プレイボード掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.10281] [固定リンク][非] Re: 設問133:自分の仮アイドレスを作る 投稿者:愚者  投稿日:2017/07/16(Sun) 17:24:53
[関連記事

これでいいのか不明ですが
せっかく作ったんで投稿します。

自分の仮アイドレスを作る  評価5
├【名前】道化フール(みちばけふーる)
├【特徴】
├【職業】
│├【腹話術】
│├【人形作り】
││├【牛人形】
│││└【牛ドン!の術】
││└【カエル人形】
││ └【カエルドロンの術】
│└【裁縫】
├【魔法の取得】
│└【魔法】
├【魔法使いの装備】
│├【竜の杖】
│├【魔法使いっぽいローブ】
│├【石のお守り】
│└【いい香りのする小枝】
├【体格】
│└【登山用のリュック】
├【性格】
├【戦闘能力】
└【旅の目的】

【名前】
道化フール(みちばけふーる)本名ではない。名を知られると呪いをかけられるという風のうわさを聞いて名乗らなくなった。本名は誰にも明かさない。名前の由来は、道化師をやるほど本格的に芸を学んだわけでもない、でも芸で小銭をかせいでいるんだから、ということで道化をなのり、賢くないので愚者(FOOL)を名乗っている。

【特徴】
東国人。 30歳過ぎの男性。黒い髪に黒い瞳。髪は一応整えていて見栄えは悪くない。覇気の無い目をした普通のおじさん。特徴らしい特徴もなく、目を離して数分すれば忘れられてしまうぐらいの顔立ち。街だと両手に牛とカエル手袋人形をしていつでも人形劇ができるようにしている。

【職業】
まだ決まった国に所属せずフラフラと旅をしている人形師であり魔法使い。人形を作って売ったり、人形劇をやったりして日々小銭を稼いでいる。魔法も、手を使わず人形を操れるようにならないか、ということから学んだ。いまだ人形は動かせてない。
【腹話術】
口を動かさずしゃべる魔法。しゃべりに合わせて牛とカエルをあやつってあたかも牛とカエルが会話をしているように見せる。ただし牛、カエル、フールの2匹と一人は同時にしゃべれない。誰か一人のみ。それって魔法じゃないよね?技術だよね?
【人形作り】
小さいころから人形が好きで、人形相手に一人で遊んでいることが多かった。試しに人形を作ってみたところ近所のお姉さんがほめてくれたのがきっかけで作るようになった。
【牛人形】
自作の手袋人形。手にはめて動かすことができるようになっている。白黒のまだらもように小さい角。真ん丸な黒いお目目。名前はモー君。話すときは常識人でツッコミ役。ゲロ君が話している間は話せない。
 【牛ドン!の術】
モー君専用の魔法。術者の手から飛び出し(術者が相手に投げつけ)爆発する。手りゅう弾ぐらいの威力がある。モー君の中に火薬が仕込まれているのではないかという噂があるが魔法と言い張る。
【カエル人形】
モー君の相方でモー君と同じ作りになっている手袋人形。薄緑に大きい目。愛嬌のある口。名前はゲロ君。毒舌でいつもモー君をからかっている。ボケ役。モー君が話している間は話せない。  
 【カエルドロンの術】
ゲロ君専用の魔法。術者の手から飛び降り(術者が地面に叩き付け)ると辺り一面に煙幕が広がり視界を覆う。かなりの広範囲を見えなくする。煙幕の中にいると目の前すら見えなくなるので注意。ゲロ君の中に煙幕が仕込まれているのではないかという噂があるが魔法と言い張る。
【裁縫】
人形作りのおかげで裁縫も得意になり、自分の衣服も作れるぐらいなった。ただセンスがあるわけではないので衣服は売ったりしない。人形に着せる服もあまりセンスが良くないため人型の人形は不評。

【魔法の取得】
20歳過ぎたころ旅先で「娘が動物の人形が好きなんだ」といってイルカの人形を注文してきた魔法使いと会う。その魔法使いに魔法で人形が操れるか聞いたところ「できるかもしれないが結局は君しだい」といわれ、その場で弟子入りをした。その後6年間、魔法の基礎をその魔法使いのもとで学ぶ。
【魔法】
学んだもの
http://cwtg.jp/bbs3/wforum.cgi?no=10279&reno=9973&oya=9973&mode=msgview

【魔法使いの装備】
http://cwtg.jp/bbs3/wforum.cgi?no=10280&reno=10007&oya=10007&mode=msgview
【竜の杖】
魔法を教えてくれた師匠が魔法の基礎を覚えた記念にくれた杖。木できていて、頭に翼を広げた見事な竜が飾られその下全体に竜が絡み合った彫刻が掘られている。が、下の方にいくほど竜の造形がいい加減になってトカゲ、ヤモリにしか見えなくなっている。手抜きと思われがちだが、トカゲががんばって、やがて火を吐き空を飛ぶ竜になった物語を表している。持っているとやる気が出やすく、集中しやすくなる。
【魔法使いっぽいローブ】
頭を覆うフードが付いたねずみ色っぽいローブ。元々は白色だったらしい。古着屋で買った。裏に護符っぽいものが描かれている。買った店の人曰く旅の安全を祈願したものらしい。
【石のお守り】
露店で買ったお守り。平たい石に文様が描かれている。露店のおっちゃん曰く太陽の文様らしい。加護は不明。おっちゃん曰く胸ポケットに入れておけば、胸ポケットを狙った攻撃を防いでくれる、とのこと。その売り文句が気に入って購入した。
【いい香りのする小枝】
人の指ぐらいの小枝。いい匂いがして気分が落ち着く。精神統一する際の手助けになる程度のもの。削って火にくべれば煙とともに香りが広がり、辺りの人や動物を落ち着かせたり
 【人形】魔法使いの持つ人形は、勝手に動いて手助けを行う、身代わりになってくれる、代わりに魔法を行ってくれるといったものがある。大きさもさまざまで、手のひらサイズから、人と変わらない大きさまで。その姿も人やら動物を模したものなどさまざまである。フールが、持つのは牛とカエルの手袋人形。

【体格】
身長170cm位。体重75kg。服の上からだとわかりにくいが筋肉質。旅の必需品の他に人形の材料とかを背負っているので自然に筋肉が付いた。
 【登山用のリュック】
荷物がたくさん入るという理由で買ったリュック。登山用だということを知らずに買った。おかげで人形の材料も運べるようになり旅先で人形の材料が手に入らない場合でも人形の作成、販売もできるようになった。

【性格】
感情を表に出さない。鉄仮面というあだ名をつけられたこともある。ただ人並みに面白いと思っているし、悲しんでも、怒ったりもする。子供相手だと平気だが、大人を相手にすると人見知りなところもある。特に異性関係。

【戦闘能力】
一人旅を続けていたのでそれなりに強いが、もちろん戦闘訓練を受けた軍人さんには及ばないが、足の速さだけは自信がある。特に魔法と術をつかった逃げ足の速さは一流。

【旅の目的】
どこか安全で落ち着けるところはないかと、各国を見て回っている。安全な国を探しているのだが、どこもかしこも物騒で落ち着けない。かといってこのままでいるといろいろと不安定なので、「巫女さんとか好きだからー!!」(木村先生風)という理由である国に所属しようか考えてる。


以上の投稿は
黒埼紘さんの”アイドレスSytem4部品作成ツール”で作りました。
黒埼紘さんありがとうございました。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー