[掲示板へもどる]
一括表示

[No.4189] [固定リンク][非] 共和国のT22成長目標募集 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/12/12(Tue) 00:43:25
[関連記事

T22の共和国復興を行うのに合わせて、
T23までの数百年間での各国成長目標を募集します
(種族のこういう習慣を改めたい、こういう危険なものを封印したい、こういうものを開発したい、など)
T22に種を蒔いて、T23にそれを受けて新アイドレス開発を行っていくという形になります。
この成長目標はとりまとめてアイドレス部品化するため、最低限50字は書いてください。
差し迫ったスケジュールですが、なにとぞご協力お願いいたします

○タイトル
国番号:藩国名

○本文
成長目標の内容(複数の目標がある場合1記事に全部書いてしまってください)

○しめきり
12/12(火)いっぱい


[No.4190] [固定リンク][非] 24:紅葉国 投稿者:神室@紅葉国  投稿日:2017/12/12(Tue) 19:37:44
[関連記事

お世話になっています、紅葉国です。
下記、提出させていただきます。

/*/

 紅葉国の成長目標は宇宙進出環境の構築及び無限の航路と資源の開拓へ向けての技術開発、そして他知類との融和です。
宇宙進出しつつ、自力に依る防衛力の強化を行い、
将来的には船団を組んでニューワールド以外の世界の探索に、世代を重ねつつ行くことも検討しています。
 また、独自仕様の藩国船の建造を直近では目指しています。
これは、住環境の確保と恒星間移民船を意味し、第七世界人が居なくなって藩国船が無くなっても独立して生きて旅ができる環境を整えるためでもあります。
そのため、T23に向けてはまず第一歩としての宇宙職業と訓練の確立、
人型兵器や機動艇に搭載できる小型の重力制御装置の基礎や長期航海への物資圧縮でも利用できる水素の高密度作動流体化、
そして大型宇宙艦船と超遠望探査システムを目指します。
 政治的には、自力に依る防衛力の強化による治安対策、及び更なる他知類との共存環境の構築と対応を行います。
元々都市船はカマキリ種族や巨大サイボーグも受け入れられるように住環境スレーブシップを整えてきましたが、宇宙に向かうにあたり一層力をいれます。
水乙女に関しても、一度受け入れ政策を出した経緯もあるので、積極的に行います。


[No.4191] [固定リンク][非] 35:ゴロネコ藩国 投稿者:YOT@ゴロネコ藩国  投稿日:2017/12/12(Tue) 20:42:02
[関連記事

お世話になっております。ゴロネコ藩国の成長目標を以下に記載します。

ーーーーーーーーー
ゴロネコ藩国の復興における成長目標は、白魔法の精神に基づく共和国の魔法文明の安全性の向上への寄与です。
白魔法国家でありながら共和国が魔法による危機を迎えても十分な対応が出来なかった事を反省し、
同じ過ちを繰り返さないため、新たに定義された盟約魔法をいかに安全に運用していくかを
白魔法学校を中心に、長老様達や盟約対象である猫神様や妖精の女王様、各魔法国家から意見を伺いまた相談しあいつつ研究を進めていきます。
盟約魔法自体は盟約対象のお力をお借りした偉大な力ですが、使い手が使い方を誤る事がないように努力する事は盟約対象に対しての誠意でもあると考えています。


[No.4192] [固定リンク][非] 03:FEG 投稿者:高梨ひひひ@FEG  投稿日:2017/12/12(Tue) 23:13:13
[関連記事

箇条書きとなりますが、FEGにおいては以下の通り成長目標を立てます。

・舞踏体を含むサイボーグとの和解、融和
・AI等、人間由来ではない知類への差別撤廃
・人の形質と機械の体に係る研究
・宇宙ステーションの充実を含む宇宙への本格的進出準備(場合によっては軌道エレベーターへ)
・森林の管理体制充実


[No.4195] [固定リンク][非] 34:リワマヒ国 投稿者:琥村@リワマヒ国  投稿日:2017/12/12(Tue) 23:48:25
[関連記事

リワマヒ国の発展の方向性

保有しているアイドレスを活かし、料理分野、事務分野、輸送分野、医療分野、植物分野を軸として、中物理域から高物理域のレベルでの発展を目指す。

料理について
炎の料理人を中心に安くておいしい料理の文化を広める。料理の腕の向上し、支援や炊き出しでの活躍を目指す。また、産業においては外食産業を育て、リワマヒのおいしいご飯を広める。

事務について
行政士官を主として事務作業の効率化し、書類仕事をスムーズに進めるだけでなく、そのノウハウを作業手順としてまとめることで、新しい分野での事務作業も効率的に進められるようなマニュアルを作成して、書類仕事の発生するいろいろな分野をサポートしていく。

輸送について
きゃりっじと、そこから発展した輸送機を活用し輸送業を展開する。他の分野とも連携し、貿易のための輸送の他に、出前や治療用の緊急輸送など様々なニーズに対応した輸送形態を目指す。

医療について
クローン技術者がいることを活用し、高物理域での治療技術を高める。クローンの医療以外の転用に関しては封印し、医療分野での発達をもって人を助け、国の成長に貢献するようにする。

植物について
植物使いにも協力してもらい、植物の調査研究による性質の理解を中心に活動する。遺伝子組み換えなどは行わず、現存している植物を研究する形で進める。研究成果は可能であれば、農業や工業用作物の質や量の向上に活かし、品質の良い作物の収穫を行い、国の作物のブランド化などにつなげる。


[No.4193] [固定リンク][非] 06:レンジャー連邦 投稿者:白河 輝@レンジャー連邦  投稿日:2017/12/12(Tue) 23:25:37
[関連記事

#華族不在のための代理投稿となります。
#レンジャー連邦の総意の夢ではなく、メンバー各々が目指すレンジャー連邦に描く夢という形でまとめてみました。

・航空産業、空輸国家としての基盤を確立していきたい。
・ジェットやヘリだけでなく、飛行船やエアフロートなど空という空間を活用した技術の開発。
・空から更に見上げて、宇宙へと進出できるよう技術進歩を目指します。
・それに応じたシステム面の充実に伴った情報技術の育成。
・かつて「愛と芸術と学問の国」と言われた経緯からの復権と則ったあり方。
・食べ物に飢えること無く、一人ひとりがより良く暮らせるよう社会福祉の充実させたい。
・自助・共助・公助が自然に息づくようにしたい。
・T22〜23を土台に魔法とも共存しより互いに発展した形で摩擦をなるたけ減らせる技術共有をしていきたい。将来的にはT24へ繋げていく。

という形になりました。
何より、みんなの夢と愛が成就する国であることを願って。


よろしくお願いします。


[No.4194] [固定リンク][非] 16:フィーブル藩国 投稿者:フィーブル@フィーブル藩国  投稿日:2017/12/12(Tue) 23:37:00
[関連記事

お疲れ様です。フィーブル藩国、以下で提出します。

/*/

フィーブル藩国は、数百年にわたる復興の過程において、下記の事項を目標と定めます。

・他藩国を含めた可能な限り詳細な気象情報を蓄積し、統計の精度を上昇させること。
・他藩国を含めた地震や津波、台風、異常気象と言った自然災害の情報を収集すること。またその情報を元に耐震構造等の対抗策を開発すること。
・上記に限らず、経済の動きなど統計として収集できる情報を可能な限り蓄積すること。
・量子コンピュータの建造が達成された場合、機械学習によるこの制御プログラムの最適化の実行を行うこと(ただしあくまで人の判断サポートを目的としたシステムであり、これに判断を委ねる様な事をしてはならない)
・より強く、よりおいしい農作物を作るための品種改良を行っていくこと。
・迷信深い人々による一部の国民の迫害の根絶を目指した人権保護活動を行うこと。
・藩国内に光ネットワークを敷設し、蓄積したこのノウハウを提供する事で高物理国家群を基本に情報通信網を形成すること。

/*/

以上。
宜しく御願い致します。


[No.4196] [固定リンク][非] 33:無名騎士藩国 投稿者:GENZ@無名騎士藩国  投稿日:2017/12/12(Tue) 23:59:35
[関連記事

お疲れ様です、無名騎士藩国です。下記のように考えております。
よろしくお願いします。

○国家計画レベル
都市船/藩国船の移動技術開発
軌道進出→宇宙進出準備
軌道進出後も、現状計画では農業・重金属などの分野で開発特区/地上生産区として領地・領海を活用していく

○施設レベル
軌道エレベータ、マスドライバの建設により宇宙への移動コスト低減を狙う。このための素材・建築技術開発をおこなう

閉鎖環境都市技術開発
宇宙進出の準備・訓練段階として海底コロニーを建設する。これは水中艦艇の建造技術開発も込みである。
また藩国船ごと移動する際の生態系の維持方法についても研究する。

0G環境関係の技術開発
人工衛星の打ち上げ、宇宙ステーションの建設、宇宙艦艇建造技術開発を行う。

ダメージコントロール、トラブル対処技術の開発
宇宙、水中など環境の厳しい場所で知命を保護するための技術開発

○国民

形質関係
・基本的な考え方としてベース知類からの逸脱を防ぎたい。
・サイボーグ技術の発展方向性…人体の拡張ではなくダメージコントロールとしてのサイボーグ技術を高める。バイオテクノロジー込み

教育関係
・基礎教育、高等教育の充実
・共和精神、帰属意識の醸成
・新規機種にあわせたパイロット、整備技術者の育成
・新技術にあわせた産業技術者、研究者の育成
・宇宙・地上・水中で環境が分かれた時に搾取構造を作らないための取り組み
・種族間の融和・対話と問題点の早期拾い上げ、政策への反映

○技術・産業

移動体/兵器技術
・I=D、車両、航空機、船舶の継続的開発
 宇宙、地上、水中ラインの3本の柱をそれぞれ発展させる。
 宇宙ライン……宇宙用I=D、人形、宇宙戦闘機、宇宙艦艇
 地上ライン……戦車型I=D、戦闘車両、人型戦車
 水中ライン……水中用I=D、潜水艦 →将来的にはラウンドバックラーへの改装を考慮する
人形を除く兵器は基本ラインとして有人搭乗兵器をコンセプトとする。(無人化や機体との物理的一体化をしない)
・将来的には銀河鉄道敷設を目指す

兵器関連技術
・星のかけらの確保については慎重に扱い、無理はしない。
・レーザー関係技術、火器関係技術は発展させる。
・ウォードレスについてもFEGさんとバッティングしない形態で発展させる。

鉱工業
・金属、複合素材の発展
・耐放射線素材の開発
・新素材の研究
・車両・I=D・航空・造船業の育成
・作業機の発展…I=D技術をベースとした人型作業機等

農林水産業
・農地の回復、植林、産業の拡大。おいしい穀物、野菜の開発。
・水産業、畜産業の発展。料理の開発。
・宇宙対応植物の育成
・人工筋肉技術の発展(サイボーグ技術とも関連)

医療・サービス分野
・医療技術の発展
・0G環境下での医療技術を研究する。

情報分野
・コンピュータ技術(ハードウェア、ソフトウェア)の発展、情報技術者の育成

エネルギー
・クリーンで安全なエンジンの開発
・理力エンジンからの脱却を目指す
・藩国の主要エネルギー源を安全性の高いエネルギーに求めたい。核、反物質といった高効率ながら危険なエネルギー源以外に何かないか? (宰相府式に発電衛星プラントを作るなど)


[No.4197] [固定リンク][非] 10:世界忍者国 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2017/12/13(Wed) 00:00:51
[関連記事

世界忍者国の成長目標は、豊かな自然を育て維持しつつ、自国とできれば他国をも予防的に守れる国作りです。
そのために、以下のような方針で復興を進めていきたいと考えています。

・忍者系職業の継続的強化をおこないながら、情報収集活動を広域に広げて状況分析に活用できるようにする
・共和国経済圏の安定のために銀行などの金融方面を強化していく
・テーベー通信やにゃんばいんなどで利用している瞑想通信を基盤とした通信システムについて、基盤技術の研究を進め危険のない形で活用していく
・都市防衛として忍者都市(迷路都市)構想があるので、それを見越した基礎研究(実験)を進める
・魔女系職業については、共和国における魔法と科学の共存の模索に協力しつつそれに沿う形で発展させていく
・自然を破壊しない形でのある程度の工業化を魔法依存ではない形でおこなう。そのために、A世界で開発していた代用燃料などの技術の再開発をおこなう


[No.4198] [固定リンク][非] 02:akiharu国 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/12/13(Wed) 00:13:31
[関連記事

・再び生態系あふれる密林の国へと立ち戻る
・人口のほとんどが木となった現状、知類同士で共食いしている場合ではないため、この機にカマキリ知類の共食い、他知類食習慣を改める。
・新たな分野として、ネットワーク技術研究を推し進めてゆく。
・今後の戦域を見据え、I=D研究も行っていく。
・完全機械知類への偏見のなさ、AI知類関連法制度への取り組みを活かし、機械系知類との対話にも力を入れる。


[No.4199] [固定リンク][非] --:にゃんにゃん共和国 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/12/13(Wed) 00:18:45
[関連記事

#ひとまずメモ。共和国全体目標は1項目1部品とする

・各国政府のヒアリングコーナー(設定国民の意見を聞き、対応できる体制)を作りたい
・環状線だけではなく、各国の設定国民が交流できる安全な交通インフラを作りたい
・共和国にネットワークインフラを構築したい
・森国の瞑想通信を研究、安全なものとしたい
・物理域が違う国家間でも官民を問わずに会談による意見交換の場を持つ
・産業、技術及び軍事面の複線化(一国だけに集中する危険性の緩和)
・生活インフラ(電力など)は各国で最低限自活可能にする
・各知類、各人種間の交流、対話機会の推進


[No.4200] [固定リンク][非] 01:るしにゃん王国 投稿者:来須・A・鷹臣@るしにゃん王国  投稿日:2017/12/13(Wed) 00:26:30
[関連記事

るしにゃん王国の成長目標を提出させていただきます。

/*/

1.魔法関係の安定
 るしにゃん王国はT21現在、森国国家でありながら魔法方面に強い国というわけでは決してありません。
 しかし国内に魔法の技術が存在することは確かであり、国に関わりの深いことです。
 このことを心に留め、同じ過ちを繰り返さないためにも盟約魔法の周知と徹底、また安全な運用を行えるように努めていきます。

2.トラリス探索と友好関係構築
 るしにゃん王国では既にネコリスの存在は確認されており、トラリスもいるだろうと予想されています。
 ネコリス達も含め彼らと友好関係を築き、共に戦う戦友として、同じ王国に住む友としてお互いが敬意と友愛を持って歩んでいけるようにしたいと思います。
 もふもふさせてほしい。
 
3.森の研究
 るしにゃん王国の保有する森は広大であり、そこに自生する植物などの研究には膨大な時間を要します。
 しかし森は迷宮や遺跡に通ずる場でもあるため、住む以上何も知らない訳にもいきません。また、魔力などの影響が出やすい場所でもあります。
 遺跡封印の矢など、将来的に必要になるだろうとされるものもあるため、継続的な研究と観察を行っていくものとしたいです。
 
4.国民の生活の安定について
 人の形質問題などにも関わりますが、やはり家に帰り愛する誰かと暖かな食卓を囲むことはささやかながら何物にも代え難い幸せだと思います。
 国としては、その幸せを守っていけるように努力し、対話と理解を重んじて歩んでいきたいと思います。
 
最後に、森神殿にお迎えした森の神様へ、ひいては森全体、命の循環への敬意を忘れずに一日一日を大事に生きていけるように皆で頑張っていきたいと思います。


[No.4203] [固定リンク][非] 15:ナニワアームズ商藩国 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル@ナニワアームズ商藩国  投稿日:2017/12/13(Wed) 01:08:42
[関連記事

#遅れまして大変申し訳ありません。
#華族不在のため代理で投稿させていただきます。


・神さまや怪獣さんたちと機械の共存
・国民さんと怪獣さん猫士さんたちが飢えるこなく自立し助け合い、支援がなくてもナニワアームズを成り立たせることができるようしたい。
・出来うることならば、共和国とNWの皆さまに今まで助けていただいているご恩返しが少しづつでもできるようになりたい。
・地下都市や資源の採掘も、公害を極力防止し危険なものは掘り起こさないよう、対策を模索しつつ安全に開発したい。
・地下に引きこもることなく地上にも生活圏を広げ、繊維産業や金属細工物などの工芸品、文化などを根付かせ伸ばしたい。
・RBや新型I=Dの開発などの研究・技術発展。


[No.4210] [固定リンク][非] 05:鍋の国 投稿者:矢上ミサ@鍋の国  投稿日:2017/12/13(Wed) 03:27:29
[関連記事

鍋の国です。遅れてすみません・・・!

よろしくおねがいいたします。

/*/

鍋の国は、技術発展だけでなく、国民の暮らしを良くしていくためにがんばっていきます。


・鍋の民と食べ物による身体への影響を研究、習熟し、国民自身があたりまえのこととして知識をもった、安全で安心な食生活を送れるよう努力・支援していきます。

・ものづくりや手作りが好きで、機械の道具を使いつつも最後は人の手で仕上げる職人タイプが多い鍋の国は、工業生産品の発展だけでなく、職人さんが活躍でき、職人自身や後継者を育てる環境作りを目指します。

・子どもがのびのび育ち、学べる環境づくりに注力します。保育園(幼稚園)や学校や、孤児院などを充実させていきます。

・医療方面を更に充実させていきます。カウンセリングやセラピー方面で、お医者さんを必要としている人の心に寄り添う医療を目指します。倫理教育はこまめに行い、技術発展におぼれないよう注意も払います。

・なりたい職業につけるよう、学校や企業と連携して就労支援を充実させてきたいです。

・将来的に各国でI=Dの開発に独自色が現れる中、共和国I=Dのはじまりともいえる共通機をいくつも開発した歴史を誇りに思い、安全で、広く使いやすいI=Dの開発を続けていきます。宇宙対応I=Dの開発をベースに、宇宙で活躍する機体や艦に関わる研究と開発をすすめます。でも、技術におぼれないように気をつけます。

・島国である鍋の国においての陸路、海路、空路を充実させる事により、人・モノ・金の流れをスムーズにかつ途切れさせる事なく流せるようにする事で経済発展ひいては国民一人一人の生活の充実感を上昇させます。

・連携力を重視している鍋の国において、連携に役に立つ連絡手段や通信について充実させていきます。

・トライアスロンレース大会を定期的に開けるように準備をすすめます。スポーツ産業が活発化するのはもちろん国民さんたちの健康促進に繋げます。

・モータリゼーションで車やバイクの普及率をあげていきたいです。

・王猫様と国民が、健やかに、思いやりや優しい心を持って、健康的に日常を暮らせる生活環境をととのえていきます。

・自然も機械も人も動物も神様も、バランスよく共存できる環境をめざします。無理の生じない共存環境は常に意識して暮らします。

・ACE同士が共存できる環境づくりをがんばります。


[No.4220] [固定リンク][非] 11:玄霧藩国 投稿者:雅戌  投稿日:2017/12/13(Wed) 19:15:55
[関連記事

11:玄霧藩国

遅れて大変申し訳ありません。玄霧藩国の成長・発展目標は以下のようになります。


玄霧藩国の成長・発展目標
玄霧藩国では、『魔法で何でも解決する』というあり方によって大きな被害を出してしまった事を反省し、
魔法を濫用するのではない暮らしを前提として、新たに結ばれた盟約を守っていくあり方を目指して進んでいきます。
神々などの盟約対象への畏敬の念と信仰心を基に、いかなる時に魔法を使うべきなのかを都度考え、本当に必要なときだけにその力を借りるのです。
また、魔法に頼りきりにならずに生きていくための手段として、医療技術の再度の発展を行う他、藩国機能としての交通インフラの整備を行い、
物資や人の移動が(魔法によって行えた時より劣るとしても)スムーズに進むよう環境を整えます。
そのために馬や牛といった経済動物の飼育環境整備も行っていく形になります。


[No.4221] [固定リンク][非] 04:海法よけ藩国 投稿者:海法 紀光@海法よけ  投稿日:2017/12/13(Wed) 19:32:28
[関連記事

海法よけ藩国の成長・発展目標
何よりもまず、森国、魔法の信用改善に努める。研究により、魔法の安定・安全な行使の条件を見つけ、それを守れるように制度化しつつ、国内、国外に向けて情報共有を行い、理解を得られるよう努力する。
それができる前提で、国内産業を育成し、オリンピックを発展させ、文武両道の国を目指す。