交流掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.530] 固定リンク Re: アプローの涙:GPO青コース課題:1203(2)の課題 投稿者:444  投稿日:2006/12/04(Mon) 02:56:14
[関連記事

青の章一周目、マイPCの石塚隊長が父島に降り立った。

青の章は物価がとても高い。デフォルトの給料では満足に食事もできない。
緑の章で金には不自由してなかったせいで、いっそうきつい。白の章を思い出す。
発言力稼いで出世しようにも、数少ない発言力を稼ぐチャンスである戦闘が修学旅行で潰れる始末。

しょうがないので、馬車馬のようにバイトに走り、さらには基礎体力を上げるために訓練に精を出す日々。
しだいに体力もつき、金もたまり、戦闘にも勝利して発言力もたまってきた。歯車がいい具合に噛み合い出す。

生活に不自由しないようになると、次に欲しくなるのが人の情。
石塚は中山千恵こと、ちえぞーと仲良くなっていきました。
最初はにくたらしいけど、仲良くなってくると甘え声もかわいらしい。

そんなちえぞーのクリティカルアイテムは生肉。
石塚は愛する人の笑顔を見るために、生肉を貢ぎ続けました。くる日もくる日も。
だけどちえぞーは毎日毎日生肉をたいらげていくんだ、終わりなんかないんだ!

「もう、お金がありません。生肉なんて買えない!」
「あら、生肉ならそこにあるじゃない(獲物を見る目)」

石塚は泣きながらちえぞーから離れていきました。
君は所詮僕を金づるとしか見ていなかったんだ! あるいは肉の塊。
あと、緑でイベント起こしてないし。

やっぱり女は駄目だ。男なら友情だ、友情。
今度の相手は、一緒に訓練を繰り返して地道に関係を深めていた大塚。
もう女なんかごめんだ! 昔の楽しかったころのように、一緒に海にいこう。

大塚は、石塚と二人でほほを赤らめながら互いの肉体をたたえあった後、
「もう二度とごめんだ」と、とても傷ついた表情で去っていきました。

友も、恋人も去っていく……僕の何がいけなかったんだろう。
僕は、君たちのことを愛していたのに。

しょうがない、次は田上と仲良くなろう。まじめでかわいいよね!
(以下繰り返し)


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー