プレイボード掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.10643] [固定リンク][非] 4名 投稿者:城華一郎  投稿日:2017/07/22(Sat) 11:00:18
[関連記事

【江端玄之条(えばたげんのじょう)】:南国人。家業は果樹園の男性。「共に和してこそ共和国、それなのにどんな理由があろうと身内を撃つのは認められん!」ということで、息子たちに家を任せて自分はFEV参加のために立ち上がった。
【今城見火(いましろみるひ)】:西国人の妙齢女性。家族の長。見火とはつまり、太陽と向き合い続ける者の意であり、厳しい自然環境を始めとした諸物と戦う者に与えられる、砂漠の民の戦士の名前である。是空大統領がどれほど共和国の太陽として貢献していようとも、益にならぬものをもたらす限りは戦いをやめない。それが砂漠の戦士の生き方だからだ。
【国武叫(くにたけさけぶ)】:森国人の青年。本人の暮らしは困窮しておらず、若者らしい反骨心から、非主流派に身を投じた一人。実際に現場で様々な情報を耳にするにつれ、暮らしに困っていなかった子供っぽさは抜け、その胸には正義の心が芽生えつつある。
【馬越走高(まごしはしだか)】:南国人。道なき道を行く飛脚のような仕事をしていた。参加理由はたった一つ。荷を届ける先が消されたから。人々の生活と思いをつないで、その報酬を分けて貰って生計を立てていると信じていた彼は、つながりの輪を立つ者を正さねばもう一度走れないと知った。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー