プレイボード掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.10481] [固定リンク][非] 事務部 30名 投稿者:蒼燐@リワマヒ  投稿日:2017/07/20(Thu) 01:25:38
[関連記事

17/07/20/1330更新

【FEV事務員】(合計RD8)
  └ 【FEV事務員の概要】 RD3
  └ 【FEV事務員の能力】 RD5

【FEV事務員の概要】(大部品) 
  └【FEV事務員への着任】:FEVに参加した者の中でも特に数字、調達関係に優れたもの、もしくは前線に向いてないと判断された者、過去に事務業務を経験した者が配置される(一定以上の事務能力がない者は除く)。
  └【FEV内事務の規格統一】:テンプレートとマニュアルの徹底をすることで、作業の効率化を図る。特にマニュアルは配属された者がプロとは限らないため教育をかねる。
  └【FEV内事務秘密漏洩防止】:もちろんであるが、どこから情報が漏れるかはわからない。事務を行う部屋への入室と退室の際はその記録を取り、データもマニュアルも外部持ち出し禁止であり、鍵つき保管を行う。他、業務内容には緘口令を敷く。
 
【FEV事務員の能力】(大部品) 
  └【書式テンプレートの作成】:職能の一つ。書面のうち、使い回される箇所を形式化したり、記入例を設けるなどして、記入と閲覧の省力化を進められる。
  └【書記活動】:会議の文字起こしや、右筆としての肉筆での文書作成といった、記録が残る文書の作成に限定された、狭義の意味での書記活動。日常業務の一つ。
  └【資金繰り】:収入と支出を見比べて、資金不足の起こらないよう、予算や動かすタイミングに都度調整をかける日常業務。足りなくなってからでは遅いので、平素からの積み重ねによって実施する。
  └【物資と経費の計上処理】:実際に搬入された物資と計上した経費が一致しているかの確認工程。日常業務として、都度行われる。また、物資の必要性が疑われた場合は確認も挟む。
  └【組織内手続きのとりまとめ】:通達や配布といった、所管の異なる部署間をまたいで行う必要のある、全組織的な行動、または、その橋渡し。日常業務。  

以下事務部隊 30名

アルストロ・メリア:家族が酷い目にあった事がきっかけでFEVへ入る事を決めた西国人女性。長い砂色の髪を一つに結び、常に背中を伸ばしてきちんとした佇まいをしている。
【天童かっぷ】:足の速さと手の早さはピカイチ。決断は遅いので誰かに引っ張ってもらうべきだが、引っ張られるよりは引っ張りたい派なのだった。
大山葉子:大山 桜の母、明るい金髪を結いあげ、ふくよかな体型をしている。娘と共に後方支援や炊き出しなど、やれることを手伝っている。
【濡呉らじお】:通称やかまらじお。無論やかましいのだが、りも子と組んだりすると最早手が付けられない。我々にできることはクレーム処理だけである…
【カリーナ(祖母)】:64歳。昔は夫の仕事場の食堂で調理担当として働いていた。大人数のご飯を作るの得意。夫とは幼なじみでおしどり夫婦。
【マーカス(父)】 :43歳。一家の大黒柱。長年建築の設計の仕事をしているため、建物の設計図や建材、工具の知識について詳しい。
【リリー(母)】  :40歳。裁縫が得意で、服の仕立てや修繕の仕事をしている。家族の服も全て布選びから縫製まで自分でやる。型紙作りが好き。
【桜しふみ】:共和国の森国人。本当はとある地域に炊き出しのお手伝いに行くために故郷から出てきたのだが道に迷った。行き倒れになりかけている所をFEVを名乗る人に助けられ、恩を返すため歩兵大隊に参加
【朝賭 夕張】:詐欺師。嘘がばれ、官憲から追われる身になったが今回の件で世の中をひっくり返せば、なんとかなるのではと参加。好きな言葉は「人生は博打」
【蒲田 賢治】:朝賭の悪友の一人。顔は怖いが気は優しい。幼少時に階段から落ちたことから高いところから下を見るのが苦手になった。だが、見上げるのは大丈夫なのでケンカは自分より大きいのとしかしない主義で弱い者いじめが大嫌い。
【森美津子】:南国人、年齢は秘密の妙齢の女性。見た目は20台に見える。後方支援担当として志願してきた。一応実戦経験を持っているが、得意なのは在庫整理に帳簿付け補給経路確保などで、要するに気が利くタイプ。
【喜多川真由美】:21歳南国人女性。文通相手が蒼悟藩国にいたことから色々調べて、今回の一連の事象を把握。 自分にできることを十全にするために参加した。医療の心得があるため衛生兵扱いである。
【トゥグバ・カルカヴァン】:日除け布で慎重に髪を隠した、共和国の西国人女性。何ができるかは判らないが、荷物運びくらい、料理くらいはきっとできると参加した。
【坂本寛春】:「早い安い美味い」が信条の料理店を経営する中年男性。客の噂話でFEVの事を知り密かに応援していたが、常連客の青年がFEVに参加する事を知り「密かに応援しているだけでいいのか。出来る事はないか?」と、三日三晩悩んだ末店を弟子に譲り参加を決めた。
【ジョルジーヌ・ロリオ】:気のいい南国人のおばさん。若い子たちが集まっているなら私も動かねばとFEVに参加した。日々の家事で鍛えられた体力と、精神力が売り。みんなのおかんと呼ばれるような存在になりたいと思っている。

ルイジー・ペストラーナ:西国人の整備士。元軍属だが大統領についていけなくなり軍を離れFEVに参加した。猫と仲が良い。進捗状況の把握と人員の割り振りが得意。
【ミレオール・サイザー6世】:100年続く、サイザー商会の若き会長。現状への不満と反勢力側への物資の提供による人脈作りのために参加。心体能力ではなく、経済力で相手を殴りつける。
【劉 明鳳】:切れ長の目が印象に残る美女。その実態は究極の味を求めて世をさすらう中華料理人。希少な香辛料の栽培者がFEVに参加していると聞き、自身も参加。中華鍋を自在に操り、女一人で旅を続けるだけあり、鍛えられた身体を持つ。
【戸枝だんぼ】:とてつもない耳年増。いつの間にか現れ、情報を集めては去っていく高速型スピーカーであり、割と危険だが物理的に止めてくれる友人がいれば平気である。
【恵谷まりん】:明るい髪色のふくよかな南国人女性。性格も明るくあけっぴろげで、良く言えば世話焼き、悪く言えばおせっかい。だが何事も笑顔で取り組むので親しまれている。
【ミススト・トナテル】:西国人男性。まだ年若い息子がFEVに参加すると息巻いていたので必死で止め、代わりに参加しにきたお父さん。日の暮れた砂漠で走ることが趣味なので、脚力は強い。
ジェレミー・デーリチュ:立派なひげの男。零細企業向けの金融機関に勤めていたが、B是空のふるまいに憤りをおぼえ、仲間とともにできる範囲で反抗している。
トム・スチュアート・アーンキル:いつも自然体の初老。かつて福祉に関する研究で要職についていたらしい。飾らない人柄で、よく穴を掘っている。
ジェラルド・ウィンズレイド:対話による事態解決に限界を感じ、武器を手に取った元心理学者。対話をあきらめたわけはなく、いずれ対話が必要なときがくると信じている。
【篠崎・エマ・由美子】:暗い目をした西国人の女性。婚活に失敗し、セッティングされたお見合いすらも失敗。色々と自暴自棄になり、半ば八つ当たりとして参加した。
【カタリナ・ヴェルセーヌ】:鋭い目つきの、森国人の女性。野山で狩猟を生業としていたが、取引先の料理店が潰れたため、生活の糧を失った恨みで参加。狩猟で培った、長距離狙撃を得手とする。
【劉鋼徳】:メガネをかけた、森国人の男性。学生時代から文章を書き続けており、取材を兼ねてFEVに参加。回顧録を書き、印税で暮らそうと企んでいる。
【ゴードン・吉川】:無精ヒゲとくわえ煙草がトレードマークの、西国人男性。元は警察に在籍していたが、組織体制に嫌気が差して退職。その後、FEVに転がり込んだ。銃器の取り扱いに優れる。
【アルフォート・宮崎】:食い意地の張った、西国人男性。無国籍料理店をオーナーシェフとして営んでいたが、区画整理と再開発で店を失い、私怨によって参加を決めた。中華鍋は曲面装甲にして調理器具。
【リチャード・吉田】:やせぎすの西国人男性。元はただのパン職人だったが、昨今の情勢に違和感を持ち、FEVに接触。このままの情勢では、日々の食事が楽しめないだろうと感じ、身を投じた。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー