プレイボード掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.10736] [固定リンク][非] 魔法使い装備 投稿者:ぱんくす@羅幻王国  投稿日:2017/07/22(Sat) 19:44:52
[関連記事

■魔法使いの装備:評価7:RD18


【魔法使いの装備】:評価7:RD18
┣大部品【樫の若木の杖】
┃ ┣部品【由来】
┃ ┣部品【頑丈】
┃ ┗部品【心が落ち着く】
┣大部品【年季の入った白の木綿のローブ】
┃  ┣部品【概要】
┃  ┣部品【心を込めて縫製されている】
┃ ┗部品【いい香りがする】
┣部品【旅の鞄】
┣部品【味わい深い革の靴】
┣部品【使い慣れた筆記用具】
┣部品【水筒と水】
┣部品【食糧】
┣部品【白魔法使いの紋章】
┣大部品【白いマスク】
┃ ┣部品【概要】
┃ ┣部品【厚手で頑丈】
┃ ┗部品【いい匂いがする】

┗大部品【修行者の薬草セット】
  ┣部品【概要】
  ┣部品【傷薬として使用する】
  ┗部品【安全性を確かめられている】

大部品【樫の若木の杖】
部品【杖の由来】
魔法使いの修行の際に、まず最初に杖に使う樫の木を育てることから始める。これには時間がかかり5年間は育てなければいけない。
育てた後に、それを材料に加工し、杖とする。
なぜ育てるのかは、魔法使いが修行として杖の製法と知る必要があるからである。又、木についても魔法使いが育てたとする由来が必要だからである。
最初のただの樫の木であるが、大切に育てることで、その持ち物に由来ができる。杖が完成したら本人の名前を刻む。
以上のような理由から、修行者はこの杖を自らの愛用品とする事が多いようである。大きいため、1人1本しか持つことはできない。

部品【頑丈】
素材は、加工した樫の木を使う。樫の木は、修行1年目の最初に自ら樫の木の苗を選んで植え、5年の間、大切に育てたものを使う。
その若木の太い枝1本を切り、綺麗に削り加工して使う。最後に本人の名前を刻む。この杖は頑丈で、中々折れない。


部品【心が落ち着く】
修行の最初に河原で探し、一年かけて綺麗に磨いたお気に入りの石。樫の若木の杖の先端に埋め込まれている。見つめていると心が落ち着く。
心が落ち着く効果は、綺麗に磨いた本人のみにしかその綺麗さは分からないため、本人しか効果はない。他の人が見ても精々綺麗な石程度にしか見えない。

大部品【年季の入った白の木綿のローブ】
部品【概要】
白い木綿のローブのフード付きのローブ。修行者が師匠から白の大きな木綿の布を与えられ、それが素材となっている。
木綿とはいえ、タダではないので師匠はこのローブを基本は修行者に一着しか与えない。そしてその洗濯や修繕は本人がする。
結果、長年使っているので修行者本人の愛用品となる事が多い。
大きいので1人1つしか装備できない。 下に服を一着着れる。

部品【心を込めて縫製されている】
白の大きな木綿の布のローブ。修行者の師匠の教えを受けながら縫製する。これはローブの修繕の方法を覚える事も
勿論だが物を大事にする心を育てる意味もある。このローブから修行者は縫製の方法、洗濯なども学ぶわけである。

部品【いい香りがする】:
このローブは裏地に、香草や薬草が編み込まれており、いい香りがする。着用していると森の中にいるような気分になる。


部品:【年季の入ったの鞄】
修行者本人が修行の一環として師匠から作り方を教わり、修行者が作る木綿で作られた厚手の鞄。重量2kg
旅に利用する鞄である。1人1つしか持てない。最大耐荷重量は20kg。それ以上重量が入ると破壊される。

部品;【味わい深い皮の靴】
1人1足ずつしか履けない。重ね履きも出来ない。両足分で1kg。
厚底で底に木綿が入っている。長時間歩行による疲労を軽減する。長い間使っている履きなれた靴である。2つ以上装備できない。

部品:【使い慣れた筆記具】
6年間の修業の間使っていた筆記用具。羽根ペンが3本。紙とインクが入っている。修行の間も勉学に使った使い慣れた愛着のある品。2つ以上は装備できない。

部品:【水筒と水】
なんの変哲もない水を入れる容器。容量は1人用1日分程度。それなりに密封性はあるが、もちろん保温機能などはない。2つ以上装備出来ない

部品【食糧】:
干し肉や芋の粉とパンと少量の小麦が油紙に包まれている。日持ちと栄養を重視した内容。あまり美味しくはない。疲れた時に口に入れる甘味は干した芋や山の果物程度のもの。量は1人分2日程度。2つ以上装備出来ない。

部品:【白魔法使いの紋章】:
6年間の修業を経て、魔法を会得した者にのみ与えられる紋章。本人の名前入り。一見地味だが綺麗な色の線が入っている。白魔法を習得したした本人以外が持っていても効果はない。2つ以上は装備できない。

大部品【白いマスク】
部品:【概要】
白い木綿と皮のマスク 形は、鳥の頭のような形状で、嘴の部分には薬草が入っている。鼻孔部分に穴が空いており、そこから木綿と薬草越しに空気が吸える。
そもそもこのマスク作るのが難しく、見た目のが奇妙な感じに見えるので装着者も少なめである。このマスクも師匠が持っていたもののお下がりである。
大きいので2つ以上は装備できない。用途も疫病の土地で使う程度である。

部品:【厚手で頑丈】
鳥のような嘴の皮のマスクで、皮のマスクの外側と内側に白の木綿が貼られており見た目、白いマスクに見える。
マスクの内側は白い木綿が厚手で貼られている。構造はしっかりしていて頑丈さはある。

部品;【いい匂いがする】
鳥の嘴のような所に、薬草や香草が入っていて、良い匂いがする。それらの草が裏側に貼られた木綿とフィルター的な
役割をしており、清浄な空気が吸えるようになっている。


大部品【修行者の薬草セット】
部品:【概要】
森などに茂っている薬草と薬草の使い方のメモと小型のすり鉢とすりこぎ棒がセットになっている。
魔法使いの修行者がその師匠から言われて個人で作ることが多い。生きていく上での魔法以外での治療が必要な場合も
あるので、学ばせ作らせている。2つ以上は装備できない。

部品:【傷薬として使用する】
生まれた国で有名な薬草などが各種入っている。
用途は主に傷薬である。量は5回ほど使えるくらいの量である。
薬草をすりつぶす為の陶製のすり鉢と木のすりこぎ棒ですりつぶし患部に塗って使用する。

部品:【安全性を確かめられている】
薬草自体の安全性は確かめられている。用法用量とどのような傷に効くかのメモがついており
このメモも修行者が師匠から教わって自ら書く。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー