[掲示板へもどる]
一括表示

[No.10636] [固定リンク][非] 設問158対応ツリー 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 09:35:11
[関連記事

こちらは
設問158:可能な限り避難する
の対応ツリーです。


[No.10637] [固定リンク][非] 設問158・募集関連 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 09:35:45
[関連記事

設問158の募集はこちらにつけていきます


[No.10638] [固定リンク][非] 【締め切りました】FEV歩兵の募集 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 09:38:07
[関連記事

FEVに所属している歩兵を追加募集いたします。
設問158では避難民の支援や防衛を行う予定です。
アイドレスプレイヤーであればどなたの投稿でもかまいません。
取りまとめ管理の都合上、4キャラ1セットでの投稿でよろしくお願いいたします。

●設定について
歩兵といっても軍人という設定は必ず必要ではありません。
設定国民として必要なのは
・FEVの理念に同意し、反是空として立ち上がりFEVに参加した人。
・にゃんにゃん共和国人(今回名前が変わっていたり存在していない国がありますので もし書く場合は 西国人、森国人、南国人 のどれかでお願いします。)
・今回の装備は普通〜高物理系となりますので 魔法使いなどの設定はおやめください。(科学と魔法を混ぜてはいけません)
・装備は統一されるので特に持ち込みは必要ないとおもいます。
・どうしてFEVに参加しようとおもったのかとか、足が速い。体力がある。などのちょっとした長所などをかくと50文字埋めやすいかもしれません。
・缶および缶を連想させるものを設定文にいれるのはやめましょう(BFEGに缶に意識を移して介入できるキャラクターがいます)
・アロハシャツ関連を設定に入れるのはやめましょう(設定の隙間から敵の介入を受けるのを防ぐためです)

投下されるキャラの年齢についてですが、あまりにも若い(リアルだと小中学生くらい、もしくはそれ以下)キャラや、年配の方は出撃に難あり、で弾くこともありますので、ご了承下さい

●しめきり:
7月22日20時 あるいは 60キャラ分集まった段階
#設定的に爆発の危険のあるものはこちらで修正、はじかせていただく可能性があります。

以下テンプレート

【名前】:設定(50字以上)
【名前】:設定(50字以上)
【名前】:設定(50字以上)
【名前】:設定(50字以上)


[No.10642] [固定リンク][非] 4名 投稿者:青狸  投稿日:2017/07/22(Sat) 10:59:37
[関連記事

【ショーゴ=アイザワ】:西国人の青年。尊敬していた兄が不審死を遂げたのを調べていく中でFEV構成員と知り合い、理念に共感して参加を決めた。銃の腕は村一番。
【今井たすく】:南国人の青年。食うに困るも犯罪にも手を染めたくない、と悩んでいた時にFEVのことを知り参加を決めた。すばしっこく、本人曰く何時間でも走っていられる体力が持ち味。
【ウェンディ=ウィンディ】:西国人の成人女性。夫とともにFEVに参加している。もともと生まれ故郷の街の警備をしており、長時間の立ち仕事も得意。
【道乃来 絵里】:森国人の成人女性。暴漢に襲われそうになったところをFEV構成員に助けられ、自分も仲間になりたいと志願した。人並みの運動能力もあるが、機械に強いのが個人的な取り柄。


[No.10643] [固定リンク][非] 4名 投稿者:城華一郎  投稿日:2017/07/22(Sat) 11:00:18
[関連記事

【江端玄之条(えばたげんのじょう)】:南国人。家業は果樹園の男性。「共に和してこそ共和国、それなのにどんな理由があろうと身内を撃つのは認められん!」ということで、息子たちに家を任せて自分はFEV参加のために立ち上がった。
【今城見火(いましろみるひ)】:西国人の妙齢女性。家族の長。見火とはつまり、太陽と向き合い続ける者の意であり、厳しい自然環境を始めとした諸物と戦う者に与えられる、砂漠の民の戦士の名前である。是空大統領がどれほど共和国の太陽として貢献していようとも、益にならぬものをもたらす限りは戦いをやめない。それが砂漠の戦士の生き方だからだ。
【国武叫(くにたけさけぶ)】:森国人の青年。本人の暮らしは困窮しておらず、若者らしい反骨心から、非主流派に身を投じた一人。実際に現場で様々な情報を耳にするにつれ、暮らしに困っていなかった子供っぽさは抜け、その胸には正義の心が芽生えつつある。
【馬越走高(まごしはしだか)】:南国人。道なき道を行く飛脚のような仕事をしていた。参加理由はたった一つ。荷を届ける先が消されたから。人々の生活と思いをつないで、その報酬を分けて貰って生計を立てていると信じていた彼は、つながりの輪を立つ者を正さねばもう一度走れないと知った。


[No.10644] [固定リンク][非] 4名 投稿者:城華一郎  投稿日:2017/07/22(Sat) 11:00:33
[関連記事

【先崎真直(せんざきまっすぐ)】:西国人の若者。名前に反してツッパっていた、世間の爪弾き者だったが、FEVに身を投じていた者から指摘され、本当に反発するべきは何かを悟る。荒事と度胸には自信がある。
【藤丸雅名(ふじまるみやびな)】:森国人の壮年女性。共和国の実情を密かに説いて回る勧誘役で、自らも危ないシーンをくぐり抜けるだけの腕前を持つ教導者。本質的には自身の美学に基いて行動しており、今の是空のやり方が気に食わないだけ。
【菅家打掛(すがやうちかけ)】:南国人の女性。親が既にFEVに入っており、家族ぐるみで活動している。自分の信じた相手が信じる理念を自分も信じている。そういうシンプルさを持った元気な人。
【河原崎参(かわらざきまいる)】:南国人の男性。船を漕いでは現地を案内する、水先案内人として働いていた。ひょんなことから自分の船に瀕死のFEVメンバーを乗せたことから、彼の運命は始まる。


[No.10647] [固定リンク][非] 4名 投稿者:阪明日見@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 11:20:03
[関連記事



【ケーレ・M・ケンレン】:FEVに参加した森国出身の29歳の青年。すらっとした美形で、どこにいても何をしていても人目を引く存在。
【アルマ・L・ジャクソン】:FEVに参加した森国出身の25歳の女性。その美しい髪をきっちりとひっつめて歩兵装備を着こなす。体力自慢。
【プルーナ・酒江】:FEVに参加した南国出身の28歳の女性。楽しいことが大好きだけど、今の世の中は楽しくない。そんな世界を変えるためにFEVに入った。
【ゾック・マグネウス】:FEVに参加した西国出身の25歳の男性。大事な友人がこの混乱の際に連絡が取れなくなってとても心配している。


[No.10659] [固定リンク][非] 4名 投稿者:ダムレイ@リワマヒ国  投稿日:2017/07/22(Sat) 12:44:05
[関連記事

【今本かげろう】:貧民街の出身者。目に映るすべての世界を救うという理念に共鳴してFEVに参加した。俊敏な身のこなしが強み。逃げ足も速い。読書が趣味。
【紙野彦左衛門】:FEVの構成員に救われた経験から、参加を志願した。幼少期から武術道場に通っており、体術が得意で、朝晩の鍛錬を欠かさない。
【大谷ひろし】:初恋の人がFEVに加入したことから、あとを追うように参加した。その人に認めてもらうために必死に訓練や勉強に取り組んでいるが、思いがかなう様子はない。
【小和田かつろー】:自分の国を守りたいと国軍に入った元軍人。FEVのほうが自分が守りたい人たちのためになると思い、志願した。生真面目さと粘り強さで周りの人からの信頼も厚い。


[No.10660] [固定リンク][非] 4名 投稿者:ダムレイ@リワマヒ国  投稿日:2017/07/22(Sat) 12:44:27
[関連記事

【伸江トランキ】:B是空の恐怖政治に嫌気がさしていて、日々の憂さを晴らすように強そうなやつに喧嘩を売りストリートファイトに明け暮れていた元ゴロツキ。FEVのメンバーに出会い、喧嘩するならB是空だと思ってFEVに志願した。
【武士エンセリオ】:伸江とともに喧嘩に明け暮れていた不良。伸江がFEVに入るというのでついてきた。今まで人に感謝されるということがなかったが、FEVの活動では人に感謝されるのでやりがいを感じている。
【金剛オクパード】:伸江と武士をスカウトした元軍人のFEVメンバー。力が有り余っているなら正しくその力をふるうように二人を指導した。まだ30代なのにあだ名がオヤジ。若手を中心に慕われている。
【日下部カンサード】:自由の旗を奉ずる共和の理念は、FEVにこそ理があると思い志願した。工事現場の建設員として働いており、塹壕を掘るのが得意。


[No.10661] [固定リンク][非] 4名 投稿者:ダムレイ@リワマヒ国  投稿日:2017/07/22(Sat) 12:45:08
[関連記事

【陸別シュロ】:B是空によって国を滅ぼされ、難民として様々な国を点々としてきた苦労人。自分のような人を少しでも救いたいと願い、FEVに志願した。持久力があり、コツコツと作業することが得意。
【標津ライラ】:陸別と同じ国の出身。幸運なことに最初の国で職を見つけることができたが、同国人に対して後ろめたい思いをしていた。FEVの活動を知り、自分にもできることがあるのではないかと志願した。
【白樺ワッカ】:「ただ穏やかに過ごす世界を共有する」という理念に共感してFEVに入った。体力はないが気配りが効き、部隊内の人間関係を円滑にしている。ふんわりとした笑顔が魅力。
【歌志内コタン】:戦死した父の遺品を整理していた際に、FEV構成員であったことを知り、父の遺志を継ごうと参加した。歌が好きで、非番の時にはギターを片手に近所で弾き語りをしている。


[No.10662] [固定リンク][非] 4名 投稿者:ぱんくす@羅幻王国  投稿日:2017/07/22(Sat) 12:46:12
[関連記事


【田原歳三】:西国人の元整備士 28歳男性 最近の共和国の情勢を見て「共に和する事こそが共和国であるにも関わらず身内を撃つのが許せない」とFEVに参加した。銃や機械類の整備と扱いに長ける。
【木村優井】:西国人の元工兵 35歳男性 共和国の為に日々工兵として道路施工などを行ってきた。軍人を退役したが、現在の共和国の考え方に不信感を抱き、多くの民を救う仕事を目指し、FEVに参加した。道路敷設や建築や地形分析を得意とする。
【アレン=ケイブ】:西国人元歩兵 36歳男性 共和国で歩兵として活動し、現在は退役している軍人。その後、慈善事業を通して多くの人を助けたいと思い、その精神に共感をうけたFEVに参加した。銃の腕前と、歩兵として体力は自慢である。
【セイラ=ガラン】:南国人 冒険家 24歳女性 共和国で冒険家として各所を転々とする女性。各所で聞いた情報を元に現在の共和国情勢に不信感を抱き、その思いに共感したFEVに参加した。サバイバルな状況に慣れており、体力もある。


[No.10696] [固定リンク][非] 4名 投稿者:矢神サク@鍋の国  投稿日:2017/07/22(Sat) 16:17:38
[関連記事

【キーリ・明日原】:筋肉質で体格のよい西国人の青年。人種が違う弟がおり、なんだかんだ言いつつ仲が良い。FEVの理念に共感し、弟と共に戦うことを決意した。
【アンリ・明日原】:細身だが力持ちの森国人の青年。兄のことはウザいと思いつつやはり心配なのでFEVについていくことにした。最初は組織の向かう先に関心など無かったが、共に戦う中で自分も共和国の為、未来のために戦いたいとの思いを強くする。
【火ノ山 たける】:恰幅のよい南国人の男性。脂肪ではなく筋肉量が多い。全力タックルを食らえばただでは済まないので隊員達には恐れられつつ頼もしい目で見られている。
【安曇 ゆう子】:手先が器用な西国人の女性。勝気でさばさばした性格をしており、面倒見もよく、姐さんと呼ばれ親しまれている。暴漢に襲われそうなところをFEVに助けられた恩から、この組織で戦うことを決めた。


[No.10698] [固定リンク][非] 4名 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/07/22(Sat) 16:24:30
[関連記事

【長谷部マサヒロ】:共和国の一大事に姿を消してしまったB是空に怒りを覚えFEVに参加した青年。大統領がいないなら自分たちで皆を助けようと発起した。足の速さが自慢。
【根井ヨシヒロ】:FEVの理念に共感した西国人の青年。体力には自信があり、人を担いだまま長い時間走り回ることもできることが自慢。
【高野倉セイイチロウ】:FEVの理念に共感した南国人の青年。身体は小さいがすばしっこく、隠れたりすることが得意。軍事訓練を受けたことがあり、銃の扱いも手馴れている。
【皆口ミチオ】:ひどい事になってしまっている共和国の状況をなんとかしようとFEVに参加した。一人でも多くの人を助けるため奔走している。


[No.10700] [固定リンク][非] 4名 投稿者:ミサ  投稿日:2017/07/22(Sat) 16:31:59
[関連記事

【磯部長太郎】:軍属経験のある西国人。退役済だったがどうにも共和国がキナ臭くなり、あらゆる面で建て直しが必要と思い、FEVにて戦線に復帰。60歳はまだまだ現役、もう少し先になる老後の人生を守る為の戦いに参加する。
【モチノキ・ミキオ】:軍属経験のある南国人。磯部長太郎と同期の間柄。退役後も磯部とつるんでおり、お前が乗るなら俺も理論でFEVに参加。
【ヤマグルマ・ヨースケ】:南国人。ちびっ子の頃に自分の考えた自分が最強になるための自主トレーニングを欠かさない青年。自主トレ内容はかっこよく柵を飛び越えるなどである。
【ゲッコウ・リバーサイド】:森国人。そこまで力強くはなく物静かだがチェスなどが得意なこともあり戦況を俯瞰的に分析できるため、彼のいる部隊は生存率が高いとの噂。


[No.10705] [固定リンク][非] 4名 投稿者:佐藤ぶそあ  投稿日:2017/07/22(Sat) 16:41:41
[関連記事

【芥子原智明】:FEVの目に映る全ての世界を救うという活動に共感した西国人。射撃の腕は仲間内で一番であり、その力を活かすため歩兵に志願した。
【近衛小太朗】:FEVが目指すみんなが穏やかに過ごす世界を一緒に夢みたい西国人。体力、持久力に自身があり、長期の任務にも耐えうると自負している。
【早良しじみ】:FEVでは戦う相手を「敵」と呼ばない、という話を聞いて目から鱗が落ちた西国人。白兵能力に秀でており、接近戦で実力を発揮する。
【四十万藤次】:FEVでは何よりも自分や民を守ることが優先されると聞いて感動した西国人。目がとてもよく、偵察任務に定評がある。


[No.10711] [固定リンク][非] 4名 投稿者:花陵ふみ@詩歌藩国  投稿日:2017/07/22(Sat) 17:13:06
[関連記事

【若林リュージ】:戦乱の中で夢も希望も見つけられず、その日暮らしをしていた男性。喧嘩ばかりしていたが、たまたま因縁をつけた相手がFEVの加藤だった。その際返り討ちに合い、彼に諭されてFEVに参加した。
【加藤パッスズ】:地域の自衛団で活動していた際、FEVの噂を聞き参加した中年男性。仕事は大工。体格が大きいわけではないが仕事柄力が強く、若林に因縁をつけられた時も自分より若い彼をねじ伏せる事ができた。
【加藤ヴィヴィアンヌ】:加藤の一人娘。勝ち気な性格。最近の父の様子を不審に思い、知り合いに尋ね回った所FEVの事を知った。その後、共に和するFEVの理念に共感し参加をすることにしたのだが、まだ父には話していない。
【山茶花小太郎】:ヴィヴィアンヌの恋人。何をするにも慎重に行動する男なのだが、ヴィヴィアンヌの事になると別。FEVに参加したのは理念に共感したことはもちろんなのだが、彼女を身近で守る為に必要だったから。


[No.10714] [固定リンク][非] 4名 投稿者:神室@紅葉国  投稿日:2017/07/22(Sat) 18:02:33
[関連記事

【遠野ハルヒコ】:カミヘイ出身の南国人で健康的で浅黒い肌が特徴の金髪の男性。なかなかの肉体美を持ち力仕事が得意で旅を好む。FEVに関しては実際に各地を回ってこりゃいかんと思い至って参加した。
【一ノ瀬シュバルツ】:クノヘ出身の西国人。灰色の髪をターバンで隠し、各地を回っていた元商人の男性。だが、商売よりもまずは手っ取り早く事態を解決したいと思い、FEVに参加した。一通りの訓練を受けて偵察兵に向いているとされている。
【陸前カスタ】:ジョウボウ出身の南国人。ひょろ長い長身にすっかりと筋肉が付いた細マッチョの船乗りであった。「共に和を」という共和国のスローガンが深く根付いており、それを取り戻すべくFEVに自身の小舟を担いで参加した。
【二戸イルスン】:ダイトウ出身の西国人で元軍人。退役していたが故に、自身の信念を見直すべくFEVに参加することを決意した。経験に依る冷静さと、歳をとっても続けた鍛錬を以て、再度前線に立つ。


[No.10717] [固定リンク][非] 4名 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 18:35:37
[関連記事

【ニジョウ・タマキ】:南国人の女性。南国人に見られがちなお気楽な性格だが、昨今の共和国の政治状況に息苦しさを感じ、皆が笑って暮らせる共和国を取り戻すため立ち上がった。

【サイモンジ・ユーゴ】:西国人の男性。責任感が強く、自分の周囲の人々を守りたいと常日頃から考えている。横暴な管理社会から大事な人々を守るためにFEVに参加した。

【ジョー・ナラバヤシ】:南国人の男性。芸人根性強めの性格で、周囲を笑わせるのが好き。だが内面は非常に責任感強く、共和国を守らねばという決意と共に立ち上がった。

【ジェームズ・スチュアート】:西国人の男性。寡黙で、自らのプライベートについては決して語らない。だが言葉ではなく行動で意思を示し、周囲の信頼を得ていくタイプ。


[No.10718] [固定リンク][非] 【歩兵募集締切】 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 18:36:43
[関連記事

目標の60キャラクターが集まりましたので締め切らせていただきます。
皆様ご協力ありがとうございました。


[No.10639] [固定リンク][非] 【締め切りました】共和国の警察官募集 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 09:39:00
[関連記事

共和国の治安を回復させる警察官を募集いたします。
アイドレスプレイヤーであればどなたの投稿でもかまいません。
取りまとめ管理の都合上、4キャラ1セットでの投稿でよろしくお願いいたします。

●設定について
・普通の警察官でOKです。
・にゃんにゃん共和国人(今回名前が変わっていたり存在していない国がありますので もし書く場合は 西国人、森国人、南国人 のどれかでお願いします。)
・普通の警察官であるので、私物の装備(銃とか)はないと思われます。
・缶および缶を連想させるものを設定文にいれるのはやめましょう(BFEGに缶に意識を移して介入できるキャラクターがいます)
・アロハシャツ関連を設定に入れるのはやめましょう(設定の隙間から敵の介入を受けるのを防ぐためです


●しめきり:
7月22日20時 あるいは 60キャラ分集まった段階
#設定的に爆発の危険のあるものはこちらで修正、はじかせていただく可能性があります。

以下テンプレート

【名前】:設定(50字以上)
【名前】:設定(50字以上)
【名前】:設定(50字以上)
【名前】:設定(50字以上)


[No.10640] [固定リンク][非] 4名 投稿者:城華一郎  投稿日:2017/07/22(Sat) 10:40:19
[関連記事

【生田目ぱりん(なばためぱりん)】:森国人のふとましい婦警さん。体格に優れていたことから、それをいかす職業を探していたところ、昨今の政情不安を受けて警官を受験。自らの体つきと笑顔が人々に安心感を与える武器だと知って、そのように振る舞うようになった。
【八尾一心(やおいっしん)】:西国人。定年前だが、筋金入りの現場主義者。足で歩いて自ら話を聞いて周り、どんなところもその目で確かめる。非効率的ではあるものの、腐らない、そういった地道な警らが信条。
【武富まにい(たけとみまにい)】:新人警官。とかく公僕として人のために仕える身は大変だという話ばかりを聞かされてきた、そんな彼女は両親ともに警官である。警官という仕事にではない、両親の背中に憧れを抱き、一人前を目指して張り切るエネルギッシュガール。
【池口常夏(いけぐちとこなつ)】:南国人。四角四面と言われようと、自由奔放な気質の同胞たちを守るために、自分だけはキチッとしようと思っているシチサンメガネ青年。自分の苦手は周りが補えばいいし、周りの苦手も自分が補えばいいと思っているあたり、真面目すぎない、南国人らしいやわらかさがある。


[No.10641] [固定リンク][非] 4名 投稿者:城華一郎  投稿日:2017/07/22(Sat) 10:40:33
[関連記事

【栗城真守(くりきまもる)】:南国人の中年男性。人の話を聞くのが大好きで、勉強は苦手だから出世しないが、面倒見がいい。手元で作り貯めているノートには、自分が関わり合った人たちのメモが何十冊分も作られており、ファイリングされているので、興味が薄いことには力が発揮できないだけなのだろう。珈琲片手に自分の食ってたドーナツ差し出すタイプ。
【斉田真心(さいたまごころ)】:西国人の既婚女性。割りとちょこちょこ出産のために休職している。それぞれの立場に正論があって、それらをどう両立させるかが興味の関心だという、哲学者肌の人。
【岩山盾月(いわやまたてつき)】:森国人の頑固な壮年男性。間違っていると思ったら、相手が誰であろうと食って掛かる。「まっとうに生き、まっとうに暮らす、そのことに小難しい理屈は要らんでしょう?」というのが口癖で、腕組みしながら相手の前に立ちはだかる癖もある。カチカチな角刈り頭に野太い腕は、前から見ると面倒で、後ろから見ると頼もしい。
【苅谷羽場狩(かりやはばかり)】:森国人。自分の静かな暮らしを守りたいので警官になった。人に任せていると安心できないという理屈らしい。変人。平時にはことなかれ主義者に見えるが、有事にはドンドン物事を捌いて切り分ける知性派。


[No.10648] [固定リンク][非] 4名 投稿者:阪明日見@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 11:33:10
[関連記事


【畠中のんの】:南国人ののんびりした婦警さん。こんなことしちゃだめですよ〜、とのんびりした口調で言われると悪人も毒気を抜かれる。
【伊東さーべる】:南国人のお茶目で愉快な警官さん。拡声器を使って注意を促すときの話術に定評があって、国民から密かに人気がある。
【輪島たたらん】:南国人の42歳の交番の駐在さん。よく見回りに出ていろんな人に声をかけるので、近所で警官といったらこの人という存在。
【カーヘル・篤田】:南国人の28歳の交番の駐在さん。輪島たたらんの後輩的存在で、見回りに一緒について先輩の仕事を学んでいる。


[No.10651] [固定リンク][非] 4名 投稿者:ダムレイ@リワマヒ国  投稿日:2017/07/22(Sat) 11:45:18
[関連記事

【明智常太郎】:南国人にしては生真面目一徹の警察官。生涯交番勤務を目指しており、近所の人々を愛しているが、顔が怖いため子どもたちが寄ってこない。
【浅野きゅうり】:40代のベテラン警察官。「警察は権力を持っている。だからこそ、理から離れてはならない」をモットーに新人教育に余念がない。公明正大の人。
【長幸まさし】:代々続く警察官の家系。流されるように警官になったが、浅野や明智との交流を経て徐々に警察官としての意識を高めていった。
【朝山田イサン】:明るく爽やかな青年警官。口が軽いのが玉に瑕だが、明るい性格と人に愛される笑顔で近所の人々との良い関係を築いている。


[No.10652] [固定リンク][非] 4名 投稿者:ダムレイ@リワマヒ国  投稿日:2017/07/22(Sat) 11:45:51
[関連記事


【東条エイト】:西国出身の熱血体育会系警察官。「考えるより動く、動いてから考える、動きながら考える」という性格で、人々の平和に日々貢献している。
【尼子しげる】:東条の幼馴染の警官。時に暴走する東条をなだめながら、冷静に現場を分析して事件を解決に導く理論派。麺類が大好物で、語りだすと止まらない。
【池田なおし】:東条と尼子の上司の中年巡査部長。二人のことを新人時代から面倒見ており、我が子のように思っている。一人暮らしが長いため、料理が得意。
【群風きらりん】:婦警さんの制服が着たいという理由で警察に入った変わり種。直感に優れており、ぽろっとこぼした一言が事件解決の糸口になることもしばしば。


[No.10653] [固定リンク][非] 4名 投稿者:ダムレイ@リワマヒ国  投稿日:2017/07/22(Sat) 11:46:12
[関連記事

【三森まもり】:明るく元気な南国人。子どものころに警察官に助けられたことから警察を志した。ガキ大将気質は大人になっても抜けず、からっとした性格で近所の不良たちにも慕われている。
【朝倉しゃいにんぐ】:筋トレ大好きな南国人警察官。大柄で筋骨隆々としているため、いるだけであたりが平和になるといわれる。「右手に花束、左手に鉄アレイ」と書いたサイン色紙を机の上に置いている。字はとても下手。
【畑根ふぶき】:影が薄いのが悩みの警察官。なかなか近所の人にも名前を憶えてもらえないので、お手製の大きなネームカードを首からぶら下げている。非番の日も見回りをするほど真面目。
【倉永ショーコ】:しっかりものの南国人婦警。面倒見がよく元気な性格で、公私どちらでもアネゴというあだ名を頂戴している。実は編み物が趣味。


[No.10657] [固定リンク][非] 4名 投稿者:阪明日見@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 12:22:11
[関連記事


【浅雄一護】:南国人の28歳の交番の駐在さん。甘いお菓子が大好き。忘れ物を届けてくれた子供たちにご褒美として飴をあげている。
【デント・O・サニー】:森国人の32歳のたれ目で優しい顔をした警官さん。森のパトロールはお手の物で、大木となった木々を日々飛び回っている。
【アルフェール・ミントン】:森国人のしゃっきり快活な32歳の警官さん。はいはい、今日はどうしました?と、事件や相談をテキパキとさばいていく。
【メルべ・カサンドラ】:森国人の美しい婦警さん。交番に勤めていたときは、彼女を口説こうという男性がひっきりなしに訪れて、逆に彼女に叱られていた。しかし、皆嬉しそうという。


[No.10664] [固定リンク][非] 4名 投稿者:ぱんくす@羅幻王国  投稿日:2017/07/22(Sat) 13:18:46
[関連記事

【南城冬木(ナンジョウフユキ)】:西国出身で日々熱心にパトロールをする警察官。男性28歳。顔立ちは二枚目。仕事は真面目で実直交番勤務を長く体力もある。今回避難誘導にも活躍しようと思っている。
【空島剣(ソラジマツルギ)】:西国出身の25歳男性。職業は、警察官。剣のように真っ直ぐな、まさに名前の通りの性格。そんな素直な性格からか交番の近くの人々に愛されている。仕事では皆勤賞を持っており、今日も頑張っている。
【國光義弘(クニミツヨシヒロ)】:西国出身の36歳男性。元々は、整備士だったが試験を受け、警察官になった経緯を持つ。仕事は真面目で交番勤務が長い。根がしっかりしているので周囲から頼りにされている。
【新島広世(ニイジマヒロヨ)】:西国人出身の27歳 女性。親が警察官で、その後姿に憧れ警察官になった。日々パトロールを行い、交通規制を行っている。仕事熱心な女性でしかしながら子供には優しい。子供からは慕われている。


[No.10697] [固定リンク][非] 4名 投稿者:矢神サク@鍋の国  投稿日:2017/07/22(Sat) 16:21:16
[関連記事


【霜蒲 星太】:明るい笑顔を絶やさない、南国人の青年。くるんとしたアホ毛がトレードマーク。素直で人当たりもよいため、子どもや年寄りに気に入られることが多い。
【竜ヶ崎 楓】:背筋をぴんと伸ばした森国人の女性。銀縁の眼鏡をかけている。女だてらに格闘術を得意としており、並の男性では歯が立たない。
【徳原 準】:鋭い目・坊主頭の西国人の男性。口数は少ないが、銃の扱いや機械類の扱いが得意で、同僚達からも一目置かれている。家では猫を飼っている。
【リンダ・K・晴香】:ゴージャスな金髪をなびかせた南国人の女性。大人の色気を漂わせている。規律・正義・法を守る警官たれと、強い意志を持っている。


[No.10701] [固定リンク][非] 4名 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/07/22(Sat) 16:36:25
[関連記事

【久志本シンイチロウ】:共和国の警察官。地域課に所属しており、日々、住民の安全を守るためにパトロールを欠かさない。職務には忠実だが穏やかで、地域住民からの信頼も厚い。
【川喜田ジョウ】:共和国の警察官。柔道や剣道が得意で体格も大きく、威圧感がある。ただ実際は心優しい性格で、その人となりを知る人からは大型犬みたいといわれる。
【木住野セツコ】:共和国の警察官。おっとりした顔立ちで、地域住民との交流を得意とする婦警さん。コミュニケーション能力が高く、困った人に良く頼られる。
【與那城ミナヨ】:共和国の警察官。ハキハキした口調が特徴で、彼女に注意されると怖くはないのについ背筋が伸びてしまうと評判。


[No.10712] [固定リンク][非] 4名 投稿者:佐藤ぶそあ  投稿日:2017/07/22(Sat) 17:35:05
[関連記事

【墨縄宗像】:南国人の警察官。幼い頃から正義感に溢れ、将来は悪い奴をやっつける人になるんだと思っていたが、現在は交通パトロールが主な任務。交通事故を減らすことでもたくさん人を助けられると気づいた。
【関村木乃香】:南国人の警察官。警察官をしていた父親の背中に憧れ、それを追いかけるうちに自分も警察官になっていた女性。
【空井武三】:南国人の警察官。警察官みたいな職業は、暇であることが一番の幸せだと思っている。しかし、だからこそ事件が起きた時には「警察官が暇な世の中」のために精力的に働く。
【多喜原明美】:南国人の警察官。にっこりと笑う顔はかわいらしいが、実は格闘術の達人である。今日も町内の治安を守る婦警さんとして元気に働いている。


[No.10715] [固定リンク][非] 4名 投稿者:田中申@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 18:15:23
[関連記事

提出者:田中申@akiharu国

アマタゴラス:警官のおじちゃん。自信家だが、建設的な批判には耳を傾ける性格。後輩から健全なダメ出しをされることが多い。

オソラテス:アマタゴラスの後輩警官。パトロールに熱心で後輩からは慕われているが、年の差BL本を買いすぎて嫁に怒られてる。

アリストアゲス:体格の良い警官。オソラテスの後輩。プロレスファンで、平和なときは市民となかよくプロレス談義をしている。

ナシストテレス:先輩のアリストアゲスのことは尊敬しているが、まちがっていることはまちがっているという警官。よく通る声をアリストアゲスによくほめられてる。息子が夭折したため、子供にはやさしい。


[No.10720] [固定リンク][非] 4名 投稿者:ミサ  投稿日:2017/07/22(Sat) 18:52:36
[関連記事

【春日居ハルマ】:南国人であります。今年警官になったばかりの新米のおまわりさんであります。まずは先輩警官の働き振りを見て、ノウハウを学ぶのであります。
【夏川俊太郎】:南国人。普段は駐在さんをやっている。激動の共和国に危機感を覚え、一人でも多くを人を手助けするため参加する。
【マサカヅ・サイオンジ】:西国人。ミニスカ婦警さんとお近づきになろうと警官になったが、動機を見抜かれ男ばかりの部署に。仕事を頑張れば婦警さんのほうからやってくるだろうと信じて職務に励む。
【砂川コージ】:西国人。元々はビル等の警備員。過去にビルに侵入してきた悪い人を捕まえたことをキッカケに警官を目指した。見回りが得意。


[No.10721] [固定リンク][非] 4名 投稿者:阪明日見@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 18:52:55
[関連記事



【東御みゅんぜる】:南国人の25歳の女の子。必死に叫んだ助けの声を聴いてくれたのは名も知れない一人の警察官だった。その憧れをもって婦警として働くことにした。
【駒米ピールク】:南国人の体格自慢の26歳。昔から体を鍛えていつか使う筋肉を蓄えていた。今がその時、と警官となり、存分に筋肉を使うことにした。
【粟木ただのすけ】:東国人の几帳面な28歳の男性警察官。どんなことでもすぐメモするタイプ。そのおかげか事件捜査で重大な情報を推理して活躍している。
【マド・ケールメルス】:西国人の愉快な話術をもつ28歳の男性警察官。敵対していた犯人も、説得されているうちに彼についつい心を許してしまう。


[No.10722] [固定リンク][非] 4名 投稿者:ダムレイ@リワマヒ国  投稿日:2017/07/22(Sat) 19:00:17
[関連記事

【永田りゅうじ】:正義感にあふれる35歳。子どものころから曲がったことが大嫌いで、定規みたいな子だと言われていた。足が速く声が大きい。
【吉橋たいち】:寡黙な40代の刑事。家族を愛し、国を愛し、人々を愛している。思春期の娘ともっと仲良くしたい。勘が鋭く粘り強い性格。
【鈴木ラフロ】:金髪パンチパーマの南国人警官。元気で人好きのするタイプだが、その分怒ったときの落差が激しい。お酒が好きで、酒飲みネットワークからよく情報を仕入れてくる。
【久世鹿之助】:爽やかなスポーツマンのような警察官。運動神経抜群で、特に球技が得意。学生時代に泥棒の逮捕に協力したことがあり、向いているかと思って警察官になった。


[No.10724] [固定リンク][非] 4名 投稿者:高原鋼一郎  投稿日:2017/07/22(Sat) 19:08:23
[関連記事

【輿石羽斗】:西国人の青年警官。親も警官で、仕事姿を見ている内に自然と景観を目指していた。事件の解決も、市民の助けもどちらも重要だ、という親の教えに従い、様々な事態に備えて日々勉強を欠かさない。
【祖茂あのり】:南国人の女性警官。市街のパトロールが主な担当で、様々な乗り物の免許も取得している。操縦が荒っぽいのだが、それでもいざという時は凄いから、と周りは怒るに怒れない
【保栖冨美代】:西国人の女性警官。担当は車両などの違法駐車取り締まりで、交通整理なども担当している。度の強い眼鏡をしているのだが、それがいい!というファンが一部いるらしく、ちょっと辟易しているとか。
【瀬良小丸】:南国人の男性。警官を目指した理由は道案内とか困っている人を手伝ってお給料もらえる仕事に就きたかったから、とは本人の談。暑いからなのか、いつも制服の裾をまくっている。


[No.10729] [固定リンク][非] 【警察官募集締切】 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 19:22:18
[関連記事

目標数に達しましたので締め切ります。
皆様ご協力ありがとうございました。


[No.10730] [固定リンク][非] 設問158・人員リスト 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 19:30:07
[関連記事

この下に設問158で募集した人員の統合リストを下げます


[No.10731] [固定リンク][非] FEV歩兵:60名 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 19:34:27
[関連記事

【ショーゴ=アイザワ】:西国人の青年。尊敬していた兄が不審死を遂げたのを調べていく中でFEV構成員と知り合い、理念に共感して参加を決めた。銃の腕は村一番。
【今井たすく】:南国人の青年。食うに困るも犯罪にも手を染めたくない、と悩んでいた時にFEVのことを知り参加を決めた。すばしっこく、本人曰く何時間でも走っていられる体力が持ち味。
【ウェンディ=ウィンディ】:西国人の成人女性。夫とともにFEVに参加している。もともと生まれ故郷の街の警備をしており、長時間の立ち仕事も得意。
【道乃来 絵里】:森国人の成人女性。暴漢に襲われそうになったところをFEV構成員に助けられ、自分も仲間になりたいと志願した。人並みの運動能力もあるが、機械に強いのが個人的な取り柄。
【江端玄之条(えばたげんのじょう)】:南国人。家業は果樹園の男性。「共に和してこそ共和国、それなのにどんな理由があろうと身内を撃つのは認められん!」ということで、息子たちに家を任せて自分はFEV参加のために立ち上がった。
【今城見火(いましろみるひ)】:西国人の妙齢女性。家族の長。見火とはつまり、太陽と向き合い続ける者の意であり、厳しい自然環境を始めとした諸物と戦う者に与えられる、砂漠の民の戦士の名前である。是空大統領がどれほど共和国の太陽として貢献していようとも、益にならぬものをもたらす限りは戦いをやめない。それが砂漠の戦士の生き方だからだ。
【国武叫(くにたけさけぶ)】:森国人の青年。本人の暮らしは困窮しておらず、若者らしい反骨心から、非主流派に身を投じた一人。実際に現場で様々な情報を耳にするにつれ、暮らしに困っていなかった子供っぽさは抜け、その胸には正義の心が芽生えつつある。
【馬越走高(まごしはしだか)】:南国人。道なき道を行く飛脚のような仕事をしていた。参加理由はたった一つ。荷を届ける先が消されたから。人々の生活と思いをつないで、その報酬を分けて貰って生計を立てていると信じていた彼は、つながりの輪を立つ者を正さねばもう一度走れないと知った。
【先崎真直(せんざきまっすぐ)】:西国人の若者。名前に反してツッパっていた、世間の爪弾き者だったが、FEVに身を投じていた者から指摘され、本当に反発するべきは何かを悟る。荒事と度胸には自信がある。
【藤丸雅名(ふじまるみやびな)】:森国人の壮年女性。共和国の実情を密かに説いて回る勧誘役で、自らも危ないシーンをくぐり抜けるだけの腕前を持つ教導者。本質的には自身の美学に基いて行動しており、今の是空のやり方が気に食わないだけ。
【菅家打掛(すがやうちかけ)】:南国人の女性。親が既にFEVに入っており、家族ぐるみで活動している。自分の信じた相手が信じる理念を自分も信じている。そういうシンプルさを持った元気な人。
【河原崎参(かわらざきまいる)】:南国人の男性。船を漕いでは現地を案内する、水先案内人として働いていた。ひょんなことから自分の船に瀕死のFEVメンバーを乗せたことから、彼の運命は始まる。
【ケーレ・M・ケンレン】:FEVに参加した森国出身の29歳の青年。すらっとした美形で、どこにいても何をしていても人目を引く存在。
【アルマ・L・ジャクソン】:FEVに参加した森国出身の25歳の女性。その美しい髪をきっちりとひっつめて歩兵装備を着こなす。体力自慢。
【プルーナ・酒江】:FEVに参加した南国出身の28歳の女性。楽しいことが大好きだけど、今の世の中は楽しくない。そんな世界を変えるためにFEVに入った。
【ゾック・マグネウス】:FEVに参加した西国出身の25歳の男性。大事な友人がこの混乱の際に連絡が取れなくなってとても心配している。
【今本かげろう】:貧民街の出身者。目に映るすべての世界を救うという理念に共鳴してFEVに参加した。俊敏な身のこなしが強み。逃げ足も速い。読書が趣味。
【紙野彦左衛門】:FEVの構成員に救われた経験から、参加を志願した。幼少期から武術道場に通っており、体術が得意で、朝晩の鍛錬を欠かさない。
【大谷ひろし】:初恋の人がFEVに加入したことから、あとを追うように参加した。その人に認めてもらうために必死に訓練や勉強に取り組んでいるが、思いがかなう様子はない。
【小和田かつろー】:自分の国を守りたいと国軍に入った元軍人。FEVのほうが自分が守りたい人たちのためになると思い、志願した。生真面目さと粘り強さで周りの人からの信頼も厚い。
【伸江トランキ】:B是空の恐怖政治に嫌気がさしていて、日々の憂さを晴らすように強そうなやつに喧嘩を売りストリートファイトに明け暮れていた元ゴロツキ。FEVのメンバーに出会い、喧嘩するならB是空だと思ってFEVに志願した。
【武士エンセリオ】:伸江とともに喧嘩に明け暮れていた不良。伸江がFEVに入るというのでついてきた。今まで人に感謝されるということがなかったが、FEVの活動では人に感謝されるのでやりがいを感じている。
【金剛オクパード】:伸江と武士をスカウトした元軍人のFEVメンバー。力が有り余っているなら正しくその力をふるうように二人を指導した。まだ30代なのにあだ名がオヤジ。若手を中心に慕われている。
【日下部カンサード】:自由の旗を奉ずる共和の理念は、FEVにこそ理があると思い志願した。工事現場の建設員として働いており、塹壕を掘るのが得意。
【陸別シュロ】:B是空によって国を滅ぼされ、難民として様々な国を点々としてきた苦労人。自分のような人を少しでも救いたいと願い、FEVに志願した。持久力があり、コツコツと作業することが得意。
【標津ライラ】:陸別と同じ国の出身。幸運なことに最初の国で職を見つけることができたが、同国人に対して後ろめたい思いをしていた。FEVの活動を知り、自分にもできることがあるのではないかと志願した。
【白樺ワッカ】:「ただ穏やかに過ごす世界を共有する」という理念に共感してFEVに入った。体力はないが気配りが効き、部隊内の人間関係を円滑にしている。ふんわりとした笑顔が魅力。
【歌志内コタン】:戦死した父の遺品を整理していた際に、FEV構成員であったことを知り、父の遺志を継ごうと参加した。歌が好きで、非番の時にはギターを片手に近所で弾き語りをしている。
【田原歳三】:西国人の元整備士 28歳男性 最近の共和国の情勢を見て「共に和する事こそが共和国であるにも関わらず身内を撃つのが許せない」とFEVに参加した。銃や機械類の整備と扱いに長ける。
【木村優井】:西国人の元工兵 35歳男性 共和国の為に日々工兵として道路施工などを行ってきた。軍人を退役したが、現在の共和国の考え方に不信感を抱き、多くの民を救う仕事を目指し、FEVに参加した。道路敷設や建築や地形分析を得意とする。
【アレン=ケイブ】:西国人元歩兵 36歳男性 共和国で歩兵として活動し、現在は退役している軍人。その後、慈善事業を通して多くの人を助けたいと思い、その精神に共感をうけたFEVに参加した。銃の腕前と、歩兵として体力は自慢である。
【セイラ=ガラン】:南国人 冒険家 24歳女性 共和国で冒険家として各所を転々とする女性。各所で聞いた情報を元に現在の共和国情勢に不信感を抱き、その思いに共感したFEVに参加した。サバイバルな状況に慣れており、体力もある。
【キーリ・明日原】:筋肉質で体格のよい西国人の青年。人種が違う弟がおり、なんだかんだ言いつつ仲が良い。FEVの理念に共感し、弟と共に戦うことを決意した。
【アンリ・明日原】:細身だが力持ちの森国人の青年。兄のことはウザいと思いつつやはり心配なのでFEVについていくことにした。最初は組織の向かう先に関心など無かったが、共に戦う中で自分も共和国の為、未来のために戦いたいとの思いを強くする。
【火ノ山 たける】:恰幅のよい南国人の男性。脂肪ではなく筋肉量が多い。全力タックルを食らえばただでは済まないので隊員達には恐れられつつ頼もしい目で見られている。
【安曇 ゆう子】:手先が器用な西国人の女性。勝気でさばさばした性格をしており、面倒見もよく、姐さんと呼ばれ親しまれている。暴漢に襲われそうなところをFEVに助けられた恩から、この組織で戦うことを決めた。
【長谷部マサヒロ】:共和国の一大事に姿を消してしまったB是空に怒りを覚えFEVに参加した青年。大統領がいないなら自分たちで皆を助けようと発起した。足の速さが自慢。
【根井ヨシヒロ】:FEVの理念に共感した西国人の青年。体力には自信があり、人を担いだまま長い時間走り回ることもできることが自慢。
【高野倉セイイチロウ】:FEVの理念に共感した南国人の青年。身体は小さいがすばしっこく、隠れたりすることが得意。軍事訓練を受けたことがあり、銃の扱いも手馴れている。
【皆口ミチオ】:ひどい事になってしまっている共和国の状況をなんとかしようとFEVに参加した。一人でも多くの人を助けるため奔走している。
【磯部長太郎】:軍属経験のある西国人。退役済だったがどうにも共和国がキナ臭くなり、あらゆる面で建て直しが必要と思い、FEVにて戦線に復帰。60歳はまだまだ現役、もう少し先になる老後の人生を守る為の戦いに参加する。
【モチノキ・ミキオ】:軍属経験のある南国人。磯部長太郎と同期の間柄。退役後も磯部とつるんでおり、お前が乗るなら俺も理論でFEVに参加。
【ヤマグルマ・ヨースケ】:南国人。ちびっ子の頃に自分の考えた自分が最強になるための自主トレーニングを欠かさない青年。自主トレ内容はかっこよく柵を飛び越えるなどである。
【ゲッコウ・リバーサイド】:森国人。そこまで力強くはなく物静かだがチェスなどが得意なこともあり戦況を俯瞰的に分析できるため、彼のいる部隊は生存率が高いとの噂。
【芥子原智明】:FEVの目に映る全ての世界を救うという活動に共感した西国人。射撃の腕は仲間内で一番であり、その力を活かすため歩兵に志願した。
【近衛小太朗】:FEVが目指すみんなが穏やかに過ごす世界を一緒に夢みたい西国人。体力、持久力に自身があり、長期の任務にも耐えうると自負している。
【早良しじみ】:FEVでは戦う相手を「敵」と呼ばない、という話を聞いて目から鱗が落ちた西国人。白兵能力に秀でており、接近戦で実力を発揮する。
【四十万藤次】:FEVでは何よりも自分や民を守ることが優先されると聞いて感動した西国人。目がとてもよく、偵察任務に定評がある。
【若林リュージ】:戦乱の中で夢も希望も見つけられず、その日暮らしをしていた男性。喧嘩ばかりしていたが、たまたま因縁をつけた相手がFEVの加藤だった。その際返り討ちに合い、彼に諭されてFEVに参加した。
【加藤パッスズ】:地域の自衛団で活動していた際、FEVの噂を聞き参加した中年男性。仕事は大工。体格が大きいわけではないが仕事柄力が強く、若林に因縁をつけられた時も自分より若い彼をねじ伏せる事ができた。
【加藤ヴィヴィアンヌ】:加藤の一人娘。勝ち気な性格。最近の父の様子を不審に思い、知り合いに尋ね回った所FEVの事を知った。その後、共に和するFEVの理念に共感し参加をすることにしたのだが、まだ父には話していない。
【山茶花小太郎】:ヴィヴィアンヌの恋人。何をするにも慎重に行動する男なのだが、ヴィヴィアンヌの事になると別。FEVに参加したのは理念に共感したことはもちろんなのだが、彼女を身近で守る為に必要だったから。
【遠野ハルヒコ】:カミヘイ出身の南国人で健康的で浅黒い肌が特徴の金髪の男性。なかなかの肉体美を持ち力仕事が得意で旅を好む。FEVに関しては実際に各地を回ってこりゃいかんと思い至って参加した。
【一ノ瀬シュバルツ】:クノヘ出身の西国人。灰色の髪をターバンで隠し、各地を回っていた元商人の男性。だが、商売よりもまずは手っ取り早く事態を解決したいと思い、FEVに参加した。一通りの訓練を受けて偵察兵に向いているとされている。
【陸前カスタ】:ジョウボウ出身の南国人。ひょろ長い長身にすっかりと筋肉が付いた細マッチョの船乗りであった。「共に和を」という共和国のスローガンが深く根付いており、それを取り戻すべくFEVに自身の小舟を担いで参加した。
【二戸イルスン】:ダイトウ出身の西国人で元軍人。退役していたが故に、自身の信念を見直すべくFEVに参加することを決意した。経験に依る冷静さと、歳をとっても続けた鍛錬を以て、再度前線に立つ。
【ニジョウ・タマキ】:南国人の女性。南国人に見られがちなお気楽な性格だが、昨今の共和国の政治状況に息苦しさを感じ、皆が笑って暮らせる共和国を取り戻すため立ち上がった。
【サイモンジ・ユーゴ】:西国人の男性。責任感が強く、自分の周囲の人々を守りたいと常日頃から考えている。横暴な管理社会から大事な人々を守るためにFEVに参加した。
【ジョー・ナラバヤシ】:南国人の男性。芸人根性強めの性格で、周囲を笑わせるのが好き。だが内面は非常に責任感強く、共和国を守らねばという決意と共に立ち上がった。
【ジェームズ・スチュアート】:西国人の男性。寡黙で、自らのプライベートについては決して語らない。だが言葉ではなく行動で意思を示し、周囲の信頼を得ていくタイプ。


[No.10732] [固定リンク][非] 警察官:64名 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 19:39:45
[関連記事

【生田目ぱりん(なばためぱりん)】:森国人のふとましい婦警さん。体格に優れていたことから、それをいかす職業を探していたところ、昨今の政情不安を受けて警官を受験。自らの体つきと笑顔が人々に安心感を与える武器だと知って、そのように振る舞うようになった。
【八尾一心(やおいっしん)】:西国人。定年前だが、筋金入りの現場主義者。足で歩いて自ら話を聞いて周り、どんなところもその目で確かめる。非効率的ではあるものの、腐らない、そういった地道な警らが信条。
【武富まにい(たけとみまにい)】:新人警官。とかく公僕として人のために仕える身は大変だという話ばかりを聞かされてきた、そんな彼女は両親ともに警官である。警官という仕事にではない、両親の背中に憧れを抱き、一人前を目指して張り切るエネルギッシュガール。
【池口常夏(いけぐちとこなつ)】:南国人。四角四面と言われようと、自由奔放な気質の同胞たちを守るために、自分だけはキチッとしようと思っているシチサンメガネ青年。自分の苦手は周りが補えばいいし、周りの苦手も自分が補えばいいと思っているあたり、真面目すぎない、南国人らしいやわらかさがある。
【栗城真守(くりきまもる)】:南国人の中年男性。人の話を聞くのが大好きで、勉強は苦手だから出世しないが、面倒見がいい。手元で作り貯めているノートには、自分が関わり合った人たちのメモが何十冊分も作られており、ファイリングされているので、興味が薄いことには力が発揮できないだけなのだろう。珈琲片手に自分の食ってたドーナツ差し出すタイプ。
【斉田真心(さいたまごころ)】:西国人の既婚女性。割りとちょこちょこ出産のために休職している。それぞれの立場に正論があって、それらをどう両立させるかが興味の関心だという、哲学者肌の人。
【岩山盾月(いわやまたてつき)】:森国人の頑固な壮年男性。間違っていると思ったら、相手が誰であろうと食って掛かる。「まっとうに生き、まっとうに暮らす、そのことに小難しい理屈は要らんでしょう?」というのが口癖で、腕組みしながら相手の前に立ちはだかる癖もある。カチカチな角刈り頭に野太い腕は、前から見ると面倒で、後ろから見ると頼もしい。
【苅谷羽場狩(かりやはばかり)】:森国人。自分の静かな暮らしを守りたいので警官になった。人に任せていると安心できないという理屈らしい。変人。平時にはことなかれ主義者に見えるが、有事にはドンドン物事を捌いて切り分ける知性派。
【畠中のんの】:南国人ののんびりした婦警さん。こんなことしちゃだめですよ〜、とのんびりした口調で言われると悪人も毒気を抜かれる。
【伊東さーべる】:南国人のお茶目で愉快な警官さん。拡声器を使って注意を促すときの話術に定評があって、国民から密かに人気がある。
【輪島たたらん】:南国人の42歳の交番の駐在さん。よく見回りに出ていろんな人に声をかけるので、近所で警官といったらこの人という存在。
【カーヘル・篤田】:南国人の28歳の交番の駐在さん。輪島たたらんの後輩的存在で、見回りに一緒について先輩の仕事を学んでいる。
【明智常太郎】:南国人にしては生真面目一徹の警察官。生涯交番勤務を目指しており、近所の人々を愛しているが、顔が怖いため子どもたちが寄ってこない。
【浅野きゅうり】:40代のベテラン警察官。「警察は権力を持っている。だからこそ、理から離れてはならない」をモットーに新人教育に余念がない。公明正大の人。
【長幸まさし】:代々続く警察官の家系。流されるように警官になったが、浅野や明智との交流を経て徐々に警察官としての意識を高めていった。
【朝山田イサン】:明るく爽やかな青年警官。口が軽いのが玉に瑕だが、明るい性格と人に愛される笑顔で近所の人々との良い関係を築いている。
【東条エイト】:西国出身の熱血体育会系警察官。「考えるより動く、動いてから考える、動きながら考える」という性格で、人々の平和に日々貢献している。
【尼子しげる】:東条の幼馴染の警官。時に暴走する東条をなだめながら、冷静に現場を分析して事件を解決に導く理論派。麺類が大好物で、語りだすと止まらない。
【池田なおし】:東条と尼子の上司の中年巡査部長。二人のことを新人時代から面倒見ており、我が子のように思っている。一人暮らしが長いため、料理が得意。
【群風きらりん】:婦警さんの制服が着たいという理由で警察に入った変わり種。直感に優れており、ぽろっとこぼした一言が事件解決の糸口になることもしばしば。
【三森まもり】:明るく元気な南国人。子どものころに警察官に助けられたことから警察を志した。ガキ大将気質は大人になっても抜けず、からっとした性格で近所の不良たちにも慕われている。
【朝倉しゃいにんぐ】:筋トレ大好きな南国人警察官。大柄で筋骨隆々としているため、いるだけであたりが平和になるといわれる。「右手に花束、左手に鉄アレイ」と書いたサイン色紙を机の上に置いている。字はとても下手。
【畑根ふぶき】:影が薄いのが悩みの警察官。なかなか近所の人にも名前を憶えてもらえないので、お手製の大きなネームカードを首からぶら下げている。非番の日も見回りをするほど真面目。
【倉永ショーコ】:しっかりものの南国人婦警。面倒見がよく元気な性格で、公私どちらでもアネゴというあだ名を頂戴している。実は編み物が趣味。
【浅雄一護】:南国人の28歳の交番の駐在さん。甘いお菓子が大好き。忘れ物を届けてくれた子供たちにご褒美として飴をあげている。
【デント・O・サニー】:森国人の32歳のたれ目で優しい顔をした警官さん。森のパトロールはお手の物で、大木となった木々を日々飛び回っている。
【アルフェール・ミントン】:森国人のしゃっきり快活な32歳の警官さん。はいはい、今日はどうしました?と、事件や相談をテキパキとさばいていく。
【メルべ・カサンドラ】:森国人の美しい婦警さん。交番に勤めていたときは、彼女を口説こうという男性がひっきりなしに訪れて、逆に彼女に叱られていた。しかし、皆嬉しそうという。
【南城冬木(ナンジョウフユキ)】:西国出身で日々熱心にパトロールをする警察官。男性28歳。顔立ちは二枚目。仕事は真面目で実直交番勤務を長く体力もある。今回避難誘導にも活躍しようと思っている。
【空島剣(ソラジマツルギ)】:西国出身の25歳男性。職業は、警察官。剣のように真っ直ぐな、まさに名前の通りの性格。そんな素直な性格からか交番の近くの人々に愛されている。仕事では皆勤賞を持っており、今日も頑張っている。
【國光義弘(クニミツヨシヒロ)】:西国出身の36歳男性。元々は、整備士だったが試験を受け、警察官になった経緯を持つ。仕事は真面目で交番勤務が長い。根がしっかりしているので周囲から頼りにされている。
【新島広世(ニイジマヒロヨ)】:西国人出身の27歳 女性。親が警察官で、その後姿に憧れ警察官になった。日々パトロールを行い、交通規制を行っている。仕事熱心な女性でしかしながら子供には優しい。子供からは慕われている。
【霜蒲 星太】:明るい笑顔を絶やさない、南国人の青年。くるんとしたアホ毛がトレードマーク。素直で人当たりもよいため、子どもや年寄りに気に入られることが多い。
【竜ヶ崎 楓】:背筋をぴんと伸ばした森国人の女性。銀縁の眼鏡をかけている。女だてらに格闘術を得意としており、並の男性では歯が立たない。
【徳原 準】:鋭い目・坊主頭の西国人の男性。口数は少ないが、銃の扱いや機械類の扱いが得意で、同僚達からも一目置かれている。家では猫を飼っている。
【リンダ・K・晴香】:ゴージャスな金髪をなびかせた南国人の女性。大人の色気を漂わせている。規律・正義・法を守る警官たれと、強い意志を持っている。
【久志本シンイチロウ】:共和国の警察官。地域課に所属しており、日々、住民の安全を守るためにパトロールを欠かさない。職務には忠実だが穏やかで、地域住民からの信頼も厚い。
【川喜田ジョウ】:共和国の警察官。柔道や剣道が得意で体格も大きく、威圧感がある。ただ実際は心優しい性格で、その人となりを知る人からは大型犬みたいといわれる。
【木住野セツコ】:共和国の警察官。おっとりした顔立ちで、地域住民との交流を得意とする婦警さん。コミュニケーション能力が高く、困った人に良く頼られる。
【與那城ミナヨ】:共和国の警察官。ハキハキした口調が特徴で、彼女に注意されると怖くはないのについ背筋が伸びてしまうと評判。
【墨縄宗像】:南国人の警察官。幼い頃から正義感に溢れ、将来は悪い奴をやっつける人になるんだと思っていたが、現在は交通パトロールが主な任務。交通事故を減らすことでもたくさん人を助けられると気づいた。
【関村木乃香】:南国人の警察官。警察官をしていた父親の背中に憧れ、それを追いかけるうちに自分も警察官になっていた女性。
【空井武三】:南国人の警察官。警察官みたいな職業は、暇であることが一番の幸せだと思っている。しかし、だからこそ事件が起きた時には「警察官が暇な世の中」のために精力的に働く。
【多喜原明美】:南国人の警察官。にっこりと笑う顔はかわいらしいが、実は格闘術の達人である。今日も町内の治安を守る婦警さんとして元気に働いている。
【アマタゴラス】:警官のおじちゃん。自信家だが、建設的な批判には耳を傾ける性格。後輩から健全なダメ出しをされることが多い。
【オソラテス】:アマタゴラスの後輩警官。パトロールに熱心で後輩からは慕われているが、年の差BL本を買いすぎて嫁に怒られてる。
【アリストアゲス】:体格の良い警官。オソラテスの後輩。プロレスファンで、平和なときは市民となかよくプロレス談義をしている。
【ナシストテレス】:先輩のアリストアゲスのことは尊敬しているが、まちがっていることはまちがっているという警官。よく通る声をアリストアゲスによくほめられてる。息子が夭折したため、子供にはやさしい。
【春日居ハルマ】:南国人であります。今年警官になったばかりの新米のおまわりさんであります。まずは先輩警官の働き振りを見て、ノウハウを学ぶのであります。
【夏川俊太郎】:南国人。普段は駐在さんをやっている。激動の共和国に危機感を覚え、一人でも多くを人を手助けするため参加する。
【マサカヅ・サイオンジ】:西国人。ミニスカ婦警さんとお近づきになろうと警官になったが、動機を見抜かれ男ばかりの部署に。仕事を頑張れば婦警さんのほうからやってくるだろうと信じて職務に励む。
【砂川コージ】:西国人。元々はビル等の警備員。過去にビルに侵入してきた悪い人を捕まえたことをキッカケに警官を目指した。見回りが得意。
【東御みゅんぜる】:南国人の25歳の女の子。必死に叫んだ助けの声を聴いてくれたのは名も知れない一人の警察官だった。その憧れをもって婦警として働くことにした。
【駒米ピールク】:南国人の体格自慢の26歳。昔から体を鍛えていつか使う筋肉を蓄えていた。今がその時、と警官となり、存分に筋肉を使うことにした。
【粟木ただのすけ】:東国人の几帳面な28歳の男性警察官。どんなことでもすぐメモするタイプ。そのおかげか事件捜査で重大な情報を推理して活躍している。
【マド・ケールメルス】:西国人の愉快な話術をもつ28歳の男性警察官。敵対していた犯人も、説得されているうちに彼についつい心を許してしまう。
【永田りゅうじ】:正義感にあふれる35歳。子どものころから曲がったことが大嫌いで、定規みたいな子だと言われていた。足が速く声が大きい。
【吉橋たいち】:寡黙な40代の刑事。家族を愛し、国を愛し、人々を愛している。思春期の娘ともっと仲良くしたい。勘が鋭く粘り強い性格。
【鈴木ラフロ】:金髪パンチパーマの南国人警官。元気で人好きのするタイプだが、その分怒ったときの落差が激しい。お酒が好きで、酒飲みネットワークからよく情報を仕入れてくる。
【久世鹿之助】:爽やかなスポーツマンのような警察官。運動神経抜群で、特に球技が得意。学生時代に泥棒の逮捕に協力したことがあり、向いているかと思って警察官になった。
【輿石羽斗】:西国人の青年警官。親も警官で、仕事姿を見ている内に自然と景観を目指していた。事件の解決も、市民の助けもどちらも重要だ、という親の教えに従い、様々な事態に備えて日々勉強を欠かさない。
【祖茂あのり】:南国人の女性警官。市街のパトロールが主な担当で、様々な乗り物の免許も取得している。操縦が荒っぽいのだが、それでもいざという時は凄いから、と周りは怒るに怒れない
【保栖冨美代】:西国人の女性警官。担当は車両などの違法駐車取り締まりで、交通整理なども担当している。度の強い眼鏡をしているのだが、それがいい!というファンが一部いるらしく、ちょっと辟易しているとか。
【瀬良小丸】:南国人の男性。警官を目指した理由は道案内とか困っている人を手伝ってお給料もらえる仕事に就きたかったから、とは本人の談。暑いからなのか、いつも制服の裾をまくっている。


[No.10751] [固定リンク][非] 玄霧藩国医師部隊 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/07/22(Sat) 20:26:30
[関連記事

隊員RD45×18名=810

隊員の個々の構造は以下です
-玄霧藩国の医師部隊員 RD45
--部品: 個々のプロフィール部品 RD1
--大部品: 玄霧藩国の医師名医アイドレス RD44 http://cwtg.jp/bbs3/wforum.cgi?no=10753&reno=10751&oya=10636&mode=msgview

#以下に隊員のリスト
【進藤小鳥】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。おっとりしているが人を助けたいという気持ちは人一倍で、進んで医師としての修行を行った。
【加茂下政典】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。体格は小さいが手先が器用で、集中力を要するような繊細な外科治療などが得意分野。
【宇根崎龍文】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。患者を安心させるのも医者の重要な仕事と捉え、患者さんを安心させるような、自信に満ちた態度と、不安を癒す心配りを心がけている。
【一宮 ゆり子】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。たった一つのミスで誰かの命が失われるかもしれないことを心に刻み、一つ一つの作業を丁寧に行っている。
【舛本 里依子 】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。患者さんを元気付けるためにも、いつも元気な笑顔を忘れずに振る舞う。勿論、作業の方は丁寧に。
【時将太郎】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。救急時は専門の医師に回している余裕はないからと、外科内科、満遍なく対応できるジェネラリストを目指している。
【黒澤太一郎】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。主に外科方面に詳しい。医者はまず自身が健康でなければならないと考え、普段から体を鍛えている。
【赤見奈加子】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。自分が誰か一人助けることで、その一人がもっと多くの人を助けるのだと、自身の治療に誇りを持っている。
【緑山早希】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。幼い頃は病気がちだったが、現在は健康体。自分も誰かを癒す職業につきたいと医療の道へ進んだ。
【白村幸助】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。白村先生が回診に来てくれると安心すると患者から言われる笑顔の素敵な好青年。
【青木美知恵】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。戦士のように誰かを守ることはできないけれど、戦士たちが守ろうとした誰かを怪我や病気から救うことは私たち医者の仕事だと、自身の職業に誇りを持っている。
【赤枝鹿の子】:玄霧藩国生まれの医療部隊員。つねに冷静な言葉使いと雰囲気が怖がられることもあるが、一度治療した患者には頼りにされることも多い。
【夕露桐人】:玄霧藩国生まれの医療部隊員。言葉少ないが患者を安心させるとびきりの笑顔の持ち主。子供の相手が得意。実家に大家族の兄弟がいるとか。
【手取川真央】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。すっかり婚期を逃して仕事が恋人と言って憚らない女傑。服にも髪にも消毒液や薬品の匂いが染みついている。
【登呂葉名美】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。患者を安心させるにはいい笑顔と挨拶から、という持論に基づき、いつも朗らかに笑うことを心掛けている。
【那珂山治郎丸】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。白衣を翻して患者へ向かう背中はいつもピンと伸ばしている。医者が不安そうにしていては治るものも治らない。今日も自信満々に彼は笑う。
【羽生祥太郎】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。細かい作業が好きで、時折、病院の児童達と一緒に千羽鶴を追っている姿が目撃されている。
【八十田啓志】:玄霧藩国に所属する医療部隊員。患者さんを不安にさせないために、いつでも落ち着いた様子でいることを心がけている。ナイスミドルだが実はぬいぐるみとかが好き。


[No.10753] [固定リンク][非] 玄霧藩国の医師名医アイドレス 投稿者:小鳥遊@玄霧藩国  投稿日:2017/07/22(Sat) 20:29:56
[関連記事

大部品: 玄霧藩国の医師名医アイドレス RD:44 評価値:9
-大部品: 森国人(玄霧藩国版) RD:8 評価値:5
--大部品: 森国人の身体的特徴 RD:3 評価値:2
---部品: 長い耳
---部品: やせぎすの体
---部品: 長い髪
--部品: 皮の服(普段着)
--部品: 瞑想通信を使うことが出来る
--部品: 基本の職業適正
--部品: 森国人の習慣
--部品: 生物資源の生産能力
-大部品: 名医と呼ばれる所以 RD:11 評価値:5
--大部品: 高度なインフォームド・コンセントの形成力 RD:5 評価値:3
---部品: 礼儀作法(医療
---部品: 医師に求められる外見
---部品: 正確な診断力・検査力
---部品: ムンテラ力
---部品: 最新医療知識の維持
--大部品: 鋼の心臓(医師) RD:3 評価値:2
---部品: 動揺しても態度に出さない。
---部品: 経験と実績から発生する自負心
---部品: 強い自制心
--大部品: 医師の腕力 RD:3 評価値:2
---部品: うなされるほどの練習
---部品: 無駄のない手技
---部品: 瞬時判断
-大部品: 現代の医師の能力 RD:16 評価値:6
--大部品: 現代医としての知識と技能 RD:10 評価値:5
---部品: 人体への理解
---部品: 基礎医学の心得
---部品: 地域医療の実地実習経験
---部品: 清潔操作と基本的医療手技修得
---部品: 一次救命処置能力
---部品: 医師と患者間のコミュニケーション能力
---部品: 臨床実習で得た臨床医としての能力
---部品: 共通試験・国家試験を合格する能力
---部品: 臨床研修で得た経験
---部品: 6年間の医学生生活
--大部品: 医師の心得 RD:6 評価値:4
---部品: 医療関連ルールを遵守する
---部品: 生涯を人道に捧げる誓い
---部品: 患者へ尽力する誓い
---部品: 公平で公正な治療行う誓い
---部品: 人命尊重の誓い
---部品: 医者という職業への誓い
-大部品: 一般医用携行装備 RD:9 評価値:5
--部品: 止血帯
--部品: 救急包帯
--部品: アドレナリン注射キット
--部品: 人工呼吸マスク
--部品: メス(刃物)
--部品: 医療用グローブ
--部品: 白衣
--部品: 縫合セット(医療用)
--部品: 消毒薬一式


部品: 長い耳
長い耳とはいわゆるエルフ耳である。大きさはまちまちだが、大体耳の先がとがっている。勿論のこと、耳は頭に右耳、左耳の一つずつしかないため、複数つけることはできない。

部品: やせぎすの体
種族的な特徴として肥満体になりにくいのか、森国人にはやせぎすのものが多い。筋肉がつかないわけではない。これを複数つけると、尋常じゃなく痩せてしまうことになるのでまともに動けない。

部品: 長い髪
髪型や髪の色はおおむね自由(好きに変えてよい)だが、男女問わず長髪が多い。なお、髪が何本あっても、少なくても、まとめてRDは1である。

部品: 皮の服(普段着)
基本的には皮製品の服装を好む。必要に迫られたり、職業によってはこの限りではない。この部品を複数つけても、重ね着して着ぶくれるだけで特に意味はない。

部品: 瞑想通信を使うことが出来る
森国人の特徴として、瞑想通信を使用できる。瞑想通信を使うには道具の補助や数人がかりでの瞑想が必要のため、この部品を複数つけると逆に効率が悪くなる。

部品: 基本の職業適正
理力使い(魔法使い)、忍者、整備士、医師に適性があるとされる。個人の素養にも左右される。適正の有無を表現するものであるため、個人の努力なしには職業にはつけない。もちろん、適正・素養が複数あっても同様である。

部品: 森国人の習慣
自然を大事にし、森を切り開かないまま森の中に村を築く。木造(樹木をそのまま使う)建築物を好み、自然環境を破壊しない生活を送ることを良しとする。心構えを表現するものであるため、この部品を複数つけることはできない。

部品: 生物資源の生産能力
種族的特徴として、日々の生活を送る中で生物資源(動物性・植物性の資源)を得る技能に長けている。この部品を複数つけると、過労で倒れる。

部品: 礼儀作法(医療
医師は患者に「先生」と呼ばれることが多いが、当然無条件に医師へ敬意を払うわけでも、信頼を持っているわけでもない。
しかし患者が自身にとって一番良い治療を選ぶには、医師と患者互いの信頼が必要不可欠である。
その入口として相手を慮り、話しやすい雰囲気を醸成する礼儀作法は医師にとって大事な能力である。


部品: 医師に求められる外見
第一に清潔さである。この場合実際に清潔であることはもちろんのこと、医療知識のない患者からみて「清潔そう」に見えることが重要である。
よく洗濯されシミ一つない白衣を身に着け、医師自身も清潔そうにまとまった外見をしていることは、医師と初めて面談した患者の安心材料の一つになる。
余談であるが、患者を安心させる他の要素として威厳があるが、主に年齢によるものが大きい。だから若い医師は(議論はあるが)ヒゲを生やしてみたりするのである。


部品: 正確な診断力・検査力
高度なインフォームド・コンセントを形成するためには、前提として、良い説明をするための土台が必要である。
医師にとっては患者の現在の状態を正確に把握していることは具体的な治療法や代替治療の説明に絶対必要である。
余談ではあるが、これらの正確な診断にレントゲンなどの検査が必要である場合、検査の必要性を説明するのもインフォームド・コンセントである。難しい。

部品: ムンテラ力
ムンテラ(むんてら)とは、病状説明のことである。ドイツ語のMund「口」+Therapie「治療」を組み合わせた単語。
患者にとってみて、説明を受けた上で自由に治療法を選択することが望ましい。
望ましいのだが医師にとってみて、その患者に選択してほしい治療は当然ある。これが患者の価値観や知識と一致しているとは限らない。
医師に必要なのは「正確に」病状の説明をし、「正確に」各治療後の予後を説明する力である。
治療法選択の自由を尊重することと、説明の不足で患者にとって不利益な選択をすることになってしまうことは別である。
敬意と具体的でわかりやすい説明力は医師に必須の能力である。

部品: 最新医療知識の維持
正確な診断と十分な説明がなされた後、高度なインフォームドコンセント形成に必要なのは患者の納得である。
納得するためには患者からの質問が必要であり、中には巷で評判を聞いたエビデンスのない治療法もある。これをきちんと否定し患者を危険から守るには常に最新の知識が必要である。
何をかいわんや当然診断にも説明にも治療にも必要なのだ。医者は一生勉強!
これができなければ他全ての要素の信頼性が弱まり、高度なインフォームドコンセントとは言えなくなる。

部品: 動揺しても態度に出さない。
医師も人間である以上ヒューマンエラーは必ずある。1件の重大なミスには29件の軽微なミス付いて回り、その周辺にはミスにならなかったもののミスになってもおかしくない直前の例、つまりヒヤリ・ハットが3000件存在している。ミスを起こしてはならないが、ヒヤリ・ハットな例に直面した際に動揺を表に出すことは患者にとっても不利益となる。
予防を十分に行った上でも起きてしまうヒヤリ・ハットや軽微なミスは適切にリカバリーされるべきで、患者が求めているのは落ち着いた医師である。「あっ」「しまった」とは思っても絶対に態度に出してはならない。口に出すのは最悪だ。

部品: 経験と実績から発生する自負心
ミスに限らず、医療は人体を相手にする職業である以上、偶発的事故も起こりうるし、治療の結果も100パーセント思った方向に進むとは限らない。感染症の治療後体力の問題で治癒に時間がかかることもあれば、外傷の治療後安静をよく指示したにもかかわらず暴れて悪化させてくる患者もいる。これらのことが起きた時に「大丈夫ですよ」とはっきりみ行きれるのが自負心である。実際に近似の例を経験しているからこそ、知識として知っているからこそ、そして実際に自分の手でリカバリーしたことがあるからこそはっきり言い切れるのだ。この自負心の醸成には医師として誠意ある治療を多数実際に行なっている必要がある。

部品: 強い自制心
患者が求めているのは落ち着いていて、かつ精力的に働く医師である。私事で何があろうと不機嫌さや悲しさを患者に伝えてはならない。患者さんは細やかな動作や声色に出る雰囲気を必ず感じ取る。
当然どのくらい疲れているかも患者さんにはなんら関係ない。つねに安定して親切で真面目でよく説明してくれる先生こそが名医だ。
実は患者さんが大事にしているのは手技の早さではないことを知っておくべきだ。

部品: うなされるほどの練習
治療の手技であるにしろ、滑らかな説明や表情作りにしろ、練習でできない人間が本番で安定して成功できるはずがない。
緊張するのだ。予想外のことが起こるのだ。ささいな手違いでさらに緊張するのだ。地震が起きるかもしれないのだ。患者を安心させる落ち着いた医者でいたければひたすらに練習するしかない。練習が短い睡眠時間に出てくるほどだ。

部品: 無駄のない手技
名医の治療は早い。
何がはやいのだろうか。手の動きが速いわけではない。無駄が切り落とされているのだ。練習で何千回と繰り返した動作が、医師となってから臨床で繰り返した手技が名医の手技を早くしている。そこに生まれた余裕に丁寧さと工夫を加えることもできる。早さが命の手技ではもちろんのこと、それ以外でも治療の予後を良い方向へ動かす力となる。

部品: 瞬時判断
どの仕事でも言えることだが、例に漏れず医師の仕事も判断の連続である。救急の患者が搬送されてきた時、また目の前で人が倒れた時、治療中不可避の大出血があった時。名医は自分の専門で即時に結論を出す能力がある。これは毎日の診療経験と勉強の反復が、呼吸と同じように最適な治療を教えてくれるからである。

部品: 人体への理解
医師として病気や痛みを理解するには、まずからだの正常な状態を知らなければならない。正確な人体の組織と生理への理解は医師として人を助ける原動力となる。

部品: 基礎医学の心得
人体への理解を基本として、微生物学、生化学、病理学、薬理学医学生時代に加えて学ぶ必要がある。これらの学問を一定レベルで修めていることは、病気の診断と治療を行う上での重要な基本となる。


部品: 地域医療の実地実習経験
医師は医学生である間に、患者さんがまずかかる一般医や家庭医での現場を知るため、地域での医療実習を行っている。医療現場での活きた経験を感じ、患者さんとのコミュニケーションの基礎を学んでいることは医師としての必要な能力の一つである。

部品: 清潔操作と基本的医療手技修得
医師として医療に関わるため、臨床で実習を行う前に最低限修得しておくべきなのが清潔操作である。
清潔域と不潔域の理解と、実践を行うこと、習慣をつけることは予想外に難しい事であるが医師として必要不可欠な要素である。
また一時創傷に対する縫合などの基本的な手技も同様に求められる。

部品: 一次救命処置能力
医師には、緊急時に危篤の患者に出会った際には救命の機会を維持し続ける能力が求められる。
この基礎的な救命処置はABCと省略される生命維持に必要な処置と、AED(自動体外式除細動器)が周辺にあった場合に使用できる能力を指す。
救命処置のABCはA=Airway、つまり気道の確保。B=Breathing。つまり呼吸のことであり、自発呼吸がない場合は人工呼吸が必要となる。
C=Circulation。循環であり、一般で言う心臓マッサージで血液の循環を確保することである。近年では動作に対する誤解をなくすため、胸骨圧迫と定義されている場合もある。

部品: 医師と患者間のコミュニケーション能力
医師とは人を相手にする職業である以上、職務上必要な情報を取得するためには患者との信頼関係の構築が不可欠である。
このため最低限の礼儀作法に加え、平時、緊急時双方で効率よく必要な医療情報を取得できるような質問法、話術を修得している必要がある。

部品: 臨床実習で得た臨床医としての能力
医師は知識の積み重ねだけではなく、実際に現場で患者さんを相手にすることでしか得られない臨床医としての能力が絶対に必要である。
患者と指導医の協力によって獲得できる、内科系、外科系、病理系、社会医学系など臨床医学の全ての分野に関して通常一年を通して修得される。
いわゆる臨床実習で得られる知識、見識、経験は医師として最低限必要な能力の一つである。

部品: 共通試験・国家試験を合格する能力
一般的にどの国でも国家によって医師として必要最低限の知識と技術、倫理を持ち合わせているかの試験が行われている。
これに合格することは、医師として最低限の能力を修めていることの社会的指標となり、これにより発光される医師免許を持たなければ、医師として人と関わることは許されない。

部品: 臨床研修で得た経験
一般に医師免許を取得した後は指導医の元、単独で医師として医療行為を行うに足る能力があると認められるまで、臨床研修を行う必要がある。
臨床研修で涵養しなければならない能力は国が定めており、これを修めることで初めて医師の最低限度が満たされる。

部品: 6年間の医学生生活
医師になるためには、防衛以下大学医学部を持つ大学に入学し、6年間医師として必要な知識、技術、倫理観の涵養を行う必要がある。
これは国家試験の受験資格として必要な条件の一つとして、定められた大学で医学の正規の過程を修めて卒業した者として定められているためであり、
同時、一人の人間が医師として成り立つまでに必要な期間なのである。
なお、例外として他国ですでに大学を卒業し、医師免許を取得している場合は、当時国で医師として必要な知識と技能を修めていると認定された場合は国家試験の受験資格を与えられる。


部品: 医療関連ルールを遵守する
医師として定められた法を守ることは医師の倫理の最低限度である。ルールで定められたことを守ることは、医師として活動するために最低限必要な要素の一つである。

部品: 生涯を人道に捧げる誓い
医師として活動することは人を助けるため、人体に手を加えることである。治療は人に危害を与えかねないことを忘れず、人への貢献に人生を費やすことを誓わなければならない。医療の怖さを知ることが医師の第一歩である。

部品: 患者へ尽力する誓い
医師は患者の健康を一番の関心事として考え、診療で信頼され、打ち明けられた、明らかになった患者の秘密を尊重する。これを遵守することが医師という職業への信頼につながる。


部品: 公平で公正な治療行う誓い
医師は年齢、疾患や障害、信条、民族的起源、性別、国籍、所属政治団体、人種、性的指向、社会的地位、その他いかなる他の要因の斟酌であっても、医師の職務と患者との間に干渉を許してはならない。患者自身、と医師という職業に常に真摯に向き合うことは医師を医師たらしめる重要なファクターである


部品: 人命尊重の誓い
医者は人命を最大限尊重し続けるべきである。たとえ脅迫の下であっても、人権や市民の自由を侵害するために自分の医学的知識を使用しないと誓う。これは医者としての誇りとなり、医師の精神を支える力となる。

部品: 医者という職業への誓い
医師としての心得を守り続けた恩師たちへ、尊敬と感謝を忘れず、先人が守り続けてきた医者という職業の社会的立場と名誉、伝統を堅持しつづけようと誓う。これは自身の能力への驕りを戒め、先人や同僚医師から学び続け、信頼を維持しようと努力する力となる。

部品: 止血帯
出血に対する対処は救急で最も重要な要素の一つである。止血帯は主に四肢の重大な出血への応急処置に用いられるバンドを指す。ゴム式や空気圧式の他、緊急用で強力なベルトと締め上げバーを併用するものもある。

部品: 救急包帯
傷や出血などの箇所に、包帯での圧迫によって出血を止めたり、吸水性の高い綿で血や膿などを吸収させたり、あるいは清潔を保つために当てる保護ガーゼを固定するガーゼ生地の布である。
救急用のものは滅菌パックに梱包された状態で使用しやすいように畳まれて収納されている。

部品: アドレナリン注射キット
危急時の昇圧や、アナフィラキシーショックなどで血圧が急激に低下した場合にはアドレナリンが使用される。
緊急時にパニックにならず使用できるようワンタッチで筋肉注射できるようなキットも存在している。劇薬でもあるため、医師と認められている者か、使用講習を受けている者のみ所持できる。

部品: 人工呼吸マスク
人工呼吸を行うためのマスク。医療者と患者相互の感染予防を目的として用いられる。空気弁とフィルムのみの簡易な物の他、医療者を介さず人工呼吸を可能とするバッグバルブマスクもある。医療者用。

部品: メス(刃物)
医師が治療に用いる鋭利な刃物。ランセットとも呼ばれる。現在では感染予防の観点から一般的な金属製もの他に、プラスチックの柄に替刃あらかじめ装着してあり、滅菌パックから取り出して使い捨てにするディスポーザブル式も良く用いられる。
替刃には様々な種類があり、使用される部位や組織によって使い分けられる。

部品: 医療用グローブ
医療用のグローブ。主にラテックスグローブなどの極薄のゴム手袋を指す。術者と患者双方の感染予防のために用いられる。天然ゴムアレルギーのある医師向けも含めて様々な素材のものが存在するが、総じて手によくなじみ、器具の操作を邪魔しないものが多い。

部品: 白衣
主に医療従事者が用いる服の上から羽織る外衣。その名の通り一般的には白であり、汚染部を発見しやすく、清潔を保ちやすい。
コート型が一般的。

部品: 縫合セット(医療用)
医療従事者が使用する、主に傷口を縫い合わせるために使用される道具一式。
持針器、ピンセット、はさみで構成される。滅菌済みの清拭用ガーゼや消毒用綿球、各種縫合針と糸を併せて携帯する事が多い。

部品: 消毒薬一式
ドラッグストアなどでも入手可能な消毒薬や湿布、外用薬一式。携帯しやすいよう袋にまとめられている。中身が見やすいように透明な袋に入れ、暗所でも一目でわかるよう用途をパッケージに書き足す工夫をしている医療者もいる。


#以下コメント
このアイドレスの作成には、猫野和錆さんの作成された以下のアイドレスを、ご本人の許可を得て使用しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。

現代医の能力アイドレス(+JSON)
http://nekowasa.at.webry.info/201707/article_4.html

一般医用携帯装備
http://nekowasa.at.webry.info/201707/article_2.html

名医と呼ばれる所以
http://nekowasa.at.webry.info/201707/article_7.html


[No.10775] [固定リンク][非] PL入り名医一名 投稿者:玄霧弦耶@玄霧藩国  投稿日:2017/07/22(Sat) 22:01:43
[関連記事

ワサビより預かってきました。
中身入り一名です。データはこちら
ぎりぎり評価9になってます


/*/


大部品: ヴァサヴィー・キャッティーノ(人物) RD:57 評価値:9
-大部品: 人物像 RD:3 評価値:2
--部品: 来歴
--部品: 性格と趣味
--部品: 信条と座右の銘。
-部品: 器用な手先
-大部品: 名医の能力 RD:27 評価値:8
--大部品: 名医と呼ばれる所以 RD:11 評価値:5
---大部品: 高度なインフォームド・コンセントの形成力 RD:5 評価値:3
----部品: 礼儀作法(医療
----部品: 医師に求められる外見
----部品: 正確な診断力・検査力
----部品: ムンテラ力
----部品: 最新医療知識の維持
---大部品: 鋼の心臓(医師) RD:3 評価値:2
----部品: 動揺しても態度に出さない。
----部品: 経験と実績から発生する自負心
----部品: 強い自制心
---大部品: 医師の腕力 RD:3 評価値:2
----部品: うなされるほどの練習
----部品: 無駄のない手技
----部品: 瞬時判断
--大部品: 現代の医師の能力 RD:16 評価値:6
---大部品: 現代医としての知識と技能 RD:10 評価値:5
----部品: 人体への理解
----部品: 基礎医学の心得
----部品: 地域医療の実地実習経験
----部品: 清潔操作と基本的医療手技修得
----部品: 一次救命処置能力
----部品: 医師と患者間のコミュニケーション能力
----部品: 臨床実習で得た臨床医としての能力
----部品: 共通試験・国家試験を合格する能力
----部品: 臨床研修で得た経験
----部品: 6年間の医学生生活
---大部品: 医師の心得 RD:6 評価値:4
----部品: 医療関連ルールを遵守する
----部品: 生涯を人道に捧げる誓い
----部品: 患者へ尽力する誓い
----部品: 公平で公正な治療行う誓い
----部品: 人命尊重の誓い
----部品: 医者という職業への誓い
-大部品: 一般医用携行装備 RD:9 評価値:5
--部品: 止血帯
--部品: 救急包帯
--部品: アドレナリン注射キット
--部品: 人工呼吸マスク
--部品: メス(刃物)
--部品: 医療用グローブ
--部品: 白衣
--部品: 縫合セット(医療用)
--部品: 消毒薬一式
-大部品: ヴァサヴィーの救急指揮能力 RD:9 評価値:5
--大部品: 識別救急(医療技術) RD:6 評価値:4
---大部品: 使用の是非 RD:2 評価値:1
----部品: 使用のデメリット
----部品: もたらされる恩恵
---大部品: 実際の内容 RD:2 評価値:1
----部品: 概要
----部品: 種別
---大部品: 救急現場での判断基準 RD:2 評価値:1
----部品: START法
----部品: トリアージ・タッグ
--大部品: アクションカードによる医療指揮 RD:3 評価値:2
---部品: 各役割ごとに準備されたカード
---部品: 部署ごとで統一された防護服の色
---部品: 箇条書きに指示記載されたカード
-大部品: 森国人(玄霧藩国版) RD:8 評価値:5
--大部品: 森国人の身体的特徴 RD:3 評価値:2
---部品: 長い耳
---部品: やせぎすの体
---部品: 長い髪
--部品: 皮の服(普段着)
--部品: 瞑想通信を使うことが出来る
--部品: 基本の職業適正
--部品: 森国人の習慣
--部品: 生物資源の生産能力


部品: 来歴
男性。40才。玄霧藩に住んでいるが見た目は西国人のように見えると良く言われる。実際はちゃんと森国人であるが肌がやや黒いからだろうか。
玄霧藩で精力的に働き続けた救急医であり、今回の避難における被害を軽減するために抜擢された。


部品: 性格と趣味
負けず嫌いの性格で、口には出さないが、自分が担当した患者にとって、自分が世界一の名医であろうと尽力する。
趣味にしろ仕事にしろ凝り性であり、どちらもやっている間は熱中している。
趣味はゲームで、こちらも負けず嫌いな性格で負けると顔を真っ赤にしながら「もう一回!」と息巻く。
あまりそんな自分が好きではなく、裏でゴリゴリと練習して上達してから臨むのを好む。これは仕事に関してもである。

部品: 信条と座右の銘。
座右の銘は「大事なことは患者さんが教えてくれる」「早く帰ってゲームがしたい」である。
前者は彼の父の口癖であり、近年医師として働き続けた結果やっと実感としてわかってきたと本人は言う。
後者はただのゲーマー特有の台詞である。


部品: 器用な手先
父親譲り(と、彼の母親は言う)であり、絵を描くにしろ、模型を組み立てるにしろ、細かい手術の手技も、他の人より少しだけ上達が早い。
本人が思うに手先が器用なのではない。手先は器用だという自信が練習を遠ざけないから器用に見えるのだ。

部品: 礼儀作法(医療
医師は患者に「先生」と呼ばれることが多いが、当然無条件に医師へ敬意を払うわけでも、信頼を持っているわけでもない。
しかし患者が自身にとって一番良い治療を選ぶには、医師と患者互いの信頼が必要不可欠である。
その入口として相手を慮り、話しやすい雰囲気を醸成する礼儀作法は医師にとって大事な能力である。


部品: 医師に求められる外見
第一に清潔さである。この場合実際に清潔であることはもちろんのこと、医療知識のない患者からみて「清潔そう」に見えることが重要である。
よく洗濯されシミ一つない白衣を身に着け、医師自身も清潔そうにまとまった外見をしていることは、医師と初めて面談した患者の安心材料の一つになる。
余談であるが、患者を安心させる他の要素として威厳があるが、主に年齢によるものが大きい。だから若い医師は(議論はあるが)ヒゲを生やしてみたりするのである。


部品: 正確な診断力・検査力
高度なインフォームド・コンセントを形成するためには、前提として、良い説明をするための土台が必要である。
医師にとっては患者の現在の状態を正確に把握していることは具体的な治療法や代替治療の説明に絶対必要である。
余談ではあるが、これらの正確な診断にレントゲンなどの検査が必要である場合、検査の必要性を説明するのもインフォームド・コンセントである。難しい。

部品: ムンテラ力
ムンテラ(むんてら)とは、病状説明のことである。ドイツ語のMund「口」+Therapie「治療」を組み合わせた単語。
患者にとってみて、説明を受けた上で自由に治療法を選択することが望ましい。
望ましいのだが医師にとってみて、その患者に選択してほしい治療は当然ある。これが患者の価値観や知識と一致しているとは限らない。
医師に必要なのは「正確に」病状の説明をし、「正確に」各治療後の予後を説明する力である。
治療法選択の自由を尊重することと、説明の不足で患者にとって不利益な選択をすることになってしまうことは別である。
敬意と具体的でわかりやすい説明力は医師に必須の能力である。

部品: 最新医療知識の維持
正確な診断と十分な説明がなされた後、高度なインフォームドコンセント形成に必要なのは患者の納得である。
納得するためには患者からの質問が必要であり、中には巷で評判を聞いたエビデンスのない治療法もある。これをきちんと否定し患者を危険から守るには常に最新の知識が必要である。
何をかいわんや当然診断にも説明にも治療にも必要なのだ。医者は一生勉強!
これができなければ他全ての要素の信頼性が弱まり、高度なインフォームドコンセントとは言えなくなる。

部品: 動揺しても態度に出さない。
医師も人間である以上ヒューマンエラーは必ずある。1件の重大なミスには29件の軽微なミス付いて回り、その周辺にはミスにならなかったもののミスになってもおかしくない直前の例、つまりヒヤリ・ハットが3000件存在している。ミスを起こしてはならないが、ヒヤリ・ハットな例に直面した際に動揺を表に出すことは患者にとっても不利益となる。
予防を十分に行った上でも起きてしまうヒヤリ・ハットや軽微なミスは適切にリカバリーされるべきで、患者が求めているのは落ち着いた医師である。「あっ」「しまった」とは思っても絶対に態度に出してはならない。口に出すのは最悪だ。

部品: 経験と実績から発生する自負心
ミスに限らず、医療は人体を相手にする職業である以上、偶発的事故も起こりうるし、治療の結果も100パーセント思った方向に進むとは限らない。感染症の治療後体力の問題で治癒に時間がかかることもあれば、外傷の治療後安静をよく指示したにもかかわらず暴れて悪化させてくる患者もいる。これらのことが起きた時に「大丈夫ですよ」とはっきりみ行きれるのが自負心である。実際に近似の例を経験しているからこそ、知識として知っているからこそ、そして実際に自分の手でリカバリーしたことがあるからこそはっきり言い切れるのだ。この自負心の醸成には医師として誠意ある治療を多数実際に行なっている必要がある。

部品: 強い自制心
患者が求めているのは落ち着いていて、かつ精力的に働く医師である。私事で何があろうと不機嫌さや悲しさを患者に伝えてはならない。患者さんは細やかな動作や声色に出る雰囲気を必ず感じ取る。
当然どのくらい疲れているかも患者さんにはなんら関係ない。つねに安定して親切で真面目でよく説明してくれる先生こそが名医だ。
実は患者さんが大事にしているのは手技の早さではないことを知っておくべきだ。

部品: うなされるほどの練習
治療の手技であるにしろ、滑らかな説明や表情作りにしろ、練習でできない人間が本番で安定して成功できるはずがない。
緊張するのだ。予想外のことが起こるのだ。ささいな手違いでさらに緊張するのだ。地震が起きるかもしれないのだ。患者を安心させる落ち着いた医者でいたければひたすらに練習するしかない。練習が短い睡眠時間に出てくるほどだ。

部品: 無駄のない手技
名医の治療は早い。
何がはやいのだろうか。手の動きが速いわけではない。無駄が切り落とされているのだ。練習で何千回と繰り返した動作が、医師となってから臨床で繰り返した手技が名医の手技を早くしている。そこに生まれた余裕に丁寧さと工夫を加えることもできる。早さが命の手技ではもちろんのこと、それ以外でも治療の予後を良い方向へ動かす力となる。

部品: 瞬時判断
どの仕事でも言えることだが、例に漏れず医師の仕事も判断の連続である。救急の患者が搬送されてきた時、また目の前で人が倒れた時、治療中不可避の大出血があった時。名医は自分の専門で即時に結論を出す能力がある。これは毎日の診療経験と勉強の反復が、呼吸と同じように最適な治療を教えてくれるからである。

部品: 人体への理解
医師として病気や痛みを理解するには、まずからだの正常な状態を知らなければならない。正確な人体の組織と生理への理解は医師として人を助ける原動力となる。

部品: 基礎医学の心得
人体への理解を基本として、微生物学、生化学、病理学、薬理学医学生時代に加えて学ぶ必要がある。これらの学問を一定レベルで修めていることは、病気の診断と治療を行う上での重要な基本となる。


部品: 地域医療の実地実習経験
医師は医学生である間に、患者さんがまずかかる一般医や家庭医での現場を知るため、地域での医療実習を行っている。医療現場での活きた経験を感じ、患者さんとのコミュニケーションの基礎を学んでいることは医師としての必要な能力の一つである。

部品: 清潔操作と基本的医療手技修得
医師として医療に関わるため、臨床で実習を行う前に最低限修得しておくべきなのが清潔操作である。
清潔域と不潔域の理解と、実践を行うこと、習慣をつけることは予想外に難しい事であるが医師として必要不可欠な要素である。
また一時創傷に対する縫合などの基本的な手技も同様に求められる。

部品: 一次救命処置能力
医師には、緊急時に危篤の患者に出会った際には救命の機会を維持し続ける能力が求められる。
この基礎的な救命処置はABCと省略される生命維持に必要な処置と、AED(自動体外式除細動器)が周辺にあった場合に使用できる能力を指す。
救命処置のABCはA=Airway、つまり気道の確保。B=Breathing。つまり呼吸のことであり、自発呼吸がない場合は人工呼吸が必要となる。
C=Circulation。循環であり、一般で言う心臓マッサージで血液の循環を確保することである。近年では動作に対する誤解をなくすため、胸骨圧迫と定義されている場合もある。

部品: 医師と患者間のコミュニケーション能力
医師とは人を相手にする職業である以上、職務上必要な情報を取得するためには患者との信頼関係の構築が不可欠である。
このため最低限の礼儀作法に加え、平時、緊急時双方で効率よく必要な医療情報を取得できるような質問法、話術を修得している必要がある。

部品: 臨床実習で得た臨床医としての能力
医師は知識の積み重ねだけではなく、実際に現場で患者さんを相手にすることでしか得られない臨床医としての能力が絶対に必要である。
患者と指導医の協力によって獲得できる、内科系、外科系、病理系、社会医学系など臨床医学の全ての分野に関して通常一年を通して修得される。
いわゆる臨床実習で得られる知識、見識、経験は医師として最低限必要な能力の一つである。

部品: 共通試験・国家試験を合格する能力
一般的にどの国でも国家によって医師として必要最低限の知識と技術、倫理を持ち合わせているかの試験が行われている。
これに合格することは、医師として最低限の能力を修めていることの社会的指標となり、これにより発光される医師免許を持たなければ、医師として人と関わることは許されない。

部品: 臨床研修で得た経験
一般に医師免許を取得した後は指導医の元、単独で医師として医療行為を行うに足る能力があると認められるまで、臨床研修を行う必要がある。
臨床研修で涵養しなければならない能力は国が定めており、これを修めることで初めて医師の最低限度が満たされる。

部品: 6年間の医学生生活
医師になるためには、防衛以下大学医学部を持つ大学に入学し、6年間医師として必要な知識、技術、倫理観の涵養を行う必要がある。
これは国家試験の受験資格として必要な条件の一つとして、定められた大学で医学の正規の過程を修めて卒業した者として定められているためであり、
同時、一人の人間が医師として成り立つまでに必要な期間なのである。
なお、例外として他国ですでに大学を卒業し、医師免許を取得している場合は、当時国で医師として必要な知識と技能を修めていると認定された場合は国家試験の受験資格を与えられる。


部品: 医療関連ルールを遵守する
医師として定められた法を守ることは医師の倫理の最低限度である。ルールで定められたことを守ることは、医師として活動するために最低限必要な要素の一つである。

部品: 生涯を人道に捧げる誓い
医師として活動することは人を助けるため、人体に手を加えることである。治療は人に危害を与えかねないことを忘れず、人への貢献に人生を費やすことを誓わなければならない。医療の怖さを知ることが医師の第一歩である。

部品: 患者へ尽力する誓い
医師は患者の健康を一番の関心事として考え、診療で信頼され、打ち明けられた、明らかになった患者の秘密を尊重する。これを遵守することが医師という職業への信頼につながる。


部品: 公平で公正な治療行う誓い
医師は年齢、疾患や障害、信条、民族的起源、性別、国籍、所属政治団体、人種、性的指向、社会的地位、その他いかなる他の要因の斟酌であっても、医師の職務と患者との間に干渉を許してはならない。患者自身、と医師という職業に常に真摯に向き合うことは医師を医師たらしめる重要なファクターである


部品: 人命尊重の誓い
医者は人命を最大限尊重し続けるべきである。たとえ脅迫の下であっても、人権や市民の自由を侵害するために自分の医学的知識を使用しないと誓う。これは医者としての誇りとなり、医師の精神を支える力となる。

部品: 医者という職業への誓い
医師としての心得を守り続けた恩師たちへ、尊敬と感謝を忘れず、先人が守り続けてきた医者という職業の社会的立場と名誉、伝統を堅持しつづけようと誓う。これは自身の能力への驕りを戒め、先人や同僚医師から学び続け、信頼を維持しようと努力する力となる。

部品: 止血帯
出血に対する対処は救急で最も重要な要素の一つである。止血帯は主に四肢の重大な出血への応急処置に用いられるバンドを指す。ゴム式や空気圧式の他、緊急用で強力なベルトと締め上げバーを併用するものもある。

部品: 救急包帯
傷や出血などの箇所に、包帯での圧迫によって出血を止めたり、吸水性の高い綿で血や膿などを吸収させたり、あるいは清潔を保つために当てる保護ガーゼを固定するガーゼ生地の布である。
救急用のものは滅菌パックに梱包された状態で使用しやすいように畳まれて収納されている。

部品: アドレナリン注射キット
危急時の昇圧や、アナフィラキシーショックなどで血圧が急激に低下した場合にはアドレナリンが使用される。
緊急時にパニックにならず使用できるようワンタッチで筋肉注射できるようなキットも存在している。劇薬でもあるため、医師と認められている者か、使用講習を受けている者のみ所持できる。

部品: 人工呼吸マスク
人工呼吸を行うためのマスク。医療者と患者相互の感染予防を目的として用いられる。空気弁とフィルムのみの簡易な物の他、医療者を介さず人工呼吸を可能とするバッグバルブマスクもある。医療者用。

部品: メス(刃物)
医師が治療に用いる鋭利な刃物。ランセットとも呼ばれる。現在では感染予防の観点から一般的な金属製もの他に、プラスチックの柄に替刃あらかじめ装着してあり、滅菌パックから取り出して使い捨てにするディスポーザブル式も良く用いられる。
替刃には様々な種類があり、使用される部位や組織によって使い分けられる。

部品: 医療用グローブ
医療用のグローブ。主にラテックスグローブなどの極薄のゴム手袋を指す。術者と患者双方の感染予防のために用いられる。天然ゴムアレルギーのある医師向けも含めて様々な素材のものが存在するが、総じて手によくなじみ、器具の操作を邪魔しないものが多い。

部品: 白衣
主に医療従事者が用いる服の上から羽織る外衣。その名の通り一般的には白であり、汚染部を発見しやすく、清潔を保ちやすい。
コート型が一般的。

部品: 縫合セット(医療用)
医療従事者が使用する、主に傷口を縫い合わせるために使用される道具一式。
持針器、ピンセット、はさみで構成される。滅菌済みの清拭用ガーゼや消毒用綿球、各種縫合針と糸を併せて携帯する事が多い。

部品: 消毒薬一式
ドラッグストアなどでも入手可能な消毒薬や湿布、外用薬一式。携帯しやすいよう袋にまとめられている。中身が見やすいように透明な袋に入れ、暗所でも一目でわかるよう用途をパッケージに書き足す工夫をしている医療者もいる。

部品: 使用のデメリット
トリアージ法は負傷者を全員助けることを目標とした技術ではない。
災害時などで医師の絶対数が負傷者に対して絶対的に不足しているときにのみ使用するべきであり、
みだりに使用することは助けられるべき人を見捨てることにもつながる。
このデメリットを把握していることはトリアージ法を使用する際に最も重要である。

部品: もたらされる恩恵
一方、トリアージ法は適切な状況で使用されれば、助けられる人を、足りない医師を最大限に活用して助けることができ、「可能な限りの最大数」に近い人を救うことができる。
医者は神ではない以上、現代においては使うべき状況では使われるべき方法論である。

部品: 概要
患者の重症度に基づいて、治療の優先度を決定して選別を行う方法論である。主に救急事故現場や災害現場において、患者の治療順位、救急搬送の順位、搬送先施設の決定に用いられる。

部品: 種別
識別救急には様々な階層がある。
まず災害医療現場において行われる
「救急搬送トリアージ」これは現場において救命の順序を決めるために、決まった基準に従って医療従事者は動く。
現場においては迅速に判断するため、直接治療に関与しない専任の医療従事者が行う。

他に避難所、院内でのトリアージがあり、
前者は災害時に利用者に優先順位をつけるもので、高齢者、障害者、自宅を失った人を優先して受け入れるようにするという概念である。
後者は二次トリアージと呼ばれ、トリアージナースなどの専任医療従事者が素早く判断を行い効率的に治療を行うために指示を行うものである。

部品: START法
救助者に対して傷病者の数が多い場合に使用する。基礎となっているのは救命処置におけるプライマリー・サーベイ(一次救命処置)で用いられるABCDEアプローチに基づいたもの。
具体的には以下のような判断基準から患者を色分けして識別する。
・自分で歩けるか?
・呼吸はあるか?
・呼吸数は?
・循環状態はどうか?(ここでの循環とは心臓の鼓動を含めた血液循環のこと)
・意識レベルはどうか?

部品: トリアージ・タッグ
START法によって識別された患者の判定結果をわかりやす色で表したタッグ。

白=無傷 緑=待機 黒=死亡 赤=緊急治療 黄=順緊急治療

黒(black tag) - カテゴリー0(無呼吸群)
死亡、または生命徴候がなく、直ちに処置を行っても明らかに救命が不可能なもの。
赤(red tag) - カテゴリーI(最優先治療群)
生命に関わる重篤な状態で一刻も早い処置をすべきもの。
黄(yellow tag) - カテゴリーII(待機的治療群)
赤ほどではないが、早期に処置をすべきもの。基本的にバイタルサインが安定しているもの。
一般に、今すぐ生命に関わる重篤な状態ではないが処置が必要であり、場合によって赤に変化する可能性があるもの。
緑(green tag) - カテゴリーIII(保留群)
歩行可能で、今すぐの処置や搬送の必要ないもの。完全に治療が不要なものも含む。
搬送・救命処置の優先順位はI → II → IIIとなり、0は最後に救護所へ搬出される。

部品: 各役割ごとに準備されたカード
優先順位を付けた作業内容、連絡、報告すべき相手など明示されたカードを用意する。その内容を忠実に遂行することで全体で組織だった対応が可能になる。

部品: 部署ごとで統一された防護服の色
各役割ごとに防護服の色を変えることで、視覚的にも統一を図る。カードを確認しなくとも、緊急時に視覚的に連絡命令経路が確立され時間省略と効率化が図られる。

部品: 箇条書きに指示記載されたカード
一枚のカードに具体的な指示が箇条書き程度に記載されており、カードを読めば責任範囲と指揮系統がはっきりわかるようになる。そのため、緊急時計画全体を把握していない人員もどのような行動をとるのか分かるようになる

部品: 長い耳
長い耳とはいわゆるエルフ耳である。大きさはまちまちだが、大体耳の先がとがっている。勿論のこと、耳は頭に右耳、左耳の一つずつしかないため、複数つけることはできない。

部品: やせぎすの体
種族的な特徴として肥満体になりにくいのか、森国人にはやせぎすのものが多い。筋肉がつかないわけではない。これを複数つけると、尋常じゃなく痩せてしまうことになるのでまともに動けない。

部品: 長い髪
髪型や髪の色はおおむね自由(好きに変えてよい)だが、男女問わず長髪が多い。なお、髪が何本あっても、少なくても、まとめてRDは1である。

部品: 皮の服(普段着)
基本的には皮製品の服装を好む。必要に迫られたり、職業によってはこの限りではない。この部品を複数つけても、重ね着して着ぶくれるだけで特に意味はない。

部品: 瞑想通信を使うことが出来る
森国人の特徴として、瞑想通信を使用できる。瞑想通信を使うには道具の補助や数人がかりでの瞑想が必要のため、この部品を複数つけると逆に効率が悪くなる。

部品: 基本の職業適正
理力使い(魔法使い)、忍者、整備士、医師に適性があるとされる。個人の素養にも左右される。適正の有無を表現するものであるため、個人の努力なしには職業にはつけない。もちろん、適正・素養が複数あっても同様である。

部品: 森国人の習慣
自然を大事にし、森を切り開かないまま森の中に村を築く。木造(樹木をそのまま使う)建築物を好み、自然環境を破壊しない生活を送ることを良しとする。心構えを表現するものであるため、この部品を複数つけることはできない。

部品: 生物資源の生産能力
種族的特徴として、日々の生活を送る中で生物資源(動物性・植物性の資源)を得る技能に長けている。この部品を複数つけると、過労で倒れる。


[No.10765] [固定リンク][非] 設問158 提出記事 投稿者:涼原秋春@akiharu国  投稿日:2017/07/22(Sat) 21:17:12
[関連記事

【共和国危機に対する、ペルセウスアームへの大規模避難支援編成】
 ┣ペルセウスアームへの大規模避難作戦 :RD1
 ┣ダガーマン(161Ver):http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10756 RD87 評価値11
 ┣ヴァサヴィー・キャッティーノ:http://nekowasa.at.webry.info/201707/article_10.html RD57 評価値9
 ┣玄霧藩国医療部隊:http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10751 RD(44+1)×18 合計RD810 評価16
 ┣共和国警官隊:http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10732 RD(17+1)×64 合計RD1152 評価17
 ┣FEVI=D中隊:http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10115 RD4182、評価値20 /土木任務では乗員のみで簡易計算。RD1989、評価18
 ┗FEV歩兵部隊
   ┣通常部隊:http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10731 RD(47+20+1)×60 合計RD4080 評価20
   ┣工兵部隊:http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10478 RD(47+4+1)×108 合計RD5616 評価21 / 土木任務ではRD(17+4+1)×108 合計RD2376 評価19
   ┣事務部隊:http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10481 RD(8+1)×30   合計RD270  評価13
   ┗整備部隊:http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10480 RD(8+1)×30   合計RD270  評価13

このうち、FEV歩兵部隊(通常部隊)・ 玄霧藩国医療部隊 ・ ヴァサヴィー・キャッティーノ を判定の主体とし、他をコンボ用の部隊とします。
歩兵部隊(RD4080) + 医療部隊(RD810) + ヴァサヴィー(RD57) +作戦(RD1) =RD4948 評価20
これにコンボによるシフト25がかかります(記事最下部)

イラスト(SVさん作): https://pbs.twimg.com/media/DFVKsYIU0AAtkHA.jpg

#( )の+1は設定国民のキャラ設定分です

○警官とFEV歩兵部隊の構成アイドレス(職業・装備)大部品
共和国警官隊:【警官】

通常歩兵部隊:
《FEV歩兵(工兵技能持ち)》 + 【FEV用随伴歩兵大隊装備一式】 

工兵部隊:
《FEV歩兵(工兵技能持ち)》 + 《FEV工兵装備》 

※土木任務時、《FEV歩兵(工兵技能持ち)》は関連する大部品のみで判定するものとし、それは
【FEV歩兵の訓練過程】部品数5
【FEV歩兵の作戦理解】部品数4
【工兵能力】部品数8
である

○大部品URL参照先:
【警官】:https://www65.atwiki.jp/idress4/pages/16.html
《FEV歩兵(工兵技能持ち)》: http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10533
【FEV用随伴歩兵大隊装備一式】: http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10183
《FEV工兵装備》: http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10559
事務部隊・整備部隊: 人員リストに併記


○ペルセウスアームへの大規模避難作戦
ダガーマン(161Ver):大統領声明により混乱を収拾し、ペルセウスアームへの大規模避難計画(共和国に存在する全長距離航路船を使用)を発令する。
FEVI=D中隊:工兵部隊と共同して重機として運用。歩兵で対処できない襲撃があった際の戦闘を行う。
FEV通常歩兵部隊:避難民の防衛を行い、安全な避難を成功させる。
FEV工兵部隊:瓦礫の排除などを行い避難船への経路を整備し、搭乗を待つための仮設施設の設置などを行う。
FEV事務部隊:避難民の各避難船への振り分け管理や、搭乗待ちの物資管理を行う
FEV整備部隊:アメショーVCの整備を行う。場合によっては避難船の整備も行う。
警官:避難中及び仮設避難所での治安を守る。必要以上に威圧的にならないようにし、避難民のストレスに気を配る。
玄霧藩国医療部隊:避難民の治療や、体調管理を行う。
ヴァサヴィー・キャッティーノ:医療部隊と共同して医療行為を行います。

○判明分コンボ値まとめ
https://twitter.com/siva_yuri/status/888413183861444608
https://twitter.com/siva_yuri/status/888644110655016960
の質疑に則って、算出したコンボ値です。
ダガーマン(161Ver):評価11 →シフト2
FEVI=D中隊:評価20 →シフト5
FEV工兵部隊:評価21 →シフト5
FEV事務部隊:評価13 →シフト4
FEV整備部隊:評価13 →シフト4
共和国警官隊:評価17 →シフト5

コンボ合計:シフト25