大統領府掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.4151] [固定リンク][非] 残存国民への説明についての(相談中) 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2017/12/06(Wed) 01:48:14
[関連記事

12月6日00:40
十五夜>芝村裕吏さん

残存国民への説明について検討をしておりますが、いくつか不明点が出てとん挫しておりますので、ご相談させてください。

Q1.木になってもらった後、どこの国にどれくらいの人が残るのか推定できますでしょうか?
   高物理国の場合は国外脱出組が帰還すればある程度復帰できそうとお聞きしておりますが、
   森国を中心に木になる人員が多く出て国が回せなくなるのではないかと懸念しております。

Q2.残った人員が少なすぎて運営できない国が出てきた場合の対策はどのようにすればよろしいでしょうか?
   今のところ、
   ・無名さんの生産管理系職業を派遣いただいて運営する
   ・木の一部を残留させて神殿立てた時点で戻して説得する
   などの案が出ておりますが、方針としてどれが良さそうでしょうか? 

Q3.木になれなかった人たちや木になりたくなくて残った人々に対しては、

   基本的には残存国民のこれからの生活ケアについてについての話から入り、
   一緒に生活環境、経済環境を良くしていこう、という方向で復興に乗ってもらう

   形でどうかと案が出ております。国民からの目線でこういう切り口で話に乗っていただけそうでしょうか?

Q4.説明にあたって「残して申し訳ない」というような詫びは入れておいた方がよろしいでしょうか?
   木になりたくてもなれなかった人が多い場合は、詫びがあった方がいいのではないかという心配をしております。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー