一括表示

[No.2658] [固定リンク][非] 設問197対策ツリー 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/26(Wed) 00:15:47

設問197 共和国は破滅的な大災害からまだ立ち直れていない。どう立ち直る?

に対する対策ツリーです


[No.2659] [固定リンク][非] プランその1:共和国環状線を復元しよう 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/26(Wed) 00:38:37

共和国復興の一環として、環状線を作るための枝です


[No.2660] [固定リンク][非] 各国駅ビル投下用枝(8/18〆切) 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/26(Wed) 00:44:09

共和国環状線の大部品として、各国駅ビルをここに投下お願いいたします。
評価は最低6(部品数12)を目安でお願いします。(これより大きくなる分にはかまいません)
環状線の全体としての機能は別に作るので、
駅ビルは各国特色部品で構成していただけると助かります。
(基本的にA世界側駅ビルの再現でかまいません。)
かつて起こった問題(地下問題など)はあらかじめ対策していただけるようお願いします。

○注意点
・環状線の通常列車(客車・貨物車など)
・環状線全線共通の職業(駅員や鉄道整備員など)
は既に環状線基礎部品の方に含みますので、駅ビルには含まないでください

一方で、売店やその売り子さん(職業)については
各国の特色が出るところだと思いますので、駅ビルに含んでしまってかまいません。


○提出形式

タイトルは
国番号:国名

記事内には各国で作成した駅ビルアイドレスのURLをお願いします。
(駅ビルデータ自体は各藩国サイトに置くことを想定しています)

で、各国1つお願いいたします。
しめきり:8月18日20時


[No.2752] [固定リンク][非] 02:akiharu国 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/08/06(Sun) 21:30:01

http://nisedenpa.a.la9.jp/cgi/idwiki/wiki.cgi?p=system4railstation

例というわけではありませんが、評価6で組むとこんな感じになります


[No.2814] [固定リンク][非] 11:玄霧藩国 投稿者:佐藤ぶそあ@玄霧藩国  投稿日:2017/08/15(Tue) 11:33:42

こんにちは。藩王多忙のため代理で投下いたします。
よろしくお願いします。

・wikiのURL
https://www65.atwiki.jp/kurogiri_all/pages/88.html


・提出書式

大部品: 駅ビル(玄霧藩国) RD:16 評価値:6
-大部品: 玄霧藩国 大神殿駅 RD:16 評価値:6
--部品: 大神殿前という立地
--部品: 大樹の駅舎
--部品: 出入国管理
--部品: 管理公社
--部品: 理力シールド(駅のホーム)
--部品: 理力掲示板
--部品: 売店や飲食店
--大部品: 玄霧藩国駅の貨物口 RD:8 評価値:5
---大部品: 玄霧藩国駅のコンテナターミナル RD:6 評価値:4
----部品: トランスファークレーン
----部品: フォークリフト
----部品: ガントリークレーン
----部品: リーチスタッカー
----部品: コンテナヤード
----部品: 積荷検査
---部品: 貨物口の立地
---部品: 無名騎士藩国の技術協力
--部品: 自由市場や記念公園へのアクセス


部品: 大神殿前という立地
駅は玄霧藩国内、大神殿の目の前に設置されている。
過去に環状線の駅を作った際は、共和国環状線の駅という玄霧藩国の新たなる顔となるべきその施設を設置するにあたり、その前に起きた共和国動乱の苦い記憶を忘れず、過ちを繰り返さないという決意により、共和国動乱の中で人々の過ちから失われた命を全て受け入れ救った、大神殿の前が選ばれた。
この時の決意を今も忘れてはおらず、再建する際も、駅の設置場所は大神殿前のまま、場所は変わらずにいる。
これに合わせて、大神殿も再建される予定である。

部品: 大樹の駅舎
玄霧藩国の駅は、駅舎の上を大樹が根を張っており、木と一体化した作りをしている。
この駅舎を一目見れば、たとえ玄霧藩国のことを知らない人であっても、森とともに生きるという藩国のスタンスは伝わることだろう。

部品: 出入国管理
警戒は厳重でもあるが、緊急時でもなければ物々しい雰囲気などはない。
本人認証と手荷物検査さえ受けられれば、後は基本的に自由である。
勿論、有事には精鋭部隊が迅速に駆けつけられるようにもなっている。

部品: 管理公社
駅の持つ重要性を鑑み、駅で働く人々の環境を整え、統括して管理する公的企業。
運営方針に国が大きく関与している事については、『親方玄霧』などと揶揄される部分もあったが、優れたスタッフと明確なスタンスによって、管理は概ね上手く行っている。

部品: 理力シールド(駅のホーム)
駅のホームと線路との間には、列車停泊時の乗降口部分を除いて理力使いによるシールドで障壁が張られており、事故防止に貢献している。
事故も自殺も無し、というのが、藩国及び管理公社のポリシーである。
なお、理力に機械は使えないため、理力使いの職員による交代制で張り巡らされている。

部品: 理力掲示板
駅舎の前の空間では、ホログラフィーのような実態のない画面が中空に浮かんでいる。
これは、理力を使用した掲示板であり、ここに列車の発着予定や連絡事項、あるいは宣伝等が表示されている。
ちなみに人力で表示しているため、このために理力使いがシフト勤務で働いている。

部品: 売店や飲食店
駅を利用する人のために用意された店舗の数々。
にゃんにゃん共和国全域で販売されているような一般的な商品に並び、ナッツクッキーやお酒、うどんなど、玄霧藩国の特産品が数多く並ぶ。

部品: トランスファークレーン
スプレッダというコンテナをつかんで持ち上げる装置を備えた、大きな門形の構造のクレーン。
コンテナを持ち上げると、門形構造の内側にコンテナを抱え込んだような状態になり、タイヤまたは専用のレールによってコンテナを抱えたまま自走して移動できるようになっている。

部品: フォークリフト
車体前方にフォークと呼ばれるつめがついており、それを上げ下げすることで荷物を持ち運ぶ荷運び用の自動車。
フォークをコンテナ等の下やパレットの隙間に差し込んで持ち上げる。

部品: ガントリークレーン
主にコンテナ船などにコンテナを積み卸すための巨大な陸上クレーン。
クレーンはレール上を移動することができるようになっており、大きなコンテナであっても迅速に荷降ろしすることができる。

部品: リーチスタッカー
コンテナの移動運搬を行うための自動車の一つ。
ブームと呼ばれるクレーンのような構造を備えた車両であり、それによってコンテナを吊り上げた状態で運ぶことができる。
フォークリフトに比べ、視界が遮られないことや、障害物越しにコンテナを積み下ろしできることが強み。

部品: コンテナヤード
積み下ろしたコンテナを一時保管する広い空間。
船や鉄道、車両など輸送の結節点に用意されているため、それぞれの輸送手段において積み上げ、積み下ろしが簡単にできるよう配慮されている。

部品: 積荷検査
コンテナ輸送により、爆発物や違法薬物などの危険物、あるいは、犯罪者等の密航などが行われないよう、検査が行われている。

部品: 貨物口の立地
貨物口は一般利用者が事故に巻き込まれないよう、また景観への配慮もあり、一般客が利用する乗降口の反対側に用意されている。

部品: 無名騎士藩国の技術協力
玄霧藩国は自然とともに生きる、低物理域の技術を中心とした藩国である。
このため、高物理域にあたる機械系の技術はあまり発達していない。
今回の貨物口においては、そのあたりの技術力をカバーするため、無名騎士藩国の技術協力を得て、コンテナ輸送設備を導入した。

部品: 自由市場や記念公園へのアクセス
駅のすぐ近くには、国内外の人々が販売スペースを並べる自由市場や、大きな敷地を持つ大神殿記念公園があり、容易に立ち寄れる。


JSONデータ


[
{ "title": "駅ビル(玄霧藩国)",
"children":
[
{ "title": "玄霧藩国 大神殿駅",
"children":
[
{ "title": "大神殿前という立地",
"description": "駅は玄霧藩国内、大神殿の目の前に設置されている。\n過去に環状線の駅を作った際は、共和国環状線の駅という玄霧藩国の新たなる顔となるべきその施設を設置するにあたり、その前に起きた共和国動乱の苦い記憶を忘れず、過ちを繰り返さないという決意により、共和国動乱の中で人々の過ちから失われた命を全て受け入れ救った、大神殿の前が選ばれた。\nこの時の決意を今も忘れてはおらず、再建する際も、駅の設置場所は大神殿前のまま、場所は変わらずにいる。\nこれに合わせて、大神殿も再建される予定である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "大樹の駅舎",
"description": "玄霧藩国の駅は、駅舎の上を大樹が根を張っており、木と一体化した作りをしている。\nこの駅舎を一目見れば、たとえ玄霧藩国のことを知らない人であっても、森とともに生きるという藩国のスタンスは伝わることだろう。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "出入国管理",
"description": "警戒は厳重でもあるが、緊急時でもなければ物々しい雰囲気などはない。\n本人認証と手荷物検査さえ受けられれば、後は基本的に自由である。\n勿論、有事には精鋭部隊が迅速に駆けつけられるようにもなっている。 ",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "管理公社",
"description": "駅の持つ重要性を鑑み、駅で働く人々の環境を整え、統括して管理する公的企業。\n運営方針に国が大きく関与している事については、『親方玄霧』などと揶揄される部分もあったが、優れたスタッフと明確なスタンスによって、管理は概ね上手く行っている。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "理力シールド(駅のホーム)",
"description": "駅のホームと線路との間には、列車停泊時の乗降口部分を除いて理力使いによるシールドで障壁が張られており、事故防止に貢献している。\n事故も自殺も無し、というのが、藩国及び管理公社のポリシーである。 \nなお、理力に機械は使えないため、理力使いの職員による交代制で張り巡らされている。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "理力掲示板",
"description": "駅舎の前の空間では、ホログラフィーのような実態のない画面が中空に浮かんでいる。\nこれは、理力を使用した掲示板であり、ここに列車の発着予定や連絡事項、あるいは宣伝等が表示されている。\nちなみに人力で表示しているため、このために理力使いがシフト勤務で働いている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "売店や飲食店",
"description": "駅を利用する人のために用意された店舗の数々。\nにゃんにゃん共和国全域で販売されているような一般的な商品に並び、ナッツクッキーやお酒、うどんなど、玄霧藩国の特産品が数多く並ぶ。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "玄霧藩国駅の貨物口",
"children":
[
{ "title": "玄霧藩国駅のコンテナターミナル",
"children":
[
{ "title": "トランスファークレーン",
"description": "スプレッダというコンテナをつかんで持ち上げる装置を備えた、大きな門形の構造のクレーン。\nコンテナを持ち上げると、門形構造の内側にコンテナを抱え込んだような状態になり、タイヤまたは専用のレールによってコンテナを抱えたまま自走して移動できるようになっている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "フォークリフト",
"description": "車体前方にフォークと呼ばれるつめがついており、それを上げ下げすることで荷物を持ち運ぶ荷運び用の自動車。\nフォークをコンテナ等の下やパレットの隙間に差し込んで持ち上げる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "ガントリークレーン",
"description": "主にコンテナ船などにコンテナを積み卸すための巨大な陸上クレーン。\nクレーンはレール上を移動することができるようになっており、大きなコンテナであっても迅速に荷降ろしすることができる。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "リーチスタッカー",
"description": "コンテナの移動運搬を行うための自動車の一つ。\nブームと呼ばれるクレーンのような構造を備えた車両であり、それによってコンテナを吊り上げた状態で運ぶことができる。\nフォークリフトに比べ、視界が遮られないことや、障害物越しにコンテナを積み下ろしできることが強み。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "コンテナヤード",
"description": "積み下ろしたコンテナを一時保管する広い空間。\n船や鉄道、車両など輸送の結節点に用意されているため、それぞれの輸送手段において積み上げ、積み下ろしが簡単にできるよう配慮されている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "積荷検査",
"description": "コンテナ輸送により、爆発物や違法薬物などの危険物、あるいは、犯罪者等の密航などが行われないよう、検査が行われている。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "貨物口の立地",
"description": "貨物口は一般利用者が事故に巻き込まれないよう、また景観への配慮もあり、一般客が利用する乗降口の反対側に用意されている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "無名騎士藩国の技術協力",
"description": "玄霧藩国は自然とともに生きる、低物理域の技術を中心とした藩国である。\nこのため、高物理域にあたる機械系の技術はあまり発達していない。\n今回の貨物口においては、そのあたりの技術力をカバーするため、無名騎士藩国の技術協力を得て、コンテナ輸送設備を導入した。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "自由市場や記念公園へのアクセス",
"description": "駅のすぐ近くには、国内外の人々が販売スペースを並べる自由市場や、大きな敷地を持つ大神殿記念公園があり、容易に立ち寄れる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}]


[No.2815] [固定リンク][非] 06:レンジャー連邦 投稿者:城 華一郎@レンジャー連邦  投稿日:2017/08/15(Tue) 12:00:49

http://0ranger.webspace.ne.jp/bbs/0ranger_tree_p_12.html

どうぞよろしくお願いいたします。


[No.2819] [固定リンク][非] 35:ゴロネコ藩国 投稿者:YOT@ゴロネコ藩国  投稿日:2017/08/15(Tue) 20:36:32

お世話になっております。ゴロネコ藩国提出いたします。
遅れて申し訳ございません。

http://yot.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=11553337#19080288



大部品: 共和国環状線ゴロネコ藩国駅  RD:20 評価値:7
-部品: ゴロネコ駅について
-大部品: ゴロネコ駅舎 RD:6 評価値:4
--部品: 1Fゴロネコ駅待合室
--部品: ゴロネコ駅売店
--部品: 多目的ホール「gorone」
--部品: 喫茶「森の風」
--部品: 駅構内マジカルポリスの常駐
--部品: 2Fネコのあつまる場所
-大部品: 物産館「やっぱぁゴロネコ」 RD:6 評価値:4
--部品: 物産館「やっぱぁゴロネコ」の概要
--部品: 名物物産品「ハリコゴーレム」
--部品: 名物物産品「魔法ステッキ」
--部品: 名物物産品「アップルパイ」
--部品: 名物物産品「もけけ豚」
--部品: 食事処「ひじり庵」
-大部品: 馬車と牛車停泊所 RD:7 評価値:4
--部品: 馬車と牛車停泊所の概要
--部品: 牛車
--部品: 牛
--部品: 馬車
--部品: 馬
--部品: 牛と馬への敬意
--部品: 糞の処理


部品: ゴロネコ駅について
共和国環状線の駅のひとつ。駅舎は木造2階建てエントランスにあたる改札口は吹き抜けになっており開放感がある。
駅向かって右側には物産館をメインとした販売部門、左側には馬車牛車を停留所、多目的ホールがある。周辺には貨物を仕分けする集積所、旅館などがある。


部品: 1Fゴロネコ駅待合室
エントランス隣にある区切られたスペース。ベンチが並び駅に着いた人を迎えに来た人や、乗客が時間をつぶすために利用する。窓も扉もあるが、閉めっぱなしは暑いので基本開いている。


部品: ゴロネコ駅売店
飲み物やお菓子類、新聞などを販売している。特産品は物産館「やっぱぁゴロネコ」で売られているため、ここでは列車関連のお土産やおもちゃなどが売られている。


部品: 多目的ホール「gorone」
展示会や人が集まる会合、ワークショップなどが行えるスペース。またイベントが開催されていないときは、団体用の待合室としても利用される。名前の「goroene」の由来は藩王様が「ここだとみんなでごろ寝ができるね〜」という発言から。


部品: 喫茶「森の風」
国内で採れたお茶やコーヒーのほか、海外のお茶類も飲むことができる。窓際のカウンター席からはホームや駅エントランスを眺めることができる。


部品: 駅構内マジカルポリスの常駐
駅の改札口を出たところにマジカルポリスがあいさつ活動を行っており、探索の能力を使って不審者や不審物が国内に入らないように見張っている。列車の発着がない時間帯は駅構内も巡回している。


部品: 2Fネコのあつまる場所
なぜかネコが集まる一画が駅の2階に存在する。1階が広々として落ち着かないからっていうのが一般的な解釈だが、藩王様が建設時壁面の中にまたたびを仕込ませたとのうわさもある。


部品: 物産館「やっぱぁゴロネコ」の概要
国内で採れたくだものや野菜などの食材、加工食品を中心とする食料品と木工細工や魔法を付加したおもちゃなどが売られている。


部品: 名物物産品「ハリコゴーレム」
レオドールを模して木材で骨組みを作り、紙を張り合わされて作られている。魔力を宿した小さな石を動力に歩くことができる。一定時間歩くと魔力がなくなるため歩かなくなるが、頭の部分は魔力でなく動く仕組みなので頭をつつくとお辞儀するような動きをするためお土産として重宝される。


部品: 名物物産品「魔法ステッキ」
マジカルポリスが使うマジカルステッキを模した杖です振ると光の軌跡が残ります、ハートや星や魔法陣を描いたりできます。玩具の為攻撃能力は皆無です。


部品: 名物物産品「アップルパイ」
国内で採れるリンゴを使ったアップルパイ。基本売り場には1ホールで販売されている。食事処「ひじり庵」、喫茶「森の風」ではカットされたものを食すことができる。


部品: 名物物産品「もけけ豚」
国内に生息する野生種「もけけ豚」。鳴き声が「モケケ〜」と鳴くが肉は脂がのってておいしい。畜産は鳴き声のためかされておらず、森の中で「モケケ〜」との声をたよりに狩りを行うが、素人が行うと森の中で迷子になるため素直に買うのがお勧め。


部品: 食事処「ひじり庵」
もけけ豚料理をメインに販売されている国内の食材を使った料理を出してくれるスペース。中に階段があり、2階は大人数でも座れる座敷になっている。


部品: 馬車と牛車停泊所の概要
環状線の駅前にあり、環状線から国内に入った人と物資を牛車と馬車で国内各所に輸送するための施設である。


部品: 牛車
荷車と車を引く牛で構成される。主には人ではなく物資の輸送用に用いられる。荷車のサイズは様々で大きなものは複数の牛が引く事もある。

部品: 牛
成体では体重600kgから1000kgにもなる大型の四足動物。人に馴れ、穏やかな性質。持久力に優れていて力も強い。食事は青草や干し草を食べる。
ミルクは美味なため、母牛に十分な食事を与え子牛の分を満たした余りは人間用に利用される。


部品: 馬車
馬車本体と車を引く馬で構成される。主には人の輸送に用いられる。外国からの観光客、外交官や、小さな子供と親、老人、妊婦、怪我人、病人等に良く利用される。

部品: 馬
成体では体重400kgから1000kgにもなる大型の四足動物。人に馴れ、穏やかな性質。持久力に優れていて力も強い。食事は青草や干し草を食べる。
足が速く、背に人に乗せての伝令や騎兵として戦闘にも持ちられる。


部品: 牛と馬への敬意
過酷な労働を行ってくれる牛と馬へは敬意が払われ、出来うる限り快適な環境を与えるように努力が行われている。

部品: 糞の処理
牛と馬の糞は回収されて、郊外の処理場に運ばれた後、発酵処理をされて、肥料、あるいは燃料として利用される。







[{"children":

[{"children": [],
"description": "共和国環状線の駅のひとつ。駅舎は木造2階建てエントランスにあたる改札口は吹き抜けになっており開放感がある。\n駅向かって右側には物産館をメインとした販売部門、左側には馬車牛車を停留所、多目的ホールがある。周辺には貨物を仕分けする集積所、旅館などがある。\n",
"id": 2454,
"part_type": "part",
"title": "ゴロネコ駅について"},


{"children":

[{"children": [],
"description": "エントランス隣にある区切られたスペース。ベンチが並び駅に着いた人を迎えに来た人や、乗客が時間をつぶすために利用する。窓も扉もあるが、閉めっぱなしは暑いので基本開いている。\n",
"id": 2456,
"part_type": "part",
"title": "1Fゴロネコ駅待合室"},


{"children": [],
"description": "飲み物やお菓子類、新聞などを販売している。特産品は物産館「やっぱぁゴロネコ」で売られているため、ここでは列車関連のお土産やおもちゃなどが売られている。\n",
"id": 2457,
"part_type": "part",
"title": "ゴロネコ駅売店"},


{"children": [],
"description": "展示会や人が集まる会合、ワークショップなどが行えるスペース。またイベントが開催されていないときは、団体用の待合室としても利用される。名前の「goroene」の由来は藩王様が「ここだとみんなでごろ寝ができるね〜」という発言から。\n",
"id": 2458,
"part_type": "part",
"title": "多目的ホール「gorone」"},


{"children": [],
"description": "国内で採れたお茶やコーヒーのほか、海外のお茶類も飲むことができる。窓際のカウンター席からはホームや駅エントランスを眺めることができる。\n",
"id": 2459,
"part_type": "part",
"title": "喫茶「森の風」"},


{"children": [],
"description": "駅の改札口を出たところにマジカルポリスがあいさつ活動を行っており、探索の能力を使って不審者や不審物が国内に入らないように見張っている。列車の発着がない時間帯は駅構内も巡回している。\n",
"id": 2460,
"part_type": "part",
"title": "駅構内マジカルポリスの常駐"},


{"children": [],
"description": "なぜかネコが集まる一画が駅の2階に存在する。1階が広々として落ち着かないからっていうのが一般的な解釈だが、藩王様が建設時壁面の中にまたたびを仕込ませたとのうわさもある。\n",
"id": 2461,
"part_type": "part",
"title": "2Fネコのあつまる場所"}],


"description": null,
"id": 2455,
"part_type": "group",
"title": "ゴロネコ駅舎"},


{"children":

[{"children": [],
"description": "国内で採れたくだものや野菜などの食材、加工食品を中心とする食料品と木工細工や魔法を付加したおもちゃなどが売られている。\n",
"id": 2463,
"part_type": "part",
"title": "物産館「やっぱぁゴロネコ」の概要"},


{"children": [],
"description": "レオドールを模して木材で骨組みを作り、紙を張り合わされて作られている。魔力を宿した小さな石を動力に歩くことができる。一定時間歩くと魔力がなくなるため歩かなくなるが、頭の部分は魔力でなく動く仕組みなので頭をつつくとお辞儀するような動きをするためお土産として重宝される。\n",
"id": 2464,
"part_type": "part",
"title": "名物物産品「ハリコゴーレム」"},


{"children": [],
"description": "マジカルポリスが使うマジカルステッキを模した杖です振ると光の軌跡が残ります、ハートや星や魔法陣を描いたりできます。玩具の為攻撃能力は皆無です。\n",
"id": 2465,
"part_type": "part",
"title": "名物物産品「魔法ステッキ」"},


{"children": [],
"description": "国内で採れるリンゴを使ったアップルパイ。基本売り場には1ホールで販売されている。食事処「ひじり庵」、喫茶「森の風」ではカットされたものを食すことができる。\n",
"id": 2466,
"part_type": "part",
"title": "名物物産品「アップルパイ」"},


{"children": [],
"description": "国内に生息する野生種「もけけ豚」。鳴き声が「モケケ〜」と鳴くが肉は脂がのってておいしい。畜産は鳴き声のためかされておらず、森の中で「モケケ〜」との声をたよりに狩りを行うが、素人が行うと森の中で迷子になるため素直に買うのがお勧め。\n",
"id": 2467,
"part_type": "part",
"title": "名物物産品「もけけ豚」"},


{"children": [],
"description": "もけけ豚料理をメインに販売されている国内の食材を使った料理を出してくれるスペース。中に階段があり、2階は大人数でも座れる座敷になっている。\n",
"id": 2468,
"part_type": "part",
"title": "食事処「ひじり庵」"}],


"description": null,
"id": 2462,
"part_type": "group",
"title": "物産館「やっぱぁゴロネコ」"},


{"children":

[{"children": [],
"description": "環状線の駅前にあり、環状線から国内に入った人と物資を牛車と馬車で国内各所に輸送するための施設である。\n",
"id": 2470,
"part_type": "part",
"title": "馬車と牛車停泊所の概要"},


{"children": [],
"description": "荷車と車を引く牛で構成される。主には人ではなく物資の輸送用に用いられる。荷車のサイズは様々で大きなものは複数の牛が引く事もある。",
"id": 2471,
"part_type": "part",
"title": "牛車"},


{"children": [],
"description": "成体では体重600kgから1000kgにもなる大型の四足動物。人に馴れ、穏やかな性質。持久力に優れていて力も強い。食事は青草や干し草を食べる。\nミルクは美味なため、母牛に十分な食事を与え子牛の分を満たした余りは人間用に利用される。\n",
"id": 2472,
"part_type": "part",
"title": "牛"},


{"children": [],
"description": "馬車本体と車を引く馬で構成される。主には人の輸送に用いられる。外国からの観光客、外交官や、小さな子供と親、老人、妊婦、怪我人、病人等に良く利用される。",
"id": 2473,
"part_type": "part",
"title": "馬車"},


{"children": [],
"description": "成体では体重400kgから1000kgにもなる大型の四足動物。人に馴れ、穏やかな性質。持久力に優れていて力も強い。食事は青草や干し草を食べる。\n足が速く、背に人に乗せての伝令や騎兵として戦闘にも持ちられる。\n",
"id": 2474,
"part_type": "part",
"title": "馬"},


{"children": [],
"description": "過酷な労働を行ってくれる牛と馬へは敬意が払われ、出来うる限り快適な環境を与えるように努力が行われている。",
"id": 2475,
"part_type": "part",
"title": "牛と馬への敬意"},


{"children": [],
"description": "牛と馬の糞は回収されて、郊外の処理場に運ばれた後、発酵処理をされて、肥料、あるいは燃料として利用される。",
"id": 2476,
"part_type": "part",
"title": "糞の処理"}],


"description": null,
"id": 2469,
"part_type": "group",
"title": "馬車と牛車停泊所"}],


"created_at": "2017-08-15 11:28:49.343557",
"description": null,
"id": 2453,
"part_type": "group",
"title": "共和国環状線ゴロネコ藩国駅 ",
"updated_at": "2017-08-15 11:28:49.343557",
"expanded": true}]


[No.2823] [固定リンク][非] 15:ナニワアームズ商藩国 投稿者:暮里あづま@ナニワアームズ商藩国  投稿日:2017/08/15(Tue) 22:11:30

提出が遅れまして申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

https://www22.atwiki.jp/naniwaarms/pages/538.html


提出書式

大部品: 駅ビル(ナニワアームズ) RD:18 評価値:7
-大部品: 商業施設ちかにかもーる RD:13 評価値:6
--部品: 品数豊富な1番街
--部品: 改札内の2番街
--部品: 駅弁売り場
--部品: お土産物屋
--部品: B1屋台街「くいだおれストリート」
--部品: B2レストラン街
--部品: 怪獣グッズ専門店「怪獣土産」
--部品: 螺旋屋〜ドリルグッズ専門店〜
--部品: セントラルレストプレイス
--部品: おっちゃんの銅像
--部品: 消防訓練
--部品: 案内看板
--部品: 歴史
-部品: ターミナル広場
-部品: 観光案内所
-部品: コインロッカー
-部品: 案内係や掃除係のおばちゃん達
-部品: 避難経路表


部品: 品数豊富な1番街
改札の外にある、ちかにかもーる1番街。
改札内よりも規模が大きく、商品点数も豊富。
じっくり見繕うなら、こちらがお勧め。

部品: 改札内の2番街
1番街に比べて規模は小さめ。
列車の待ち時間をつぶしたり、外で買い損ねた物を購入したり。
2番街限定の商品もある模様。

部品: 駅弁売り場
ナニワアームズでよく食べられるピタパンサンドや、豆のコロッケとデーツが入った個性的なお弁当、粉もん弁当、幕の内やおにぎり等のスタンダードまで多種多様なお弁当が楽しめる。

部品: お土産物屋
ナニワ色豊かなお土産物屋さん。規模の大小、さまざまなお店がある。
取り扱い品はペナントやタペストリー、キーホルダーといった観光地の定番品から特産品、味はそうでもない定番系のお菓子詰め合わせまで。
当然のようにハリセンも置いてある。

部品: B1屋台街「くいだおれストリート」
主にお好み焼き、焼きそば、たこ焼き、イカ焼き、うどん、蕎麦、ラーメンといった定番の粉もん屋さんが並ぶフロア。
各種いろいろ取り揃えております。お昼の方が混んでいる事が多い。
営業は夜の21時まで。

部品: B2レストラン街
粉もんフロアから1階降りたフロア。
B1と少々趣が異なり、割烹やステーキハウス、ちょっとお高めの回らないお寿司屋さんなどが軒を連ねている。
営業は夜の23時まで。

部品: 怪獣グッズ専門店「怪獣土産」
ナニワアームズの怪獣さんに因んだお土産を取り扱っている。
怪獣ぬいぐるみや怪獣さんの法被等は物珍しさもあり、ナニワの定番お土産になりつつある。

部品: 螺旋屋〜ドリルグッズ専門店〜
ドリルをアクセサリやキーホルダーに仕立てたアイテム。
ストラップ飾りや、貯金箱、置物と種類豊富。
ナニワアームズでは、お守りとしての意味合いも持つ。

部品: セントラルレストプレイス
休憩用のベンチやテーブルが多数配備されている他、休日には”ちかにかもーる”主催の催し物が行われている。
照明には外部の太陽光を取り入れていて明るい。

部品: おっちゃんの銅像
通路の途中に何の脈略も無く設置されている30cmぐらいの蛇神様の銅像。
丸い球体にぐるりととぐろを巻いた意匠になっている。
一箇所しか存在しないので待ち合わせ場所としても有名。
球体をなでれば健康になると言われているのでいつ見てもつやつや光っている。

部品: 消防訓練
半年に1回消火訓練 および避難訓練を行っている。
ナニワの消防署が協力し、防災対策へのアドバイスや監修などを行っている。

部品: 案内看板
各所に案内図の設置がされている。現在地や行き先、お店の位置が色分けやイラスト、矢印等で判りやすく表示されている。

部品: 歴史
現在の隣駅、「ナニワ商店街前駅」にあった旧駅ビルとその周辺に古くからあったナニワ商店街が主な前身である。
”ちかにかもーる”は、新たな町興し・地域復興の一環として、周辺の商店街とともに駅ビルの移転および全面改修・改築が行われてできた。

部品: ターミナル広場
大型スクリーンが目印の国内線と環状線をつなぐ分岐点。
日によってストリートライブ、路上パフォーマンス、露天商などが行われる。
非常時の緊急避難場所にも指定されている。


部品: 観光案内所
観光地や目的地へのアクセス方法についての案内を行う場所。土産物の店や商品にも詳しい。
一部の鉄道のチケットの販売や宿泊施設の手配なども行う。

部品: コインロッカー
着替えの入った旅行鞄が入れられる大型のものや、買い物した食べ物を入れることが出来る冷蔵機能付きなども設置されている。
貴重品や危険物、動物や武器などを入れることは禁止されており、その旨が注意書きされている。
また、防犯の観点から使用開始から36時間が経過した場合、管理会社によりコインロッカーから出される。
管理会社に預かられた荷物については、連絡すれば一ヶ月以内であれば引き取ることが可能。

部品: 案内係や掃除係のおばちゃん達
もともと専業ではなく月単位で案内係か掃除係か担当が替わっているのだが、案内係の日でも汚れているところがあれば掃除をするし、掃除係の日でも迷ってそうな旅人が居れば声をかけて案内する面倒見の良いなにわのおばちゃん達。運が良いとあめちゃんをくれる。
おばちゃんたちのおかげで駅はいつも清潔に保たれている。

部品: 避難経路表
はじめて訪れた人でも迷わないよう、要所に災害があった場合の避難経路の図が設置されている。現在地や一番近い外への出入り口、防災シャッターの手動での使い方などが絵図つきで簡潔に明記されている。




インポート用定義データ


[
{ "title": "駅ビル(ナニワアームズ)",
"description": "Default Root",
"children":
[
{ "title": "商業施設ちかにかもーる",
"children":
[
{ "title": "品数豊富な1番街",
"description": "改札の外にある、ちかにかもーる1番街。\n改札内よりも規模が大きく、商品点数も豊富。\nじっくり見繕うなら、こちらがお勧め。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "改札内の2番街",
"description": "1番街に比べて規模は小さめ。\n列車の待ち時間をつぶしたり、外で買い損ねた物を購入したり。\n2番街限定の商品もある模様。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "駅弁売り場",
"description": "ナニワアームズでよく食べられるピタパンサンドや、豆のコロッケとデーツが入った個性的なお弁当、粉もん弁当、幕の内やおにぎり等のスタンダードまで多種多様なお弁当が楽しめる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "お土産物屋",
"description": "ナニワ色豊かなお土産物屋さん。規模の大小、さまざまなお店がある。\n取り扱い品はペナントやタペストリー、キーホルダーといった観光地の定番品から特産品、味はそうでもない定番系のお菓子詰め合わせまで。\n当然のようにハリセンも置いてある。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "B1屋台街「くいだおれストリート」",
"description": "主にお好み焼き、焼きそば、たこ焼き、イカ焼き、うどん、蕎麦、ラーメンといった定番の粉もん屋さんが並ぶフロア。\n各種いろいろ取り揃えております。お昼の方が混んでいる事が多い。\n営業は夜の21時まで。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "B2レストラン街",
"description": "粉もんフロアから1階降りたフロア。\nB1と少々趣が異なり、割烹やステーキハウス、ちょっとお高めの回らないお寿司屋さんなどが軒を連ねている。\n営業は夜の23時まで。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "怪獣グッズ専門店「怪獣土産」",
"description": "ナニワアームズの怪獣さんに因んだお土産を取り扱っている。\n怪獣ぬいぐるみや怪獣さんの法被等は物珍しさもあり、ナニワの定番お土産になりつつある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "螺旋屋〜ドリルグッズ専門店〜",
"description": "ドリルをアクセサリやキーホルダーに仕立てたアイテム。\nストラップ飾りや、貯金箱、置物と種類豊富。\nナニワアームズでは、お守りとしての意味合いも持つ。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "セントラルレストプレイス",
"description": "休憩用のベンチやテーブルが多数配備されている他、休日には”ちかにかもーる”主催の催し物が行われている。\n照明には外部の太陽光を取り入れていて明るい。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "おっちゃんの銅像",
"description": "通路の途中に何の脈略も無く設置されている30cmぐらいの蛇神様の銅像。\n丸い球体にぐるりととぐろを巻いた意匠になっている。\n一箇所しか存在しないので待ち合わせ場所としても有名。\n球体をなでれば健康になると言われているのでいつ見てもつやつや光っている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "消防訓練",
"description": "半年に1回消火訓練 および避難訓練を行っている。\nナニワの消防署が協力し、防災対策へのアドバイスや監修などを行っている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "案内看板",
"description": "各所に案内図の設置がされている。現在地や行き先、お店の位置が色分けやイラスト、矢印等で判りやすく表示されている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "歴史",
"description": "現在の隣駅、「ナニワ商店街前駅」にあった旧駅ビルとその周辺に古くからあったナニワ商店街が主な前身である。\n”ちかにかもーる”は、新たな町興し・地域復興の一環として、周辺の商店街とともに駅ビルの移転および全面改修・改築が行われてできた。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "ターミナル広場",
"description": "大型スクリーンが目印の国内線と環状線をつなぐ分岐点。\n日によってストリートライブ、路上パフォーマンス、露天商などが行われる。\n非常時の緊急避難場所にも指定されている。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "観光案内所",
"description": "観光地や目的地へのアクセス方法についての案内を行う場所。土産物の店や商品にも詳しい。\n一部の鉄道のチケットの販売や宿泊施設の手配なども行う。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "コインロッカー",
"description": "着替えの入った旅行鞄が入れられる大型のものや、買い物した食べ物を入れることが出来る冷蔵機能付きなども設置されている。\n貴重品や危険物、動物や武器などを入れることは禁止されており、その旨が注意書きされている。\nまた、防犯の観点から使用開始から36時間が経過した場合、管理会社によりコインロッカーから出される。\n管理会社に預かられた荷物については、連絡すれば一ヶ月以内であれば引き取ることが可能。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "案内係や掃除係のおばちゃん達",
"description": "もともと専業ではなく月単位で案内係か掃除係か担当が替わっているのだが、案内係の日でも汚れているところがあれば掃除をするし、掃除係の日でも迷ってそうな旅人が居れば声をかけて案内する面倒見の良いなにわのおばちゃん達。運が良いとあめちゃんをくれる。\nおばちゃんたちのおかげで駅はいつも清潔に保たれている。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "避難経路表",
"description": "はじめて訪れた人でも迷わないよう、要所に災害があった場合の避難経路の図が設置されている。現在地や一番近い外への出入り口、防災シャッターの手動での使い方などが絵図つきで簡潔に明記されている。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2825] [固定リンク][非] 10:世界忍者国 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2017/08/15(Tue) 22:36:07

http://richmam.xtr.jp/neokingdom/wforum2/view.cgi?no=1234

*部品構造

-大部品: 駅ビル(世界忍者国) RD:17 評価値:6
--部品: 駅入口のロイ像
--大部品: 世界忍者国駅 RD:4 評価値:3
---部品: 駅のシンボルマーク
---部品: 音声案内
---部品: 世界忍者国駅員の特徴
---部品: ホーム
--大部品: コンベンションセンター RD:12 評価値:6
---部品: 産業振興のための催し物をする場所
---部品: 駅併設のメリット
---大部品: 運営体制 RD:3 評価値:2
----部品: 民間委託
----部品: 経理と監査
----部品: 警備体制
---大部品: フロア構成 RD:7 評価値:4
----部品: 1F:エントランス+ホール
----部品: 2F:ホール吹き抜け+VIP席+レストラン
----部品: 3F:展示会場
----部品: 4F:大会議室+中会議室
----部品: 5F:小会議室
----部品: 屋上:ビオトープ
----部品: B1:奈落+倉庫



*部品定義

**部品: 駅入口のロイ像
駅のメイン入口には当然のように伝統的なロイ像が設置された。復興期ではあってもロイ像だけは象徴として立派なものを、とロイ像職人が気合を入れたと言われる。

**部品: 駅のシンボルマーク
駅のシンボルマークには、人狼ビールにも採用されたマフラーをなびかせた世界忍者の横顔を、さらにシルエットにしたものが採用されている。かつて、共和国環状線スタンプラリーのスタンプにもなったものでもある。

**部品: 音声案内
世界忍者国駅の音声案内は、すべてロジャー・サスケの声をベースに作られている。その声を聴く度に国民は「ここが世界忍者国なのだ」と理解できる

**部品: 世界忍者国駅員の特徴
世界忍者国駅の駅員は、始発から終電になるまで3交代制を取る。このようにして安全性や順調な運行を可能にしている。

**部品: ホーム
世界忍者国駅のホームには転落防止のために自動で開閉できるドアがついている。これによって故意や事故で線路に飛び降りたりできないようにしている。

**部品: 産業振興のための催し物をする場所
駅ビルに併設されたコンベンションセンターは、主として産業振興のため各種催し物をする場所として作られた。 つまり、農業博覧会のような博覧会、展示会、即売会、コンサートなどができることが目標とされている。

**部品: 駅併設のメリット
環状線からの客の流入だけでなく、貨物列車からの荷物の搬入ができることが駅併設のメリットである。展示会を目的とするため、コンベンションセンターが独自に倉庫を保有している。

**部品: 民間委託
藩王または摂政およびそれらが定めた委員会により委託された民間業者がコンベンションセンターの運営をおこなう。その期間は5年間とし、更新にあたっては、藩王または摂政およびそれらが定めた委員会の査察を経て承認を得る必要がある。個人および反社会組織とされた組織が委託を受けることはできない。

**部品: 経理と監査
独立採算とし、利益を収益とすることができるが、経理上の監査は委託した藩王または摂政およびそれらが設置した委員会により毎年度おこなわれ、不正が発見された場合には委託は即座に解除される。その際には発生した民事上の責任を負う。
監査にあたっては、複式簿記による勘定元帳、財務諸表(貸借対照表(Balance Sheet)、損益計算書(Profit & Loss statement)など)の提出が必要である。期限内に提出されない場合は、不正と同等の処置が採られる。

**部品: 警備体制
共和国環状線を警備する警察隊とは別に、コンベンションセンターを警備する警備員を別途雇用し、各入り口および搬入口に設置した警備室に待機、定期巡回させる。
公的な催し物が行われる場合は、国または自治体が派遣する警官らを受け入れ、共同で警備を行う。

**部品: 1F:エントランス+ホール
1Fのコンベンションセンター入口を入ると、エントランスロビーになっており、その奥に2Fまでが吹き抜けとなっている演劇やコンサートのできるホールがある。

**部品: 2F:ホール吹き抜け+VIP席+レストラン
1Fホール手前のロビー部の上2Fはレストランとなっており、2FVIP席へもレストランの厨房から配膳されるようになっている。


**部品: 3F:展示会場
3Fはフロア全体に大きくスペースが取られ、大規模な展示会場として利用できるようになっている。なお、仕切りを入れることで小規模な展示会を複数開くこともできるようになっている。

**部品: 4F:大会議室+中会議室
4Fは国際会議のような比較的規模の大きな会議やセミナーを用途目的とした、大会議室1と中会議室4が用意されている。


**部品: 5F:小会議室
5Fは4Fでおこなわれる会議のための控室や一般のサークル活動など、小規模な会議やセミナーのための小会議室が複数用意されている。

**部品: 屋上:ビオトープ
屋上には、森国のイメージを維持するためのビオトープが作られている。そこからツタを生やし下へ垂らして煉瓦壁の全体を覆うことで、緑と濃い赤のコントラストが映えるように設計されている。

**部品: B1:奈落+倉庫
地下1階は音響を考慮したホール下の奈落空間と、ロビー下の倉庫から成っている。ロビー下の倉庫には警備員のいる搬入口があり、駅から昇降機で運び込むことができるようになっている。



*提出書式

大部品: 駅ビル(世界忍者国) RD:17 評価値:6
-部品: 駅入口のロイ像
-大部品: 世界忍者国駅 RD:4 評価値:3
--部品: 駅のシンボルマーク
--部品: 音声案内
--部品: 世界忍者国駅員の特徴
--部品: ホーム
-大部品: コンベンションセンター RD:12 評価値:6
--部品: 産業振興のための催し物をする場所
--部品: 駅併設のメリット
--大部品: 運営体制 RD:3 評価値:2
---部品: 民間委託
---部品: 経理と監査
---部品: 警備体制
--大部品: フロア構成 RD:7 評価値:4
---部品: 1F:エントランス+ホール
---部品: 2F:ホール吹き抜け+VIP席+レストラン
---部品: 3F:展示会場
---部品: 4F:大会議室+中会議室
---部品: 5F:小会議室
---部品: 屋上:ビオトープ
---部品: B1:奈落+倉庫


部品: 駅入口のロイ像
駅のメイン入口には当然のように伝統的なロイ像が設置された。復興期ではあってもロイ像だけは象徴として立派なものを、とロイ像職人が気合を入れたと言われる。

部品: 駅のシンボルマーク
駅のシンボルマークには、人狼ビールにも採用されたマフラーをなびかせた世界忍者の横顔を、さらにシルエットにしたものが採用されている。かつて、共和国環状線スタンプラリーのスタンプにもなったものでもある。

部品: 音声案内
世界忍者国駅の音声案内は、すべてロジャー・サスケの声をベースに作られている。その声を聴く度に国民は「ここが世界忍者国なのだ」と理解できる

部品: 世界忍者国駅員の特徴
世界忍者国駅の駅員は、始発から終電になるまで3交代制を取る。このようにして安全性や順調な運行を可能にしている。

部品: ホーム
世界忍者国駅のホームには転落防止のために自動で開閉できるドアがついている。これによって故意や事故で線路に飛び降りたりできないようにしている。

部品: 産業振興のための催し物をする場所
駅ビルに併設されたコンベンションセンターは、主として産業振興のため各種催し物をする場所として作られた。 つまり、農業博覧会のような博覧会、展示会、即売会、コンサートなどができることが目標とされている。

部品: 駅併設のメリット
環状線からの客の流入だけでなく、貨物列車からの荷物の搬入ができることが駅併設のメリットである。展示会を目的とするため、コンベンションセンターが独自に倉庫を保有している。

部品: 民間委託
藩王または摂政およびそれらが定めた委員会により委託された民間業者がコンベンションセンターの運営をおこなう。その期間は5年間とし、更新にあたっては、藩王または摂政およびそれらが定めた委員会の査察を経て承認を得る必要がある。個人および反社会組織とされた組織が委託を受けることはできない。

部品: 経理と監査
独立採算とし、利益を収益とすることができるが、経理上の監査は委託した藩王または摂政およびそれらが設置した委員会により毎年度おこなわれ、不正が発見された場合には委託は即座に解除される。その際には発生した民事上の責任を負う。
監査にあたっては、複式簿記による勘定元帳、財務諸表(貸借対照表(Balance Sheet)、損益計算書(Profit & Loss statement)など)の提出が必要である。期限内に提出されない場合は、不正と同等の処置が採られる。

部品: 警備体制
共和国環状線を警備する警察隊とは別に、コンベンションセンターを警備する警備員を別途雇用し、各入り口および搬入口に設置した警備室に待機、定期巡回させる。
公的な催し物が行われる場合は、国または自治体が派遣する警官らを受け入れ、共同で警備を行う。

部品: 1F:エントランス+ホール
1Fのコンベンションセンター入口を入ると、エントランスロビーになっており、その奥に2Fまでが吹き抜けとなっている演劇やコンサートのできるホールがある。

部品: 2F:ホール吹き抜け+VIP席+レストラン
1Fホール手前のロビー部の上2Fはレストランとなっており、2FVIP席へもレストランの厨房から配膳されるようになっている。


部品: 3F:展示会場
3Fはフロア全体に大きくスペースが取られ、大規模な展示会場として利用できるようになっている。なお、仕切りを入れることで小規模な展示会を複数開くこともできるようになっている。

部品: 4F:大会議室+中会議室
4Fは国際会議のような比較的規模の大きな会議やセミナーを用途目的とした、大会議室1と中会議室4が用意されている。


部品: 5F:小会議室
5Fは4Fでおこなわれる会議のための控室や一般のサークル活動など、小規模な会議やセミナーのための小会議室が複数用意されている。

部品: 屋上:ビオトープ
屋上には、森国のイメージを維持するためのビオトープが作られている。そこからツタを生やし下へ垂らして煉瓦壁の全体を覆うことで、緑と濃い赤のコントラストが映えるように設計されている。

部品: B1:奈落+倉庫
地下1階は音響を考慮したホール下の奈落空間と、ロビー下の倉庫から成っている。ロビー下の倉庫には警備員のいる搬入口があり、駅から昇降機で運び込むことができるようになっている。




*インポート用定義データ


[
{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "駅のメイン入口には当然のように伝統的なロイ像が設置された。復興期ではあってもロイ像だけは象徴として立派なものを、とロイ像職人が気合を入れたと言われる。",
"id": 2012,
"part_type": "part",
"title": "駅入口のロイ像"},


{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "駅のシンボルマークには、人狼ビールにも採用されたマフラーをなびかせた世界忍者の横顔を、さらにシルエットにしたものが採用されている。かつて、共和国環状線スタンプラリーのスタンプにもなったものでもある。",
"id": 2014,
"part_type": "part",
"title": "駅のシンボルマーク"},


{ "children": [],
"description": "世界忍者国駅の音声案内は、すべてロジャー・サスケの声をベースに作られている。その声を聴く度に国民は「ここが世界忍者国なのだ」と理解できる",
"id": 2015,
"part_type": "part",
"title": "音声案内"},


{ "children": [],
"description": "世界忍者国駅の駅員は、始発から終電になるまで3交代制を取る。このようにして安全性や順調な運行を可能にしている。",
"id": 2016,
"part_type": "part",
"title": "世界忍者国駅員の特徴"},


{ "children": [],
"description": "世界忍者国駅のホームには転落防止のために自動で開閉できるドアがついている。これによって故意や事故で線路に飛び降りたりできないようにしている。",
"id": 2017,
"part_type": "part",
"title": "ホーム"}],


"description": null,
"id": 2013,
"part_type": "group",
"title": "世界忍者国駅"},


{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "駅ビルに併設されたコンベンションセンターは、主として産業振興のため各種催し物をする場所として作られた。 つまり、農業博覧会のような博覧会、展示会、即売会、コンサートなどができることが目標とされている。",
"id": 2019,
"part_type": "part",
"title": "産業振興のための催し物をする場所"},


{ "children": [],
"description": "環状線からの客の流入だけでなく、貨物列車からの荷物の搬入ができることが駅併設のメリットである。展示会を目的とするため、コンベンションセンターが独自に倉庫を保有している。",
"id": 2020,
"part_type": "part",
"title": "駅併設のメリット"},


{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "藩王または摂政およびそれらが定めた委員会により委託された民間業者がコンベンションセンターの運営をおこなう。その期間は5年間とし、更新にあたっては、藩王または摂政およびそれらが定めた委員会の査察を経て承認を得る必要がある。個人および反社会組織とされた組織が委託を受けることはできない。",
"id": 2022,
"part_type": "part",
"title": "民間委託"},


{ "children": [],
"description": "独立採算とし、利益を収益とすることができるが、経理上の監査は委託した藩王または摂政およびそれらが設置した委員会により毎年度おこなわれ、不正が発見された場合には委託は即座に解除される。その際には発生した民事上の責任を負う。\n監査にあたっては、複式簿記による勘定元帳、財務諸表(貸借対照表(Balance Sheet)、損益計算書(Profit & Loss statement)など)の提出が必要である。期限内に提出されない場合は、不正と同等の処置が採られる。",
"id": 2023,
"part_type": "part",
"title": "経理と監査"},


{ "children": [],
"description": "共和国環状線を警備する警察隊とは別に、コンベンションセンターを警備する警備員を別途雇用し、各入り口および搬入口に設置した警備室に待機、定期巡回させる。\n公的な催し物が行われる場合は、国または自治体が派遣する警官らを受け入れ、共同で警備を行う。",
"id": 2024,
"part_type": "part",
"title": "警備体制"}],


"description": null,
"id": 2021,
"part_type": "group",
"title": "運営体制"},


{ "children":
[
{ "children": [],
"description": "1Fのコンベンションセンター入口を入ると、エントランスロビーになっており、その奥に2Fまでが吹き抜けとなっている演劇やコンサートのできるホールがある。",
"id": 2026,
"part_type": "part",
"title": "1F:エントランス+ホール"},


{ "children": [],
"description": "1Fホール手前のロビー部の上2Fはレストランとなっており、2FVIP席へもレストランの厨房から配膳されるようになっている。\n",
"id": 2027,
"part_type": "part",
"title": "2F:ホール吹き抜け+VIP席+レストラン"},


{ "children": [],
"description": "3Fはフロア全体に大きくスペースが取られ、大規模な展示会場として利用できるようになっている。なお、仕切りを入れることで小規模な展示会を複数開くこともできるようになっている。",
"id": 2028,
"part_type": "part",
"title": "3F:展示会場"},


{ "children": [],
"description": "4Fは国際会議のような比較的規模の大きな会議やセミナーを用途目的とした、大会議室1と中会議室4が用意されている。\n",
"id": 2029,
"part_type": "part",
"title": "4F:大会議室+中会議室"},


{ "children": [],
"description": "5Fは4Fでおこなわれる会議のための控室や一般のサークル活動など、小規模な会議やセミナーのための小会議室が複数用意されている。 ",
"id": 2030,
"part_type": "part",
"title": "5F:小会議室"},


{ "children": [],
"description": "屋上には、森国のイメージを維持するためのビオトープが作られている。そこからツタを生やし下へ垂らして煉瓦壁の全体を覆うことで、緑と濃い赤のコントラストが映えるように設計されている。",
"id": 2031,
"part_type": "part",
"title": "屋上:ビオトープ"},


{ "children": [],
"description": "地下1階は音響を考慮したホール下の奈落空間と、ロビー下の倉庫から成っている。ロビー下の倉庫には警備員のいる搬入口があり、駅から昇降機で運び込むことができるようになっている。",
"id": 2032,
"part_type": "part",
"title": "B1:奈落+倉庫"}],


"description": null,
"id": 2025,
"part_type": "group",
"title": "フロア構成"}],


"description": null,
"id": 2018,
"part_type": "group",
"title": "コンベンションセンター"}],


"created_at": "2017-08-15 03:51:44.900584",
"description": null,
"id": 2011,
"part_type": "group",
"title": "駅ビル(世界忍者国)",
"updated_at": "2017-08-15 03:51:44.900584",
"expanded": true}]


[No.2827] [固定リンク][非] 04:海法よけ藩国 投稿者:近衛カケル@海法よけ藩国  投稿日:2017/08/16(Wed) 00:04:04

こちら輸送施設として提出予定となります。よろしくお願いします

http://kaiho.main.jp/wforum/wforum.cgi?no=2591&reno=2515&oya=2486&mode=msgview


[No.2852] [固定リンク][非] 05:鍋の国 投稿者:矢上ミサ@鍋の国  投稿日:2017/08/18(Fri) 01:00:05

お世話になっております。鍋の国の駅ビルです。よろしくおねがいいたします!

https://www24.atwiki.jp/ronnyuuryuu/pages/703.html


[No.2855] [固定リンク][非] 33:無名騎士藩国 投稿者:GENZ@無名騎士藩国  投稿日:2017/08/18(Fri) 13:04:55

お世話になっております、無名騎士藩国です。

環状線駅ビル(無名騎士) RD:13 評価値:6
について下記URLで提出させていただきます。

https://www7.atwiki.jp/genz/pages/668.html

よろしくお願い致します。


[No.2856] [固定リンク][非] 34:リワマヒ国 投稿者:琥村@リワマヒ国  投稿日:2017/08/18(Fri) 18:50:37

お世話になっております。
リワマヒ国駅ビルになります。よろしくお願いします。

https://www24.atwiki.jp/riwamahi/pages/803.html


[No.2858] [固定リンク][非] 24:紅葉国(8/19 10:00修正) 投稿者:神室@紅葉国  投稿日:2017/08/18(Fri) 19:34:58

紅葉国です。
遅くなりまして申し訳ございません。

下記提出させていただきます。
https://sites.google.com/a/sevenspirals.net/koyo/idress-work/setumon199_212/stationbill_ver4

8/19 10:00 組織化しているとの報告を受けて修正しました。


[No.2859] [固定リンク][非] 16:フィーブル藩国 投稿者:戯言屋@フィーブル藩国  投稿日:2017/08/18(Fri) 19:58:54

・駅ビル(フィーブル藩国)
 http://zaregotobeya.onmitsu.jp/ekibiru.html


[No.2861] [固定リンク][非] 25:羅幻王国 投稿者:羅幻雅貴@羅幻王国  投稿日:2017/08/18(Fri) 20:21:44

遅れまして誠に申し訳ありません。
羅幻王国の駅ビルを提出致します。

http://ragen.s7.xrea.com/ID/summit/wforum.cgi?mode=read&no=265&reno=264&oya=32&page=0#265

以上、よろしくお願いします。
重ね重ねですが、遅れまして誠に申し訳ありませんでした。


[No.2862] [固定リンク][非] 03:FEG 投稿者:久珂あゆみ@FEG  投稿日:2017/08/18(Fri) 20:56:04

https://www29.atwiki.jp/feg2/pages/637.html

上記URLとなります
よろしくお願いいたします。


[No.2864] [固定リンク][非] 01:るしにゃん王国 投稿者:クレール@るしにゃん王国  投稿日:2017/08/18(Fri) 23:36:18

遅くなってしまい申し訳ありません。
るしにゃん王国の駅ビルを提出いたします。

https://www35.atwiki.jp/namu/pages/102.html

よろしくお願いいたします。


[No.2668] [固定リンク][非] 共和国環状線:基本部品 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/27(Thu) 09:12:45

大部品: 共和国環状線の基礎 RD:51 評価値:9
-大部品: 共和国環状線の概要 RD:6 評価値:4
--部品: 共和国環状線とはなにか
--部品: 共和国環状線の設計構造
--部品: 共和国環状線の対応物理域
--部品: 共和国環状線の輸送対象
--部品: 共和国環状線の経済効果
--部品: 鉄道警備員によるテロ対策
-大部品: にゃんにゃんライナー RD:6 評価値:4
--部品: にゃんにゃんライナーとはなにか
--大部品: 客車の内装 RD:5 評価値:3
---部品: 客車の全体的デザイン
---部品: 客車の椅子
---部品: 吊革
---部品: 小さい種族用客室
---部品: 客車の広告用スペース
-大部品: にゃんにゃんカーゴ RD:5 評価値:3
--部品: にゃんにゃんカーゴとはなにか
--大部品: 共和国輸送用コンテナ RD:4 評価値:3
---部品: コンテナの概要
---部品: コンテナの共通規格
---部品: コンテナの耐久度
---部品: コンテナの輸送
-大部品: にゃんにゃんイエロー RD:2 評価値:1
--部品: にゃんにゃんイエローとはなにか
--部品: にゃんにゃんイエローの緊急運行
-大部品: 鉄道整備士(一人前) RD:20 評価値:7
--大部品: 鉄道整備士 RD:9 評価値:5
---大部品: 整備士の一般的服装 RD:4 評価値:3
----部品: 【頭部を守る帽子
----部品: 丈夫なツナギ
----部品: 整備用手袋
----部品: 整備工具セット
---大部品: 整備士としての心構え RD:2 評価値:1
----部品: ダブルチェックシステム
----部品: 整備作業におけるスケジュール調整
---部品: 班分け
---部品: 命を預かる自覚
---部品: 鉄道への愛
--大部品: 一人前 RD:11 評価値:5
---大部品: 新米 RD:6 評価値:4
----部品: 必要教育レベル
----部品: 先輩の指導
----部品: 作業マニュアルの遵守
----部品: 指示の遵守
----部品: 基本職業倫理
----部品: 法令の遵守
---部品: 一通りの実務経験
---部品: 主体的な行動
---部品: 作業マニュアルの意味の理解
---部品: 周囲への気配り
---部品: 作業環境の改善
-大部品: 駅員 RD:12 評価値:6
--大部品: 駅員の業務 RD:7 評価値:4
---部品: 利用者の誘導案内
---部品: 構内アナウンス業務
---部品: 運行管理と調整
---部品: 駅員のトラブル対応
---部品: 駅の整理整頓清掃
---部品: 改札窓口業務
---部品: 遺失物管理
--大部品: 駅員の持ち物 RD:5 評価値:3
---部品: 運行ダイヤ表
---部品: ホイッスル
---部品: 鉄道時計
---部品: 切符鋏
---部品: 制服


部品: 共和国環状線とはなにか
共和国環状線とは、B世界共和国の復興活動の一環として、にゃんにゃん共和国が一丸になって建設した鉄道である。各藩国を結ぶように全国を周回する路線であり、共和国の物流基盤となることを期待された。

部品: 共和国環状線の設計構造
共和国環状線の設計はA世界の環状線のものをほぼそのまま流用するように作られている。図面としては手元になくても、フィクショノートたちは元いた世界のことを忘れてはいなかったということである。なお、A世界の駅ビルで起こった問題点は改善済である。

部品: 共和国環状線の対応物理域
共和国各国の物理域はまちまちで、だが環状線としてはその全てに対応する必要があった。これをTLOなしに達成するため、共和国環状線はおおよそ中くらいのテックレベルで作られている。その上で、低物理域国家を運行する場合は辺境域などの物理域問題が起こらない地域にレールが敷かれた。

部品: 共和国環状線の輸送対象
共和国環状線では通常列車で乗客を、貨物列車で貿易物資を輸送する。この貨物列車は兵器類の輸送には対応していないため、あくまでも民間物資のみである。

部品: 共和国環状線の経済効果
全国を接続し、人と物の流れを作り出す共和国環状線には、多大な経済効果を期待されている。A世界では各国の税収を5%引き上げる効果を挙げたが、B世界では未だ未知数である。

部品: 鉄道警備員によるテロ対策
共和国環状線各駅には対テロ訓練を受けた鉄道警備員が配備され、テロに備えられた。B世界情勢はまだまだ安定には遠く、必要な措置であった。

部品: にゃんにゃんライナーとはなにか
共和国環状線を走る通常列車。にゃんにゃんマークが車体にあしらわれたかわいいデザインである。このほのぼのした列車が各国を走ることで、心癒された民衆もいたという

部品: 客車の全体的デザイン
壁際に長椅子を可能な限り設置し、椅子の上に荷物置き場を設置して壁に小さい種族用客室を設置、そして天井から吊革を垂らしただけの非常にシンプルなデザインになっている。

部品: 客車の椅子
高級椅子メーカーに製作を依頼しているため、結構ふかふかである。これは共和国内を一周するにはかなり長時間載っている必要があり、座り心地が悪いとそれだけで苦痛であるという理由がある。

部品: 吊革
文字通り吊革。人間より重い知類が乗ることも考慮して、出来る限り強度を高くしているが、基本的には人間用。

部品: 小さい種族用客室
人間より小さい種族、具体的には猫や犬用に、壁に棚のような小さな客室がついている。猫一人入るので精一杯だがクッションも設置してあるので割と快適。

部品: 客車の広告用スペース
共和国の組織ならお金を払えば使用できる広告用スペース。払ったお金は運営費、もしくは共和国の税収として使用される。また、共和国からの連絡事項が載る事もある。

部品: にゃんにゃんカーゴとはなにか
共和国環状線を運行する貨物列車。にゃんにゃんライナーと同系統デザインの機関車が、色とりどりのコンテナを乗せた貨車を牽引する。そのさまは万国旗にも似ていた。

部品: コンテナの概要
コンテナとは、金属で製造され規格化された物品輸送のための直方体の箱である。これを使用することにより複合一貫輸送と呼ばれる円滑な輸送システムを構築することが出来る。

部品: コンテナの共通規格
海運、空輸、鉄道輸送、トラック輸送など流通のコスト削減と円滑化を目的として、コンテナのサイズは厳密に規定された複数の規格が存在する。

部品: コンテナの耐久度
各国の民生技術を集結し、水濡れに強く、破損しにくく、軽量な素材を使用した頑丈なものになっており、耐用年数も長く素材の再利用も計算されたコストパフォーマンスのよいものである。

部品: コンテナの輸送
コンテナを運ぶためにはガントリークレーンや大型トラック、輸送貨物車などのコンテナを運ぶ機械の配備が必要となる。また、積み上げるための広いコンテナ置き場を整備する必要がある。

部品: にゃんにゃんイエローとはなにか
にゃんにゃんイエローとは、共和国環状線の路線点検車両である。真っ黄色のカラーリングであったためこの名で呼ばれた

部品: にゃんにゃんイエローの緊急運行
にゃんにゃんイエローは路線点検が主な業務であるが、災害などの緊急時にはにゃんにゃんカーゴだけでは本数が足りないということで物資輸送にも使用された。

部品: 【頭部を守る帽子
いくら整備の腕が上がったとしても、不意の事故というものは発生する可能性がある。整備職が着用している帽子は頭部を守るための金具付きのものである。整備士は各々自分にフィットしたお気に入りを一つ用意しているものである。

部品: 丈夫なツナギ
技術力が向上したら我が身の安全を低く考える、ということはない。むしろその逆で自分の作業する現場がいかに危険を伴う場所なのか、より一層理解するのである。その為、巻き込み防止や火傷防止のために丈夫なツナギを選択して着用している。 洗替用に複数着所持していることが多いが暑いだけでなく作業の邪魔になるだけなので重ね着するようなことはない。


部品: 整備用手袋
整備作業を素手で行うと、怪我をする危険性が高く、また手が汚れるため、これらから保護する目的で手袋をつけることが多い。特に細かい作業が必要である場合は、薄く丈夫な皮で作られた整備用手袋を用いる。



部品: 整備工具セット
整備に使う工具の基本セット。持ち運べるサイズにまとめてあり、大掛かりなものは入っていない。整備対象によっては専門の工具が必要となることも多いが、最低限このセットがあれば、整備が必要な機械を前に調査や応急整備すらできないということはない。

部品: ダブルチェックシステム
作業者が作業を完了した後で、必ず別の者がその作業結果をチェックする。これにより、ケアレスミスの発生を防ぎ、そもそもの作業内容の勘違いといった問題を回避することができる。
特に重要な部分はダブルといわず何度も点検を行う。

部品: 整備作業におけるスケジュール調整
車体整備は時間との闘いである。チーム内での技量の差を鑑み熟練者が作業を的確に割り振り、負担が集中しないよう声を掛け合い、お互いのスケジュールやタスクを確認しながら取り掛かる事が重要である。

部品: 班分け
効率化のために班を分けて作業にあたる。呼び方は組織によるが、班には必ず班長を置く。班を分けることで作業指示や報告を班単位で行えるようになり、管理の手間が下がる。
また、班ごとに作業内容の専門化や分業化を行うことで、習熟すべき作業が結果的に少なくなり、練度の上昇が早くなる。

部品: 命を預かる自覚
整備に不備があれば、機械の使用者が傷ついたり、最悪の場合は命を落としたりする可能性もある。気負いすぎてもいけないが、自らの整備作業は目の前にある機械の、その先にいる人へ繋がっているという認識が、仕事への責任感と誇りとなる。

部品: 鉄道への愛
なぜ整備の仕事は沢山あるのに鉄道整備士になったのか。それは鉄道・・・そして電車が大好きだからである。

部品: 必要教育レベル
文字の読み書きができ、簡単な計算能力を持ち(計算器具を使えば四則演算が正しく出来る)、周囲とのコミュニケーションが行える程度の教育が施されていることが求められる。
学校のある藩国の場合、中学校卒業程度の能力に相当する。

部品: 先輩の指導
職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。

部品: 作業マニュアルの遵守
ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。


部品: 指示の遵守
上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。

部品: 基本職業倫理
職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。

部品: 法令の遵守
職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。


部品: 一通りの実務経験
一通りの実務を経験し、自分のやる仕事の全体像を把握、作業に慣れることで
すべてに指示を仰がなくてもよくなる。

部品: 主体的な行動
作業指示を仰がなくてもよくなるということは、自分で何をするべきか考え行動することである。
自分のことは自分で出来るようになって一人前と呼ばれる。

部品: 作業マニュアルの意味の理解
新人の頃作業マニュアルは書いてあることを実行するためのものだったろう。
一人前は何故マニュアルが必要で、マニュアルに何故そう書かれているかを実務を通して理解していなければならない。

部品: 周囲への気配り
自分のことが自分で出来るようになってくると、周囲への気遣いをする余裕がでてくる。
困っている新人がいれば、自分が新人だったころを思い出してフォローしてあげよう。

部品: 作業環境の改善
もう新人ではないのだから、自分の仕事環境は自分で整えよう。
作業スペースを整理し、道具を揃え日々の業務がしやすいよう心がける。

部品: 利用者の誘導案内
土地勘のない人も利用することの多いのが駅。不安にならないように行先や順路を丁寧に教える。不安そうな顔がにっこり笑顔になることがこの仕事の誇り。


部品: 構内アナウンス業務
列車の到着、出発時に情報を伝える。マイクとスピーカーを使うところが多いが、駅によっては地声で叫ぶところもある。特徴的なイントネーションは、実は混みあっていてもよく聞こえるしゃべり方。

部品: 運行管理と調整
時間通りに正確にを目指している列車でもトラブルがあれば遅れる。その場合には冷静にダイヤ表を確認し、ほかの駅との連携を図る。目途がついたら、利用者を不安にさせないように情報を伝える。


部品: 駅員のトラブル対応
沢山の人が利用する駅では、日々何かのトラブルが発生する。線路への落とし物や、忘れ物。酔っぱらった利用者の介抱も時にはやらなければならない。どんなトラブルがあっても、冷静に対応するのが一流の駅員。心は焦っていても利用者を不安にさせることはない。


部品: 駅の整理整頓清掃
駅の整理整頓清掃も駅員の仕事の一つ。大きな駅では、清掃係を雇って指示をする。小さな駅では自らが率先して掃除をする。あるべきところにあるべきものがあることで、生産性が上がるだけでなく、普段と違うことが目に付くようになり、犯罪やテロの抑止にもつながる。

部品: 改札窓口業務
切符の販売や切符のチェックを行う業務。チェックは機械化されている駅もあるが、必ず人がいて不正がないか、困っている人がいないかを確認する。


部品: 遺失物管理
落とし物や忘れ物が届けられた場合、これを預かる。保管期間は概ね3か月程度であり、その期間内に所有者の申し出がない場合は合法的に処分される。

部品: 運行ダイヤ表
駅構内に設けられている運行ダイヤ管理表を手のひらサイズにしたもの。覚えていることも多いが、利用者から聞かれた時確認する際にも使われる。



部品: ホイッスル
楽曲の演奏や注意・警告などを目的に気体の流れを利用して音響を発生させる装置で、いわゆる「笛」の一種である。

部品: 鉄道時計
元々は運行時間の確認用に使われた懐中時計が始まり。今でも駅員が使う高い精度の懐中時計が、鉄道時計として使われている。


部品: 切符鋏
改札口で駅員が入構する利用者達の切符を切るための鋏(はさみ)。切符の一部を切り落とす為、総じて刃の部分は短くなっている。

部品: 制服
ある一定の集団や組織の所属者が着用することを目的に規定された服のことである。同じ集団内でも男性と女性の制服の格好(デザイン)が異なる場合も多い。


[No.2669] [固定リンク][非] インポート用書式 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/27(Thu) 09:13:19



[
{ "title": "共和国環状線の基礎",
"description": "Default Root",
"type": "group",
"validation": {},
"children":
[
{ "title": "共和国環状線の概要",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "共和国環状線とはなにか",
"description": "共和国環状線とは、B世界共和国の復興活動の一環として、にゃんにゃん共和国が一丸になって建設した鉄道である。各藩国を結ぶように全国を周回する路線であり、共和国の物流基盤となることを期待された。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "共和国環状線の設計構造",
"description": "共和国環状線の設計はA世界の環状線のものをほぼそのまま流用するように作られている。図面としては手元になくても、フィクショノートたちは元いた世界のことを忘れてはいなかったということである。なお、A世界の駅ビルで起こった問題点は改善済である。",
"type": "parts"
},

{ "title": "共和国環状線の対応物理域",
"description": "共和国各国の物理域はまちまちで、だが環状線としてはその全てに対応する必要があった。これをTLOなしに達成するため、共和国環状線はおおよそ中くらいのテックレベルで作られている。その上で、低物理域国家を運行する場合は辺境域などの物理域問題が起こらない地域にレールが敷かれた。",
"type": "parts"
},

{ "title": "共和国環状線の輸送対象",
"description": "共和国環状線では通常列車で乗客を、貨物列車で貿易物資を輸送する。この貨物列車は兵器類の輸送には対応していないため、あくまでも民間物資のみである。",
"type": "parts"
},

{ "title": "共和国環状線の経済効果",
"description": "全国を接続し、人と物の流れを作り出す共和国環状線には、多大な経済効果を期待されている。A世界では各国の税収を5%引き上げる効果を挙げたが、B世界では未だ未知数である。",
"type": "parts"
},

{ "title": "鉄道警備員によるテロ対策",
"description": "共和国環状線各駅には対テロ訓練を受けた鉄道警備員が配備され、テロに備えられた。B世界情勢はまだまだ安定には遠く、必要な措置であった。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "にゃんにゃんライナー",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "にゃんにゃんライナーとはなにか",
"description": "共和国環状線を走る通常列車。にゃんにゃんマークが車体にあしらわれたかわいいデザインである。このほのぼのした列車が各国を走ることで、心癒された民衆もいたという",
"type": "parts"
},

{ "title": "客車の内装",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "客車の全体的デザイン",
"description": "壁際に長椅子を可能な限り設置し、椅子の上に荷物置き場を設置して壁に小さい種族用客室を設置、そして天井から吊革を垂らしただけの非常にシンプルなデザインになっている。",
"type": "parts"
},

{ "title": "客車の椅子",
"description": "高級椅子メーカーに製作を依頼しているため、結構ふかふかである。これは共和国内を一周するにはかなり長時間載っている必要があり、座り心地が悪いとそれだけで苦痛であるという理由がある。",
"type": "parts"
},

{ "title": "吊革",
"description": "文字通り吊革。人間より重い知類が乗ることも考慮して、出来る限り強度を高くしているが、基本的には人間用。",
"type": "parts"
},

{ "title": "小さい種族用客室",
"description": "人間より小さい種族、具体的には猫や犬用に、壁に棚のような小さな客室がついている。猫一人入るので精一杯だがクッションも設置してあるので割と快適。",
"type": "parts"
},

{ "title": "客車の広告用スペース",
"description": "共和国の組織ならお金を払えば使用できる広告用スペース。払ったお金は運営費、もしくは共和国の税収として使用される。また、共和国からの連絡事項が載る事もある。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "にゃんにゃんカーゴ",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "にゃんにゃんカーゴとはなにか",
"description": "共和国環状線を運行する貨物列車。にゃんにゃんライナーと同系統デザインの機関車が、色とりどりのコンテナを乗せた貨車を牽引する。そのさまは万国旗にも似ていた。",
"type": "parts"
},

{ "title": "共和国輸送用コンテナ",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "コンテナの概要",
"description": "コンテナとは、金属で製造され規格化された物品輸送のための直方体の箱である。これを使用することにより複合一貫輸送と呼ばれる円滑な輸送システムを構築することが出来る。",
"type": "parts"
},

{ "title": "コンテナの共通規格",
"description": "海運、空輸、鉄道輸送、トラック輸送など流通のコスト削減と円滑化を目的として、コンテナのサイズは厳密に規定された複数の規格が存在する。",
"type": "parts"
},

{ "title": "コンテナの耐久度",
"description": "各国の民生技術を集結し、水濡れに強く、破損しにくく、軽量な素材を使用した頑丈なものになっており、耐用年数も長く素材の再利用も計算されたコストパフォーマンスのよいものである。",
"type": "parts"
},

{ "title": "コンテナの輸送",
"description": "コンテナを運ぶためにはガントリークレーンや大型トラック、輸送貨物車などのコンテナを運ぶ機械の配備が必要となる。また、積み上げるための広いコンテナ置き場を整備する必要がある。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "にゃんにゃんイエロー",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "にゃんにゃんイエローとはなにか",
"description": "にゃんにゃんイエローとは、共和国環状線の路線点検車両である。真っ黄色のカラーリングであったためこの名で呼ばれた",
"type": "parts"
},

{ "title": "にゃんにゃんイエローの緊急運行",
"description": "にゃんにゃんイエローは路線点検が主な業務であるが、災害などの緊急時にはにゃんにゃんカーゴだけでは本数が足りないということで物資輸送にも使用された。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "鉄道整備士(一人前)",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "鉄道整備士",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "整備士の一般的服装",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "【頭部を守る帽子",
"description": "いくら整備の腕が上がったとしても、不意の事故というものは発生する可能性がある。整備職が着用している帽子は頭部を守るための金具付きのものである。整備士は各々自分にフィットしたお気に入りを一つ用意しているものである。",
"type": "parts"
},

{ "title": "丈夫なツナギ",
"description": "技術力が向上したら我が身の安全を低く考える、ということはない。むしろその逆で自分の作業する現場がいかに危険を伴う場所なのか、より一層理解するのである。その為、巻き込み防止や火傷防止のために丈夫なツナギを選択して着用している。 洗替用に複数着所持していることが多いが暑いだけでなく作業の邪魔になるだけなので重ね着するようなことはない。\n",
"type": "parts"
},

{ "title": "整備用手袋",
"description": " 整備作業を素手で行うと、怪我をする危険性が高く、また手が汚れるため、これらから保護する目的で手袋をつけることが多い。特に細かい作業が必要である場合は、薄く丈夫な皮で作られた整備用手袋を用いる。\n\n",
"type": "parts"
},

{ "title": "整備工具セット",
"description": "整備に使う工具の基本セット。持ち運べるサイズにまとめてあり、大掛かりなものは入っていない。整備対象によっては専門の工具が必要となることも多いが、最低限このセットがあれば、整備が必要な機械を前に調査や応急整備すらできないということはない。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "整備士としての心構え",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "ダブルチェックシステム",
"description": "作業者が作業を完了した後で、必ず別の者がその作業結果をチェックする。これにより、ケアレスミスの発生を防ぎ、そもそもの作業内容の勘違いといった問題を回避することができる。\n特に重要な部分はダブルといわず何度も点検を行う。",
"type": "parts"
},

{ "title": "整備作業におけるスケジュール調整",
"description": "車体整備は時間との闘いである。チーム内での技量の差を鑑み熟練者が作業を的確に割り振り、負担が集中しないよう声を掛け合い、お互いのスケジュールやタスクを確認しながら取り掛かる事が重要である。",
"type": "parts",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "班分け",
"description": "効率化のために班を分けて作業にあたる。呼び方は組織によるが、班には必ず班長を置く。班を分けることで作業指示や報告を班単位で行えるようになり、管理の手間が下がる。\nまた、班ごとに作業内容の専門化や分業化を行うことで、習熟すべき作業が結果的に少なくなり、練度の上昇が早くなる。",
"type": "parts"
},

{ "title": "命を預かる自覚",
"description": "整備に不備があれば、機械の使用者が傷ついたり、最悪の場合は命を落としたりする可能性もある。気負いすぎてもいけないが、自らの整備作業は目の前にある機械の、その先にいる人へ繋がっているという認識が、仕事への責任感と誇りとなる。",
"type": "parts"
},

{ "title": "鉄道への愛",
"description": "なぜ整備の仕事は沢山あるのに鉄道整備士になったのか。それは鉄道・・・そして電車が大好きだからである。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "一人前",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "新米",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "必要教育レベル",
"description": "文字の読み書きができ、簡単な計算能力を持ち(計算器具を使えば四則演算が正しく出来る)、周囲とのコミュニケーションが行える程度の教育が施されていることが求められる。\n学校のある藩国の場合、中学校卒業程度の能力に相当する。",
"type": "parts"
},

{ "title": "先輩の指導",
"description": "職務経験を積んだ先輩職員からの指導を受けて学ぶことができる。指導者が優秀であること、指導対象の学習態度が良好であることが、素早い成長につながる。",
"type": "parts"
},

{ "title": "作業マニュアルの遵守",
"description": "ルールとして提示された作業マニュアルを正しく守る。なぜそのマニュアルの内容に従わなければならないのかを正しく理解していなくても、守りさえすれば一定の成果を上げることはできる。\n",
"type": "parts"
},

{ "title": "指示の遵守",
"description": "上長に与えられた指示を正しく守る。指示内容がよく理解できなければ再度聞きなおして正しくその内容を把握し、不明点があればすぐにわかるものに確認することが失敗や事故の防止につながる。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "基本職業倫理",
"description": "職務にあたって守るべきとされたルールを正しく守ろうという考え方。新米でもベテランでも、ルールを守る事は共通の基本。雇用条件や生活に対する満足度、所属組織への信頼度が高ければ高いほど遵守率が上がり、低ければ下がるが、満足度が低い場合はまず雇用環境の改善を上層部に求める事が認められている。",
"type": "parts"
},

{ "title": "法令の遵守",
"description": "職務より上位のルールである国の法令を守ろうという考え方。職場で法令に反する作業指示が出た場合などに、これに異議を唱えたり外部に報告するかどうかを判断する心でもある。藩国への満足度、治安状態の良さなどによって遵守率が変動する。\n",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "一通りの実務経験",
"description": "一通りの実務を経験し、自分のやる仕事の全体像を把握、作業に慣れることで\nすべてに指示を仰がなくてもよくなる。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "主体的な行動",
"description": "作業指示を仰がなくてもよくなるということは、自分で何をするべきか考え行動することである。\n自分のことは自分で出来るようになって一人前と呼ばれる。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "作業マニュアルの意味の理解",
"description": "新人の頃作業マニュアルは書いてあることを実行するためのものだったろう。\n一人前は何故マニュアルが必要で、マニュアルに何故そう書かれているかを実務を通して理解していなければならない。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "周囲への気配り",
"description": "自分のことが自分で出来るようになってくると、周囲への気遣いをする余裕がでてくる。\n困っている新人がいれば、自分が新人だったころを思い出してフォローしてあげよう。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "作業環境の改善",
"description": "もう新人ではないのだから、自分の仕事環境は自分で整えよう。\n作業スペースを整理し、道具を揃え日々の業務がしやすいよう心がける。",
"type": "parts",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "駅員",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "駅員の業務",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "利用者の誘導案内",
"description": "土地勘のない人も利用することの多いのが駅。不安にならないように行先や順路を丁寧に教える。不安そうな顔がにっこり笑顔になることがこの仕事の誇り。\n",
"type": "parts"
},

{ "title": "構内アナウンス業務",
"description": "列車の到着、出発時に情報を伝える。マイクとスピーカーを使うところが多いが、駅によっては地声で叫ぶところもある。特徴的なイントネーションは、実は混みあっていてもよく聞こえるしゃべり方。",
"type": "parts"
},

{ "title": "運行管理と調整",
"description": "時間通りに正確にを目指している列車でもトラブルがあれば遅れる。その場合には冷静にダイヤ表を確認し、ほかの駅との連携を図る。目途がついたら、利用者を不安にさせないように情報を伝える。\n",
"type": "parts"
},

{ "title": "駅員のトラブル対応",
"description": "沢山の人が利用する駅では、日々何かのトラブルが発生する。線路への落とし物や、忘れ物。酔っぱらった利用者の介抱も時にはやらなければならない。どんなトラブルがあっても、冷静に対応するのが一流の駅員。心は焦っていても利用者を不安にさせることはない。\n",
"type": "parts"
},

{ "title": "駅の整理整頓清掃",
"description": "駅の整理整頓清掃も駅員の仕事の一つ。大きな駅では、清掃係を雇って指示をする。小さな駅では自らが率先して掃除をする。あるべきところにあるべきものがあることで、生産性が上がるだけでなく、普段と違うことが目に付くようになり、犯罪やテロの抑止にもつながる。",
"type": "parts"
},

{ "title": "改札窓口業務",
"description": "切符の販売や切符のチェックを行う業務。チェックは機械化されている駅もあるが、必ず人がいて不正がないか、困っている人がいないかを確認する。\n",
"type": "parts"
},

{ "title": "遺失物管理",
"description": "落とし物や忘れ物が届けられた場合、これを預かる。保管期間は概ね3か月程度であり、その期間内に所有者の申し出がない場合は合法的に処分される。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "駅員の持ち物",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "運行ダイヤ表",
"description": "駅構内に設けられている運行ダイヤ管理表を手のひらサイズにしたもの。覚えていることも多いが、利用者から聞かれた時確認する際にも使われる。\n\n",
"type": "parts"
},

{ "title": "ホイッスル",
"description": "楽曲の演奏や注意・警告などを目的に気体の流れを利用して音響を発生させる装置で、いわゆる「笛」の一種である。",
"type": "parts"
},

{ "title": "鉄道時計",
"description": "元々は運行時間の確認用に使われた懐中時計が始まり。今でも駅員が使う高い精度の懐中時計が、鉄道時計として使われている。\n",
"type": "parts"
},

{ "title": "切符鋏",
"description": "改札口で駅員が入構する利用者達の切符を切るための鋏(はさみ)。切符の一部を切り落とす為、総じて刃の部分は短くなっている。",
"type": "parts"
},

{ "title": "制服",
"description": "ある一定の集団や組織の所属者が着用することを目的に規定された服のことである。同じ集団内でも男性と女性の制服の格好(デザイン)が異なる場合も多い。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2809] [固定リンク][非] 共和国環状線:基本部品(0815版) 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/08/15(Tue) 01:07:20

鉄道警察隊を配備することになりました。
データが大きくなりましたので以下URLでどうぞ。
http://nisedenpa.a.la9.jp/cgi/idwiki/wiki.cgi?p=republicloopline_main


[No.2663] [固定リンク][非] プランその2:各国に王猫様をお迎えする 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/26(Wed) 11:45:51

Q1:鍋の国さんの復興には二代目王猫さまのアイドレス作成が必要とのことでしたが、B世界各国の王猫様はBの面々が連れて行ってしまい、不在だったと記憶しています。
そのため、復興のために全国的(Aから連れてきている国を除く)にB側二代目王猫さまアイドレスを作ったほうがよいと思うのですが、これは正しいでしょうか?

a1 はい。

https://twitter.com/siva_yuri/status/890038627324973056

とのことで、B側王猫様アイドレスを作成・お迎えする枝です


[No.2751] [固定リンク][非] 各国王猫様投下用枝(8/18〆切) 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/08/06(Sun) 20:57:52

○提出形式

タイトルは
国番号:国名

記事内には各国で作成した王猫様アイドレスのURLをお願いします。
(データ自体は各藩国サイトに置くことを想定しています)

で、各国1つお願いいたします。
しめきり:8月18日20時


[No.2813] [固定リンク][非] 03:FEG 投稿者:久珂あゆみ@FEG  投稿日:2017/08/15(Tue) 03:17:33


[No.2816] [固定リンク][非] 11:玄霧藩国 投稿者:玄霧弦耶@玄霧藩国  投稿日:2017/08/15(Tue) 18:52:06

締め切り遅れてすみません!

うちの王猫様になります


「王猫・テラ様」
https://www65.atwiki.jp/kurogiri_all/pages/78.html


[No.2820] [固定リンク][非] 02:akiharu国(8/19修正) 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/08/15(Tue) 20:43:52


[No.2824] [固定リンク][非] 33:無名騎士藩国 投稿者:GENZ@無名騎士藩国  投稿日:2017/08/15(Tue) 22:22:35

提出遅れてすみません。

王猫「オブシディアン」様になります。
https://www7.atwiki.jp/genz/pages/678.html

以上よろしくお願いいたします。


[No.2826] [固定リンク][非] 06:レンジャー連邦 投稿者:城 華一郎@レンジャー連邦  投稿日:2017/08/16(Wed) 00:02:15

http://0ranger.webspace.ne.jp/bbs/0ranger_tree_r_70.html

上記の通り提出いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。


[No.2828] [固定リンク][非] 04:海法よけ藩国 投稿者:近衛カケル@海法よけ藩国  投稿日:2017/08/16(Wed) 00:33:21

http://kaiho.main.jp/wforum/wforum.cgi?no=2620&reno=2512&oya=2486&mode=msgview

上記の通り提出します。よろしくお願いします。


[No.2829] [固定リンク][非] 10:世界忍者国 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2017/08/16(Wed) 22:05:50

取りまとめおつかれさまです&ありがとうございます。
以下のように提出させていただきます。

王猫:くろみゃー
http://richmam.xtr.jp/neokingdom/wforum2/view.cgi?no=1270

よろしくお願いします。

※8/20に演習を受けた自国職業の修正を反映しておりますのでよろしくお願いします。


[No.2849] [固定リンク][非] 35:ゴロネコ藩国 投稿者:YOT@ゴロネコ藩国  投稿日:2017/08/18(Fri) 00:01:44

お世話になっております。

ゴロネコ二世様です。
http://yot.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=11572761#19081052


[No.2851] [固定リンク][非] 05:鍋の国 投稿者:矢上ミサ@鍋の国  投稿日:2017/08/18(Fri) 00:34:29

お世話になっております。鍋の国です。二代目様をお連れしましたので、王猫様会議での顔合わせをお願いいたします。

https://www24.atwiki.jp/ronnyuuryuu/pages/705.html

宜しくお願いいたします。


[No.2857] [固定リンク][非] 34:リワマヒ国 投稿者:琥村@リワマヒ国  投稿日:2017/08/18(Fri) 18:51:32

お世話になっております。
リワマヒ国の2代目王猫様になります。よろしくお願いします。

https://www24.atwiki.jp/riwamahi/pages/804.html


[No.2860] [固定リンク][非] 25:羅幻王国 投稿者:羅幻雅貴@羅幻王国  投稿日:2017/08/18(Fri) 20:18:22

遅れまして誠に申し訳ありません。
羅幻王国の王猫、マヘスを提出致します。

http://ragen.s7.xrea.com/ID/summit/wforum.cgi?mode=read&no=279&reno=277&oya=32&page=0#279

以上、よろしくお願いします。
重ね重ねですが、遅れまして誠に申し訳ありませんでした。


[No.2863] [固定リンク][非] 01:るしにゃん王国 投稿者:クレール@るしにゃん王国  投稿日:2017/08/18(Fri) 22:02:42

遅くなりまして申し訳ありません。
るしにゃん王国のB世界の王猫、ミュシャ様を提出いたします。

https://www35.atwiki.jp/namu/pages/101.html

よろしくお願いいたします。


[No.2865] [固定リンク][非] 15:ナニワアームズ商藩国 投稿者:暮里あづま@ナニワアームズ商藩国  投稿日:2017/08/19(Sat) 01:52:16

取りまとめありがとうございます。

遅くなりまして申し訳ありません。
日にちを勘違いしておりました。

ナニワの王猫様提出させていただきます。

https://www22.atwiki.jp/naniwaarms/pages/540.html

どうぞよろしくお願いいたします。


[No.2872] [固定リンク][非] 24:紅葉国 投稿者:紅葉ルウシィ@紅葉国  投稿日:2017/08/19(Sat) 16:44:09

遅くなりまして申し訳ありません。
下記の通り作成しました。

https://sites.google.com/a/sevenspirals.net/koyo/idress-work/momiji


[No.3018] [固定リンク][非] 16:フィーブル藩国 投稿者:戯言屋@フィーブル藩国  投稿日:2017/08/20(Sun) 17:33:28

【二代目王猫パーカー】  評価9
 http://zaregotobeya.onmitsu.jp/ouneko.html


[No.2664] [固定リンク][非] 作戦案ツリー 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/26(Wed) 23:36:06

197の作戦案を作っていくツリーです


[No.2665] [固定リンク][非] 作戦案170726版 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/26(Wed) 23:36:35

○現在想定している流れ

・大前提
復興開始はT20「現在」。迷宮から出てきてなんやかんやあり、そして最近akiharu国が独立したりした時系列。

・ステップ1:各国の王猫様(B)アイドレスを作成する

立国中に藩国が壊滅したり、また迷宮後にはBの面々に連れて行かれてしまっているので、
現在各国には王猫様が存在しません。これでは藩国の成立条件を満たさないので、
王猫様アイドレスを作成し、新たにお迎えする必要が有ります。

王猫様は評価5〜15で自由(1匹しか存在しないので)とのことで、
全国共同で職業「王猫」を作成してそれを組み込むという案が出ています。


・ステップ2:藩国船を再起動し、各国地形・環境を再生成する

設問202での各国独自地形や、各人種アイドレス固有の環境を再生開始します。
これはステップ2と平行して行い、水場・緑地など、人々の生存に必要な地形を優先します。

・ステップ3:国民が生きていくための施設を建設する

生きていくための最低限インフラを整えた後、設問199の施設を計画的に建設します。
また、復興が完了するまでの一時的な働き口として、設定国民に建設に従事してもらいます。

建設優先順は
1:住むところのない人々のための仮設住居
2:水場地形を利用した水道(浄水施設など含む)
3:農産・畜産施設など、食料確保のための施設
4:工場・採掘場などの働き口
5:教育施設
6:娯楽施設


・ステップ4:治安維持と食料配給

ステップ2〜3で生活が安定するまでの間、食料配給を行い、
また治安維持に務める。

#治安維持ってこれどうやろう? 既存警官部隊とか多分全部使えない


・ステップ5:支配者真実の開示

ステップ4までで人々の生活が安定してきた時期に実行。
復興によって実績を積み立てた上で、我々の正体は本来のこの世界の支配者ではなく、
別の世界からやって来た、似て非なる歴史を歩んだ存在であることを開示し、
それでもこの世界の統治を誠心誠意行うことを宣言する

#代表声明として、ダガーマンに出てもらう?


・ステップ6:共和国全体事業・共和国環状線の建設

ステップ5の混乱が落ち着いてきた頃に実行。
各国に駅ビルを設置し、それをつなぐ共和国環状線を建設。
全国規模の物流を復活させ、共和国全体としてのつながりを強める。


・ステップ7:中央銀行の設立

余裕があったら最後に。


[No.2670] [固定リンク][非] 復興計画(仮)編集1234 投稿者:久珂あゆみ@FEG  投稿日:2017/07/27(Thu) 16:21:29

*部品構造

-大部品: 共和国復興計画 RD:46 評価値:9
--部品: 前提
--部品: 利益の一極集中防止
--大部品: 雇用について RD:2 評価値:1
---部品: 雇用の目的
---部品: 求人内容
--部品: 建設優先順
--大部品: 仮設住宅村設置 RD:10 評価値:5
---部品: 設置の目的
---大部品: 仮設住宅 RD:1 評価値:0
----部品: 仮設住宅概要
---大部品: 仮設トイレ RD:1 評価値:0
----部品: 仮設トイレ概要
---大部品: 炊き出し RD:1 評価値:0
----部品: 炊き出しとは
---部品: プライバシーへの配慮
---部品: 犯罪、性犯罪の防止
---部品: 健康への配慮
---部品: 衛生への配慮
---部品: 生活必需品の配給
---部品: ストレスへの配慮
--大部品: 水場地形を利用した水道(浄水施設など含む) RD:31 評価値:8
---大部品: 水道施設 RD:31 評価値:8
----大部品: 水道施設概要 RD:2 評価値:1
-----部品: 水道施設とは(説明)
-----部品: 安全な水
----大部品: 浄水場 RD:14 評価値:6
-----大部品: 上水道 RD:3 評価値:2
------部品: 上水道の定義
------部品: 命に欠かせないもの
------部品: 安全対策
-----部品: 浄水場の効果
-----部品: ろ過技術のはじまり
-----部品: 水の価値
-----大部品: 浄水システム RD:8 評価値:5
------部品: 取水設備
------部品: 沈砂池(浄水場)
------部品: 導水パイプ
------部品: 着水井
------部品: 薬品混和池
------部品: ろ過池
------部品: 配水池
------部品: 配水管
----大部品: 中水道 RD:2 評価値:1
-----部品: 中水道の定義
-----部品: 中水道の意義
----大部品: 下水処理場 RD:13 評価値:6
-----大部品: 下水道 RD:2 評価値:1
------部品: 下水道の定義
------部品: 環境対策
-----大部品: 下水処理システム RD:11 評価値:5
------部品: 下水管
------部品: 沈砂池(下水処理場)
------部品: 最初沈殿池
------部品: スカム除去装置
------部品: 反応タンク
------部品: 最終沈殿池
------部品: 高度処理
------部品: 消毒施設
------部品: 汚泥処理施設
------部品: 処理水の再利用
------部品: 汚泥の再利用
--大部品: 農産・畜産施設など、食料確保のための施設 RD:0 評価値:0
--大部品: 工場・採掘場などの働き口 RD:0 評価値:0
--大部品: 教育施設 RD:0 評価値:0
--大部品: 娯楽施設 RD:0 評価値:0



*部品定義

**部品: 前提
この計画は共和国の各国の人々が
あくまで各国のスタイルに合わせた形にするとし、無理に推し進めるものではない。
時間の経過などによって状況が変わった場合は計画の一部破棄、などもありうる。
例:仮設住宅の設置が計画に含まれているが、時間の経過ですでにその必要がなくなっている場合など

**部品: 利益の一極集中防止
今回の事業は公共事業であり、国民のインフラを整えるために実行される。
利益は国民の糧となり、明日の生活の基盤となるべきであり、特定の団体個人の利益のために行われるものではない。
必要以上の資金の偏りや中抜きには注意をしこれを予防する。

これはクロスアクシアなどの介入を防ぐ目的もる。

**部品: 雇用の目的
復興が完了するまでの一時的な働き口として、設定国民に施設建設に従事してもらうことで、対価を支払いああああ

**部品: 求人内容
主に、土木建築系の仕事となるがその他 整地のためのI=Dを動かすパイロットやコパイロット、またそれを整備する整備士。農園に適した土地を見定めるための農業従事者の協力なども考えられる。

**部品: 建設優先順
1:住むところのない人々のための仮設住居
2:水場地形を利用した水道(浄水施設など含む)
3:農産・畜産施設など、食料確保のための施設
4:工場・採掘場などの働き口
5:教育施設
6:娯楽施設

**部品: 設置の目的
復興が進んでいく中で生活が安定するまでの仮の住居を設置することで、まず雨、風、日差しなどから身を守り。健康を損なうことないよう保護を行う。
またプライベートな空間を作ることでストレスの軽減効果も見込める。

**部品: 仮設住宅概要
災害などで居住できる住家を失い、自らの資金では住宅を新たに得ることのできない人に対し、行政が貸与する仮の住宅。
主にプレハブ素材でできており、規格を統一することで安く、早く設置ができる。プライベートと安全に配慮し鍵は必ず設置されている。
最低限の生活必需品も配置してある。

**部品: 仮設トイレ概要
元々トイレが無い場所、もしくは不足する場所に、一時的に設置される簡易式のトイレ。
下水道の上に直接設置されて汚物を流下させるタイプと
汚物を溜めるタンク(便槽)などを下に置いた汲み取り式タイプがある。
後者については特に衛生面、臭気への対応が必要となる。

**部品: 炊き出しとは
炊き出しとは避難者や、さまざまな理由で困窮した状況下にある多数の人を対象として、料理やその他の食料を無償提供する行動である。

**部品: プライバシーへの配慮
仮設住宅村で問題となってくるのがプライバシーの侵害だろう。
仮設住宅はその構造上壁も薄く、窓もすりガラスなどではない。
カーテンの配布、住民同士の連携、相談によって対応する。

**部品: 犯罪、性犯罪の防止
避難生活というストレスを抱える状態一時的とはいえ集団生活になれば、犯罪の問題も出てくる。
窃盗、暴行、性犯罪 およびそれらから発展した殺人まで考えられるが
それらは当然に法の下で裁かれることを周知し
法の司、護民官と連携しつつ 定期的な警察官の巡回で対応する。


**部品: 健康への配慮
避難生活で困るのは体調を崩したときである。
突然の病気はもちろんのこと、持病がある人、妊婦、怪我がある人。
理由は様々であるがこれらは放っておくことはできない。
医者の定期的巡回、健康相談所の設置にて対応する。

**部品: 衛生への配慮
汗やほこりで身体および衣服は日々汚れていく。
それらを清潔に保てないのはストレスや健康阻害をひきおこす。
水の確保が出来てからにはなるが、簡易シャワーや手洗い場、洗濯施設なども必要になってくる。


**部品: 生活必需品の配給
希望する物すべてを提供できるわけではないが、一部の生活必需品については
可能な限り支援をする。ベビー用品・オーラルケア用品・トイレ、オムツ用品・台所用品・生理用品・避妊具などがあげられるだろう。

**部品: ストレスへの配慮
避難生活というのはストレスが溜まるものである。
カウンセラーの派遣、娯楽の提供などでこれを緩和し
体力のあるものは復興事業への参加を推奨する。

**部品: 水道施設とは(説明)
ここでいう水道施設とは、上中下水道をまとめて指したものであり、浄水場を含む水の循環システムとして取り扱う。

**部品: 安全な水
集落が集まり国となった今、藩国に欠かせない施設として大切に運用されている。全ての藩国民のみならず、旅行客の喉を潤す水は藩国の宝のひとつと言っても過言ではない。

**部品: 上水道の定義
飲用可能な水の供給設備を指す。浄水を完了した安全な飲料用水を安価に、確実に藩国各地に供給する、重要な国家事業である。

**部品: 命に欠かせないもの
ほぼ全ての生命は空気と水がないと生きていけない。飲み水を確保するのは生活をする上で第一に考える事であろう。

**部品: 安全対策
安全な飲料用水を提供するため、飲料用水の成分は厳密に規制される。有害物質検査はもちろんのこと、消毒等のために投入される薬品等も法によって規定される。特に人体に影響を及ぼす成分については、どんなに有益なものであっても飲料用水への混入は許されない。(必要であれば薬品として別に提供される)

**部品: 浄水場の効果
ダムや、川から水を引き入れ、飲料と出来るレベルに浄化する設備である。飲料とするための厳しいチェックが行われる。

**部品: ろ過技術のはじまり
まず雨水や川の水を、石、炭、砂、草などで濾す装置から始まった。身近な材料で作れるのが利点だったが、そのままでは衛生的に心配だったため煮沸してから初めて「飲料水」と呼べる物になった。

**部品: 水の価値
建国当時は小さなろ過装置だけだったが、人が集まり大量の水が必要とされ、このままでは高値で水を売りつける良からぬ者も出てくるだろう。皆安全で平等に飲める水を確保するため、各集落、自治体は浄水施設の建設に乗り出す。

**部品: 取水設備
ダムや川から水を取り入れる設備であり、「取水塔」や「取水堰」などがある。沈砂池へ水を運ぶ役割がある。

**部品: 沈砂池(浄水場)
そのまま浄水施設に水を取り入れるとポンプや設備が痛む可能性があるので一度ここで流水の中から大きな砂や土などを沈殿させて取り除く。
基本は丈夫な鉄筋コンクリート製。堆砂のため長方形の池が主要な構造になっている。上澄みだけを流出させるよう内部の水面上に堰が作られている。
寒冷地では屋根が設けられることもある。


**部品: 導水パイプ
沈砂池で大きな石や砂が取り除かれた水を浄水場へ運ぶためのパイプ。トンネルや大きな管などで出来ている。

**部品: 着水井
アアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: 薬品混和池
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: ろ過池
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: 配水池
アアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: 配水管
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: 中水道の定義
生活排水や産業排水を処理して循環利用する設備のうち、特に人体と接することのないものについて指す。トイレ用水や公園の噴水等が主な使途である。

**部品: 中水道の意義
すべての水資源を完全に浄水するのは非効率である。主に人体に接することがなく、かつ浄水を簡略化して循環利用できるものについて中水道を使用することで、コストの削減や施設寿命の向上等が期待できる。

**部品: 下水道の定義
雨水や汚水等を集積したのち、公共用水域に排出するための設備。過度の環境汚染を防ぐため、特段の配慮が求められる設備でもある。

**部品: 環境対策
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: 下水管
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: 沈砂池(下水処理場)
基本的に浄水場の沈砂池と目的は一緒である。処理の前に大きなゴミや砂を取り除き水を浄化するための準備をする。
ただし、こちらは汚水を取り扱っているためよりゴミが混じる可能性が高く、排除と衛生面に留意しなければならないだろう。
粗目スクリーン、沈砂処理設備などが設置されている。

**部品: 最初沈殿池
アアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: スカム除去装置
アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: 反応タンク
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: 最終沈殿池
アアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: 高度処理
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: 消毒施設
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: 汚泥処理施設
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: 処理水の再利用
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

**部品: 汚泥の再利用
アアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ



*提出書式

大部品: 共和国復興計画 RD:46 評価値:9
-部品: 前提
-部品: 利益の一極集中防止
-大部品: 雇用について RD:2 評価値:1
--部品: 雇用の目的
--部品: 求人内容
-部品: 建設優先順
-大部品: 仮設住宅村設置 RD:10 評価値:5
--部品: 設置の目的
--大部品: 仮設住宅 RD:1 評価値:0
---部品: 仮設住宅概要
--大部品: 仮設トイレ RD:1 評価値:0
---部品: 仮設トイレ概要
--大部品: 炊き出し RD:1 評価値:0
---部品: 炊き出しとは
--部品: プライバシーへの配慮
--部品: 犯罪、性犯罪の防止
--部品: 健康への配慮
--部品: 衛生への配慮
--部品: 生活必需品の配給
--部品: ストレスへの配慮
-大部品: 水場地形を利用した水道(浄水施設など含む) RD:31 評価値:8
--大部品: 水道施設 RD:31 評価値:8
---大部品: 水道施設概要 RD:2 評価値:1
----部品: 水道施設とは(説明)
----部品: 安全な水
---大部品: 浄水場 RD:14 評価値:6
----大部品: 上水道 RD:3 評価値:2
-----部品: 上水道の定義
-----部品: 命に欠かせないもの
-----部品: 安全対策
----部品: 浄水場の効果
----部品: ろ過技術のはじまり
----部品: 水の価値
----大部品: 浄水システム RD:8 評価値:5
-----部品: 取水設備
-----部品: 沈砂池(浄水場)
-----部品: 導水パイプ
-----部品: 着水井
-----部品: 薬品混和池
-----部品: ろ過池
-----部品: 配水池
-----部品: 配水管
---大部品: 中水道 RD:2 評価値:1
----部品: 中水道の定義
----部品: 中水道の意義
---大部品: 下水処理場 RD:13 評価値:6
----大部品: 下水道 RD:2 評価値:1
-----部品: 下水道の定義
-----部品: 環境対策
----大部品: 下水処理システム RD:11 評価値:5
-----部品: 下水管
-----部品: 沈砂池(下水処理場)
-----部品: 最初沈殿池
-----部品: スカム除去装置
-----部品: 反応タンク
-----部品: 最終沈殿池
-----部品: 高度処理
-----部品: 消毒施設
-----部品: 汚泥処理施設
-----部品: 処理水の再利用
-----部品: 汚泥の再利用
-大部品: 農産・畜産施設など、食料確保のための施設 RD:0 評価値:0
-大部品: 工場・採掘場などの働き口 RD:0 評価値:0
-大部品: 教育施設 RD:0 評価値:0
-大部品: 娯楽施設 RD:0 評価値:0


部品: 前提
この計画は共和国の各国の人々が
あくまで各国のスタイルに合わせた形にするとし、無理に推し進めるものではない。
時間の経過などによって状況が変わった場合は計画の一部破棄、などもありうる。
例:仮設住宅の設置が計画に含まれているが、時間の経過ですでにその必要がなくなっている場合など

部品: 利益の一極集中防止
今回の事業は公共事業であり、国民のインフラを整えるために実行される。
利益は国民の糧となり、明日の生活の基盤となるべきであり、特定の団体個人の利益のために行われるものではない。
必要以上の資金の偏りや中抜きには注意をしこれを予防する。

これはクロスアクシアなどの介入を防ぐ目的もる。

部品: 雇用の目的
復興が完了するまでの一時的な働き口として、設定国民に施設建設に従事してもらうことで、対価を支払いああああ

部品: 求人内容
主に、土木建築系の仕事となるがその他 整地のためのI=Dを動かすパイロットやコパイロット、またそれを整備する整備士。農園に適した土地を見定めるための農業従事者の協力なども考えられる。

部品: 建設優先順
1:住むところのない人々のための仮設住居
2:水場地形を利用した水道(浄水施設など含む)
3:農産・畜産施設など、食料確保のための施設
4:工場・採掘場などの働き口
5:教育施設
6:娯楽施設

部品: 設置の目的
復興が進んでいく中で生活が安定するまでの仮の住居を設置することで、まず雨、風、日差しなどから身を守り。健康を損なうことないよう保護を行う。
またプライベートな空間を作ることでストレスの軽減効果も見込める。

部品: 仮設住宅概要
災害などで居住できる住家を失い、自らの資金では住宅を新たに得ることのできない人に対し、行政が貸与する仮の住宅。
主にプレハブ素材でできており、規格を統一することで安く、早く設置ができる。プライベートと安全に配慮し鍵は必ず設置されている。
最低限の生活必需品も配置してある。

部品: 仮設トイレ概要
元々トイレが無い場所、もしくは不足する場所に、一時的に設置される簡易式のトイレ。
下水道の上に直接設置されて汚物を流下させるタイプと
汚物を溜めるタンク(便槽)などを下に置いた汲み取り式タイプがある。
後者については特に衛生面、臭気への対応が必要となる。

部品: 炊き出しとは
炊き出しとは避難者や、さまざまな理由で困窮した状況下にある多数の人を対象として、料理やその他の食料を無償提供する行動である。

部品: プライバシーへの配慮
仮設住宅村で問題となってくるのがプライバシーの侵害だろう。
仮設住宅はその構造上壁も薄く、窓もすりガラスなどではない。
カーテンの配布、住民同士の連携、相談によって対応する。

部品: 犯罪、性犯罪の防止
避難生活というストレスを抱える状態一時的とはいえ集団生活になれば、犯罪の問題も出てくる。
窃盗、暴行、性犯罪 およびそれらから発展した殺人まで考えられるが
それらは当然に法の下で裁かれることを周知し
法の司、護民官と連携しつつ 定期的な警察官の巡回で対応する。


部品: 健康への配慮
避難生活で困るのは体調を崩したときである。
突然の病気はもちろんのこと、持病がある人、妊婦、怪我がある人。
理由は様々であるがこれらは放っておくことはできない。
医者の定期的巡回、健康相談所の設置にて対応する。

部品: 衛生への配慮
汗やほこりで身体および衣服は日々汚れていく。
それらを清潔に保てないのはストレスや健康阻害をひきおこす。
水の確保が出来てからにはなるが、簡易シャワーや手洗い場、洗濯施設なども必要になってくる。


部品: 生活必需品の配給
希望する物すべてを提供できるわけではないが、一部の生活必需品については
可能な限り支援をする。ベビー用品・オーラルケア用品・トイレ、オムツ用品・台所用品・生理用品・避妊具などがあげられるだろう。

部品: ストレスへの配慮
避難生活というのはストレスが溜まるものである。
カウンセラーの派遣、娯楽の提供などでこれを緩和し
体力のあるものは復興事業への参加を推奨する。

部品: 水道施設とは(説明)
ここでいう水道施設とは、上中下水道をまとめて指したものであり、浄水場を含む水の循環システムとして取り扱う。

部品: 安全な水
集落が集まり国となった今、藩国に欠かせない施設として大切に運用されている。全ての藩国民のみならず、旅行客の喉を潤す水は藩国の宝のひとつと言っても過言ではない。

部品: 上水道の定義
飲用可能な水の供給設備を指す。浄水を完了した安全な飲料用水を安価に、確実に藩国各地に供給する、重要な国家事業である。

部品: 命に欠かせないもの
ほぼ全ての生命は空気と水がないと生きていけない。飲み水を確保するのは生活をする上で第一に考える事であろう。

部品: 安全対策
安全な飲料用水を提供するため、飲料用水の成分は厳密に規制される。有害物質検査はもちろんのこと、消毒等のために投入される薬品等も法によって規定される。特に人体に影響を及ぼす成分については、どんなに有益なものであっても飲料用水への混入は許されない。(必要であれば薬品として別に提供される)

部品: 浄水場の効果
ダムや、川から水を引き入れ、飲料と出来るレベルに浄化する設備である。飲料とするための厳しいチェックが行われる。

部品: ろ過技術のはじまり
まず雨水や川の水を、石、炭、砂、草などで濾す装置から始まった。身近な材料で作れるのが利点だったが、そのままでは衛生的に心配だったため煮沸してから初めて「飲料水」と呼べる物になった。

部品: 水の価値
建国当時は小さなろ過装置だけだったが、人が集まり大量の水が必要とされ、このままでは高値で水を売りつける良からぬ者も出てくるだろう。皆安全で平等に飲める水を確保するため、各集落、自治体は浄水施設の建設に乗り出す。

部品: 取水設備
ダムや川から水を取り入れる設備であり、「取水塔」や「取水堰」などがある。沈砂池へ水を運ぶ役割がある。

部品: 沈砂池(浄水場)
そのまま浄水施設に水を取り入れるとポンプや設備が痛む可能性があるので一度ここで流水の中から大きな砂や土などを沈殿させて取り除く。
基本は丈夫な鉄筋コンクリート製。堆砂のため長方形の池が主要な構造になっている。上澄みだけを流出させるよう内部の水面上に堰が作られている。
寒冷地では屋根が設けられることもある。


部品: 導水パイプ
沈砂池で大きな石や砂が取り除かれた水を浄水場へ運ぶためのパイプ。トンネルや大きな管などで出来ている。

部品: 着水井
アアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 薬品混和池
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: ろ過池
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 配水池
アアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 配水管
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 中水道の定義
生活排水や産業排水を処理して循環利用する設備のうち、特に人体と接することのないものについて指す。トイレ用水や公園の噴水等が主な使途である。

部品: 中水道の意義
すべての水資源を完全に浄水するのは非効率である。主に人体に接することがなく、かつ浄水を簡略化して循環利用できるものについて中水道を使用することで、コストの削減や施設寿命の向上等が期待できる。

部品: 下水道の定義
雨水や汚水等を集積したのち、公共用水域に排出するための設備。過度の環境汚染を防ぐため、特段の配慮が求められる設備でもある。

部品: 環境対策
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 下水管
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 沈砂池(下水処理場)
基本的に浄水場の沈砂池と目的は一緒である。処理の前に大きなゴミや砂を取り除き水を浄化するための準備をする。
ただし、こちらは汚水を取り扱っているためよりゴミが混じる可能性が高く、排除と衛生面に留意しなければならないだろう。
粗目スクリーン、沈砂処理設備などが設置されている。

部品: 最初沈殿池
アアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: スカム除去装置
アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 反応タンク
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 最終沈殿池
アアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 高度処理
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 消毒施設
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 汚泥処理施設
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 処理水の再利用
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

部品: 汚泥の再利用
アアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ




*インポート用定義データ


[
{ "title": "共和国復興計画",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "前提",
"description": "この計画は共和国の各国の人々が\nあくまで各国のスタイルに合わせた形にするとし、無理に推し進めるものではない。\n時間の経過などによって状況が変わった場合は計画の一部破棄、などもありうる。\n例:仮設住宅の設置が計画に含まれているが、時間の経過ですでにその必要がなくなっている場合など",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "利益の一極集中防止",
"description": "今回の事業は公共事業であり、国民のインフラを整えるために実行される。\n利益は国民の糧となり、明日の生活の基盤となるべきであり、特定の団体個人の利益のために行われるものではない。\n必要以上の資金の偏りや中抜きには注意をしこれを予防する。\n\nこれはクロスアクシアなどの介入を防ぐ目的もる。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "雇用について",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "雇用の目的",
"description": "復興が完了するまでの一時的な働き口として、設定国民に施設建設に従事してもらうことで、対価を支払いああああ",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "求人内容",
"description": "主に、土木建築系の仕事となるがその他 整地のためのI=Dを動かすパイロットやコパイロット、またそれを整備する整備士。農園に適した土地を見定めるための農業従事者の協力なども考えられる。",
"type": "parts",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "建設優先順",
"description": "1:住むところのない人々のための仮設住居\n2:水場地形を利用した水道(浄水施設など含む)\n3:農産・畜産施設など、食料確保のための施設\n4:工場・採掘場などの働き口\n5:教育施設\n6:娯楽施設",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "仮設住宅村設置",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "設置の目的",
"description": "復興が進んでいく中で生活が安定するまでの仮の住居を設置することで、まず雨、風、日差しなどから身を守り。健康を損なうことないよう保護を行う。\nまたプライベートな空間を作ることでストレスの軽減効果も見込める。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "仮設住宅",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "仮設住宅概要",
"description": "災害などで居住できる住家を失い、自らの資金では住宅を新たに得ることのできない人に対し、行政が貸与する仮の住宅。\n主にプレハブ素材でできており、規格を統一することで安く、早く設置ができる。プライベートと安全に配慮し鍵は必ず設置されている。\n最低限の生活必需品も配置してある。",
"type": "parts",
"expanded": true
}
],
"expanded": false
},

{ "title": "仮設トイレ",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "仮設トイレ概要",
"description": "元々トイレが無い場所、もしくは不足する場所に、一時的に設置される簡易式のトイレ。\n下水道の上に直接設置されて汚物を流下させるタイプと\n汚物を溜めるタンク(便槽)などを下に置いた汲み取り式タイプがある。\n後者については特に衛生面、臭気への対応が必要となる。",
"type": "parts",
"expanded": true
}
],
"expanded": false
},

{ "title": "炊き出し",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "炊き出しとは",
"description": "炊き出しとは避難者や、さまざまな理由で困窮した状況下にある多数の人を対象として、料理やその他の食料を無償提供する行動である。",
"type": "parts",
"expanded": true
}
],
"expanded": false
},

{ "title": "プライバシーへの配慮",
"description": "仮設住宅村で問題となってくるのがプライバシーの侵害だろう。\n仮設住宅はその構造上壁も薄く、窓もすりガラスなどではない。\nカーテンの配布、住民同士の連携、相談によって対応する。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "犯罪、性犯罪の防止",
"description": "避難生活というストレスを抱える状態一時的とはいえ集団生活になれば、犯罪の問題も出てくる。\n窃盗、暴行、性犯罪 およびそれらから発展した殺人まで考えられるが\nそれらは当然に法の下で裁かれることを周知し\n法の司、護民官と連携しつつ 定期的な警察官の巡回で対応する。\n",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "健康への配慮",
"description": "避難生活で困るのは体調を崩したときである。\n突然の病気はもちろんのこと、持病がある人、妊婦、怪我がある人。\n理由は様々であるがこれらは放っておくことはできない。\n医者の定期的巡回、健康相談所の設置にて対応する。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "衛生への配慮",
"description": "汗やほこりで身体および衣服は日々汚れていく。\nそれらを清潔に保てないのはストレスや健康阻害をひきおこす。\n水の確保が出来てからにはなるが、簡易シャワーや手洗い場、洗濯施設なども必要になってくる。\n",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "生活必需品の配給",
"description": "希望する物すべてを提供できるわけではないが、一部の生活必需品については\n可能な限り支援をする。ベビー用品・オーラルケア用品・トイレ、オムツ用品・台所用品・生理用品・避妊具などがあげられるだろう。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "ストレスへの配慮",
"description": "避難生活というのはストレスが溜まるものである。\nカウンセラーの派遣、娯楽の提供などでこれを緩和し\n体力のあるものは復興事業への参加を推奨する。",
"type": "parts",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "水場地形を利用した水道(浄水施設など含む)",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "水道施設",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "水道施設概要",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "水道施設とは(説明)",
"description": "ここでいう水道施設とは、上中下水道をまとめて指したものであり、浄水場を含む水の循環システムとして取り扱う。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "安全な水",
"description": "集落が集まり国となった今、藩国に欠かせない施設として大切に運用されている。全ての藩国民のみならず、旅行客の喉を潤す水は藩国の宝のひとつと言っても過言ではない。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": false
},

{ "title": "浄水場",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "上水道",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "上水道の定義",
"description": "飲用可能な水の供給設備を指す。浄水を完了した安全な飲料用水を安価に、確実に藩国各地に供給する、重要な国家事業である。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "命に欠かせないもの",
"description": "ほぼ全ての生命は空気と水がないと生きていけない。飲み水を確保するのは生活をする上で第一に考える事であろう。",
"type": "parts"
},

{ "title": "安全対策",
"description": "安全な飲料用水を提供するため、飲料用水の成分は厳密に規制される。有害物質検査はもちろんのこと、消毒等のために投入される薬品等も法によって規定される。特に人体に影響を及ぼす成分については、どんなに有益なものであっても飲料用水への混入は許されない。(必要であれば薬品として別に提供される)",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "浄水場の効果",
"description": "ダムや、川から水を引き入れ、飲料と出来るレベルに浄化する設備である。飲料とするための厳しいチェックが行われる。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "ろ過技術のはじまり",
"description": "まず雨水や川の水を、石、炭、砂、草などで濾す装置から始まった。身近な材料で作れるのが利点だったが、そのままでは衛生的に心配だったため煮沸してから初めて「飲料水」と呼べる物になった。",
"type": "parts"
},

{ "title": "水の価値",
"description": "建国当時は小さなろ過装置だけだったが、人が集まり大量の水が必要とされ、このままでは高値で水を売りつける良からぬ者も出てくるだろう。皆安全で平等に飲める水を確保するため、各集落、自治体は浄水施設の建設に乗り出す。",
"type": "parts"
},

{ "title": "浄水システム",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "取水設備",
"description": "ダムや川から水を取り入れる設備であり、「取水塔」や「取水堰」などがある。沈砂池へ水を運ぶ役割がある。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "沈砂池(浄水場)",
"description": "そのまま浄水施設に水を取り入れるとポンプや設備が痛む可能性があるので一度ここで流水の中から大きな砂や土などを沈殿させて取り除く。\n基本は丈夫な鉄筋コンクリート製。堆砂のため長方形の池が主要な構造になっている。上澄みだけを流出させるよう内部の水面上に堰が作られている。\n寒冷地では屋根が設けられることもある。\n",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "導水パイプ",
"description": "沈砂池で大きな石や砂が取り除かれた水を浄水場へ運ぶためのパイプ。トンネルや大きな管などで出来ている。",
"type": "parts"
},

{ "title": "着水井",
"description": "アアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts"
},

{ "title": "薬品混和池",
"description": "あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts"
},

{ "title": "ろ過池",
"description": "ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts"
},

{ "title": "配水池",
"description": "アアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts"
},

{ "title": "配水管",
"description": "ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "中水道",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "中水道の定義",
"description": "生活排水や産業排水を処理して循環利用する設備のうち、特に人体と接することのないものについて指す。トイレ用水や公園の噴水等が主な使途である。",
"type": "parts"
},

{ "title": "中水道の意義",
"description": "すべての水資源を完全に浄水するのは非効率である。主に人体に接することがなく、かつ浄水を簡略化して循環利用できるものについて中水道を使用することで、コストの削減や施設寿命の向上等が期待できる。",
"type": "parts"
}
],
"expanded": false
},

{ "title": "下水処理場",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "下水道",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "下水道の定義",
"description": "雨水や汚水等を集積したのち、公共用水域に排出するための設備。過度の環境汚染を防ぐため、特段の配慮が求められる設備でもある。",
"type": "parts"
},

{ "title": "環境対策",
"description": "ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "下水処理システム",
"type": "group",
"children":
[
{ "title": "下水管",
"description": "ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts"
},

{ "title": "沈砂池(下水処理場)",
"description": "基本的に浄水場の沈砂池と目的は一緒である。処理の前に大きなゴミや砂を取り除き水を浄化するための準備をする。\nただし、こちらは汚水を取り扱っているためよりゴミが混じる可能性が高く、排除と衛生面に留意しなければならないだろう。\n粗目スクリーン、沈砂処理設備などが設置されている。",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "最初沈殿池",
"description": "アアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "スカム除去装置",
"description": "アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts"
},

{ "title": "反応タンク",
"description": "ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "最終沈殿池",
"description": "アアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "高度処理",
"description": "ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts",
"expanded": true
},

{ "title": "消毒施設",
"description": "ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts"
},

{ "title": "汚泥処理施設",
"description": "ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts"
},

{ "title": "処理水の再利用",
"description": "ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」",
"type": "parts"
},

{ "title": "汚泥の再利用",
"description": "アアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"type": "parts"
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
},

{ "title": "農産・畜産施設など、食料確保のための施設",
"type": "group",
"children": [],
"expanded": true
},

{ "title": "工場・採掘場などの働き口",
"type": "group",
"children": [],
"expanded": true
},

{ "title": "教育施設",
"type": "group",
"children": [],
"expanded": true
},

{ "title": "娯楽施設",
"type": "group",
"children": [],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.2810] [固定リンク][非] 復興計画0815版 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/08/15(Tue) 01:50:44

水道周りの部品構造修正
浄水場の部品追加(@久珂)

*部品構造

-大部品: 共和国復興計画 RD:48 評価値:9
--部品: 前提
--部品: 利益の一極集中防止
--大部品: 雇用について RD:2 評価値:1
---部品: 雇用の目的
---部品: 求人内容
--部品: 建設優先順
--大部品: 仮設住宅村設置 RD:10 評価値:5
---部品: 設置の目的
---大部品: 仮設住宅 RD:1 評価値:0
----部品: 仮設住宅概要
---大部品: 仮設トイレ RD:1 評価値:0
----部品: 仮設トイレ概要
---大部品: 炊き出し RD:1 評価値:0
----部品: 炊き出しとは
---部品: プライバシーへの配慮
---部品: 犯罪、性犯罪の防止
---部品: 健康への配慮
---部品: 衛生への配慮
---部品: 生活必需品の配給
---部品: ストレスへの配慮
--大部品: 水場地形を利用した水道(浄水施設など含む) RD:33 評価値:8
---大部品: 水道施設 RD:20 評価値:7
----大部品: 水道施設概要 RD:2 評価値:1
-----部品: 水道施設とは(説明)
-----部品: 安全な水
----大部品: 浄水場 RD:16 評価値:6
-----大部品: 上水道 RD:3 評価値:2
------部品: 上水道の定義
------部品: 命に欠かせないもの
------部品: 安全対策
-----部品: 浄水場の効果
-----部品: ろ過技術のはじまり
-----部品: 水の価値
-----大部品: 浄水システム RD:10 評価値:5
------部品: 取水設備
------部品: 沈砂池(浄水場)
------部品: 導水パイプ
------部品: 着水井
------部品: 薬品混和池
------部品: フロック形成池
------部品: ろ過池
------部品: 浄水池
------部品: 配水池
------部品: 配水管
----大部品: 中水道 RD:2 評価値:1
-----部品: 中水道の定義
-----部品: 中水道の意義
---大部品: 下水処理場 RD:13 評価値:6
----大部品: 下水道 RD:2 評価値:1
-----部品: 下水道の定義
-----部品: 環境対策
----大部品: 下水処理システム RD:11 評価値:5
-----部品: 下水管
-----部品: 沈砂池(下水処理場)
-----部品: 最初沈殿池
-----部品: スカム除去装置
-----部品: 反応タンク
-----部品: 最終沈殿池
-----部品: 高度処理
-----部品: 消毒施設
-----部品: 汚泥処理施設
-----部品: 処理水の再利用
-----部品: 汚泥の再利用



*部品定義

**部品: 前提
この計画は共和国の各国の人々が
あくまで各国のスタイルに合わせた形にするとし、無理に推し進めるものではない。
時間の経過などによって状況が変わった場合は計画の一部破棄、などもありうる。
例:仮設住宅の設置が計画に含まれているが、時間の経過ですでにその必要がなくなっている場合など

**部品: 利益の一極集中防止
今回の事業は公共事業であり、国民のインフラを整えるために実行される。
利益は国民の糧となり、明日の生活の基盤となるべきであり、特定の団体個人の利益のために行われるものではない。
必要以上の資金の偏りや中抜きには注意をしこれを予防する。

これはクロスアクシアなどの介入を防ぐ目的もる。

**部品: 雇用の目的
復興が完了するまでの一時的な働き口として、設定国民に施設建設に従事してもらうことで、対価を支払いああああ

**部品: 求人内容
主に、土木建築系の仕事となるがその他 整地のためのI=Dを動かすパイロットやコパイロット、またそれを整備する整備士。農園に適した土地を見定めるための農業従事者の協力なども考えられる。

**部品: 建設優先順
1:住むところのない人々のための仮設住居
2:水場地形を利用した水道(浄水施設など含む)
3:農産・畜産施設など、食料確保のための施設
4:工場・採掘場などの働き口
5:教育施設
6:娯楽施設

**部品: 設置の目的
復興が進んでいく中で生活が安定するまでの仮の住居を設置することで、まず雨、風、日差しなどから身を守り。健康を損なうことないよう保護を行う。
またプライベートな空間を作ることでストレスの軽減効果も見込める。

**部品: 仮設住宅概要
災害などで居住できる住家を失い、自らの資金では住宅を新たに得ることのできない人に対し、行政が貸与する仮の住宅。
主にプレハブ素材でできており、規格を統一することで安く、早く設置ができる。プライベートと安全に配慮し鍵は必ず設置されている。
最低限の生活必需品も配置してある。

**部品: 仮設トイレ概要
元々トイレが無い場所、もしくは不足する場所に、一時的に設置される簡易式のトイレ。
下水道の上に直接設置されて汚物を流下させるタイプと
汚物を溜めるタンク(便槽)などを下に置いた汲み取り式タイプがある。
後者については特に衛生面、臭気への対応が必要となる。

**部品: 炊き出しとは
炊き出しとは避難者や、さまざまな理由で困窮した状況下にある多数の人を対象として、料理やその他の食料を無償提供する行動である。

**部品: プライバシーへの配慮
仮設住宅村で問題となってくるのがプライバシーの侵害だろう。
仮設住宅はその構造上壁も薄く、窓もすりガラスなどではない。
カーテンの配布、住民同士の連携、相談によって対応する。

**部品: 犯罪、性犯罪の防止
避難生活というストレスを抱える状態一時的とはいえ集団生活になれば、犯罪の問題も出てくる。
窃盗、暴行、性犯罪 およびそれらから発展した殺人まで考えられるが
それらは当然に法の下で裁かれることを周知し
法の司、護民官と連携しつつ 定期的な警察官の巡回で対応する。


**部品: 健康への配慮
避難生活で困るのは体調を崩したときである。
突然の病気はもちろんのこと、持病がある人、妊婦、怪我がある人。
理由は様々であるがこれらは放っておくことはできない。
医者の定期的巡回、健康相談所の設置にて対応する。

**部品: 衛生への配慮
汗やほこりで身体および衣服は日々汚れていく。
それらを清潔に保てないのはストレスや健康阻害をひきおこす。
水の確保が出来てからにはなるが、簡易シャワーや手洗い場、洗濯施設なども必要になってくる。


**部品: 生活必需品の配給
希望する物すべてを提供できるわけではないが、一部の生活必需品については
可能な限り支援をする。ベビー用品・オーラルケア用品・トイレ、オムツ用品・台所用品・生理用品・避妊具などがあげられるだろう。

**部品: ストレスへの配慮
避難生活というのはストレスが溜まるものである。
カウンセラーの派遣、娯楽の提供などでこれを緩和し
体力のあるものは復興事業への参加を推奨する。

**部品: 水道施設とは(説明)
ここでいう水道施設とは、上中下水道をまとめて指したものであり、浄水場を含む水の循環システムとして取り扱う。

**部品: 安全な水
集落が集まり国となった今、藩国に欠かせない施設として大切に運用されている。全ての藩国民のみならず、旅行客の喉を潤す水は藩国の宝のひとつと言っても過言ではない。

**部品: 上水道の定義
飲用可能な水の供給設備を指す。浄水を完了した安全な飲料用水を安価に、確実に藩国各地に供給する、重要な国家事業である。

**部品: 命に欠かせないもの
ほぼ全ての生命は空気と水がないと生きていけない。飲み水を確保するのは生活をする上で第一に考える事であろう。

**部品: 安全対策
安全な飲料用水を提供するため、飲料用水の成分は厳密に規制される。有害物質検査はもちろんのこと、消毒等のために投入される薬品等も法によって規定される。特に人体に影響を及ぼす成分については、どんなに有益なものであっても飲料用水への混入は許されない。(必要であれば薬品として別に提供される)

**部品: 浄水場の効果
ダムや、川から水を引き入れ、飲料と出来るレベルに浄化する設備である。飲料とするための厳しいチェックが行われる。

**部品: ろ過技術のはじまり
まず雨水や川の水を、石、炭、砂、草などで濾す装置から始まった。身近な材料で作れるのが利点だったが、そのままでは衛生的に心配だったため煮沸してから初めて「飲料水」と呼べる物になった。

**部品: 水の価値
建国当時は小さなろ過装置だけだったが、人が集まり大量の水が必要とされ、このままでは高値で水を売りつける良からぬ者も出てくるだろう。皆安全で平等に飲める水を確保するため、各集落、自治体は浄水施設の建設に乗り出す。

**部品: 取水設備
ダムや川から水を取り入れる設備であり、「取水塔」や「取水堰」などがある。沈砂池へ水を運ぶ役割がある。

**部品: 沈砂池(浄水場)
そのまま浄水施設に水を取り入れるとポンプや設備が痛む可能性があるので一度ここで流水の中から大きな砂や土などを沈殿させて取り除く。
基本は丈夫な鉄筋コンクリート製。堆砂のため長方形の池が主要な構造になっている。上澄みだけを流出させるよう内部の水面上に堰が作られている。
寒冷地では屋根が設けられることもある。


**部品: 導水パイプ
沈砂池で大きな石や砂が取り除かれた水を浄水場へ運ぶためのパイプ。トンネルや大きな管などで出来ている。

**部品: 着水井
アアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

**部品: 薬品混和池
原水に含まれる不純物を取り除くために原水と凝集剤をはじめとした薬剤を混ぜて不純物をフロックといわれる塊にする場所。
凝集剤の量は、着水井で計測された原水の濁度や水質によって決まる。
また、薬品による消毒もここで行われる。

**部品: フロック形成池
薬品混和池で原水に入れられた凝集剤によって形成されたフロックを、更に大きく重く形成していく役割を持つ。
大きな攪拌機が設置されており、水を適切な速度でかきまぜることでフロック同士がぶつかりあい大きくなる。
大きくなったフロックを沈殿させ、上澄みの水をろ過池へ運ぶ。

**部品: ろ過池
フロックが取り除かれた水を数種の砂でろ過することでさらに綺麗な水にする。
径の小さい細砂や、粗砂、砂利をろ過形式や敷き詰める層によって使い分ける。
ろ過池の砂は数日ごとに洗浄され、目詰まりを起さないようにしている。
ろ過された水は毎日職員によって検査され、水の安全を確認している。

**部品: 浄水池
ろ過されたきれいな水を消毒する施設。
水は法律できめられている濃度の塩素で消毒され、安心して飲める水道水になる。
消毒された水は浄水検水ポンプで各種機器に送られ水質基準に合格しているかを確認される。


**部品: 配水池
上水道の配水量を調整するために、一時蓄えておくための場所。
主に標高の高い場所にあり、自然の落差を利用して給水する。

**部品: 配水管
上水道の配水のために使う水道管。配水に使う一定の圧力を得るために、配水塔等からの自然圧を利用したり、ポンプで圧力を加えて配水される。

**部品: 中水道の定義
生活排水や産業排水を処理して循環利用する設備のうち、特に人体と接することのないものについて指す。トイレ用水や公園の噴水等が主な使途である。

**部品: 中水道の意義
すべての水資源を完全に浄水するのは非効率である。主に人体に接することがなく、かつ浄水を簡略化して循環利用できるものについて中水道を使用することで、コストの削減や施設寿命の向上等が期待できる。

**部品: 下水道の定義
雨水や汚水等を集積したのち、公共用水域に排出するための設備。過度の環境汚染を防ぐため、特段の配慮が求められる設備でもある。

**部品: 環境対策
汚水は下水道を通して処理場へ送り、下水処理を行わなければ環境問題を引き起こす。
下水道の整備は、周囲環境すべての環境を守ることになるのだ。


**部品: 下水管
下水管には汚水を流す汚水管と、雨水を流す雨水管がある。
わざわざ分けるのは、雨天時には雨水も下水処理場に流れてきてしまい、
下水処理能力の低下を招くからである。

**部品: 沈砂池(下水処理場)
基本的に浄水場の沈砂池と目的は一緒である。処理の前に大きなゴミや砂を取り除き水を浄化するための準備をする。
ただし、こちらは汚水を取り扱っているためよりゴミが混じる可能性が高く、排除と衛生面に留意しなければならないだろう。
粗目スクリーン、沈砂処理設備などが設置されている。

**部品: 最初沈殿池
汚水内の小さなゴミや砂を取り除くための設備。
水流が遅くなるように調整されており、
遅い流れの中で重力の力を借りて汚水は水と沈殿物に分離される。

**部品: スカム除去装置
最初沈澱池の表面に浮かんでくる油脂や固形分をスカムといい、これをせき止めて除去する装置。
除去後のスカムは脱水・袋詰めして廃棄処理される。

**部品: 反応タンク
汚水に空気、活性汚泥と呼ばれる微生物などを混合攪拌することで、
下水中の有機物・窒素・リンを中心とした汚濁物質を処理する。

**部品: 最終沈殿池
反応タンクの次に設置されている設備。
水流を遅くすることで、反応タンクで混合させた活性汚泥を沈殿分離させ、透明な上澄みだけを次に送る。

**部品: 高度処理
主に処理水の活用や放流先の環境保全を目的とし、さらに行われる処理。
十分取り除くことができない、窒素やリンを取り除くものである。
嫌気―好気法や、嫌気―無酸素―好気法などがある。
オゾンで酸化した上で生物活性炭を行う方式もある。

**部品: 消毒施設
放流する水を滅菌し、安全性を確保するための施設。
塩素消毒が一般的である他に、紫外線消毒・オゾン消毒といった消毒方法が取られている、

**部品: 汚泥処理施設
下水処理場で発生した汚泥を回収し、産業廃棄物として処分するための施設。
汚泥は腐敗前に適切な処理を行う必要がある。
この施設ではまず汚泥の脱水を行った上で、焼却処分を行う。

**部品: 処理水の再利用
処理工程を経て浄化された処理水は、消毒して公共用水域に放流されるか、工業用水等の雑用水として再利用される。

**部品: 汚泥の再利用
下水処理場で発生する汚泥のうち、活性汚泥は汚水処理のために使用される。
それ以外の余剰汚泥は処理施設で焼却処分されることが多いが、
焼却後に肥料やセメント原料に使用されるほか、煉瓦に加工されることもある。



*提出書式

大部品: 共和国復興計画 RD:48 評価値:9
-部品: 前提
-部品: 利益の一極集中防止
-大部品: 雇用について RD:2 評価値:1
--部品: 雇用の目的
--部品: 求人内容
-部品: 建設優先順
-大部品: 仮設住宅村設置 RD:10 評価値:5
--部品: 設置の目的
--大部品: 仮設住宅 RD:1 評価値:0
---部品: 仮設住宅概要
--大部品: 仮設トイレ RD:1 評価値:0
---部品: 仮設トイレ概要
--大部品: 炊き出し RD:1 評価値:0
---部品: 炊き出しとは
--部品: プライバシーへの配慮
--部品: 犯罪、性犯罪の防止
--部品: 健康への配慮
--部品: 衛生への配慮
--部品: 生活必需品の配給
--部品: ストレスへの配慮
-大部品: 水場地形を利用した水道(浄水施設など含む) RD:33 評価値:8
--大部品: 水道施設 RD:20 評価値:7
---大部品: 水道施設概要 RD:2 評価値:1
----部品: 水道施設とは(説明)
----部品: 安全な水
---大部品: 浄水場 RD:16 評価値:6
----大部品: 上水道 RD:3 評価値:2
-----部品: 上水道の定義
-----部品: 命に欠かせないもの
-----部品: 安全対策
----部品: 浄水場の効果
----部品: ろ過技術のはじまり
----部品: 水の価値
----大部品: 浄水システム RD:10 評価値:5
-----部品: 取水設備
-----部品: 沈砂池(浄水場)
-----部品: 導水パイプ
-----部品: 着水井
-----部品: 薬品混和池
-----部品: フロック形成池
-----部品: ろ過池
-----部品: 浄水池
-----部品: 配水池
-----部品: 配水管
---大部品: 中水道 RD:2 評価値:1
----部品: 中水道の定義
----部品: 中水道の意義
--大部品: 下水処理場 RD:13 評価値:6
---大部品: 下水道 RD:2 評価値:1
----部品: 下水道の定義
----部品: 環境対策
---大部品: 下水処理システム RD:11 評価値:5
----部品: 下水管
----部品: 沈砂池(下水処理場)
----部品: 最初沈殿池
----部品: スカム除去装置
----部品: 反応タンク
----部品: 最終沈殿池
----部品: 高度処理
----部品: 消毒施設
----部品: 汚泥処理施設
----部品: 処理水の再利用
----部品: 汚泥の再利用


部品: 前提
この計画は共和国の各国の人々が
あくまで各国のスタイルに合わせた形にするとし、無理に推し進めるものではない。
時間の経過などによって状況が変わった場合は計画の一部破棄、などもありうる。
例:仮設住宅の設置が計画に含まれているが、時間の経過ですでにその必要がなくなっている場合など

部品: 利益の一極集中防止
今回の事業は公共事業であり、国民のインフラを整えるために実行される。
利益は国民の糧となり、明日の生活の基盤となるべきであり、特定の団体個人の利益のために行われるものではない。
必要以上の資金の偏りや中抜きには注意をしこれを予防する。

これはクロスアクシアなどの介入を防ぐ目的もる。

部品: 雇用の目的
復興が完了するまでの一時的な働き口として、設定国民に施設建設に従事してもらうことで、対価を支払いああああ

部品: 求人内容
主に、土木建築系の仕事となるがその他 整地のためのI=Dを動かすパイロットやコパイロット、またそれを整備する整備士。農園に適した土地を見定めるための農業従事者の協力なども考えられる。

部品: 建設優先順
1:住むところのない人々のための仮設住居
2:水場地形を利用した水道(浄水施設など含む)
3:農産・畜産施設など、食料確保のための施設
4:工場・採掘場などの働き口
5:教育施設
6:娯楽施設

部品: 設置の目的
復興が進んでいく中で生活が安定するまでの仮の住居を設置することで、まず雨、風、日差しなどから身を守り。健康を損なうことないよう保護を行う。
またプライベートな空間を作ることでストレスの軽減効果も見込める。

部品: 仮設住宅概要
災害などで居住できる住家を失い、自らの資金では住宅を新たに得ることのできない人に対し、行政が貸与する仮の住宅。
主にプレハブ素材でできており、規格を統一することで安く、早く設置ができる。プライベートと安全に配慮し鍵は必ず設置されている。
最低限の生活必需品も配置してある。

部品: 仮設トイレ概要
元々トイレが無い場所、もしくは不足する場所に、一時的に設置される簡易式のトイレ。
下水道の上に直接設置されて汚物を流下させるタイプと
汚物を溜めるタンク(便槽)などを下に置いた汲み取り式タイプがある。
後者については特に衛生面、臭気への対応が必要となる。

部品: 炊き出しとは
炊き出しとは避難者や、さまざまな理由で困窮した状況下にある多数の人を対象として、料理やその他の食料を無償提供する行動である。

部品: プライバシーへの配慮
仮設住宅村で問題となってくるのがプライバシーの侵害だろう。
仮設住宅はその構造上壁も薄く、窓もすりガラスなどではない。
カーテンの配布、住民同士の連携、相談によって対応する。

部品: 犯罪、性犯罪の防止
避難生活というストレスを抱える状態一時的とはいえ集団生活になれば、犯罪の問題も出てくる。
窃盗、暴行、性犯罪 およびそれらから発展した殺人まで考えられるが
それらは当然に法の下で裁かれることを周知し
法の司、護民官と連携しつつ 定期的な警察官の巡回で対応する。


部品: 健康への配慮
避難生活で困るのは体調を崩したときである。
突然の病気はもちろんのこと、持病がある人、妊婦、怪我がある人。
理由は様々であるがこれらは放っておくことはできない。
医者の定期的巡回、健康相談所の設置にて対応する。

部品: 衛生への配慮
汗やほこりで身体および衣服は日々汚れていく。
それらを清潔に保てないのはストレスや健康阻害をひきおこす。
水の確保が出来てからにはなるが、簡易シャワーや手洗い場、洗濯施設なども必要になってくる。


部品: 生活必需品の配給
希望する物すべてを提供できるわけではないが、一部の生活必需品については
可能な限り支援をする。ベビー用品・オーラルケア用品・トイレ、オムツ用品・台所用品・生理用品・避妊具などがあげられるだろう。

部品: ストレスへの配慮
避難生活というのはストレスが溜まるものである。
カウンセラーの派遣、娯楽の提供などでこれを緩和し
体力のあるものは復興事業への参加を推奨する。

部品: 水道施設とは(説明)
ここでいう水道施設とは、上中下水道をまとめて指したものであり、浄水場を含む水の循環システムとして取り扱う。

部品: 安全な水
集落が集まり国となった今、藩国に欠かせない施設として大切に運用されている。全ての藩国民のみならず、旅行客の喉を潤す水は藩国の宝のひとつと言っても過言ではない。

部品: 上水道の定義
飲用可能な水の供給設備を指す。浄水を完了した安全な飲料用水を安価に、確実に藩国各地に供給する、重要な国家事業である。

部品: 命に欠かせないもの
ほぼ全ての生命は空気と水がないと生きていけない。飲み水を確保するのは生活をする上で第一に考える事であろう。

部品: 安全対策
安全な飲料用水を提供するため、飲料用水の成分は厳密に規制される。有害物質検査はもちろんのこと、消毒等のために投入される薬品等も法によって規定される。特に人体に影響を及ぼす成分については、どんなに有益なものであっても飲料用水への混入は許されない。(必要であれば薬品として別に提供される)

部品: 浄水場の効果
ダムや、川から水を引き入れ、飲料と出来るレベルに浄化する設備である。飲料とするための厳しいチェックが行われる。

部品: ろ過技術のはじまり
まず雨水や川の水を、石、炭、砂、草などで濾す装置から始まった。身近な材料で作れるのが利点だったが、そのままでは衛生的に心配だったため煮沸してから初めて「飲料水」と呼べる物になった。

部品: 水の価値
建国当時は小さなろ過装置だけだったが、人が集まり大量の水が必要とされ、このままでは高値で水を売りつける良からぬ者も出てくるだろう。皆安全で平等に飲める水を確保するため、各集落、自治体は浄水施設の建設に乗り出す。

部品: 取水設備
ダムや川から水を取り入れる設備であり、「取水塔」や「取水堰」などがある。沈砂池へ水を運ぶ役割がある。

部品: 沈砂池(浄水場)
そのまま浄水施設に水を取り入れるとポンプや設備が痛む可能性があるので一度ここで流水の中から大きな砂や土などを沈殿させて取り除く。
基本は丈夫な鉄筋コンクリート製。堆砂のため長方形の池が主要な構造になっている。上澄みだけを流出させるよう内部の水面上に堰が作られている。
寒冷地では屋根が設けられることもある。


部品: 導水パイプ
沈砂池で大きな石や砂が取り除かれた水を浄水場へ運ぶためのパイプ。トンネルや大きな管などで出来ている。

部品: 着水井
アアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

部品: 薬品混和池
原水に含まれる不純物を取り除くために原水と凝集剤をはじめとした薬剤を混ぜて不純物をフロックといわれる塊にする場所。
凝集剤の量は、着水井で計測された原水の濁度や水質によって決まる。
また、薬品による消毒もここで行われる。

部品: フロック形成池
薬品混和池で原水に入れられた凝集剤によって形成されたフロックを、更に大きく重く形成していく役割を持つ。
大きな攪拌機が設置されており、水を適切な速度でかきまぜることでフロック同士がぶつかりあい大きくなる。
大きくなったフロックを沈殿させ、上澄みの水をろ過池へ運ぶ。

部品: ろ過池
フロックが取り除かれた水を数種の砂でろ過することでさらに綺麗な水にする。
径の小さい細砂や、粗砂、砂利をろ過形式や敷き詰める層によって使い分ける。
ろ過池の砂は数日ごとに洗浄され、目詰まりを起さないようにしている。
ろ過された水は毎日職員によって検査され、水の安全を確認している。

部品: 浄水池
ろ過されたきれいな水を消毒する施設。
水は法律できめられている濃度の塩素で消毒され、安心して飲める水道水になる。
消毒された水は浄水検水ポンプで各種機器に送られ水質基準に合格しているかを確認される。


部品: 配水池
上水道の配水量を調整するために、一時蓄えておくための場所。
主に標高の高い場所にあり、自然の落差を利用して給水する。

部品: 配水管
上水道の配水のために使う水道管。配水に使う一定の圧力を得るために、配水塔等からの自然圧を利用したり、ポンプで圧力を加えて配水される。

部品: 中水道の定義
生活排水や産業排水を処理して循環利用する設備のうち、特に人体と接することのないものについて指す。トイレ用水や公園の噴水等が主な使途である。

部品: 中水道の意義
すべての水資源を完全に浄水するのは非効率である。主に人体に接することがなく、かつ浄水を簡略化して循環利用できるものについて中水道を使用することで、コストの削減や施設寿命の向上等が期待できる。

部品: 下水道の定義
雨水や汚水等を集積したのち、公共用水域に排出するための設備。過度の環境汚染を防ぐため、特段の配慮が求められる設備でもある。

部品: 環境対策
汚水は下水道を通して処理場へ送り、下水処理を行わなければ環境問題を引き起こす。
下水道の整備は、周囲環境すべての環境を守ることになるのだ。


部品: 下水管
下水管には汚水を流す汚水管と、雨水を流す雨水管がある。
わざわざ分けるのは、雨天時には雨水も下水処理場に流れてきてしまい、
下水処理能力の低下を招くからである。

部品: 沈砂池(下水処理場)
基本的に浄水場の沈砂池と目的は一緒である。処理の前に大きなゴミや砂を取り除き水を浄化するための準備をする。
ただし、こちらは汚水を取り扱っているためよりゴミが混じる可能性が高く、排除と衛生面に留意しなければならないだろう。
粗目スクリーン、沈砂処理設備などが設置されている。

部品: 最初沈殿池
汚水内の小さなゴミや砂を取り除くための設備。
水流が遅くなるように調整されており、
遅い流れの中で重力の力を借りて汚水は水と沈殿物に分離される。

部品: スカム除去装置
最初沈澱池の表面に浮かんでくる油脂や固形分をスカムといい、これをせき止めて除去する装置。
除去後のスカムは脱水・袋詰めして廃棄処理される。

部品: 反応タンク
汚水に空気、活性汚泥と呼ばれる微生物などを混合攪拌することで、
下水中の有機物・窒素・リンを中心とした汚濁物質を処理する。

部品: 最終沈殿池
反応タンクの次に設置されている設備。
水流を遅くすることで、反応タンクで混合させた活性汚泥を沈殿分離させ、透明な上澄みだけを次に送る。

部品: 高度処理
主に処理水の活用や放流先の環境保全を目的とし、さらに行われる処理。
十分取り除くことができない、窒素やリンを取り除くものである。
嫌気―好気法や、嫌気―無酸素―好気法などがある。
オゾンで酸化した上で生物活性炭を行う方式もある。

部品: 消毒施設
放流する水を滅菌し、安全性を確保するための施設。
塩素消毒が一般的である他に、紫外線消毒・オゾン消毒といった消毒方法が取られている、

部品: 汚泥処理施設
下水処理場で発生した汚泥を回収し、産業廃棄物として処分するための施設。
汚泥は腐敗前に適切な処理を行う必要がある。
この施設ではまず汚泥の脱水を行った上で、焼却処分を行う。

部品: 処理水の再利用
処理工程を経て浄化された処理水は、消毒して公共用水域に放流されるか、工業用水等の雑用水として再利用される。

部品: 汚泥の再利用
下水処理場で発生する汚泥のうち、活性汚泥は汚水処理のために使用される。
それ以外の余剰汚泥は処理施設で焼却処分されることが多いが、
焼却後に肥料やセメント原料に使用されるほか、煉瓦に加工されることもある。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "共和国復興計画",
"children":
[
{ "title": "前提",
"description": "この計画は共和国の各国の人々が\nあくまで各国のスタイルに合わせた形にするとし、無理に推し進めるものではない。\n時間の経過などによって状況が変わった場合は計画の一部破棄、などもありうる。\n例:仮設住宅の設置が計画に含まれているが、時間の経過ですでにその必要がなくなっている場合など",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "利益の一極集中防止",
"description": "今回の事業は公共事業であり、国民のインフラを整えるために実行される。\n利益は国民の糧となり、明日の生活の基盤となるべきであり、特定の団体個人の利益のために行われるものではない。\n必要以上の資金の偏りや中抜きには注意をしこれを予防する。\n\nこれはクロスアクシアなどの介入を防ぐ目的もる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "雇用について",
"children":
[
{ "title": "雇用の目的",
"description": "復興が完了するまでの一時的な働き口として、設定国民に施設建設に従事してもらうことで、対価を支払いああああ",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "求人内容",
"description": "主に、土木建築系の仕事となるがその他 整地のためのI=Dを動かすパイロットやコパイロット、またそれを整備する整備士。農園に適した土地を見定めるための農業従事者の協力なども考えられる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "建設優先順",
"description": "1:住むところのない人々のための仮設住居\n2:水場地形を利用した水道(浄水施設など含む)\n3:農産・畜産施設など、食料確保のための施設\n4:工場・採掘場などの働き口\n5:教育施設\n6:娯楽施設",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "仮設住宅村設置",
"children":
[
{ "title": "設置の目的",
"description": "復興が進んでいく中で生活が安定するまでの仮の住居を設置することで、まず雨、風、日差しなどから身を守り。健康を損なうことないよう保護を行う。\nまたプライベートな空間を作ることでストレスの軽減効果も見込める。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "仮設住宅",
"children":
[
{ "title": "仮設住宅概要",
"description": "災害などで居住できる住家を失い、自らの資金では住宅を新たに得ることのできない人に対し、行政が貸与する仮の住宅。\n主にプレハブ素材でできており、規格を統一することで安く、早く設置ができる。プライベートと安全に配慮し鍵は必ず設置されている。\n最低限の生活必需品も配置してある。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "仮設トイレ",
"children":
[
{ "title": "仮設トイレ概要",
"description": "元々トイレが無い場所、もしくは不足する場所に、一時的に設置される簡易式のトイレ。\n下水道の上に直接設置されて汚物を流下させるタイプと\n汚物を溜めるタンク(便槽)などを下に置いた汲み取り式タイプがある。\n後者については特に衛生面、臭気への対応が必要となる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "炊き出し",
"children":
[
{ "title": "炊き出しとは",
"description": "炊き出しとは避難者や、さまざまな理由で困窮した状況下にある多数の人を対象として、料理やその他の食料を無償提供する行動である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "プライバシーへの配慮",
"description": "仮設住宅村で問題となってくるのがプライバシーの侵害だろう。\n仮設住宅はその構造上壁も薄く、窓もすりガラスなどではない。\nカーテンの配布、住民同士の連携、相談によって対応する。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "犯罪、性犯罪の防止",
"description": "避難生活というストレスを抱える状態一時的とはいえ集団生活になれば、犯罪の問題も出てくる。\n窃盗、暴行、性犯罪 およびそれらから発展した殺人まで考えられるが\nそれらは当然に法の下で裁かれることを周知し\n法の司、護民官と連携しつつ 定期的な警察官の巡回で対応する。\n",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "健康への配慮",
"description": "避難生活で困るのは体調を崩したときである。\n突然の病気はもちろんのこと、持病がある人、妊婦、怪我がある人。\n理由は様々であるがこれらは放っておくことはできない。\n医者の定期的巡回、健康相談所の設置にて対応する。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "衛生への配慮",
"description": "汗やほこりで身体および衣服は日々汚れていく。\nそれらを清潔に保てないのはストレスや健康阻害をひきおこす。\n水の確保が出来てからにはなるが、簡易シャワーや手洗い場、洗濯施設なども必要になってくる。\n",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "生活必需品の配給",
"description": "希望する物すべてを提供できるわけではないが、一部の生活必需品については\n可能な限り支援をする。ベビー用品・オーラルケア用品・トイレ、オムツ用品・台所用品・生理用品・避妊具などがあげられるだろう。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "ストレスへの配慮",
"description": "避難生活というのはストレスが溜まるものである。\nカウンセラーの派遣、娯楽の提供などでこれを緩和し\n体力のあるものは復興事業への参加を推奨する。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "水場地形を利用した水道(浄水施設など含む)",
"children":
[
{ "title": "水道施設",
"children":
[
{ "title": "水道施設概要",
"children":
[
{ "title": "水道施設とは(説明)",
"description": "ここでいう水道施設とは、上中下水道をまとめて指したものであり、浄水場を含む水の循環システムとして取り扱う。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "安全な水",
"description": "集落が集まり国となった今、藩国に欠かせない施設として大切に運用されている。全ての藩国民のみならず、旅行客の喉を潤す水は藩国の宝のひとつと言っても過言ではない。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "浄水場",
"children":
[
{ "title": "上水道",
"children":
[
{ "title": "上水道の定義",
"description": "飲用可能な水の供給設備を指す。浄水を完了した安全な飲料用水を安価に、確実に藩国各地に供給する、重要な国家事業である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "命に欠かせないもの",
"description": "ほぼ全ての生命は空気と水がないと生きていけない。飲み水を確保するのは生活をする上で第一に考える事であろう。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "安全対策",
"description": "安全な飲料用水を提供するため、飲料用水の成分は厳密に規制される。有害物質検査はもちろんのこと、消毒等のために投入される薬品等も法によって規定される。特に人体に影響を及ぼす成分については、どんなに有益なものであっても飲料用水への混入は許されない。(必要であれば薬品として別に提供される)",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "浄水場の効果",
"description": "ダムや、川から水を引き入れ、飲料と出来るレベルに浄化する設備である。飲料とするための厳しいチェックが行われる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "ろ過技術のはじまり",
"description": "まず雨水や川の水を、石、炭、砂、草などで濾す装置から始まった。身近な材料で作れるのが利点だったが、そのままでは衛生的に心配だったため煮沸してから初めて「飲料水」と呼べる物になった。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "水の価値",
"description": "建国当時は小さなろ過装置だけだったが、人が集まり大量の水が必要とされ、このままでは高値で水を売りつける良からぬ者も出てくるだろう。皆安全で平等に飲める水を確保するため、各集落、自治体は浄水施設の建設に乗り出す。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "浄水システム",
"children":
[
{ "title": "取水設備",
"description": "ダムや川から水を取り入れる設備であり、「取水塔」や「取水堰」などがある。沈砂池へ水を運ぶ役割がある。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "沈砂池(浄水場)",
"description": "そのまま浄水施設に水を取り入れるとポンプや設備が痛む可能性があるので一度ここで流水の中から大きな砂や土などを沈殿させて取り除く。\n基本は丈夫な鉄筋コンクリート製。堆砂のため長方形の池が主要な構造になっている。上澄みだけを流出させるよう内部の水面上に堰が作られている。\n寒冷地では屋根が設けられることもある。\n",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "導水パイプ",
"description": "沈砂池で大きな石や砂が取り除かれた水を浄水場へ運ぶためのパイプ。トンネルや大きな管などで出来ている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "着水井",
"description": "アアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "薬品混和池",
"description": "原水に含まれる不純物を取り除くために原水と凝集剤をはじめとした薬剤を混ぜて不純物をフロックといわれる塊にする場所。\n凝集剤の量は、着水井で計測された原水の濁度や水質によって決まる。\nまた、薬品による消毒もここで行われる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "フロック形成池",
"description": "薬品混和池で原水に入れられた凝集剤によって形成されたフロックを、更に大きく重く形成していく役割を持つ。\n大きな攪拌機が設置されており、水を適切な速度でかきまぜることでフロック同士がぶつかりあい大きくなる。\n大きくなったフロックを沈殿させ、上澄みの水をろ過池へ運ぶ。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "ろ過池",
"description": "フロックが取り除かれた水を数種の砂でろ過することでさらに綺麗な水にする。\n径の小さい細砂や、粗砂、砂利をろ過形式や敷き詰める層によって使い分ける。\nろ過池の砂は数日ごとに洗浄され、目詰まりを起さないようにしている。\nろ過された水は毎日職員によって検査され、水の安全を確認している。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "浄水池",
"description": "ろ過されたきれいな水を消毒する施設。\n水は法律できめられている濃度の塩素で消毒され、安心して飲める水道水になる。\n消毒された水は浄水検水ポンプで各種機器に送られ水質基準に合格しているかを確認される。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "配水池",
"description": "上水道の配水量を調整するために、一時蓄えておくための場所。\n主に標高の高い場所にあり、自然の落差を利用して給水する。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "配水管",
"description": "上水道の配水のために使う水道管。配水に使う一定の圧力を得るために、配水塔等からの自然圧を利用したり、ポンプで圧力を加えて配水される。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "中水道",
"children":
[
{ "title": "中水道の定義",
"description": "生活排水や産業排水を処理して循環利用する設備のうち、特に人体と接することのないものについて指す。トイレ用水や公園の噴水等が主な使途である。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "中水道の意義",
"description": "すべての水資源を完全に浄水するのは非効率である。主に人体に接することがなく、かつ浄水を簡略化して循環利用できるものについて中水道を使用することで、コストの削減や施設寿命の向上等が期待できる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "下水処理場",
"children":
[
{ "title": "下水道",
"children":
[
{ "title": "下水道の定義",
"description": "雨水や汚水等を集積したのち、公共用水域に排出するための設備。過度の環境汚染を防ぐため、特段の配慮が求められる設備でもある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "環境対策",
"description": "汚水は下水道を通して処理場へ送り、下水処理を行わなければ環境問題を引き起こす。\n下水道の整備は、周囲環境すべての環境を守ることになるのだ。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "下水処理システム",
"children":
[
{ "title": "下水管",
"description": "下水管には汚水を流す汚水管と、雨水を流す雨水管がある。\nわざわざ分けるのは、雨天時には雨水も下水処理場に流れてきてしまい、\n下水処理能力の低下を招くからである。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "沈砂池(下水処理場)",
"description": "基本的に浄水場の沈砂池と目的は一緒である。処理の前に大きなゴミや砂を取り除き水を浄化するための準備をする。\nただし、こちらは汚水を取り扱っているためよりゴミが混じる可能性が高く、排除と衛生面に留意しなければならないだろう。\n粗目スクリーン、沈砂処理設備などが設置されている。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "最初沈殿池",
"description": "汚水内の小さなゴミや砂を取り除くための設備。\n水流が遅くなるように調整されており、\n遅い流れの中で重力の力を借りて汚水は水と沈殿物に分離される。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "スカム除去装置",
"description": "最初沈澱池の表面に浮かんでくる油脂や固形分をスカムといい、これをせき止めて除去する装置。\n除去後のスカムは脱水・袋詰めして廃棄処理される。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "反応タンク",
"description": "汚水に空気、活性汚泥と呼ばれる微生物などを混合攪拌することで、\n下水中の有機物・窒素・リンを中心とした汚濁物質を処理する。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "最終沈殿池",
"description": "反応タンクの次に設置されている設備。\n水流を遅くすることで、反応タンクで混合させた活性汚泥を沈殿分離させ、透明な上澄みだけを次に送る。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "高度処理",
"description": "主に処理水の活用や放流先の環境保全を目的とし、さらに行われる処理。\n十分取り除くことができない、窒素やリンを取り除くものである。\n嫌気―好気法や、嫌気―無酸素―好気法などがある。\nオゾンで酸化した上で生物活性炭を行う方式もある。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "消毒施設",
"description": "放流する水を滅菌し、安全性を確保するための施設。\n塩素消毒が一般的である他に、紫外線消毒・オゾン消毒といった消毒方法が取られている、",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "汚泥処理施設",
"description": "下水処理場で発生した汚泥を回収し、産業廃棄物として処分するための施設。\n汚泥は腐敗前に適切な処理を行う必要がある。\nこの施設ではまず汚泥の脱水を行った上で、焼却処分を行う。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "処理水の再利用",
"description": "処理工程を経て浄化された処理水は、消毒して公共用水域に放流されるか、工業用水等の雑用水として再利用される。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "汚泥の再利用",
"description": "下水処理場で発生する汚泥のうち、活性汚泥は汚水処理のために使用される。\nそれ以外の余剰汚泥は処理施設で焼却処分されることが多いが、\n焼却後に肥料やセメント原料に使用されるほか、煉瓦に加工されることもある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.2866] [固定リンク][非] 各種提出物ツリー 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/08/19(Sat) 03:06:50

取りまとめを行い、提出するものをこの下に置いていきます


[No.2867] [固定リンク][非] 共和国環状線 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/08/19(Sat) 03:07:30

大部品: 共和国環状線 RD:346 評価値:14
-大部品: 共和国環状線の基礎 RD:73 評価値:10 :http://nisedenpa.a.la9.jp/cgi/idwiki/wiki.cgi?p=republicloopline_main
-大部品:共和国環境戦の各駅 RD:273 評価値:13
--大部品: 駅ビル(るしにゃん王国) RD:27 評価値:8 :https://www35.atwiki.jp/namu/pages/102.html
--大部品: 駅ビル(akiharu国) RD:12 評価値:6 :http://nisedenpa.a.la9.jp/cgi/idwiki/wiki.cgi?p=system4railstation
--大部品: 駅ビル(FEG) RD:15 評価値:6 :https://www29.atwiki.jp/feg2/pages/637.html
--大部品: 海法よけ藩国駅ビル RD:15 評価値:6 :http://kaiho.main.jp/wforum/wforum.cgi?no=2591&reno=2515&oya=2486&mode=msgview
--大部品: 鍋の国の駅ビル「Nabe:sis」 RD:22 評価値:7 :https://www24.atwiki.jp/ronnyuuryuu/pages/703.html
--大部品: レンジャー連邦駅 RD:23 評価値:7 :http://0ranger.webspace.ne.jp/bbs/0ranger_tree_p_12.html
--大部品: 駅ビル(世界忍者国) RD:17 評価値:6 :http://richmam.xtr.jp/neokingdom/wforum2/wforum.cgi?no=1234&reno=1227&oya=1207&mode=msgview
--大部品: 駅ビル(玄霧藩国) RD:16 評価値:6 :https://www65.atwiki.jp/kurogiri_all/pages/88.html
--大部品: 駅ビル(ナニワアームズ) RD:18 評価値:7 :https://www22.atwiki.jp/naniwaarms/pages/538.html
--大部品:駅ビル(フィーブル藩国)) RD:12 評価値:6 :http://zaregotobeya.onmitsu.jp/ekibiru.html
--大部品:大部品: 駅ビル(紅葉国) RD:13 評価値:6 :https://sites.google.com/a/sevenspirals.net/koyo/idress-work/setumon199_212/stationbill_ver4
--大部品: 駅ビル(羅幻王国版) RD:36 評価値:8 :http://ragen.s7.xrea.com/ID/summit/wforum.cgi?mode=read&no=265&reno=264&oya=32&page=0#265
--大部品:環状線駅ビル(無名騎士) RD:13 評価値:6 :https://www7.atwiki.jp/genz/pages/668.html
--大部品: 駅ビル(リワマヒ国) RD:14 評価値:6 :https://www24.atwiki.jp/riwamahi/pages/803.html
--大部品: 共和国環状線ゴロネコ藩国駅  RD:20 評価値:7 :http://yot.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=11553337#19080288


[No.3019] [固定リンク][非] にゃんにゃん共和国各国の王猫様 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/08/20(Sun) 17:46:54

大部品:にゃんにゃん共和国各国の王猫様 RD:526 評価値:15
-大部品: 王猫ミュシャ RD:32 評価値:8 :るしにゃん王国:https://www35.atwiki.jp/namu/pages/101.html
-大部品: 王猫ふしゃ・ふしゃーる RD:19 評価値:7 :akiharu国:http://nisedenpa.a.la9.jp/cgi/idwiki/wiki.cgi?p=system4kingcat
-大部品: FEGの王猫 RD:29 評価値:8 :FEG:http://tkt.lix.jp/wforum/wforum.cgi?no=9340&reno=9162&oya=9119&mode=msgview&page=0
-大部品: ガミッチ様(海法よけ藩国王猫) RD:6 評価値:4 :海法よけ藩国:http://kaiho.main.jp/wforum/wforum.cgi?no=2620&reno=2512&oya=2486&mode=msgview
-大部品: 矢鍋猫二郎(鍋の国2代目王猫様) RD:30 評価値:8 :鍋の国:https://www24.atwiki.jp/ronnyuuryuu/pages/705.html
-大部品: アラザン RD:13 評価値:6 :レンジャー連邦:http://0ranger.webspace.ne.jp/bbs/0ranger_tree_r_70.html
-大部品: 王猫:くろみゃー RD:85 評価値:10 :世界忍者国:http://richmam.xtr.jp/neokingdom/wforum2/wforum.cgi?no=1270&reno=1208&oya=1207&mode=msgview
-大部品: 王猫・テラ様 RD:51 評価値:9 :玄霧藩国:https://www65.atwiki.jp/kurogiri_all/pages/78.html
-大部品: 王猫 タイガさん RD:26 評価値:8 :ナニワアームズ商藩国:https://www22.atwiki.jp/naniwaarms/pages/540.html
-大部品: 二代目王猫パーカー RD:41 評価値:9 :フィーブル藩国:http://zaregotobeya.onmitsu.jp/ouneko.html
-大部品: 王猫もみじ RD:8 評価値:5 :紅葉国:https://sites.google.com/a/sevenspirals.net/koyo/idress-work/momiji
-大部品: 羅幻王国王猫《マヘス》 RD:55 評価値:9 :羅幻王国:http://ragen.s7.xrea.com/ID/summit/wforum.cgi?mode=read&no=279&reno=277&oya=32&page=0#279
-大部品: 無名騎士藩の王猫「オブシディアン」様 RD:87 評価値:11 :無名騎士藩国:https://www7.atwiki.jp/genz/pages/678.html
-大部品: 2代目王猫タマ様 RD:12 評価値:6 :リワマヒ国:https://www24.atwiki.jp/riwamahi/pages/804.html
-大部品: ゴロネコ二世 RD:32 評価値:8 :ゴロネコ藩国:http://yot.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=11572761#19081052


[No.3021] [固定リンク][非] 共和国復興作業の流れ 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/08/20(Sun) 17:55:36

・ステップ1:藩国船を再起動し、各国地形・環境を再生成する
設問202での各国独自地形や、各人種アイドレス固有の環境を再生開始します。
これはステップ3までと平行して行い、水場・緑地など、人々の生存に必要な地形を優先します。

・ステップ2:国民が生きていくための施設を建設する
生きていくための最低限インフラを整えた後、設問199の施設を計画的に建設します。
また、復興が完了するまでの一時的な働き口として、設定国民に建設に従事してもらいます。
建設作業は国家向け不動産会社ASEAさんの協力を受けます。

建設優先順は
1:住むところのない人々のための仮設住居
2:水場地形を利用した水道(浄水施設など含む)
3:農産・畜産施設など、食料確保のための施設
4:輸送施設(共和国環状線。詳細はステップ3にて)
5:工場・採掘場などの働き口
6:教育施設
7:娯楽施設

・ステップ3:共和国全体事業・共和国環状線の建設
各国で物流の流れが停止していると食糧難が起きるため、
まず大崩壊で破壊されていると思われるT10暫定環状線を整備する形で復旧を開始します。
各国駅ビルは駅としての最低限機能から建設を開始し、
付随する駅ビル機能はステップ3の建設優先度順に沿う形で建設していきます。
全国規模の物流を復活させ、共和国全体としてのつながりを強めることが狙いです。


[No.3025] [固定リンク][非] 共和国復興計画 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/08/20(Sun) 18:07:25

*提出書式

大部品: 共和国復興計画 RD:48 評価値:9
-部品: 前提
-部品: 利益の一極集中防止
-大部品: 雇用について RD:2 評価値:1
--部品: 雇用の目的
--部品: 求人内容
-部品: 建設優先順
-大部品: 仮設住宅村設置 RD:10 評価値:5
--部品: 設置の目的
--大部品: 仮設住宅 RD:1 評価値:0
---部品: 仮設住宅概要
--大部品: 仮設トイレ RD:1 評価値:0
---部品: 仮設トイレ概要
--大部品: 炊き出し RD:1 評価値:0
---部品: 炊き出しとは
--部品: プライバシーへの配慮
--部品: 犯罪、性犯罪の防止
--部品: 健康への配慮
--部品: 衛生への配慮
--部品: 生活必需品の配給
--部品: ストレスへの配慮
-大部品: 水場地形を利用した水道(浄水施設など含む) RD:33 評価値:8
--大部品: 水道施設 RD:20 評価値:7
---大部品: 水道施設概要 RD:2 評価値:1
----部品: 水道施設とは(説明)
----部品: 安全な水
---大部品: 浄水場 RD:16 評価値:6
----大部品: 上水道 RD:3 評価値:2
-----部品: 上水道の定義
-----部品: 命に欠かせないもの
-----部品: 安全対策
----部品: 浄水場の効果
----部品: ろ過技術のはじまり
----部品: 水の価値
----大部品: 浄水システム RD:10 評価値:5
-----部品: 取水設備
-----部品: 沈砂池(浄水場)
-----部品: 導水パイプ
-----部品: 着水井
-----部品: 薬品混和池
-----部品: フロック形成池
-----部品: ろ過池
-----部品: 浄水池
-----部品: 配水池
-----部品: 配水管
---大部品: 中水道 RD:2 評価値:1
----部品: 中水道の定義
----部品: 中水道の意義
--大部品: 下水処理場 RD:13 評価値:6
---大部品: 下水道 RD:2 評価値:1
----部品: 下水道の定義
----部品: 環境対策
---大部品: 下水処理システム RD:11 評価値:5
----部品: 下水管
----部品: 沈砂池(下水処理場)
----部品: 最初沈殿池
----部品: スカム除去装置
----部品: 反応タンク
----部品: 最終沈殿池
----部品: 高度処理
----部品: 消毒施設
----部品: 汚泥処理施設
----部品: 処理水の再利用
----部品: 汚泥の再利用


部品: 前提
この計画は共和国の各国の人々が
あくまで各国のスタイルに合わせた形にするとし、無理に推し進めるものではない。
時間の経過などによって状況が変わった場合は計画の一部破棄、などもありうる。
例:仮設住宅の設置が計画に含まれているが、時間の経過ですでにその必要がなくなっている場合など

部品: 利益の一極集中防止
今回の事業は公共事業であり、国民のインフラを整えるために実行される。
利益は国民の糧となり、明日の生活の基盤となるべきであり、特定の団体個人の利益のために行われるものではない。
必要以上の資金の偏りや中抜きには注意をしこれを予防する。

これはクロスアクシアなどの介入を防ぐ目的もる。

部品: 雇用の目的
復興が完了するまでの一時的な働き口として、
設定国民に施設建設に従事してもらうことに対価を支払い、
一方的搾取ではなく仕事として生活を安定させる。

部品: 求人内容
主に、土木建築系の仕事となるがその他 整地のためのI=Dを動かすパイロットやコパイロット、またそれを整備する整備士。農園に適した土地を見定めるための農業従事者の協力なども考えられる。

部品: 建設優先順
1:住むところのない人々のための仮設住居
2:水場地形を利用した水道(浄水施設など含む)
3:農産・畜産施設など、食料確保のための施設
4:工場・採掘場などの働き口
5:教育施設
6:娯楽施設

部品: 設置の目的
復興が進んでいく中で生活が安定するまでの仮の住居を設置することで、まず雨、風、日差しなどから身を守り。健康を損なうことないよう保護を行う。
またプライベートな空間を作ることでストレスの軽減効果も見込める。

部品: 仮設住宅概要
災害などで居住できる住家を失い、自らの資金では住宅を新たに得ることのできない人に対し、行政が貸与する仮の住宅。
主にプレハブ素材でできており、規格を統一することで安く、早く設置ができる。プライベートと安全に配慮し鍵は必ず設置されている。
最低限の生活必需品も配置してある。

部品: 仮設トイレ概要
元々トイレが無い場所、もしくは不足する場所に、一時的に設置される簡易式のトイレ。
下水道の上に直接設置されて汚物を流下させるタイプと
汚物を溜めるタンク(便槽)などを下に置いた汲み取り式タイプがある。
後者については特に衛生面、臭気への対応が必要となる。

部品: 炊き出しとは
炊き出しとは避難者や、さまざまな理由で困窮した状況下にある多数の人を対象として、料理やその他の食料を無償提供する行動である。

部品: プライバシーへの配慮
仮設住宅村で問題となってくるのがプライバシーの侵害だろう。
仮設住宅はその構造上壁も薄く、窓もすりガラスなどではない。
カーテンの配布、住民同士の連携、相談によって対応する。

部品: 犯罪、性犯罪の防止
避難生活というストレスを抱える状態一時的とはいえ集団生活になれば、犯罪の問題も出てくる。
窃盗、暴行、性犯罪 およびそれらから発展した殺人まで考えられるが
それらは当然に法の下で裁かれることを周知し
法の司、護民官と連携しつつ 定期的な警察官の巡回で対応する。


部品: 健康への配慮
避難生活で困るのは体調を崩したときである。
突然の病気はもちろんのこと、持病がある人、妊婦、怪我がある人。
理由は様々であるがこれらは放っておくことはできない。
医者の定期的巡回、健康相談所の設置にて対応する。

部品: 衛生への配慮
汗やほこりで身体および衣服は日々汚れていく。
それらを清潔に保てないのはストレスや健康阻害をひきおこす。
水の確保が出来てからにはなるが、簡易シャワーや手洗い場、洗濯施設なども必要になってくる。


部品: 生活必需品の配給
希望する物すべてを提供できるわけではないが、一部の生活必需品については
可能な限り支援をする。ベビー用品・オーラルケア用品・トイレ、オムツ用品・台所用品・生理用品・避妊具などがあげられるだろう。

部品: ストレスへの配慮
避難生活というのはストレスが溜まるものである。
カウンセラーの派遣、娯楽の提供などでこれを緩和し
体力のあるものは復興事業への参加を推奨する。

部品: 水道施設とは(説明)
ここでいう水道施設とは、上中下水道をまとめて指したものであり、浄水場を含む水の循環システムとして取り扱う。

部品: 安全な水
集落が集まり国となった今、藩国に欠かせない施設として大切に運用されている。全ての藩国民のみならず、旅行客の喉を潤す水は藩国の宝のひとつと言っても過言ではない。

部品: 上水道の定義
飲用可能な水の供給設備を指す。浄水を完了した安全な飲料用水を安価に、確実に藩国各地に供給する、重要な国家事業である。

部品: 命に欠かせないもの
ほぼ全ての生命は空気と水がないと生きていけない。飲み水を確保するのは生活をする上で第一に考える事であろう。

部品: 安全対策
安全な飲料用水を提供するため、飲料用水の成分は厳密に規制される。有害物質検査はもちろんのこと、消毒等のために投入される薬品等も法によって規定される。特に人体に影響を及ぼす成分については、どんなに有益なものであっても飲料用水への混入は許されない。(必要であれば薬品として別に提供される)

部品: 浄水場の効果
ダムや、川から水を引き入れ、飲料と出来るレベルに浄化する設備である。飲料とするための厳しいチェックが行われる。

部品: ろ過技術のはじまり
まず雨水や川の水を、石、炭、砂、草などで濾す装置から始まった。身近な材料で作れるのが利点だったが、そのままでは衛生的に心配だったため煮沸してから初めて「飲料水」と呼べる物になった。

部品: 水の価値
建国当時は小さなろ過装置だけだったが、人が集まり大量の水が必要とされ、このままでは高値で水を売りつける良からぬ者も出てくるだろう。皆安全で平等に飲める水を確保するため、各集落、自治体は浄水施設の建設に乗り出す。

部品: 取水設備
ダムや川から水を取り入れる設備であり、「取水塔」や「取水堰」などがある。沈砂池へ水を運ぶ役割がある。

部品: 沈砂池(浄水場)
そのまま浄水施設に水を取り入れるとポンプや設備が痛む可能性があるので一度ここで流水の中から大きな砂や土などを沈殿させて取り除く。
基本は丈夫な鉄筋コンクリート製。堆砂のため長方形の池が主要な構造になっている。上澄みだけを流出させるよう内部の水面上に堰が作られている。
寒冷地では屋根が設けられることもある。


部品: 導水パイプ
沈砂池で大きな石や砂が取り除かれた水を浄水場へ運ぶためのパイプ。トンネルや大きな管などで出来ている。

部品: 着水井
浄水場内の施設。
取り入れた水の水量・水位の調節と、原水の水質把握を行う。
ここから薬品混和池へと水が導かれる。

部品: 薬品混和池
原水に含まれる不純物を取り除くために原水と凝集剤をはじめとした薬剤を混ぜて不純物をフロックといわれる塊にする場所。
凝集剤の量は、着水井で計測された原水の濁度や水質によって決まる。
また、薬品による消毒もここで行われる。

部品: フロック形成池
薬品混和池で原水に入れられた凝集剤によって形成されたフロックを、更に大きく重く形成していく役割を持つ。
大きな攪拌機が設置されており、水を適切な速度でかきまぜることでフロック同士がぶつかりあい大きくなる。
大きくなったフロックを沈殿させ、上澄みの水をろ過池へ運ぶ。

部品: ろ過池
フロックが取り除かれた水を数種の砂でろ過することでさらに綺麗な水にする。
径の小さい細砂や、粗砂、砂利をろ過形式や敷き詰める層によって使い分ける。
ろ過池の砂は数日ごとに洗浄され、目詰まりを起さないようにしている。
ろ過された水は毎日職員によって検査され、水の安全を確認している。

部品: 浄水池
ろ過されたきれいな水を消毒する施設。
水は法律できめられている濃度の塩素で消毒され、安心して飲める水道水になる。
消毒された水は浄水検水ポンプで各種機器に送られ水質基準に合格しているかを確認される。


部品: 配水池
上水道の配水量を調整するために、一時蓄えておくための場所。
主に標高の高い場所にあり、自然の落差を利用して給水する。

部品: 配水管
上水道の配水のために使う水道管。配水に使う一定の圧力を得るために、配水塔等からの自然圧を利用したり、ポンプで圧力を加えて配水される。

部品: 中水道の定義
生活排水や産業排水を処理して循環利用する設備のうち、特に人体と接することのないものについて指す。トイレ用水や公園の噴水等が主な使途である。

部品: 中水道の意義
すべての水資源を完全に浄水するのは非効率である。主に人体に接することがなく、かつ浄水を簡略化して循環利用できるものについて中水道を使用することで、コストの削減や施設寿命の向上等が期待できる。

部品: 下水道の定義
雨水や汚水等を集積したのち、公共用水域に排出するための設備。過度の環境汚染を防ぐため、特段の配慮が求められる設備でもある。

部品: 環境対策
汚水は下水道を通して処理場へ送り、下水処理を行わなければ環境問題を引き起こす。
下水道の整備は、周囲環境すべての環境を守ることになるのだ。


部品: 下水管
下水管には汚水を流す汚水管と、雨水を流す雨水管がある。
わざわざ分けるのは、雨天時には雨水も下水処理場に流れてきてしまい、
下水処理能力の低下を招くからである。

部品: 沈砂池(下水処理場)
基本的に浄水場の沈砂池と目的は一緒である。処理の前に大きなゴミや砂を取り除き水を浄化するための準備をする。
ただし、こちらは汚水を取り扱っているためよりゴミが混じる可能性が高く、排除と衛生面に留意しなければならないだろう。
粗目スクリーン、沈砂処理設備などが設置されている。

部品: 最初沈殿池
汚水内の小さなゴミや砂を取り除くための設備。
水流が遅くなるように調整されており、
遅い流れの中で重力の力を借りて汚水は水と沈殿物に分離される。

部品: スカム除去装置
最初沈澱池の表面に浮かんでくる油脂や固形分をスカムといい、これをせき止めて除去する装置。
除去後のスカムは脱水・袋詰めして廃棄処理される。

部品: 反応タンク
汚水に空気、活性汚泥と呼ばれる微生物などを混合攪拌することで、
下水中の有機物・窒素・リンを中心とした汚濁物質を処理する。

部品: 最終沈殿池
反応タンクの次に設置されている設備。
水流を遅くすることで、反応タンクで混合させた活性汚泥を沈殿分離させ、透明な上澄みだけを次に送る。

部品: 高度処理
主に処理水の活用や放流先の環境保全を目的とし、さらに行われる処理。
十分取り除くことができない、窒素やリンを取り除くものである。
嫌気―好気法や、嫌気―無酸素―好気法などがある。
オゾンで酸化した上で生物活性炭を行う方式もある。

部品: 消毒施設
放流する水を滅菌し、安全性を確保するための施設。
塩素消毒が一般的である他に、紫外線消毒・オゾン消毒といった消毒方法が取られている、

部品: 汚泥処理施設
下水処理場で発生した汚泥を回収し、産業廃棄物として処分するための施設。
汚泥は腐敗前に適切な処理を行う必要がある。
この施設ではまず汚泥の脱水を行った上で、焼却処分を行う。

部品: 処理水の再利用
処理工程を経て浄化された処理水は、消毒して公共用水域に放流されるか、工業用水等の雑用水として再利用される。

部品: 汚泥の再利用
下水処理場で発生する汚泥のうち、活性汚泥は汚水処理のために使用される。
それ以外の余剰汚泥は処理施設で焼却処分されることが多いが、
焼却後に肥料やセメント原料に使用されるほか、煉瓦に加工されることもある。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "共和国復興計画",
"children":
[
{ "title": "前提",
"description": "この計画は共和国の各国の人々が\nあくまで各国のスタイルに合わせた形にするとし、無理に推し進めるものではない。\n時間の経過などによって状況が変わった場合は計画の一部破棄、などもありうる。\n例:仮設住宅の設置が計画に含まれているが、時間の経過ですでにその必要がなくなっている場合など",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "利益の一極集中防止",
"description": "今回の事業は公共事業であり、国民のインフラを整えるために実行される。\n利益は国民の糧となり、明日の生活の基盤となるべきであり、特定の団体個人の利益のために行われるものではない。\n必要以上の資金の偏りや中抜きには注意をしこれを予防する。\n\nこれはクロスアクシアなどの介入を防ぐ目的もる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "雇用について",
"children":
[
{ "title": "雇用の目的",
"description": "復興が完了するまでの一時的な働き口として、\n設定国民に施設建設に従事してもらうことに対価を支払い、\n一方的搾取ではなく仕事として生活を安定させる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "求人内容",
"description": "主に、土木建築系の仕事となるがその他 整地のためのI=Dを動かすパイロットやコパイロット、またそれを整備する整備士。農園に適した土地を見定めるための農業従事者の協力なども考えられる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "建設優先順",
"description": "1:住むところのない人々のための仮設住居\n2:水場地形を利用した水道(浄水施設など含む)\n3:農産・畜産施設など、食料確保のための施設\n4:工場・採掘場などの働き口\n5:教育施設\n6:娯楽施設",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "仮設住宅村設置",
"children":
[
{ "title": "設置の目的",
"description": "復興が進んでいく中で生活が安定するまでの仮の住居を設置することで、まず雨、風、日差しなどから身を守り。健康を損なうことないよう保護を行う。\nまたプライベートな空間を作ることでストレスの軽減効果も見込める。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "仮設住宅",
"children":
[
{ "title": "仮設住宅概要",
"description": "災害などで居住できる住家を失い、自らの資金では住宅を新たに得ることのできない人に対し、行政が貸与する仮の住宅。\n主にプレハブ素材でできており、規格を統一することで安く、早く設置ができる。プライベートと安全に配慮し鍵は必ず設置されている。\n最低限の生活必需品も配置してある。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "仮設トイレ",
"children":
[
{ "title": "仮設トイレ概要",
"description": "元々トイレが無い場所、もしくは不足する場所に、一時的に設置される簡易式のトイレ。\n下水道の上に直接設置されて汚物を流下させるタイプと\n汚物を溜めるタンク(便槽)などを下に置いた汲み取り式タイプがある。\n後者については特に衛生面、臭気への対応が必要となる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "炊き出し",
"children":
[
{ "title": "炊き出しとは",
"description": "炊き出しとは避難者や、さまざまな理由で困窮した状況下にある多数の人を対象として、料理やその他の食料を無償提供する行動である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "プライバシーへの配慮",
"description": "仮設住宅村で問題となってくるのがプライバシーの侵害だろう。\n仮設住宅はその構造上壁も薄く、窓もすりガラスなどではない。\nカーテンの配布、住民同士の連携、相談によって対応する。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "犯罪、性犯罪の防止",
"description": "避難生活というストレスを抱える状態一時的とはいえ集団生活になれば、犯罪の問題も出てくる。\n窃盗、暴行、性犯罪 およびそれらから発展した殺人まで考えられるが\nそれらは当然に法の下で裁かれることを周知し\n法の司、護民官と連携しつつ 定期的な警察官の巡回で対応する。\n",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "健康への配慮",
"description": "避難生活で困るのは体調を崩したときである。\n突然の病気はもちろんのこと、持病がある人、妊婦、怪我がある人。\n理由は様々であるがこれらは放っておくことはできない。\n医者の定期的巡回、健康相談所の設置にて対応する。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "衛生への配慮",
"description": "汗やほこりで身体および衣服は日々汚れていく。\nそれらを清潔に保てないのはストレスや健康阻害をひきおこす。\n水の確保が出来てからにはなるが、簡易シャワーや手洗い場、洗濯施設なども必要になってくる。\n",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "生活必需品の配給",
"description": "希望する物すべてを提供できるわけではないが、一部の生活必需品については\n可能な限り支援をする。ベビー用品・オーラルケア用品・トイレ、オムツ用品・台所用品・生理用品・避妊具などがあげられるだろう。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "ストレスへの配慮",
"description": "避難生活というのはストレスが溜まるものである。\nカウンセラーの派遣、娯楽の提供などでこれを緩和し\n体力のあるものは復興事業への参加を推奨する。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "水場地形を利用した水道(浄水施設など含む)",
"children":
[
{ "title": "水道施設",
"children":
[
{ "title": "水道施設概要",
"children":
[
{ "title": "水道施設とは(説明)",
"description": "ここでいう水道施設とは、上中下水道をまとめて指したものであり、浄水場を含む水の循環システムとして取り扱う。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "安全な水",
"description": "集落が集まり国となった今、藩国に欠かせない施設として大切に運用されている。全ての藩国民のみならず、旅行客の喉を潤す水は藩国の宝のひとつと言っても過言ではない。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "浄水場",
"children":
[
{ "title": "上水道",
"children":
[
{ "title": "上水道の定義",
"description": "飲用可能な水の供給設備を指す。浄水を完了した安全な飲料用水を安価に、確実に藩国各地に供給する、重要な国家事業である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "命に欠かせないもの",
"description": "ほぼ全ての生命は空気と水がないと生きていけない。飲み水を確保するのは生活をする上で第一に考える事であろう。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "安全対策",
"description": "安全な飲料用水を提供するため、飲料用水の成分は厳密に規制される。有害物質検査はもちろんのこと、消毒等のために投入される薬品等も法によって規定される。特に人体に影響を及ぼす成分については、どんなに有益なものであっても飲料用水への混入は許されない。(必要であれば薬品として別に提供される)",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "浄水場の効果",
"description": "ダムや、川から水を引き入れ、飲料と出来るレベルに浄化する設備である。飲料とするための厳しいチェックが行われる。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "ろ過技術のはじまり",
"description": "まず雨水や川の水を、石、炭、砂、草などで濾す装置から始まった。身近な材料で作れるのが利点だったが、そのままでは衛生的に心配だったため煮沸してから初めて「飲料水」と呼べる物になった。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "水の価値",
"description": "建国当時は小さなろ過装置だけだったが、人が集まり大量の水が必要とされ、このままでは高値で水を売りつける良からぬ者も出てくるだろう。皆安全で平等に飲める水を確保するため、各集落、自治体は浄水施設の建設に乗り出す。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "浄水システム",
"children":
[
{ "title": "取水設備",
"description": "ダムや川から水を取り入れる設備であり、「取水塔」や「取水堰」などがある。沈砂池へ水を運ぶ役割がある。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "沈砂池(浄水場)",
"description": "そのまま浄水施設に水を取り入れるとポンプや設備が痛む可能性があるので一度ここで流水の中から大きな砂や土などを沈殿させて取り除く。\n基本は丈夫な鉄筋コンクリート製。堆砂のため長方形の池が主要な構造になっている。上澄みだけを流出させるよう内部の水面上に堰が作られている。\n寒冷地では屋根が設けられることもある。\n",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "導水パイプ",
"description": "沈砂池で大きな石や砂が取り除かれた水を浄水場へ運ぶためのパイプ。トンネルや大きな管などで出来ている。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "着水井",
"description": "浄水場内の施設。\n取り入れた水の水量・水位の調節と、原水の水質把握を行う。\nここから薬品混和池へと水が導かれる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "薬品混和池",
"description": "原水に含まれる不純物を取り除くために原水と凝集剤をはじめとした薬剤を混ぜて不純物をフロックといわれる塊にする場所。\n凝集剤の量は、着水井で計測された原水の濁度や水質によって決まる。\nまた、薬品による消毒もここで行われる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "フロック形成池",
"description": "薬品混和池で原水に入れられた凝集剤によって形成されたフロックを、更に大きく重く形成していく役割を持つ。\n大きな攪拌機が設置されており、水を適切な速度でかきまぜることでフロック同士がぶつかりあい大きくなる。\n大きくなったフロックを沈殿させ、上澄みの水をろ過池へ運ぶ。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "ろ過池",
"description": "フロックが取り除かれた水を数種の砂でろ過することでさらに綺麗な水にする。\n径の小さい細砂や、粗砂、砂利をろ過形式や敷き詰める層によって使い分ける。\nろ過池の砂は数日ごとに洗浄され、目詰まりを起さないようにしている。\nろ過された水は毎日職員によって検査され、水の安全を確認している。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "浄水池",
"description": "ろ過されたきれいな水を消毒する施設。\n水は法律できめられている濃度の塩素で消毒され、安心して飲める水道水になる。\n消毒された水は浄水検水ポンプで各種機器に送られ水質基準に合格しているかを確認される。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "配水池",
"description": "上水道の配水量を調整するために、一時蓄えておくための場所。\n主に標高の高い場所にあり、自然の落差を利用して給水する。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "配水管",
"description": "上水道の配水のために使う水道管。配水に使う一定の圧力を得るために、配水塔等からの自然圧を利用したり、ポンプで圧力を加えて配水される。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "中水道",
"children":
[
{ "title": "中水道の定義",
"description": "生活排水や産業排水を処理して循環利用する設備のうち、特に人体と接することのないものについて指す。トイレ用水や公園の噴水等が主な使途である。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "中水道の意義",
"description": "すべての水資源を完全に浄水するのは非効率である。主に人体に接することがなく、かつ浄水を簡略化して循環利用できるものについて中水道を使用することで、コストの削減や施設寿命の向上等が期待できる。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},

{ "title": "下水処理場",
"children":
[
{ "title": "下水道",
"children":
[
{ "title": "下水道の定義",
"description": "雨水や汚水等を集積したのち、公共用水域に排出するための設備。過度の環境汚染を防ぐため、特段の配慮が求められる設備でもある。",
"part_type": "part"
},

{ "title": "環境対策",
"description": "汚水は下水道を通して処理場へ送り、下水処理を行わなければ環境問題を引き起こす。\n下水道の整備は、周囲環境すべての環境を守ることになるのだ。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
},

{ "title": "下水処理システム",
"children":
[
{ "title": "下水管",
"description": "下水管には汚水を流す汚水管と、雨水を流す雨水管がある。\nわざわざ分けるのは、雨天時には雨水も下水処理場に流れてきてしまい、\n下水処理能力の低下を招くからである。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "沈砂池(下水処理場)",
"description": "基本的に浄水場の沈砂池と目的は一緒である。処理の前に大きなゴミや砂を取り除き水を浄化するための準備をする。\nただし、こちらは汚水を取り扱っているためよりゴミが混じる可能性が高く、排除と衛生面に留意しなければならないだろう。\n粗目スクリーン、沈砂処理設備などが設置されている。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "最初沈殿池",
"description": "汚水内の小さなゴミや砂を取り除くための設備。\n水流が遅くなるように調整されており、\n遅い流れの中で重力の力を借りて汚水は水と沈殿物に分離される。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "スカム除去装置",
"description": "最初沈澱池の表面に浮かんでくる油脂や固形分をスカムといい、これをせき止めて除去する装置。\n除去後のスカムは脱水・袋詰めして廃棄処理される。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "反応タンク",
"description": "汚水に空気、活性汚泥と呼ばれる微生物などを混合攪拌することで、\n下水中の有機物・窒素・リンを中心とした汚濁物質を処理する。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "最終沈殿池",
"description": "反応タンクの次に設置されている設備。\n水流を遅くすることで、反応タンクで混合させた活性汚泥を沈殿分離させ、透明な上澄みだけを次に送る。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "高度処理",
"description": "主に処理水の活用や放流先の環境保全を目的とし、さらに行われる処理。\n十分取り除くことができない、窒素やリンを取り除くものである。\n嫌気―好気法や、嫌気―無酸素―好気法などがある。\nオゾンで酸化した上で生物活性炭を行う方式もある。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},

{ "title": "消毒施設",
"description": "放流する水を滅菌し、安全性を確保するための施設。\n塩素消毒が一般的である他に、紫外線消毒・オゾン消毒といった消毒方法が取られている、",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "汚泥処理施設",
"description": "下水処理場で発生した汚泥を回収し、産業廃棄物として処分するための施設。\n汚泥は腐敗前に適切な処理を行う必要がある。\nこの施設ではまず汚泥の脱水を行った上で、焼却処分を行う。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "処理水の再利用",
"description": "処理工程を経て浄化された処理水は、消毒して公共用水域に放流されるか、工業用水等の雑用水として再利用される。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},

{ "title": "汚泥の再利用",
"description": "下水処理場で発生する汚泥のうち、活性汚泥は汚水処理のために使用される。\nそれ以外の余剰汚泥は処理施設で焼却処分されることが多いが、\n焼却後に肥料やセメント原料に使用されるほか、煉瓦に加工されることもある。",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": false,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]


[No.3036] [固定リンク][非] 設問197の提出 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/08/20(Sun) 19:36:44

大部品:ターン20にゃんにゃん共和国の復興 RD:481 評価値:15
-部品: 共和国復興作業の流れ :http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=3021
-大部品: 共和国復興計画 RD:48 評価値:9 :http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=3025
-大部品: 共和国環状線 RD:346 評価値:14 :http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=2867
-大部品: 国家向け不動産会社ASEA(Bでの再スタート) RD:86 評価値:10 :https://www29.atwiki.jp/feg2/pages/597.html