プレイボード掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.10728] [固定リンク][非] 大部品: ささやかな管弦楽団 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2017/07/22(Sat) 19:20:53
[関連記事

大部品: ささやかな管弦楽団 RD:80 評価値:10

詩歌藩国の寅山 日時期さんに作っていただきました。

元URL: http://www4.rocketbbs.com/741/bbs.cgi?id=raiilu&mode=res&no=8015

※微修正しています。

《ささやかな管弦楽団》(大部品)合計部品数・RD80 評価10
 ┃
 ┃
 ┣【弦楽器群】RD26
 ┃   ┃
 ┃   ┣【ヴァイオリニスト】RD7
 ┃   ┃  ┃
 ┃   ┃  ┣【ヴァイオリン奏者】RD4
 ┃   ┃  ┗【ヴァイオリン】RD1
 ┃   ┃  
 ┃   ┣【ヴィオリスト】RD6
 ┃   ┃  ┃
 ┃   ┃  ┣【ヴィオラ奏者】RD4
 ┃   ┃  ┗【ヴィオラ】RD1
 ┃   ┃
 ┃   ┣【チュリスト】RD6
 ┃   ┃  ┃
 ┃   ┃  ┣【チェロ奏者】RD4
 ┃   ┃  ┗【チェロ】RD1
 ┃   ┃
 ┃   ┗【コントラバシスト】RD6
 ┃      ┃
 ┃      ┣【コントラバス奏者】RD4
 ┃      ┗【コントラバス】RD1
 ┃   
 ┃ 
 ┣【管楽器群】RD33
 ┃  ┃
 ┃  ┣【金管楽器群】RD19
 ┃  ┃  ┃
 ┃  ┃  ┗【ホルニスト】RD6
 ┃  ┃  ┃    ┃
 ┃  ┃  ┃    ┣【ホルン奏者】RD4
 ┃  ┃  ┃    ┗【ホルン】RD1
 ┃  ┃  ┃ 
 ┃  ┃  ┃ 
 ┃  ┃  ┣【トランペッター】RD6
 ┃  ┃  ┃    ┃
 ┃  ┃  ┃    ┣【トランペット奏者】RD4
 ┃  ┃  ┃    ┗【トランペット】RD1
 ┃  ┃  ┃ 
 ┃  ┃  ┗【トロンボニスト】RD6
 ┃  ┃       ┃
 ┃  ┃       ┣【トロンボーン奏者】RD4
 ┃  ┃       ┗【トロンボーン】RD1
 ┃  ┃
 ┃  ┗【木管楽器群】RD13
 ┃     ┃
 ┃     ┣【フルーティスト】RD6
 ┃     ┃    ┃
 ┃     ┃    ┣【フルート奏者】RD4
 ┃     ┃    ┗【フルート】RD1
 ┃     ┃
 ┃     ┃
 ┃     ┗【サキソフォニスト】RD6
 ┃          ┃
 ┃          ┣【サックス奏者】RD4
 ┃          ┗【サックス】RD1
 ┃     
 ┃
 ┣【ピアニスト】RD5
 ┃   ┃ 
 ┃   ┣【ピアノ奏者】RD3
 ┃   ┗【ピアノ】RD5
 ┃
 ┣【パーカッショニスト】RD7
 ┃   ┃ 
 ┃   ┣【パーカッション奏者】RD4
 ┃   ┗【パーカッション】RD2
 ┃
 ┗【コンダクター】RD7
      ┃ 
      ┣【指揮者】RD5
      ┗【指揮棒】RD1
  




《ささやかな管弦楽団》(アイドレス)合計部品数・RD80
演奏:全楽団員が協力して音楽を奏でることで、曲を演奏することができる。(RD1)
理念:人の心を音楽の力で慰め幸せにするのを目的に結成した楽団。故に音楽を人の道理のはずれた使い方をすることはない。(RD1)

子:【弦楽器群】(RD26)【管楽器群】(RD33)【ピアニスト】(RD5)【パーカッショニスト】(RD7)【コンダクター】(RD7)


//※//


【弦楽器群】RD26
合奏:バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスが合奏することで複雑で豊かな音高や音色の彩りを演奏することが出来る。(RD1)


子:【ヴァイオリニスト】(RD7)【ヴィオリスト】(RD6)【チェリスト】(RD6)【コントラバシスト】(RD6)


//※//

【ヴァイオリニスト】RD7
役割:ヴァイオリニストは他の楽器奏者と合同演奏する場合は、弦楽器のなかでは曲の主旋律を奏でることが多い。伴奏に回る場合には高音域を担当する。またこの楽器のための無伴奏曲も数多く作られており、1人だけで舞台に立つこともある。まさに楽器界のスターである。(RD1)

コンサートマスター:多くの場合ではヴァイオリン奏者がコンサートマスターを勤める。役目は楽団員のリーダーであり演奏の際には各員をまとめ、また指揮者に意見を言う場合もこの人が行う。オーケストラでは第一ヴァイオリン群の1番奏者が勤める場合が多く、これは首席演奏者とほぼ同意である。また小さな楽団では演奏会後の打ち上げの手配や、その後の処理などもしなくてはならない大変な役職である。大きな楽団でも彼の指示により個人的な飲み会や打ち上げが行われることが多い。(RD1)

子:【ヴァイオリン奏者】(RD4)【ヴァイオリン】(RD1)

【ヴァイオリン奏者】RD4
音楽知識:音楽院を卒業、または同等の期間をかけて学んだ音楽を製作し演奏するために必要な知識。作曲や各々の楽器を演奏するために、また既存の楽曲を分析する為に必要な能力である。

演奏技術:各々の楽器を演奏するための能力。ここには指先や口をはじめとする身体能力の使い方や、各々の楽器演奏に必要な体力や、演奏に必要な楽器の知識も含まれている。

指の皮膚の硬化:弦楽器奏者は弦を抑える指先の皮膚が硬化している。これは数年間以上楽器の演奏を毎日のようにして、指先の皮膚が傷つきそして再生することで、皮膚が楽器演奏に適したものになった結果である。

楽器のメンテナンス:楽器の清掃から、簡単な修理までをすることが出来る。とはいえ楽器製作者ほどの修理能力はなく、楽器の大きな故障の際にはそういった人々に修理を依頼しなくてはならない。またそういった判断をすることが出来る能力である。

【ヴァイオリン】RD1
ヴァオリンの設計:ヴァイオリン族のなかで高音を担当する楽器。弦楽器のなかで最高音域も奏でる。超音波すれすれの音も鳴らせる。故に主旋律を奏でることが多く、族の楽器のなかの花形である。


//※//

【ヴィオリスト】RD6
役割:ヴィオリストは他の楽器奏者と合同演奏する場合は、高音粋から中音域を担当する。それらのツナギ役ともいえる。しかし主旋律も担当することがあり、その場合はヴァイオリンの華やかさとは違い、落ちついた優しい音色を奏でる。(RD1)

子:【ヴィオラ奏者】(RD4)【ヴィオラ】(RD1)


【ヴィオラ奏者】RD4
音楽知識:音楽院を卒業、または同等の期間をかけて学んだ音楽を製作し演奏するために必要な知識。作曲や各々の楽器を演奏するために、また既存の楽曲を分析する為に必要な能力である。

演奏技術:各々の楽器を演奏するための能力。ここには指先や口をはじめとする身体能力の使い方や、各々の楽器演奏に必要な体力や、演奏に必要な楽器の知識も含まれている。

指の皮膚の硬化:弦楽器奏者は弦を抑える指先の皮膚が硬化している。これは数年間以上楽器の演奏を毎日のようにして、指先の皮膚が傷つきそして再生することで、皮膚が楽器演奏に適したものになった結果である。

楽器のメンテナンス:楽器の清掃から、簡単な修理までをすることが出来る。とはいえ楽器製作者ほどの修理能力はなく、楽器の大きな故障の際にはそういった人々に修理を依頼しなくてはならない。またそういった判断をすることが出来る能力である。

【ヴィオラ】RD1
ヴィオラの設計:ヴァイオリン族のなかで高音域から中音域を担当する楽器。様々な音域を出すことを求められる。中音域でのメロディーを奏でることも多く、それは主旋律ではないが、それだけを抜き出しても非常に美しい感動的なものであることが多い。弦楽四重奏などでは主旋律を奏でる役割も担当する。



//※//

【チュリスト】RD6
役割:チュリストは他の楽器奏者と合同演奏する場合は中音域から低音域を担当する。楽器本体が大きいため音量を出す役割を担うことも多い。独立した旋律を弾いていることが多いが、それは主旋律ではない。またこの楽器のための無伴奏曲が作られることも多く、奏者には合同演奏の際の役割とは別の独自性や個性を求められることが多い。(RD1)

子:【チェロ奏者】(RD4)【チェロ】(RD1)


【チェロ奏者】RD4
音楽知識:音楽院を卒業、または同等の期間をかけて学んだ音楽を製作し演奏するために必要な知識。作曲や各々の楽器を演奏するために、また既存の楽曲を分析する為に必要な能力である。

演奏技術:各々の楽器を演奏するための能力。ここには指先や口をはじめとする身体能力の使い方や、各々の楽器演奏に必要な体力や、演奏に必要な楽器の知識も含まれている。

指の皮膚の硬化:弦楽器奏者は弦を抑える指先の皮膚が硬化している。これは数年間以上楽器の演奏を毎日のようにして、指先の皮膚が傷つきそして再生することで、皮膚が楽器演奏に適したものになった結果である。

楽器のメンテナンス:楽器の清掃から、簡単な修理までをすることが出来る。とはいえ楽器製作者ほどの修理能力はなく、楽器の大きな故障の際にはそういった人々に修理を依頼しなくてはならない。またそういった判断をすることが出来る能力である。

【チェロ】RD1
チェロの設計:ヴァイオリン族のなかで中音域から低音域を担当する楽器。そのため音量を求められているので弦の張りも強く楽器本体はこの族の中でも大きいほうに入る。無伴奏曲の演奏も多く、それ故にただの伴奏楽器ではない、個性ある音色を求められる場合も多い。


//※//

【コントラバシスト】RD6
役割:コントラバシストは他の楽器奏者と合同演奏する場合は低音域を担当する。役割は伴奏に徹する裏方である。また楽器本体が大きすぎる弦楽器ということで音量を得難い、そのため大きな音量を出せる能力が奏者には求められている。その大きさから運搬するのも大変であり、それに負けない体力や筋力がある。(RD1)

子:【コントラバス奏者】(RD4)【コントラバス】(RD1)


【コントラバス奏者】RD4
音楽知識:音楽院を卒業、または同等の期間をかけて学んだ音楽を製作し演奏するために必要な知識。作曲や各々の楽器を演奏するために、また既存の楽曲を分析する為に必要な能力である。

演奏技術:各々の楽器を演奏するための能力。ここには指先や口をはじめとする身体能力の使い方や、各々の楽器演奏に必要な体力や、演奏に必要な楽器の知識も含まれている。

指の皮膚の硬化:弦楽器奏者は弦を抑える指先の皮膚が硬化している。これは数年間以上楽器の演奏を毎日のようにして、指先の皮膚が傷つきそして再生することで、皮膚が楽器演奏に適したものになった結果である。

楽器のメンテナンス:楽器の清掃から、簡単な修理までをすることが出来る。とはいえ楽器製作者ほどの修理能力はなく、楽器の大きな故障の際にはそういった人々に修理を依頼しなくてはならない。またそういった判断をすることが出来る能力である。

【コントラバス】RD1
コントラバスの設計:ヴァイオリン族のなかでは最低音域を担当する楽器。またダブルベースやウッドベースという別名を持ち、様々なジャンルの音楽に使用される。演奏方法も弓を使う他に指で弾くことがヴァイオリン族の中でも圧倒的に多い。故に用途にあったものを求められており、同じ楽器のなかでもそのヴァリエーションは多い。


//※//

【管楽器群】RD33
木管楽器と金管楽器による合奏:2種類の管楽器群が合わさって演奏することで、様々な音色、様々な音高を奏でることが出来る。(RD1)

子;【金管楽器群】(RD19)【木管楽器群】(RD13)


//※//

【金管楽器群】RD19

集合:金管楽器がそろって演奏することできらびやかで、優雅な音を奏でることができる。(RD1)
子;【ホルニスト】(RD6)【トランペッター】(RD6)【トロンボニスト】(RD6)


//※//

【ホルニスト】RD6
役割:ホルニストは金管楽器の万能選手である。高音を使った主旋律を奏でることもあれば、かなりの低音を使って伴奏をする場合もある。また音量は大きく、曲のクライマックスやファンファーレなどもでも活躍する。小さい音の表現力も豊かなため少人数編成の楽団でも活躍する。(RD1)

子:【ホルン奏者】(RD4)【ホルン】(RD1)


【ホルン奏者】RD4
音楽知識:音楽院を卒業、または同等の期間をかけて学んだ音楽を製作し演奏するために必要な知識。作曲や各々の楽器を演奏するために、また既存の楽曲を分析する為に必要な能力である。

演奏技術:各々の楽器を演奏するための能力。ここには指先や口をはじめとする身体能力の使い方や、各々の楽器演奏に必要な体力や、演奏に必要な楽器の知識も含まれている。

肺活量あるいは呼吸法:管楽器奏者に共通する能力。息を吹くことで音を出すという構造のこれらの楽器を演奏するには一般的な人々を上回る肺活量が必要であり、またそれを補うあるいは利用する呼吸法も習得している。

楽器のメンテナンス:楽器の清掃から、簡単な修理までをすることが出来る。とはいえ楽器製作者ほどの修理能力はなく、楽器の大きな故障の際にはそういった人々に修理を依頼しなくてはならない。またそういった判断をすることが出来る能力である。

【ホルン】RD1
ホルンの設計:主旋律や伴奏の演奏など様々な用途に使用するので音色や音量のコントロールしやすが求められるが、演奏しやすい調は限られている。そして使われ方から、音色の美しさを1番に求めて作られている。


//※//

【トランペッター】RD6
役割:ヴァイオリニストが弦楽器群のスターならば、管楽器群のスターはトランぺッターである。輝かしい高音で主旋律やファンファーレやクライマックの旋律を奏でる姿は楽器の帝王とも呼ばれている。しかし打楽器のようにリズムをたんたんと地味に刻む場面もおおく、スター性だけではない、ほかの楽器奏者との調和性も有している。(RD1)

子:【トランペット奏者】(RD4)【トランペット】(RD1)


【トランペット奏者】RD4
音楽知識:音楽院を卒業、または同等の期間をかけて学んだ音楽を製作し演奏するために必要な知識。作曲や各々の楽器を演奏するために、また既存の楽曲を分析する為に必要な能力である。

演奏技術:各々の楽器を演奏するための能力。ここには指先や口をはじめとする身体能力の使い方や、各々の楽器演奏に必要な体力や、演奏に必要な楽器の知識も含まれている。

肺活量あるいは呼吸法:管楽器奏者に共通する能力。息を吹くことで音を出すという構造のこれらの楽器を演奏するには一般的な人々を上回る肺活量が必要であり、またそれを補うあるいは利用する呼吸法も習得している。

楽器のメンテナンス:楽器の清掃から、簡単な修理までをすることが出来る。とはいえ楽器製作者ほどの修理能力はなく、楽器の大きな故障の際にはそういった人々に修理を依頼しなくてはならない。またそういった判断をすることが出来る能力である。

【トランペット】RD1
トランペットの設計:その用途から高音域が良くなるように作られている反面低音の鳴りはあまり重視されていない。また様々なジャンルの音楽に使用される楽器でもあり用途により様々な種類のトランペットが作られている。



//※//

【トロンボニスト】RD6
役割:低音を出すために作られた楽器であり、その円やかな音色からオーケストでは同じ楽器や他の楽器と協力して和音を奏で得る場合が多い、それ故に奏者は他の楽器奏者の親和性を持っている。他の楽器奏者との仲良くするために飲み会に参加する割合が比較的多く、そのためなのか酒に強い者が多い。小規模な編成やバンドなどになると主旋律を奏でることも多く、伴奏楽器奏者としての能力だけではなくそういった能力も有している。(RD1)

子:【トロンボーン奏者】(RD4)【トロンボーン】(RD1)


【トロンボーン奏者】RD4
音楽知識:音楽院を卒業、または同等の期間をかけて学んだ音楽を製作し演奏するために必要な知識。作曲や各々の楽器を演奏するために、また既存の楽曲を分析する為に必要な能力である。

演奏技術:各々の楽器を演奏するための能力。ここには指先や口をはじめとする身体能力の使い方や、各々の楽器演奏に必要な体力や、演奏に必要な楽器の知識も含まれている。

肺活量あるいは呼吸法:管楽器奏者に共通する能力。息を吹くことで音を出すという構造のこれらの楽器を演奏するには一般的な人々を上回る肺活量が必要であり、またそれを補うあるいは利用する呼吸法も習得している。

楽器のメンテナンス:楽器の清掃から、簡単な修理までをすることが出来る。とはいえ楽器製作者ほどの修理能力はなく、楽器の大きな故障の際にはそういった人々に修理を依頼しなくてはならない。またそういった判断をすることが出来る能力である。

【トロンボーン】RD1
トロンボーンの設計:低音を奏でる金管楽器として作られている。そのため高音域での演奏はあまり考えられていない。様々な音楽で使用されることが多いのだが、そのどれでも円やかな音色を求めらており、それを想定して音色が調整されている。


//※//

【木管楽器群】RD13
合同演奏:木管楽器が集まり音楽を奏でることで、円やかで美しい音楽を奏でる。(RD1)
子;【フルーティスト】(RD6)【サキソフォニスト】(RD6)


//※//

【フルーティスト】RD6
役割:楽器の構造からして高音域を担当している。それもほとんど主旋律を奏でており、伴奏は滅多にすることがない。息の長い旋律や細かい音符が続く旋律を演奏することが多いため、身体的な能力が高い。(RD1)

子:【フルート奏者】(RD4)【フルート】(RD1)


【フルート奏者】RD4
音楽知識:音楽院を卒業、または同等の期間をかけて学んだ音楽を製作し演奏するために必要な知識。作曲や各々の楽器を演奏するために、また既存の楽曲を分析する為に必要な能力である。

演奏技術:各々の楽器を演奏するための能力。ここには指先や口をはじめとする身体能力の使い方や、各々の楽器演奏に必要な体力や、演奏に必要な楽器の知識も含まれている。

肺活量あるいは呼吸法:管楽器奏者に共通する能力。息を吹くことで音を出すという構造のこれらの楽器を演奏するには一般的な人々を上回る肺活量が必要であり、またそれを補うあるいは利用する呼吸法も習得している。

楽器のメンテナンス:楽器の清掃から、簡単な修理までをすることが出来る。とはいえ楽器製作者ほどの修理能力はなく、楽器の大きな故障の際にはそういった人々に修理を依頼しなくてはならない。またそういった判断をすることが出来る能力である。

【フルート】RD1
フルートの設計:その用途から高音域が良くなるように作られている反面低音の鳴りはあまり重視されていない。また様々なジャンルの音楽に使用される楽器でもあり用途により様々な種類のトランペットが作られている。


//※//

【サキソフォニスト】RD6
役割:音高の幅も広く様々な音色が出せ、主旋律も伴奏も担当できるので、それ故に色々な音楽に使用される。故にサキソフォニストはそれに対応出来る能力を持っている。また同楽器の中には音高や音色が違うものが複数有り、それを持ち替えて演奏することも多く、楽器の持ち替えに対応出来る能力も持っている。(RD1)

子:【サックス奏者】(RD4)【サックス】(RD1)


【サックス奏者】RD4
音楽知識:音楽院を卒業、または同等の期間をかけて学んだ音楽を製作し演奏するために必要な知識。作曲や各々の楽器を演奏するために、また既存の楽曲を分析する為に必要な能力である。

演奏技術:各々の楽器を演奏するための能力。ここには指先や口をはじめとする身体能力の使い方や、各々の楽器演奏に必要な体力や、演奏に必要な楽器の知識も含まれている。

肺活量あるいは呼吸法:管楽器奏者に共通する能力。息を吹くことで音を出すという構造のこれらの楽器を演奏するには一般的な人々を上回る肺活量が必要であり、またそれを補うあるいは利用する呼吸法も習得している。

楽器のメンテナンス:楽器の清掃から、簡単な修理までをすることが出来る。とはいえ楽器製作者ほどの修理能力はなく、楽器の大きな故障の際にはそういった人々に修理を依頼しなくてはならない。またそういった判断をすることが出来る能力である。

【サックス】RD1
サックスの設計:金管楽器の音色や音量を木製楽器の操作しやすさで奏でるために設計された。それ故に音量と操作のし易さを重点として作られている


//※//

【ピアニスト】RD5
役割:幅広い音高と音色を奏でられ、同時に10以上の音を出すことが出来るため1人のオーケストラとも呼ばれ、故にこの楽器だけでの演奏も多く奏者には個性が求められている。しかし他の楽器と合奏することも多くその場合は伴奏をしたり打楽器のような使い方もすることがある。故にピアニストはそれらに対応する力を持っている。(RD1)

子:【ピアノ奏者】(RD3)【ピアノ】(RD1)


【ピアノ奏者】RD3
音楽知識:音楽院を卒業、または同等の期間をかけて学んだ音楽を製作し演奏するために必要な知識。作曲や各々の楽器を演奏するために、また既存の楽曲を分析する為に必要な能力である。

演奏技術:各々の楽器を演奏するための能力。ここには指先や口をはじめとする身体能力の使い方や、各々の楽器演奏に必要な体力や、演奏に必要な楽器の知識も含まれている。

楽器のメンテナンス:楽器の清掃から、簡単な修理までをすることが出来る。とはいえ楽器製作者ほどの修理能力はなく、楽器の大きな故障の際にはそういった人々に修理を依頼しなくてはならない。またそういった判断をすることが出来る能力である。

【ピアノ】RD1
ピアノの設計:この楽器1つで多くの曲を奏でるために設計されている。故に幅広い音高が出せることは当然の様に求められそれに対応するように作られている。また非常に高度な技術を使った演奏をするために演奏のし易さも常に考えられて作られている。



//※//

【パーカッショニスト】RD7
役割:様々な打楽器を奏でるリズム楽器のスペシャリスト。また小規模な楽団では他の楽団員が弾かない楽器(エレキギターや電子楽器、鉄琴や木琴など)を演奏することがある。それらは専門家ほどの演奏技術があるわけではないが観賞に問題程度には演奏出来る。


子:【パーカッション奏者】(RD4)【パーカッション】(RD2)


【パーカッション奏者】RD4
音楽知識:音楽院を卒業、または同等の期間をかけて学んだ音楽を製作し演奏するために必要な知識。作曲や各々の楽器を演奏するために、また既存の楽曲を分析する為に必要な能力である。

演奏技術:各々の楽器を演奏するための能力。ここには指先や口をはじめとする身体能力の使い方や、各々の楽器演奏に必要な体力や、演奏に必要な楽器の知識も含まれている。

筋力:パーカッショニストは太鼓やティンパニやドラムセットなどの大きな打楽器を演奏会のあいだずっと叩くことがあるため、それに必要な筋力を有している。

楽器のメンテナンス:楽器の清掃から、簡単な修理までをすることが出来る。とはいえ楽器製作者ほどの修理能力はなく、楽器の大きな故障の際にはそういった人々に修理を依頼しなくてはならない。またそういった判断をすることが出来る能力である。

【パーカッション】RD2
打楽器群の設計:打楽器とはリズムを奏でることを専門に作られた楽器である。1つの楽器からドラムセットのように打楽器をまとめたものまで存在する。

その他の設計:パーカッショニストが演奏するその他の楽器の中にはエレキギター、電子楽器そしてコンピュターなどの電気を使用する楽器も含まれている。これらは必ず演奏するわけはなく、曲によって異なっている。


//※//

【コンダクター】RD7
役割:コンダクターは楽団員の代表者であり、演奏を指揮する。コンダクターが合図をすることで楽団員は演奏を開始し終了する。またある曲をどのように演奏するのか決めるのも役割であり、そのために練習期間を設定して本番向けて楽団員を指示して演奏を完成に近づけていく。

子:【指揮者】(RD5【指揮棒】(RD1)


【指揮者】RD5
音楽知識:音楽院を卒業、または同等の期間をかけて学んだ音楽を製作し演奏するために必要な知識。作曲や各々の楽器を演奏するために、また既存の楽曲を分析する為に必要な能力である。

演奏技術:各々の楽器を演奏するための能力。ここには指先や口をはじめとする身体能力の使い方や、各々の楽器演奏に必要な体力や、演奏に必要な楽器の知識も含まれている。

さらなる音楽知識:通常の楽団員よりも多くの音楽知識を有している。それは曲に対するものはもちろん自分が演奏しない楽器の知識も含まれている。指揮者は譜面を読み解き各楽器奏者に適切な指示を出す必要があるために、そういった知識も有しているのだ。

譜面:小規模な楽団なので、楽譜の手配や管理も指揮者が行っている。これがなければ基本的に楽団員は曲を演奏できない。

司会者:小規模な楽団なので、演奏前や〆の挨拶、楽団員の紹介や曲の解説などの司会業も行う。


【指揮棒】RD1
指揮棒の設計:指揮棒とはコンダクターが演奏を指揮するにあたり手に持つ棒のことである。これを持たずに指や腕全体で指揮をする者もいるが用途に違いはない。ようは楽団員に指示が目立ちやすいようにすれば良いのだ。


//※//

設定
部品名:人名:設定分


ヴァイオリニスト:今詩矢弦一郎:詩歌藩国の音楽院の楽器科を首席で卒業した才人。なのだがどこの楽団の席も埋まっており腐っていたところをコンダクターに拾われてこの楽団のコンサートマスターに就いた。

ヴィオリスト;山際陽子:3年間色々な楽団の客員を勤めていた。あるbarでバンド演奏の仕事をしていたところコンダクターにスカウトされた。

チェリスト:曽根沢賢次:音楽院時代の今詩矢弦一郎の同級生。曽根沢は家庭の事情で音楽院を退学したのだが、それでも音楽の道を諦めずにこつこつと活動していたところ、コンダクターに出会いこの楽団に入った。

コントラバシスト:三宮美々魅:まだ10代の女の子。とくにどこかで音楽を学んだわけではないのだが、その才能でコントラバスを演奏する。じつは顔も観たことがない彼女の父親がコントラバシストであった。ストリートでコントラバスを演奏していた彼女の才を見抜いたコンダクターがスカウトした。

ホルニスト:宮沢裕夜:この道30年のホルン奏者の大ベテラン。コンダクターの古くからの友人で、彼が新しく楽団を立ち上げたと聞いて道を共に歩むことにした。


トランペッター:山柔剛助:10年間とある大オーケストラの1番トランペッターを勤めていた才人。なにやらコンダクターに恩があるらしく、安い給料なのにも関わらずこの楽団に参加した

トロンボニスト:北沢正一郎:大酒飲みのトロンボーン吹き。とある楽団に所属していたが飲み過ぎた翌日の演奏会の最中に二日酔いから嘔吐してしまいクビになったところを、伝手のあるコンダクターを頼ってやってきた。

フルーティスト:京橋優子:演奏の腕は確かなのだが、重度の人見知りが災いして音楽大学を卒業後もどこの楽団に入れていなかった。そんなところを彼女の父の古い知り合いであるコンダクターが引取った。

サキソフォニスト:菊真真一郎:とあるレストランの専属バンドを10年間勤めていたのだが、店がつぶれバンドは解散してしまう。困っていたところ、ささやかな管弦楽団団員募集の張り紙を見つけたのは不幸中の幸いだった。

パーカッショニスト:樫見野恭子:アフロヘアーがキュートな打楽器奏者、その他の楽器も色々と弾きこなす。それもそのはず彼女の実家は楽器屋であり、玩具気分でいろいろな楽器を弾いていたのだ。いまでもその気持は変わらないのか、とても楽しそうに楽器を奏でる。

ピアニスト:ショルパー・ポエペリスト:遠い国からやって来たという謎の美女。ピアノ演奏の腕は抜群だが言葉を一切話さない。とある楽器店で超絶技巧な曲をピアノで試し弾きしたところをコンダクターが見つけてスカウトした。

コンダクター:都羅陽人:とあるオーケストラのコンサートマスターを30年間勤めていた大ベテラン。引退後、音楽で真に人の役に立つようなことをしようとこのささやかな楽団を結成した。楽団員集めにも苦労したが、1番苦労しているのはスポンサー探しである。しかし楽団員が少数であることが幸いして、いまのところは演奏会の収益や市井の人々の寄付で活動を続けることができている。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー