対しては、売り手と客との一線を守り、礼儀正しく対応すること。
ただし、その程度については職種、売り場によって異なる。ある程度の馴れ馴れしさによる親密さが必要な場合もあれば、一部の乱れも許されない礼儀作法が要求される場合もある。
また、売り手は客に経緯を払うべきではあるが、本質的に立場としては対等である。
客の明らかに一方的な要求に対してまで、礼儀正しさを守る必要はない。ただしもちろん、法律を守る必要はある。

**部品: 商品・サービスに関する基礎知識
自分が販売している商品について、基礎的な知識を有していること。
販売員すべてが自身が担当する商品すべてについて深い知識を持つことは難しいが、少なくとも、商品の概要や売り場などの基礎的な情報については把握している必要がある。

**部品: 会社組織を持たない職業
法的に会社組織へ所属せずに収入を得る職業の場合、それは個人事業主・自営業者などと呼ばれる。
会社組織との仕事で報酬を受け取っている場合でも、その組織に所属していると扱われない場合は個人事業主となる。

**部品: 独立した経営
会社組織の場合は組織そのものが財産を保有するが、個人事業主は個人として保有する財産をそのまま自らの職務の財源として扱う事になる。
同じように、獲得した報酬は全て個人の財産として扱われるが、所得額に応じて国家から税がかかる事は会社組織に所属する労働者と変わらない。
会社組織に対する税的優遇がある藩国の場合、個人事業主は優遇対象とならないために不利とされる。
ただし、経営が組織の思惑によって左右される事なく、個人の意思と決断によって動かせる事が利点となる場合もある。


**部品: 裁量の広さ
組織とは多数の人間が効率よく働くために作られるものであるため、個人を含めた少人数での活動に向かない場合が多々ある。
個人事業主としての労働者が成立するのは、少人数でなければできない仕事、少人数である方がうまくいく仕事が存在するためで、
個人の判断でより効果的と考える就労環境を自分で作ることができるのが、個人事業主の利点の大きな一つと言える。
もちろん、裁量の広さは責任の範囲の広さでもあるため、失敗した場合の負担を大きく背負う事になる。

**部品: 人脈という資産の重さ
個人事業主として活動する場合、収入を得るためには労働や成果物を誰かに買い取ってもらわなければならず、
買い手との信頼関係がなければ成り立たない。
この信頼関係を築けている相手との人脈は何物にも代えがたく、人脈の広さは個人事業主にとっての生命線と言える。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。



*提出書式

大部品: 商人 RD:13 評価値:6
-部品: 商業という生業
-部品: 需要と供給という情報
-大部品: 接客の心得 RD:4 評価値:3
--部品: 相手を不快にさせない表情
--部品: はっきりとした発音
--部品: 礼儀正しい態度
--部品: 商品・サービスに関する基礎知識
-大部品: 個人事業主 RD:4 評価値:3
--部品: 会社組織を持たない職業
--部品: 独立した経営
--部品: 裁量の広さ
--部品: 人脈という資産の重さ
-大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
--部品: 求められる教育レベル
--部品: 基本職業倫理
--部品: 法令の遵守


部品: 商業という生業
物の売買、安く買った品物を高く売り、その差額を利益として獲得し、利益を使って更なる売買を行うことで生計を立てる職業。
大組織によって運営される業務である事も多いが、個人事業として商いを行う事も可能であり、
商人とだけ記す場合、これは個人事業としてのものを指すことが多い。
組織を率いる場合は大商人や豪商などと呼ぶが、本人が裁量権を持たずに売買を行う場合は商人と呼ばない事が多い。
職種としては物流を担うものとして扱われる。地域や季節といった、品物の価値が変動する要素を先読み・把握したものが基本的には有利であり、
物の価値の変動を読み違えれば損失を出すという意味においてリスクの高い業種と言える。


部品: 需要と供給という情報
基本的に、物の価値は『需要が大きく供給が少ない』と上がり、『需要が少なく供給が大きい』と下がる。
この需要と供給のバランスを、近未来のものまでより正しく計算・予測して把握しておかなければ、物の売り買いで儲けを出すことは難しい。
また、扱う商品がどういったものであるか、誰にとってどう価値のあるものであるのかを理解していなければ、その需要を読むことができない。
これらを判断するためには情報が不可欠であり、優れた商人ほど情報収集能力にも優れる。

部品: 相手を不快にさせない表情
買い物にやってきたお客様に対し、不快な思いをさせないよう、表情に気をつけることが重要となる。
基本は笑顔であることだが、例えば墓石の販売などでは、笑顔での接客は逆に相手の神経を逆撫でてしまうこともあるため、時と場合に合わせた表情での接客を心がけること。

部品: はっきりとした発音
商品の販売手続きを行うにせよ、販売促進のため商品の売り込みを行うにせよ、お客様にその内容がはっきり伝わるよう心がけることが重要。
声量については職種や売り場の状況によって異なるが、相手に聞き取りやすいよう、はっきりとした発音を心がけることが重要。

部品: 礼儀正しい態度
お客様に対しては、売り手と客との一線を守り、礼儀正しく対応すること。
ただし、その程度については職種、売り場によって異なる。ある程度の馴れ馴れしさによる親密さが必要な場合もあれば、一部の乱れも許されない礼儀作法が要求される場合もある。
また、売り手は客に経緯を払うべきではあるが、本質的に立場としては対等である。
客の明らかに一方的な要求に対してまで、礼儀正しさを守る必要はない。ただしもちろん、法律を守る必要はある。

部品: 商品・サービスに関する基礎知識
自分が販売している商品について、基礎的な知識を有していること。
販売員すべてが自身が担当する商品すべてについて深い知識を持つことは難しいが、少なくとも、商品の概要や売り場などの基礎的な情報については把握している必要がある。

部品: 会社組織を持たない職業
法的に会社組織へ所属せずに収入を得る職業の場合、それは個人事業主・自営業者などと呼ばれる。
会社組織との仕事で報酬を受け取っている場合でも、その組織に所属していると扱われない場合は個人事業主となる。

部品: 独立した経営
会社組織の場合は組織そのものが財産を保有するが、個人事業主は個人として保有する財産をそのまま自らの職務の財源として扱う事になる。
同じように、獲得した報酬は全て個人の財産として扱われるが、所得額に応じて国家から税がかかる事は会社組織に所属する労働者と変わらない。
会社組織に対する税的優遇がある藩国の場合、個人事業主は優遇対象とならないために不利とされる。
ただし、経営が組織の思惑によって左右される事なく、個人の意思と決断によって動かせる事が利点となる場合もある。


部品: 裁量の広さ
組織とは多数の人間が効率よく働くために作られるものであるため、個人を含めた少人数での活動に向かない場合が多々ある。
個人事業主としての労働者が成立するのは、少人数でなければできない仕事、少人数である方がうまくいく仕事が存在するためで、
個人の判断でより効果的と考える就労環境を自分で作ることができるのが、個人事業主の利点の大きな一つと言える。
もちろん、裁量の広さは責任の範囲の広さでもあるため、失敗した場合の負担を大きく背負う事になる。

部品: 人脈という資産の重さ
個人事業主として活動する場合、収入を得るためには労働や成果物を誰かに買い取ってもらわなければならず、
買い手との信頼関係がなければ成り立たない。
この信頼関係を築けている相手との人脈は何物にも代えがたく、人脈の広さは個人事業主にとっての生命線と言える。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "商人",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "商業という生業",
"description": "物の売買、安く買った品物を高く売り、その差額を利益として獲得し、利益を使って更なる売買を行うことで生計を立てる職業。\n大組織によって運営される業務である事も多いが、個人事業として商いを行う事も可能であり、\n商人とだけ記す場合、これは個人事業としてのものを指すことが多い。\n組織を率いる場合は大商人や豪商などと呼ぶが、本人が裁量権を持たずに売買を行う場合は商人と呼ばない事が多い。\n職種としては物流を担うものとして扱われる。地域や季節といった、品物の価値が変動する要素を先読み・把握したものが基本的には有利であり、\n物の価値の変動を読み違えれば損失を出すという意味においてリスクの高い業種と言える。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "需要と供給という情報",
"description": "基本的に、物の価値は『需要が大きく供給が少ない』と上がり、『需要が少なく供給が大きい』と下がる。\nこの需要と供給のバランスを、近未来のものまでより正しく計算・予測して把握しておかなければ、物の売り買いで儲けを出すことは難しい。\nまた、扱う商品がどういったものであるか、誰にとってどう価値のあるものであるのかを理解していなければ、その需要を読むことができない。\nこれらを判断するためには情報が不可欠であり、優れた商人ほど情報収集能力にも優れる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "接客の心得",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "相手を不快にさせない表情",
"description": "買い物にやってきたお客様に対し、不快な思いをさせないよう、表情に気をつけることが重要となる。\n基本は笑顔であることだが、例えば墓石の販売などでは、笑顔での接客は逆に相手の神経を逆撫でてしまうこともあるため、時と場合に合わせた表情での接客を心がけること。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "はっきりとした発音",
"description": "商品の販売手続きを行うにせよ、販売促進のため商品の売り込みを行うにせよ、お客様にその内容がはっきり伝わるよう心がけることが重要。\n声量については職種や売り場の状況によって異なるが、相手に聞き取りやすいよう、はっきりとした発音を心がけることが重要。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "礼儀正しい態度",
"description": "お客様に対しては、売り手と客との一線を守り、礼儀正しく対応すること。\nただし、その程度については職種、売り場によって異なる。ある程度の馴れ馴れしさによる親密さが必要な場合もあれば、一部の乱れも許されない礼儀作法が要求される場合もある。\nまた、売り手は客に経緯を払うべきではあるが、本質的に立場としては対等である。\n客の明らかに一方的な要求に対してまで、礼儀正しさを守る必要はない。ただしもちろん、法律を守る必要はある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "商品・サービスに関する基礎知識",
"description": "自分が販売している商品について、基礎的な知識を有していること。\n販売員すべてが自身が担当する商品すべてについて深い知識を持つことは難しいが、少なくとも、商品の概要や売り場などの基礎的な情報については把握している必要がある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "個人事業主",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "会社組織を持たない職業",
"description": "法的に会社組織へ所属せずに収入を得る職業の場合、それは個人事業主・自営業者などと呼ばれる。\n会社組織との仕事で報酬を受け取っている場合でも、その組織に所属していると扱われない場合は個人事業主となる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "独立した経営",
"description": "会社組織の場合は組織そのものが財産を保有するが、個人事業主は個人として保有する財産をそのまま自らの職務の財源として扱う事になる。\n同じように、獲得した報酬は全て個人の財産として扱われるが、所得額に応じて国家から税がかかる事は会社組織に所属する労働者と変わらない。\n会社組織に対する税的優遇がある藩国の場合、個人事業主は優遇対象とならないために不利とされる。\nただし、経営が組織の思惑によって左右される事なく、個人の意思と決断によって動かせる事が利点となる場合もある。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": " 裁量の広さ",
"description": "組織とは多数の人間が効率よく働くために作られるものであるため、個人を含めた少人数での活動に向かない場合が多々ある。\n個人事業主としての労働者が成立するのは、少人数でなければできない仕事、少人数である方がうまくいく仕事が存在するためで、\n個人の判断でより効果的と考える就労環境を自分で作ることができるのが、個人事業主の利点の大きな一つと言える。\nもちろん、裁量の広さは責任の範囲の広さでもあるため、失敗した場合の負担を大きく背負う事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "人脈という資産の重さ",
"description": "個人事業主として活動する場合、収入を得るためには労働や成果物を誰かに買い取ってもらわなければならず、\n買い手との信頼関係がなければ成り立たない。\nこの信頼関係を築けている相手との人脈は何物にも代えがたく、人脈の広さは個人事業主にとっての生命線と言える。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2838] [固定リンク][非] ガラス職人 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 21:33:54

*部品構造

-大部品: ガラス職人 RD:8 評価値:5
--部品: ガラスを作る者
--大部品: 徒弟制度 RD:4 評価値:3
---部品: 数年にわたる弟子としての下積み
---部品: 豊富な実務経験を得る
---部品: 師匠から独り立ちを認められる
---部品: 弟子を育ててこそ一人前と見られる
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守



*部品定義

**部品: ガラスを作る者
ガラスは建材や日常雑貨、工芸品など様々な需要があり、これを作る者を総称してガラス職人と呼ぶ。
例えば窓ガラスに使うような板ガラスを作る者や、食器やグラスを作る者、装飾品を作る者など多岐に渡り、複数の種類のガラス製品を作る者もいれば、いずれかのガラス製品を専門に作る者もいる。

**部品: 数年にわたる弟子としての下積み
ある職種においては、その業務を遂行する技術やノウハウを習得するために見習いや弟子として、指導者の元で修行をする必要がある。これは職種にもよるが、一般に3年から6年程度に渡る。
職能教育のひとつであるが、学校における画一されたカリキュラムとは異なり、師匠から直接の指導を受ける形となるため、より実践的な内容となることが多い。
また、逆に言えば師匠から技術を伝える価値があると認められる必要がある。
歴史を遡れば師匠の家に住み込み衣食住の保証以外はほぼ無給というケースも多かったが、現在では徒弟としての下積み期間中も労働に対する適正な対価が与えられる。

**部品: 豊富な実務経験を得る
徒弟制度においては、指導者の指示のもと、本人の現在の技術で遂行可能であると認められる業務を任せられることも多い。
弟子になりたてた段階では、それこそ職場の掃除などから始まることが多いが、指導が進むにつれて任せられる仕事の範囲は増えていく。
技術に見合った実務としてこなせる仕事が着実に増えていくため、弟子としての修行が終わるころには一通りの業務を遂行可能となる。

**部品: 師匠から独り立ちを認められる
師匠から十分な実力がついたと認められたものだけが、見習いを卒業し、独り立ちのできる職人として扱われる。
このため、徒弟制度のある職種において、職人と呼ばれる者は必ず一定以上の実力を持つことになる。
職人となってすぐに自身の店舗や工房を持つ者もいれば、そのまま師匠の元で仕事を続ける者もいる。

**部品: 弟子を育ててこそ一人前と見られる
徒弟制度においては、職人と認められたあとも、本当の意味での一人前とは見られない。
自身の腕を磨き、その技術を後進に伝える。つまりは弟子を育てて、初めて一人前となるのである。
もちろん、職人になったばかりですぐに弟子を育てられるわけはない。まずは人へ教えられるほどに自身の腕を高め、弟子を育てる余裕が持てるだけの仕事を請けられるようになる必要がある。多くの職人は、まずはそれを目標に仕事をすることになる。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。



*提出書式

大部品: ガラス職人 RD:8 評価値:5
-部品: ガラスを作る者
-大部品: 徒弟制度 RD:4 評価値:3
--部品: 数年にわたる弟子としての下積み
--部品: 豊富な実務経験を得る
--部品: 師匠から独り立ちを認められる
--部品: 弟子を育ててこそ一人前と見られる
-大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
--部品: 求められる教育レベル
--部品: 基本職業倫理
--部品: 法令の遵守


部品: ガラスを作る者
ガラスは建材や日常雑貨、工芸品など様々な需要があり、これを作る者を総称してガラス職人と呼ぶ。
例えば窓ガラスに使うような板ガラスを作る者や、食器やグラスを作る者、装飾品を作る者など多岐に渡り、複数の種類のガラス製品を作る者もいれば、いずれかのガラス製品を専門に作る者もいる。

部品: 数年にわたる弟子としての下積み
ある職種においては、その業務を遂行する技術やノウハウを習得するために見習いや弟子として、指導者の元で修行をする必要がある。これは職種にもよるが、一般に3年から6年程度に渡る。
職能教育のひとつであるが、学校における画一されたカリキュラムとは異なり、師匠から直接の指導を受ける形となるため、より実践的な内容となることが多い。
また、逆に言えば師匠から技術を伝える価値があると認められる必要がある。
歴史を遡れば師匠の家に住み込み衣食住の保証以外はほぼ無給というケースも多かったが、現在では徒弟としての下積み期間中も労働に対する適正な対価が与えられる。

部品: 豊富な実務経験を得る
徒弟制度においては、指導者の指示のもと、本人の現在の技術で遂行可能であると認められる業務を任せられることも多い。
弟子になりたてた段階では、それこそ職場の掃除などから始まることが多いが、指導が進むにつれて任せられる仕事の範囲は増えていく。
技術に見合った実務としてこなせる仕事が着実に増えていくため、弟子としての修行が終わるころには一通りの業務を遂行可能となる。

部品: 師匠から独り立ちを認められる
師匠から十分な実力がついたと認められたものだけが、見習いを卒業し、独り立ちのできる職人として扱われる。
このため、徒弟制度のある職種において、職人と呼ばれる者は必ず一定以上の実力を持つことになる。
職人となってすぐに自身の店舗や工房を持つ者もいれば、そのまま師匠の元で仕事を続ける者もいる。

部品: 弟子を育ててこそ一人前と見られる
徒弟制度においては、職人と認められたあとも、本当の意味での一人前とは見られない。
自身の腕を磨き、その技術を後進に伝える。つまりは弟子を育てて、初めて一人前となるのである。
もちろん、職人になったばかりですぐに弟子を育てられるわけはない。まずは人へ教えられるほどに自身の腕を高め、弟子を育てる余裕が持てるだけの仕事を請けられるようになる必要がある。多くの職人は、まずはそれを目標に仕事をすることになる。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "ガラス職人",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "ガラスを作る者",
"description": "ガラスは建材や日常雑貨、工芸品など様々な需要があり、これを作る者を総称してガラス職人と呼ぶ。\n例えば窓ガラスに使うような板ガラスを作る者や、食器やグラスを作る者、装飾品を作る者など多岐に渡り、複数の種類のガラス製品を作る者もいれば、いずれかのガラス製品を専門に作る者もいる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "徒弟制度",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "数年にわたる弟子としての下積み",
"description": "ある職種においては、その業務を遂行する技術やノウハウを習得するために見習いや弟子として、指導者の元で修行をする必要がある。これは職種にもよるが、一般に3年から6年程度に渡る。\n職能教育のひとつであるが、学校における画一されたカリキュラムとは異なり、師匠から直接の指導を受ける形となるため、より実践的な内容となることが多い。\nまた、逆に言えば師匠から技術を伝える価値があると認められる必要がある。\n歴史を遡れば師匠の家に住み込み衣食住の保証以外はほぼ無給というケースも多かったが、現在では徒弟としての下積み期間中も労働に対する適正な対価が与えられる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "豊富な実務経験を得る",
"description": "徒弟制度においては、指導者の指示のもと、本人の現在の技術で遂行可能であると認められる業務を任せられることも多い。\n弟子になりたてた段階では、それこそ職場の掃除などから始まることが多いが、指導が進むにつれて任せられる仕事の範囲は増えていく。\n技術に見合った実務としてこなせる仕事が着実に増えていくため、弟子としての修行が終わるころには一通りの業務を遂行可能となる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "師匠から独り立ちを認められる",
"description": "師匠から十分な実力がついたと認められたものだけが、見習いを卒業し、独り立ちのできる職人として扱われる。\nこのため、徒弟制度のある職種において、職人と呼ばれる者は必ず一定以上の実力を持つことになる。\n職人となってすぐに自身の店舗や工房を持つ者もいれば、そのまま師匠の元で仕事を続ける者もいる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "弟子を育ててこそ一人前と見られる",
"description": "徒弟制度においては、職人と認められたあとも、本当の意味での一人前とは見られない。\n自身の腕を磨き、その技術を後進に伝える。つまりは弟子を育てて、初めて一人前となるのである。\nもちろん、職人になったばかりですぐに弟子を育てられるわけはない。まずは人へ教えられるほどに自身の腕を高め、弟子を育てる余裕が持てるだけの仕事を請けられるようになる必要がある。多くの職人は、まずはそれを目標に仕事をすることになる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": false
},

{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2839] [固定リンク][非] 革細工職人 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 21:39:42

*部品構造

-大部品: 革細工職人 RD:8 評価値:5
--部品: 皮革に細工を施す者
--大部品: 徒弟制度 RD:4 評価値:3
---部品: 数年にわたる弟子としての下積み
---部品: 豊富な実務経験を得る
---部品: 師匠から独り立ちを認められる
---部品: 弟子を育ててこそ一人前と見られる
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守



*部品定義

**部品: 皮革に細工を施す者
動物の皮膚や、それをなめした皮、あるいは人工皮革といったものに細工施して製品に加工する者を革細工職人と呼ぶ。
革製品としては衣料品や鞄、靴などを筆頭に、家具や馬具など様々な方面へ用いられる。特定の革製品を専門に扱う職人もいれば、様々な皮製品を多様に手掛ける職人もいる。

**部品: 数年にわたる弟子としての下積み
ある職種においては、その業務を遂行する技術やノウハウを習得するために見習いや弟子として、指導者の元で修行をする必要がある。これは職種にもよるが、一般に3年から6年程度に渡る。
職能教育のひとつであるが、学校における画一されたカリキュラムとは異なり、師匠から直接の指導を受ける形となるため、より実践的な内容となることが多い。
また、逆に言えば師匠から技術を伝える価値があると認められる必要がある。
歴史を遡れば師匠の家に住み込み衣食住の保証以外はほぼ無給というケースも多かったが、現在では徒弟としての下積み期間中も労働に対する適正な対価が与えられる。

**部品: 豊富な実務経験を得る
徒弟制度においては、指導者の指示のもと、本人の現在の技術で遂行可能であると認められる業務を任せられることも多い。
弟子になりたてた段階では、それこそ職場の掃除などから始まることが多いが、指導が進むにつれて任せられる仕事の範囲は増えていく。
技術に見合った実務としてこなせる仕事が着実に増えていくため、弟子としての修行が終わるころには一通りの業務を遂行可能となる。

**部品: 師匠から独り立ちを認められる
師匠から十分な実力がついたと認められたものだけが、見習いを卒業し、独り立ちのできる職人として扱われる。
このため、徒弟制度のある職種において、職人と呼ばれる者は必ず一定以上の実力を持つことになる。
職人となってすぐに自身の店舗や工房を持つ者もいれば、そのまま師匠の元で仕事を続ける者もいる。

**部品: 弟子を育ててこそ一人前と見られる
徒弟制度においては、職人と認められたあとも、本当の意味での一人前とは見られない。
自身の腕を磨き、その技術を後進に伝える。つまりは弟子を育てて、初めて一人前となるのである。
もちろん、職人になったばかりですぐに弟子を育てられるわけはない。まずは人へ教えられるほどに自身の腕を高め、弟子を育てる余裕が持てるだけの仕事を請けられるようになる必要がある。多くの職人は、まずはそれを目標に仕事をすることになる。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。



*提出書式

大部品: 革細工職人 RD:8 評価値:5
-部品: 皮革に細工を施す者
-大部品: 徒弟制度 RD:4 評価値:3
--部品: 数年にわたる弟子としての下積み
--部品: 豊富な実務経験を得る
--部品: 師匠から独り立ちを認められる
--部品: 弟子を育ててこそ一人前と見られる
-大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
--部品: 求められる教育レベル
--部品: 基本職業倫理
--部品: 法令の遵守


部品: 皮革に細工を施す者
動物の皮膚や、それをなめした皮、あるいは人工皮革といったものに細工施して製品に加工する者を革細工職人と呼ぶ。
革製品としては衣料品や鞄、靴などを筆頭に、家具や馬具など様々な方面へ用いられる。特定の革製品を専門に扱う職人もいれば、様々な皮製品を多様に手掛ける職人もいる。

部品: 数年にわたる弟子としての下積み
ある職種においては、その業務を遂行する技術やノウハウを習得するために見習いや弟子として、指導者の元で修行をする必要がある。これは職種にもよるが、一般に3年から6年程度に渡る。
職能教育のひとつであるが、学校における画一されたカリキュラムとは異なり、師匠から直接の指導を受ける形となるため、より実践的な内容となることが多い。
また、逆に言えば師匠から技術を伝える価値があると認められる必要がある。
歴史を遡れば師匠の家に住み込み衣食住の保証以外はほぼ無給というケースも多かったが、現在では徒弟としての下積み期間中も労働に対する適正な対価が与えられる。

部品: 豊富な実務経験を得る
徒弟制度においては、指導者の指示のもと、本人の現在の技術で遂行可能であると認められる業務を任せられることも多い。
弟子になりたてた段階では、それこそ職場の掃除などから始まることが多いが、指導が進むにつれて任せられる仕事の範囲は増えていく。
技術に見合った実務としてこなせる仕事が着実に増えていくため、弟子としての修行が終わるころには一通りの業務を遂行可能となる。

部品: 師匠から独り立ちを認められる
師匠から十分な実力がついたと認められたものだけが、見習いを卒業し、独り立ちのできる職人として扱われる。
このため、徒弟制度のある職種において、職人と呼ばれる者は必ず一定以上の実力を持つことになる。
職人となってすぐに自身の店舗や工房を持つ者もいれば、そのまま師匠の元で仕事を続ける者もいる。

部品: 弟子を育ててこそ一人前と見られる
徒弟制度においては、職人と認められたあとも、本当の意味での一人前とは見られない。
自身の腕を磨き、その技術を後進に伝える。つまりは弟子を育てて、初めて一人前となるのである。
もちろん、職人になったばかりですぐに弟子を育てられるわけはない。まずは人へ教えられるほどに自身の腕を高め、弟子を育てる余裕が持てるだけの仕事を請けられるようになる必要がある。多くの職人は、まずはそれを目標に仕事をすることになる。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。




*インポート用定義データ


[
{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "動物の皮膚や、それをなめした皮、あるいは人工皮革といったものに細工施して製品に加工する者を革細工職人と呼ぶ。\n革製品としては衣料品や鞄、靴などを筆頭に、家具や馬具など様々な方面へ用いられる。特定の革製品を専門に扱う職人もいれば、様々な皮製品を多様に手掛ける職人もいる。",
"id": 3380,
"part_type": "part",
"title": "皮革に細工を施す者",
"expanded": true
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "ある職種においては、その業務を遂行する技術やノウハウを習得するために見習いや弟子として、指導者の元で修行をする必要がある。これは職種にもよるが、一般に3年から6年程度に渡る。\n職能教育のひとつであるが、学校における画一されたカリキュラムとは異なり、師匠から直接の指導を受ける形となるため、より実践的な内容となることが多い。\nまた、逆に言えば師匠から技術を伝える価値があると認められる必要がある。\n歴史を遡れば師匠の家に住み込み衣食住の保証以外はほぼ無給というケースも多かったが、現在では徒弟としての下積み期間中も労働に対する適正な対価が与えられる。",
"id": 3382,
"part_type": "part",
"title": "数年にわたる弟子としての下積み"
},

{ "children": [],
"description": "徒弟制度においては、指導者の指示のもと、本人の現在の技術で遂行可能であると認められる業務を任せられることも多い。\n弟子になりたてた段階では、それこそ職場の掃除などから始まることが多いが、指導が進むにつれて任せられる仕事の範囲は増えていく。\n技術に見合った実務としてこなせる仕事が着実に増えていくため、弟子としての修行が終わるころには一通りの業務を遂行可能となる。",
"id": 3383,
"part_type": "part",
"title": "豊富な実務経験を得る"
},

{ "children": [],
"description": "師匠から十分な実力がついたと認められたものだけが、見習いを卒業し、独り立ちのできる職人として扱われる。\nこのため、徒弟制度のある職種において、職人と呼ばれる者は必ず一定以上の実力を持つことになる。\n職人となってすぐに自身の店舗や工房を持つ者もいれば、そのまま師匠の元で仕事を続ける者もいる。",
"id": 3384,
"part_type": "part",
"title": "師匠から独り立ちを認められる"
},

{ "children": [],
"description": "徒弟制度においては、職人と認められたあとも、本当の意味での一人前とは見られない。\n自身の腕を磨き、その技術を後進に伝える。つまりは弟子を育てて、初めて一人前となるのである。\nもちろん、職人になったばかりですぐに弟子を育てられるわけはない。まずは人へ教えられるほどに自身の腕を高め、弟子を育てる余裕が持てるだけの仕事を請けられるようになる必要がある。多くの職人は、まずはそれを目標に仕事をすることになる。",
"id": 3385,
"part_type": "part",
"title": "弟子を育ててこそ一人前と見られる"
}
],
"description": null,
"id": 3381,
"part_type": "group",
"title": "徒弟制度",
"expanded": false
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"id": 3387,
"part_type": "part",
"title": "求められる教育レベル"
},

{ "children": [],
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"id": 3388,
"part_type": "part",
"title": "基本職業倫理"
},

{ "children": [],
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"id": 3389,
"part_type": "part",
"title": "法令の遵守"
}
],
"description": null,
"id": 3386,
"part_type": "group",
"title": "労働者の資質",
"expanded": false
}
],
"created_at": "2017-08-17 12:33:59.476727",
"description": null,
"id": 3379,
"part_type": "group",
"title": "革細工職人",
"updated_at": "2017-08-17 12:33:59.476727",
"expanded": true
}
]


[No.2840] [固定リンク][非] 消防士 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 22:30:52

*部品構造

-大部品: 消防士 RD:12 評価値:6
--部品: 災害と対峙する者
--部品: 消火・救急訓練の実施
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
--大部品: 公務員の義務 RD:7 評価値:4
---部品: 全体の奉仕者
---部品: 法令及び上司の命令に従う義務
---部品: 争議行為等の禁止
---部品: 守秘義務
---部品: 企業からの隔離
---部品: 信用失墜行為の禁止
---部品: 政治的行為の制限



*部品定義

**部品: 災害と対峙する者
消防士は主に火災の発生の予防、警戒および沈静化させる業務に従事する。また、火災だけに限らず地震や津波、台風といった災害に対する救助や救急、防災の役目も担っている。
火災が発生しないよう建築物の管理者への指導を行ったり、消防用水の整備・管理なども行う。実際に火災が発生した場合は現場にて鎮火や救助を行う。
また、平時においてはこれらの業務を円滑に行うための訓練や学習を行うことも多い。

**部品: 消火・救急訓練の実施
消防士の業務として最も頻繁に行われるのは消化活動と救急活動である。
同時に、実際にその活動が要求される状況になってから実地訓練というわけにもいかない活動でもある。
そのため、平時から消化活動の訓練として実際に火災が起こった場合を想定しての放水訓練や、救急活動を円滑に行うためロープや梯子の昇降や要救助者の搬送などといった訓練も行う。
また、自身が配属されている地域の地理の把握や、その地域で発生すると想定される災害に関する知識の取得や訓練なども行われる。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 全体の奉仕者
公務員は帝國または共和国、もしくはそれらに所属する藩国全体の奉仕者であり、一部の奉仕者ではない。
このため、公務員は国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、かつ、職務の遂行にあたっては、全力を上げてこれを遂行しなければならない。

**部品: 法令及び上司の命令に従う義務
職員は、その職務を遂行するについて、法令に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

**部品: 争議行為等の禁止
職員は、政府が代表する使用者としての公衆に対して同盟罷業、怠業その他の争議行為をなし、又は政府の活動能率を低下させる怠業的行為をしてはならない。

**部品: 守秘義務
行政は国民に対して公開で行われることが原則であるが、軍事情報等、国民全体の利益のために秘密にしなければならない情報も存在する。
このため職員は、そうした職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。これは、その職を退いた後といえども同様とする。


**部品: 企業からの隔離
職員は、国民全体に奉仕しなければならず、一部に奉仕することがあってはならない。
このため、営利企業やその他の団体の役員等の職を兼業したり、または自ら営利企業を営んではならない。

**部品: 信用失墜行為の禁止
職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。
これは、公務中だけでなく、公私両面において禁止される。

**部品: 政治的行為の制限
公務員は、全体の奉仕者として国民全体に対して奉仕しなければならない。
このため公務員は、帝國または共和国、もしくは藩国で許可したもの以外の政治的行為をしてはならない。




*提出書式

大部品: 消防士 RD:12 評価値:6
-部品: 災害と対峙する者
-部品: 消火・救急訓練の実施
-大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
--部品: 求められる教育レベル
--部品: 基本職業倫理
--部品: 法令の遵守
-大部品: 公務員の義務 RD:7 評価値:4
--部品: 全体の奉仕者
--部品: 法令及び上司の命令に従う義務
--部品: 争議行為等の禁止
--部品: 守秘義務
--部品: 企業からの隔離
--部品: 信用失墜行為の禁止
--部品: 政治的行為の制限


部品: 災害と対峙する者
消防士は主に火災の発生の予防、警戒および沈静化させる業務に従事する。また、火災だけに限らず地震や津波、台風といった災害に対する救助や救急、防災の役目も担っている。
火災が発生しないよう建築物の管理者への指導を行ったり、消防用水の整備・管理なども行う。実際に火災が発生した場合は現場にて鎮火や救助を行う。
また、平時においてはこれらの業務を円滑に行うための訓練や学習を行うことも多い。

部品: 消火・救急訓練の実施
消防士の業務として最も頻繁に行われるのは消化活動と救急活動である。
同時に、実際にその活動が要求される状況になってから実地訓練というわけにもいかない活動でもある。
そのため、平時から消化活動の訓練として実際に火災が起こった場合を想定しての放水訓練や、救急活動を円滑に行うためロープや梯子の昇降や要救助者の搬送などといった訓練も行う。
また、自身が配属されている地域の地理の把握や、その地域で発生すると想定される災害に関する知識の取得や訓練なども行われる。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 全体の奉仕者
公務員は帝國または共和国、もしくはそれらに所属する藩国全体の奉仕者であり、一部の奉仕者ではない。
このため、公務員は国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、かつ、職務の遂行にあたっては、全力を上げてこれを遂行しなければならない。

部品: 法令及び上司の命令に従う義務
職員は、その職務を遂行するについて、法令に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

部品: 争議行為等の禁止
職員は、政府が代表する使用者としての公衆に対して同盟罷業、怠業その他の争議行為をなし、又は政府の活動能率を低下させる怠業的行為をしてはならない。

部品: 守秘義務
行政は国民に対して公開で行われることが原則であるが、軍事情報等、国民全体の利益のために秘密にしなければならない情報も存在する。
このため職員は、そうした職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。これは、その職を退いた後といえども同様とする。


部品: 企業からの隔離
職員は、国民全体に奉仕しなければならず、一部に奉仕することがあってはならない。
このため、営利企業やその他の団体の役員等の職を兼業したり、または自ら営利企業を営んではならない。

部品: 信用失墜行為の禁止
職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。
これは、公務中だけでなく、公私両面において禁止される。

部品: 政治的行為の制限
公務員は、全体の奉仕者として国民全体に対して奉仕しなければならない。
このため公務員は、帝國または共和国、もしくは藩国で許可したもの以外の政治的行為をしてはならない。





*インポート用定義データ


[
{ "children":
[
{ "title": "災害と対峙する者",
"description": "消防士は主に火災の発生の予防、警戒および沈静化させる業務に従事する。また、火災だけに限らず地震や津波、台風といった災害に対する救助や救急、防災の役目も担っている。\n火災が発生しないよう建築物の管理者への指導を行ったり、消防用水の整備・管理なども行う。実際に火災が発生した場合は現場にて鎮火や救助を行う。\nまた、平時においてはこれらの業務を円滑に行うための訓練や学習を行うことも多い。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "消火・救急訓練の実施",
"description": "消防士の業務として最も頻繁に行われるのは消化活動と救急活動である。\n同時に、実際にその活動が要求される状況になってから実地訓練というわけにもいかない活動でもある。\nそのため、平時から消化活動の訓練として実際に火災が起こった場合を想定しての放水訓練や、救急活動を円滑に行うためロープや梯子の昇降や要救助者の搬送などといった訓練も行う。\nまた、自身が配属されている地域の地理の把握や、その地域で発生すると想定される災害に関する知識の取得や訓練なども行われる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "公務員の義務",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "全体の奉仕者",
"description": "公務員は帝國または共和国、もしくはそれらに所属する藩国全体の奉仕者であり、一部の奉仕者ではない。\nこのため、公務員は国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、かつ、職務の遂行にあたっては、全力を上げてこれを遂行しなければならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令及び上司の命令に従う義務",
"description": "職員は、その職務を遂行するについて、法令に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "争議行為等の禁止",
"description": "職員は、政府が代表する使用者としての公衆に対して同盟罷業、怠業その他の争議行為をなし、又は政府の活動能率を低下させる怠業的行為をしてはならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "守秘義務",
"description": "行政は国民に対して公開で行われることが原則であるが、軍事情報等、国民全体の利益のために秘密にしなければならない情報も存在する。\nこのため職員は、そうした職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。これは、その職を退いた後といえども同様とする。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "企業からの隔離",
"description": "職員は、国民全体に奉仕しなければならず、一部に奉仕することがあってはならない。\nこのため、営利企業やその他の団体の役員等の職を兼業したり、または自ら営利企業を営んではならない。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "信用失墜行為の禁止",
"description": "職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。\nこれは、公務中だけでなく、公私両面において禁止される。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "政治的行為の制限",
"description": "公務員は、全体の奉仕者として国民全体に対して奉仕しなければならない。\nこのため公務員は、帝國または共和国、もしくは藩国で許可したもの以外の政治的行為をしてはならない。\n",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
}
],
"created_at": "2017-08-17 12:33:59.476727",
"description": null,
"id": 3379,
"part_type": "group",
"title": "消防士",
"updated_at": "2017-08-17 12:33:59.476727",
"expanded": true
}
]


[No.2841] [固定リンク][非] 弁護士 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 22:51:00

*部品構造

-大部品: 弁護士 RD:18 評価値:7
--部品: 法律を専門とする者
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
--大部品: 職業の公的資格の取得 RD:5 評価値:3
---部品: 受験資格の取得
---部品: 一般教養試験
---部品: 専門試験
---部品: 面接試験
---部品: 実地研修
--大部品: 専門家になるまで RD:6 評価値:4
---部品: 困難との遭遇
---部品: 技術の練磨
---部品: 深い経験
---部品: 積み重ねてきた知識
---部品: 仕事への誇り
---部品: 地に足の着いた自信
--大部品: 法律知識 RD:3 評価値:2
---部品: 法に対する理解
---部品: 法の運用や判例への知識と解釈
---部品: 法知識や判例知識の更新



*部品定義

**部品: 法律を専門とする者
一般の人は法律について大枠は理解していてもその詳細に精通しているわけではない。また、実際に自身が関わっている案件について関連法の詳細も知らない場合が多い。
これは社会活動を円滑に行う上で法律が複雑化したためであるが、これらの法律に関わる事務や法務を行う際に、法律に対する専門知識をもって代行する職業を弁護士と呼ぶ。
NWにおいては、弁護士は護民官の護民活動の一部として存在する。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 受験資格の取得
公的資格試験を受けるためには、高校や大学の卒業といった、前提となる条件を満たしていなければならない。
教育の修了の他にも、満年齢や前提となる別の資格を取得しなければならない場合、犯罪歴がないことなど、その条件は資格ごとに異なる。

**部品: 一般教養試験
その職業に就くに値すると認められる水準の一般教養を身に着けているか、筆記試験にて判定を行う。
職種により、試験の要求水準は異なるが、筆記試験の合格が公的資格取得の条件のひとつになる。

**部品: 専門試験
その職業に必要な知識または技能あるいは体力を有しているかを判定する試験であり、その合格が資格取得の条件の一つとなる。
筆記試験の場合もあれば、実技試験である場合もある。またその職種によっては実施しないこともある。

**部品: 面接試験
その職業を就くに相応しい人柄であるか、また、対人能力に問題がないか等の、人格面の試験。
これに合格することが、資格取得の条件の一つとなる。ただし、職種によっては面接を行わない場合もある。

**部品: 実地研修
その資格を必要とする職業について、実際の業務を体験し学習する研修期間。
資格取得の条件の一つとなる場合がある。
資格取得時点では研修を行わない場合もあるが、その場合は資格取得後、実際にその職業に就いた際に研修を行うことになる。

**部品: 困難との遭遇
仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。
その困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。

**部品: 技術の練磨
日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。
少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。

**部品: 深い経験
長い時間を俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。
そこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。
また、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。

**部品: 積み重ねてきた知識
積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。
ただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。

**部品: 仕事への誇り
自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。
それは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。

**部品: 地に足の着いた自信
根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。
それが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。

**部品: 法に対する理解
藩国にもよるが、法は大別して六法とされることが多い。
憲法、民放、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法の六つである。ここに行政法を含めて七法とすることもある。
法令に関する記述については厳密なルールや背景があり、これらに対する知識を持つこと。主要な法令についての知識と、それを調べる方法を持つこと。必要に応じて複数の法を組み合わせて解釈することなどが求められる。

**部品: 法の運用や判例への知識と解釈
法律については条文だけでなく、その法がこれまでどのように運用されてきたか、関連する裁判においてどのように解釈された判例があるかが非常に重要となる。
法があったとしても、運用する者によってその法の解釈が異なっていては法治は成らない。このため、裁判においてある法の解釈がなされ、その運用方法の先例となった判例の知識を持つこと、またそれらの判例を調べ、解釈する能力が求められる。

**部品: 法知識や判例知識の更新
法律とは常に変わらぬものではなく、新たに立法されたり改変されたりすることがある。
また、裁判において新たな判例が出ることもある。
こういった動きを注意深く追っていかなければ、古い知識のままで法を運用し、むしろ法に反してしまう危険がある。
このため、法知識や判例知識は常に更新し続けられるものである。



*提出書式

大部品: 弁護士 RD:18 評価値:7
-部品: 法律を専門とする者
-大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
--部品: 求められる教育レベル
--部品: 基本職業倫理
--部品: 法令の遵守
-大部品: 職業の公的資格の取得 RD:5 評価値:3
--部品: 受験資格の取得
--部品: 一般教養試験
--部品: 専門試験
--部品: 面接試験
--部品: 実地研修
-大部品: 専門家になるまで RD:6 評価値:4
--部品: 困難との遭遇
--部品: 技術の練磨
--部品: 深い経験
--部品: 積み重ねてきた知識
--部品: 仕事への誇り
--部品: 地に足の着いた自信
-大部品: 法律知識 RD:3 評価値:2
--部品: 法に対する理解
--部品: 法の運用や判例への知識と解釈
--部品: 法知識や判例知識の更新


部品: 法律を専門とする者
一般の人は法律について大枠は理解していてもその詳細に精通しているわけではない。また、実際に自身が関わっている案件について関連法の詳細も知らない場合が多い。
これは社会活動を円滑に行う上で法律が複雑化したためであるが、これらの法律に関わる事務や法務を行う際に、法律に対する専門知識をもって代行する職業を弁護士と呼ぶ。
NWにおいては、弁護士は護民官の護民活動の一部として存在する。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 受験資格の取得
公的資格試験を受けるためには、高校や大学の卒業といった、前提となる条件を満たしていなければならない。
教育の修了の他にも、満年齢や前提となる別の資格を取得しなければならない場合、犯罪歴がないことなど、その条件は資格ごとに異なる。

部品: 一般教養試験
その職業に就くに値すると認められる水準の一般教養を身に着けているか、筆記試験にて判定を行う。
職種により、試験の要求水準は異なるが、筆記試験の合格が公的資格取得の条件のひとつになる。

部品: 専門試験
その職業に必要な知識または技能あるいは体力を有しているかを判定する試験であり、その合格が資格取得の条件の一つとなる。
筆記試験の場合もあれば、実技試験である場合もある。またその職種によっては実施しないこともある。

部品: 面接試験
その職業を就くに相応しい人柄であるか、また、対人能力に問題がないか等の、人格面の試験。
これに合格することが、資格取得の条件の一つとなる。ただし、職種によっては面接を行わない場合もある。

部品: 実地研修
その資格を必要とする職業について、実際の業務を体験し学習する研修期間。
資格取得の条件の一つとなる場合がある。
資格取得時点では研修を行わない場合もあるが、その場合は資格取得後、実際にその職業に就いた際に研修を行うことになる。

部品: 困難との遭遇
仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。
その困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。

部品: 技術の練磨
日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。
少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。

部品: 深い経験
長い時間を俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。
そこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。
また、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。

部品: 積み重ねてきた知識
積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。
ただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。

部品: 仕事への誇り
自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。
それは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。

部品: 地に足の着いた自信
根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。
それが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。

部品: 法に対する理解
藩国にもよるが、法は大別して六法とされることが多い。
憲法、民放、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法の六つである。ここに行政法を含めて七法とすることもある。
法令に関する記述については厳密なルールや背景があり、これらに対する知識を持つこと。主要な法令についての知識と、それを調べる方法を持つこと。必要に応じて複数の法を組み合わせて解釈することなどが求められる。

部品: 法の運用や判例への知識と解釈
法律については条文だけでなく、その法がこれまでどのように運用されてきたか、関連する裁判においてどのように解釈された判例があるかが非常に重要となる。
法があったとしても、運用する者によってその法の解釈が異なっていては法治は成らない。このため、裁判においてある法の解釈がなされ、その運用方法の先例となった判例の知識を持つこと、またそれらの判例を調べ、解釈する能力が求められる。

部品: 法知識や判例知識の更新
法律とは常に変わらぬものではなく、新たに立法されたり改変されたりすることがある。
また、裁判において新たな判例が出ることもある。
こういった動きを注意深く追っていかなければ、古い知識のままで法を運用し、むしろ法に反してしまう危険がある。
このため、法知識や判例知識は常に更新し続けられるものである。




*インポート用定義データ


[
{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "一般の人は法律について大枠は理解していてもその詳細に精通しているわけではない。また、実際に自身が関わっている案件について関連法の詳細も知らない場合が多い。\nこれは社会活動を円滑に行う上で法律が複雑化したためであるが、これらの法律に関わる事務や法務を行う際に、法律に対する専門知識をもって代行する職業を弁護士と呼ぶ。\nNWにおいては、弁護士は護民官の護民活動の一部として存在する。",
"id": 4266,
"part_type": "part",
"title": "法律を専門とする者"
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"id": 4268,
"part_type": "part",
"title": "求められる教育レベル"
},

{ "children": [],
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"id": 4269,
"part_type": "part",
"title": "基本職業倫理"
},

{ "children": [],
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"id": 4270,
"part_type": "part",
"title": "法令の遵守"
}
],
"description": null,
"id": 4267,
"part_type": "group",
"title": "労働者の資質",
"expanded": false
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "公的資格試験を受けるためには、高校や大学の卒業といった、前提となる条件を満たしていなければならない。\n教育の修了の他にも、満年齢や前提となる別の資格を取得しなければならない場合、犯罪歴がないことなど、その条件は資格ごとに異なる。",
"id": 4272,
"part_type": "part",
"title": "受験資格の取得"
},

{ "children": [],
"description": "その職業に就くに値すると認められる水準の一般教養を身に着けているか、筆記試験にて判定を行う。\n職種により、試験の要求水準は異なるが、筆記試験の合格が公的資格取得の条件のひとつになる。",
"id": 4273,
"part_type": "part",
"title": "一般教養試験"
},

{ "children": [],
"description": "その職業に必要な知識または技能あるいは体力を有しているかを判定する試験であり、その合格が資格取得の条件の一つとなる。\n筆記試験の場合もあれば、実技試験である場合もある。またその職種によっては実施しないこともある。",
"id": 4274,
"part_type": "part",
"title": "専門試験"
},

{ "children": [],
"description": "その職業を就くに相応しい人柄であるか、また、対人能力に問題がないか等の、人格面の試験。\nこれに合格することが、資格取得の条件の一つとなる。ただし、職種によっては面接を行わない場合もある。",
"id": 4275,
"part_type": "part",
"title": "面接試験"
},

{ "children": [],
"description": "その資格を必要とする職業について、実際の業務を体験し学習する研修期間。\n資格取得の条件の一つとなる場合がある。\n資格取得時点では研修を行わない場合もあるが、その場合は資格取得後、実際にその職業に就いた際に研修を行うことになる。",
"id": 4276,
"part_type": "part",
"title": "実地研修"
}
],
"description": null,
"id": 4271,
"part_type": "group",
"title": "職業の公的資格の取得"
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "仕事を続けていれば、トラブルが起きたり、無理難題が起きたりと、非常に困難な状況に遭遇することはある。\nその困難を乗り越えることが出来たにせよ、出来なかったにせよ、その困難に挑戦し、得た経験やその時の気持ちを血肉にすることが重要となる。",
"id": 4278,
"part_type": "part",
"title": "困難との遭遇"
},

{ "children": [],
"description": "日々の何気ない作業、ルーチンワークかも知れないその作業を、ただ緩慢とこなすのではなく、一つ一つの作業を洗練させ、より消化させていくこと。\n少しずつでもそれを続けていくことが、技術の練磨につながっていく。",
"id": 4279,
"part_type": "part",
"title": "技術の練磨"
},

{ "children": [],
"description": "長い時間を俯瞰してみれば、同じような作業の繰り返しであったとしても、全く同じ日などは存在しない。\nそこで得た些細な違いであっても、それを経験として積み重ねていくことで、僅かな状況の違和感に気づくことができるかもしれないし、細かい作業の改善点や課題点に気づくことができるかもしれない。\nまた、大きなトラブルが起きた場合であっても、そうして積み重ねてきた経験があれば、取り乱さず対処できる可能性は高まる。",
"id": 4280,
"part_type": "part",
"title": "深い経験"
},

{ "children": [],
"description": "積極的に学んできた成果であり、これまでの経験とともに得た実感を伴った知識。\nただ「知っている」というだけでなく、それを適切な場所で、適切に引き出し、適切に説明することができる「生きた知識」である。",
"id": 4281,
"part_type": "part",
"title": "積み重ねてきた知識"
},

{ "children": [],
"description": "自分がこれまで積み重ねてきた経験と、それに伴う愛着などから生まれ出る、仕事への誇り。\nそれは傲慢になるということでは断じてない。どんな状況であってもその仕事に対し全力を尽くし、その職業についているということに対し胸を張って生きる誓いである。",
"id": 4282,
"part_type": "part",
"title": "仕事への誇り"
},

{ "children": [],
"description": "根拠のない過信とは異なる、深い経験、知識、誇りなどから構成される、客観的な分析に伴う自己評価。\nそれが落ち着きを生み、相手に対する信頼感を得られるようになる。",
"id": 4283,
"part_type": "part",
"title": "地に足の着いた自信"
}
],
"description": null,
"id": 4277,
"part_type": "group",
"title": "専門家になるまで"
},

{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "藩国にもよるが、法は大別して六法とされることが多い。\n憲法、民放、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法の六つである。ここに行政法を含めて七法とすることもある。\n法令に関する記述については厳密なルールや背景があり、これらに対する知識を持つこと。主要な法令についての知識と、それを調べる方法を持つこと。必要に応じて複数の法を組み合わせて解釈することなどが求められる。",
"id": 4285,
"part_type": "part",
"title": "法に対する理解"
},

{ "children": [],
"description": "法律については条文だけでなく、その法がこれまでどのように運用されてきたか、関連する裁判においてどのように解釈された判例があるかが非常に重要となる。\n法があったとしても、運用する者によってその法の解釈が異なっていては法治は成らない。このため、裁判においてある法の解釈がなされ、その運用方法の先例となった判例の知識を持つこと、またそれらの判例を調べ、解釈する能力が求められる。",
"id": 4286,
"part_type": "part",
"title": "法の運用や判例への知識と解釈"
},

{ "children": [],
"description": "法律とは常に変わらぬものではなく、新たに立法されたり改変されたりすることがある。\nまた、裁判において新たな判例が出ることもある。\nこういった動きを注意深く追っていかなければ、古い知識のままで法を運用し、むしろ法に反してしまう危険がある。\nこのため、法知識や判例知識は常に更新し続けられるものである。",
"id": 4287,
"part_type": "part",
"title": "法知識や判例知識の更新"
}
],
"description": null,
"id": 4284,
"part_type": "group",
"title": "法律知識"
}
],
"created_at": "2017-08-17 12:33:59.476727",
"description": null,
"id": 3379,
"part_type": "group",
"title": "弁護士",
"updated_at": "2017-08-17 12:33:59.476727",
"expanded": true
}
]


[No.2844] [固定リンク][非] 食肉加工者 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/17(Thu) 23:40:29

*部品構造

-大部品: 食肉加工者 RD:8 評価値:5
--部品: 屠殺し肉を得る者
--部品: 屠殺することの意義
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守



*部品定義

**部品: 屠殺し肉を得る者
牛や豚、鳥といった家畜や、狩りで得た鹿や猪などの肉を捌き、料理に使用できる精肉へと加工する業務を行う者を食肉加工者と呼ぶ。
狩りで得た獲物については加工を開始する時点ですでに死んでいることが多いが、家畜の場合はその屠殺まで含めて業務となる。
また、動物の種類によっては肉だけでなく皮や骨も取り分け、然るべき業者へ引き渡すこともある。

**部品: 屠殺することの意義
屠殺し、肉を得ることは「命をいただく」行為である。国によっては食事を行うまえに「いただきます」という言葉を発するしきたりがあるように、生きるための糧とするため他の生物の命を食べることは、決して悪い行いではない。
屠殺に従事する者は、これを念頭に置き、可能な限り家畜などを苦しませずに殺し、その命を無駄にせず食卓へ届ける行為であると意識することが肝要である。
決して動物虐待ではないし、面白半分に殺しているのでもない。これらの業務に携わる者が職業差別を受けないように、肉を得る行為の意義については作業従事者以外にも周知される。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。



*提出書式

大部品: 食肉加工者 RD:8 評価値:5
-部品: 屠殺し肉を得る者
-部品: 屠殺することの意義
-大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
--部品: 先輩の指導
--部品: 作業マニュアルの遵守
--部品: 指示の遵守


部品: 屠殺し肉を得る者
牛や豚、鳥といった家畜や、狩りで得た鹿や猪などの肉を捌き、料理に使用できる精肉へと加工する業務を行う者を食肉加工者と呼ぶ。
狩りで得た獲物については加工を開始する時点ですでに死んでいることが多いが、家畜の場合はその屠殺まで含めて業務となる。
また、動物の種類によっては肉だけでなく皮や骨も取り分け、然るべき業者へ引き渡すこともある。

部品: 屠殺することの意義
屠殺し、肉を得ることは「命をいただく」行為である。国によっては食事を行うまえに「いただきます」という言葉を発するしきたりがあるように、生きるための糧とするため他の生物の命を食べることは、決して悪い行いではない。
屠殺に従事する者は、これを念頭に置き、可能な限り家畜などを苦しませずに殺し、その命を無駄にせず食卓へ届ける行為であると意識することが肝要である。
決して動物虐待ではないし、面白半分に殺しているのでもない。これらの業務に携わる者が職業差別を受けないように、肉を得る行為の意義については作業従事者以外にも周知される。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。




*インポート用定義データ


[
{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "牛や豚、鳥といった家畜や、狩りで得た鹿や猪などの肉を捌き、料理に使用できる精肉へと加工する業務を行う者を食肉加工者と呼ぶ。\n狩りで得た獲物については加工を開始する時点ですでに死んでいることが多いが、家畜の場合はその屠殺まで含めて業務となる。\nまた、動物の種類によっては肉だけでなく皮や骨も取り分け、然るべき業者へ引き渡すこともある。",
"id": 3477,
"part_type": "part",
"title": "屠殺し肉を得る者",
"expanded": true
},

{ "title": "屠殺することの意義",
"description": "屠殺し、肉を得ることは「命をいただく」行為である。国によっては食事を行うまえに「いただきます」という言葉を発するしきたりがあるように、生きるための糧とするため他の生物の命を食べることは、決して悪い行いではない。\n屠殺に従事する者は、これを念頭に置き、可能な限り家畜などを苦しませずに殺し、その命を無駄にせず食卓へ届ける行為であると意識することが肝要である。\n決して動物虐待ではないし、面白半分に殺しているのでもない。これらの業務に携わる者が職業差別を受けないように、肉を得る行為の意義については作業従事者以外にも周知される。",
"part_type": "part"
},

{ "children":
[
{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"id": 3491,
"part_type": "part",
"title": "求められる教育レベル"
},

{ "children": [],
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"id": 3492,
"part_type": "part",
"title": "基本職業倫理"
},

{ "children": [],
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"id": 3493,
"part_type": "part",
"title": "法令の遵守"
}
],
"description": null,
"id": 3490,
"part_type": "group",
"title": "労働者の資質"
},

{ "children": [],
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"id": 3494,
"part_type": "part",
"title": "先輩の指導"
},

{ "children": [],
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"id": 3495,
"part_type": "part",
"title": "作業マニュアルの遵守"
},

{ "children": [],
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"id": 3496,
"part_type": "part",
"title": "指示の遵守"
}
],
"description": null,
"id": 3489,
"part_type": "group",
"title": "新米作業者に求められる能力"
}
],
"created_at": "2017-08-17 14:18:11.713166",
"description": null,
"id": 3476,
"part_type": "group",
"title": "食肉加工者",
"updated_at": "2017-08-17 14:18:11.713166",
"expanded": true
}
]


[No.2850] [固定リンク][非] 投資家 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/18(Fri) 00:02:35

*部品構造

-大部品: 投資家 RD:16 評価値:6
--部品: 投資によって儲けを得る
--部品: 資金の確保
--部品: 投資対象の選定とリスク管理
--部品: 投資によって得られる価値
--大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
---大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
----部品: 求められる教育レベル
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 先輩の指導
---部品: 作業マニュアルの遵守
---部品: 指示の遵守
--大部品: 一人前になるまで RD:6 評価値:4
---部品: 一通りの実務経験
---部品: 作業に対する疑問の解消
---部品: 作業マニュアルの意味の理解
---部品: 主体的な行動
---部品: 周囲への気配り
---部品: 作業環境の改善



*部品定義

**部品: 投資によって儲けを得る
資本主義を採用している国家において、資金の流通量が多くなければ経済が滞って発展が遅れるため、
投資によって資金の流通量を増やし、投資対象の発展によって利益を得る業種が職業として成立する。これを投資家と言う。
一般に投資家とは企業組織に所属して多額の資金を運用する事が多く、市場経済に対して大きな影響力を持つとされる。

**部品: 資金の確保
投資家とその所属組織の扱う資金源は、多くの場合、外部から投資のために預けられたものとなる。
個人や企業などが保有資産として管理している資金は流動性を失っているため、それを利益の供与と引き換えに借り受ける事で、投資のための財源とするのである。
投資家の職務とは、保有されて停滞している資金を信用を担保に借り受けて、その資金を別の場所に投資し、投資によって得られた発展によって利益を獲得し、資金の本来の保有者へと還元することである。
資金の仲介業者と呼ぶこともできるが、当然ながらまず資金を借り受けるには相応の信用を得ていなければならず、また投資失敗による損失などについての十分な理解を得ておく必要がある。
この時、投資の安全性や利益率の高さなどを実際のものと誤認させるような説明を行って資金の貸与を受けた場合、これは詐欺として扱われる。

**部品: 投資対象の選定とリスク管理
貸与された資金を運用する以上、その投資先は可能な限り儲けを得られるものでなければならない。
投資先が事業失敗などで損失を出した場合、投資した資金の回収が不可能となることもあり、その場合は投資家と対象の組織が損をするだけにはとどまらない。
投資家とその所属組織に対する外部からの信用が失われれば、投資家という職業は成り立たないからだ。
よって、投資家や所属組織に対して投資を求める声があったとして、その対象に投資をした結果、本当に儲かるのかどうかを予め調べておくことは不可欠となる。

もちろん、確実な儲けが保証される投資などほぼ存在しないために、どうあってもリスクは存在する。
また、銀行などの公的な役割が求められる組織の場合、周囲の経済を振興する目的で投資対象の基準を下げ、損失危険度のある対象にも投資を行う事がある。
そういった場合、主に中央銀行が率先して周囲の金融機関に資金を動かすため、投資家が出資者に大きなリスクを背負わせる事にはならない。

**部品: 投資によって得られる価値
出資者から預かった資金を使って利益を出す、というのが投資家の職務の一つではあるが、
これにおいて利益を出す事のみを考えてはならない、というのが企業投資家にとっての守るべきルールである。
対象がよりよい成果を上げられるよう助ける投資。
ただ資金が流動するだけでなく、流動する中で金銭が人々の幸せを産む形を作る投資こそが、
出資者も投資対象も投資家も、全てに得をさせるWIN−WIN−WINの関係を作り出すよい投資であるとされる。
また、経済恐慌などによって投資のリスクが高くなりすぎる際も、相互の幸せを産む投資先をしっかり探すことで、被害を小さくすることができる。

**部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

**部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

**部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

**部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

**部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

**部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

**部品: 一通りの実務経験
作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。

**部品: 作業に対する疑問の解消
作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。
先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。


**部品: 作業マニュアルの意味の理解
自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。
ちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。
半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。

**部品: 主体的な行動
自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。
一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。
もちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。
また、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。


**部品: 周囲への気配り
自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。
一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。
自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。

**部品: 作業環境の改善
自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。
それは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。



*提出書式

大部品: 投資家 RD:16 評価値:6
-部品: 投資によって儲けを得る
-部品: 資金の確保
-部品: 投資対象の選定とリスク管理
-部品: 投資によって得られる価値
-大部品: 新米作業者に求められる能力 RD:6 評価値:4
--大部品: 労働者の資質 RD:3 評価値:2
---部品: 求められる教育レベル
---部品: 基本職業倫理
---部品: 法令の遵守
--部品: 先輩の指導
--部品: 作業マニュアルの遵守
--部品: 指示の遵守
-大部品: 一人前になるまで RD:6 評価値:4
--部品: 一通りの実務経験
--部品: 作業に対する疑問の解消
--部品: 作業マニュアルの意味の理解
--部品: 主体的な行動
--部品: 周囲への気配り
--部品: 作業環境の改善


部品: 投資によって儲けを得る
資本主義を採用している国家において、資金の流通量が多くなければ経済が滞って発展が遅れるため、
投資によって資金の流通量を増やし、投資対象の発展によって利益を得る業種が職業として成立する。これを投資家と言う。
一般に投資家とは企業組織に所属して多額の資金を運用する事が多く、市場経済に対して大きな影響力を持つとされる。

部品: 資金の確保
投資家とその所属組織の扱う資金源は、多くの場合、外部から投資のために預けられたものとなる。
個人や企業などが保有資産として管理している資金は流動性を失っているため、それを利益の供与と引き換えに借り受ける事で、投資のための財源とするのである。
投資家の職務とは、保有されて停滞している資金を信用を担保に借り受けて、その資金を別の場所に投資し、投資によって得られた発展によって利益を獲得し、資金の本来の保有者へと還元することである。
資金の仲介業者と呼ぶこともできるが、当然ながらまず資金を借り受けるには相応の信用を得ていなければならず、また投資失敗による損失などについての十分な理解を得ておく必要がある。
この時、投資の安全性や利益率の高さなどを実際のものと誤認させるような説明を行って資金の貸与を受けた場合、これは詐欺として扱われる。

部品: 投資対象の選定とリスク管理
貸与された資金を運用する以上、その投資先は可能な限り儲けを得られるものでなければならない。
投資先が事業失敗などで損失を出した場合、投資した資金の回収が不可能となることもあり、その場合は投資家と対象の組織が損をするだけにはとどまらない。
投資家とその所属組織に対する外部からの信用が失われれば、投資家という職業は成り立たないからだ。
よって、投資家や所属組織に対して投資を求める声があったとして、その対象に投資をした結果、本当に儲かるのかどうかを予め調べておくことは不可欠となる。

もちろん、確実な儲けが保証される投資などほぼ存在しないために、どうあってもリスクは存在する。
また、銀行などの公的な役割が求められる組織の場合、周囲の経済を振興する目的で投資対象の基準を下げ、損失危険度のある対象にも投資を行う事がある。
そういった場合、主に中央銀行が率先して周囲の金融機関に資金を動かすため、投資家が出資者に大きなリスクを背負わせる事にはならない。

部品: 投資によって得られる価値
出資者から預かった資金を使って利益を出す、というのが投資家の職務の一つではあるが、
これにおいて利益を出す事のみを考えてはならない、というのが企業投資家にとっての守るべきルールである。
対象がよりよい成果を上げられるよう助ける投資。
ただ資金が流動するだけでなく、流動する中で金銭が人々の幸せを産む形を作る投資こそが、
出資者も投資対象も投資家も、全てに得をさせるWIN−WIN−WINの関係を作り出すよい投資であるとされる。
また、経済恐慌などによって投資のリスクが高くなりすぎる際も、相互の幸せを産む投資先をしっかり探すことで、被害を小さくすることができる。

部品: 求められる教育レベル
その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。
会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。
読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。

部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

部品: 一通りの実務経験
作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。

部品: 作業に対する疑問の解消
作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。
先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。


部品: 作業マニュアルの意味の理解
自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。
ちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。
半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。

部品: 主体的な行動
自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。
一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。
もちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。
また、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。


部品: 周囲への気配り
自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。
一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。
自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。

部品: 作業環境の改善
自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。
それは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "投資家",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "投資によって儲けを得る",
"description": "資本主義を採用している国家において、資金の流通量が多くなければ経済が滞って発展が遅れるため、\n投資によって資金の流通量を増やし、投資対象の発展によって利益を得る業種が職業として成立する。これを投資家と言う。\n一般に投資家とは企業組織に所属して多額の資金を運用する事が多く、市場経済に対して大きな影響力を持つとされる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "資金の確保",
"description": "投資家とその所属組織の扱う資金源は、多くの場合、外部から投資のために預けられたものとなる。\n個人や企業などが保有資産として管理している資金は流動性を失っているため、それを利益の供与と引き換えに借り受ける事で、投資のための財源とするのである。\n投資家の職務とは、保有されて停滞している資金を信用を担保に借り受けて、その資金を別の場所に投資し、投資によって得られた発展によって利益を獲得し、資金の本来の保有者へと還元することである。\n資金の仲介業者と呼ぶこともできるが、当然ながらまず資金を借り受けるには相応の信用を得ていなければならず、また投資失敗による損失などについての十分な理解を得ておく必要がある。\nこの時、投資の安全性や利益率の高さなどを実際のものと誤認させるような説明を行って資金の貸与を受けた場合、これは詐欺として扱われる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "投資対象の選定とリスク管理",
"description": "貸与された資金を運用する以上、その投資先は可能な限り儲けを得られるものでなければならない。\n投資先が事業失敗などで損失を出した場合、投資した資金の回収が不可能となることもあり、その場合は投資家と対象の組織が損をするだけにはとどまらない。\n投資家とその所属組織に対する外部からの信用が失われれば、投資家という職業は成り立たないからだ。\nよって、投資家や所属組織に対して投資を求める声があったとして、その対象に投資をした結果、本当に儲かるのかどうかを予め調べておくことは不可欠となる。\n\nもちろん、確実な儲けが保証される投資などほぼ存在しないために、どうあってもリスクは存在する。\nまた、銀行などの公的な役割が求められる組織の場合、周囲の経済を振興する目的で投資対象の基準を下げ、損失危険度のある対象にも投資を行う事がある。\nそういった場合、主に中央銀行が率先して周囲の金融機関に資金を動かすため、投資家が出資者に大きなリスクを背負わせる事にはならない。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "投資によって得られる価値",
"description": "出資者から預かった資金を使って利益を出す、というのが投資家の職務の一つではあるが、\nこれにおいて利益を出す事のみを考えてはならない、というのが企業投資家にとっての守るべきルールである。\n対象がよりよい成果を上げられるよう助ける投資。\nただ資金が流動するだけでなく、流動する中で金銭が人々の幸せを産む形を作る投資こそが、\n出資者も投資対象も投資家も、全てに得をさせるWIN−WIN−WINの関係を作り出すよい投資であるとされる。\nまた、経済恐慌などによって投資のリスクが高くなりすぎる際も、相互の幸せを産む投資先をしっかり探すことで、被害を小さくすることができる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "新米作業者に求められる能力",
"children":
[
{ "title": "労働者の資質",
"children":
[
{ "title": "求められる教育レベル",
"description": "その職業ごとに求められるだけの教育を受け、能力を身に着けている。\n会話などによる意思疎通が可能であれば出来る仕事、読み書きと簡単な計算が求められる仕事、高度な計算や専門知識が求められる仕事など、要求内容はさまざま。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n読み書きができない場合は声に出して覚える事になる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "一人前になるまで",
"children":
[
{ "title": "一通りの実務経験",
"description": "作業の右も左も分からない状態から、少しずつ作業を経験していくことで、自分の作業が何を行っているのか、実感として理解できるようになる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業に対する疑問の解消",
"description": "作業を経験していく上で、当然のことながら、分からないことは沢山出てくる。\n先輩や上長に質問したり、自分で資料を調べたり、あるいは実験したりと、その解消方法は職場によって様々だが、疑問を解決しようとする姿勢が成長へとつながる。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業マニュアルの意味の理解",
"description": "自分のやっている作業がだんだんと分かってくると、作業マニュアルに書かれている意図が見えてくる。\nちゃんとした作業マニュアルであれば、意図のない作業手順など存在しない。\n半人前の状態であれば、ただルールだから作業マニュアルを守るという意識であるが、作業マニュアルの手順には意図があることを理解できれば、ルールだから守るのではなく、その意図を叶えるために作業マニュアルの手順に従うのだという意識の切り替えが起きる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "主体的な行動",
"description": "自分の作業の意味が理解できてくれば、自身の裁量がわかり、状況に応じた応用がきくようになり始める。\n一つ一つの作業すべてに対し先輩や上長の指示を仰ぐ必要がなくなり、自身の判断で作業ができる範囲が分かるようになり始める。\nもちろん、それであっても先輩や上長への報告・連絡は欠かしてはならない。\nまた、自身の裁量外のトラブルに対しては勝手に判断せず、相談すること。\n",
"part_type": "part"
},

{ "title": "周囲への気配り",
"description": "自身の作業内容が理解できるようになれば、周囲の状況へ目を向ける余裕もでき始める。\n一人ですべて完結する仕事というのはほとんど無い。\n自分の作業に余裕があれば周囲の手助けに回ることで、逆に周囲からのサポートを受けたり、周囲の作業が円滑に進むことで自分の作業が前倒しできたりと、回り回って自分の作業がスムーズに進むようになる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "作業環境の改善",
"description": "自分の作業の意味が理解できてくれば、自分の作業環境を最適化することができるようになり始める。\nそれは、例えば仕事で使う道具の整理整頓であったり、非常に小さいことから始まるかもしれないが、そうした積み重ねは、着実に自分の作業の洗練につながる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2673] [固定リンク][非] 共通職業案 募集のお願い 投稿者:マリモ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/27(Thu) 23:55:04

こちらの記事で、
『設問198 共和国は自国の設定国民に着せる職業アイドレス100種類を登録してもよい。100を超える分にはたくさんあってもよい。』
へ提出するための職業作成【案】を受け付けいたします。

今回は設定国民の生活を安定させることを第一目標として、設定国民が暮らすうえで必要となる職業を作成しますので、
暮らしの中での優先度が高いと考えられるものから作成していきます。
今回作業力の都合で作りきれなかった場合も今後追加で作っていくことができると思いますので、
どうぞ皆様のご協力をお願いいたします。

この設問への対応方針について詳しくは 記事[http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=2671]をご覧いただき、また
お国の藩王、華族にお尋ねください。


実際の募集について
とりまとめのために、職業はあらかじめ分類された各枝に返信する形でご投稿ください。
同じ分類にあてはまる職業を複数投下される場合、
一つの記事に同じカテゴリの職業案を複数書いていただいて構いません。


生産系:農民、炭鉱夫、猟師など
加工系:建築家、料理人、整備士など
流通・サービス業系:倉庫作業員、ショップ店員、映画監督、医師、保育士など
公共系・出仕系:警官、消防士、政庁職員、吏族、護民官、法の司など
軍事・戦闘系:歩兵、指揮官、参謀、パイロットなど
身分証明系:無職、未就学児、学生など
特別職業系:藩王、摂政、王猫、王犬
その他:上記にあてはまらない、判別がつかない場合


【〆切:29日(土)21時】
ごろから集め始めますが、遅くても拾いますので投下の方はしていただいて構いません。


[No.2674] [固定リンク][非] 生産系基本職業案はこちらへ 投稿者:マリモ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/27(Thu) 23:57:30

生産系:農民、炭鉱夫、猟師など


[No.2681] [固定リンク][非] 修正1(28日2時) 農民、漁師(海女/素潜り漁師、魚貝類養殖業者)、猟師(狩猟採集民)、木こり(林業者)、炭鉱夫、牧童(遊牧民、牧畜業者) 投稿者:YOT@ゴロネコ藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 01:18:08

農民、漁師(海女/素潜り漁師、魚貝類養殖業者)、猟師(狩猟採集民)、木こり(林業者)、炭鉱夫、牧童(遊牧民、牧畜業者)、養蚕家、養蜂家

カッコ内は別に分けるか迷ったものです。

修正1(28日2時) 養蚕家、養蜂家 追加


[No.2696] [固定リンク][非] 製塩業、染織家 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル@ナニワアームズ商藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 10:39:09

製塩業
染織家


#染織家(布、紐、刺繍等、繊維製品を生産する技術を持っている人)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%93%E7%B9%94


[No.2707] [固定リンク][非] Re: 生産系基本職業案はこちらへ 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 20:04:18

山菜取り(薬草採集家・キノコ採集家)
酪農家(牛飼い、羊飼い、養豚農家、養鶏業者)


[No.2708] [固定リンク][非] 農業等 投稿者:霧賀火澄@FEG  投稿日:2017/07/28(Fri) 20:07:50

農業、酪農家、獣医師、漁業、林業技師、樹木医、潜水士、気象予報士


[No.2720] [固定リンク][非] Re: 生産系基本職業案はこちらへ 投稿者:城 華一郎  投稿日:2017/07/29(Sat) 09:54:05

塩鉱夫(だけにしたら短すぎると弾かれたので余分な文章ですが足しておきます…)


[No.2726] [固定リンク][非] Re: 生産系基本職業案はこちらへ 投稿者:比野青狸@キノウツン藩国  投稿日:2017/07/29(Sat) 12:55:46

燃料採掘業者、鉱夫、井戸掘り


[No.2675] [固定リンク][非] 加工系基本職業案はこちらへ 投稿者:マリモ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/27(Thu) 23:57:52

加工系:建築家、料理人、整備士など


[No.2683] [固定リンク][非] 修正1(28日2時) 大工(木工職人)、建築家、料理人、鍛冶屋、裁縫職人(テイラー)、皮職人(靴職人)、機械職人(時計職人)、整備士(電気技師、配管工、塗装屋、板金屋) 投稿者:YOT@ゴロネコ藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 01:32:43

大工(木工職人)、建築家、料理人、鍛冶屋、裁縫職人(テイラー)、皮職人(靴職人)、機械職人(時計職人)、整備士(電気技師、配管工、塗装屋、板金屋)、園芸家(造園業、庭師)

カッコ内は名前で迷った物や分けるべきか迷った物です。

修正1(28日2時) 園芸家(造園業、庭師) 追加


[No.2685] [固定リンク][非] Re: 加工系基本職業案はこちらへ 投稿者:久珂あゆみ@FEG  投稿日:2017/07/28(Fri) 02:00:00

http://aaaaaa.co.jp/job/ 参考

測量士
鉄骨工
内装工
サッシ工
タイル工
浄化槽設備士
建築ブロック工
建築大工
製鋼工
土木施工管理技士
鉄筋工
建築構造設計技術者 建築積算技術者
管工事施工管理技士
溶接工
建築施工管理技士 保温工
電気工事士
建築物環境衛生管理技術者
製材工
建設機械オペレーター
エレベーター据付工
環境アセスメント調査員
建築士
CADオペレーター


[No.2691] [固定リンク][非] 上下水道工事関係(配管工、他技術者) 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2017/07/28(Fri) 03:06:19

上下水道

配管工

くらいしか思いつかなかったのでぐぐりましたが、上下水道工事に必要な資格、日本のだとこんな感じらしいです…
https://www.sat-co.info/waterworks-qualification

給水装置工事主任技術者
下水道排水設備工事責任技術者
管工事施工管理技士
水道技術管理者


[No.2692] [固定リンク][非] 土木系?主に道路(土木作業員、舗装業者、他管理技術者) 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2017/07/28(Fri) 03:18:05

土木作業員
舗装業者

日本の資格だとこの辺の模様です。

土木施工管理技士
https://www.sat-co.info/civil-engineering-works-execution-managing-engineer

舗装施工管理技術者
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%97%E8%A3%85%E6%96%BD%E5%B7%A5%E7%AE%A1%E7%90%86%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85
(Wikipedia)


[No.2697] [固定リンク][非] お針子、パタンナー 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル@ナニワアームズ商藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 10:40:15

お針子
パタンナー

#パタンナー(服のデザインから型紙を起こし設計する人)
http://aaaaaa.co.jp/job/?p=1204


[No.2704] [固定リンク][非] 建築関連 投稿者:霧賀火澄@FEG  投稿日:2017/07/28(Fri) 19:51:19

とび工、製材工、鉄骨工、測量士、左官、建築大工


[No.2727] [固定リンク][非] 測量士補 投稿者:なかだい  投稿日:2017/07/29(Sat) 16:12:36

大部品: 測量士補 RD:6 評価値:4
-部品: 測量士補の資格
-部品: 基礎的な測量知識
-部品: 基礎的な測量技術
-部品: 作図技能【CADオペレーター】
-部品: スタミナ
-部品: 数学知識【図形問題】


部品: 測量士補の資格
測量士補を名乗るには資格証明を取得しなければならない。専門学校や専攻学科の卒業資格、または1年以上の実務経験、または測量士補試験への合格が取得の条件だ。

部品: 基礎的な測量知識
実務経験や学校で学んだ測量業務に関する基礎的な知識。この作業が何を意味し、どういう結果になるかを予測できる。現場に出れる最低限の知識。

部品: 基礎的な測量技術
学校や実務経験で学んだ測量業務に関する基礎的な技術。上司の指示通りに動き、正確な数値を計測することができる。測量器具の扱いも一通りでき、知識を生かした作業ができる。

部品: 作図技能【CADオペレーター】
計測した数値を基に正確な図面を書き起こすための技能。CADとはコンピューターを利用して作図する支援ツール。各種機能を使いこなすため、必ず身につけなければならない技能だ。

部品: スタミナ
測量業務は天気と場所を選ばない。炎天下の中やることもあれば、納期が迫って雨天でもやることがある。不明の境界杭を探すときなど右往左往して穴を掘る。・・・そして埋め戻す。杭も重い、ととにかく体力勝負である。

部品: 数学知識【図形問題】
測量した土地が整方形であることのほうが少ない。様々な地形(ぢがた)にも対応できるように基本的な求積法は身に着けていなければならない。









[
{ "title": "測量士補",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "測量士補の資格",
"description": "測量士補を名乗るには資格証明を取得しなければならない。専門学校や専攻学科の卒業資格、または1年以上の実務経験、または測量士補試験への合格が取得の条件だ。\n\n\n",
"type": "parts"},


{ "title": "基礎的な測量知識",
"description": "実務経験や学校で学んだ測量業務に関する基礎的な知識。この作業が何を意味し、どういう結果になるかを予測できる。現場に出れる最低限の知識。\n",
"type": "parts"},


{ "title": "基礎的な測量技術",
"description": "学校や実務経験で学んだ測量業務に関する基礎的な技術。上司の指示通りに動き、正確な数値を計測することができる。測量器具の扱いも一通りでき、知識を生かした作業ができる。",
"type": "parts"},


{ "title": "作図技能【CADオペレーター】",
"description": "計測した数値を基に正確な図面を書き起こすための技能。CADとはコンピューターを利用して作図する支援ツール。各種機能を使いこなすため、必ず身につけなければならない技能だ。",
"type": "parts"},


{ "title": "スタミナ",
"description": "測量業務は天気と場所を選ばない。炎天下の中やることもあれば、納期が迫って雨天でもやることがある。不明の境界杭を探すときなど右往左往して穴を掘る。・・・そして埋め戻す。杭も重い、ととにかく体力勝負である。\n",
"type": "parts"},


{ "title": "数学知識【図形問題】",
"description": "測量した土地が整方形であることのほうが少ない。様々な地形(ぢがた)にも対応できるように基本的な求積法は身に着けていなければならない。\n\n",
"type": "parts"}],


"expanded": true}]


[No.2728] [固定リンク][非] 測量士 投稿者:なかだい  投稿日:2017/07/29(Sat) 16:13:45

大部品: 測量士 RD:8 評価値:5
-大部品: 測量士補 RD:6 評価値:4
--部品: 測量士補の資格
--部品: 基礎的な測量知識
--部品: 基礎的な測量技術
--部品: 作図技能【CADオペレーター】
--部品: スタミナ
--部品: 数学知識【図形問題】
-部品: 測量士の資格
-部品: 一般人への説明力


部品: 測量士補の資格
測量士補を名乗るには資格証明を取得しなければならない。専門学校や専攻学科の卒業資格、または1年以上の実務経験、または測量士補試験への合格が取得の条件だ。




部品: 基礎的な測量知識
実務経験や学校で学んだ測量業務に関する基礎的な知識。この作業が何を意味し、どういう結果になるかを予測できる。現場に出れる最低限の知識。


部品: 基礎的な測量技術
学校や実務経験で学んだ測量業務に関する基礎的な技術。上司の指示通りに動き、正確な数値を計測することができる。測量器具の扱いも一通りでき、知識を生かした作業ができる。

部品: 作図技能【CADオペレーター】
計測した数値を基に正確な図面を書き起こすための技能。CADとはコンピューターを利用して作図する支援ツール。各種機能を使いこなすため、必ず身につけなければならない技能だ。

部品: スタミナ
測量業務は天気と場所を選ばない。炎天下の中やることもあれば、納期が迫って雨天でもやることがある。不明の境界杭を探すときなど右往左往して穴を掘る。・・・そして埋め戻す。杭も重い、ととにかく体力勝負である。


部品: 数学知識【図形問題】
測量した土地が整方形であることのほうが少ない。様々な地形(ぢがた)にも対応できるように基本的な求積法は身に着けていなければならない。



部品: 測量士の資格
測量士になるには、測量士試験に合格しなければならない。士補のように実務経験や座学を受けただけで取得することはできない。筆記試験と実技(作図)試験がある。

部品: 一般人への説明力
境界を打って、土地の形を定めるには隣接する所有者全員の同意が必要だ。一方が大きくなれば、一方は小さくなるということ。不満もあれば、疑問も出てくる。それらに対応して、全員の納得を得るためにかみ砕いてわかりやすく説明する力を身に着けなければ死活問題だ。







[
{ "title": "測量士",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "測量士補",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "測量士補の資格",
"description": "測量士補を名乗るには資格証明を取得しなければならない。専門学校や専攻学科の卒業資格、または1年以上の実務経験、または測量士補試験への合格が取得の条件だ。\n\n\n",
"type": "parts"},


{ "title": "基礎的な測量知識",
"description": "実務経験や学校で学んだ測量業務に関する基礎的な知識。この作業が何を意味し、どういう結果になるかを予測できる。現場に出れる最低限の知識。\n",
"type": "parts"},


{ "title": "基礎的な測量技術",
"description": "学校や実務経験で学んだ測量業務に関する基礎的な技術。上司の指示通りに動き、正確な数値を計測することができる。測量器具の扱いも一通りでき、知識を生かした作業ができる。",
"type": "parts"},


{ "title": "作図技能【CADオペレーター】",
"description": "計測した数値を基に正確な図面を書き起こすための技能。CADとはコンピューターを利用して作図する支援ツール。各種機能を使いこなすため、必ず身につけなければならない技能だ。",
"type": "parts"},


{ "title": "スタミナ",
"description": "測量業務は天気と場所を選ばない。炎天下の中やることもあれば、納期が迫って雨天でもやることがある。不明の境界杭を探すときなど右往左往して穴を掘る。・・・そして埋め戻す。杭も重い、ととにかく体力勝負である。\n",
"type": "parts"},


{ "title": "数学知識【図形問題】",
"description": "測量した土地が整方形であることのほうが少ない。様々な地形(ぢがた)にも対応できるように基本的な求積法は身に着けていなければならない。\n\n",
"type": "parts"}
],

"expanded": false},


{ "title": "測量士の資格",
"description": "測量士になるには、測量士試験に合格しなければならない。士補のように実務経験や座学を受けただけで取得することはできない。筆記試験と実技(作図)試験がある。",
"type": "parts"},


{ "title": "一般人への説明力",
"description": "境界を打って、土地の形を定めるには隣接する所有者全員の同意が必要だ。一方が大きくなれば、一方は小さくなるということ。不満もあれば、疑問も出てくる。それらに対応して、全員の納得を得るためにかみ砕いてわかりやすく説明する力を身に着けなければ死活問題だ。",
"type": "parts"}
],

"expanded": true}
]


[No.2729] [固定リンク][非] 土地家屋調査士 投稿者:なかだい  投稿日:2017/07/29(Sat) 16:14:21

大部品: 土地家屋調査士 RD:12 評価値:6
-大部品: 測量士 RD:8 評価値:5
--大部品: 測量士補 RD:6 評価値:4
---部品: 測量士補の資格
---部品: 基礎的な測量知識
---部品: 基礎的な測量技術
---部品: 作図技能【CADオペレーター】
---部品: スタミナ
---部品: 数学知識【図形問題】
--部品: 測量士の資格
--部品: 一般人への説明力
-部品: 土地家屋調査士資格
-部品: 専門的な測量知識
-部品: 熟練の測量技術
-部品: 法令知識【地籍関連】


部品: 測量士補の資格
測量士補を名乗るには資格証明を取得しなければならない。専門学校や専攻学科の卒業資格、または1年以上の実務経験、または測量士補試験への合格が取得の条件だ。




部品: 基礎的な測量知識
実務経験や学校で学んだ測量業務に関する基礎的な知識。この作業が何を意味し、どういう結果になるかを予測できる。現場に出れる最低限の知識。


部品: 基礎的な測量技術
学校や実務経験で学んだ測量業務に関する基礎的な技術。上司の指示通りに動き、正確な数値を計測することができる。測量器具の扱いも一通りでき、知識を生かした作業ができる。

部品: 作図技能【CADオペレーター】
計測した数値を基に正確な図面を書き起こすための技能。CADとはコンピューターを利用して作図する支援ツール。各種機能を使いこなすため、必ず身につけなければならない技能だ。

部品: スタミナ
測量業務は天気と場所を選ばない。炎天下の中やることもあれば、納期が迫って雨天でもやることがある。不明の境界杭を探すときなど右往左往して穴を掘る。・・・そして埋め戻す。杭も重い、ととにかく体力勝負である。


部品: 数学知識【図形問題】
測量した土地が整方形であることのほうが少ない。様々な地形(ぢがた)にも対応できるように基本的な求積法は身に着けていなければならない。



部品: 測量士の資格
測量士になるには、測量士試験に合格しなければならない。士補のように実務経験や座学を受けただけで取得することはできない。筆記試験と実技(作図)試験がある。

部品: 一般人への説明力
境界を打って、土地の形を定めるには隣接する所有者全員の同意が必要だ。一方が大きくなれば、一方は小さくなるということ。不満もあれば、疑問も出てくる。それらに対応して、全員の納得を得るためにかみ砕いてわかりやすく説明する力を身に着けなければ死活問題だ。

部品: 土地家屋調査士資格
土地家屋調査士とは、土地の測量、面積の確定、地籍の変更に加えて、建物の表示登記や解体後の滅失登記などを行う専門家である。測量士の内容に加えて、家屋に関する知識も求められる。資格取得には難関試験を突破しなければならず、合格者は年に十数人しかいない。

部品: 専門的な測量知識
頭に入れ込んだ知識の他に、実務を積んで身に着けた経験に裏付けされた専門的な測量知識だ。現場での応用も効き、難所の測量でも対応できる。

部品: 熟練の測量技術
数々の現場を経験し、様々な測量機器を手に馴染ませて覚えてきた熟練の測量技術だ。数値の計測だけでなく、紛失した境界杭の再発見の際も役立つ。

部品: 法令知識【地籍関連】
土地家屋調査士は地籍のスペシャリストである。土地の戸籍である地籍を1から作成することもあれば、過去に誤って作られた地籍を修正することも日常の業務のうちだ。関連する法令は熟知している。








[
{ "title": "土地家屋調査士",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "測量士",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "測量士補",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "測量士補の資格",
"description": "測量士補を名乗るには資格証明を取得しなければならない。専門学校や専攻学科の卒業資格、または1年以上の実務経験、または測量士補試験への合格が取得の条件だ。\n\n\n",
"type": "parts"},


{ "title": "基礎的な測量知識",
"description": "実務経験や学校で学んだ測量業務に関する基礎的な知識。この作業が何を意味し、どういう結果になるかを予測できる。現場に出れる最低限の知識。\n",
"type": "parts"},


{ "title": "基礎的な測量技術",
"description": "学校や実務経験で学んだ測量業務に関する基礎的な技術。上司の指示通りに動き、正確な数値を計測することができる。測量器具の扱いも一通りでき、知識を生かした作業ができる。",
"type": "parts"},


{ "title": "作図技能【CADオペレーター】",
"description": "計測した数値を基に正確な図面を書き起こすための技能。CADとはコンピューターを利用して作図する支援ツール。各種機能を使いこなすため、必ず身につけなければならない技能だ。",
"type": "parts"},


{ "title": "スタミナ",
"description": "測量業務は天気と場所を選ばない。炎天下の中やることもあれば、納期が迫って雨天でもやることがある。不明の境界杭を探すときなど右往左往して穴を掘る。・・・そして埋め戻す。杭も重い、ととにかく体力勝負である。\n",
"type": "parts"},


{ "title": "数学知識【図形問題】",
"description": "測量した土地が整方形であることのほうが少ない。様々な地形(ぢがた)にも対応できるように基本的な求積法は身に着けていなければならない。\n\n",
"type": "parts"}],


"expanded": false},


{ "title": "測量士の資格",
"description": "測量士になるには、測量士試験に合格しなければならない。士補のように実務経験や座学を受けただけで取得することはできない。筆記試験と実技(作図)試験がある。",
"type": "parts"},


{ "title": "一般人への説明力",
"description": "境界を打って、土地の形を定めるには隣接する所有者全員の同意が必要だ。一方が大きくなれば、一方は小さくなるということ。不満もあれば、疑問も出てくる。それらに対応して、全員の納得を得るためにかみ砕いてわかりやすく説明する力を身に着けなければ死活問題だ。",
"type": "parts"}],


"expanded": true},


{ "title": "土地家屋調査士資格",
"description": "土地家屋調査士とは、土地の測量、面積の確定、地籍の変更に加えて、建物の表示登記や解体後の滅失登記などを行う専門家である。測量士の内容に加えて、家屋に関する知識も求められる。資格取得には難関試験を突破しなければならず、合格者は年に十数人しかいない。",
"type": "parts"},


{ "title": "専門的な測量知識",
"description": "頭に入れ込んだ知識の他に、実務を積んで身に着けた経験に裏付けされた専門的な測量知識だ。現場での応用も効き、難所の測量でも対応できる。",
"type": "parts"},


{ "title": "熟練の測量技術",
"description": "数々の現場を経験し、様々な測量機器を手に馴染ませて覚えてきた熟練の測量技術だ。数値の計測だけでなく、紛失した境界杭の再発見の際も役立つ。",
"type": "parts"},


{ "title": "法令知識【地籍関連】",
"description": "土地家屋調査士は地籍のスペシャリストである。土地の戸籍である地籍を1から作成することもあれば、過去に誤って作られた地籍を修正することも日常の業務のうちだ。関連する法令は熟知している。",
"type": "parts"}],


"expanded": true}]


[No.2710] [固定リンク][非] Re: 加工系基本職業案はこちらへ 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 20:32:17

炭焼き職人
窯工家(陶芸家、レンガ職人)
彫刻家
醸造家
チーズ職人
紡績業者(機織り)
家具職人
冶金職人(製鉄所員)
細工職人
ガラス職人
鍍金職人
製紙職人
製本職人
薬剤師
ゲームデザイナー
人形師
採石工


[No.2721] [固定リンク][非] Re: 加工系基本職業案はこちらへ 投稿者:城 華一郎  投稿日:2017/07/29(Sat) 09:54:12

石工
製粉屋
馬具職人
鋳物工
発破技士
義肢装具士


[No.2733] [固定リンク][非] 整備士、名整備士、チューニングマスター 投稿者:久珂あゆみ@FEG  投稿日:2017/07/29(Sat) 18:51:52

整備士
名整備士
チューニングマスター

かぶっていたらすみません。


[No.2734] [固定リンク][非] Re: 加工系基本職業案はこちらへ 投稿者:蘭堂 風光@ナニワアームズ商藩国  投稿日:2017/07/29(Sat) 19:26:52

生産工場員、工場長
#民間工場で働いている人のイメージです。


[No.2743] [固定リンク][非] 中・低物理域職業(鋳掛屋、指物師) 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2017/08/01(Tue) 16:35:14

日本にも昔は結構いたよな、とふと思い出したので。

鋳掛屋
https://t.co/jvnVtczBFC

指物師
https://t.co/YEUDhUu6jG


[No.2676] [固定リンク][非] 流通・サービス業系職業案はこちらへ 投稿者:マリモ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/27(Thu) 23:58:28

流通・サービス業系:倉庫作業員、ショップ店員、映画監督、医師、保育士など


[No.2687] [固定リンク][非] 医師、看護師、教師、保育士、料理人、給仕、使用人、庭師、大道芸人、銀行業者、保険業者、運転手、御者、郵便業者、宿泊業者 投稿者:YOT@ゴロネコ藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 02:03:01

医師、看護師、教師、保育士、給仕、使用人、大道芸人、芸術家(画家、彫刻家)、音楽家(歌手)、踊り子、銀行業者、保険業者、運転手、御者、郵便業者、運送業者、宿泊業者、商人(卸売商人、小売商人)、調教師、作家

カッコ内は名前で迷った物や分けるべきか迷った物です。


[No.2688] [固定リンク][非] 事務系職種(一般の事務員、から各種分野での事務員) 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2017/07/28(Fri) 02:06:46

おつかれさまです。とりまとめありがとうございます!

事務系職種が欲しいです。あゆみさんと被っててすみません><

大部品化できる(一般の)事務員、をベースに、工場とか教育とかの各分野の現場で使える事務員、あと経理とか債務会計の特化型があるといいかなと思います。

バリエーション例:工場事務員、学校事務員、庶務、経理、財務会計、など


[No.2689] [固定リンク][非] ごみ処理業者、し尿処理業者、葬儀屋 投稿者:久堂尋軌@世界忍者国  投稿日:2017/07/28(Fri) 02:12:18

ごみ処理業者、し尿処理業者、葬儀屋

一応、案として提出させていただきます。


[No.2693] [固定リンク][非] 娯楽系 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/28(Fri) 10:25:35

ライター
イラストレーター
漫画家
編集者
新聞記者
役者


[No.2711] [固定リンク][非] Re: 娯楽系 投稿者:オグナ・N・ヒムカイ@ナニワ  投稿日:2017/07/28(Fri) 21:51:39

合わせるなら
スポーツ選手(野球・サッカー・バスケ・格闘技)
芸能人(物まね・落語・弁士・講釈師・能)

等いかがでしょうか


[No.2695] [固定リンク][非] アカデミック系 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/28(Fri) 10:36:03

学者
研究員
大学教授
講師


[No.2698] [固定リンク][非] 商品企画開発管理者 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル@ナニワアームズ商藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 10:45:26

商品企画開発管理者


お疲れさまです。よろしくお願いします。


[No.2701] [固定リンク][非] Re: 流通・サービス業系職業案はこちらへ 投稿者:GENZ  投稿日:2017/07/28(Fri) 13:11:59

投資家
貿易商、卸売商、小売商
広告業者

イラストレーター 、アニメーター、脚本家、演出家、作家、音楽家、作曲家
スポーツ選手、審判
放送作家、アナウンサー
コック
美容師
セックスワーカー

介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士
栄養士
調教師
占い師


[No.2706] [固定リンク][非] 料理系 投稿者:霧賀火澄@FEG  投稿日:2017/07/28(Fri) 20:02:25

パン職人、乳製品製造工、管理栄養士、パティシエ、調理師


[No.2709] [固定リンク][非] 金融系(銀行員、証券マン、保険営業員など) 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2017/07/28(Fri) 20:17:45

通貨と為替、先物市場のために、銀行員と証券マンは欲しいかな、と。
テックレベル低いなら、金貸し、商人(銀座)になるのかも。


銀行員
証券マン
保険営業員
会計士
税理士
中小企業診断士
経営コンサルタント
アナリスト
ファイナンシャル・プランナー


[No.2712] [固定リンク][非] Re: 流通・サービス業系職業案はこちらへ 投稿者:阪明日見@akiharu国  投稿日:2017/07/28(Fri) 22:09:15

芸人(お笑い?)
カメラマン・写真家

科学者
化学者

植木屋・庭師・園芸士 系統

運送屋
郵便屋

宿屋


[No.2715] [固定リンク][非] Re: 流通・サービス業系職業案はこちらへ 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 22:49:53

宗教家(神官、僧侶、僧兵、巫覡)
サーカス団員
道化師
役者
バーテンダー(酒場のマスター)
酒屋
花屋
動物商
旅商人
清掃員
ジャーナリスト(報道員、新聞記者、アナウンサー、ニュースキャスター、ライター)
スポーツ選手(野球選手、サッカー選手、剣闘士)
不動産屋
産婆
助産師
呪い師
山師
作詞家(吟遊詩人、詩人)
調律士(楽器屋)
カメラマン
鑑定士
学芸員
司書
パイロット
船長
船員
バス運転手
辻馬車
観光案内人
厩番
飼育員
マジシャン(手品師)
警備員
倉庫番
墓守
プログラマー
エンジニア
通訳(翻訳家、手話通訳)
理容師
按摩師
整体師
秘書
紙芝居屋
保育士
人事
栄養士
両替商
設計士
訪問販売員
下水処理業者
鉄道員
駅員
冒険家
代筆家


[No.2719] [固定リンク][非] Re: 流通・サービス業系職業案はこちらへ 投稿者:城 華一郎  投稿日:2017/07/29(Sat) 09:53:37

洗濯屋
魚売り
乳母
ナニー
水売り
伯楽(※馬の育成者)
行商人
飛脚
森番(※林業従事者とは異なる、監視員)
渡し守
泣き女
床屋
代書人
道路管理官
公証人
煙突掃除人
どぶさらい(※広大な下水空間のゴミ拾い)
読売
社会労務士
弁理士
速記士
臭気判定士
建設コンサルタント
宅地建物取引士
環境コンサルタント
キャリアコンサルタント
職業訓練指導員
俳優
作業療法士
救急救命士
キャビンアテンダント
グランドスタッフ
観光ガイド
エステティシャン
風呂屋
精神科医
ひよこ鑑定士
クリーニング屋
無線通信士
ブライダルコーディネーター
納棺師
便利屋


[No.2724] [固定リンク][非] Re: 流通・サービス業系職業案はこちらへ 投稿者:比野青狸@キノウツン藩国  投稿日:2017/07/29(Sat) 12:14:11

アイドル、芸人、駅員、駅長、観光ガイド、隊商、露天商、交易商、店員、店長、バーテンダー、仲買人、家政婦、メード、警備員、用心棒、ガードマン、運転代行


[No.2730] [固定リンク][非] 宅地建物取引士 投稿者:なかだい  投稿日:2017/07/29(Sat) 16:15:03

大部品: 宅地建物取引士 RD:4 評価値:3
-部品: 宅地建物取引士の資格
-部品: 不動産業法の知識
-部品: 民法の知識
-部品: 法令の制限に関する知識


部品: 宅地建物取引士の資格
土地、建物の商取引において売主と買主の間に立つ仲介者として、取引を安全に行うために必要な法令知識、商慣習を身に着けたものに与えられる資格。年1回の試験に合格すると資格取得できる。

部品: 不動産業法の知識
国が定めた不動産業法についての知識。報酬規程や、広告内容の制限、約定書類の内容まで多岐にわたる。本資格の根本をなす知識。

部品: 民法の知識
商取引において、トラブルが発生した場合の解決法として民法に定められた条文、判例でもって対応するべく、民法知識についても修学することが求められる。

部品: 法令の制限に関する知識
国の開発の方針によって、どのエリアに何の建物が建てられるかが決まっている場合が多い。その内容を一般消費者に伝えて、取引に思い違いが発生しないようにこの知識も求められる。




[
{ "title": "宅地建物取引士",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "宅地建物取引士の資格",
"description": "土地、建物の商取引において売主と買主の間に立つ仲介者として、取引を安全に行うために必要な法令知識、商慣習を身に着けたものに与えられる資格。年1回の試験に合格すると資格取得できる。",
"type": "parts"},


{ "title": "不動産業法の知識",
"description": "国が定めた不動産業法についての知識。報酬規程や、広告内容の制限、約定書類の内容まで多岐にわたる。本資格の根本をなす知識。",
"type": "parts"},


{ "title": "民法の知識",
"description": "商取引において、トラブルが発生した場合の解決法として民法に定められた条文、判例でもって対応するべく、民法知識についても修学することが求められる。",
"type": "parts"},


{ "title": "法令の制限に関する知識",
"description": "国の開発の方針によって、どのエリアに何の建物が建てられるかが決まっている場合が多い。その内容を一般消費者に伝えて、取引に思い違いが発生しないようにこの知識も求められる。",
"type": "parts"}],


"expanded": true}]


[No.2731] [固定リンク][非] Re: 流通・サービス業系職業案はこちらへ 投稿者:刻生・F・悠也  投稿日:2017/07/29(Sat) 17:28:46

以下を提案致します。


落語家、講談師、花火師、テキ屋、駄菓子屋


[No.2735] [固定リンク][非] Re: 流通・サービス業系職業案はこちらへ 投稿者:蘭堂 風光@ナニワアームズ商藩国  投稿日:2017/07/29(Sat) 19:27:30

弁当屋さん
管理栄養士
行商人
語り部
教師
アイドル
歌手
警備員
インフラ整備員


[No.2741] [固定リンク][非] 流通・サービス【演劇系娯楽】 投稿者:びにこん  投稿日:2017/07/31(Mon) 00:13:51

役者

演出家
脚本家

舞台美術
広告デザイナー

照明
音響

大道具
舞台衣装

制作

演出助手


[No.2745] [固定リンク][非] Re: 流通・サービス業系職業案はこちらへ 投稿者:田中申@akiharu国  投稿日:2017/08/01(Tue) 23:25:50

教誨師
篤志面接委員
心理カウンセラー(公認心理師・臨床心理士など)
ファシリテーター


[No.2677] [固定リンク][非] 軍事・戦闘系職業案はこちらへ 投稿者:マリモ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/27(Thu) 23:58:54

軍事・戦闘系:歩兵、指揮官、参謀、パイロットなど


[No.2690] [固定リンク][非] 指揮官、歩兵、パイロット、砲兵、衛生兵、伝令兵、輜重兵、工兵、忍者、理力使い、弓兵、剣士、騎士 投稿者:YOT@ゴロネコ藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 02:21:30

指揮官、歩兵、パイロット、砲兵、衛生兵、伝令兵、輜重兵、工兵、忍者、理力使い、弓兵、剣士、騎士


[No.2700] [固定リンク][非] Re: 軍事・戦闘系職業案はこちらへ 投稿者:GENZ  投稿日:2017/07/28(Fri) 12:57:54

偵察兵、憲兵、戦車兵、軍楽隊、格闘家


[No.2718] [固定リンク][非] Re: 軍事・戦闘系職業案はこちらへ 投稿者:藤原@無名騎士  投稿日:2017/07/29(Sat) 03:15:41

通信兵、暗号兵


[No.2725] [固定リンク][非] Re: 軍事・戦闘系職業案はこちらへ 投稿者:比野青狸@キノウツン藩国  投稿日:2017/07/29(Sat) 12:26:05

整備兵、化学防護兵、儀仗兵、近衛兵、広報、防衛技官、技術開発官、防衛調達官、駐在武官


[No.2736] [固定リンク][非] Re: 軍事・戦闘系職業案はこちらへ 投稿者:蘭堂 風光@ナニワアームズ商藩国  投稿日:2017/07/29(Sat) 19:37:40

コパイロット、小隊長、軍曹、護衛官、機動隊、治安維持部隊員


[No.2737] [固定リンク][非] Re: 軍事・戦闘系職業案はこちらへ 投稿者:JINK-C  投稿日:2017/07/29(Sat) 21:02:07

名パイロット、ホープ(パイロット上位職)
すみません、もしかしたら取り下げてもらうかもです。


[No.2678] [固定リンク][非] 身分証明系基本職業案はこちらへ 投稿者:マリモ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 00:06:18

身分証明系:無職、未就学児、学生など


[No.2694] [固定リンク][非] 学生系 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/28(Fri) 10:31:46

未就学児童
小学生
学生(職業アイドレス的にはおそらく中学・高校生になる)
大学生
専門学校生


[No.2699] [固定リンク][非] 修正1(07/28) 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 11:42:01

取りまとめお疲れ様です。
()内は細分化や職業名の言い換えなどです。

無職(フリーター、ニート)
未就学児(幼稚園児、保育園児)
学生(小学生、中学生、高校生、大学生、専門学校生、浪人)
主婦・主夫
家事手伝い
隠居(年金生活者)
路上生活者(物乞い)


[No.2703] [固定リンク][非] 子供 投稿者:久珂あゆみ@FEG  投稿日:2017/07/28(Fri) 13:53:24

久珂こよみちゃんのみなしで
「子供」というのがありました


[No.2748] [固定リンク][非] Re: 身分証明系基本職業案はこちらへ 投稿者:田中申@akiharu国  投稿日:2017/08/03(Thu) 21:24:27

在監者(受刑者・未決拘禁者)
被告人
被災者
難民
孤児
ホームレス


[No.2679] [固定リンク][非] 特別職業系基本職業案はこちらへ 投稿者:マリモ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 00:07:37

特別職業系:藩王、摂政、王猫、王犬など。


[No.2680] [固定リンク][非] その他の基本職業案はこちらへ 投稿者:マリモ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 00:08:03

その他:上記にあてはまらない、判別がつかない場合はこちらへ。


[No.2684] [固定リンク][非] 書記 秘書 会計士 一般事務 司法書士 法務 営業マン 会社員 営業事務 税理士 投稿者:久珂あゆみ@FEG  投稿日:2017/07/28(Fri) 01:56:09

書記
秘書
会計士
一般事務
司法書士
法務
営業マン
会社員
営業事務
税理士


[No.2702] [固定リンク][非] Re: その他の基本職業案はこちらへ 投稿者:GENZ  投稿日:2017/07/28(Fri) 13:12:51

運転手
船員(艦長、航海士、機関員、通信士)

管理職(企業)
共和国公務員(国家公務員)
藩国公務員(地方公務員)
首長(村長・町長・区長・市長)
議員

施設管理者


[No.2713] [固定リンク][非] Re: その他の基本職業案はこちらへ 投稿者:オグナ・N・ヒムカイ@ナニワ  投稿日:2017/07/28(Fri) 22:14:52

藩王事務局員、行政書士、商工会議所員


[No.2717] [固定リンク][非] ダウザー 投稿者:久堂尋軌@世界忍者国  投稿日:2017/07/29(Sat) 02:59:58

ダウザー(ダウジングをする人)

水源確保のために必要かなと書き込みました


[No.2723] [固定リンク][非] Re: その他の基本職業案はこちらへ 投稿者:城 華一郎  投稿日:2017/07/29(Sat) 09:54:20

放浪者(※ジプシーのように職能を持ちながら定住しない民の枠組み)
灯台守
死刑執行人


[No.2732] [固定リンク][非] Re: その他の基本職業案はこちらへ 投稿者:刻生・F・悠也  投稿日:2017/07/29(Sat) 17:30:32

以下を提案致します。

民俗学者、歴史家、詩人、祈祷師、お坊さん


[No.2714] [固定リンク][非] ・公共・出仕系基本職業案はこちらへ 投稿者:マリモ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 22:17:58

例:警官、消防士、政庁職員、吏族、護民官、法の司など

#枝を切るのが遅れて申し訳ありませんでした。


[No.2716] [固定リンク][非] Re: ・公共・出仕系基本職業案はこちらへ 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/07/28(Fri) 22:51:46

警察官
消防士
政庁職員
吏族
護民官
法の司
裁判官
弁護士
検察官
外交官
大使
麻薬取締官
入国管理官
造幣局員
レスキュー隊


[No.2722] [固定リンク][非] Re: ・公共・出仕系基本職業案はこちらへ 投稿者:城 華一郎  投稿日:2017/07/29(Sat) 09:54:15

刑務官
ごみ収集作業員


[No.2744] [固定リンク][非] Re: ・公共・出仕系基本職業案はこちらへ 投稿者:田中申@akiharu国  投稿日:2017/08/01(Tue) 23:19:47

労働基準監督官
漁業監督官
鉱務監督官
船員労務官
保護観察官
保護司
法務教官
監察官
衛視
看守


[No.2682] [固定リンク][非] 職業のカテゴリー分けについての説明 投稿者:雅戌  投稿日:2017/07/28(Fri) 01:25:56


〇職業分類
・生産系:
いわゆる第一次産業。加工される前の材料・原料を生産するお仕事。
例:農民、炭鉱夫、猟師など

・加工系:
第二次産業。材料・原料を加工して違う性質を付与したり、扱いやすいものに改変するお仕事。加工物を更に加工するお仕事も含む。
例:建築家、料理人、整備士など

・流通・サービス業系:
物資をある場所から別の場所へ、必要とされる場所へと輸送するお仕事や、直接物資を取り扱わない(サービスを売る)お仕事など。いわゆる第三次産業。
例:事務員、倉庫作業員、ショップ店員、映画監督、医師、家庭教師、保育士など。

・公共・出仕系:
政府が国に対して提供するサービスや保障、その他出仕作業(設定的には関連する役所で働く)関係のお仕事。公務員と考えるとわかりやすいはず。
例:警官、消防士、政庁職員、吏族、護民官、法の司など

・軍事・戦闘系:
設定国民による設定上の軍隊に関連する職業。PCによる藩国部隊に倣って設定国民が編成した軍隊の所属人員であったり、PC部隊を含めた部隊の運営を手助けしてくれるお仕事など。
例:歩兵、指揮官、参謀、パイロットなど

・身分証明系:
公的に職業(働いてお金をもらうための役割)を持っていない人が、その身分を保証されるための職業カテゴリ。設定の空白を埋めるための項目です。
例:無職、未就学児、学生など

・特別職業系:
ここに限り、設定国民が着用するものではなく、各藩国の特別な人物・特別な犬猫だけが着用できる職業も募集します。厳密には100枠には含まれませんが、職業として作成する必要がある(共通して使う)ためこの枠に入りました。
例:藩王、摂政、王猫、王犬

・その他:
上記のカテゴリ分けに当てはまらないと感じるもの、どこに入れたらいいかわからないものはこちらへどうぞ。
なお、面白い職業を考えるための設問ではありませんので、そこはあらかじめご理解ください。


[No.2853] [固定リンク][非] 質疑作成場所 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/18(Fri) 02:09:44

芝村さんに質疑を行う際に一時投稿場所として使います。


[No.2854] [固定リンク][非] 職業作成における大部品流用について 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/18(Fri) 02:10:13

共和国では共通職業を作成する際、流用可能な大部品(作業者能力を用途ごとに抽象化したもの)に
その職業の概要や固有の能力を部品として追加することで部品の作成数を抑えて職業を複数作成する、という手法をとっているのですが、
同じ部品を流用している職業が多い事で設定国民の方々の挙動がおかしくなる、といった事はあるでしょうか?

具体的には、
農業従事者:http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=2754
見習い大工:http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=2763
のどちらにも、『新米作業者に求められる能力』という大部品が流用され、そのRDのうち多くを占めています。
※以前こちらの設計思想を見て頂いた際は問題ないとのことだったのですが、流用の仕方等におかしいところがありましたらご指摘お願いします。


[No.3039] [固定リンク][非] 威信点に関する質問と相談 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/21(Mon) 10:16:47

おはようございます。いつもありがとうございます。
共通職業作成設問における威信点の扱いについて質問させてください。
https://www35.atwiki.jp/kurogirihankoku/pages/568.html
以前相談に乗って頂いた際にお話した通り、共和国では共通職業の多くを大部品の流用によって作成しています。

Q:この際、大部品の流用実績に対する威信点の計算方法は以下のどれに当てはまるでしょうか?

1.作成した部品数で計上する(流用実績は含まず、大部品の作成部品数+職業毎の固有部品作成数)
2.流用実績を使用した回数分計上する(大部品の作成部品数×流用回数+職業毎の固有部品作成数)
3.その他


本来のルールや帝國側から出されていた質疑への回答から考えると2になるかと思うのですが、なぜこういった確認をさせて頂く事になったかを以下にご説明します。

共和国側の本設問への作業の場合、1職業あたりの固有部品点数は多くなく、代わりに大部品の流用回数が非常に多いです。
労力を抑えるための方策でしたが、通常の威信点ルールに則る場合、流用元大部品の作成者に多くの威信点が入りすぎてしまうように思います。
(例えば、『労働者の資質(RD3)』は90以上の職業が流用しているため、これだけで270の威信点になります。全部合計すると1000は届くと予想されます)

今回、共通職業の作成にあたって、人員不足の観点から個人作成の職業受け入れを原則行っておらず、
(芝村さん作、および出仕職業が例外です)スタッフとして参加して下さった方のみで主に回した関係で、
雅戌と、その仕事を手伝う形で参加して下さった方々スタッフの所属藩国である玄霧藩国に対し、威信点の偏りがあまりに大きすぎるのではないかと懸念しています。

元々、威信点の配分を考慮した作成計画ではなかったこともあり、
作業者の方の尽力に報いたい気持ちと、たまたま稼ぎやすいやり方がはまって偏ってしまったことへの懸念の両方が強くあります。
この件に関しまして、どう考えたらよいのかを含め、ご意見頂けますと幸いです。
よろしくお願いいたします。


[No.3040] [固定リンク][非] 威信点の処理に関する相談ログ 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/22(Tue) 00:28:25

共通職業作成の際に発生する威信点の大幅増加と偏りについての相談を行ってまいりました。
結論だけまとめると、

流用元大部品の作成名義者は藩王会議にして、共和国のPLがこれを流用する限りにおいて威信点が発生しないようにしました。
なので今回の作業では、職業ごとの固有部品数の作成数に応じた威信点が作業者にそれぞれ入ります。
ただ、玄霧藩国には別途、作業取りまとめ報酬としての威信点を100頂く(影響の小さいように)ことで補填としてます。

ただし、今回の相談内容では、流用元大部品の作成に参加して下さった方(よっきーさんや和錆さんなど)に対して威信点が出せないため、
そちらについては別途(他の方と同じく、作成部品点数に応じた)威信点がお配りできるよう許可を頂いてくる予定です。

/*/

[2017/08/21 22:51:47] 雅成 階川: お疲れ様です。お世話になっております。
共和国の共通職業作成の際に発生した設定面の問題への対策として、お話をさせて頂きたいと思い参りました。
お忙しいところ申し訳ありません、お時間を頂きたく存じます。よろしくお願いします。

[2017/08/21 22:52:42] 芝村: はい

[2017/08/21 22:53:00] 雅成 階川: ありがとうございます。

[2017/08/21 22:54:33] 芝村: うん。

[2017/08/21 22:55:40] 雅成 階川: 共和国の共通職業のRDの大部分を玄霧藩国が独占している、という問題(設定的に玄霧藩国が国民生活の要所を握ってしまう)と、
威信点の稼げすぎ(流用システムの活用がかみ合い過ぎた)の2点が問題だと思います。
どちらも設問担当スタッフが集められなかった都合で、対処案として流用方式を考えた事と、手伝ってくれるのが国のPLの皆さんだったことが大きいのですが、
それによって問題を起こしたいわけではないですので、影響の制限や威信点の部分返上(または計算方式の変更)をお願いしたいと考える次第です。

[2017/08/21 22:57:31] 芝村: うん

[2017/08/21 22:59:44] 雅成 階川: まず、設定国民の皆さんの職業の要所を握ってしまっている問題につきましては、この作成者の名義を共和国藩王会議にしていただいたり、あるいは名義保有権を誰も持てなくする、といった対処が考えられるのですが、このような対処と言うのは可能なのでしょうか?

[2017/08/21 23:01:33] 芝村: できるよ。

[2017/08/21 23:03:29] 雅成 階川: ありがとうございます。でしたら、より国民の皆さんの生活にとってよい方を選びたいです。
妥当なやり方ですと、本件は共和国藩王会議が担当する仕事であったため、流用元である大部品の保有権は共和国藩王会議にある(合議で承認を得られないとその権利を主張できない)となるかと思います。こちらのやり方で良さそうでしょうか。

[2017/08/21 23:04:17] 芝村: はい。まあ、威信点を分けてもいいけどね。
[2017/08/21 23:04:22] 芝村: 管理が大変だけど

[2017/08/21 23:04:27] 雅成 階川: なるほど。

[2017/08/21 23:05:05] 芝村: まあ、どちらでもいいよ

[2017/08/21 23:06:31] 雅成 階川: 流用元大部品作成者が藩王会議名義になる場合、共和国所属者がこれを流用しても(同一組織所属のため)威信点獲得の対象外になるかと思います。

[2017/08/21 23:06:46] 芝村: はい

[2017/08/21 23:07:34] 雅成 階川: そうなると、後は職業ごとに固有の部品を作ってくださった数だけの威信点が、わずかですが各作業者に入る形になります。この形で進めさせていただきつつ、
共和国の取りまとめ担当を行った扱いとして、玄霧藩国に影響の少ない範囲で別途威信点を頂く、と言う形はいかがでしょうか?

[2017/08/21 23:08:14] 芝村: いいですよ

[2017/08/21 23:08:51] 雅成 階川: ありがとうございます。でしたらそれが穏当かと思いますので、そのように進めさせてください。
威信点は何点頂くのが良いでしょうか?

[2017/08/21 23:09:23] 芝村: 100くらいかな

[2017/08/21 23:10:47] 雅成 階川: 承知しました。では、そのようにお話をさせて頂いた旨を形として残して、威信点の扱いとして公表させて頂こうと思います。
取りまとめ作業そのものに報酬が出る、と言う形であれば国の皆さんにも報いられますので、助かります。ありがとうございます。

[2017/08/21 23:11:20] 芝村: はい

[2017/08/21 23:11:57] 雅成 階川: ご対応ありがとうございました。本件について相談させていただきたい内容は以上となります。
[2017/08/21 23:12:12] 雅成 階川: 次はシステムと設定に沿う形でのやり方を模索していきたいと思います。

[2017/08/21 23:12:43] 芝村: はい


[No.3041] [固定リンク][非] 共和国共通職業の作成時に発生する威信点の処理の追加質問 投稿者:雅戌  投稿日:2017/08/24(Thu) 19:44:46

大変お世話になっております。
共和国側の共通職業作成につきまして、先日の相談で決めさせていただいた威信点の計算方法は、

・各職業に流用するための大部品の作成者は『共和国藩王会議』の名義とし、共和国民が使う限りにおいて威信点が発生しないようにした。
・その上で、大部品のうちほとんどを作成している玄霧藩国については、藩王会議が作成する公共の作業に大きく貢献したものとして、威信点100を与えるものとした。
・各職業の固有部品の作成者に対しては、固有部品の作成点数(RD数)に応じた数の威信点が通常通り配られる。

ご対応本当にありがとうございました。
こちらの計算方法につきまして、数点の補足事項を確認させていただきたいと思います。よろしくお願いします。

------------------------

Q1:
玄霧藩国以外の方に、数件ほど、大部品の作成作業に参加して頂いております。
合計6件ほどで、RD合計は30前後です。
大部品の作成者の名義は一律で共和国藩王会議に変更する(流用による荒稼ぎ防止の意味です)ことは変わらないのですが、
こちらの作業に参加して頂いた方についても、大部品の作成部品数(RD数)に応じた威信点をお配りしてよろしいでしょうか?


Q2:
今回作成された職業群についてですが、これらの職業の作成者の名義も、共和国藩王会議として問題ありませんでしょうか?
(その場合も、作業に参加して下さった方には、作成部品点数に応じた威信点をそのままお配りする想定です)

Q3:
Q2にも関連しますが、この共通職業につきましては、共和国のどの国の設定国民の方も能力や就労環境の条件満たせば使える、というものであると想定しています。
基本的に、共和国各国および共和国所属の騎士領地や会社などで流用された場合、威信点が発生しないものと考えておりますが、認識違いや問題の発生などはありそうでしょうか?

Q4:
本件全般につきまして、威信点の処理決定方針が『なるべく影響の小さいように』となっていると自分で思います。
こういった考え方よりも、もう少し(爆発しない境目を探しながら)アグレッシブに各国が威信点を稼げるよう取り計らうべきだったでしょうか?
今回の方針については時間の都合で変更できないと思いますが、今後似た事例があった場合の参考として、どうかご教示くださいませ。

以上となります。どうぞよろしくお願いいたします。