プレイボード掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.10641] [固定リンク][非] 4名 投稿者:城華一郎  投稿日:2017/07/22(Sat) 10:40:33
[関連記事

【栗城真守(くりきまもる)】:南国人の中年男性。人の話を聞くのが大好きで、勉強は苦手だから出世しないが、面倒見がいい。手元で作り貯めているノートには、自分が関わり合った人たちのメモが何十冊分も作られており、ファイリングされているので、興味が薄いことには力が発揮できないだけなのだろう。珈琲片手に自分の食ってたドーナツ差し出すタイプ。
【斉田真心(さいたまごころ)】:西国人の既婚女性。割りとちょこちょこ出産のために休職している。それぞれの立場に正論があって、それらをどう両立させるかが興味の関心だという、哲学者肌の人。
【岩山盾月(いわやまたてつき)】:森国人の頑固な壮年男性。間違っていると思ったら、相手が誰であろうと食って掛かる。「まっとうに生き、まっとうに暮らす、そのことに小難しい理屈は要らんでしょう?」というのが口癖で、腕組みしながら相手の前に立ちはだかる癖もある。カチカチな角刈り頭に野太い腕は、前から見ると面倒で、後ろから見ると頼もしい。
【苅谷羽場狩(かりやはばかり)】:森国人。自分の静かな暮らしを守りたいので警官になった。人に任せていると安心できないという理屈らしい。変人。平時にはことなかれ主義者に見えるが、有事にはドンドン物事を捌いて切り分ける知性派。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー