プレイボード掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.10496] [固定リンク][非] 提出ツリー 投稿者:玄霧弦耶@玄霧藩国  投稿日:2017/07/20(Thu) 03:06:49
[関連記事

とりあえず、舞台背景と設定とその他を書いておきました。
提出例なので、この形と変わることもあります。その際はキーを乗せてますので修正等で対応をお願いします。


/*/

全体編成と作戦まとめ

【FEV歩兵&I=D部隊による、蒼梧藩国への援軍編成】合計RD9913 評価22
 ┃
 ┣(援軍の設定的背景) RD1
 ┣【作戦目的とその優先順位】 RD3
 ┃ ┣(主目的:空港設備復旧による航空支援の再開)
 ┃ ┣(第二目的:空港設備周辺の警備・迎撃)
 ┃ ┗(第三目的:砲兵陣地敷設からの砲支援の開始)
 ┣(I=Dと歩兵の連携による復旧作業効率化) RD1
 ┣(重機としてのI=Dの運用) RD1
 ┣(撤去したガレキの再利用) RD1
 ┣I=D中隊:http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10115 RD4182、評価値20
 ┗歩兵部隊
   ┣工兵部隊:http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10478 RD(47+1)×108 合計RD5184 評価21
   ┣事務部隊:http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10481 RD(8+1)×30   合計RD270  評価13
   ┗整備部隊:http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10480 RD(8+1)×30   合計RD270  評価13

工兵部隊の評価は http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10533 参照のこと。
 
#( )の+1は設定国民のキャラ設定分です



/*/

主目的用評価:工兵系のみに絞り、評価19+イラストで提出させていただきます。

内訳
【FEV歩兵&I=D部隊による、蒼梧藩国への援軍編成】 合計RD2383 評価19
 ┃
 ┣(援軍の設定的背景) RD1
 ┣【作戦目的とその優先順位】 RD3
 ┃ ┣(主目的:空港設備復旧による航空支援の再開)
 ┃ ┣(第二目的:空港設備周辺の警備・迎撃)
 ┃ ┗(第三目的:砲兵陣地敷設からの砲支援の開始)
 ┣(I=Dと歩兵の連携による復旧作業効率化) RD1
 ┣(重機としてのI=Dの運用) RD1
 ┣(撤去したガレキの再利用) RD1
 ┗歩兵部隊 RD22×108 合計RD2376 評価19
  ┗工兵部隊:http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10478
     ┗《FEV歩兵(工兵技能持ち)》ピックアップ合計部品数・RD:21+キャラ設定1の22
       ┃
       ┣【FEV歩兵の訓練過程】部品数5
       ┣【FEV歩兵の作戦理解】部品数4
       ┣【工兵能力】部品数8
       ┗《FEV工兵装備》RD4
         ┣【工作用機械】
         ┣【物資運搬用装備】
         ┣【建築・整備用資材】
         ┗【工作用爆破装備】


提出イラスト
https://pbs.twimg.com/media/DFKF-_hUMAAuzxH.png:orig

#工兵用装備はこちら http://cwtg.jp/bbs3/nisetre.cgi?no=10559


主目的以外の第二・第三目的は全体の評価を使用する、とします。

/*/


以下部品詳細


〇援軍の設定的背景:
今回の援軍決定に関しては、蒼梧藩国にて起こったテロ対策が根本にある。
しかしながら、「帝国で共和国の部隊が大規模に戦闘をするのは問題がある」との政治的判断から、あくまで「蒼梧藩国の支援」を前提に、航空支援等の起点となる空港設備の復旧を受け持つこととなった。


〇主目的:空港設備復旧による航空支援の再開:
今回の作戦にあたり、FEVからは構成員の中からI=D中隊のほか、工兵技能を持つもの、それらの手伝いが出来る事務技能・整備技能を持つ者を選抜して送り込むこととした。
工兵は撤去作業、事務は調達や調整、整備はI=Dのコンディションチェック。I=Dは基本的に資材運搬や撤去作業などに使われる。
歩兵とI=Dの利点をそれぞれ最大限に生かし、ガレキの除去、不要なものの廃棄等を行うことで、効率よく、安全に作業が出来る。


〇第二目的:空港設備周辺の警備・迎撃:
航空支援を復活させるために空港設備の整備を行うが、復旧中・復旧後に敵に襲われることも想定し、周辺の警戒も行う。
警戒中は見た覚えのない不審者はまず取り押さえ、正体不明のものが入り込まないように確認を密にすることを徹底する。


〇第三目的:砲兵陣地敷設からの砲支援の開始:
第三目的は、主目的を達成し航空支援が復活した後、自他共に不利益が出ない場合に限り実行する。
空港設備付近を歩兵とI=Dの力で砲兵陣地化し、航空支援に合わせ、迫撃砲による砲支援を行う。


〇I=Dと歩兵の連携による復旧作業効率化:
細かな場所は人間が。大まかに出来るところはI=Dが。
作業を区分けし、単純化し、分担することで作業の効率化を図る。
なお、ガレキの下の物を壊さないように、撤去するときに直接I=Dで動かすのは厳禁とした。


〇重機としてのI=Dの運用:
巨大な人型であるI=Dは、人とほぼ同じ運動が出来る。
人をそのままスケールアップした動きを利用し、重くて運びにくい物や、一か所にまとめた細かな瓦礫などの移動等をI=Dに担当させた。


〇撤去したガレキの再利用:
撤去したガレキは、防御陣地やバリケードを作る際などに再利用された。
なお、元モニュメントといったような「元は象徴だった」ようなものは、使用しないように。との通達が出ている。


/*/


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー