プレイボード掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.11440] [固定リンク][非] 46:蒼梧藩国 投稿者:せこいあ@蒼梧藩国  投稿日:2017/12/15(Fri) 22:01:24
[関連記事

宰相府藩国のファイターパイロット12名

ボブ・グランジ
自由民の30歳男性。浅黒い肌と人より少しだけ丈夫な体が自慢だったが特に乗り物酔いしにくいことが幸いして宰相府藩国のファイターパイロットになったという。

ハンザロス
自由民の25歳男性。給金の計算と一日にいくら使えるかを増やすのが趣味。ピンポイントで必要な数値をたたき出すタイプの計算能力を買われてファイターパイロットになった。

江藤国吉
自由民の35歳男性。幼いころから飛行機を見てスケッチするのが趣味だったがとうとう基地内部での写生をすることに成功した逸話がある。

カイ・ブラウン
自由民の29歳男性。宰相府に身を寄せるまでが相当辛かったらしく訓練で根を上げなさ過ぎて同期と教官を困らせた伝説を持つ。

桜井・京
自由民の24歳女性。特技の軽業が高じてアクロバット飛行の得意なファイターパイロットになった経緯を持つ。何の問題もなく全ての試験をパスした結果だが何故かエピソードを話すと信じてもらえないのが悩み。

神田・美咲
自由民の30歳女性。基本に忠実な機体運用と危なげない戦闘で特に整備方からの信頼があつい。でもパイロットスーツの中では手汗がびっしょりという。

二宮・伸
自由民の26歳男性。右か左かなどの2択を即答してことごとく正解を引き当てるとパイロット仲間の間で有名だが本人はいつ大外れを引くかと毎日ビビっているらしい。

佐久田・幸三
自由民の23歳男性。そのどんくささから訓練教官、同期、近隣住民からサンドバッグのごとくしごかれていたが何もかも払いのけて最終試験にギリギリ間に合わせたという逆にとんでもない経歴を持つ。本人はすごく感謝してるらしい。

畑野・正平
自由民の29歳男性。訓練兵時代の自由時間を睡眠に費やしていた男。その割に永眠はしたくないらしく生存のためになら戦力差を覆す活躍を見せるといわれている。

野木・翔子
自由民の34歳女性。部隊長としていくつかの戦場を生き抜き、さっさと現場を去りたいと思っているが事務処理や情勢の都合で未だに頼りにされている。

三川・みのり
自由民の26歳女性。小規模農家の娘だったはずが筆記試験をパスし体力も何ら問題なく要求を満たしていしまいこれまで幾多の「どうしてファイターパイロットになれたんですか?」という取材に対し「思い当たる節が無い」と本気で困って早数年経過している。

リドリー・サマーズ
自由民の31歳男性。犬士猫士と仕事ができる、と聞いて結構なエリートのはずのファイターパイロットの試験を受けた努力の方向性が若干おかしい人物。でも有能だしそこを除けば紳士的。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー