交流掲示板
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.504] 固定リンク 青プレイレポート 投稿者:まなせ  投稿日:2006/12/04(Mon) 00:33:26
[関連記事

 青の章オリジナル・メンバーで2周回り、3周目には手に入れたばかりのデータ集から連れてきた壬生屋で始めたものの、大刀振り回して突進したあげく、壬生屋のあっけない戦死にて終了……しくしくしく。凡ミス。ちょっと白兵戦力を過大評価しちゃいました。
 気を取り直して第4周へ。
 ヒーロー・善行、ヒロイン・原でラブコメ・シナリオ……。しまった、すごい精神衛生に良くない……。
 いきなり校門前でスタート。
 素子さん、顔を合わせるなり、恨み節の絶交宣言。昔話をしたかと思うと教室の中でいきなりゴロニャンと抱きついてきたり……で、ぐんぐんぐんと愛情値は上がる。同時に信頼値はぐんぐんぐんぐんぐん降下する……。「あなたのことは誰よりも愛しているわ! でも信頼はまったくしてないの!」って感じ。悪夢の原−善行ペアは健在。
 男と話しているだけで機嫌が悪くなり、「嫉妬に狂ったあたしが何をするか知らないとは言わせないわよ」と凄味をきかせる、きかせすぎ。
 いつか刺されるぞ〜っ☆
 2週間経過した6月17日(土)。いきなり素子タンに呼び出されて海岸へ。
「取り巻きに加えてあげても良いわよ!」
 お、タカピー。もしやもしや、なんかすごく傲慢だけれど、これは「交際の申し込み」か!?(そうはみえないけど)
「そしたら毎日ぎゅーっとしてあげる」
 あ、デレ。選択肢が「OKする」「あいまいに断る」「交際しない」とあるので、やはり交際の申し込みと解釈。OKして交際することに。
 でも既に約束してあったので、翌日はいきなり飛子室アズサと植物園に遊びに行く。浮気ではない。部下の人心掌握は指揮官の務めである。で、1日仲良く遊んで帰宅。
 翌日の月曜日。他に誰もいない廊下の隅っこでアズサをつかまえ、「また遊びに行きましょう」と声をかけていると、どこからともなくタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタッと画面外から素子さんがかけよってくる。
「あら、あたしに内緒で何の話をしていたのかしら?」
 にっこり微笑み。きゃ〜っ!!


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー