イベント掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.33694] [固定リンク][非] 分かり難い点とフラッシュアイデア 投稿者:寅山@詩歌藩国  投稿日:2015/05/11(Mon) 05:47:50
[関連記事

※以下はあくまでも自分の理解力の範疇の中でのよく分らなかった所です。

《1》
ルール把握の初期時には「作成済み成功要素」と「登録済み成功要素」の混同がありました。
同じ物かな?と思ってしまったのです。
現在ではそれぞれ別の物と捉えています。

「作成済み成功要素」は
親となる成功要素と成立要素を選択して並び替えた物である。
後は構造体がそれ(保有能力の選択と並び替え)をするだけだ。
故に構造体は既にその能力(作成済み成功要素)を持っている。
だから証券を必要としない(実質的には新しい能力ではないので)。
この様に捉えています。

「登録済み成功要素」は概ね広義の意味で道具です。
すでに各サプリメントに存在している道具であり、
あとは構造体がそれを持つだけである(持つのに資格が居る場合もある)。
つまり世界に既に存在している物なので証券を必要としない。
この様に捉えました。


《2》
ゲームに関して。
※以下、一度だけこのゲームを遊ばさせて頂いた者の意見です。
 それも思いつきのフラッシュアイデアです(苦笑)

とても面白かったです。
やりがいを感じましたし、何より物語制作ツールとして素晴らしいです。
様々な制作ツールが古今東西その出来の優劣はある物の
数多くの物が存在していると思います
(すいませんこの辺、詳しくないのです)。
Aマホver5候補A2の素晴らしい所は物語を進行させる
(つまり物語を創造する)為には数字をクリアしなくていけないという点です。
非常に具体的だと思いました。
物語には抽象的な物で素晴らしい物も数多くありますが、
一方で物語の具体性を考えたい場合、
物語に具体性を帯びさせたい場合には、
数字ほど味方に付けて頼もしい物はないと思います

ただ制約の様な物があるとしたら
自分が考えたサプリやMではどうしても
自分の作る物語の典型から抜け出せないという所です。
(もちろんそれだって、自分のが作りがちにある傾向の典型的物語の
 具体性を考えたい場合には
 良いツールとして機能すると思います。
 ですが良いツールなのですからそれだけでは勿体なく思います)

※物語の典型とは自分が物語を作る際に自分に枷がちな制約の事です。
 他人が考えたMならば他人が考えた枷で物語を作る事が出来ます。
 このゲームでは枷=ゲームをクリアする為に必要な成立要素の数字ですね。
 Aマホver5候補A2は制約を楽しみ、
 他人が考えた制約をクリアしようと頭を捻る事で、
 自分だけでは考えつかない様な
 キャラクターや物語を創造できる楽しみがあります。
 (それだってどうしても作家性が現れてしまうのが人間の良い所です)
 

では自分の作る物語の典型から抜け出すにはどうすれば良いかというと、
この版が製品化され際には
サプリやルールを沢山付属すれば良いのだと思います。
つまり1人の読者だけでは考え付かない様な物語を
沢山呈示して上げれば良いのです。
例えば5つのサプリを呈示、各サプリ事の10のゲーム。
合計で50の物語とかですね。

50個あれば優れれた頭の体操になりますし、
100個もあれば物語制作ツールとして素晴らしい。
500あれば物語制作ツールの古典として残る。
1000個あれば伝説になると思います。
(物語には〜個しか型が無いみたいな論はありますが、
 とりあえずそれはこの場では無視しています・笑)
あるいは最終的に(購入者が考えたサプリやMを含めて)
1000個になる様な場があれば良いのかもしれません。

この1000と言う数字の根拠はジャズです。
俺はジャズを楽器で奏でる事があるのですが、
ジャズのスタンダード(基本的な曲、あるいは有名な曲)は1000あると言われています。
(正確には1001ですが。この1000+1言うのは
 千夜一夜物語と同じ意味でしょうね。つまり八百万)
ジャズはスタンダードを学び
各演奏者のアドリブやアレンジを楽しむ音楽なのですが、
1000もあれば
それら全てを範疇に収める事ができるという事だと理解しています。
おかげで(現在では下火とは言え)
ジャズは今でも世界中に残る音楽になっています。

物語もそうかもしれませんし、
もしそうならば、
それを収めた(或は集める事が出来る)物語制作ツールは伝説です。
(とても優れた日本を代表する様なシナリオライターでも
 物語(ゲーム)を400個程考える(勿論細かな違いしかみられない物語は夫々を別の物語としてカウントしない))のが
 限界だとは予想していますが。それだって随分と資金が掛かりそうです)


以上、拙く思いつき的な感想ですが書いてみました。
思いつきで感想が書けるほどこのゲームは面白かったです。

芝村さんの更なるご活躍を祈り、楽しみにしています。
良いゲームをありがとうございました。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー