交流掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.588] 固定リンク 精霊機導弾について 投稿者:みょ  投稿日:2006/12/29(Fri) 22:18:14
[関連記事

またまた二つ程質問させていただきます。
精霊機導弾、最近ようやく買い求めてシューティング苦手ながら
とりあえずコンティニューだらけで全面クリアに成功したりしたんですが、
まあそんなヘタレ初心者シューターの戯言はさておき。

質問1

精霊機導弾事件が終わった後、後世の歴史家がベルカインを
「10年長生きしていたら、歴史は彼を亡国の狂王子としてではなく、
平等なる征服王として評価しただろう」
と評していたという話がありますが、この時点での第四世界は、
住人が(クーラを除き)全てスルナカン化しているにも関わらず、
どうして種の保存がその原理となる、歴史の著述という行為を職務とする
存在がいるのでしょうか? 歴史家がベルカインを評した時点では、
まだスキカが残っていた、という事なのか、あるいは、種の保存という
原理以外の理由で歴史が著述されていた、という事なのか。
あるいは、それ以外の理由か。
差し支えなければ教えて頂けませんでしょうか。

質問2

ベルカインは世界移動存在となり、その影響で茜大介の可能性が消えたわけですが、
世界移動存在となったベルカインの事を、どうして第四世界の人々は
後世と称される程のちになるまで覚えていたのでしょうか?
世界移動存在は、次第にその世界の人々の記憶から、存在そのものが
消えていく、という認識があるのですが。
・クーラが何かやった。
・移動してすぐ死んだので、実質第四で死んだのと同じ事になった。
の二つの考えが浮かびました。恐らくは前者ではないかと思うのですが、
こちらも差し支えなければ教えていただけませんでしょうか。


以上、二点です。
お暇な時で結構ですので、回答お待ちしております。
第二次黄金戦争頑張ってください。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー