[掲示板へもどる]
一括表示

[No.4470] [固定リンク][非] 共和国藩王会議議事録置き場 投稿者:階川雅成@玄霧藩国  投稿日:2018/01/12(Fri) 01:38:03
[関連記事

藩王会議の議事録はこちらに。
議事録以外の返信はしないでください。そして、議事録は必ずこちらへお願いします。
(対応ツリー上に議事録があっても、それを探して読むのが大変だからです)
議事録の作成テンプレート(というか作成マニュアル)はこちら
http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=4476


[No.4471] [固定リンク][非] 1/11共和国藩王会議(番外:運営体制の見直しの話し合い) 投稿者:階川雅成@玄霧藩国  投稿日:2018/01/12(Fri) 01:38:26
[関連記事

〇1/11共和国藩王会議(番外:運営体制の見直しの話し合い)議事録


●招集・議事進行者
階川雅成@玄霧藩国

●議題
『共和国の運営体制の見直し』
現在の共和国の一番の問題は、共和国藩王会議が組織として機能していないこと。
よってこれを解消し、意思決定機関としての共和国藩王会議を稼働させたい。
制度の作成によってこれを実現するために、各国の理解が欲しい。

参考URL
http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=4468
http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=4469


●解決すべき問題
・藩王会議が会議として動いておらず、なんとなくの話し合いの場になっている。
・なんとなく問題解決するために特定個人が主導しないと動き出すことができない。

●対応方針
・藩王会議の招集権限やルールを明確化して、各国の代表であれば誰でも会議を開催出来るようにして対応を活発化させる。
・議事進行や議事録のまとめ方など、会議開催のハードルになりそうなものをテンプレート化して誰でもできるようにする。
・会議という形式が根付くことによって、重要な議題の際も進行が円滑に進むようにする。
・当事者性を広く根付かせることで、特定個人による主導に頼らずに済み、広く協力が行われる環境を作る。

●対応結果または進行状況
・方針については概ね同意が得られたが、正式な解決のためにはルール明確化作業、議事進行テンプレ作成、議事録テンプレ作成が必要なため、それらの確定は次回行う。
・会議のルール明確化を行う上で藩王会議に求める内容を募った結果『主催者や議事進行者を孤立させない』『藩王会議場を作業場所として使わない』などが出ており、これらは推し進める方向。
・藩王会議チャットの閲覧権限を広げる(新人なども気軽に見られるようにして参加の実感を共有できるようにする)案については現状保留。
※藩王会議外に持ち出せない重要案件やデリケートな案件も多く扱うため。情報格差の是正については議事録作成方面の強化で対応する方向。
・対応担当者のなり手がいない問題については、案件として規模が大きいため別途話し合う事になった。
※周囲からのフォローを厚くしながら、小さい案件から色んな人に振っていくことが好ましいという方向。
・議事録作成などの負担のかかる仕事については、威信点やマイルなどの報酬を出来るだけ優先的に回す形で担当者を確保していきたい考え。

●対応担当者
次回議事進行担当:階川雅成(継続)
議事録作成:階川雅成
議事録テンプレートたたき台作成:階川雅成
議事進行テンプレートたたき台作成:高梨ひひひ
藩王会議ルールたたき台作成:階川雅成

●対応支援要員
藩王会議参加者全般
(相談に乗ったり詰まった時に引きついだり)

●協力したい時に何をしたらいいか
・自国内で藩王会議に何を求めるか、会議を円滑に進めて全体の負担を軽減していくにはどうしたらいいかを考えてみる。
・テンプレートのたたき台が藩王会議チャットに出てきた時に確認を手伝う。


●対応期限
次回開催日まで

●次回対応予定日
1月15日22時
※あくまで予定なので、正式に決まったタイミングで再度告知を行います。
※また、今回よりは重要性が落ちる(発端の部分の意識共有は出来たと考えられる)ため、参加国がより多くなるような日程調整などは予定していません。


●雑感
やや唐突な提案でしたが、皆さんご参加ありがとうございました。
藩王会議が私物化とまではいかずとも組織としてでなく個人の集団として機能していた問題を、ようやく解消できる道が見え始めて安心しています。
今回の案件までは『会議』ではなく『話し合い』ですので、次以降の議題において会議が行われる事を心から願っています。
今の共和国藩王会議を残念と思っている方、そもそも期待していない方などもおられるかもしれませんが、そういう方ほど今回の案件には乗っかっていくことをお勧めします。
藩王会議をあなたやそれ以外の人達にとって都合のいい組織にしてください。そこに特定個人の主導が必要ないというのであればそれはいい事です。
そして話しあいの最初にも述べましたが、藩王会議を国民に誇れるものに出来るように努力していきましょう。おつかれさまでした。


[No.4477] [固定リンク][非] 1/15藩王会議運用体制検討会議議事録 投稿者:階川雅成@玄霧藩国  投稿日:2018/01/16(Tue) 01:05:34
[関連記事

■タイトル■
1/15藩王会議運用体制検討会議議事録

●議事録作成者
階川雅成@玄霧藩国

●招集/議事進行
階川雅成@玄霧藩国

●参加者一覧
階川雅成@玄霧藩国(招集者)
涼原秋春@akiharu国
海法 紀光@海法よけ藩国
矢上ミサ@鍋の国
白河 輝@レンジャー連邦
結城由羅@世界忍者国
玄霧弦耶@玄霧藩国
GENZ@無名騎士藩国
琥村@リワマヒ国


●議題の概要
『共和国の運営体制見直しの続き』
共和国藩王会議を会議として成立させるにあたり、必要な各種準備を進める。
具体的には、会議の進行マニュアルおよび議事録作成テンプレートをたたき台を元にして検討する。
藩王会議のルールについても検討する。

会議進行マニュアルたたき台:http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=4472
議事録作成テンプレートたたき台:http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=4474
藩王会議のルール作成について:http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=4479

●対応した問題とそのステータス

・議事録作成テンプレートの検討:解決
たたき台の内容に対する意見提出やその検討を実施。
議事録作成テンプレートの改善内容が固まったため、作成担当者が修正版を作成して運用開始する事となった。
(本議事録は修正版を使っている。今後も必要に応じて改定を進める予定)

・会議進行マニュアルの検討:対応継続中
たたき台の内容に対する意見提出やその検討を実施。
マニュアルの内容の更なる充実(不慣れな人でも運用できるよう情報量を増やす)を図るため、
追加作業を実施する事に決定した。次回の話し合いまでに担当者2名が試案を作成予定。
試作終了後、実際にテストプレイを行って、不備などが見つかった場合は適時修正していくということになった。

・共和国藩王会議のルール作成:対応継続中
基礎案を作成して提示したところで終了。追加すべきと考えられる項目を各国から集め、次回改めて検討することになった。


●対応担当者
案件担当者:階川雅成
議事録テンプレート修正作業担当:階川雅成
会議進行マニュアル修正検討:GENZ、結城由羅
藩王会議ルール作成取りまとめ:階川雅成
支援担当:会議参加者全員

●協力したい時に何をしたらいいか
各たたき台の修正案がある場合、自国代表にそれを伝え、自国代表から藩王会議に提出してもらうことができます。
また、作成中の藩王会議のルールについて、追加したい案がある場合は上記URLにて受付を行っています。

●対応期限
通知表配布終了(陣営デブリーフィング開始頃)まで。


●次回対応予定日
1月21日(日)22時
藩王会議チャットワークにて次回の話し合いを開催。


●雑感
本日もご参加ありがとうございました。
積極的な意見提出のお陰で諸々の修正が捗ったように感じます。
今回の作業のコンセプトは『(権限を持つ人なら)誰もが開催・進行できる藩王会議、誰もが作れる議事録』です。
誰もがというのは中々ハードルがあって、例えばこの議事録まとめのうち『対応した問題とそのステータス』の項などは慣れない人にとっては書きづらいと思います。
それでもいろんな人が参加できるようにならなければこれまでの問題は解決しないですので、いろんな人が参加できるように制度を整えていくつもりです。
各国代表の方は、その制度を利用してご自分に利益をもたらしてください。それが周囲のためにもなります。
次回もよろしくお願いします。
なお、この議事録は大体40分(テンプレ修正作業がそのうち半分)くらいで書きました。


[No.4484] [固定リンク][非] 1/21藩王会議運用体制検討会議議事録 投稿者:階川雅成@玄霧藩国  投稿日:2018/01/22(Mon) 00:59:04
[関連記事

■タイトル■
1/21藩王会議運用体制検討会議議事録

●議事録作成者
階川雅成@玄霧藩国

●招集/議事進行
階川雅成@玄霧藩国

●参加者一覧
階川雅成@玄霧藩国(招集者)
来須・A・鷹臣@るしにゃん王国
涼原秋春@akiharu国
矢上ミサ@鍋の国
白河 輝@レンジャー連邦
結城由羅@世界忍者国
暮里あづま@ナニワアームズ商藩国
フィーブル@フィーブル藩国
GENZ@無名騎士藩国
YOT@ゴロネコ藩国

●議題の概要
『共和国の運営体制見直しの続き』
共和国藩王会議を会議として成立させるにあたり、必要な各種準備を進める。
具体的には、議事録作成テンプレートの確認、議事進行マニュアルの検討、藩王会議のルールについての検討をおこなう。

会議進行マニュアルたたき台1:http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=4481
会議進行マニュアルたたき台2:http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=4483
議事録作成テンプレートたたき台:http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=4476
藩王会議のルール作成について:http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=4479


●対応した問題とそのステータス

・議事録作成テンプレートの確認:解決
テンプレート改訂版の内容を運用例と共にチェック。問題は特になかったため正式に運用を行う事となった。
今後、課題が見つかればその際に改訂を行っていく。

・会議進行マニュアルの検討:解決
前回のマニュアルたたき台を藩王会議向けに修正、肉付けして運用しやすくした試案2つを検討。
追加すべき点の洗い出しやマージ作業の段取りを行った。
本件の検討中、会議企画書の事前作成の重要性に対して企画書テンプレートの作成も行うべきであるという案が出たため、実施が決定した。
マージ後のマニュアルについては再検討のための話し合いは行わず、次回以降の会議においてそのまま試験運用を行っていく想定。
課題が見つかればそのたびに改訂を行っていく。
企画書作成テンプレート案:http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=4485

・共和国藩王会議のルール作成:解決
ルールとして作成するものの方向性を修正。
藩王会議が守るべき規則というより、藩王会議参加者が持つべき考え方の基本原則として作成物を定義しなおした。
そのため、ルールの文量は草案よりも削減し、5行程度まで抑える想定。
改訂版作成後、再検討のための話し合いは行わず、直接各国に信任投票を行ってもらう事で正式実装へ向けて進めて行くこととなった。
(不信任があればその対応としての再検討は行う)


●対応担当者
案件担当者:階川雅成
会議進行マニュアル修正検討:結城由羅
会議企画書テンプレート草案作成:階川雅成
藩王会議ルール草案改訂&信任受付準備:階川雅成
支援担当:会議参加者全員

●協力したい時に何をしたらいいか
各たたき台の修正案がある場合、自国代表にそれを伝え、自国代表から藩王会議に提出してもらうことができます。
また、作成中の藩王会議のルールについて、追加したい案がある場合は上記URLにて受付を行っています。


●雑感
本日もご参加ありがとうございました。
お陰様で、本件のために行われる話し合いは基本的にこれで終わりを迎える事ができたと思います。
まだ作業がいくらか残っており、それらの正式実施に向けて各国にご対応頂く事も出てはきますが、ようやく藩王会議を再始動できる運びとなったことを喜ばしく感じています。
ルールを決めただけではアイドレス内の問題は何も解決しないので、実際はここからが本番です。
共和国という陣営の一員として、各藩国の一員として、それぞれ頑張っていきましょう。
この議事録はおおよそ15分で作成しました。


[No.4503] [固定リンク][非] 1/26『T22.5緊急対処案件を策定する』藩王会議議事録 投稿者:階川雅成@玄霧藩国  投稿日:2018/01/26(Fri) 23:13:07
[関連記事

■タイトル■
1/26『T22.5緊急対処案件を策定する』藩王会議議事録

●議事録作成者
階川雅成@玄霧藩国

●招集/議事進行
涼原秋春@akiharu国

●参加者一覧
涼原秋春@akiharu国(招集者)
来須・A・鷹臣@るしにゃん王国
高梨ひひひ@FEG
海法 紀光@海法よけ
矢上ミサ@鍋の国
久堂 尋軌@世界忍者国
玄霧弦耶@玄霧藩国
フィーブル@フィーブル藩国
GENZ@無名騎士藩国
琥村@リワマヒ国
YOT@ゴロネコ藩国


●議題の概要
1:緊急対処事項として提出する陣営としてのリストを決める
2:T22.5を100年後時点ではなく前倒しするかどうかについて討論する
3:掲示板で採決するための締め切りをいつにするか決める

会議資料
各国から提出してもらった緊急対処事項/宿題事項:http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=4488
緊急案件まとめ(akiharu作成):http://cwtg.jp/oripbbs/nisetre.cgi?no=4497


●対応した問題とそのステータス

・T22.5に向けた共和国の緊急対処事項の確認と検討:解決
以下のようにまとめた。基本的に、番号が若い順に対応していく想定。
>1:鍋の国の変異対処(今後の教育・研究開始含む)
>2:akiharu国の各国襲撃・知類狩猟への対処
>3:よけ藩国・玄霧藩国の地面振動の調査・対処
>4:サイボーグの悪夢に対する調査・対処
>5:よけ藩国の王猫捜索
>6:人以外の種族、サイボーグや森国人の現状について調査・研究する
>7:T23戦略を立てるために各国の詳細情勢が知りたい
>8:7番で危険な兆候(技術や魔法、国民不満)があった場合、それについて詳細調査、対処する

・T22.5の早期開催の是非についての検討:対応継続中
早期開催すると、現在発生している問題に直接対処できる。
しかし、それは時間経過によって発生するであろう問題(ダークアイドレスなど)が表面化する前のゲームとなり、それらの対処が行えない。
表面化する前に各国の情勢を調査し、問題の兆候をつかんで対処できれば問題そのものを起こさない事ができるが、確実性は落ちる。
また、現在発生している問題についての情報が不足している事もあり、生活ゲーム開催後のタイミングまで待つ案もある。
結果、芝村さんにもう少し詳しく確認して情報を得た後に是非についての採決を掲示板上にて行うこととなった。
採決の開始は1月27日(土)予定。採決の投票期限は1月30日(火)予定。


●対応担当者
T22,5開催時期に関する取りまとめ:涼原秋春@akiharu国
支援要員:各藩国代表

●次回対応予定日
採決後に招集が行われる見込み


●雑感
藩王会議お疲れ様でした。
事前の意見調査や企画書の提示を実施した、共和国藩王会議新体制初の会議でしたが、
おおよそ滞りなく順調に進んだように感じました。
今回の議事進行は慣れた方だったので、次回以降に不慣れな方に試験運用して頂くことで、より多くのノウハウが獲得できるように思います。
T22,5の開催時期を問わず、共和国の各種問題をきっちり解決できるよう、今後ともよろしくお願いします。