プレイボード掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.8809] [固定リンク][非] スピードアーチャー:アオイ 投稿者:ダーム@無名騎士藩国  投稿日:2016/07/26(Tue) 22:00:56
[関連記事

前回参加時の登録番号:R-AC-55

キャラクター名:アオイ
名前の由来:葵。植物の名前
プレイヤー名:ダーム
国民番号:33-00174-01
職業名:スピードアーチャー
部隊内担当:突撃部隊
設定:628文字

性別男。主にオカザキの街で狩人として、時より商人たちが立ち上げる遠征部隊の用心棒として、弓や短剣の腕を磨く毎日。
気の知れた仲間も何人かいるんだが、その一人が街中で妙な話を拾ってきた。カイホウなる男が美少女二人(プラス戦闘騎)を助けよう、と
演説しているんだそうだ。困ったのが、その演説を聞いた仲間が「ハママツちゃん!なんてけなげでかわいいんだ!俺の理想!らぶ!」とか言い始めたことだ。
ウマい話には裏がある、落ち着け、とアオイは一応仲間の男を止めたんだが、仲間は止められそうになかった。演説の内容を聞いて、アオイ自身もメイドインジャパンの新兵器とやらに
興味が出はじめる。稼いだ金は酒とウマいメシで消えるているのだが、装備の耐久性や手入れのしやすさなどを考えはじめ、最近少し金を貯めて武器を新調しようとしていたところだったのだ。
仲間の男がちょっと心配だったこともあり参加していた。
本格的な集団戦闘をみて実際に参加して、マスターカイホウをただものではないと思っている。死ぬのは怖いが先ほどの戦争は、戦死者はでたがこちらが勝利した。
上手く立ち回れば生き残れそうだし、元々はメイドインジャパン(の新兵器)を見に来たのだし(まだ全然見れていない)、仕事を途中で投げ出すのも今後を考えると得策ではない、と考え行動を旅団と共にしていた矢先の敵の本拠地発見である。
戦闘騎の巣をたたく今回の作戦に何ら異論はなかった。指示通りにサクッと鎧を着ていない状態になり、より身軽になった。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー