プレイボード掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.10126] [固定リンク][非] Re: 設問133:自分の仮アイドレスを作る 投稿者:羊羊  投稿日:2017/07/13(Thu) 18:52:49
[関連記事

【長弓使い・有時ゆーみゅらす】評価値7(RD20)

┣【有時ゆーみゅらす(キャラクター)】:20代の女性。基本はのんびりしているが、手順を示されれば指示通りに動ける。長い髪を紐で一本にくくっている。貧しい家族を助けたい。

┣【有時ゆーみゅらすの弓士になったわけ】:お金を稼いで家族を助けるために近所の狩人に手伝いをもうしでた。狩人は有時に弓の扱い方と狩りの方法を教えてくれた。それから6年間修行をつみ、有時は一人前の弓使いになった。

┣【有時ゆーみゅらすの地味な首飾り】:母から譲られた祖母の形見の首飾り。革ひもに三つ葉の形の飾り物がついている。この首飾りを見ると家族を思い出し、どんなに苦しい時もがんばろうと思える。

┣【有時ゆーみゅらすの髪を結わえる皮ひも】:この革ひもは手伝い先の狩人の子供が有時の一人前になったお祝いに作ってくれた。最初はからかわれてばかりだったのに少しは認めてもらえたらしい。長い髪をくくるのに使っている。


┣大部品【ぼろい弓士装備セット(ロングボウ)】評価値5(RD8)
┃ ┃
┃ ┣【使い古した長弓】:イチイの木でできた120cmくらいある弓。弦がはってあり、手で持つ部分に皮がまいてある。自分の血と汗がしみ込んでいる。一人一つしか持てない。
┃ ┃
┃ ┣【分けてもらった矢束】:丁寧に作り上げた木製の矢柄の先端に鋼製の矢尻が、反対側に鳥羽根がついている。近所のおじさんの手伝いをしたらわけてもらった。何回か使うと矢尻がすり減り使えなくなる。
┃ ┃
┃ ┣【らくがきしてある矢筒】:矢を入れるための細長い軽量の筒。肩に引っ掛けるための紐がついている。筒の側面にお花のらくがきがしてある。
┃ ┃
┃ ┣【苦労して買った胸当て】:牛のなめし革製で胸部から胴体を守る防具。色は濃茶色。お店で見かけて一目ぼれし、コツコツと貯金してやっと手に入れた自慢の品。
┃ ┃
┃ ┣【苦労して買った小手】:牛のなめし革製で手の甲から腕を守る防具。色は濃茶色。胸当てとセットで売られていて一緒に購入した。端っこに自分の名前が書いてある。
┃ ┃
┃ ┣【ぼろい編み上げブーツ】:編み上げブーツ。脛まで覆って足を守る。長い期間履きつぶされており、よく見るとあちこちすり傷だらけになっている。中はすごいにおいがする。
┃ ┃
┃ ┣【ウエストポーチ(お手入れ用品入り)】:厳選された弓のお手入れ用品が入っている。ベルトがついていて腰に巻きつけられるので弓を扱う時にも邪魔にならない。かわいらしいポーチ。
┃ ┃
┃ ┗【リボン付きベレー帽】:キノコのような形で上にチョボがある。多少は頭を守れる。かわいいリボンがついているのは近所の子供がいたずらしていったのを放っておいてあるから。


┗大部品【手伝い先の近所の狩人に6年かけて弓修行してもらった】評価値5(RD8)
  ┃
  ┣【おじいさん狩人の手伝いをする】:近所のおじいさん狩人の手伝いにいくことになった。狩りに行く前に弓の構成、道具の知識、手入れの仕方を教わった。すべて覚えるのには時間がかかりそうだ。
  ┃
  ┣【おじいさん狩人の最初の弓訓練】:まずは小さな弓で練習を始めた。はじめは全然的に当たらなかったが、コツコツ練習を続けていたら徐々に当たるようになってきた。いつになったら一人前になれるだろうか。
  ┃
  ┣【おじいさん狩人の子供に笑われる】:おじいさん狩人の預かる子供が私の弓の構え方を見るたび大笑いする。毎日通ううちに、姿勢がなってない、構えがおかしい、と指摘してくれるようになった。
  ┃
  ┣【おつかいで街までジョギング】:おじいさん狩人に依頼がないか街まで行って確認する係になった。長い道のりを毎日走って往復する。体力がついた。
  ┃
  ┣【おじいさん狩人の難しい話】:おじいさん狩人は射程や射角、放物線など難しい言葉を使っていろいろ教えてくれる。的に当てるにはどう撃てばいいのかの知識らしい。覚えるには数をこなすしかなさそうだ。
  ┃
  ┣【急所を覚える】:本で勉強したり知り合いの狩人に聞いたりする中で、弓で獲物を仕留めるためにはどこを射ればいいのかがわかるようになった。
  ┃
  ┣【弓を引くための筋力を鍛える】:弓を使い始めて数日後、すごい筋肉痛に襲われたことをきっかけに筋トレを始めた。基礎的な筋力トレーニングと弓を射る訓練を続ていたらちょっと筋肉がついた。
  ┃
  ┗【森の中に紛れる】:森で狩りをするなら獲物に気づかれてはいけない。森の中の雰囲気に溶け込んで違和感のない行動をするように心がけた。おかげで気配を消すことがうまくなったようだ。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー