大統領府掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.4212] [固定リンク][非] 考察まとめからの住み分けの話 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2017/12/13(Wed) 03:38:01
[関連記事

海法紀光
▼魔法と科学の混合が危険な原因に関する考察
○要約
 儀式魔術でそうであるように情報の認識が感情を伴うものとすれば、盟約魔法の魔力を使う度に、盟約対象は感情が動くことになる。
 この時、あまり不自然に感情を強制すれば、盟約神もおかしくなり、人間にも悪影響が出る。
・魔法の使いすぎ
 たいした理由もないのに、頻繁に同じ感情を強制されれば、盟約対象はおかしくなる。
・魔力情報の濫用
 コピペ、機械生成など、不自然な情報を魔力として認識させれば、盟約対象はおかしくなる。
・都合のいい神を作る
 人間に都合のいい、制約なく魔力を産み出し続ける神は、言うならば、永遠に笑い続けるような神であり、最初から(人間基準で)おかしい神である。
 魔法が科学と接続した場合、これらが起きやすい。
 逆に言えば、これらが起きない範囲で魔法を使うのであれば、科学と接続しても(経済・社会的な問題はさておき)爆発はしないのではないか。
 上記を実験し、確かめ、その危険性を低物理、高物理ともに共有する。高物理においては、「魔力は、人間の精神および、神々と呼ばれる存在をエネルギー源とするため、機械的に魔力を取り出そうとすると、様々な悪影響がある」的に伝える。
 魔力の限度と、その人間に対する影響を計測し、盟約神とも話し合って、安全に使える範囲の魔法を見極める。
 その範囲で、魔力を使用しつつ、科学文明と共存の道を探る。
◯前提
・儀式魔術の情報集積における「情報」とは人間の認識であることがわかっている。
・この時、認識とは単に目に入るといったものではなく、感情、心の動きが必要であることがわかっている(例:ゲート維持のために、黒オーマは酒盛りをした)
・盟約魔術においては、情報を認識するのは盟約対象の神々などであるが、同様に、感情、心の動きに相当するものがあると思われる。
◯推論
・盟約魔術の魔力で神々の感情が動くとすれば、「誰かが魔法を使うために神は怒る」となる理屈である。
・盟約対象に感情を強制してるわけで、やりすぎれば、盟約対象の存在が変質すると考えられる。
・具体的には、魔法を大規模につかいまくる、魔力源として与える情報に問題がある場合、などが考えられる。
・神が変質すれば、人間にも悪影響が出るだろう。
○結論
・魔法を際限なく使うと神々も人間もおかしくなる。
・魔力の元となる情報も、その質が神々に影響する。
傍証:絶技を使うときにリューンが疲弊したり、応援されて力を取り戻したり、絶望して黒く染まることがあったが、リューン≒盟約対象とすれば、絶技のたびに、感情を刺激されるから、心が疲れるだろうし、心が疲れた状況で絶技を連発すればおかしくなる、と理解できる。
◯なぜ科学と魔法の混合に悪影響があるか
・機械化産業が接続した魔法と場合、産業の都合に合わせて、魔法の使用もどんどん大規模になりがちである。これによって、「魔法使いすぎ」の問題が起きる。
・科学的に魔法を効率化しようとする時、魔力の元となる情報を、コピペ情報や、機械生成情報を与えることが考えられるが、そうした非人間的な情報を与えれば、それに対する感動を強制される神々も悪影響が出る。
・最終的に、科学的に、無限に魔力を出す神を合成することが考えられるが、それはきっとアレそのものである。
傍証:なりそこないが、イヒヒと笑うのは、アレが、かつて、喜びとともに人の願いを叶える神だったからではないか。
◯対策
情報の質を吟味した、濫用でない、神々の意図に沿った魔法を、適量使う限りにおいて、魔法の悪影響は避けられる。
意図、適量を守り、人間に都合の良すぎる神を作ろうとしたりしない限りにおいて、科学と魔法は共存できるはずである。

というようなことを考えたので、この線で200年かけて、安全な魔法の使い方を究められないもんか。
21:25

涼原秋春
これを各セクションごとに部品化して大部品化、森国が中心となって共和国全体で協力して研究、ですかねえ>実際に反映させる場合は
12月12日21:28

海法紀光
そんな感じかねぇ。
12月12日21:29

涼原秋春
まあ部品化の場合はあれ関連のところはちょっと記述いじらないとですね。直に書いたもの文殊登録は怖い

魔法産業が科学産業駆逐しちゃう件については200年の間にバランスが見つかることに望み託す感じですか?
21:36

高梨ひひひ
宇宙進出方面がうまいこといけば技術的な住み分けは可能なんですが、今度は地理的分断がなあ
12月12日21:37

海法紀光
んー、そこは政治よねー。
12月12日21:37

琥村
神殿と盟約で制限が付いた後にどのくらい魔法の優位性があるのかも気になります。
12月12日21:38

高梨ひひひ
こう、ガンダムみたいな展開が怖いところですよね
12月12日21:39

海法紀光
理論上は、盟約制限と、魔力制限で、かなり競争力落ちるはずだが。
12月12日21:39

高梨ひひひ
理想を言えば、同程度の効率性で、かつ得意分野が分かれるといいんですが
12月12日21:40

海法紀光
分野を棲み分けたいねぇ。
12月12日21:40

琥村
魔法の得意分野…
12月12日21:41

涼原秋春
機材無しで個人単位で活動できるのフットワークの軽さが産業としての魔法の強みなんですよねー
12月12日21:41

階川雅成
その理論だと、魔法を組織的に運用して産業として扱う時点でアウトという事になりますね。

住み分け以前に領土が拮抗するものであってはいけなくなる
21:43

海法紀光
んー、たとえば、

量より質が優先されるものなら、アリかもしれん。

芸術作品とかね。
21:43

高梨ひひひ
よくあるパターンだと『科学よりも効率が悪いが、代わりに科学では実現不可能な事象が実現可能』とかですよね
12月12日21:45

海法紀光
ただ、それが便利だから大量生産されないようにしないといかんのよね。
12月12日21:45

階川雅成
神秘は秘匿されるから神秘なのだ理論でいくなら魔法はごく限られた、選ばれた人だけの技術でないといけなくて

それが成立するということは魔法国の主産業は魔法であってはいけなくなります。
21:46

高梨ひひひ
するてえと、「発動までにすごく時間がかかる」とか「すごくたくさんの術者が必要」とか「新月の夜しか使えない」とかですかね
12月12日21:46

階川雅成
それはつまり、科学技術相手に魔法を使わずに産業的に勝負する、という、A世界における森国と同じ形になりますよね。
12月12日21:46

涼原秋春
既存魔法系統で盟約魔法後も科学のシェアを食えそうなのは
・理力建築
・錬金術
・娯楽系幻惑
の三系統

フードクリエイトとかは普通に食べ物作ったほうがいいやとなるとして

この三系統は量産需要がありすぎるんですよね
21:48

高梨ひひひ

逆に産業化せずにやるなら、さきほど海法さんのおっしゃった芸術系、ひたすら真理に向かう学術系ですかね
12月12日21:49

海法紀光
んー。まぁ、「大規模であっちゃいけない」が
12月12日21:49

階川雅成
娯楽系幻影については、そもそも国民の耐性が大きく向上してうまくかからなくなるわけですが、それでもシェア食っちゃいますかね。
12月12日21:49

海法紀光
どこまでの規模なのか、を確かめて見るところやねぇ。

そこそこの値段で安定、なら、それでいいわけで。
21:49

涼原秋春>階川雅成さん
うーん、複数人に同時にかけたりできなくなるならまだ通常メディアとの住み分けはできるかな
12月12日21:51

高梨ひひひ>階川雅成さん
娯楽系幻影については、基本的に魔法耐性のある人にはかけられない。
というわけでスクリーンに投影して間接的に楽しむ、とかならいけそうな
12月12日21:51

階川雅成
というのもありますし、幻影自体の性能もちゃんと定義してリアルすぎるやつはできないように修正したんですよね。
12月12日21:51

涼原秋春
・レアメタル錬金(科学の場合採掘)
・建築
この二分野は科学でやるのも実のところ全くもって効率よくないから、「魔法の効率悪くなるから」が通りにくいのですよね
12月12日21:52

琥村
スーパーVR映画だったのが大型スクリーン映画くらいにはなりそうですが、娯楽として幻影受ける側も受け入れる感じならいくらかいけそうな気はしますね。>幻影
12月12日21:52

涼原秋春
まあレアメタル錬金は高物理国からしたらやったぜ案件でもあるんだけど、まあそうなると濫用まったなし。
12月12日21:53

高梨ひひひ
錬金系は 成果物価値<媒体価値 になればまあ濫用は避けられそうな
12月12日21:54

海法紀光
まぁ、レアメタルも、たとえば、「これ以上は危険」というラインがしっかりあって、その線で取り締まれれば良いのかもしれぬ。

(よくないのかもしれぬ)
21:54

涼原秋春
建築は理力建築、すごく良い魔法だと思うからこそこれ普通の大工さんどうしような……みたいな気持ち
12月12日21:54

海法紀光
まぁ、極端な話、別に、映画が、幻影に変わられても、それはそういうものなら、アリだと思うのよ(幻影に副作用がないなら)

一部の業種が魔法に置き換わること自体が悪いわけではない。
21:56

涼原秋春
まあそうですねえ。共和国では建築業は全部魔法が主流になったよは悪いことではない。それが全土で通用する限りは
12月12日21:56

高梨ひひひ
CDが隆盛になった結果FDが駆逐された、と同じようなものですね
12月12日21:57

涼原秋春
魔法の有無で藩国間格差が出ないかどうか、が着目するべきところですね
12月12日21:57

階川雅成
格差は出ると思います。もちろん科学の有無でも出るんですが。
12月12日21:58

高梨ひひひ
理力建築がとても便利→高物理国家では使えない→低物理国家に国民が流入、がこれまでのパターンですよね
12月12日21:58

階川雅成
魔法全盛で魔法がなきゃダメ、みたいな環境になるか科学全盛になるかはその時々で違うにせよ、一つの技術が分野を独占するなら当然格差は生まれますよね。
12月12日21:59

海法紀光
まぁ、業種を分け合って、それぞれの国に、それぞれの産業があって、どこかの国が完全に割を食うとかでなければ、なんとかいけるのではないか。
12月12日22:00

階川雅成
それを避けたいならやっぱり科学と魔法が拮抗するくらいに大体の分野をどちらもができないといけなくて、それは技術競争による爆発が生まれやすい事も意味する、という
12月12日22:00

涼原秋春
まあA世界の科学全盛と違って面倒なのは「機械は森国でも動いたけど魔法は西国でちゃんと動くかわかんない」だ

これが差別の温床というか

どうしようかなー
22:03

海法紀光
盟約魔法なら、とりあえず、どこの国でも動くというのはわかったので。

そこは大丈夫じゃないかな。
22:04

涼原秋春
なるほど、確かにそうか
12月12日22:04

海法紀光
とはいえ、そのへんは、とりあえず、盟約魔法が落ち着いて、かつ、魔法の副作用がどんなもんで、とか、調べないとわからんよね。
12月12日22:06

海法紀光
とはいえ、そのへんは、とりあえず、盟約魔法が落ち着いて、かつ、魔法の副作用がどんなもんで、とか、調べないとわからんよね。

そのへんを調べて、アセスメントしつつ、産業を進める、というの自体を計画にするしかないんじゃ。
22:06

琥村
そうですね、科学と魔法がうまく拮抗してくれればそれでいいかもしれませんし、バランスが悪くてどちらか一強みたいになりそうなら調整がいるでしょうし。
12月12日22:07

涼原秋春
確たる線引きは今の段階では不可能であるため、200年をかけて産業の共存ラインを見定めてゆく、な感じですか
12月12日22:08

YOT
サイボーグ系の方の重要度を上げるのが大事そうな気がします(秋春さんが言っていた情報系伸ばす等で) そうすればサイボーグの方には効かないと言うのは便利すぎる魔法のブレーキになり、サイボーグの方にも有効というのは科学技術のアドバンテージになって、バランスを取る働きにはなりそうな(もちろん建築魔法などサイボーグの方でも利益受けれる魔法については別ですが)
12月12日22:08

海法紀光
そういう感じ<200年かけて、共存ラインを設計する

最悪、特定産業は、○○系のみの専売にする、とかもできるだろうし。
22:09

GENZ
こんばんはー

しかしサイボーグは段階的に廃止していく方向でして…(うちは
22:10

涼原秋春
うちは逆に完全機械系はうちおいでよ路線かなあ(お前の国はどれだけ爆弾抱える気だって思われるかもですが、どこかで受け入れ先はないと対応力が……って感じで)
12月12日22:12

YOT
なるほど>段階的に廃止
12月12日22:12

涼原秋春
AI知類に対する法制度とかT20から準備してるんで、まあ、ね>機械系受け入れ
12月12日22:13

高梨ひひひ>GENZさん
あー、そちらの方向に行かれるんですね。
うちも舞踏体廃止も視野に入れないと…となってます

しかし舞踏体はそう簡単に廃止できんですよねーと
22:15

GENZ
ある程度伸ばして維持する必要はあると思います

技術が成熟するまでは…
22:15

涼原秋春
akiharu国共和国の火薬庫化待ったなしか……>各国でサイボーグ廃止の中機械系受け入れ
12月12日22:15

琥村
それこそ固めてずに各国に散らしておきたい気はしますが…どのみち士季ちゃんや、かれんちゃんのこともありますしねぇ。>akiharu国さん
12月12日22:15

高梨ひひひ>涼原秋春さん
いやまあ、うちは選択肢から排除はできないよねという程度です
12月12日22:15

涼原秋春
舞踏体については職業として伸ばしたら種族化した、の流れなので逆に職業に戻していくとかはできるんじゃないかなと思います

ああ、でもおじいとかはどうしようもないな>職業対応
22:16


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー