[掲示板へもどる]
一括表示

[No.650] 固定リンク 小説の設定整合性について 投稿者:みょ  投稿日:2007/03/19(Mon) 01:26:58
[関連記事

質問です。

無名世界を舞台にした各種小説が現在販売されているわけですが、
その中での設定に関しては、どこまで設定整合性が取れているものなのでしょうか。

海法さんの物と明神さんの物と、式神3小説が二種類あり、
それぞれが独自の展開をしていたり、海法さんのそれに関しては、
ゲームのストーリーに繋がらなかったりという点で違いがあります。

1、海法さんの小説の方が設定的には正しい流れ
2、明神さんの小説の方が設定的には正しい流れ
3、どちらも設定的には正しい流れ。書かれたタイミング(正史決定の有無?)の違い

のどの解釈が妥当なのでしょうか?

また、榊さんの書いているガンパレ小説に関しては、
正史とは各種状況が違うだけで、内部の兵器に関する設定などは、
全て無名世界観のそれに通じるものが用いられていると考えてもよいのでしょうか?

以上、お答えいただければ幸いです。


[No.876] 固定リンク Re: 小説の設定整合性について 投稿者:出血少量バッタ  投稿日:2009/11/16(Mon) 21:54:32
[関連記事

> 海法さんのそれに関しては、
> ゲームのストーリーに繋がらなかったり

最後の方で、事件がレイカの手で「無かったこと」にされてたように見えたんですけど・・・
明神さんの小説は、その後の話なんじゃないかな?

まあ、これだけ間が開けば自分で気づいてるかもだけど。